スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプリンターズSの予想、そして凱旋門賞 
 
さてスプリンターズS。

久々のGⅠがやってきましたよー。

にしても最近は天候、気温が安定しなくて、脱いだり着込んだり脱いだり着込んだりしてますわ。

そんなこと繰り返してるうちに、いつの間にやら下は短パン、上は長袖みたいな、

自分でも疑問に思う、間抜けな格好になってたりしますわ。

まぁ良いですわ。

さてスプリンターズS。

今年は新潟。

馬場は内枠先行が粘る印象の中、軽く雨模様。

どうしたりましょうね。

時計のかかる馬場で雨、先行粘る。

うーん、コパノリチャードしか思いつかないので、ココいきますわ。

休み明けですけどね。

その分、人気が他に持ってかれる部分もありますんでね。

不良馬場で行われた高松宮記念で、3馬身差の勝利。

不良馬場っていう力のいるシチュエーションで結果出してるのも大きいが、

比較的、差し追い込みが強い高松宮記念で前行って、あの勝ち方なら(不良馬場とは言え)、

スプリンターズSでは、さらに信頼して良いという式は、基本的に出来上がって良いはず。

とは言え、今回新潟なので、その式が当てはまらない可能性は大いにあるのだが、

同じ左周りの力の要る馬場で結果を出していることも加味すれば、

どちらにしても、コパノリチャードに取って不利なレースということにはならない気はしている。

正直、休み明け以外は、不利と思える部分が見当たらない。

同型に超強力なハクサンムーンがいるが、

イメージでは、ハクサンムーンは良馬場でスピードで押し切る競馬というのが理想に思えるので、

今回に関しては、上に取れる部分が多いと見る。

ということで、今回はコパノリチャードから、

2、3着の相手には、ハクサンムーン、ストレイトガール、マヤノリュウジン、セイコーライコウ。

3着は拡めに、レッドオーヴァル、スノードラゴン、サンカルロ、ダッシャーゴーゴー、

トーホウアマポーラ、マジンプロスパー、ローブティサージュ、ガルボ、ベルカント。

ここまで行っておきますわ。

48点。

ハナズゴール、グランプリボスは、切るには怖い常に未知の魅力のある馬なのだが、

それだけに人気もソコソコで、ここも行くとちょっと行き過ぎな感もあるので、

この辺で留めておきます。


そして今日は、凱旋門賞ですよ。

今年もフランス、ロンシャンに、日本馬が参上ですよ。

1999年に、エルコンドルパサーが2着入って、

日本馬の凱旋門賞制覇が、夢から、ひとつの目標になり、

2006年、ディープインパクトが3着入線(のち失格)して、

世界の競馬が、また遠く感じてしまった。

しかし、

2010年、ナカヤマフェスタが2着、

2012年、オルフェーヴルが2着、

2013年、オルフェーヴルが2着、キズナが4着、

日本馬のレベルも、レースへ向けての調整のレベルも上がり、

着実に着実に、凱旋門賞制覇が近づいてきて、

もう、もはや、夢や目標ではなく、

現実的に獲っておかなかればならない段階に来ましたわ。

そんな、そろそろ勝っておかなくてはならない日本競馬から、今年は、

世界のジャスタウェイ、

日本の総大将、ゴールドシップ、

若き日本競馬の希望、ハープスター、

この布陣で参戦。

うおーーーー。

いやぁーホントどの馬にも同じくらいチャンスあると思ってますわ。

個人的には札幌記念でもゴールドシップに先着したハープスターが、

凱旋門賞の、3歳勢が強いデータも後押しして、

一番チャンスが大きいかな?とは思ってるんですけど、

ゴールドシップの洋芝適応力は期待したくなりますし、

ジャスタウェイは言うまでもない、強さがありますんで、

もう、どの馬も本当に期待が大きいですわ。

PATで3連単発売してたら、3頭ボックスを1,000円ずつぐらい持っておきたいくらいですよ。

そりゃもう、

近代日本競馬の結晶、ディープインパクト、

稀代のじゃじゃ馬、オルフェーヴルが、

同じくらいの期待を持って敗れてしまったのは身にしみてはいるが、

それでも、今年こそは・・・と思わずにはいられない。

世界の馬にも、敬意は払いたいし、手ごわいと思いますが、

日本馬の各陣営の方々、そしてジョッキー、

どの馬も、力を出し切れるように、

ゴールを駆け抜けるその時まで、全力で頑張ってください。


頑張れーーーーーーーーーー!!!





