スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フローラSの結果 
 
フローラSはサンテミリオンが勝った。

レースはアグネスワルツがハナに立ち、サンテミリオンがそれを見るように2、3番手の好位つける、ある程度予想された展開になった。

ただ、期待の一頭アマファソンは、あまりに後ろ過ぎたかもしれなかった。

隊形があまり崩れることのないまま直線に向くと、サンテミリオンが逃げるアグネスワルツを捕らえ、叩き合いを制して、振り切った。

大外からアマファソンがメンバー最速の良い足で前に強襲しかけたが、

わずかに馬券内に間に合わず、ブルーミングアレーに次ぐ4着。

うーん、惜しかった。

このレースの最大の見せ場を作ったが、主役にはなるには位置取りが良くなかった。

馬券は厚いところ入ってくれたので大分浮きではあったものの、アマファソンが3着、もしくは2着まで飛び越んで来ていたら、新しい家電をまとめて即買いする計画が出来てたかもしれない。

たらればは禁句でも、うーん、惜しかったな。

でも、アマファソンは力を見せてくれて嬉しかった。

オークスでも見たかったなー。

それにしても、サンテミリオンの王道的な勝ち方も見事だが、それよりもアグネスワルツの逃げ粘りも、強く目に映った。

サンテミリオンがアグネスワルツに並ぶ間もなく、スッと交わす感覚でいたが、そう簡単に譲らなかった。

サンテミリオンの完勝っぽい感じにも映るが、アグネスワルツの強さも光るレースであったかなと、個人的には思う。

アンタレスSは、何はともあれ、ナニハトモアレがノーマークだったもんだから、フリーでシュートをブチこまれてしまった。

それ以前に、軸のトランセンドが凡走、期待のウォータクティクスも完敗というより圧敗。

ダイシンオレンジの京都成績を評価してたのは良かったが、
残りの要素がスーパー散々だった。

ウォータクティクスはもう買えないのかな~。

半分以上ダメだろうと思いつつも、期待で馬券を買ってしまう。

復活劇なんてのはそう簡単に来ないのに。

これからは、やめるのか、また買ってしまうのか…。
ウォータクティクスを買わなくなってしまう自分が嫌になってしまいそうだが、同じこと繰り返して失敗を続ける自分も嫌でもある。

どうしたらいいもんか。

で、来週は青葉賞と天皇賞。

青葉賞には気合いの入ったキヲヌイタオトコ軍団が多数登録してる。

なんなら全馬出走してもらえんもんかなー!


いやー競馬が楽しい季節だ。
スポンサーサイト
フローラSとアンタレスSの予想 
 
さて、日曜開催。

今日の勢いを保ったまま日曜開催の馬券もうまく仕留めたいところだ。

って前日に記事を書こうとしたら、いつの間にか寝てしまってた。

まぁ前日熱発だったし、丁度よかったかな。

おかげで体の調子が上向いてきた。

さて、フローラSだが、

やはりサンテミリオンが人気。

牡馬相手に勝ってきたのが評価されてるっぽい。

人気馬って基本、マイナスな面から見ようとして、ネガティブキャンペーンを張りがちになることが多いんだけども、

サンテミリオンは買いたい人気馬だ。

中山しか経験していないが、ゼンノロブロイの血を引き継いで、「中山も走れるけど、実は東京が一番得意なんざんす。」
ってオチに期待したい。

スプリングSをローズキングダムに次ぐ4着に好走したバシレウスに、中山で先着していて、実は東京が向いているって話なら、ここは勝ってしまうくらいの馬かもしれないと考えてしまう。


