スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴールドシップが勝つときのWIN5 
 
週初めに記事を書くのは久々ですけど、

先週のWIN5をちょっと振り返ってみましょうかね。

先週のWIN5の結果は、

8人気、2人気、3人気、1人気、1人気で決着して、

配当が5,626,850円。

これは、結構付きましたなー。

驚きなのは、ゴールドシップっていう、

殆どのWIN5購入者の買い目に入っているであろう、超絶人気馬が勝って、

その上、中山メインのスプリングSでも1番人気のロゴタイプが勝った。

そんな状況の中で、これほどの配当が出たってところですな。

誰もがそう感じたとは思うんですけどね、

おそらく、的中した方でも、

「おっしゃー獲ったどー!」

「えー、配当、配当・・・えー!? こんなんつくの!?」

って感じだったんじゃないでしょうかね。

そのくらい、勝てば高配当は期待できないゴールドシップって感じですもんね。

そう考えると、

WIN5の高配当には、色んな切り口があるなって感じた今回ですな。

ともかく、

的中された方は、お見事! & おめでとうございます! でしたね。

そして、羨ましい!


今回の、波乱のWIN5を演出したのは、但馬Sを人気薄で勝ったモズ。

個人的に、これはやられた感が強い。

国分兄弟の、特に恭介騎手の、

人気薄での逃げってのは、結構警戒しているはずだったのだが、

ここを、まんまとやられてしまった。

まさかモズを持ってくるとはぁ~って感じで、

軽く変な汗が出てしまった。


で、ここから本題で、

これは時間があれば、先週に書こうかなとも思ったのだが、

ゴールドシップが勝つ時のWIN5。

なんか、思った以上にガチガチにならないと感じるんですよね。

とは言え一度、スーパーガチガチだった週はありましたけどね。

菊花賞ウィークでしたな、あれは。

覚えてますよ、私、当てましたもん、WIN5で、7320円。

えー、桁は間違ってないです。 はい。

まぁ、あの時に関しては、もうガチガチというレベルじゃないほどに、

超絶スーパーミラクル的に堅い決着になりましたけど、

他では、そこまでアホみたいに堅い配当にはなってないんですよね。


実際に、過去のゴールドシップがWIN5対象レースで勝った時の、

その配当と、勝った馬の人気を見てみると、

共同通信杯ウィーク(以下、がゴールドシップ)
1番人気  1番人気  3番人気  5番人気  番人気
的中413票 配当1,771,770円


皐月賞ウィーク
6番人気  11番人気  1番人気  1番人気  番人気
的中70票  配当10,496,930円


神戸新聞杯ウィーク
6番人気  2番人気  4番人気   番人気  2番人気
的中1725票 配当353,470円


有馬記念ウィーク
2番人気   5番人気   1番人気   7番人気   番人気
的中162票 配当3,660,090円


阪神大賞典ウィーク
8番人気   2番人気   3番人気  番人気  1番人気
的中115票 配当5,626,850円

こんな感じです。


共同通信杯や、皐月賞なんかは、1番人気を他に譲ってたんで、

黙っても、そこそこな配当になるってのはあるんですけど、

1番人気になって勝っている週で、

ゴールドシップと、さらに他のレースでガチガチっぽい馬が、勝ってしまう展開でも、

その他で、超ド穴っぽい馬が走ってしまうから、

思ったより配当が付いてしまってるんですよね。


まぁ、データとしては少ないし、

こんなのは、直接的な関連性がないところでの、

いわゆるオカルトの範囲ですし、

そこまで気にするほど、強烈な傾向でもないんですけどね。

ゴールドシップという馬の安定感と、この荒れた結果が続いてる状況を考えると、

ゴールドシップが走るレース以外は、

それこそ固めに見えたとしても、穴っぽい馬を多めに拾う意識で臨んでも、

面白いのかなっては思いますな。

なんせ、WIN5自体、30~50回やって、1回当たるかどうかみたいなもんですからね。

その上、ゴールドシップが出てくるWIN5では、菊花賞ウィークみたいに、

獲れてもしょうがないって配当になる可能性もあるんで、

それなら、釣れた時に少しでも得するために、

デカイとこ積極的に狙っていこうかなと、

そんな考えも浮かんできたところでした。

まぁ、この手はゴールドシップが負けるまでの限定かなぁ。


ちなみに先週は、こんな考えのもと、

荒れる側で、点数増やして買うか、

菊花賞みたいな超ガチガチ決着を見込むかっていう2択になって、

なかなか絞りきれずに、1点買いでガチガチの決着を見込む側に着地しました。

まぁ、今回は荒れる側で買っていても、

モズは6点ぐらいに広げないと拾えなかったなぁって感じでしたなー。

色々試さんとなぁ。



それにしてもロゴタイプ、しばらく買いにくい馬になりそうだなぁ。

勝ち方が完勝だっただけに、皐月賞での人気が気になってきますなー。

うーん、どうすんべ。

スポンサーサイト
京都記念の予習 
 
京都記念の予習をサラッとしておきましょうかね。

休み明けの馬が半数以上ですか。

人気はショウナンマイティになるのかな?