スポンサーサイト
神戸新聞杯と、オールカマーの予想 
 
いやー最近まったく予想の時間が取れませんわ。

できる時はやっておきましょうかねってところで、

神戸新聞杯とオールカマー。

まずは最後の1冠、菊花賞へのトライアル、神戸新聞杯。

個人的にはセントライト記念の方が、ちょっぴり思い入れがあって、

上がり馬中心に、ちょっと本番に向けて分の悪そうな組を、

どう応援したろかなって感じでいつも楽しみにしてるんですけどね、

今年は有力馬が上手に分かれたって言うか、

むしろ今年に限っては、神戸新聞杯の方がちょっと弱い気はしますな。

とは言え、ダービー馬は出てるんですがね。

ワンアンドオンリーがいなかったら、ちょっとメンツ的に神戸新聞杯っぽい感じじゃないですな。

まぁ早いとこ予想入りましょうかね。

今年の神戸新聞杯、予想しやすく良いですわ。

ワンアンドオンリー、ハギノハイブリッド。

今年のクラシックでずっと馬券買って応援してきた、2頭ですわ。

人気的にも、能力的にもこの2頭を買うので決まりですな。

どちらも、距離延びて問題ない馬で、

ここでも、菊花賞でも力出せると思ってますわ。

ハギノハイブリッド陣営は先行競馬も示唆してたので、

個人的にはそこも結構面白いと思ってますわ。

たぶん、あのタイプは直線大外出して一気の勝負よりも、

良い脚を長く使うだけ使った方が良い気はしますんでね。

そんなところからも、

ダービー馬に敬意を表しつつも、

ハギノハイブリッドに期待ということで、

この2頭を頭に3連単でいきましょうかね。

2着の席には、サトノアラジン、ヤマノウィザード。

3着には、サウンズオブアース、ヴォルシェーブ、トーセンスターダム、

ウインフルブルーム、トーホウジャッカル、シャンパーニュ。

この48点行っておく。


オールカマーいきましょ。

サトノノブレス人気ですな。

そんで、クランモンタナが続いてますか。

うーーーーーーーーーーーーーーん。

悩みますな。

どちらも、ココに来て力をつけて来ていて、

気持ち的にも、どちらも買いたくなってしまうのだが、

ふと冷静になって、オールカマー。

勝敗は別として、人気の面だけで考えるとして

宝塚記念2着が前走だったダノンバラード、

宝塚記念勝ちが前走だったアーネストリー、

このあたりが1番人気だったり、

2番人気でも、秋の天皇賞5着だったシンゲンだったりしていた中で、

ここで、3倍を切る単勝オッズで、

前走小倉記念勝ちの馬を、自信持って買いに行っていいのか?

前走が古馬重賞の初出走である、クランモンタナをこの人気で買ってしまっていいのか?

という感じもしないではない。

もちろんその年でレベルは違うし、今年なんて新潟だし、

何もかも違うかもしれないのだが、

うーん、思い切りいけない気持ちがあるのは否定できませんな。

サトノノブレスだって、前走は強かったし、GⅡ勝ちの格もあるんですがね。

ここは、フェイムゲームからにしておきましょうかね。

なんとなく、イメージがコッチなんですわ。

馬券は、そんなところからひねり気味で、

フラガラッハ、ラキシスあたりに流すかボックスかって感じで、

馬連、ワイドあたりを、とりあえずは考えておきますかね。

他ではアドマイヤギャラン、セイクリッドバレー、マイネルメダリストあたりも気にはなるが、

馬券は直前まで悩む予定。

新潟記念と小倉2歳Sの予想 
 
新潟記念と小倉2歳Sの予想いきましょうかねー。

とは言っても、明日は少しだけって感じですかね。

前日の札幌2歳S外しで、ちょい消沈モードですわ(^^;)

