スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天皇賞の馬券を絞る 
 
スワンSも予定通り消化した。

まぁ、天皇賞が控えてるだけあって、馬券を少なめにしたのは、

ほんの少し成長が見られる。

馬券の成長はあまり感じとれなかったが・・・。


まぁ、切り替えよう。


さて、天皇賞だ!

軸はシンゲンで行く。

レースの間隔も、この馬には丁度良く空けてきて、

しっかり力を出し切れるなら問題ないと思う。

東京巧者は他にもいるが、距離もぴったりだと思うし、

前走の中山で、今回のメンバーにいるドリームジャーニーにあれだけついて行けたなら、東京なら思いっ切りひっくり返せると思う。

なんなら思いっきり突き抜けるのも見たい。

シンゲン単勝を買おうと思っていたが、

頭はシンゲンからしか買わないと思うので、

相手をしっかり選んで、馬単から馬券を仕留めたい。


シンゲンは単勝3番人気まで落ちるかもしれない。

馬単で相手がウオッカでも結構配当がつきそうだ。

だが、ウオッカだけが相手とは考えていなくて、


前走ウオッカに勝って勢いがあり、ウオッカよりは距離歓迎のカンパニー。

昨年、大接戦の秋天で5着、ここに思い切り狙いを絞ってるエアシェイディ。

重賞2勝の東京で巻き返すかもしれないスクリーンヒーロー。

直線で力を発揮できるスマイルジャック。

このあたりを中心に選んで、

東京初で、メンツ的にも位置づけが難しく、どういう競馬になるのかわからないキャプテントゥーレ。

最近好走を続けて、昨年の秋天で6着のサクラメガワンダー。


穴っぽいのでは、スミヨン騎乗のアドマイヤフジ。マジック発動で一発も怖いし、

2枠4番ってことで語呂合わせで拾っておく。

あとは2000mでは崩れていない、ホッコーパドゥシャ。

特殊な蹄鉄を装着して臨むということで、ちょっと気になる。

最近、府中牝馬Sで3着のレジネッタ、菊花賞2着のフォゲッタブルが使用したとのこと。

距離適正と合わせて、好材料か? 力関係はきついが。


まぁ相手が多すぎるので、

馬単はシンゲンから、ウオッカ、カンパニー。スクリーンヒーローくらい。

カンパニーは厚めにいっておくかな?

3連単も頭はシンゲンのみ。

他のが頭で来るのは、3連複でカバーするつもり。

3連複の買い方が一番難しいが、

シンゲンが勝ってくれれば何の問題もない!


まぁシンゲンと半ば心中気味だが、期待しよう。

気合が入るなー。


甲斐の虎、出陣じゃ!


馬体重も気にして、しっかり選ぼう。

スポンサーサイト
スワンSも、ちらっと。 
 
2、3行くらいで、スワンSに挑む。


人気がかなり割れてるなー。

軸をなかなか固定しにくいので、浅く広く買うつもり。

スズカコーズウェイ、トレノジュビリー、フィフスペトル、

このあたりを中心に買おうと思う。

京都は初だし、富士Sの3歳勢の惨敗っぷりを見ると不安にもなるが、

フィフスぺトルはこの距離なら力出しやすいんじゃないかとは思っている。

55kgは有利だし。

ショウナンカザンは、芝で馬券になる率を見ると外すのは怖いが、

距離延びて、メンバー強化となると・・・ちょっと迷う。

ちょっとだけ買うかもな。

1400mくらい勢いでどうにかするかもしれんし、

全く買わないのは危険か。


ドラゴンウェルズは安定感なさすぎるが、

去年の同レースは、スーパーホーネット、フサイチリシャールの3着。

これは怖い。

前走で衰えがないところを見せて、軽視は危険かな。

まぁどの馬が来てもちょっとわからんから、穴っぽいのも押さえておきたい。

とりあえず、

スズカコーズウェイ、トレノジュビリー、フィフスぺトルから、

ドラゴンウェルズ、キンシャサのキセキ、ホッカイカンティあたり。

グラスキングも東京や札幌で、この距離勝ちがあって、微妙に怖いな。


少しでも天皇賞へ、我が軍の資金が増えるといいですな。



ってか、

2、3行でまとめるのは無理でした。



POGと、清志郎の世界 
 
POGのチーム戦に参加して、もうどのくらい経つだろうか。

あれから、たくさんの人出会い、

様々なものを見て、

そして、色んなことを感じてきた・・・。

・・・

って、くだらねー。

まだ2、3週間ぽっちだ。

特に振り返るもんもねーや。


でも人との出会いってのは、確かにある。


で、POGの方はやっぱり振り返るほども時間を経てないし、

ポイントも少ない。

まぁそれでも、ちょっとこの辺で整理っていうか、

POGについても少しはかじっておく。


現在ポイントは、460P。

既走馬では、アルトラプソディが2着の、モーニングフェイスが3着。

キャニオンビューは7着でポイント取れず。

今んとこは結構、期待したっていうか、想像した感じの結果になっている。

まぁそりゃー本当の期待を言えば、全馬がダービーまで無敗のはずですけど。

まぁこんなもんかなって滑り出しになっている。


で、ちょくちょく指名馬を増やして、今週はデビュー馬も含め何頭か指名したんだが、

なーんか、

牝馬が多くなってしまってることに気付く。

もちろん、牡馬ばかりではなく、バランスよく指名するのは良いとは思うんだが、

ダービー獲りに行くぜ!ってなると牡馬を中心に選ぶのが筋なんだろうとは思う。

まぁ結構際どいところもいってるし、自分の指名馬がダービーなんて・・・想像しにくいですわ。


まぁでも、少し牡馬の割合を増やすために、指名中のタニノギムレット産駒の牝馬、

ベッラフィーリアちゃんを地獄モードに切り替えようか迷っている。

どうせなら、チーム戦では、地獄モードで指名できない良血をチョイスしたくなってしまう。

地獄モード馬は地獄モードと。


でも、この判断ってどうなんだろ?

