スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢破れたが、フェブラリーS 
 
ミカエルビスティーはまたやってしもーた。

こんな所でつまづいてはいけない馬が、

またつまづいてしまった。

うーん、前に壁ができて追い出しが遅れる展開。

もう2、3回やってるパターンだ。

次、勝浦Jに戻ってくれないかなー?

・・・。

悔しいが、競馬は続く。

ミカエルビスティー!現役でいる限り、重賞なんぞいつでも取れるぞ!

今日はとりあえずお疲れ様だ。

次も頑張れよ!


気合の入った馬券が外れた日は、他のレースの足をひっぱることも少なくないが、

ダイヤモンドSは3連単しっかり頂けた。

思いのほか負の連鎖は起きず、地獄の底から這い上がった感じだ。

これはフェブラリーSを当てろっていうメッセージと受け取っておきたい。


早速フェブラリーSの予想だが、

東京実績のある、バーディバーディ、マチカネニホンバレ、

前が消耗したところを突き抜けるシルクメビウス。

この3頭を中心に買おうと思う。

ペースも速めになりそうで、

バーディバーディ、マチカネニホンバレも無理に前に行き過ぎず、マイペースでジックリ脚を溜めるような競馬をしてほしい。

3着候補に、かなり人気薄だが、怪しい匂いのダイショウジェットとパワーストラグルあたりを入れてみたり、

1F延びてもなんとかやれそうなセイクリムズンと、一発がいつあるかわからないオーロマイスターを、2、3着候補に持ってきておく。

うおー、前日の段階で、1~4番人気を飛ばしてしまう予想。

こわっ!!!

なぜかこうなってしまった。

うーん、トランセンドくらいは馬券内に持ってこようかな。完全本格化してるし。

特に波乱馬券を狙ってないのに、波乱の展開になってしまったな。

いいじゃん、いいじゃん!

来たら最高じゃん。

こわいけど、最高じゃん。

大外枠の枠連のオッズとかもしっかりみておこう。

一応ね、本命どころではないけど、力量の決着ってオチを考えて、

トランセンドから、フリオーソ、セイクリムズンの3連単2点だけ、押さえておくことにする。

一応ね。

でもやっぱり頭は、メビウス、ニホンバレ、バーディで頼みたい。

東京は、東京だ!
スポンサーサイト
アメジストSとダイヤモンドS 
 
今週はフェブラリーSより、ダイヤモンドSよりも力が入ってしまうレースがある。

アメジストSだ。

ここに、心のダービー馬、ミカエルビスティーが登場する。

って、この間と全く同じようなくだりを書いてしまうが、

結果は前走と異なることを期待する。

モチロン1着だー!
オープン入りだー!!
んで、重賞制覇だー!!!
ダー!!!!

ふうっ、前日から心の馬主がイレ込んでしまった。

クールな表情で、眉ひとつ動かさず、紳士の如くレース観戦したいものだが、

あいにく、1020%くらいの確率でそれができないことは確約されている。

直線入って、いっけーーーーーー!!!!

先頭に並んで、うおっシャーーーーーーー!!!!!

交わして、いよぉーーーーーーーッ!!!!!

ゴール版通過して、

おげぇーーーーーーーーーーーーーいッ!!!!

って感じになることが、オッ○スフォード大学の熱心な研究で明らかになっている。


予定通りの台詞を叫ばせてくれよ!ミカエルビスティー!

ここを勝って、重賞も1つ2つ勝ったりして、

秋天やジャパンカップで、府中の得意っぷりを見せてほしい。

理想的には、新馬戦の相手、アリゼオ、ヒルノダムールにも出てきてもらって、そこで借りを返すっていうシナリオをもんの凄く期待しているが、まだ遠い妄想話に過ぎない。

だから、それを実現させるためにも、

このひとつのデカイ階段をしっかりと駆け上がるのだぞ!

頼むぞミカエル!

