スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オークスの予想 
 
当日になってしまいましたわー。

オークスの予想いきましょうかね。

今年はアユサンから攻めて見る。

今年は混戦の世代。

桜花賞馬とは言え、栄冠に導いた鞍上は乗り替わるし、

距離もマイル以上の経験がないって部分もあるので、

いくら人気がマイルドになるからとは言え、わざわざ桜花賞馬から行かなくても、

他にも選択肢あるんじゃないかって話でもあるかもしれないが、

桜花賞は、キレでレッドオーヴァルに屈しそうになったが、

キレ一本で勝負せず、

レッドオーヴァルよりちょっと早めに仕掛けて、勝負根性で押し切ったあたりが、

キレキレに切れないが、それでいて強いって感じで、

オークスでも勝負になりそうだと感じた。

それでもって、東京コースでも、

重賞で、あのコレクターアイテムを後ろから追い込むって離れ業をやったんで、

距離はこなしていなくても、距離不安はこの辺りのパフォーマンスでもって、

個人的には解消しておきたい。


相手はセレブリティモデル。

地味には見えるが、牡馬との対戦をこなしてきて、

力を証明するかのように、忘れな草賞勝ち。

脚質も良い脚の長く使うパターンの、オークス向きと言えるし、

他との直接対決がない分も含めて、今年の穴はこれかなーなんて思う。


他では、重賞でもう一歩足りなったところを、距離を味方につけて、

なんとかなるかも知れないエバーブロッサム。

エバーブロッサムにも先着している、2戦2勝のサクラプレジール。


このあたりを中心に、

デニムアンドルビー、レッドオーヴァル、リラコサージュ、

ブリュネット、スイートサルサ。

このあたりまでにしましょうかね。


あとは、今年のメンバーだと、

ペースが早くなるのを恐れて、超ユルユルの展開になる可能性も考えて、

クロフネサプライズから、前に行く軍団の組み合わせを、ほんのちょっと。


今年は難しいなー。

今週はWIN5予想は時間の都合でやめておきますわ。

たぶん買っちゃいそうですけど。


今年は混戦だけに、対抗からも多めに買っておいたほうが良さそうかな。


スポンサーサイト
鳴尾記念とステイヤーズSの予想。 
 
鳴尾記念とステイヤーズSの予想をしていきますか。

鳴尾記念は面白いメンバーが揃って楽しみだし、

ステイヤーズSは、メンツこそパッとしないものの、この日本競馬の最長距離戦ってのが好きだ。

距離の長いレースの方がゆったり見れるし、実況もゆったり聴けるし、短距離よりも駆け引きの部分も増えてくるので、

どっちかっていうと、1800m以下よりは2000m以上のレースの方が好きだったりする。

まぁそんなことは、どうでも良いですな。

ってことで、早速予想を進めていきますか。

鳴尾記念は、トーセンレーヴもいれば更に面白かったのだが、フレールジャック、サダムパテックという3歳世代の中心にいた馬が登場してくる。

オルフェーヴル、ウインバリアシオンを除けば、この2頭とトーセンラーあたりは、3歳の中心と言っていいはずで、

ここの結果で、3歳世代の能力がある程度計られると思ってもいいだろうと思う。

さらには重賞2勝馬のレッドデイヴィスや、重賞タイトルこそないものの、世代上位と言って良い素質馬ショウナンマイティ等も控えていて、

この中で1頭でも通用するならば、まるごと通用しても不思議はないメンツになっている。

3歳馬を上に見るか、古馬を上に見るか。

今のところ、どっちとも言えない気もするので、

どっちかと決め込まないで、馬券を買いたいと思う。

3歳馬で買いたいのは、フレールジャック。

菊花賞では10着と敗れはしたが、1800mは3戦3勝。

サダムパテックは、3歳馬にして結構完成されている馬だし、安定感もありそうなのだが、

フレールジャックの、この距離無敗の奥行きを買ってみたい。

古馬の方で買いたいのはカリバーンとダノンスパシーバ。

カリバーンはGⅡ3連戦で、一線級の勝ち馬に屈したものの、大きく崩れてはおらず、

力的には、重賞を勝っていても良い強さで、

さらに、距離も1800~2000mくらいの方が良いと思う。

相手は未知の強さはあるものの、GⅠホースとの対決よりは分は良いと思う。

ダノンスパシーバはジワジワっと勝ち上がってきた印象があるが、