しかしマシュケナーダも牡馬相手に好走していて、東京なら、脚質を考えれば向いてると思うし、

その割にこのオッズなら、買わないのは勿体ない気がしてる。

POG的にも頑張ってもらいたいのもある。

軸はサンテミリオンで行くが、マシュケナーダもしっかり買っておきたい。

他では、東京ならとディアアレトゥーサを買いたかったが、なんと出走取消。

これはしょうがないので、
何かまだ底が見えないアマファソンの一発と、サンテミリオンと同じく、府中初のゼンノロブロイ産駒アグネスワルツ。

あとは、君子蘭賞アマファソンの2着フラムドールと、実力上位のブルーミングアレーの安定性を引っ掛けておきたい。

頭で買うのはサンテミリオンとマシュケナーダでいいか。


アンタレスSはトランセンドから買う予定だが、期待してしているのはウォータクティクス。

ウォータクティクスが前に行き切れなかったことも一応想定して、フサイチピージェイ、フサイチセブンも馬券には組み込んでおく。

前がちょい崩れなら、トランセンドだけ残りの、ダイシンオレンジ、クリールパッション、ダイショウジェット、ピイラニハイウェイあたりの好位から狙う軍団も押さえておきたい。


アルデバランSの先着順決着だったりして。


ふー、レースに間に合って良かった。

今日は昼で上がりだから、これから競馬を楽しめるぞー!

わっほーい。
福島牝馬Sとアンタレス最終予想 
 
何もG1でもないのに、こんなに福島牝馬S特集をやることになるとは。

1000文字って意外と短いんですな。

福島牝馬Sは、念のため、ブラボーデイジーの1頭軸マルチと、一発のレジネッタから入るつもり。

ダノンベルベールも、早熟ってオチがなければ、実力上位な気がしてて、

だいぶ久々で不安な面もあるが、3番目に評価したい。新馬戦、一応~福島で勝ってるから、適性もそれなりにはあれはず。

そしてジェルミナル、ウェディングフジコ、チェレブリタ。

前で粘ってショウナンラノビア、ブライティアパルス。

この辺りまでで、上手に買おう。

アンタレスSはウォータクティクスに期待したい。

敗因はおそらくハナを取り切れないことで、
しっかりハナを切れれば、元ダート界の新星の力が出せるはず。

馬が最近走る気をなくしているとも聞く。

一度、無茶な大逃げでも打って、栄光の記憶を馬に蘇らせてほしいものだ。

馬券となると期待のウォータクティクスだけでは不安がいっぱいなので、調子上げてきたトランセンドから攻めて行きたいと思う。

他に買いたいのがシルクメビウスくらいのもんで、人気側だが、この2頭はしっかり来てもらいたい。

ま、開催は日曜だし、明日また予想だな。

さぁ寝ましょ。


レッドバリオス頑張れよ!
持ち味さえしっかり出し切れば、もっといけるはずだ。

このメンツなら快勝を収めてほしい。タニノエポレットとの馬連、持っておくぞ!

馬単もね。



ふーい、記事をまたいで頑張ってみました。

福島牝馬SとアンタレスS 
 
記事をまたいで予想だ。

今回の福島牝馬Sは、レジネッタ、ブラボーデイジー、ショウナンラノビア、ブライティアパルスの仮想逃走軍団に、チェレブリタ、アルコセニョーラなどが後ろから突っ込んで来るが、1番前までは捕らえられず。

ってイメージで考えている。

まぁ所詮イメージだけど。

ただ、自分の中では、イメージっていう要素はデータや調子よりも重きを置いてる部分がある。

数多くあるレースの中で、ピタッと決めきれない、ボンヤリした感覚のレースはいくらでもある。

こういう時こそ、イメージだ。

数字には現れない、なんとも不確かで、ユルユルのものだが、イメージって結構大切だと思う。

もちろん結果が思いっきりイメージと異なることは、かなりあるけどね。


で、そのボンヤリしたイメージで行くと、ショウナンラノビアはハナを切る勢いで攻めて行くだろうが、都合よく前で競馬しても最後に交わされてしまうイメージがある。

頭には持って来にくい。

ショウナンラノビアとブライティアパルス、もしくはレジネッタがレースを引っ張って、その直後の好位につけそうなブラボーデイジー。それを見るようにダノンベルベール、ジェルミナルが中団待機っていうイメージで、