ブライトエンブレム、頑張ってくれたんだけどなぁー。

ま、小倉2歳Sも得意な分野ではないってところもあるんですけどね。

まずは新潟記念。

ここは色々狙えそうな馬いますなー。

なかなか難しいが、

いつも人気あんまりしないアドマイヤタイシ。

これは買っておきましょうかね。

前走が大敗してしまってるが、

函館コースってのも、まぁ判断難しいレースですからねー。

鳴尾記念2着なんかは、前走大敗からの巻き返しなもんで、

今回も二桁着順から、馬券内のパターン期待しております。

これでもかと負け続けてしまうまでは、買っておきたい馬ですわ。

新潟も良いですしね。

んで、新潟と言えば、ダコールも実績ありますな。

パリッとしない成績ではあるけど、それでもキッチリ来てますわ。

ただこの馬、雨に弱い上に、雨を呼び込むんですよねー。

ダコールが走ると雨が降るなんて言われてますけど、

明日も雨予報・・・。

ここは馬場状態で決めよかな。

明日、そんなに見極めてる時間があるのかどうかだけど・・・。

にしても、ダコールの成績見てると、「晴れ」の少なさは驚異的ですなー(笑)

ダコールじゃなく、スコールの方が馬名がしっくり来ますわ。

とりあえずダコールは置いといて、

他ではマーティンボロ、ユールシンギング。

この辺りは黙っても頑張りそうな気はしますなー最近の成績見る分には。

ここは逆らわないで拾っとく方向にして、

穴側で拾っておきたいのが、カルドブレッサ。

戸崎騎手、年間100勝到達一番乗り。

乗ってますな。

重賞での実績もあり、ちょい渋の馬場でもなんとかなる馬で、

今の戸崎騎手なら、なんとなく買っておきたいですわ。

ってことで、本命アドマイヤタイシと、対抗気味にカルドブレッサで、

マーティンボロと、ユールシンギングは抑えておきましょうって感じで、

馬場が渋らなければダコールありで、

ド穴に、アスカクリチャン、ヴィクトリースターってところにしておきましょうかね。

買い方は、直前まで迷いそうですわ。

とりあえず、アドマイヤタイシ、ダコール、カルドブレッサのワイドはちょっと持っておこうかなぁ。

ちょびっと弱い気もするけど。

あとは3連複だな。


小倉2歳Sは、6枠のタガノ揃い、前走中京揃いが罠っぽくも見えてしまうのだが、

ここは乗ってみましょうかね。

前走中京がマイナスには・・・ならないと。

あとは気にかけているデイドリーム。

これは頑張って欲しい。

他ではレオパルティナ、ゼンノイザナギまで。

馬券はタガノ馬連、ワイドと、

ゼンノイザナギ、デイドリームから馬連流し。

ちょびっとね、ちょびっと。



新潟2歳Sと、キーンランドカップの予想 
 
いやーブログで予想記事久々ですわ。

最近、なかなか時間が取れません。

馬券はちょこちょこ買ってはいるんですけどねー。

さて、夏競馬ももう終盤というところで、

この辺でうまいこと引っ掛けて、気持ち良く秋に移行したいところではありますな。

まずは新潟2歳S。

難しい2歳戦。

昨年こそ、ハープスター、イスラボニータという、クラシックの主役たちが通った重賞になりましたけど、

昨年は状況が違ってて、新潟に有力馬が集まりやすかったですもんねー。

今年は、例年通りというか、全体のメンツが少し落ちてしまうのはしょうがないか?