地獄モードで選べる馬が、ダービー馬になる可能性だってある。

でも不安の方が大きいし、重複指名は走ったら熱いけど、コケたら勿体無い。


うーん、判断が難しい。

しかもいつデビューするかもわからん。

ダービーまで無敗を守るかもしれんが、同時に無戦も貫くかもしれない。


やっぱり、その週にデビューを迎える馬からチョイスする方法が、安定感はあると思うんだが、

そのやり方って、なんか焦ってしまうんだよなー。


とりあえず今は消すことはしないで保留だ。


ちなみに今週は、週の初めあたりに、

ネオユニヴァース産駒のミカエルビスティーと、

マンハッタンカフェ産駒のシンコープリンスを押さえておいた。

この2頭には期待しているが、いつ走るかわからないので、90%確定って感じ。


で、結構時間ギリギリに、土曜の京都でデビューのリヴィアローズを指名した。

これはものすごい迷った。 牝馬だし。マル外だし。

決して有利な条件じゃない。

母名は聞いたことないが、ガリレオ産駒。

走るとは思うんだけど、ちょっとギャンブルっぽい。

少しはポイント稼いでくんないかな?

あとは日曜に出走予定のシンボリクリスエス産駒、フェイルノート。

これをチョイスした。

こっちに関してはまだ指名から外せるが、たぶんこのまま行くかな?

それはいかん!!って方は、コメントください。

ちなみに、地獄モードはこんな感じです。

地獄モード指名馬

まだ指名が少ない。

どうせやるなら、10頭きっかり選ばんとねー。



そういや、タイトルに清志郎の世界って書いたんだった。


先日、まぁいわゆる、

お洋服の、お買い物の、お付き合いをさせられることになって、

お駅前の方にお出掛けしたのだ。

で、そのビルの4Fの、とある区画に特設ブースが設けられていて、

忌野清志郎の個展


こんなのがやっていた。

「おー。ちょっと見てくるわ。 服とか見てて。」

って言って彼女を置いて見に行った。


「ふむ、500円ね、安い安い。」

きよしろー

自分は絵の才能とかはないし、興味もそこまではない。

清志郎の絵が見たいっていうよりも、

清志郎の頭ん中が、どうなっているのか。

少しでも知れたらと、軽いテンションで入った。


中に入ると、まずはポスターとか、フライヤーっていうのかな。そういうのが壁にズラーっと飾ってあって、

ライブTシャツとか、衣装のコーナーとか、小さいグッズとか、そういうのが続いた。

それにしても、こんな小さいスペースの中にスタッフが多いこと。

全ての角にひとりは立っているようで、

ちょくちょく移動するものの、まず監視の目が完璧に行き渡るような感じになってた。

まぁ、盗難とか、作品にキズつけたりとか、写真撮らせないようにとか、

まぁわかるが、

見づらいし、なんか恥ずかしい。

客が相当まばらなもんで、時々自分が展示品みたいな状況になる。


明らかに余剰な係員のせいでコーナーで膨らんだり、だいぶ不利を受けながら順路を進むと、

後半は絵画とか、落書きみたいなのが中心のコーナーになっていた。


なるほどねー、やっぱ独特だわ。

よくわからないものがあったり、でも女の子がギター弾く柔らかい絵があったり。

学校の机の落書きみたいなのがあったり。

自分は芸術的な面から何も言えないが、

清志郎という人間が、少しでもわかった気になれた。

そしてわからんこともさらに増えた。

個人的には、木から精霊みたいなが出てくる、ストーリー仕立ての絵が印象に残ったな。


そういえば、ショーケースの中に落書き特集のようなものがあって、

全体的に乱雑に重なったりしてるんだが、その中に、

女性が裸で四つん這いになっていて、花園に大人のいけない玩具が侵入しているような絵があった。

タッチも荒いし、意図的に半分くらい(上半身の部分)を違う絵で隠されてあったが、

あれは間違いないと思った。


ん? だから?

いや? ただそれだけの話ですよ。

間違いないから間違いないのだ。

それ以上は何もないですよ。


まぁそんなこんなで、清志郎の個展を見終えた。


いい刺激になりました。

今更ながら冥福をお祈りいたします。

天国でも地獄でも、どこでも、ドカドカうるさくロックやってください。

自分はしばらくこっちでドカドカやってみようと思います。



どう〆たらいいかわからなくなった。


とにかく、POG馬うまくいけ!

で、天皇賞、もっとうまくいけ!