重賞でも十分勝負になる力があると踏んでいる。

阪神コースでは、あのアドマイヤコスモスとのマッチレースで、クビ差負けてしまったのがあるが、

位置を考えたら、前の方からエンジンかけたアドマイヤコスモスより、きつい展開になって、強い2着だったし、

その他の負け方も、前で決まる流れで後方から行きすぎたりってのが多かったりする。

ここ2戦は、前を意識したレース運びになっているように思えるし、

前走は、また前で決まりそうな流れの中、きっちり追い込んで2馬身差をつけた。

負かした相手が落ちると言えば落ちるが、不良馬場でのパフォーマンスとしては、なかなか強いものを感じた。


ってことで、馬券はフレールジャック、カリバーン、ダノンスパシーバのBOXかな。

あと、カリバーンとダノンスパシーバのワイド。

そして、ヒモで面白い気がしているのが、スマートギア。

なかなかのシルバーコレクターっぷりで、重賞だと勝てないレッテルを貼られているが、

一昨年前の鳴尾記念は2着。

まぁ、やっぱり勝ち切れてはないんだけど、

宝塚記念のレースっぷりをみると、シンガリ追走から頑張った感はあるし、

阪神の中距離は一番向いているんじゃないかと思ったりする。

マイラーズCくらいだと、ちょっと忙しいけど、

この距離ならいけそうだと思う。

内枠で脚を溜めれる展開も良いし、人気落としてきたこの辺りが、買い時と見たい。

馬券も、カリバーン、ダノンスパシーバから、ワイドを引っかけておく。

3着候補には、ショウナンマイティ、コロンバスサークル、サダムパテック、レッドデイヴィスかな。


前半押しちゃったので、ステイヤーズSは、短めに。

ナムラクレセントと、マイネルキッツで攻めたい。

ナムラクレセントもそうだけど、マイネルキッツはステイヤーズSは初なんだよなー。

ステイヤーたちが、こりゃかなわんとするなら、ステイヤーズS未出走の、春の天皇賞で結果を出した組かな。

相手は結構迷ってしまいそうなので、単勝勝負が濃厚。

馬連は買うかな。



明日は用事があるので、レースリプレイを応援するパターンだなー。

ちょい過去に応援するのも、競馬の楽しみ方のひとつでやんす。

福島記念の予想。 
 
日曜の重賞の予想と行きますか。

マイルCSの予想はこの後に更新するとして、

まずは、福島記念。

新潟2000mで行われる福島記念。

同じ条件っぽい新潟記念あたりをデータとして見ると、

なかなか波乱の香りがするレースだ。

データ的に見ると、逃げ粘りは厳しそうで、

好位~中団追走、もしくは追い込みって感じか。

いずれにしても、最後の脚は良いモノが必要で、ペースが落ち着いていれば、

先行勢の中でも、長く良い脚使える軍団が残りそうではある。

今回人気の、中央4連勝馬、アドマイヤコスモスは、

中団より前目で先行して抜け出すスタンスで勝ち上がって来ている。

新潟2000mは、SS系はデータ的に好成績で、この馬も新潟2000mを勝ってきている、

1800以上を多く使って来ている組が強いのも、追い風だ。

格さえ無視すれば、馬券になる要素はかなり詰まっている。

ここはダントツの人気でも拾っておいた方が良さそうな気はする。


で、新潟記念をデータとして見るなら人気薄の好走も注意しておきたい。

人気薄の激走っていうと、ここでは3年前の新潟記念の勝ち馬、アルコセニョーラが記憶に強く残る。

人気薄、軽斤量、牝馬、追い込み脚質、SS系のステイゴールド産駒。

これピッタリとハマってくるのが、今回のバウンシーチューン。

オークスでは大敗したものの、2000mの距離で、軽斤量ならば、イッパツを期待したい。

ってことで、安定した軸にはアドマイヤコスモスを置きたいものの、

本命としてはバウンシーチューンのハマり具合に期待してみる。

あとは、中団~好位で、最後も脚使えるってので、ヤングアットハート、モンテエンあたりが3番手候補。

あとは追い込み勢でメイショウカンパクと、SS系でゲシュタルトの距離適正も拾っておきたい。

買い方が迷いますな。

バウンシーチューンから、アドマイヤコスモス、ヤングアットハート、モンテエンへのワイドかな。

あとは気分で買いますか。


バウンシーチューン、人気薄って感じでもないんだなー。

エリザベス女王杯の予想 
 
エリザベス女王杯の予想といきますか。

メンバーが、すんごい豪華すぎてシャレにならないよ、お母さん!