とは言え、クラシックに繋がったというレース自体の実績が上がった以上、

今年、そしてこれからも、有力馬がここから出てくれたら嬉しいですな。

無理やり車で見に行くとしたら、新潟か福島なんで(笑)

ちなみに、今年、新潟競馬場参戦企画はあったんですが、白紙に・・・。

また次の機会ですわ。

さて、話逸れちゃったんで、予想の方いきましょうかね。

今年のメンツの中ではアブニールマルシェが抜けてる感じですかねー。

唯一の東京新馬勝ち。

負かした2着のロジチャリスも2戦目快勝。

離れた3着のディープフォルツァも強い2着を連続で演じて、いつでも勝ち上がる感じ。

これに待ったをかけるには、ローカル組では4、5馬身差以上の勝ちとか、

着差以上の物凄い内容での勝利とか、必要になるんでしょうけど、

パッと見たところ、そこまでとんでもないのは、現状見当たりませんな。

加えて、アブニールマルシェ。

一番人気と言えど、割りと買いやすいオッズではありますんでね。

変に逆らう気を出す必要もない気はしますね。

敢えて対抗馬を上げると、ナヴィオンの末脚はちょっと怖いなというところですかねー。

とりあえず今回は、そこまでガチガチにはなってないアブニールマルシェから馬単で、

ナヴィオン、ブリクスト、ゴッドバローズ、ヒルノマレット、ミュゼスルタン、

ワキノヒビキ、カシノハリウッド、テイケイラビット。

この8頭に流し~の、

前残り警戒で、ステイゴールド産の前走1800m逃げ切り勝ち、ゴッドバローズから、

アブニールマルシェ、カシノハリウッド、ヒルノマレット。

あとは念のため、アブニールマルシェから、印の馬に3連複で流す感じで。

んで、最後に気になる組ボックスで、カシノハリウッド、ゴッドバローズ、ブリクストのワイドBOX。


キーンランドカップは中々難しいですなー。

新しい勢力は気にはなっちゃうんですけどね、

それ以上に、

ココでも実績残した古豪などが、ちょっと良い感じにオッズ下げてるのが、気になってしまうんですよ。

この辺は持病ですわ。

てっことで、実績ある組から、

外枠気にせず、斤量56kgのマジンプロスパー、洋芝好物のフォーエバーマークの2頭を軸に、

相手にレッドオーヴァル、スノードラゴン、スマートオリオン。

ヒモに、パドトロワ、フクノドリーム、サクラゴスペル、サンカルロ、

ローブティサージュ、ブランダムール、レオンビスティー。

この3連複で行っておきます。


それにしても、今年は夏が短いよーーーーーーーっ。

寂しいよーーーーーーーーーっ。

アホな話、3ヶ月後あたりにアイビスサマーダッシュとか開催してくれてたら、

たぶん今は夏なんだと、勘違いしてしまう自信はある。

そんな風に季節を感じられるから、競馬は素敵だ。

素敵ダァーーーーーっ。


クイーンSと、アイビスサマーダッシュの予想 
 
クイーンSと、アイビスサマーダッシュの予想行きましょうかねー。

いやぁー最近本当に競馬ドップリモードになれないですわ。

忙しい&忙しい、プライベートでも用事てんこ盛りでございます。

今日もこれから、外出でございます。

そんな中でも、競馬は継続的に楽しめるから良いですよね。

全開じゃないけど、こういう厳しい中で競馬楽しむ時期があっても良いかなー。

無論、本望では無いですけど(笑)