やっぱシンゲン2番人気かー。

天皇賞を考える 
 
天皇賞の枠順が確定した。

1番人気になるだろう、ウオッカは4枠7番、

そのウオッカを負かして天皇賞馬になってほしいシンゲンは、5枠10番に入った。

どっちもいいとこ入ってきたように思う。

もちろんシンゲンに勝ってほしいし、シンゲン単勝も買うと思うんだが、

馬券は単勝以外も買うし、押さえもちょっとは買う。

ってことで、相手選びだ。


ウオッカは、何だかんだ言って1番人気だろう。

まぁ断然の1番人気ってことにはならないと思うが、

東京巧者だし、昨年、毎日王冠を逃げて2着のあと天皇賞で1着。

今年も、その教科書通りって言えばそうだし、強さ以外の人気も手伝って、やっぱり1番人気。

なんだろうと想像する。


しかーし、


2000m以上はダービーだったり、昨年の秋天こそ持っていってるが、

ベストはマイルかなぁと思ってしまう。

牝馬限定ってことでレベルは下がるが、

ヴィクトリアマイルでの突き抜け方を見てから、前走の毎日王冠を見ると、

「うーん」ってなってしまう。

牡馬交じりの安田記念で、不利を跳ね返して、着差以上の圧倒的な強さを見せられても、

距離別に、これまでの成績を見てみると、

「うーん」ってなってしまう。

さらに、ここに「老い」という目に見えにくいファクターも加わるかもしれなくて、

プラス武豊騎手の、重賞最近勝てない病も考慮すると、

「うーん」ってなってしまう。

正直、2着はおろか、3着、着外も意識して馬券を考えた方が良いと思っているのだが、

さすがに、これほどの馬を極端に避けるようなマネはできない。

太い軸から→軸候補→強力な相手候補→相手候補→薄い穴。

うん、格を下げても、相手候補くらいには留めておいたほうが良いな。

ウオッカはとりあえず相手候補ってことで、


他を見てみよう。


全馬を細かくチェックする作業はまた後にして、サラッと見た感じで良いにおいがしてそうなのは、

まず、前走の毎日王冠でウオッカに先着したカンパニー。

いぶし銀の華麗なGⅡ職人ってイメージがだいぶついてしまったが、

8歳ながらバリバリ現役で、これから成長し始めますって言わんばかりの元気さだ。

昨年の2センチ決着の天皇賞では、際どいところまで追い込んで来て、写真判定組に入った。

もし成長曲線が下降せずに良い状態を保っているならば、今回は馬券に絡む可能性はある。

安田記念の時はスッパリとカンパニーを切ってしまって、

ヒヤヒヤさせられてしまったからな~。

超大外からグイグイと結構な脚を見せていた。

もし毎日王冠のように経済コースを通ってきて、追う相手が少ないときは面白いことにはなりそうだ。

前走見ると大丈夫そうに思えるんだけど、ウオッカ同様、距離延長はあんまり歓迎できないか?

とりあえず相手候補の1頭。


他は、ジャパンCでウオッカに勝っているスクリーンヒーローはどうか。

距離短縮は微妙だが、重賞2勝はともに東京。

ウオッカが距離延びて微妙って思ってて、スクリーンヒーローも距離短縮は微妙。

同じくらい割り引いて、

それで、ウオッカに東京で先着してることを考えると、

ウオッカと同じくらいの評価はしといた方が良さそう。

オッズ下げてそうで、買い時か。


あとは穴っぽいところで抑えておきたいのが、

カンパニーと同じ8歳で頑張っている、エアシェイディ。

もともと東京は得意だし、距離もこなせる。

昨年もカンパニーに続き5着。

一般的な競馬では、前に1、2頭くらいしかいないだろうタイム差の5着。

陣営もここは大目標みたいで、毎日王冠も使わずにマイペースで調整してきてるっぽい。

虎視眈々な感じが、なんとも不気味だ。


そして、ウオッカのことを「老い」がどうたらと言っておいてなんだが、

毎日王冠を勝ったカンパニーとか、同レースで3着に入ったハイアーゲームとか、

富士Sを、3歳馬が有利と見て、5歳、6歳、8歳馬で波乱の決着になるのを見たりすると、

熟年もなめたらいかん!と思うのだ。

たぶん買い目に入れるだろう。


他にも、東京が初のキャプテントゥーレがどのくらい通用するのかとか、

前が速かったかもしれないが、京都大賞典で結構強く見えたオウケンブルースリとか、

気になるところもあるが、

ビシッと押さえた馬たちで決着してほしい。

当たり前か。


まだいろいろ考えなきゃな。


とにかく、シンゲンが勝つところが見たいね!


気性荒くて結果出なかったり、何度も骨折したり、

いばらの道を通ってきた劣等生が、遅れてやってきて、

6歳にしてデカイ華を咲かせるのを期待したい。

んー、華を咲かせるってイメージは違うな。

一発ブチかますのを見たい。

そして2発目、3発目も見てみたいと思ってしまう。

助右衛門さんのブログの「シンゲンを天皇賞馬に!」キャンペーンに、正式な文面を送ったりして表明したわけではないが、

もろに参加するつもりで、テンションも上がっている。

なんとか成功裡に終わってほしいものです。



乗り越える壁は厚いが、

がんばれシンゲン!

ダンスインザ・菊花賞 
 
菊花賞が終わった。

好位から抜け出したスリーロールスが、

追い込んできたフォゲッタブルに、斜行してロスしながらもハナ差で競り勝った。

3着にはセイウンワンダー。

ダンスインザダーク決着の菊花賞だった。

自分の馬券は、馬券・インザダークだった。


レースは、一番人気のリーチザクラウンが単騎大逃げ気味でペースを作ったが、

枠入り前から持ち前の気性の悪さを発揮してしまい、

直線で後続に捕まって5着。

アンライバルドは序盤で躓いたのが響き15着。


人気馬の中では、イコピコが最後良い脚使っていて、

やはり、中距離では怖い存在になると思った。

2400mくらいがベストかな?

まず神戸新聞杯だけでは終わらなそうだ。


馬券の軸のナカヤマフェスタは、よくわからないが凡走。

前に行って粘るなら良いんだが、後ろから行くにはちょっと瞬発力が足りないように思えた。

で、期待をしていたアントニオバローズは、これ以上増えてほしくない馬体重が増えてた。

ノドのこともあって、買い目は減らした。

それにしてーも、大差つけられたなー。

また何かあったのかな?

心配だ。

スリーロールスとフォゲッタブルは結構多めに買い目に入れていたが、

またも3連系で攻めて獲りきれない、素人ぶりを披露した。

ワイドはもちろん持ってません。

セイウンワンダーは前崩れ馬券にしか入れてません。

前走見て、組み方悩むなーって言っておいての、これだ。

前にワイドとか複勝とか、うまく買おうって意識しようとしたのに、これだ。

学習能力が足りんな~。

馬券を買う段になって、オッズを目の前にすると、

色々と忘れてしまう病気ってのは素人特有だなー。


まぁこれによって、さらに馬券力が上がったぜ!