ブラボーデイジーが4Cでショウナンラノビアを交わし、前で粘るブライティアパルスを直線でなんとか捕らえ切る感じ。

しかしその前方には、すでにレジネッタが抜けてしまってた。

もしくはレジネッタの1発不発で、

後ろからアルコセニョーラ、チェレブリタが突っ込んできて馬券に。

なんてことも考える。

ただ、4歳牝馬の方が力はあるように感じていて、実は、アルコセニョーラ、チェレブリタよりも前に陣取ってたダノンベルベール、ジェルミナルが先着って方が、イメージとしてはよく映るか。

アルコセニョーラは福島はプラスだけど、最近芳しくないし、展開がズバリ向かなきゃ厳しいかもな。

全体の印象としてブラボーデイジーは堅いかもしれない。

逃げ馬が数頭いて、速い流れになっても、しぶとく残るこの馬だ。

んー、馬券はブラボーデイジーから入るかな。

レジネッタは一発で頭も意識し、前残りではブライティアパルス、ショウナンラノビア、

あとはダノンベルベール、ジェルミナルの4歳牝馬。

後ろから突っ込んでチェレブリタ。

崩れにくそうなウェディングフジコも一応拾っておきたい。

あれ?もう1000文字だ。
福島牝馬SとアンタレスSも勉強しとく。 
 
今週は重賞3本立て。

フローラSに目が行きがちだが、福島牝馬SとアンタレスSも少し予習しておきたい。

その前に、新緑賞に登録していたブルーグラスが、当該レースを回避。

確勝くらいの勢いで馬券を持とうと思っていたので、ちょっと残念だ。

この状況からダービー出走を目標とするならば、スーパー強運と何より本賞金が必要だ。

今後どういうプランで行くのかな?

もう菊に向けてゆっくり仕上げていく構想かな?

POG目線ではなんとかダービー!って感じだが、
マリナーズのイチローが今後ホームランしか狙っていかない宣言をするか、エンゼルスの松井が急に傲慢な性格になってしまう確率よりも、低い。

いや、それよか高いか。

とにかくペーパーオーナーは見守ることしかできない。

プレステのコントローラを握って、調教のメニュー画面開いて、無理矢理出走させることなんかできない。

だから、焦らず見守りますよ。たとえトライアルにすら出走できなくても。

ダービーにはチームからたくさん出てもらう予定だから、まるで心配ないのだ。

ということで脱線しまくったが、今週の重賞に目を移そう。

福島牝馬Sは出て来たら馬券の中心に据えたかったボンバルリーナが出て来なかった。

ゴングが鳴る前に軽くジャブをもらったようなもんだ。

なら、他の馬を見てみよう。

メンバー構成は中山牝馬S組が中心。

ウェディングフジコが最上位。
最近はそれなりに安定はしているし、1800mってのも中々崩れなそうで、複勝圏に一番近い馬かもしれない。

ただ、人気もするだろうから、そう軽々と、このパンチ力のなさそうな人気馬を買う方向に落ち着きたくないのが本音だ。

なんかこう、ローカル重賞って、ローカルこその一発ありそうな馬から探したくなってしまう。

そういう思考の中、中館騎手のレジネッタなんかは、面白そうに映る。

特に逃げ馬が結果出してるレースではないが、桜花賞馬の変わり身に期待してしまう。

そして久々の内枠で、都合良くうまいこと逃げないかな~のショウナンラノビア、

外枠からも、
前行くだろう、ブラボーデイジー、ブライティアパルス。

ブライティアパルスはきっちり逃げられれば、面白そうだ。

ダノンベルベール、ジェルミナルの、4歳馬が強かったオチも警戒は必要かもしれない。

どう買おうかな。

まず、携帯からは1000文字が限界なので、続きは次の記事だな。
フローラSの予習 
 
ゴールデンウィークが仕事ウィークにになるために、その代替で昨日から3日間休みを頂いている。

で、すでに2日消化しようとしているのだが、

うーん、休みっていいねー!!