近3走を見れば、ここでは大将格と言っても良さそうですな。

有馬記念組もいないし。


ただ、個人的には、今年の京都記念は、

ショウナンマイティを、積極的に狙って良いレースじゃない気もしている。

この馬はオルフェーヴルや、ジェンティルドンナと走らせても、

1発の怖さがある一方で、

相手のレベルが下がっても、その1発がハマるかどうかわからんっていう、

変な可能性を秘めている馬でもある気はする。

なんていうか、

常にひとりタイムアタック的な馬というか。

他馬は関係ないでっせって感じの競馬してますわ。

ってなると、

出走メンバー全体のレベルが高い時、

なおかつ、オッズが甘めになる時こそ、買うべきな馬な気がしていて、

人気になりそうな今回は、ちょっと手を出しづらい。

もちろん、実力は1番なのは認めているし、

単勝3倍なんて破格のオッズがついたら、単勝1本にシフトする可能性もあるのだが、

昨年の大阪杯ぐらいの時のオッズが、一番の買い時だったなぁと思っていて、

1番人気になりそうで、かつ格下相手。

前走が有馬記念か、日経新春杯ぐらいを使っていた方が買いやすいレースで、

7ヶ月以上の休み明けの馬の、叩き1発目の、

断然なる追い込み馬を狙いに行くってのは、ちょっと怖さの方が大きい。


逃げ馬、先行馬であれば、力でねじ伏せてしまう絵も、若干はチラつくが、

休み明けで、

いかにも叩き1発目ですよって競馬で回ってくる可能性があるのであれば、

怒涛の追い込みの、「怒涛」の部分が期待しにくくなってしまう。


そんなところで、単勝3倍はつかないと思うけど、

つかなかければ他から攻めるってスタンスで、考えてみる。


休み明けでなくて、ここでも力を見せられそうな馬ってなると、

やっぱり4歳世代ですかね。

古馬との対戦で結果を出していて、距離の幅があるってなると、

ベールドインパクト、ジャスタウェイ、カポーティースター。

ジャスタウェイは距離が長いかな、ひょっとしたら。

カポーティースターも、前走がグリーンベルト決着ってのを若干考慮すると、

少し下げ目か。

ってなると、この中ではベールドインパクトかなぁ。

あとは、休み明けとは言っても、

3歳時の怪我から入念に立て直してきているはずのジョワドヴィーヴル。

これが気になりますな。

血統背景だけで、ただでさえ人気のある馬を買うなら、ココしかないかもしれないなぁ。

気持ちとしては、トーセンラー頑張れって感じなんですけどね。

じっくり考えますかね。


ショウナンマイティが、レース直前まで、

2.8~2.9倍くらいのオッズでウロウロしていたら、すんごい困りそうですわ。

たぶん、それは無いかな。


3歳ダート勢について考える 
 
ダートの話題ってことで、

まず、先週のレースを振り返ると、みやこSのローマンレジェンド、

強かったですなぁ。

好スタートから内目の前で競馬を進めた、ニホンピロアワーズ、

そしてホッコータルマエが馬券になる展開の中で、

ちょっとマズイ展開になったローマンレジェンド、

ゴール前できっちり交わして1着でしたわ。

結果は小差だったんですけどね、

負ける流れを地力でモノにしてしまったあの競馬を見ると、

これはGⅠの器と見て良いんじゃないでしょうかね。

何よりも、馬込みに割って入っていく、あの勝負根性。

本当に強い馬だけが持っている、競馬センスって言うんでしょうかね、

そういうものを感じてしまいましたわ。

これまでのパフォーマンスを加味しても、

個人的には、ここ数年で1番強いかもって思わせる、

そんなダートのニュースターって印象ですわ。

GⅠの舞台に行っても、

たぶん、間違っても2番人気以下にはならない気すらしますけどね、

これからが楽しみですわー。

まぁ、あくまで個人的な印象です。


で、本題っぽいところに入ると、

3歳馬をこれからどう扱うかってところですな。


強い強いと言われている、今年の3歳ダート勢。

みやこSでは、3歳最強馬、ハタノヴァンクールが凡走したものの、

同じ3歳のホッコータルマエが3着に力走したことで、

ハタノヴァンクールに関しては、謎負けっていう雰囲気が漂っていそうだし、

実際、そうである可能性はある。

となると、適切な物差しは、ホッコータルマエ3着って結果であって、

みやこSが終わった段階で、

今年の3歳が強いという見方は変わらず、

これから、さらに控えている他の3歳馬たちが、

今後の重賞戦線で、

間違いなく、人気になりまくるって展開が見えてくる。


個人的にも、今年の3歳勢には手応えを感じているし、

実際古馬混合の条件戦でも、3歳からばっかり買っていたが、

もう、3歳馬は強いってのが当たり前になって、

誰もがそこから馬券を買うって流れになると、

馬券的に面白みというか、うまみがなくなってくる。

こうなると、3歳馬が強いっていう今の背景に対して、

変に反抗してしまいたくなって、

古馬から買ってしまうかっていう気持ちも芽生えたりしてくる。


まぁ、強い馬を買うことよりも、

甘いオッズにばかりに目を向けてしまうのも考えものだし、

実際当たらない馬券を買ってもしょうがないってのもあるのだけれども、