今回は、人気3頭を軽視したのは良かったが、

軸がナカヤマフェスタで、もろにスカしてしまったな。

ひとつ反省しなきゃならんなーと思ったのが、

ナカヤマフェスタ軸はちょっと弱いなーと思っていながらも、

ナカヤマフェスタの馬券獲ってきたからとか、前からコイツで決めていたからとか、

そういうメンタル的な要素が、ちょっと買い目に作用してしまったことだ。

それが作用しなかったら、菊は獲っていたなんて言わないが、

データとか現実のものよりも、気持ちを優先させてしまうのは、いかにも間抜けなギャンブラーっぽい感じだなー。

「カイジ」の7億パチンコの話で、

坂崎のおっさんが競馬で一発当てようと思って、

結果来なかった「ミココノチカラ(娘の名前)」の馬券を買おうとしていたのを見ていれば、

こういう淡い希望は持ってはいけないと思わなければならないんだが・・・。


もちろん、強い裏づけがあって、

その上で希望や、小さな奇跡を望むことは良いことだと思うし、

そういう馬券は当たると思う。

人生で一回だけ馬券を買うなら、誕生日馬券や、気に入った名前の馬で行ってもいいと思うけど、

続けていくんなら、好きじゃない馬とジョッキーを軸にしたりとか、

そういう競馬をしていかないとといけないねー。

この辺も経験の浅さだな。

しっかり頭に刻み込むぜ!



それにしても、

スリーロールスが菊花賞馬になったことで、アンライバルドが勝った「伝説の新馬戦」は、

ますます伝説化してしまった。

アンライバルド、リーチザクラウン、ブエナビスタ、スリーロールスのうち、

3頭がクラシックホースになった。

リーチザクラウンが置いてけぼりの状態になってしまった。

気性の荒さが出たとも言えるが、2000mくらいがベストな気がするんだよなー。

このまま潰れないで、這い上がってきて欲しいですな。



さぁ、今週は秋天だー!

シンゲンの秋だー!


何もなければ、当日の気配がとんでもなく悪くなければ、

シンゲン軸でいくつもりだ。

というか頭でいくつもりでやんす。


5日前のオッズではウオッカが1番人気。

ってことで間違いはないだろう。

で、今んとこ、ちょっと思っているのが、


ウオッカの着外も意識した馬券選び。


つっても、府中はもちろんウオッカの庭であるのに間違いはないし、

去年は毎日王冠2着で秋天1着。

今年も毎日王冠で2着で、やっぱりその台本通りってのは考えてしまうが、

ウオッカはやっぱりマイルがベストだと思っていて、

カンパニーの展開とは言え、毎日王冠は、とても負けて強しって感じではなかった。

ウオッカは状態がかなり良いと聞いてて、あの走りは、

秋天・・・大丈夫かな?

って感じがした。


もちろん逃げを選択していなかったら、また違う展開、結果だったかもしれないけれども、

逆に考えると、逃げを選択してウオッカを負けに行かせてしまった、

ジョッキーと馬の呼吸の乱れというか、淀みというか、

あまり良くないものを感じたりもする。


まぁベストがマイルと言いながらも、2000m以上は東京優駿と秋天と、デカイところを、しかも府中で勝っているもんだから、あまり軽視はできないし、

シンゲンは別として、他にウオッカに先着する可能性のある馬がいそうにない時は、

素直に、ウオッカを馬券に組み込まなきゃならないとは思う。


ってか、その前にシンゲンが勝つことが一番大事だな。

頑張ってもらいたいもんだ。


って菊花賞回顧の記事に書きすぎたな。

その前に文章長すぎだな。

その前に、目にできたデキモノが気になるな。


じゃまくせーい。

菊花賞の馬券選び 
 
富士Sは荒れましたな~。

古馬で組む馬券は5頭BOX3連複とかを持っていたが、

マルカシェンクが抜けた。

はっきり言って、悩まずに切ってしまった。

219万馬券かー。

菊花賞もこんくらい荒れたら大変なので、しっかり考えとこう。


まずひとつ目のポイントは、リーチザクラウンが馬体重を戻してくるかどうか。

18kgも増えなくても良いが、もし減って出てくるようなら、切るかもしれない。

もし増えてきても、リーチは気持ちよく大逃げかまさないと、捕まってしまうようなイメージが沸いてしまっていて、

そして、なかなか調子が上がらない武豊騎手。

逃げて勝つイメージもあまり沸いてこない。

むしろ重賞は、惜しくも2着の印象が濃くて、何とも不安が多い気がする。

とりあえず馬体重見てからかな。

増えてたら、大逃げに期待してもいいか。

本命が不在で、菊花賞っていう舞台では、

他の馬を気にしないで、どかーんと気分良く走ったやつが勝ってしまうかも。

と思わなくもない。

折り合いに関しては走ってみないとわからないが、スタートさえ決めれば不利を受けることもない。

軸ではないが、レースの行方を占う一頭ではある。


そして、前回の記事で、セントライト記念組を中心に見ようとしていたが、

本番では、圧倒的に神戸新聞杯組が有利とういか、

馬券になりやすいというデータになっている。


神戸新聞杯2着のリーチザクラウンは馬場、コースが異なると言えど、ダービーと似たような展開で進んだ。

セントライト記念1着のナカヤマフェスタは、ダービーで後ろから追い込んで、

そのリーチザクラウンに迫る4着。

最後の方の脚色はナカヤマフェスタの方がいい様に見えて、距離延長はプラスっぽく、

そして中団より前目にも行けて、どんなペースにも対応できそうな感じがする。

1着になれるか?って言われたらわからないけど、馬券に絡む候補筆頭な気はしてる。

1着になる確率で言ったらリーチの方があるかもしれん。


同じような思考で行くと、ダービー3着のアントニオバローズも良いと思っているのだが、

ノドの炎症かなんかで、前走は凡走。

ノドの炎症って、人間に例えると、

一体どのくらい、仕事のパフォーマンスを下げててしまうものなんだろう?

ちょっと風邪ひいたくらいなら、多少なんとかなるな。

インフルエンザくらい重い状態なのかな?

前日の夜に、まぁ色々と頑張りすぎて、

腰と太ももが筋肉痛の状態で、小学校の運動会の、父兄参加型レースに挑む感じかな?