いつ以来だろ?年明け以来かな?「THE 休み」が取れたのは。

午後から休み入ったり、友人の結婚式で休みをもらったことはあったが、

紛れのない休日っていいもんだなー。

とは言え、引越しの荷物が中途半端だったり、色々な情報を変更する手続きとかあったり、

買い物がたくさんあったりで、休みを満喫してる感はあまりないが、

それでも、THE休みは良いもんだな。

この休み期間で蓄えたパワーを週末、そして5月末に爆発させたいもんだ。


今週のJRAはGⅠの谷間ウィーク。

だが、POGの存在のおかげで、テンション的には谷間ウィークなど存在しなくなっている。

特に3歳クラシックのトライアルなんてのは、微妙なGⅠよりもテンションが高くなるってもんだ。

今週は、オークスの最後の切符が争われる、フローラSがある。


ここには、我がキヲヌイタオトコ軍団から、マシュケナーダが登録している。

マシュケナーダ応援するのは当然だが、馬券を意識して他の気になるところを見てみると、


ファンタジーS2着、阪神JF3着の実績馬ベストクルーズ

クォークスター、バシレウス、ミカエルビスティーなど、能力の高い牡馬に勝ってきた、サンテミリオン

芝は2戦2勝で、キャリア的にまだまだ上積みが見込めそうなアグネスワルツ

実は能力かなり高いんじゃないか?の君子蘭賞勝ちアマファソン

東京では間違いなく力が出せそうなディアアレトゥーサ

前走を目をつぶってやれば、連対率100%で強力な相手に扱かれてきたブルーミングアレー

この辺りが、今の段階では有力とみる。

実績ではベストクルーズが最上位ではあるが、この中では、距離延びて危険な人気馬な気がするから、評価を下げておきたい。

サンテミリオン、アグネスワルツを評価するなら、同じゼンノロブロイ産駒のニーマルオトメ辺りも波乱側で引っ掛けておきたいところだ。

今年の君子蘭賞組を評価して、アマファソンはもちろんだが、フラムドールも波乱側で押さえておきたいな。

サンテミリオン
ディアアレトゥーサ
アマファソン
アグネスワルツ
ブルーミングアレー
マシュケナーダ
ニーマルオトメ
フラムドール
ベストクルーズ

うーん多いな。

この中でもサンテミリオンは世代上位な気がしてて、

頭でも買いそうなのは可能性が高いのはこの馬かなー?今のところ。

ディアアレトゥーサも府中で敵が牝馬だけという条件なら、複勝圏に突っ込んでくる可能性は高いと見ている。

なんか、1発かましそうなのはアマファソンだな。


うーん、まだ悩むところがたくさんだな。

とりあえず出走確定を待ちますか。


次は休みいつ取れるかなー。

競馬に時間が割けるのは、楽しいですなー。

牡馬クラシック第一弾の皐月賞が 
 
終わった。

ヴィクトワールピサが、まずは1冠目を持ってきた。

武豊騎手の負傷による乗り替わりとか、弥生賞馬の皐月賞はハードルが高いとか、色々不安がある中レースはスタートし、

そして、レースも後方からの競馬で、道中内に潜り込んでしまいそうな不安な展開であったが、

すべて跳ね除けた。

見事、皐月賞馬 of 弥生賞馬になった。


内ラチぎりぎりにスペースを見つけムチを入れた岩田騎手も、プレッシャーの中で好騎乗だったが、

ヴィクトワールピサの反応の良さ、自在性は素晴らしいものがある。

勝ち方こそハデなものはないが、

悪い条件が揃っても、どんな展開の競馬になっても、黙ってキッチリ結果を出す。

ヴィクトワールピサには、そんな名馬の気質、可能性がある気がする。


自分にも応援している馬はもちろんいるが、出走の可能性自体が薄ーいので、

このままヴィクトワールピサにダービーを獲ってもらいたいな。


あー、ウチの厩舎からもダービー出走しないもんかねぇ。