って感じのワクワク度だ。

アパパネの史上初~に注目が集まっているが、

昨年のスノーフェアリー。

1頭だけ、ターボエンジン搭載したようなキレを見せた、この凱旋門賞3着馬を相手に、

牝馬GI完全制覇という、偉業は、

さすがに難しいと考えてしまう。

アパパネは、前走、前々走と大きく着順を落としたが、

本番に強いこの娘は、逆にその布石がアリっぽくも見えるし、

ちょい人気落とすだろう今回は買い時なのかもしれないが、

昨年の着差が、実力の差に近いのであれば、

あの差は、今のアパパネが埋めるには遠すぎる距離かもしれない。エリザベス女王杯の予想といきますか。

メンバーが、すんごい豪華すぎてシャレにならないよ、お母さん!

って感じのワクワク度だ。

アパパネの史上初~に注目が集まっているが、

昨年のスノーフェアリー。

1頭だけ、ターボエンジン搭載したようなキレを見せた、この凱旋門賞3着馬を相手に、

牝馬GI完全制覇という、偉業は、

さすがに難しいと考えてしまう。

アパパネは、前走、前々走と大きく着順を落としたが、

本番に強いこの娘は、逆にその布石がアリっぽくも見えるし、

ちょい人気落とすだろう今回は買い時なのかもしれないが、

昨年の着差が、実力の差に近いのであれば、

あの差は、今のアパパネが埋めるには遠すぎる距離かもしれない。

スノーフェアリーが連覇すると見て、今回は外国馬から買うことにする。

基本的は日本馬を応援したい立場だが、

正直、スノーフェアリーのあの最後のターボの効いた鬼脚には鳥肌が立ってしまった。

競馬を見ている者として、ちょっぴり惚れてまうほどの、

もうスゴイ強さだった。

こうなると、もう1頭の外国馬、ダンシングレインも怪しくなってくる。

色んなメディアでも言われてるが、逃げ馬不在で、この馬は要注意だと思う。

状態が心配ではあるが、

もし、スノーフェアリーが届かないとすればここかもしれない。

マイペースでの悠々単騎逃げ。ヘタすりゃ頭も警戒しておきたい。

馬券は、スノーフェアリーから、ダンシングレインで、

ダンシングレインからもいくらか流す予定で。

で、ダンシングレインの展開になっても、信頼がおけそうなのがアヴェンチュラ。

秋華賞の良いイメージで、前々でロスなく折り合って行きたいところで、今回最内枠。

スタートさえキッチリ決めて有利に進めれば、

外国馬の中に割って入ることができると思う。

もう期待したいのはレーヴディソール。

普通に考えればこんな臨戦態勢は、

シーズンの大半を棒に振ってしまったルーキーが、日本シリーズの最終戦前日に退院して、

当日に、いきなり、

「すまんが、今日先発してくれ!」

って言われたようなもんだ。

ただ、この幻の、無敗の3冠馬は普通感覚では見れないところもある。

いきなりここで結果出しちゃうのを、ちょっと期待してしまっている。

ダンシングレインは展開が嵌まったら恐いってので、頭もちょい買うけど、

実際には、スノーフェアリーをレーヴディソール、アヴェンチュラがどうにかしないもんかなぁ~。

的に馬券を買いたい。

スノーフェアリー中心は変わらないけど。

あとは、勢いでここも馬券内って感じでイタリアンレッド、

相手なりに強く走れそうな、フミノイマージン、

京都の適性と、微妙~な復調気配が気になるブロードストリート。

この辺りをうっすら3着候補に引っかけておく。

スノーフェアリーの鬼脚が見れたら、それはそれで良いけど、

あのカワイイ芦毛が爆発するのが、一番見たい。





重賞を差し置いてパラダイスSを予想してみる。 
 

今週土曜日、京王杯2歳Sや、京都ジャンプSがあるところで、

パラダイスSってのを予想してみようと思う。

新設かな?