うーん、

馬と人間は違うから、なんとも言えない。

それでも神戸新聞杯の走りは、ちょっと物足りない感じだった。


が、しかし、


競馬ってのはよくわからないもの。

あのレースだけでは判断できない。

皐月賞で、大敗したロジユニヴァースもダービーで巻き返したじゃないか。

確かにどちらも極端なレースだったけど、

14着から1着になってるじゃないか。

ノドの炎症と折り合いさえつけば、距離も脚質も馬券対象と見る。


ダービー終わったあたりで、菊はナカヤマフェスタとアントニオバローズで行くかと、

仮ではあるが決め打ちしていた。

この2頭が絡んだら嬉しいな。

まぁ素人が、さらにド素人時代に遡っての予想だから、厳しいかもしれない。

でも、ダービー獲った時のテンションを、感覚を、そのまま持ってくるってのは、

素人の馬券の決着のさせ方としては良いかもしれない。


他では、ナカヤマフェスタを軸として持ってくるなら、アドマイヤメジャーを含む、セントライト記念上位組は絡めておいた方がいいと思う。

中でもフォゲッタブルとアドマイヤメジャーは良いかもしれない。

フォゲッタブルは明らかに距離延長は歓迎で、長距離戦で必要な折り合いも問題ない。

先日、同厩舎のメジロデュレンという菊花賞馬がその生涯を全うし、

同馬が似たような境遇であることから、陣営の想いも熱いと聞く。

こうなると、こっちを軸にしても良いかなとさえ思う。

そもそも堅軸がいないから、薄い軸のひとつとして考えておlきたい。

アドマイヤメジャーも前走は出遅れが響いて、あの4着ってのは評価できる。

上がりもメンバー最速で外から良い感じで伸びてきた。


神戸新聞杯からは、イコピコ。

と行きたいところだが、前回書いたように前走はうまくハマッた感じがしてて、

今回マークもきつくなるだろし、オッズほど買えない気はしてる。

レコード勝ちの反動も恐い。

やー強いな!次買おう!

って考えで買うと足元をすくわれると思う。

本当に強い馬は、圧倒的1番人気に応え、不利にも展開にも打ち勝つもので、

イコピコもその可能性はあるかもしれないが、

まだちょっと早い気もする。

全く無視するわけにはいかないが、今回は保留気味のスタンスをとらせてもらいます。


穴っぽいのでは、シェーンバルトは持っておきたい。

中距離以上もやれると思って、何度も裏切られて、今回もそのケースかもしれないが、

京都で重賞取った記憶を蘇らせて、なんとか見せ場をと期待する。


セイウンワンダーはマイラーじゃないことが判明して、能力もタイプもちょいアンライバルドと重なった気がしてて、

もしアンライバルドが勝つ展開なら、セイウンワンダーを持って来たほうが良いと思ってきた。

イコピコもくっつけるならここか。


他路線では、前走キャプテントゥーレの2着のブレイクランアウト。

距離がわからんが、普通に能力高い。

そして能力未知のスリーロールス。


こんなもんかな。


だいぶ長いこと書いたなー。

整理しよう。

ナカヤマフェスタが一応の軸で、

アントニオバローズ
フォゲッタブル
アドマイヤメジャー
(セイクリッドバレー)

が基本形。

リーチザクラウンは馬体が良かったら、頭も買って、

他は、
シェーンバルト
ブレイクランアウト
スリーロールス

を薄く。

セイウンワンダーの前走みると組み方を悩むんだが、

アンライバルド、セイウンワンダーからの前崩れセット。



まぁ明らかに神戸新聞杯組を軽視してますな。

データに反してますわ。 恐い恐い。

でも自分の馬券を信じないと、どうしようもないよな。


外れて悔いなし!


ナカヤマフェスタにアントニオバローズ、

しっかり呼吸合わせて走るんだぞー。



3000mはドキドキワクワクが長いなー。


菊花賞と富士S考える 
 
菊花賞と富士Sの枠順が決まった。

菊花賞は、元3強の一角、リーチザクラウンが最後の一冠をさらっていくのかに注目が集まる。

集まるって言っても、荒れる可能性十分だし、オッズも結構割れそうな気はするし、

他にも注目すべき馬はいっぱいいる。

が、まぁ筋書きっぽいのを立てれば、リーチがそういう馬の扱いになる。

3強がいて、皐月賞をアンライバルドが、ダービーをロジユニヴァースが持っていったら、

リーチが最後の菊花賞を持っていくって考えるのは、普遍的というか、

期待・意識がそういう方向に向かうんだろうとは思う。

人間ってのは、強烈なもの1つか、バランスの良いものを自然と望んでしまうってのは、

あると思います。

すなわち、3冠か、綺麗に分け合うか。

で、3冠馬はもう不可能になってしまったから、皆は3強の三つ巴合戦が期待する。


しかーし、

自分としては、リーチは危ない気が少ししている。

折り合いを欠いた皐月賞以外は連対率100%で、

前走は、ひと夏越えてガッシリしてくるどころか、-18kg。

それでいて2着。

ここらへんは見事なんだが、

やはり器用さがないというか、気性難というか、

マイペースで逃げられなければ、このような好結果はついてきにくいと見ている。

そして馬体重。

3000mの最後で力強く伸びるには、体重増加が必要だとは思う。

幸い、このメンバーならすんなりハナに立ってマイペースに持ち込めるとは思うし、展開の面では有利に進めるかもしれない。

枠もまずまず。

しかし、ダービー2着と、神戸新聞杯2着は、距離がもう少しあったら、後続に捕まっていたかもしれない


そんな2着だった。

ダービーに関して言えば、

あの劣悪な馬場の、前残り決着の展開で、アントニオバローズに捕まえられそうになり、

府中と言えど、あの展開で後方から競馬を進めた、ナカヤマフェスタにも迫られた。

神戸新聞杯に関して言えば、

いいペースで進んでベストに近い競馬をしたが、

よし!菊はコイツだ!っていうインパクトを頂けなかった。


もし、リーチが勝ちに行くとしたら、どスローペースでの大逃げしかないかも。

と思ってしまう。

もし体重がいい具合に増えてくるならば買い目に考えるが、

もし体重があまり増えてこないならば、切る方向で考えたい。

体重以外でも不安要素は多いなー。

買える要素は展開だけかな。



で、どこから買いに行くかということになると、

まず、リーチもアンライバルドもまとめて指し切ったイコピコは注意しなければならない。

オッズも今のところ一番人気みたい。

確かにトライアル2レースまとめて評価しても、あの末脚はインパクトがあった。

3強のバランスに思い切り穴を開けてやった。

そんな勝ち方だった。

パートナーの四位騎手も、先週レッドディザイアで大仕事をやってのけた。

馬、人ともに勢いはメンバー随一だ。

引っかかるとすれば、レコード勝ちの反動と、距離か?