今日もメインだけ軽めに買っておきますかね。

ます、クイーンS。

ここはケイアイエレガントから入ってみますかね。

内枠の方は、ソコソコ前に行きたいの揃っていながらも、

ケイアイエレガントが多分、スっと行ける展開になるような気はしますな。

で、内枠の方にソコソコの位置取りをしたい馬が揃ってることで、

外枠の先行馬はちょっと序盤の流れが忙しくなりそうで、

そうなると、

さらにケイアイエレガントにとっては有利になるっぽい気はしないでもないですな。

4走前あたりから開花して、前走はヴィクトリアマイル6着。

能力も十分足りてそうですな。

相手はスマートレイアーか、ディアデラマドレかって感じですかねー。

どちらかと言うと、スマートレイアーの方が能力は高いと感じているのだが、

札幌コースということを考えると、

展開を考えて、スマートレイアーは最後内に包まれて届かない可能性もありえそうだし、

ディープ産駒よりは、キンカメ産駒かなーって感じもするので、

ここはディアデラマドレの方を取っておきましょうかね。

ってことで、馬券は悩むが、

ケイアイエレガント、ディアデラマドレからの3連単で、

2、3着にスマートレイアー、コスモバルバラ。

3着に、アロマティコ、フィロパトール、キャトルフィーユ、マーブルカテドラル。

36点。

こんな感じでいきましょうかね。

アイビスサマーダッシュは、セイコーライコウからいきましょ。

他にこれ!って言う買いたい馬がいないってのもあるが、

人気馬ながらも、ココに来て遅咲きの花を開花させつつあるベテランホースは、

ちょっと応援したくなりますな。

馬券はセイコーライコウ頭から、こちらも3連単にしときます。

2、3着の相手に、8枠のシャイニーホークと、アンバルブライベンという、

枠に加えちょっと面白そうな組と、フォーエバーマーク。

3着には、バーバラ、リトルゲルダ、デュアルスウォード。

こっちは15点と軽めに。


いやー最近ビールが美味しすぎてたまらない・・・。

という、全然関係ない締め方。

馬券、当たりますよーに!