良い名前ですなー。

ここをしっかり頂いて、パラダイスな週末にしたいところだ。

1400mのハンデのオープン戦。

いかにも1400が得意ざんす!って馬が多数出走していて、

すごく面白そうな1番でもありながら、

馬券的には、悩む部分が多そうだ。

色々な1400mホースがいるが、

ここはアンシェルブルーから入ってみようと思う。

って、これ意外と前日オッズでは、1番人気じゃないのね。

当日には人気になってしまうかなー。

アンシェルブルーはまさに1400mって感じで、

阪神牝馬Sの2着は、後のG1ホース、カレンチャンの能力に屈したものの、

1400mの適性としてはカレンチャンよりも高い気がしている。

ヴィクトリアマイルで、キレ負けして5着ってのも、

すごく、ちょうど良い気もするし。

なんとなく、しっくりくる1400mホースって感じだ。

ここは、アンシェルブルーから。

相手には、ガルボとの比較で、こっちの方が斤量克服できそうってことで、トライアンフマーチ。

前に行く組ではちょっと逃げ粘りが恐いトゥニーポート。

後ろから強襲あるとしたら、オープンでこの距離勝っていて、状態も良さそうなオセアニアボス。

勝ち切れないが、本質は1400mだと感じるレジェトウショウ。

この4頭に絞ってみる。

アンシェルブルーの単勝、ワイド、馬単流しになるかな。


今週はエリザベス女王杯が抜群に楽しみだけど、

特別戦が、けっこう面白いのがいっぱいだなー。

楽しめそうだな。


オールカマーと、神戸新聞杯の予想 
 
今週は重賞2つ。

オールカマー、神戸新聞杯と、どちらも楽しみなレースではあるが、

オールカマーはアーネストリー、神戸新聞杯はオルフェーヴルと、どちらも1本被りな感が否めなくて、

オッズにもそれがきっちりと表れている感じだ。

アーネストリーも、オルフェーヴルも、馬券内に入れないってことはないと思う。

頭1点固定で相手を探す感じになるのかな。

オールカマーはアーネストリー頭で、もちろん良さそうな気はするのだけれども、

斤量が59kg。

これがどう響くかって考えてしまう。

GⅠホースっていう格を考えれば、59kgなんぞ酷ではないっても思うし、

ハッキリ言って全然問題ない方向で考えているのだが、

斤量気にしてしまうと、54kgのマイネルラクリマの存在が気になってくる。

白百合S勝ちで、前走は今年のディープ産で最後の大物っぽいフレールジャックの2着。

フレールジャックを物差しにしてるので、フレールジャックがもう片っ方のメインレースで強さを発揮してもらわないと困るのだけども、

おそらく弱い2着ではなかったと思う。

前に行けるってのは、このコースでは良いと思うし、競馬上手なイメージがあるので、アーネストリーと仲良く折り合って、そのままゴールって絵を想像する。

アーネストリー頭が中心ではあるが、アーネストリーの休養分、マイネルラクリマ1着の目もちょっと考えておきたい。

3着には、中山巧者のマコトギャラクシー。強い世代のカリバーン。

まだ衰えを見せてないシャドウゲイトあたりかなあ。


神戸新聞杯はオルフェーブルの強さが、頭ひとつふたつ抜け出ている気もするが、

こちらは3歳クラシック戦。

夏の成長、休養で、オールカマーよりは、強さの序列が上下しやすいと考える。

人気になっているダービー1着、2着のオルフェーブルと、ウインバリアシオン。

左回りだったら、ここも軽々って気もしなくもないけど、

右回りってことで、どうなるか。

どちらも右回りはこなしているけど、

他馬を圧倒したダービーは、左回りはもちろん、不良馬場って条件もあった。

あの着差なら、雨も左回りもカンケーネっても思うけど、

それでも完全に信頼するには、もう2ミリくらいは欲しい感じがする。

ってことで、今回は、オルフェーヴル1本被りのガチガチ馬券を嫌ってみることにする。

フレールジャックは個人的に期待しているのでここでも買うが、

決して弱くはない古馬を負かしたショウナンマイティの成長度を買ってみることにする。

あとは、同じコースで500万を勝ったカーマイン。

前が早かったのもあるが、能力はやっぱりあるなーと思わせるレースだった。

展開向いて、ここで穴開けないかなーとちょっぴり期待している。

馬券はフレールジャック、ショウナンマイティ、カーマインの1~3着に、

オルフェーヴルの2、3着。

