スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AJCCと、平安S 
 
若駒Sはリベルタスがやってくれました。

馬券はダメでしたけど、
リベルタス、そしてショウナンマイティがポイントゲッツしてくれました。

外れてもなお良しと思えるのは、POGチーム戦に参加させて頂いている恩恵ですなー。


なぁーに、馬券の方の本番は日曜日だ。

まずAJCC。

最初は強い4歳世代から、またもやコスモファントムを軸に指名しようとしていた。

が、しかし、

いくら最強世代と言っても、強力4歳馬が出てきたら、それを易々と買ってしまっていいのか?

と最近思い始めてきた。

5歳馬だって、6最馬だって、4歳馬に負けない強さ、勝ちきる強さを持った馬はもちろんいる。

この最強世代が古馬になってからのレース、軸はその4歳世代を中心に買って来ていて、それがいい方向に傾いてはいるのだが、

これからは必要になってくる。

4歳馬の取り捨て。

というよりはその世代以外の勢力をしっかり見抜くことが。

もちろんコスモファントムは強いし、前走も軸にさせてもらったし、

ここで勝ってしまっても不思議はないのだが、

他の世代も甘くみちゃいかん。

トーセンジョーダンは能力はG1級と言っても過言ではない、そんな最近の充実ぶり。

アイルランドTでは、トゥザグローリーを抑えての勝利。

G2勝ちしている実績ってのも考慮すれば、トーセンジョーダンの方が取りやすい。


8歳馬ネヴァブションは当レース3連覇の偉業がかかっている。

カンパニーのように、8歳でも衰えを知らず、

この中山巧者、というよりAJCC巧者は、今年も掻っ攫っていく可能性は高い。

いや、本当はネヴァブション、今回は、3連覇って偉業は、

正直きついかと思って軸から外そうと思っていた。

同レース2連覇したあと、3度目で、コケる馬は少なくはない。


ただ、全然衰えていないように思える部分と、軸の候補のトーセンジョーダンが58kg初経験っていう
部分で、

重賞実績なり、重斤量経験なりを買うと、ネヴァブション本命でいいかもしれないと思えてきた。

3連覇なんて、簡単に期待しちゃならん。思いがありながらも、まんざらでもない気持ちもある。

ってことで、

今回はネヴァブションで、夢を見てみることに決めた。

相手はトーセンジョーダン。

コスモファントムはその次に評価しておきたい。

抑えにミヤビランべリ、ダンスインザモア、ピサノエミレーツ、サンライズベガ、マルカボルトと、

1、2着が期待通りに来たら、3着で取りこぼさないような、広めの布陣で攻める予定。

ミヤビランべリはたまに激走をかますから、穴馬券として、ここからも買っておこう。


平安Sは結構悩んだんだけども、

なかなか軸が決まらない。

京都実績のある馬たちから、チョイスして、

ダイシンオレンジ
サクラロミオ
バトードール
ドリームライナー

ここに今回のメンバーから出走の多かった師走Sの勝ち馬インバルコ。

波乱期待でピイラニハイウェイを買っておきたい。

当馬は安定感がなく、ここ最近もあんまり芳しくはないが、

前目のの方につけれた時は、いい競馬を見せている。

トランセンドとか、シルクメビウスのような一級馬相手では厳しいかもしれないが、

このメンツなら、掲示板以上があってもおかしくない。

人気のマチカネニホンバレを外すのは危険だと思うが、初の京都と、安藤勝騎手ってので、マイナスポイントが多い気がしたので、ここは馬券からはずす。  3着とかはありかな?

もしペースが少し早くなるようだったら、サクラロミオの末脚に期待だ。

まぁ、基本路線は京都の鬼、ダイシンオレンジかな。


今回の平安Sは難解だなー。

まずはネヴァブションの雄姿を見れることに最大限に期待しておこう!