函館記念の予想 
 
函館記念の予想いきますかー。

今週で、もう函館開催終わりですか。

早いですなー、ぜんぜん函館競馬を満喫した気がしてませんわ。

まぁ、その一番の理由は、馬券のうまいところ引っ掛けてないからなんですな。

いやー最後に満喫したいもんですわ、函館競馬。

本当なら現場に行って涼しい風を浴びながら、

ビールでも飲みながらなんてのが最高の満喫の仕方なんでしょうけど、

まぁ、これから行ったんじゃ間に合いませんな。

仮に自家用ジェットで飛んで行ったとしても、

空港降りて、近くで寿司屋でちょっとつまんで、

そっから急ぎ足で競馬場に向かったところで、

函館記念は残り200mみたいな展開になりますな。

まぁ、寿司つまむのは後にしとけって話なんですが。

とりあえず、また今度の楽しみにしておきます。

さて、函館記念。

結構買いたい馬が多くて難しいですなー。

ざっと各馬の人気を見てると、アスカクリチャン。

これが、一番人気を落としているように見える。

もともと、夏の七夕賞で火が付いて、中長距離の重賞に顔を出すようになった馬で、

昨年の函館2連戦も馬券内。

ここ数走の成績を見ると心配ではあるが、

オッズがここまで下がってるのはこのせいなので、

夏のアスカクリチャンが復活する可能性の方にかけてみたい。

で、やはり荒れる重賞。

アスカクリチャンから入っておいてなんだが、

もう1頭は選んでおきたい。

どうしてもダークシャドウ。

どうしてもダークシャドウが買いたくなってしまうが、

トウカイパラダイスも買いたい。

なんなら、2年連続で対抗の○印つけてましたわ。

単勝オッズは同じくらい。

どこで差をつけようかという感じなのだが、

今回、前に行きたいのが少ない。

ゼロスがたぶん逃げるかもってぐらい。

今の函館は、逃げ切るのは容易ではない感じだが、

それでもソコソコ前につけることは、馬券内に入るためには重要であるのは変わりはなく、

そんな中、逃げてもよく、2、3番手で追走する形も取れるトウカイパラダイスは、

今回チャンスが拡がっていうるように思える。

ダークシャドウと比べて、斤量も軽い。

柴山騎手も、函館は信頼できる。

ってことで、この2頭を軸に馬券を買ってみることにする。

そして、軸も難しいが、相手もまた難しい。

なんならほぼ全頭にチャンスがありそうにすら思える。

そんな中、まずは軸にも考えたダークシャドウ。

人気のグランデッツァ、これも軽視は怖いので押さえておく。

あとは、ラブイズブーシェ、アドマイヤタイシ、サクラアルディート。

このあたりまでにしておく。

馬券は2頭からの馬連流しで。


函館現地観戦は逃したが、新潟現地観戦ってパターンもあるので、

このあたりで、旅費が舞い込んでくると非常に嬉しいのでございます。

アスカクリチャン、トウカイパラダイス、旅費を頼んだぞ!



プロキオンSと、七夕賞の予想。 
 
もう昼過ぎてしましましたな。

最近土日が競馬のためにあまり使えない日が続いております。

しょうがないないとは言え、イカンなー。

今日は重賞2つ。

まずはプロキオンS。

3歳馬と、ベストウォーリアが注目されそうではあるが、

その他もなかなか侮れない印象。

ここはちょっと薄めのところメインで入っておきましょうかね。

ゴールスキー、ノーザンリバーに加えて、ガンジス、ダノンカモン、シルクフォーチュン。

ここなら、いつ走ってもおかしくない軍団5頭。

これだけ多いと順位付けも買い方も難しい。

ってことで、5頭ボックスで、ワイドの馬券を握りしめてレースを眺めることにしておく。

さっくり終わってしまった。

続いて七夕賞。

どれが複勝率高そうかってのは、割りとわかりやすい感じではあるが、

良い馬券の買い方ってなると、なかなか難しいレースだなぁ。

今週の傾向と、福島コースということもあって、

どっちかって言うと、逃げ含む先行の脚質が良さげなので、

ソッチから入りましょ。

ただ、先行馬が、有力馬、穴馬含めて多い。

これだけ多いと、逃げ馬はキツくなるか、なぜか思ったより楽な展開になるか、

どっちもある気はする。

キツくなる方が普通だが、メンバー的にもコース的にも後ろから狙うののは簡単ではないので、

グランデスバル、コスモバルバラ。

この近走頑張ってる2頭が、

有力馬がソコソコ牽制して、意外と楽に行かせてもらいましたの展開になるのを期待して、

ここから入ってみる。

グランデスバル、コスモバルバラに、

人気側で、福島重賞ならってことでダイワファルコン。

夏に復活期待で、最内枠ミキノバンジョー。

人気馬がやはり堅いと思われてるらしく、外し技で行かないとちょっと美味しくない。

この4頭のワイドボックスで行ってみることにする。

あとは実力、適性、脚質考慮して、

ラブリーデイ、マイネルラクリマの1、2着固定からの3連単も少し買っておきたい。

3着に、グランデスバル、コスモバルバラ、ダイワファルコン、ミキノバンジョー、

ダコール、ヴィクトリースター、アドマイヤブルー。

この14点は押さえておく。


今週あたりで、そろそろ夏競馬の気持ち良い勝利を!

どっちも当たったら、買ったことないの銘柄のビールでも買いに行こう。

CBC賞と、ラジオNIKKEI賞の予想。 
 
昨日も用事で競馬には参加できず。

今日もちょっと微妙なところだったが、どうやら参戦できそうな情勢なので、

重賞ちらっと予想しておきましょうかねー。

ってことで、まずはCBC賞。

3歳馬もちょこっと面白そうに見えてしまうが、

ここは実績のある先輩方に頑張ってもらう方に期待してみますかね。

メンツ的に、そこそこペースは早い気がしてるんで、

末脚はまぁまぁ自信ありまっせ軍団中心で、

頭にエピセアローム、マヤノリュウジン。

2、3着には、スギノエンデバー、マコトナワラタナ、サクラアドニス。

3着に、レオンビスティー、ブルーデジャブ、リアルヴィーナス。

こんな感じで行ってみましょうかね。

一番安い配当でも600倍以上ついてしまうという、薄いところ狙い。(になってしまったとも・・・)