神戸新聞杯では、それまでの成績から距離が長いと見て、

思いっきり買い目から切ってやるという職人技を見せた。

レースは同じく距離で切ってしまったセイウンワンダーも来てしまう始末。

ここをどう学習するか。

たとえ距離がベストでなくとも、イコピコの瞬発力は恐ろしい。

ただ、前走はうまいことハマった感がある。

今回はマークが厳しくなるし、展開が向かなかった場合、うまくこなせるのか、

なかなか難しいな~。

とにかく人気につられて、過剰に反応しないようにしたい。

今のところは、ちょい外したいモードかな。


とりあえず細かいところは明日書くことにして、

菊花賞の軸っていうか、選び方の中心は、

実績や血統から見て、長距離こなせそうで、

かつ、中段より前目で競馬できるって要素を重視したい。

ナカヤマフェスタ
フォゲッタブル
アドマイヤメジャー
セイクリッドバレー

見事にセントライト記念組だ。


ダービーから考えて、リーチが作る流れになるなら、

ナカヤマフェスタが捕まえそうな印象があり、他の3頭も喰らい付いて行きそうな感覚が、

ちょっぴりある。

距離延長なら、なおさら。

まぁ東京の、しかもあの馬場での展開だから、単純には考えられないが、

まとめて差してくるなら、前走の展開からイコピコくらいで、

そのイコピコも、距離合うかわからないし、

アンライバルドなどもリーチの逃げが決まる流れでは捕まえきれていなので、

まぁまだ考える余地はあるが、今のところはこの路線で行こうと思っている。

結構な波乱ですな。

そういや、アントニオバローズって、前走折り合いもそうだったけど、ノドに炎症?があったらしいなー。

今回はどうなんだろう? 元々買いたい1頭だったからなー。

京都は重賞勝ってるし、脚的にも都合良いと思うし。

まぁ明日考えよ。



富士Sもサラッと書いておく。


ここはレッドスパーダから行こうと思う。

枠も良いし、スタート決めてしまえば、好位から競馬を進められる。

東京実績もあり、斤量54kgも有利。

実はこのレッドスパーダ、一時期レッドディザイアと共に、自分との馬券の相性が非常に良く、

お気に入りの馬である。

そしてレッドスパーダの方がちょっと好き。

楽しみだー。

レッド軍団得意の2着病も完治してないかもしれないので、2着でも買ってみようと思う。

2着づけの3連単総流しとか、やりすぎかな?

相手はケイアイライジン。

東京も走れるし、距離もベストだと思う。

前走は出遅れながら、巻き返して4着。 能力上位であると見る。

3歳馬にばかり目が行きがちだが、

他にはアブソリュートあたりも、安田記念みたいな展開で進まなかったら、チャンスは十分。

去年の勝馬サイレントプライドは静かなプライドが燃えているかもしれない。

あとは、ストロングガルーダ、サンカルロは来てもおかしくないか。


まぁレッドスパーダ軸は固めに据えよう。

ザレマは小回りで短い直線がベストと思いきや、

東京もそれなりに結果出してるのね。


うーん。 外枠だし・・・。


消すなーたぶん。

買ってもレッドスパーダとだけ。


うん、こんなもんで良いな。

あとは直前に考えよう。


って、明日買い物に付き合わされるかもしれないんだー!

考える暇あるかなー。


まぁ、獲ろう。

ササッと獲って日曜だ。


富士Sも見たいなー。

おーいおーい。

菊花賞が始まるざんす 
 
いよいよクラシックの最後の一番、菊花賞の週に突入した。

突入と言えば馬券絶不調の自分も、先週際どいところが引っかかり、

なんとかプチ泥沼モードに突入した。

まだ通常モードに戻るには早いと思っている。


そんな中、つい先日、

名前に負けて、つい手を出してしまった。

大井のメインレース 「カイジ杯」。

これを買ってしまう。


南関含め、地方競馬はそこまで詳しくないので、

競争成績と騎手をざっと見てササッと決める。

まぁ軽いノリで参加した感じだから、当たらないのが普通だし、

当たらなくても良いかっていう気持ちで馬券を買った。

戸崎騎手騎乗のコスモプリズムから、

的場文騎手のジンリュウと柏木騎手のスピードキングの2、3着で、3連単2点。

単勝のオッズは1番、2番、4番人気。

かなり人気側に行ってしまったな。

点数絞りすぎだけど・・・当たらんかな?

やっぱ本音は当たってほしいもんですわ。

まぁ・・・

きついか。

人気側は結構オッズ割れてるしな~。


2点だけだし、ビタッと来るわけ・・・


来るわけ・・・



ドドドドドドドドッ! ゴールイン!



1着 コスモプリズム

2着 スピードキング

3着・・・


・・・ジンリュウ!


・・・?


来てますやん!

私、東の人間ですけど・・・

来てますやん!

えぇ~!

確かに人気側だけどさ・・・。オッズは結構混戦だったはずだし・・・。

ん? ってことは・・・?

うおっ! 5910円もついてる!

結構付いたな~。

なんたる棚ボタ。

・・・。

いや、

やっぱ流れってあるのかな?

先週当たった流れが来てるのか?

そうだ!来てる!

きてる!きてる!きてる!きてる!キテル!KITERU!飢手流!

流れが、KITERU!!