スポンサーサイト
若駒Sはなかなか面白そうっす。 
 
若駒Sをちらっと予想してみるっす。

ここは、リベルタスを中心にショウナンマイティ、ダーズンローズと、POGチーム馬を応援していきたいところだが、他の顔ぶれを見ても中々面白そうに思える。

まず、ハーバーコマンド。

新馬戦、トーセンラーの僅差2着。
未勝利戦はアドマイヤカーリンを制して勝ち上がり。

これだけで、すでに買える要素たっぷりだ。

ラジオNIKKEI杯では、好走した2戦よりもちょっと後方で競馬をしてしまった。

今回、ハナを奪っていきたい逃げ馬もいなければ、競りかけてまで前の方で落ち着きたいって馬も少ない。

このメンツならさほど消耗もなく前目の好位で競馬ができるんじゃないだろーか?

と期待しながら、ハーバーコマンドを馬券に組み込んでおきたい。

これを見ながら、リベルタス、それからエーシンミズーリという隊形で、進んでもらいたい。

そして、できればそのまま押し切ってもらいたい。

そのままっていうのは、リベルタスもハーバーコマンドも買うが、エーシンミズーリも、ちょっとガッツリめにいっておきたいのだ。

以前から能力高いと思っている1頭で、自己条件でいつまでも2着とかもありえそうな一方で、いきなり格上でも着順は変わらずとか、もしくは穴あけちゃったりとか、

相手なりに走るっていうのかな。そういう馬でもありそうな気がする。

リベルタスの単勝は激辛味噌ネギラーメン味玉つき並なので、

ハーバーコマンド、エイシンミズーリの単勝を買っておく。

3連系はもちろんリベルタスからも行っておくが。

正直この3頭で決まってくれるならば馬券的には嬉しい。

3着候補は、ゴールドブライアン、ユニバーサルバンク、イデア、ショウナンマイティなど、

中々絞り込むのが困難な状況だ。

3連系の馬券は難しいか?

単とか、馬連とか、散らしすぎないところを中心に拾っていきたい。

リベルタス、ショウナンマイティ、ダーズンローズの組み合わせが、実は何よりもビューティフルなゴール。

スペインのサッカーで言う、ゴラッソー!なゴールっていうやつ。

その組み合わせは、キヲヌイタ人間なら1点買ってしまう。

買ってしまうんだ!!



勝ってしまうんだ。


京成杯と、日経新春杯。 
 
京成杯と、日経新春杯の予想の時間です。

京成杯は、ヌーベルバーグから入ろうと思う。

POGチームメンバーのとりおやこさんが指名している期待の牝馬。

期待要素も、不安要素もいい感じにあって、人気もそこまで抜けた感じではなく、

ここは期待してしまいたい。

1勝馬で牝馬で、2戦目に牡馬と混合の重賞ですか。

大物感を匂わせてくれますな。

相手は先日サラッと挙げた通り、フェイトフルウォーでいくつもり。

まぁ中々人気のようですな。

基本、波乱とか、大物食いとか、爆裂馬券が好きなほうだが、

強いと感じた馬は人気でも買いまっせ!