今の、このタイミングに限って言えば、

重賞の経験や、重賞組の古馬相手の競馬を経験していない3歳馬に、

なんとなく強いとか、3歳馬の勢いとか、

数字には出ない、そういう期待票っぽい馬券が、ちょっと入りそうな気がしていて、

そういう面で多く売れてしまう馬券を、あまり買いたくないって気持ちがある。


たとえば、今週日曜に行われる、武蔵野S。

ここに出てくる、3歳馬ナムラビクターは、前走オープンで5馬身差。

正直めっちゃ強い!って思ってしまったし、

ここでヘタな競馬はしないとは思うんですわ。

イジゲンにしても、ガンジスにしても。


ただ、古馬重賞が初ってところを考えると、古馬には一日の長があるし、

適正ということを考えても、

今回の武蔵野Sには、シルクフォーチュン、ダノンカモン、ナムラタイタンなど、

東京1400、1600mが得意なメンツが揃っている。

その一方で、3歳馬に関しては、距離にしても、コースにしても、

適正がよくわからないながらも、まぁ強いっていう、

大雑把で、ちょっとボヤけた部分で人気にりそうな感じで、


こうなってくると、

適正が、まさにココにあって、GⅠでも馬券になっているのに、

人気が吸い取られる恰好になりそうな、そんな古馬を狙いたくなる。


もちろん、3歳馬はすごく評価しているし、

どっちかって言うと、プッシュしている側の人間だし、

ナムラビクターも、イジゲンも、ガンジスも、

どれも馬券を買ったこともあるので、

完全に切ることなんて、できねー!って感じなのだが、

古馬を評価することも忘れないようにしたい、今の時期の重賞戦線って感じですわ。


あとは、これからの見どころとして、

3歳勢、強いは強いが、GⅠ級の馬がポンポン出るのかってところですかね。

これまでのレースを見ていると、

1000万、1600万クラスでは、まったく問題ないというか、

むしろ強いってレースを見せますけど、

この中から、

重賞馬がどれだけ出てくるのかってのが、ひとつ注目しているポイントですわ。

3歳世代が、GⅠタイトルを総ナメっていうパターンも考えられる一方で、

逆に、3歳世代が、

全部「ソコソコ強い」で終わるパターンもあるかもしれない可能性も、

2ミリくらいは残っている。

これに関してはあまり考えたくはないけど、

馬券的には、そういう見方も必要かもしれないですな。


なんていうか、

サッカーの名門高校で、黄金世代がやってきたとして、

その後、部員は全員がJリーグ(プロ)に入ってからも、そこそこはやっていけても、

欧州レベルでやっていけるかは別の話というところで、

全体の強いって印象を、必要以上に、個に背負わせないことも、

必要になってくる気はしてます。


って、久々に長々と書いてしまった。



うーん、


それにしても、3歳馬強ぇ~なぁ~(笑


今週のWIN5を、もうちょい考える。 
 
明日は重賞がないんで、

もうちょい今週のWIN5の方、考えて行きますかねー。

約200点の一本勝負。


どんな布陣で行こうか、まだ固まっていない。

客観的な目線で、見れば、

ちょい少頭数の、ちょいガチガチっぽく見える今回は、

点数押さえて行くべきなのがセオリーで、

この状況で、200点勝負ってのは、

トリガミWIN5に向かって突き進んでいるようにも、思えてしまうが、

今回は、タイミング的なものもあったし、

逆に、ガチガチが崩れるところに、淡い期待を抱いて挑戦するのも、

だんだんと楽しみになってきた感もある。


今回の場合、200点で買うってなると、結構色んな作戦が組めますな。


例えば、

最初の2レースを全頭買いにするパターンで、

残りの3レースを本命1点買いって形にすると、

165点で収まる。

確かにこの形もナシではないが、

大半の人は、その本命っぽい、

函館スプリントSのロードカナロア、

マーメイドSのグルヴェイグ、

そして、バーデンバーデンCのテイエムオオタカあたりはカバーするだろうから、

前半の2レースで、相当な波乱がないと、

そこまで良い配当は付かないようにも思える。


この中でも、一番人気が偏りそうに思えるロードカナロア、

これは、10人いたら、9人はカバーするんじゃないかと思える。

下手すれば、点数を押さえるために、

指名した人の半数は、ココで1点勝負かもしれない。

そして、

テイエムオオタカ、グルヴェイグも、同時に指名してる人も、

点数にして、全体の3分の1くらいは行ってしまうんじゃないかと考える。

こうなると、

前半の2レースも、順当に決まったら、スーパー低配当。

3~5番人気できまるようなら、ちょい低配当。

って絵が想像できなくもない。


じゃあ、10番人気とか、シンガリ人気を買いに行くかって言われたら、

それも難しい。


勝てそうにもない、人気薄が頭に来る可能性を考えるくらいなら、

残りの3レースで、

断然人気の馬が、2、3着になる可能性を考える方が、だいぶ易しい感じだ。

まぁグルヴェイグと、テイエムオオタカは、断然人気って感じでもないが・・・。


おそらく、少数点購入の人も、ガッツリ買ってる人も、

後半3レースの方を絞るのは、ある程度共通していそうな気がするので、