と、こんな風に、

漫画の中の、いかにもっぽいダメキャラのように自意識過剰にはならなかったが、

ちょっと気を良くして、次の日、その次の日のメインレースに勝負に出た。


もうこの時点でダメキャラの仲間入りを果たしてるんだが・・・。



結果は、


もちろん、断然1番人気の 「思い切り2レースとも外して悔やむ号」

が、ぶっちぎりでゴールイン! 単勝オッズ1.1倍。

2着には、 「やるならもうちょい慎重に買っとけよ号」 

が入線。

3番人気の 「ここもサクッと当てて流れに乗る号」

は、道中折り合いを欠き、終始手応えなく大差で最下位。


なお、 「2レースとも思いっきり高配当ゲットして、温泉旅行とかに行く号」

は、競争を中止しました。


まぁ、こんなもんですよ。

見え見えのガチガチ決着でしたわ。

すっかり、綺麗~に取り分消えましたなー。


この取り分で、菊花賞で思いっきりいったろーと思ってたんだけどな。

まぁ、「カイジ杯」を当てた記念だけで十分ってことにしときます。

嘘です。

金はないよりはあった方が良いですよ。

多少はね。


結局、「カイジ杯」は、

淡雪のような粗利と、

「調子に乗るのは1回だけにしろ、せめて」

っていう格言を下さいました。


一回はOKって考え方もすでに危険だな。



って、菊花賞の話を全然していないな。

っていうか始めてもいない。

普通に書くつもりだったんだけどなー。


しゃぁない、次に持ち越しだ~!



競馬って、自分の欠点を教えてくれるねー。

非常に。


菊花賞を前に、お勉強になりました。



そういや、藤原竜也も現場に来て、カイジ杯ゲットしたらしいなー。

やっぱ単勝かな? ペリカかな?

100ペリカで単勝獲ったなら、柿ピー2粒は食えるな!

まぁどうでもいいな。


変なテンションのまま今日は締めます。

秋華賞と府中牝馬Sを終えて 
 
秋華賞と府中牝馬Sが終わった。

秋華賞はレッドディザイアが、同世代の牝馬として、

ブエナビスタに初めて土をつけた。

結果は、レッドディザイア→ブロードストリート→ブエナビスタ(降着)

この馬券は持ってなかった。


が、しかし、熱いレースが見れた。


ブエナビスタはズブさもあるが、最後にきちんと差しきる強さはすごいと思っていて、

レッドディザイアはいつもスレスレのとこを持っていかれて、幻の2冠馬、2着ホルダー。

同情とは違う感情だが、

ブエナビスタの3冠が見たい気持ちと、レッドディザイアが意地を見せるところを見たい気持ちが、

半々だった。

結果、レッドディザイアが悲願のリベンジを果たした。

今回は馬券は転がってこなかったが、いいものを見れたと思う。

レッドディザイア、やったなー。


ウオッカにダイワスカーレットがいて、お互いの価値、世代の価値を高め合ったように、

この世代でも、レッドディザイアがブエナビスタの好敵手で在り続け、

熱い勝負を見せていって欲しいですな。

まぁ、もう3回も熱いのを見せてるんだけども。


ミクロコスモスはいいとこまで来たっぽいけど、しゃあないな。

クーデグレイスは何気に、この世代で中位以上のレベルであることを証明した。

これから人気になってしまうかー。

まだリプレイ見てないから、細かいところは後で確認しよう。


府中牝馬Sは、やはり万馬券メーカーたちがその実力を見せた。

厚く買ったのは、ベッラレイアからニシノブルームーンだけ。

あとは差し脚合戦、荒れ合戦となることを踏んで、

ベッラレイアを軸に、ムードインディゴ、レジネッタ、エフティマイア、チェレブリタあたりの3連複を買った。

一応、逆にニシノブルームーン軸の前決着組の3連複も買ったが、

ここは府中だ。

後ろからの脚に賭けるぜ組の、荒れるぜ組にウェイトを置いた。

これが功を奏し、500ペリカ分引っ掛けてやった。


やっときたぁ~!