ってことで、アメジストSの軸というか頭はもう決める必要もないが、

相手をどうしてやろうかってことになる。

ここは、強い4歳世代のクラシックを彩れそうで彩れなかったダノンスパシーバ。

オープン入りする実力はいつでもあると見ている。

2連勝で勢いに乗っているこの馬を相手と見ておきたい。

成績のバラケ具合がミカエルビスティーっぽいなー。

次点にはタッチミーノット。

成績から見ても買える要素があるが、斤量が減るのがさらにプラスっぽい。

ここまで、がっつり応援させてもらって、

押さえにデンコウオクトパス、レインフォーレスト、ウォークラウン、レインスティックあたりを、
もちろん4枠6番を頭に買うつもり。

前走を考えると、ミカエルはさすがに人気になってしまうかな?

人気でもなんでも良いから勝ってくれれば良い!!

ここは、日曜開催の分まで突っ込んで、気合入れて馬券買わせていただきます。


あっ、ダイヤモンドS忘れてた。

こっちは買います。

ここはビートブラック、コスモメドウから入ろうと思う。

ビートブラックは前走、距離、メンバー、逃げ、これらの要素がマイナスに出てしまっただけのような気がしていて、ステイヤーの距離なら、ここは持ち直すと思う。

あと、この馬、逃げより脚溜めての差しがいい気がしていて、

ぜひ、そんな乗り方をしてくれたら嬉しいもんだ。

コスモメドウは万葉S勝ちは斤量で恵まれた面もないことはないが、力あるステイヤー。

53kgの斤量は、増えた言えどもまだまだ有利に思える。

この2頭を軸に、ミヤビランベリ、ビービーファルコン、コスモヘレノス、スリーオリオン、モンテクリスエス、キタサンアミーゴ、シャインモーメント。

と広く買いたいところだけど、

多いな・・・。

頭をビートブラックに絞るか、コスモメドウと、1,2着にして、他を3着に持ってくるか・・・。

考えておこう。

本命以外では、1枠1番のミヤビランベリが不気味な感じがしてる。

内枠好スタートから、まんまと逃げ切りみたいな構図が浮かばなくもないのだ。

いつも、いいとこで穴開けるからなー。

ん?今回は意外と人気なのかな?

距離長い可能性があるが、みくびらないようにしとこう。


さぁー。出陣だ!ドキドキもんだな。

日曜も買えるようになってると良いなー!

頑張れ、キヲヌイタオトコ1期生!

小倉大賞典の予想。 
 
明日の土曜日、小倉大賞典の予想をしとこう。

まぁ・・・

ハッキリ言って、軸なんて決められねー!!