前回の記事にも書いたかもしれないけど、

軽く妄想で説明づけた上で、

無理なく、逆を取る作戦で狙っていきたいですな。


個人的には、後半3レースの中では、

テイエムオオタカは、シッカリ走ってくる可能性が高い気がしているが、

マーメイドSは、絶対能力値的にも、展開的にも、波乱の目を含んでるというか、

色々拾っておいた方が良い気がしていて、

函館スプリントSのロードカナロアは、

初の洋芝、初函館コース、休み明け、

前走はGⅠだったとは言え、初めて連を外したことでの、勢い的なものの見方。

その連を外した1枠に、今回も入ったこと。

G3レベルなら、全部跳ね返しそうな薄いマイナス要素だが、

この辺をちょい疑いながら、少し広めに拾うことも意識した方が良さそうな気がする。


まぁ、その3レースも大事ですけどね、

個人的には、横手特別が一番やっかいな感じはしていますわ。

ここ、作戦としては広げたくないんだけどなぁー。

色々考えておきますか。


明日は、東京メインの阿武隈Sに出走の、モーニングフェイスで、激しく悩み中。

ってか、たぶんガッツリ行ってしまいそうな気がする。

休み明けで、

しかも、正直、東京、阪神コースあたりが買える感じでありながら、

今回、初の福島コース。

しかも、1600万下で、前走大敗ってのもあって、

安易に手を出しづらい。

が、しかーし、

メンバーの構成が、すごく良い感じがしている。

モーニングフェイスは、

前有利っぽいレースだけど、前が速くなりすぎて持ち切れず、

でも、実は後ろにもキツかったみたいな展開に強い印象を持っていて、

今回は、開催の進んでない、福島コース。

やっぱり前有利っぽいが、

バイタルスタイル、コスモラピュタ、ヤマニンエルブがレースを引っ張る展開は、

わりと忙しくなりそうなので、

能力が出しやすい流れな気がする。

そして、後ろで鬼脚を溜めて爆発させるみたいな馬もいないので、

ジワジワっと中団~好位から進出する、

モーニングフェイスの出番も十分に考えられる気はする。

しかも、馬群を捌きやすい少頭数で、内枠。

アーンド、ベストの距離2000m。

ちょい狙い目っぽい感じがしてしまう。


あとは、この相手にどれだけやれるかだなー。

頑張ってくれんかなぁ。


単勝、複勝持って応援します。

ニシノメイゲツ、ケニアブラック、

エナージバイオ、アサティスボーイあたりと絡める馬券も持っておきますかね。


休み明けでも、走れ!


今週のWIN5をちょっと考えておく 
 
今週のWIN5について、ちょっと考えておきますかね。

普段は、このタイミングでWIN5の記事を持ってこないのだが、

今週は、先週に引き続きの、

いわゆる、2匹目のドジョウを狙ってみようと、

(愚かな?)目論見を立てている。

味をしめるっていうんですかね。

調子に乗るっても言うんでしょうけど。


ただ、単に気が大きくなっているわけではなくて、

大きいところが獲れた時にしか、

巡って来ないチャンスってのも、あるとも思っている。


競馬を含む、ギャンブル、

もしくはギャンブル以外の部分でもそうだが、

仕掛けられるタイミングで、仕掛けておくのが、

勝負で勝つカギだと思っている。


まぁ、そんなに重いテーマの中、WIN5買うってわけでもないのだが、

これまで、大きいのを獲って来た時は、

大体そうしてきたんで、

単に今回も、そうしちゃうって話です。


大勝負のヒット率は、そんなでもないですけどねー。

確率的には、概算で4打数1ホーマーぐらいですかね?

外れる可能性の方が高いんで、

気持ちは緩めにして、久々のこの機会を楽しもうと思っております。


ってことで、今回のWIN5、200点ぐらいで勝負しようと思う。

前に一度、100万くらいの配当が当たった時に、

単勝に10万勝負ってのをやったことあるんで、

それから比べれば、まぁ大人しい感じではありますな。

ちなみに、その時の10万馬券は、ドカーン!とハズレました(笑


今週、すでに、WIN5のでゲッツした配当の4分の1を嫁さんに還元してしまったんで、

そんなに余裕はないんですけどね。

まぁーこの勝負は別でっせ!!


ってことで、気合を入れて、WIN5対象レースの出馬表を見てみたのだが、

どれも、いくぶん出走頭数が少ない。

小豆島特別      ・・・11頭
横手特別        ・・・15頭
函館スプリントS   ・・・11頭
マーメイドS      ・・・14頭
バーデンバーデンC  ・・・11頭


ローカルだから?

ちょっと少なく感じますな。

これ・・・、獲れ!ってことですな?

そう理解して良いんですな?


まぁ、もちろん頭数少ないんで、配当も弱めになる可能性が高いものの、

200点で的中する可能性は、ちょっとある気がしますな。


そして、今回ちょうど攻め時か?って思うポイントが、

各場メインレースで、人気がガチガチっぽそうな馬がいること。


函館スプリントSでは、ロードカナロア。

前有利っぽい、今の馬場で、差しもそれなりに届く、当レース。

この馬の先行脚質は、ちょうど良さそうに思えるし、

重賞実績、安定感を考えたら、単勝2倍切っても、買わなくては!