ウインバリアシオン、ダノンミル、ステラロッサの3着。

45点か。馬券はこれだけになるかな。

それにしても3連単好きだなー、自分。 ギャンブラー過ぎるな。


うーん、秋になって、競馬がますます楽しくなっていきますな~。

季節は夏の方が好きだけどね。

「発明」ってのは難しいことなのかな。 
 
全然競馬と関係ないんですけど、

今日は、「発明」について。

発明って、やっぱり難しいものなのかなー、どうなのかなーと、最近たびたび思うんですよ。

なんでかっていうと私、現在「無職」だからです。

厳密にいうと、「無職のような状態」って感じで、手に職は持っているんですが、

かの大震災により、仕事がモロに影響受けてまして、仕事が再開できていない状況にあります。

ちょい踏み込んだ話をすれば、仕事場になっているビルが、これまた古くて、赤紙こそ貼られはしなかったんですが、年内に取り壊しが決定してしまうくらいダメージ受けてしまったんですよ。

ちなみに近隣にあるマンション、2棟ほど赤紙だとか。

その他については知らないけれど、もっとあるかも知れないし、

ちょっと街並みが変わってしまうなーっていう感覚すら覚えるほどの被災状況です。

地震のことはもう忘れてしまいたいので、(忘れてはいけないけど)ここまでにしておきたいんですが、


要は、仕事がない今、色々と考える時間が増えたんですよ。

ある意味、人生の岐路にも立っていると思っていて、

これからどうしてやろうかと、色々考えてしまうんですよ。

ハッキリ言うと、今の仕事をここで断ち切るという選択肢も考えていて、

その場合どうしようか、

東京の方に行って、なんかやってみるか。

被災した仙台で、もうちょい何か探してみるか。

実家のある山形で、身を固めるか、

ドバイに行って馬主になるか、

AKB48に対抗して、BBQ6582とか作ってみるか、

など、色々と考えてしまうんですわ。

でも、仕事ってのは結局、稼ぐため、儲けるため、生活するため、生きるために存在しているのであって、

あまりにも現実離れしていては、成功する可能性は少ないし、

現実を受け入れすぎでは、つましい生活になるかもしれないし、それ以上に人生がつまらなくなるし、

仕事選びってのは難しい。

仮に、BBQ6582のオーディションやりまーすって言って、

全員合格にしても、6000人くらい足りませんでしたってオチも考えられる。

世間は厳しい。

何もないまっさらな一般人には、そもそもそういった事業は難しいし、そんなビッグチャンスが転がり落ちてくることは、まず殆どないと思うんですよ。

そこで、誰にでもほぼ平等なチャンス、可能性が拡がっているものを探すとすれば、

まぁ、他にも色々あるとは思うんですが、

そのひとつとして、「発明」があると思うんですよ。

もちろん、いち企業の「ナンチャラ研究開発部」とか、そういったものに属している人たちの方が、それ関連の設備なり、コネクションというか、ネットワークと言った部分で有利ではありますけど、

「アイディア」ってのは資本0でできるわけです。

左手で鼻くそほじって、右手でケツをかいているうちにも「ポーン」と飛び出すこともあるわけです。

鼻くその方じゃなくて、アイディアが。

今さら、私が言って、なるほどそうだな!ってレベルの話ではないですけど、

発明は、誰にでも可能性のあるチャンスだと思ってしまうんですよね~。

よく、『主婦が、発明で一攫千金2億円の副収入!』みたいな話って聞くじゃないですか。

主婦がポーンと閃いてしまうんなら、自分だって何かできんじゃないか?って思ってしまいますわな。

そこの考え方が激甘なんだと思うけど。

ライバルも多いと思いますし、多いなんてもんじゃないか。

こうしている間にも、未来のすんごいロボットみたいな電化製品を開発しているだろうし、

口で言うほど、簡単なものじゃないんですけどね。

今の時代は特に、モノがいっぱいに溢れていて、発明と言っても、テレビや、携帯電話やのように、スケールの大きい発明品は誕生しにくいと思うし、高度な発明品には、それを支える知識や技術も必要だと思うので、

可能性は拡がっていると言っても、誰もがつかめるもんではないのは確かだと思う。

しかしながら、それでもどこかで、「発明はチャンス」と考えたいんですわ。


うーん、エジソンはなかなかやるなー。電気って最強だな。

発明かー・・・。何かないもんかな?