正直、ここまで付いてしまうかという感じで、若干不安もあるのだが、

オッズ見て決めたワケでもないので、これに期待しておきますわ。

ラジオNIKKEI賞は、頭は人気馬のどれかって感じはするんですけどね。

クラリティシチーとピオネロを取っておきましょうかね。

両馬のイメージから考えるには、どっちかって言うとピオネロなんですがね、

クラリティシチーの初重賞勝ちってレースで、買わないで勝たれると悔しいのと、

まぁ普通に能力ぶん走ればやっぱり強いと思いますんでねー。

こういう実績がある馬が出てきた

1、2番人気を買うことになってしまうが、頭はこれで行っておく。

となると、2、3着の席は、ちょっと荒れて欲しい。

ってことで馬券は3連単で、

頭にピオネロ、クラリティシチー。

2、3着にミヤビジャスパー、メドウヒルズ、ラディウス。

3着に、ウインフェニックス、ショウナンワダチ、ウインマーレライ。

こんな感じで行ってみますかね。

個人的にはメドウヒルズ、ラディウスあたりはオッズより期待しても良いかもなんて思ってるんで、

ぜひとも2着争いまで頑張ってもらいたい。

今日はこの重賞2レースだけになりそうかなー。

そろそろ良い感じの当たりが欲しい、今日この頃。

宝塚記念の予想 
 
さぁー宝塚記念ですわーっ。

ここ終わったら、しばらく無いGⅠ、

しっかり獲りたいもんです。

さて、頭数が12頭と少ない中、

ゴールドシップ、ジェンティルドンナ、ウインバリアシオンの3強の絵ですな。

この3頭で決まってもおかしくはないのだが、

冷静になって考えると、

オッズよりはガチガチだとは考えにくいというか、

簡単に考えちゃイカン感じはしてる。

言っても、人気3頭、国内の前走は負けている。

そして人気馬3頭、どれも乗り替わり。

これは、キッチリこの3頭で決まることは無いと考えるのが妥当に思える。

どの馬に、何が足りないのか、何がマイナスになるのかはわからないが、

馬券的には、この3頭に集中してしまうオッズを逆手に取って、

薄いところも意識した馬券を考えておいた方が良さげだ。

まずは人気側では、ゴールドシップを取っておく。

強い競馬をした時は本当に強い。

気性が問題と言われるこの馬。

横山騎手のように大胆な競馬ができる騎手は合うだろうし、

なんとなく、性格的にも合いそうだ(本当になんとなく)

そして、今回の道悪、少頭数というところを考えても、条件的にかなり力は出やすいはず。

一応、人気側でもう1頭拾っておきたいのが、ウインバリアシオン。

今回乗り替わる岩田騎手とは手が合っていて、

乗ったときは、良い成績を収めている。

ココに来て、最盛期を迎えつつあるウインバリアシオンに、岩田騎手ってのは、

要注意しておいた方が良さそうだ。

で、穴側で期待したいのが、デニムアンドルビー。

ココ2走は、海外、そしてマイル戦だったのが災いしたか、結果が出ていないが、

距離が延びての、国内戦ということになれば、勝負になる可能性はあると見る。

なんせ、ジャパンカップで、

ジェンティルドンナを交わすか交わさないかの2着を演じたこともあるし、

この馬もGⅠに限りなく近い馬の1頭であるとは思うので、

そんな中での宝塚記念出走は応援したい。

あとは、ヴェルデグリーン。

出走メンバーを見た時に、

ただなんとなく、買いたいという気持ちが出てきましたわ。

なんでかなーと思ってたら、過去の重賞勝ち鞍、2200mなんですな。

まぁそれだけでなく、

なんかハマれば大物食いしそうな気もしないでもないんですわ。

ほんとにボヤッとですけどね、買いたくなったので、買っておきます。

馬場が渋くならなすぎれば良いんですけどね、

今回は意外とチャンスかもしれませんな。

で、あとは、ジェンティルドンナ、他の穴馬を絡めてどう買おうかなーと悩んだ結果。

ガッツリ買ってしまう方向に固めました(笑)


1、2、3着に、ゴールドシップ、ウインバリアシオン、デニムアンドルビー、ヴェルデグリーン。

2、3着にジェンティルドンナ。

3着に、ホッコーブレーヴ、トーセンジョーダン、カレンミロティック、ヒットザターゲット、メイショウマンボ。

3連単128点。

ガッツリと行きます!