と、思わされるような信頼度の高さで、

どうしても1点に絞れと言われるなら、ロードカナロアになってしまう気はする。


マーメイドSでは、グルヴェイグ。

これは、私見だが、

実績が乏しくとも、血統や、POG的な人気の背景で、

1000万勝ったって身分にも関わらず、1番人気になるんじゃないかと思っている。

他に、いかにも強力っぽそうなのがいるなら、また違ったかもしれないが、

ウィリアムズ騎手、斤量、前走の完勝っぷりと、勢いとかを織り交ぜたら、

この馬が押されるオッズになるような気がしている。

他も、パッとしないと言えばそうかもしれないので、

どうしても1点に絞れと言われるなら、グルヴェイグになってしまう気はする。


バーデンバーデンC、テイエムオオタカ。

1200m戦は重賞でも堅実で、小回り向き、

前走も同コースで、2着ってなると、ここはちょい抜けた人気っぽい気はする。

必ずしも逃げの形にならなくても良いってのも良いし、

どうしても1点に絞れと言われるなら、テイエムオオタカになってしまう気はする。


こうなると、

このメイン3レースを、1点で仕留めて、

残りの、はじめ2レースを手広くするのが良いんじゃないかって思考になるが、

自分が考えていることって、

結局、他の人も同じように考えてることなので、

仮に、この作戦でうまく行ったとしても、

最初の2レースが、3番人気、4番人気ぐらいのちょい波乱では、

うまいこと仕留めたように見えても、

配当は恐ろしく低いパターンってのは目に見えている。


逆に言えば、

他のレースが全部、1番人気で決まっても、

函館スプリントSが、ロードカナロアがコケて、3、4番人気の馬が勝つ方が、

良い配当が付きそうにさえ思える。


先週のWIN5も、

4レースが1番人気で決まって、40万の配当ってのを見ると、

1レース目で負けた1番人気、ステラロッサが、いかに信頼されていたかがわかる。

個人的にも、ステラロッサで、堅いと思っていた。

自分も含め、ほとんどの人は、

堅そうな馬がいればいるほど、1点勝負、

もしくは、広げても対抗までに留める感じで、

その他の馬には回せないって感じが見てとれる。


200点買うって決めて、

頭数少ないなら、狙うポイントはココか?


やはり競馬はいつでも、何が起こるか分からなくて、

特にスプリント戦は、

一瞬の動き、一瞬の展開で勝負が決してしまうので、

休み明けの部分も含み、ロードカナロアが負けてしまう目も、

10、20%くらいは考えておかなくてはならないとも思っている。


順当に決まりまくれば、1万以下の配当すらありえる今週。

1万でも的中しておいた方が良いってので、

断然人気もカバーしつつ、が良いのか。

それとも、波乱しか求めない布陣にするか?

どうしましょうかねー。

点数との兼ね合いが難しそうですわ。


今のところは、逆手作戦と言うか、

メイン3レースを、それなりに散らして、

前半2レースを、そこまでバラまかない作戦で行きたい感じですな。


どうせ1万以下の配当になる確率が高いなら、外れるの覚悟で、

人気どころを取らない、捨て身の作戦ってのも、今回に限っては有効な感じはありますけど。


さて、どうなりますかね。

悩むなぁ~。

まさかの、完全ランダムを利用か?(笑



何気に、1200mのリーチザクラウン、

アリだと思うのは私だけでしょうかね?

アイルランドTの、大逃げ → 惨敗のレースっぷりが、

スプリンターに見えてきてしまう・・・。


クラッシュアゲン 
 
先週の土曜日なのだが、

東京7Rのダート1600m戦に、クラッシュアゲンという馬が出走していた。


自分はこのレース、このクラッシュアゲンを本命にして馬券を組み立てていたんですわ。

単勝オッズ、40.5倍。

アメリカンダイナーが1頭だけ極端に人気を被っていたとは言え、

ちょっと、人気が無さすぎると思っていた。

5連勝してきての、ココって流れだったのだが、

5連勝は、公営・園田でのもので、

その前は、中央のダートで、2戦して大敗をしたっていう馬だった。

普通に考えれば、園田での連勝よりも、中央での実績を評価するべきなのかもしれないが、

個人的には、園田で5連勝ってのも、本当に弱い馬にはできない芸当だと思っていて、

これが、準オープン以上の戦いということになれば、難しい戦いになるとは思うが、

500万下で、このオッズは、正直、おかしいんじゃないかと思って、

買うつもりもなかったレースで、馬券を買っておいた。


自分は、地方の競馬のレベルも、けっこう意識している方で、(素人の範囲で)