目やにを自動で除去する、『目やに感知センサー付き綿棒』とかどうかな? 単価は5万円くらいで。

あっ、全自動競走馬調教ロボットとか。

『デビュー戦から、進みたいローテーションを入力して、絶対に馬が故障しないカリキュラムでメニューを消化し、レースに臨みます。』

みたいな。

終わってみたら調教メニュー全部「プール」のみでした。みたいなオチになるかもな。


全然ダメだな。

競馬にロボットが介入しちゃイカンよ!医療面以外は。
ダービーを振り返って、そしてこれから 
 
日本ダービーが終わりました。

オルフェーヴル、

もの凄い強さを見せ付けてやりましたなー。

ダービー馬になり、クラシック3冠馬への権利を得た。

ハッキリ言って、ものすごく気持ちのいい勝ちっぷりだった。

馬券ダメだったけど、そんなの忘れてしまうくらいの、そんな抜けっぷりだった。

一瞬ウインバリアシオンが脚色が良く見えたけど、

オルフェーヴルが、そっからヌボーンと突き放しましたなー。

ウインバリアシオンから、3着入線のベルシャザールの間には7馬身の差があった。

外差しが効いているとはいえ、この2頭は強烈な強さを見せ付けた。

ウインバリアシオンに至っては、調教で見ている分には、ストライドが大きいフォームで、

不良馬場は向かないだろうなーって思っていたら、あの走りだ。

これは良馬場なら、さらなる前進があったかもしれんと思ってしまう。

オルフェーヴルの強さが際立った皐月賞、東京優駿だったが、

東京コースのウインバリアシオンは、これからちょっと見ものだ。

順調に結果出して、ジャパンカップに出てきたら買いたい感じだ。


そして、期待を込めた我等がトーセンラーは11着。

最後、鈍ってしまったな。

なーに、競馬は終わりじゃないさ。

競走馬である限り、ずっとチャンスは転がってる。

人生と一緒ですよ。

今度また、初重賞獲った時の興奮をくれよー!

トーセンラーのおかげで、今年のダービーは共に被災したこともあって、特別な思いで競馬できました。

普段の競馬とは違った熱が込もりました。

きさらぎ賞勝って、POG激熱にしてくれました。

これからもずっと応援するからよ、しばらくゆっくり休んでくれい!


ってことで、初の10人体制で出陣したPOGは、終わりを迎え、

新たなシーズンが始まる。

トップ10入りしたことで、大幅すぎる前進はあったが、その一方で、色々勉強になった。

トップのチームとは、順位以上のポイント差があるが、来シーズンはキッカリ捕まえるはずだ!

今年のPOGは、なんていうか、来年に向けて、ひと叩きしたって感じですよ。

実は、悔しいけど。

絞れた体なら、来シーズン、キヲヌイタ軍団は2着馬に、3と4分の3馬身くらいつけれますよ。

きっといけますよ。

私も気合入れて、がんばります。



新種牡馬どれがいいんだろーな。

ダイワメジャー、アドマイヤムーン産駒にどれくらい流れるかな?