ちょっと不安も無くもない3強に、票が集中しているレースっぽくもありますんでね。

ここは仕掛けどころかもと、思い切り行っておきます。



楽しむどー!

良いレース、良い配当を期待!



函館スプリントSと、ユニコーンSの予想 
 
W杯観戦と個人的な問題で、疲労が著しいちゃびろまんです。

今日も、昼過ぎから出かけなきゃイカンので、

2日連続のリプレイ観戦モードですわ。

今年は、ガッツリ競馬モードの日が少ないですな。

まぁこんな年もありますね。

ダービーシーズンと、W杯が被らなかっただけでも良い方ですわ。

さて、今日は夏の香りをかすかに感じるGⅢが2つ。

時間がないので、軽めに予想して、出かけましょうかね。

まず函館スプリントS。

ここはストレイトガールですなー。

ここ最近の安定感を含めた重賞での実力、実績。

ここは負けられんでしょうな。

で、ストレイトガール一本頼りでも良いのだが、

1頭買いたい馬がいる。

クリスマスですわ。

牝馬クラッシク戦線において、2戦目からずっと買い続けたが、

距離伸ばした重賞では馬券になれず・・・。

クラシックでも期待はしたものの、

ひと段落して、原点回帰したところで改めて期待ですわ。

ストレイトガールは堅い1頭だとは思うんですけどね、

何か面白いのを買いたいと思ったときに、

この馬齢になって開花しつつある、セイコーライコウや、

距離短縮が良い方向かもしれないローブティサージュなど、

ちょっと面白そうなのがいるが、

相手がストレイトガールとなると・・・ちょっと厳しい感はある。

だったら、新鮮さ、若さ(斤量)、

ちょっとまだベールに包まれた感じの馬いきましょってところで、

クリスマスに期待ですわ。

函館1200mは全勝中。

なんか一発見せてくれたらなぁと。

馬券はクリスマスと、ストレイトガール頭からの3連単で、

2、3着に、セイコーライコウ、ローブティサージュ、スマートオリオン。

3着に、フォーエバーマーク、アースソニック、レオンビスティー、ヤマニンプチガトー。

ユニコーンSは、これまたアジアエクスプレス1強の絵ですな。

ただ、ここから入るだけではつまらんので、

ちょっと捻った買い方はしてみる。

アジアエクスプレスがどの位置で競馬をするのかにもよるが、

ダートでアジアエクスプレスを後ろから捕まえるのはちょっと離れ業すぎますな。

ってことで、前に行ける力ある組から、

レッドアルヴィス、とペアンを指名しておく。

レッドアルヴィスは前走先行して4着だったものの、古馬相手の1戦の中で、

道中、同じ位置取りになったキタサンミカヅキは、

その前に1000万下をノウレッジを下して勝ってるような馬で、

その馬との差が、直線拡がったところをちょっと贔屓目に見れば、

負けたのは展開のアヤということで、力はあるはずなので、ここは期待してみたい。

ペアンは、どういう競馬をするのかわからないが、

この人気になってるのが、ちょっと良くわからんので、

狙ってみたい。

馬券はこちらも3連単で、

1~3着に、アジアエクスプレス、レッドアルヴィス、ペアン。

2、3着に、メイショウパワーズ。

3着に、コーリンベリー、アンズチャン、ニシケンモノノフ。

こんな感じで行きましょうかね。


夏競馬を乗り切るためにも、早めに波に乗りたい!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。