相手と言うよりは、ヌーベルバーグとフェイトフルウォーの頭2頭軸で、

そのヒモに強敵スマートロビンと行ってしまいそうなところを、

横山典がうまく逃げそうなジャービス。こっちを選ぶ。

未勝利戦で能力が抜けていたスマートロビンとジャービス。

ハナ差という着差は、中山に舞台を移して、ひっくり返ると見たい。

馬連BOXか、3連複をこの3頭で買っておきたい。

抑えとしては、先行できればまだわからなそうなコウヨウレジェンド。

能力の割には前走の凡走で人気を落としているマイネルメダリスト、

同じくノヴァグロリア。

中山、大外枠、追い込み脚質ってことで、何もここで買わなくてもって感じもするが、

牝馬で挑戦してることと、能力だけを買って、マリアビスティーもくっつけておきたい。

京成杯はこんなところです。


日経新春杯は、降雪の影響により・・・って具合だが、

念のため予想をしておこう。

平日にも挙げたように、4歳馬はどの馬にもチャンスがあるような気がしている。

で、予想の軸はビートブラック、ルーラーシップ、コスモヘレノスと、変わりはないのだが、

先日までの段階で、ヒルノダムールを、距離の面で軽視していて、今回、買いたい伏兵がたくさん出てきたので、軸候補からは外していたのだが、

すけえもんさんのブログで、

「菊花賞も前が壁になるシーンがあってのコンマ4秒差なら、

何とかなりそうに思う。」

というのを見る。

サラッと言った一言だが、

確かに、直線スムーズではない競馬で、それでも最後はしっかり伸びてきていた。

これだけで判断しても、ひょっとしたら距離の不安はあまりないんじゃないか?って思う。

さらに、京都コースは、その菊花賞の7着以外の2走は勝っていて、相性は良いように思える。

上位組では斤量も穏やかだし、いきなり買う材料が増えた感じだ。

ってことで、

ビートブラックとヒルノダムールの2頭を軸にすることにした。

相手にルーラーシップ、

その下にコスモヘレノス、ゲシュタルト、ローズキングダムって布陣だ。


うん、ヒントは色んなところに転がってますな。

自分、まだ競馬初心者の域だと思うし、そこまで自分の予想に意地を張ってるわけではないから、

純粋に良い予想は良い!と判断できてしまう。

もう、すぐに自分の予想に組み込みますよ。

初心者ならではの変な視野の広さっていうか、守備範囲というか、

この辺は自分としてもプラスポイントだと思います。

ただ、自分のPOG馬が出走すると、視野が急激に狭くなります。

ど真ん中直球がこないとバットに当たらなくなります。

まぁそれも、競馬の面白さなんだよなー。

ヌーベルバーグ、モアグレイス、リトルダーリン、

頑張れ!!
土曜日はニューイヤーカップ。 
 
たまには重賞じゃないレースも予想してみようと思います。

今回はニューイヤーカップ。

重賞ではないとは言えオープン戦なので、予想のやりがいはある。

ここは人気ではあるが、ヒットジャポットから入るのが良いと思う。

マイルに戻って、本領発揮といきたいところだ。

ゲートを逆に出たりしない限り、おそらく馬券圏内だ。

相手の筆頭は京成杯AHで3着に入ったキョウエイアシュラ。

で、

もう一頭気になってるのが、1枠に入ったコスモセンサー。

ここ最近ダートに顔出したりして、凡走を披露したが、

芝に戻って、中山内枠の逃げの手なら、ここで見直す必要はある。

一応の軸はヒットジャポットだが、

コスモセンサーの逃げ切り勝ちにも期待しておきたい。


他では、ムラマサノヨートー、オーシャンエイプス、

ちょっと冒険気味だが、マルタカエンペラーと、ファストロックの人気がないところも買ってあげたい。

近走の成績で、当然のように不人気だが、どちらも、まるで買い要素がないってわけじゃない。

マルタカエンペラーはちょっと爆発する必要があるが、ファストロックは最内枠からの逃げ。

コスモエンペラーにくっついて行ったら、いつの間にか馬券に入ってましたってオチ。

薄いオチだが、ちょびっとだけ期待したい。

コスモセンサーから、ファストロック、マルタカエンペラーで決まったら、もんのすごい配当になりそうだなー。

コスモセンサーは、ベリー騎手ってのも怪しい要素なんだよな。

人気薄を勝たせるのが得意な外国産ジョッキー。

期待だ。

いつも連系の馬券ばかりだが、コスモセンサーの単勝、マルタカエンペラー、ファストロックの複勝も行ってみようかな。


京都メインの大和Sは、ギャラクシーSの馬券組で行ってみるつもり。

ダート界は怪物が何頭か出現しながらも、順位づけが難しいなー。

っていうのが素直な感想だなー。

京成杯と日経新春杯の展望 
 
今週の重賞は京成杯と日経新春杯。

POG目線で見れば、3歳重賞、京成杯を中心視しなければならないとは思うんだけども、

メンツを見たら、どうしてもメインは日経新春杯になってしまう。

ブエナビスタの降着による繰上げとは言え、ジャパンカップを勝ったローズキングダム。

有馬記念6着、鳴尾記念勝ちのルーラーシップ。
同じく鳴尾記念2着で、強い世代でも間違いなく上位と言えるヒルノダムール。

そしてビートブラック、ゲシュタルト、コスモヘレノス。

うーん、なかなかの好メンバー。

結局、この強い世代が何頭か顔を出すだけで、楽しみなレースとなってしまう。

どんなレースでも、現4歳の好メンバーが集まり、例年よりもレースレベルが上がってしまう。

今後はしばらくこういうことがよく起きてしまうかもしれない。

まぁ何だかんだ嬉しい限りだ。


この6頭のボックスで決まってしまう可能性はかなり高い。

ハッキリ言って、ローズキングダム、ルーラーシップ、ヒルノダムールが崩れたとしたら、
ビートブラック、コスモヘレノス、ゲシュタルトのいずれかが来る可能性しかないというくらい、
このレースでも、4歳世代の牙城は堅い。