他の数多くある公営競馬に比べて、

馬のキャリアが浅いころの園田、もしくは門別なんかには、

結構、能力馬が眠っている率が高くて、

ヘタをすれば、地方競馬のトップにある、南関競馬よりも、

一発やるような素材が、たまに眠っている率が高い気がしていた。

あくまで、私見なんですけどね。


そんな園田を5連勝してくる馬が、

ここで、単勝40.5倍なりの競馬をやるとは思えなかったし、

それに加えて、脚質の変化も気になったりもした。

というのも、

中央で、負けたレースは、中団~後方からのレース展開だったが、

園田にまわってからは、一転、逃げの競馬に。 それで5連勝。

これが、怪しかった。


なんかこういう、

弱いところで戦うことで、勝ちグセがついて、脚質が変わって、

生まれ変わってくる馬って、結構いるんですわ。


レースは、直線で、アメリカンダイナーに交わされてしまったものの、

キッチリ2着に頑張りましたわ。


馬券は、単勝から始まって、色々買ったクセに、

うっすいとこの、アメリカンダイナーとの馬連と、

クラッシュアゲンの複勝のみっていう、

期待のわりに、すごく無念な結果になりましたけどね、

しかしながら、

このパターンの手応えは、大きく感じましたな。


クラッシュアゲンの馬券は、もう買いにくいですけどね、

園田ぐらいのレベルの公営で、4、5連勝している馬、

特に、中央で惨敗 → 地方で脚質変わりで一変って馬は、

底を見せていないところがあるにも関わらず、

500万下でも平気でナメられるんで、

こんな馬がいたら、思い切って買っていった方が良い気はしますな。

そんなにいっぱい転がってはないんですけどねー。


なんかね、

こういうところを突っ込めた時、

競馬って、面白いなぁ~って思いますわ。

馬券もガッツリ当たると、もっと楽しいんでしょうけど(笑


馬券は買わなくても、公営競馬をちょっぴり見ることで、

条件戦が楽しくなるってのは、あると思いますな。

ほんとは馬券買った方が良いんでしょうけどね。


もっと、クラッシュアゲンみたいな馬、見つけていきたいですな。


・・・

くそう!アメリカンダイナーめ!


先週のPOG馬。 
 
さて、先週大量出走だったPOG馬。

ガッツリとポイントゲッツをお願いしたいところだったが、

なんていうか、

もう一息!って感じで終わってしまいましたな。


7頭出走で、キッチリ勝ったのがハルシュタット1頭のみ。

もちろん、嬉しいことには嬉しいが、

先週出走馬では唯一の「ウマジン地獄モード」指名馬。

ウマジンも、JRA-VANの方も、入賞圏内には遠いが、

ウマジンの方は、あまりにも悲惨な順位だったので、

未勝利戦の1着のポイントが入っても、まさに焼け石に水って感じで、

思い切りガッツポーズして喜ぶ感じではない感じだ。

喜ぶ度合いとしては、

バスケの試合で、100 対 2 くらいの圧倒的なスコアで勝っていて、

自分もフリースローで、1点決めて、一応は勝利に貢献したってくらいの喜びだ。

いや、それってあんまり嬉しくないな。

むしろ屈辱的?


で、気になる、JRA-VAN・POGの精鋭たちの頑張りだが、

コッチがなんとも、悔しさが残る結果になってしまった。

まず、東京1400mでの巻き返しに期待した、ダブルスター。

これがクビ差の2着。

ずっと勝ち馬を追う展開だったが、最後の最後で届かず。

うーん、惜すぃー!

勝つ流れでレースは運べていたので、このチャンスに勝ってほしかった。

後ろには10馬身差もつけていたので、

相当な馬が相手にならない限り、次も大きく期待して良さそうだ。

この開催で、決めたいなぁ。

そして、こちらも奮闘。 再度のダート1400m、パールブロッサム。

こちらも、先に抜け出した勝ち馬を捕らえきれない2着。

勝ち馬も強かったが、後ろに5馬身差。

この馬も抜けてた感じだ。

牝馬限定戦なら、いつでも勝ち抜けですな。

距離長くても行けそうな気配もある。


ダブルスター、パールブロッサム、

結局どちらも、圧勝の2着ってことで、

馬券的には次、メチャメチャ狙いにくくなりましたな。

うーむ、残念!


そして、さらに残念なのは、この2頭以外、ポイントゲッツできなかったことだ。

まぁ・・・エレガントカクテル以外は、過度に期待はしていなかったけど。。。

それでも、キョウワイザベルあたりはそれなりに見どころ作って、

展開の助け、メンバーの構成によっては、芝でもダートでも、

いくらかポイント持って来てくれんじゃないかって期待はできましたな。

馬券的には、これ狙いでいきますかね。

まだ買うには怖いけど。


こんな感じで、未勝利戦の2着、500万条件の2着のポイントのみゲッツ。

両方勝てたら文句なかったんだけど、

この結果だと、もう1頭は入着馬は欲しい展開だったなぁ。

このままでは、100位以内に入ることは難しいですわ。

入賞は、さらに遥か遠く・・・。


今週は10頭出陣で行くしかないですな。

先週の6頭が連闘になっちゃうけど。


藤枝:「連闘になりますがよろしいですか?」
   
    「はい」

ですわ。

5月に一気にフィーバーして、大逆転の、

58位狙いだ!

みんな、気合入れろ!


そういや、ウチのエースのシンボリエクレールくんは、ドコ行った?


今週のPOG馬をチェックしておく。 
 
今週は、POG馬祭りですわー!