ミカエルビスティー、ブルーグラス、フェイルノート、

半分はペーパーオーナー贔屓目線にはなるが、この3頭は府中では面白いと思っているのだ。

ミカエルビスティーは、新馬戦でのアリゼオ、ヒルノダムールに借りがあり、ダービーの舞台ならそれがひっくり返ることもイメージしているし、

ブルーグラスも東京で世代トップクラスの素質馬ペルーサに迫る走りを見せているし、

フェイルノートも東京向きだと考える。

うーん、なんとか送り込めないもんかねー。

ちゃびろまん厩舎は別名、慢性的気性難厩舎となっているが、

坂を駆け上がるのも割りと得意なんだぜ厩舎でもある。

なんとか、5月の末の東京のビッグレースを、「楽しみ上乗せ」で観戦したいもんだ。


それにしても皐月賞、エイシンフラッシュを買ってなかったのは痛かったなー。

レベルはともかく、中山2000mの重賞勝ってて、調子も上向きなこの馬を全く拾ってないのは、

ちょっとお間抜け過ぎた。

なんでだろ? オッズ的にも拾っとくべきなはずだったよなー。

おかげで3連系は空振り3三振だった。

もっと時間かけるべきだな。

わずかなもんだけど、だんだん時間も取れるようになって来たから、

来週からがんばろ。


ヴィクトワールピサ、そして、シンコープリンス、

良くやったぞ!


早く春らしい天気にならんかなー。
さぁ~皐月賞! 
 
先日引っ越しをして、ほぼ何にも片付いてない、ダンボールだらけの部屋から更新だ。

パソコンもちゃんと繋げてないので、Air-Hの虫の息しょぼパソコンと、携帯から更新だ。

皐月賞だから当然だ。

ヴィクトワールピサが出陣するから当然だ。

どんな状況であれ、皐月賞の記事を書いておきたかった。

皐月賞は、記事を書かずに予想という軽い扱いにはできないビッグレースだ。
しっかり予想して挑みたい。

と言いながらも、買う馬はもう決まっている。

ヴィクトワールピサだ。

当然だ。

先日こんなブログを読んだ。

こんなカッコ良いこと書かれたら、買わずにはいれない。

いや、元々、頭含めガッツリとヴィクトワールピサから買う予定ではあったけれど、

なんていうか、軽く洗脳されてしまった。

良く言えば、ヴィクトワール買いの背中を押してもらえた感じだ。

これでもし負けるようなことがあっても、気持ちの良い馬券を買ったと言えると思う。

競馬は熱いな。

半分は自分で加熱してるけどね。

POG参加して良かったですわ。


で、買うのはヴィクトワールで良いのだが、馬券の旨味となると、ちょい薄味だ。

単勝の人気も、人気側何頭かの内でも、ちょっと抜けている。

まだまだ奥行きがありそうではあるが、結果としてはそこまでブチ抜けたパフォーマンスを見せて勝ったってわけでもないヴィクトワールピサが、人気を過剰に集めてるという気がしないでもない。

皐月賞でブチ抜けて欲しいけどね。

まぁ、ということで、頭でもう1頭、選んでおきたい。

アリゼオか、ヒルノダムール。

我がちゃびろまん厩舎のエース、ミカエルビスティーに新馬戦で先着した2頭だ。

ミカエルビスティーに先着だから買うとかそういうことじゃなく、この2頭は強いと思う。

大外枠のアリゼオに騎乗の横山典は、おそらく前走のイメージで、逃げの手に出ると思われ、

折り合いが課題のひとつでもあるアリゼオにこの大外枠は向くと思う。

好スタートさえ切れば、揉まれずにハナ狙って行けて、レースをコントロールできるはず。

うーん、中山、大外枠、ノリ、逃げ、

イコール好騎乗。

なイメージができあがってしまう。

普通なら安牌ではないはずだけれども、

これは買いですわな。

ヴィトクトワールとの馬連はどんくらいつくんだろ?