ビートブラックも、コスモヘレノスも、ゲシュタルトも、本当に十分すぎるくらいチャンスがあると個人的に思っていて、

実はこのレース、強弱が分かれていて、簡単なようで、

結構難しいレースな気がしてる。

今のところ、ローズ、ルーラーは上位に見てはいるが、

次点としては、コスモヘレノスと、ビートブラックが結構怪しい気がしている。

先行競馬をすればっていう、個人的な条件つきだが。

日経新春杯っていうと、終いの脚勝負なイメージがあるが、個人的にはテイエムプリキュアの逃げ粘りのイメージの方が強い。

それは確かに、当時、凡走続きのテイエムプリキュアが、引退レースに予定していた日経新春杯で、まさかの逃げ残り大波乱を演出してしまったので、強く印象に残ってしまったというのもあるが、

なんか、ああいう勝ち方も十分ありだと考えてしまう。

あれだけ凡走していて、重賞じゃまるで勝ち目がないような牝馬が、2年連続で馬券になれるなら、

逃げ方によっては、馬券になるんじゃないかと。

もちろんその他のメンバーの脚質のバランスや展開にもよるけれども、

2、3番手の好位集団を4、5馬身以上離して先行するようなテイエムプリキュア積極策作戦を、

スタミナがあり、前目につけれる可能性が高い、ビートブラックと、コスモヘレノスにお願いしてみたい。

どっちかってと、ビートブラックの方がハマる可能性あるな。

今のところ、ビートブラックを軸に、ローズキングダム、ルーラーシップ、コスモへレノスって感じにしておくか。


京成杯は、ヌーベルバーグに頑張ってもらわんといかん!

あとフェイトフルウォーくらいしか考えてないな。今は。

スマートロビン人気背負ってくれないかなー。

買いたくないけど、馬券は入ってきてしまう匂いがプンプンなんだよなー。

4着でお願いって感じだ。


おっ、紅梅Sにリトルダーリンがいるじゃないですか!!

ここは頼むぞ!!
福寿草特別ざんす! 
 
京都金杯は見事にやられ、

中山金杯はコスモファントムとナリタクリスタルから行って、

直線で、キター!!!!

って感じだったのだが、ゴングがなる寸前にキョウエイストームにアゴあたりに鋭いフックをくらい、脳震盪起こしてKO負けだった。

さっぱり買ってないキョウエイストームに優勢勝ち寸前でダウンさせられた。

うーん、複勝、ワイド。。。

ここぞって時にこそ、買っておくべきですな~!

うん、うん、

さぁ、切り替え切り替え!


3日間開催だが、明日の土曜日開催の京都9R、福寿草特別が一番楽しみだー!

POG重複指名馬トーセンラーとヴィクトリースターが登場しますよ!

ダノンバラードがラジオNIKKEIを勝って、混戦模様の牡馬クラシック最有力候補として頭ひとつ抜けたが、

トーセンラーも負けていませんぜ。

新馬戦見る限り、期待感タップリだ。

ダノンバラードもそうだが、直線の走り方も偉大な父にソックリだ。

ここはしっかり持っていってくれるだろう。

ってことで頭はトーセンラーで決める。

ヴィクトリースターは距離延長がプラスになることを願う。

欲目かもしれないが、ヴィクトリースターはまだ、ヴィクトリースターを見せていない気がする。

なんか、説明のつけようがないんだけれども、底力を使い果たしてはいないと思うのだ。

実力未知数で、相手なりに走るタイプってことを考えて、

ここはシッカリ2、3着に持ってきたい。

トーセンラーを睨み付けて、しっかりくっついていってくれ!