過去のPOG馬を含まない、今年のPOG馬だけで、

土曜日に3頭、日曜日に4頭ですわー。

特に、JRA-VANのPOG指名馬が大挙出走で、

日曜は、京都1~4Rにそれぞれ1頭ずつ、連続で出走するっていう、

半分笑うような、半分気合入るような展開になりましたわ。

もう正直、全頭が頑張ってポイント加算してほしいですな。

あまりに多いんで、今回は、今年のPOG馬だけ見ていきますかね。


まずは土曜日。

福島1R、ダート1150m戦に、ハルシュタット出走。

今回、距離短縮。

スタート大きく出遅れとか、よほどのことがない限り、勝つと思いますなーここは。

ただ、オッズもガチガチっぽい気配はしてるので、

2.5倍以上つかないのであれば、無理して買わなくても良さそうですな。

90%は勝つ気はするけど。

美味しさ < リスク っぽいですわ。

たぶん見てるだけにすると思うんで、勝利の報告をお願いします。


京都3R、芝1800m戦に、エレガントカクテル出走。

牝馬限定戦なら、いつでもチャンスありそうですな。

小倉で2着で、阪神で着外のあと、京都ってのはなんとなく良さそうだし、

藤岡康太騎手ってのも、攻撃的な感じで、向いてそうな気がしますな。

割れた人気の上位組扱いされそうですけど、

材料的には、狙って良さそうな感じはありますな。

単複、馬連流しで。


東京7R、ダート1400m戦に、ダブルスター出走。

東京1400mは一度使って4着。

ただ、このレース、メンバーは強力だった気はする。

タマブラックホール、ガンジス、サトノインスパイアってメンツと比べたら、

今回は比較的、楽な気がする。

逃げたレースで4着の後、追い込みレースで3着を2回。

そして再度、東京1400m。

おそらく東京は向いていると思うので、ここは期待が大きい。

相手もそれなりにいるが、

単複と、ラブリースターとのワイドで行っときますか。


日曜日。


京都1R、ダート1400mに、パールブロッサム出走。

前走、強かったですわ。

馬券的には1着の方が嬉しかったけど。

前走は逃げ馬だけ捕まえられなかったが、脚色は他馬と差があった感じですな。

今回も牝馬限定戦、大丈夫だと思いますけどね?

一応単複と、1頭軸で、

アルレガーロ、カチューシャ、クレバースカイ、メイショウユメゴゼの3連複にしてみる。


京都2R、ダート1800m戦に、エスジーアール出走。

待望のダート戦。

成績的に多くは望めないが、変わるならコレしかないですな。

とりあえず馬券は控えておく。 複勝20倍ついたら買いますけどね。

初ポイント目指せ!


京都3R、芝1200m戦に、トリエステ出走。

公営名古屋に行って、大敗して帰ってきましたか。

芝の方が期待値は高そうではあるが、

これはちょっと買いにくいですな。

ここは見るレースにして、応援はガッチリしときまっせ!


京都4レース、芝1600m戦に、キョウワイザベル出走。

この馬も久々にポイント欲しいですな。

しかしながら、今回混合戦、

そして、パラダイスクリーク産駒に芝適正を求めるってのは、

ちょっと厳しいかもしれん。

頑張ってほしいけど、勝負は、牝馬限定のダート戦ですかね。

間違って5着に入れ!


とりあえず、期待できそうなのは、

ハルシュタット、エレガントカクテル、ダブルスター、パールブロッサムかなぁ。

全部1着で、ポイントゴッソリ運んで来ないかなー。


えー、今週の思わぬ大量出走により、

JRA-VAN・POG、100以内を目標に設定します。

今週100位以内に入ったら、薄いとこの入賞目指します。


まぁ、そんなにうまいことイカンかなぁ~。

とにかく、楽しみですわー。


全頭着外なんて展開だったら、

ショックのあまり、窓全開にして、外に向かって、

メインレースのファンファーレを熱唱するかもしれませんわ。


みんな、がんばれ!!

オークスに向けて。 
 
ちょっと早いですけど、

オークスについて考えておきましょうかね。

「その前にフローラ賞考えましょうよ、社長!」って感じだけど、

良いんです!(J・カビラじゃない)


さらっとオークス。

今年は、

ジョワドヴィーヴルが骨折により戦線離脱してしまった部分もあり、(痛い!)

桜花賞をキッチリ勝ったジェンティルドンナが「プチ1強」な感は出ている。

勝っている時のレース運びも盤石で、

ジェンティルドンナが2冠ホースっぽい可能性は結構高い気はするのだが、

別の馬もチェックしておきたい。

1頭気になるのは、ミッドサマーフェア。

クイーンCでの負け方、君子蘭賞の勝ち方を見ていると、

いかにもオークスっぽい匂いがしてしまう。

桜花賞の予習の段階でもオークスっぽいって書いた覚えもあるが、

2400mという距離で、能力がガッツリ発揮されそうなのは、

ミッドサマーフェアを差し置いて、他にいないかもしれないとさえ思ってしまう。

かなり節穴な目で見ると、そう感じる。

なんか、牝馬っぽくないんだよなーこの馬。

なぜか。

他にはないスタミナ、パワーを感じるというか。


今週登録のフローラSは、2000mだけど、

正直、かなり格好つけて勝つんじゃないかって気もしてしまう。

本番で、買うことを意識すると、2着でお願いしたいのだけど・・・。

まぁ、そもそも間違ってたりして。


もう1頭気になるのは、パララサルー。

こっちは、桜花賞までは、マイルだけ使ってたこともあり、

桜花賞寄りの馬かなぁーなんて思ってたりもしたけど、

桜花賞を見た感じだと、意外とそうでもなかった?感はある。

鞍上もたしか、「ペースにうまくついて行けなかった」的なことを、

レース後に言っていたと思うが、

そのレースでは、ジェンティルドンナに次ぐ上がりの速さで追い上げたものの、

道中は、なんか忙しい感じに追走しているように思えて、

うまいこと溜めが効かなかった感もあるし、

最後方を追走する展開も結果的には苦しかったと思える。

マイルのペースが合わなくて、それでいながら、良い脚を使えたってなると、

パララサルー、実は、距離伸びたコッチか? オークスか?