ヒルノダムールは、中山未経験だが、人気馬の中で1番中山が向くのはコイツなんじゃないかと、

勝手に思っている。

なんかフンワリ、ボンヤリしたイメージなのだが、走りを見てると中山を好走しそうなイメージがある。

中団より前目につけて、ロスなく進めたら、頭までも意識しなくては、と思ってしまうところがある。

心の頭はもちろんヴィトワールピサだが、警戒が必要だ。


って、2頭とも買う気でいやがんの。

うーん、頭3頭は多いぞー。

まぁ皐月賞は、ひとつのお祭りだからいいか。

でも、点数が拡がりすぎるから、2・3着の相手はできるだけしぼっておく。

相手には、能力未知数のレーヴドリアンを指名したい。

展開が向けば、前を強襲できる良い足を持っている。

前走きさらぎ賞で負けたことで、オッズがちょっとだけ美味しい気がしてる。

他では一時期のトップカミングではないが、

複勝圏に「へい毎度ー。」ってな感じで顔出しそうな、レッドスパークル。

地力でローズキングダム。

前走、その薔薇一族に先着したのが、なかった事になってるオッズのゲシュタルト。

ここら辺までにしておく。

とりあえず、ヴィクトワールピサ、アリゼオ、ヒルノダムールの3連複、

ヴィクトワールピサからアリゼオ⇔ヒルノダムールの3連単は厚めに持っておきたい。

うーん、レーヴドリアンも捨てがたいなー。

4頭BOXも考えておくか。


有力馬の一角エイシンアポロンに関しては、ヴィクトワールとローズに迫る活躍をしていて、

いかにもここで冠を掻っ攫っていく伏兵にも見えてしまうが、

勝ったレースが小倉の未勝利1800mと、京王杯2歳Sの1400m。

で、全体的な印象からも、高いレベルで距離伸びるのは、危険な気がしてる。

同じ舞台の前走、弥生賞2着は、重馬場を前に行ったことと、

ヴィクトワールピサ以外が、ピリッとしないメンツだったってことが重なって好結果を生んでしまったと考えることもできなくはない。

こんな角度から、この人気馬が飛ぶ方向で考えたい次第でやんす。



ヴィクトワールが乗り替わり等で不安もあるので、ノリマジック発動でアリゼオからの馬券はちょっと多めに持っておくが、

勝ってほしいのはヴィクトワールピサだ。

勝って、キヲヌイタオトコファームに勢いをつけておくれ!

頼んだぞ!!



シンコープリンスくんも勢いつけてやってくれ。

そろそろ複勝は飽きたはずだな?