で、他の馬たちをみると、

新馬戦を勝ったアサクサショパン。

ではなく、その新馬戦で2着だったカーマイン。

こっちの方を買いたい。

(おそらく)実力馬、エイシンミズーリに勝ちきった未勝利戦も評価はできるが、

新馬戦、ちょいスローな流れの中、後方から競馬を進め、

道中ストレスが溜まるようなめんどくさい流れから、

直線シッカリ延びてきて、頭も捕らえきるかっていう良い脚だった。

コイツも中々の素質馬と考える。

これに加えて、

アドマイヤラクティ、サンビーム、アサクサショパンあたりを練りこんで、

オッズが甘めになりそうな1勝馬2頭を3着にトッピングする。


これ以外では、期待を込めて、ヴィクトリースター頭の馬券を少しと、

トーセンラー、ヴィクトリースター、カーマインの3連複か、3連単BOXを行ってみるつもり。

今確認したら、

前日では、カーマインが人気あるみたいだから、POG馬が勝ったときの喜びを倍増させるために、3連単BOXにしておこうかな。

カーマイン、ここまで人気だったとは。

とにかくキヲヌイタ軍団が突き抜ければOK牧場!

いや、社台ファーム、いや、追分ファーム。


うん、

みんな頑張れ!

ヴェイロンも意地見せたれ!
中山金杯と京都金杯の最終予想 
 
枠順も決まったことだし、予想の方を突き詰めていきますか。

まずは中山金杯。

先日の予想の段階で、コスモファントムと、ゴールデンダリアから行こうと思っていたが、

ゴールデンダリアが出てこない。

これは、良い方向に捕えてコスモファントム一本でいこうと思う。

だいぶ抜けた人気になってしまう可能性もあるが、

枠も絶好だし、相手をしっかりチョイスして、ビシッと仕留めたい。

先日の段階で、チョイスしておいた相手はセイクリッドバレー、トウショウウェイヴ、ナリタクリスタル。

おぉー、しっかり出て来ますな。

どれも距離はベストっぽいし、脚質的にもそこまで大きな差はないようにも思うので、この中では順番をつけにくい。
ということで、この3頭を2、3着の厚い相手ということで買っていこうと思う。

が、ゴールデンダリアが抜けた分、1頭格上げしておきたい。

はっきり言って、そんなに大差はないし、なんなら、そんなことをわざわざとする必要もないのだが、

どうせなら、予想がスカスカしてしまった分、ちょい突き詰めておきたい。

で、悩んだ結果、ここではナリタクリスタルを対抗に持ってきてみようと思う。

唯一経験した中山コースは、セントライト記念の11着という実績。

まぁ、なんとも踏み込みにくいが、たかが一走、たまたまやっちまった!ってパターンはあると思うし、

小回りじゃないコースもソツなく結果出してはいるが、どっちかって言えば、小回りの方が向いている気もする。

前走新潟重賞で、先行競馬から粘って勝ち切ったとすれば、

ここ中山は、うまく先行して、ロスさえ少なく進めれば、良いとこ行ける気がしてる。

セントライト記念時は、若かったっていう考え方もできるし、騎手も替わっているのもあるし。

ってことで、コスモファントムを軸に、ナリタクリスタル、

セイクリッドバレーと、トウショウウェイヴを2、3着まで。

抑えとして、前走中山をトップハンデ背負って逃げ切ったモエレビクトリー。

中山好走野郎の、ケイアイドウソジン。

トップハンデだが、地力は上位のアクシオン。

このあたりを持って来たい。

と、言いながら、

パッと、オッズを確認してみたら、結構人気側ばっかり買うことになりそうだ。

こういう展開なら、中心の4頭で、カチッと決まってほしいものだ。

見たとこ、トウショウェイヴが人気薄だから、ちょっと気合出して頑張ってもらいたい。

中館騎手はこの馬でも、思い切って先行していく可能性もあるから、

色んな部分で面白そうだ。


京都金杯は、これから追記します。



京都金杯は、ジョーカプチーノとリーチザクラウンの5歳の逃げ馬たちから買おうと思っていたが、
ジョーカプチーノが出てこないので、これまた素直にリーチザクラウンから買うことにする。

折り合えさえすれば、マイル~1800mの距離は、現日本競馬界の中では、最上位の力を持っている、

と思う。

言い過ぎかな?