ディープ産駒は、どのくらいに収まるかな。

個人的には、サムライハート産駒と、アサクサデンエン産駒が気になるな。

楽しみですわー。

日本ダービー 
 
ついに、この日がやって来ました。日本ダービー。

この一週間、ずっと日本ダービーの予習をしてきたが、

明日、レース当日は雨のようで、

予想に、ちょっと変化をつけなければならないと思った。

トーセンラーは、大外枠で後ろからの競馬のイメージがあるので、やっぱりちょっと不利だと思ったりもするが、

それでも軸はトーセンラーで行く。

変化つけるとは言ったものの、ここはつけないでおきたい。

競馬は何が起こるかわからない。

ダービーに出走できるのはたったの18頭。

実力がなくては上がってこれない場所だが、

たとえ実力があったとしても、運悪く上がってこれない馬もいる。

デビューもしていない馬たちもいる。

トーセンラーは、宮城で巨大地震をその身に受けて、それでも、ダービーの舞台までやってきた。

これぐらいの奇跡があるならば、ダービー馬になるのなんか、ほんの小っちゃな奇跡さ。

大外枠とか、雨とか、そんなもの、トーセンラーにとって乗り越えるほどのものではないさ。

トーセンラーを、しっかり応援させて頂きます。


ということで、トーセンラーに勝ってほしいのだけれども、願いだけじゃ届かない部分もある。

トーセンラーが勝てるように、蛯名騎手がしっかり導いてもらいたのだ。

このまま雨が進んだら、もちろん重馬馬場、不良馬場になるので、

一概には言い切れないが、後ろからの競馬で勝負ってのは分が悪い。

3年連続ダービー馬が内ラチ沿いを進んでるということを意識すると、やはりその位置取りも大事で、

ロスなく経済コースを通って行くには、スタートから下げてしんがりぐらいの内のポジションをとるか、

思い切って逃げの手を打つか、どっちかしかない。

後ろからでは、ディープスカイが勝ったパターンを行くしかないが、道悪を考えると、それではあまり後ろすぎる。

となると、もう前に行くしかないか。

皐月賞のイメージからも、後ろからっぽい感じがするトーセンラーだが、

実際はそんなん後ろじゃなくてもできる気がする。

逃げまでいかないまでも、馬群の薄そうな2、3番手の好位につけてほしい。

枠的には経済コースを通れないとは思うが、縦長にバラけて、内に1頭いるくらいなら大丈夫だと思う。

1頭くらいいる方が都合いい気もする。

そんな流れで、できれば前の方につけて、できなければ、ちょっと下げても良いから、ロスを少なめにして、

それも厳しいなら、もう気合で乗り切るしかない。

軸は、蛯名正義とトーセンラーで、

馬券候補として、前走こそ後ろからいい脚使ったけど、思い切って前に行きそうな武豊とロッカヴェラーノ。

これも前行きそうで、巻き返しの可能性はある、後藤浩輝とベルシャザール。

道悪も勝っていて、好位で競馬ができそうな、浜中俊とクレスコグランド。

鞍上強化、そしてこちらも道悪は歓迎らしい、L・デットーリとデボネア。

そして、単独逃げで復活を期待したい四位洋文リベルタス。

あとは、これも先行が期待できる、ネオユニヴァース産駒、福永祐一とユニバーサルバンク。

この組み合わせ中心で行こうと思う。

まぁ、基本前で思いっきり攻める馬券だ。

おそらくロッカヴェラーノ、ユニバーサルバンクあたりが逃げるはずで、

それに、ベルシャザールとリべルタスが加わるかどうかって感じになるとは思う。

馬券は基本3連系が多くなりそうだが、トーセンラーとロッカヴェラーノの馬連は持っておこうと思う。

ロッカヴェラーノは幸運もあるが、ダノンバラードを背負って出てもらうことになっている。

武豊騎手もそろそろ、やるんじゃないかとも思ってもいるのだ。

ベルシャザールとの馬券も持っておくかな。


本当の望みを言えば、ダービーで、キヲヌイタ軍団が争う馬券。


さぁー、ダービーだ。

出遅れするなよー。買う馬も、そうでない馬もね。

素晴らしい雨のダービーを期待!
馬券牧場 
 
重賞の馬券とか、10万馬券とか、POG馬の馬券とか、
そういうの貼り付けてく場所にします。
記事の中に貼ってくと長くなっちゃうし、邪魔くさいかもしれないんで。

ってことで、12月から貼っていくことにします。

自慰です。まぁブログですから。
それと、自分で確認できるのも良いと思って。


12月

2009 12月5日 阪神4R 障害3歳未
 2009年 12月5日 阪神4R 障害3歳未勝利


2009 12月5日 中山11R ステイヤーズS フォゲッタブル
2009年 12月5日 中山11R ステイヤーズS(G2)フォゲッタブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。