って思えてきてしまう。

桜花賞でパララサルーと予想をした時は、オークスも視野に入れた馬ではなかったけど、

うーむ、思わぬ急転直下。

なんか、また買ってしまいそうな気がしてますわー。 今のところは。

他では、桜花賞でも根性見せて、東京コースのクイーンCを完勝しているヴィルシーナ。

そしてジェンティルドンナ含め、4頭。

個人的には、この4頭を、オークスの中心として見ていくことになりそうだ。



まぁ、したり顔して、レース展望を書いたものの、

素人なんで、まるきり合ってない可能性も十分アリ。


自分の良いように勘違いしながら進めるのが、競馬の面白さなんダー!!


今週のPOG馬とか、気になる馬をチェック。 
 
桜花賞、出走馬が決まりましたね。

個人的にはミッドサマーフェアには出てもらいたかったなー。

能力はここでも上位な気はしたんだよなぁ。

追い込み決まれば。


まぁクラシックは、展開に恵まれず、結果が出なくて、

古馬になってから一気に開花しそうな、そんなタイプな気もしますな。

なんとなく。

しかしながら、ここでも見たかったですわ。

オークスでは、1発やるかもしれないな。

今後に期待しておきましょう。


本題に移りますか。

今週も、なんぼか出てきますな。

JRA-VAN・POG指名馬が少ないのが残念だけど・・・。


まず土曜日。

福島競馬の復活、その1発目に出てきますよー。

ダート1000m戦に、ウマジン地獄モード指名のヤマニンエレニシア。

1000mですかー。 判断難しいなーこれ。

前行って押し切るタイプでもないし、

シニスターミニスター産駒ってことも考えると、

1ハロンの距離短縮より、延長の方が良さそうな気もしないでもない。

どうもシックリ来ないので、

ここは、とりあえず見ときますかねー。


阪神3R、ダート1400m。

ウマジン地獄モード指名の、ハルシュタット登場。

前回は、中途半端なことされてしまって、3着。

いや、違うんですよ、僕が中途半端だったんですよ。

それまでの流れから考えれば、複勝で良いハズなのに、

変な魔がさして、単勝買っちゃったんですね。 ちょびっとだけど。

ハルシュタット先生、ごめんなさい。

で、今回どうか。

前走、ちょい離れた3着だったが、前の2頭は、強かった気はするので、

相手関係からみても、ここは勝負になっていい気はする。

また、単勝買うと、2着とか、馬連軸にすると、3着とか、

3連複の軸にすると、4着とか、

うまいことギリギリ外した感じの走りをされても困るので、

複勝150円以上ついた時だけ、

ちょっぴり複勝買ってみることにする。


福島5R、芝2600m。

アンバサドゥールが登場。

この馬は、うまいこと流れに乗れてない感じで、

どのくらいのもんを持っているのか、正直分かりづらい。

今回、2600m戦。

馬券になっているのはマイルの新馬戦だけだが、

これまでの競馬をみていると、

ゆったりしたペースが、意外と合うのかもしれない。

このくらいの距離なら、力が出やすいんじゃないかなぁ。

ただ、今回メンツも薄いので、この成績でも、人気側に回る可能性は高い。

単勝10倍前後で、少しナメられている時だけ、馬券買いますかね。

1発もある気はするので、単複でちょい持っておきたい。

もし、かなり人気背負う立場になるならば、見る方向で。


中山5R、ダート1200m。

JRA-VAN・POGの、ゴーゴーゴーゴークリスが登場。

ゴーが2回ほど多かったかもしれない。

私情がちょっぴり、入り込んでしまいましたな。

ここで一気の距離短縮。

これは良い気がしますな。

芝でも良さそうですけどね。

まずは、ダートで様子見ですか。

スタートうまく出て、先行押し切りが、良さそうな気がするのであります。

まぁスピード負けしなければ、そこそこ頑張る気はするが、

人気側では買えないって気はしますな。

単勝20倍あたりから勝負って感じですな。


日曜日は1頭。

阪神5にスランジバールが登場。

コレは、なんも指名していない馬。

ちょっぴり狙ってみたい。

前走のメンバーはあまり強いとは言えないメンバーだったが、

スランジバール自身は強い競馬をしたように思えた。

その前のダート戦でも、1200mで離れた後方から良く追えていたし、

今回、人気側ではないとは思うので、

なんかちょっと、狙ってみたい。

クラスが上がるほど、力が出しやすくなりそうな気もする。

軽視されろ、軽視されろ!

今回、馬券的には一番楽しみだ。


全体的には、

アンバサドゥールの2600mとか、

ゴーゴークリスの1200mとか、

変わり身が楽しみですな。

馬券的には、安心できないけど。


桜花賞前に、牛丼5人前くらいは稼いでくれ!

特盛りね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。