枠も良いとこ引いたし、スタートさえ決まればって感じだ。

相手は、先日の段階で触れた馬のうち、

ネオヴァンドーム、ライブコンサート、リクエストソング、

この3頭が残った。

うんうん、ライブコンサートはリーチのとなりか、中々良い枠引いたな。

直線でうまく馬群を捌ければ、また最後にポッと顔出してくれそうだ。

リクエストソングも5歳世代の中では、トップグループに入るにはあとほんの少しって感じだが、、

斤量甘めのここなら、そろそろ重賞タイトル持ってく可能性もあるかなと感じてしまう。

ちょっと期待だ。

強い4歳世代は、距離がみんなマイルが合いそうなのが多くて、全部馬券に組み込みたい気分になるが、

京都連対率100%で、脚質的に展開に左右されにくく、大崩れしにくそうなネオヴァンドームをまず買っておきたい。

そして、ショウリュウムーン。

アパパネに先着したことがある、というのは、もはやどうでもいいデータのだが、

マイルはおそらくベストで、今回、出走馬の中で、力では負けてない中での最軽量ハンデ。

ここまでおいしくて、ここ買わないでどうするって感じだ。

点数が多くなってしまいそうだが、

リーチザクラウン頭から、リクエストソング、ライブコンサート、ネオヴァンドーム、ショウリュウムーン。

逆に、リーチザクラウン2、3着固定のパターン。

これで行ってみようと思う。


そして、今年の爆裂馬券第1号は、ここで買ってみようと思う。

中山金杯よりも、こっちの方が荒れてしまう匂いがプンプンしている。

近走を見ただけではとっても買いにくいが、マイルCS2着のあるマイネルファルケや、リザーブカード、スズカコーズウェイあたりは、いつ穴開けてもおかしくないと思っている。

さらにはダンツホウテイも、そこまで甘いオッズでもないが、この斤量ならっていう部分もある。

この辺がまとめて来たら、すごいことになってしまうな。

うーん、どう買うかな。

リーチからのマルチかな。

ちょっと多めになっても、後悔しないように選んでいきたいところだ。




ライブコンサート、リクエストソング、スマートステージの、ライブ馬券っていうネタ馬券もありかな。

ガルボにサンディエゴシチー、切りにくいねぇ~。

うーん、、、マンハッタンカフェ馬券か。

全部アヤしくなってくるな!


とりあえず、リーチザクラウンと武豊、頑張ってちょうだい!!!
京都金杯の予想も早めに立てたかったけれど、 
 
登録馬がゴワゴワッといるので、出走、枠順を待つことにします。

頭ん中では、ジョーカプチーノ、ネオヴァンドーム、リーチザクラウンあたりを中心に取っていきたいと思っている。

ジョーカプチーノもリーチザクラウンも、ヤンチャな逃げ馬なので、ヘタに競り合って消耗、前崩れなんてことは避けて欲しいところだけれども、

さて、どうなるものかな。

ちょっぴり賭けっぽい気もするが、ジョーカプチーノと、リーチザクラウンを中心に据えて、ネオヴァンドーム、リルダヴァル、ファリダットに流すイメージでいきたい。

他では、

最軽量トゥニーポートもくっつけときたい。

そして、リクエストソング。
これもこの斤量なら、一発狙えそうだ。

京都、東京マイルなら、ライブコンサートのチケットを予約するのを忘れずにしておきたい。

全ては出走決まってからだけど、
とりあえず、こんな感じかな。

年明け一発目、いきなり両金杯ともビシッと当たってくれないもんかなー。

モチのロンで、当てるつもりで買いますけど。

話変わるけど、
新しく始まるご5重勝単式の馬券って、春くらいからなんでしたっけ?

ちょっと買ってみたいっす。

確率的には天文学的らしいけど、

なんか確率より当たるんじゃねーか?