よくわからないが、こんな感覚になった。

10月に入って、やっとクリーンヒット

いや、クリーンヒットならベッラレイアとニシノブルームーンで決まってるはずだから、

高めのボール球を狙い球にして、そこに来たとこを全球思い切り振りにいって、

意表をつくホームランになったって感じかな。

レース前の記事で、

「GⅠが流れを引き戻すきっかけになる」

みたいなことを言っておいて、

違う方のレース、しかもこの当て方ってのは微妙に引っかかるが、

これからのGⅠに向けて、間違いなく調子は上向いた。

と思いたい。

まぁスレスレだったしな。

でも、なんだかんだで、10月の負債を帳消しにするどころかプラスに持ってこれた。

ちょっと負債を軽くしたいなーとは思っていても、1発でここまで来るのはちょっと予想してなかった。

非常に嬉しいです。

たまに、予想が当たっても外れても、動じないというか、反応が薄いなーって感じの人がいるが、

私は喜び、そして凹みます。

まぁこんなお気楽ブログだからできるのかな。

ブログジャンルも「ギャンブル」じゃないしな。

多くのレースを予想して、たくさんの人に見てもらってるしっかりした競馬ブログってのは、

サクサク更新しなきゃならないし、いちいち一喜一憂してる暇はないのかもなー。



とりあえず、調子に乗らずに来週からしっかりやっていこう。



そういや、POGで指名したスペシャルウィーク産駒のアルトラプソディくんが、

今日の東京4R新馬戦で2着に入った。

なかなか良いデビューだ。

これからが楽しみですなー。


今日は色々と嬉しい日でやんす。

「嬉しい日はブログの更新がわりと早い病」

もしっかり発動した。

他の病気に関してはここに色々載ってます。

発動する前にチェックすべきですよ、みなさん。

秋華賞の予想 
 
土曜日メインの馬券はきれいに食べてもらった。

早速、日曜は侘しい競馬をすることになった。

でもGⅠだし、予定していた金額分は買いますよ。

そりゃ買いますとも。 GⅠですもの。


それにしても、10月の成績はしんどいな。

球団創設1年目の楽天イーグルスの勝率並みに低い。

大関以上の関取と組む時の、千代大海の成績ぐらい低い。

サッカー元オランダ代表パトリック・クライファートの、

後は決めるだけっていう状況でのシュートを、ちゃんと決める確率くらい低い。


馬券が当たらない色んな種類の病気があるが、

今は、「何買っても当たらない病」 と、 「とりあえず外れる病」という、

結構デカイ病気を併発してしまっている。

どうしようもない疾患だ。 相当のワクチンが必要だろう。


だがしかし! 明日はGⅠだ。

流れを引き戻すにはうってつけのお薬だ。

ぶっとい注射をお願いしよう。

まぁテンション上げてっても馬券は外れるのが競馬の常だが、

ここらで、流れは切りたいもんだ。

さて、大得意の長い前置きはこの辺で切って、早いとこ秋華賞の予想をしよう。


まず、当然のようにブエナビスタから考えなければならない。

明日の夕方には3冠馬になっているかもしれない馬。

桜花賞もオークスもレッドディザイアに僅差での勝利ではあったが、

レッドディザイア側からすれば、

「くそっ、強え~なぁもう、惜しかったな~」って感じだが、

ブエナビスタ側か見れば

「ひゅ~、危ねー危ねー。」って感じで、

まだ底を見せてないと思う。

そりゃ、展開や脚質を全て含めて競馬なのだが、

強さというのはもう、世代ナンバーワンと言って良い。


ただ、その展開にやられる可能性はある。

京都の内回り、直線も短く、18頭フルゲートのゴチャゴチャしそうな展開。

札幌記念もコース・展開の不向きで、あと少し捕まえられなかった。

その辺を学習してくるのか、ブエナに自在性はあるのか?

どうなのか?

どうなのかね?

ブエナに自在性があるなら、2枠ってことで、思い切って前を行く作戦を取って、

いつも、ゴールイン後にも余してるだろう脚を、使い切るような感じで行っても面白いかもしれない。

まぁ基本はゆ~っくりスタート切ってしまうんだろうけど。

どっちの展開でも、レッドディザイアの仕掛けに遅れてはならないと思う。

力を使い切れば勝ち、使い切れなければ・・・わからない。

その点、レッドディザイアは自在性があるように見えるし、ブエナビスタに勝つかどうかっていう話では、何とも言えないが、

複勝圏を外さない率はブエナビスタよりは高いと思う。

ただ、打倒ブエナビスタ!っていう絵の中に、ブロードストリートが割り込んできた。

レッドディザイア側からしたら、ブエナビスタばかりに気を取られてはいけない、

めんどくさい状況だ。

ブエナもブロードも、自分の後ろにいればやりやすいが、

ローズSの感覚で、ブロードが前にいられると、結構厄介な感じだ。


こんな感じで・・・なんていうか・・・


ブエナビスタの強さは強烈なんだけど、

レッドディザイアの安定感も、ブロードストリートの前残りも怖いってことで、

軸選びが難しい。

何パターンか買うのが良さそうだ。

ブエナビスタが勝つ流れだと、レッドディザイアが複勝圏まで来るって流れは考えやすい。

ミクロコスモスも札幌で大外から追い込んだ強さがあり、

同枠のブエナと同じ展開で回ってきて、ブエナとの末脚対決になるかもしれない。

ブエナビスタとミクロコスモスの馬連か馬単は買うから、

ケンカせずに邪魔せずにセットで来て欲しい。

どっちも大外回る可能性があるから、きついコースではあるけど、他馬に邪魔されはしないかな。


で、やっぱり回ってくるコースがきつくて、前残りの展開になるなら、

ブロードストリートとデリキットピースの、忘れな草賞組。

そして、ひょっとしたら前目に行くかもしれないレッドディザイア、

最内枠の先行一手ホクトグレイン、スタートは決めたい。

直線長いとこを先行競馬で結果出してきて、ここはさらに展開向きそうなハシッテホシーノ。

前行って粘れるクーデグレイス。

多いなー。

まぁブロードストリートに勝ってるデリキットピースに一番期待する。

ハシッテホシーノも怖いなー。

オークスで先行気味に進めて中位に終わったデリキットピース、ダイアナバローズ、ハシッテホシーノの3連複かワイドは買ってみるか。

まとまって3頭馬券になる率は低いが、ここならオークスより順位を上げると踏む。



混乱してきた。 馬券整理しよう。


ブエナビスタからミクロコスモス⇔レッドディザイアの3連単、

ブエナビスタとミクロコスモスの馬-単連。 か総流しか。

前で決まる組み合わせは一口でも高配当だから、3連複BOXで取りこぼしなく行こう。

忘れな草賞決着から、3着にブエナなど人気が突っ込むパターンも考えとく。

あっ!モルガナイト忘れてた。

適当につけとこう。

レッドディザイア頭のパターンは、ブロードストリートと、前残り組にだけ流すつもり。

こっからブエナに流したら、ちょっと使いすぎになるわ。

買いすぎても狙いがはっきりしなくて微妙だしな。


レッドディザイアはブエナビスタと同じくらい好きなんだけどね~。

逆転も見たい感じはするけど、立場的に難しい競馬になりそうだなー。

さぁ、どうなるかねー。



府中牝馬Sは、メンバー見てるだけで、ガチガチ決着馬券を買う気がなくなるなー。

って言ってて、人気123で決まるのも嫌だから、

ほんとに123決着だけはひとつ買っておく。

って言ってると、213決着とか、312決着とかが来てしまうが、

そこまで買う気はない。

強烈な万馬券メーカーが揃ってるからなー。

荒れるの前提で買うぜ!

もし軸を探すなら、ニシノブルームーンか。

こっから人気薄を買うのも良いかな。

結構裏切られる率が高いけど、ベッラレイアは展開向くから、

ベッラレイア頭でもいいかも。

ベッラレイアとニシノブルームーンは持っておくか。

こっちも極端な買い方になりそうだ。


今日は天気が良いなー。


晴れ晴れとした配当を待ってるぞー!

オレハマッテルゼの単勝を買うぜ!

気持ち的に。



買う馬たち、がんばれよー。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。