直線でバテないように念力送っとくぞー。
桜花賞のさらっと予想 
 
仕事と引っ越しの最中、桜花賞の予想だ。

明日引っ越しをするので、その荷造りをするために今日もお昼過ぎに上がらせてもらった。

荷造りを早く済ませなければならないが、

それよりも桜花賞と忘れな草賞の馬券を取る方が優先であると、マイクレイジーブレインはシグナルをセンドしてくる。

桜花賞は、アパパネ、アプリコットフィズ、オウケンサクラが人気だが、

アプリコットフィズは買いたいし、オウケンサクラはここは来そうな感じがするし、アパパネは照準を合わせてじっくり調整してる感があるし、

どれも馬券に入れたくなってしまう。

多分全部買うと思う。
ただ頭が決めにくいので、3連複をまず1点買う。

波乱側ではレディアルバローザ、タガノエリザベートを指名したい。

あとはキングカメハメハ産駒のBOXも持っとおきたい。

ネタっぽくもあるけど、アパパネ筆頭に、これで決まっても不思議はない面々だ。

コスモネモシンは正直買いたくないのだが、成績に対してオッズが甘い気がしてて、ちょっと入れてしまうかもしれない。

ワイルドラズベリーはちょっと気になる馬だが、最後まで悩む予定。


単系は非常~に難しいが、期待を込めてアプリコットフィズからだけ買うことにする。

忘れな草賞はPOG指名馬のモーニングフェイスと、前走の大敗がオッズに効いてるシーキングフェイム、

そこから
ナムラボルテージ、

あとはフェリシダージ、タガノパルムドールあたりにさっと流す予定。

モーニングフェイスとシーキングフェイムは馬連ワイドでがっちり持っておきたい。

頼んだぞ!キヲヌイタオトコ軍団!
ニュージーランドTと阪神牝馬Sの予想 
 
更新するのが当日昼間になってしまったが、ニュージーランドTと阪神牝馬Sの予想を書き留めておく。

クラシック一発目の桜花賞に向けてのウォーミングアップだ。

ウォーミングアップといいながら、軽く流す感じではなくて、思いっきり馬券は取りたい気ではいる。

まぁそれはいつものことですな。

ウォーミングアップと位置づけてるのは、久しぶりのブログ予想で、そして単に直後に桜花賞が控えてるから、

形だけそう言ってるだけで、

どちらも単体のレースとして楽しみなレースである。

なぜなら、ニュージーランドTには、ウマジンPOG、チームキヲヌイタオトコ軍団の稼ぎ頭、ダイワバーバリアンが出走するからである。

さらには、チームのメンバー、すけえもんさんとマッスルダンサーさんが「P‐1グランプリ」で指名している、
インプレスウィナー、アグネススペクトルも登場するのだ。

お二方とも、傍目から見てもワクワクするよう順位に位置していて、なんならどちらも入賞してくれないもんかなーと、結構な期待をしている。

入賞するためには、インプレスウィナー、アグネススペクトルともに好結果を残さなければならないのだが、

その可能性は十分にあると見る。

半分は期待を込めてというのもあるのだが・・・。

インプレスウィナーは前走、芝OPのクロッカスSを勝っていて、少ない戦績だけ見ると、距離伸びない方がいいようにも見えそうだが、

2戦目ダート1200mは能力だけで勝ちきったという見方をして、ここは延長はプラスに働くという判断にしておく。

アグネススペクトルに関しては、はっきり言って未知数なのだが、勝ち方を見ると期待をしてしまう部分はある。

血統が血統なだけに難しいとは思うが、P-1グランプリへの期待と甘いオッズに誘われて、馬券に組み込む方向で考える。

インプレスウィナーとアグネススペクトルに加えて、

ピリッとした感が弱いが、安定した成績と、マイル戻りがプラスに働くだろうダイワバーバリアン。

中山マイルの大外だが、こういう時こそ要警戒の横山典とサンライズプリンス。

再度逃げならここも掻っ攫っていくかもしれないコスモセンサー。

マイルの道をひた走るキングレオポルド。

とりあえず、この6頭をBOXで3連複にしとく。

人気側が多いが、当たれば万事OKのスタンスざんす。

単系はちょっと難しいなー。

インプレスウィナーとダイワバーバリアンからちょっと流す感じでいこうかな。

相手はさっきの面々にマイネルマルシェくらい入れておくか。


阪神牝馬Sは、グランプリエンゼルに期待する。

1200mばっかり使って、すっかりスプリンターの顔ぶれの中に溶け込むようになってしまったが、

実際もっと延びてもできるんじゃないかって可能性に期待したい。

NHKマイルカップの3着もある。フロックと言われようとも。

最近成績が芳しくないのも、季節のせいにもしておきたい。

春先から調子の上がっていくことと、マイルくらいまでやっぱり走れましたのオチに期待して、馬券にたっぷり組み込みたい。

これに、お気に入りの一頭ワンカラットと、Fレビューでワンカラットの2着の私は神の孫。

どちらも1400mはベストに近いはずで、ここは絶好の力の出しどころとみたい。

デリキットピースは距離が克服できるか微妙だが、頑張ってもらいから入れとく。

あとはショウナンラノビアの逃げと、ラドラーダの安定感に一票。

まぁメインはグランプリエンゼル、ワンカラット、神の孫までかな。

とりあえず、グランプリエンゼルの複勝をがっつり獲りに行く予定。


桜花賞前に稼ぐどー!

最低でもトントンでいきたいな。テンション的に。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。