って期待、ありますな。

いざやってみたら、数字通り全然当たらないんだろーけど。

なんか思ったよりも、参加してしまいそうだ。


4レースまで的中して、最後外したら、
一週間くらい、
「うおおー、まじかー!」
って頭かきまくってそうだなー。

ほどほどに、ですな。

中山金杯と、京都金杯の予想 
 
早速、ダブル金杯の予想といきますか。

まず中山金杯。

ここは、あまり馬券の軸として買った事はなかったが、今回ゴールデンダリアを買ってみようと思う。

前走あのメンバー相手に59kg背負って3着なら、今回の中山金杯のメンバーの中では上位扱いできそうだ。

距離が延びるのもプラスな気もしているし、中山は成績を出しているのも良い。

最近は掲示板を外していない安定感も買える。

さすがに人気を集める側になりそうだが、ここは軸の方向で取っておこうと思う。
枠順も気にしなければならないが。。

そして、もう1頭、コスモファントムをチョイスしたい。

実はコッチをちょっぴり上に見たかったりもする。

今年の3歳馬の強さ、勢いを考えれば、当然馬券候補としてみなければならない。
ん?もう4歳か。

それよりも、中山コースにコスモファントムの脚質が合うと思うのだ。

ハナも狙っていける先行脚質。

そして、力ある4歳馬の中でも能力上位と見ている。

あくまで個人的な見解ではあるが。

実は着外だったダービーも、天皇賞も馬券に組み込んでたりしてた。

重賞になると、あともう少しってとこが多かったが、

展開も向いて、距離も良し、

買いたいゴールデンダリアよりも軽斤量。

どちらも軸だが、頭コスモファントムを、多目に行きたい。

全ては枠順決まってからだな。

コスモファントムに関しては、外からでも何気に行けるんじゃないかと思ってるんだけども。

ヒモで、ナリタクリスタル、セイクリッドバレー、トウショウウェイヴあたりに、

今のところは、しておく。

京都の方は、もうちょい考えよ。
新年、明けまして 
 
おめでとうございます。

ちゃびろまんです。

昨年は皆様、色々とお世話になりました。
私自身、昨年、特に後半はブログもぶん投げっぱなしだったし、
今年もよろしくなんて、とても言える身分ではないのですが、

助右衛門さん、とりおやこさんをはじめとする、
チーム「キヲヌイタオトコ」軍団のみなさんのおかげで、厳しい状況の中でも、競馬を楽しむことができました。

アグリキャップさん、カルアさん、助右衛門さん、単複満腹さん、とりおやこさん、南天群星さん、フライガーデンさん、popaimanさん、マッスルダンサーさん、

こんな私ですが、
今年もよろしくお願いいたします。

今年はウサギ年ですな。
ぴょんぴょんっとジャンプアップして、ダービーで、美味い酒飲みましょう!

去年、特に後半はあまりに忙しく、10月から年末まで、休みなしで働き、

12月は、毎日平均2時間の睡眠時間でずっと頑張りました。

おかげでブログがサッパリ手つかず、競馬の予想も薄っぺらい買い目ばかりになりました。

まぁ、時間をかけたところで、他人様から見たら、自分の予想は薄っぺらいもんですけどね。えぇ。

今年はどうなるかはわかりませんが、今のところは、少しは落ち着きそうです。
展開にもよりますが、週イチくらいは休めそうです。

去年よりは、ブログの記事UP率も上げたいなと思います。

やっぱ、競馬の予想にしても、人目に晒した方が、プレッシャーもかかるし、

そうなると、より突き詰めようとするし、
結果としても、良くも悪くも、どういう予想をしたか、記録として残るし、
ブラスの面が多いんですよね。
ビシッと当たったら、そりゃあフンフンと、気分と鼻が高くなるし。

それが、結局は一番面白いことだったりするので、
まずは、自分が楽しくなるために、ブログを毎日とは言わなくても、たくさん更新していけたらと思っております。

そんなこんなで、まずは一発目、金杯ウィーク。

頑張っていきたいと思います。



今年もよろしく!!


今年は10万馬券、10本、
100万馬券、2本、

取るどー!

それよりも、POG優勝するどー‼











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。