ってのが本音っす。

決め込みたいんだけど、

悪くても2頭くらいには絞りたいんだけど、

それが、残念ながら全然できません。

どの馬も長所をフォーカスすると、どれも軸にしてしまいたくなるんですなー。

まぁー、たまにはこういうレースもありますわなー。

こういうレースは、それに合った買い方をすべき、ということで、

軸馬を特に決めずに、入着候補馬をチョイスして、3連系で仕留めるクレイジー且つビューティホーな馬券で攻めることにしますよ。

まずはコスモセンサー。

前走ニューイヤーSは、ハイペースの中2番手追走で、直線抜け出して粘り勝ち。

ゴール前は結構追い込まれたが、それでも結果勝ったのは大きいと思っている。

枠も悪くはないし、ハナ切っても良いし、2番手でも良いし、

前走のように、好スタート切ってくれれば、頭でも買いたいくらい。

距離延長は不安そうにも思えるが、前走のようじゃなく、平均ペース以下に落とせれば、1800くらいは持つと思っている。

小倉1800は小回りで逃げ・先行に有利なのも好条件だが、今回は前行く馬が多い。

そうなればハイペース前崩れってオチが待っていそうだが、小倉1800は平均ペース以下に落ち着きやすい。

たぶん。

ということで、まずは、前いく馬でも上位の力を持つコスモセンサー。

そして、前行く馬ということで、アンノルーチェ。

先行はするものの、ハナ切って行くことはなかったが、小倉日経OPではハナ切って行って、逃げ切り勝ち。

今回、前走の良いイメージを持って、逃げ気味に思い切り良く先行してくるなら、ここも馬券にねじ込んでくる可能性は高い。

小倉は相性がかなり良く、1着2回、2着1回、着外1回。

唯一馬券にならなかった小倉記念は、完全に追い込み競馬決着で、しかも、13着までがコンマ4秒の中に入ってしまっているという、例があまりない超混戦のレースで、

ちょっと間違えたら1着、もしくは最下位入線。

そんなレースだったので、判断材料としてはどうかと思う。

むしろあの中で先行して10着は、むしろよく粘ったなって感じさえしてて、プラス材料にすら感じる。

まぁ小倉記念からはちょっと間隔が空いているので、そもそも考慮に入れにくいが、

前走、小倉日経OP勝ちってだけで、そりあえず小倉は任せられそうだ。

レースが終わった後、アンノルーチェが小倉のスペシャリストになっているか見ものだな。

コスモセンサー、アンノルーチェ、とりあえずこの2頭が軸気味で見ている。


この2頭が頭の馬券は買おうと思うが、

他もいい感じの馬も見ておきたい。

ナリタクリスタルは人気になってしまいそうだが、ここは馬券から外すのは勇気がいる。

中山金杯の予想の時にも書いたと思うが、どちらかといえば、小回りは向いていると思う。

先行したらしたで粘るし、中団追走でも、直線に入ったら、すでに射程圏内にいますってイメージの馬だ。

なんだろ、反応が良いってことなのかな。

先行したらしたで、良い展開なんだろうけど、流れに左右されない面も強みな気がする。

連勝中の上がり馬、クレバートウショウも警戒を払っておきたい。

これは、能力未知数な部分を、ただ黙って買う。

展開も幅が利きそうで、本格化しそうな雰囲気が漂い始めてる・・・気がする。

最後はチョウカイファイト。

前につけそうな馬ばかりを軸にしたが、

もしここに後ろから突っ込んでくるとすればチョウカイファイト。

脚質的には、広いコースの方が良いのだろうけど、

このチョウカイファイト、小回りも関係なく追い込んでくる。

不利さえなければ、前を捉える力はあると見る。


コスモセンサー
アンノルーチェ

ここを中心に、

ナリタクリスタル
クレバートウショウ
チョウカイファイト

3連単とか、思い切ってBOXで狙ってみたいが、
そこは明日の気分と相談ダー。

2頭の頭は買いますけど。

結構長いこと予想の記事書いちゃったな。

簡潔にまとまってないとも言えるな。


日曜日はきさらぎ賞に、ウマジンPOGチーム馬のトーセンラー、オルフェーブル、コティリオンが登場で楽しみだー!

さらには、東京10Rで、心のダービー馬ミカエルビスティーが登場っす!

得意の東京に来て2連勝してるあたりが、もう、さすが!って感じでだいぶ贔屓気味で誉めたくなっちゃうんだが、

気を引き締めて、ここも持って行ってしまおうぜ!!

東京3連勝でオープン入り!

うーん、期待してしまうな。


頑張れよー!明後日だけどな!

日本代表は良くやった。 
 
今回は競馬予想ではなく、サッカーについて書こうかと思います。

もともと競馬予想のブログというより、競馬予想を含む色んな事柄を散らしながら書く予定で始まったブログではあったんですけど、

気が付けば、98.2%くらいの確率で競馬予想になっておりました。

そのおかげってわけでもないですが、素晴らしい競馬友達と巡り合えたわけだし、ぜんぜんオッケー!って感じではあるんですが、

もう少し散らしてもいいかな、って常に思っておるのです。

更新する余裕が思った以上になくて、気が付けば週末、さぁ競馬予想!って流れになってしまうんですが、

サッカー日本代表の遠藤のパスのように、少しワイドに散らせればと思っております。

ってことで、今回はタイムリーにサッカーに関してなんですが、

アジアカップ、日本代表やってくれましたなー!

タイムリーってよりも2ミリくらい時期遅れ話題な気もするけど、

まぁいい、ザックジャパンは良くやってくれた!

得点力不足が解消されたこともプラスポイントだし、

主力のケガによる離脱や、厳しいレフェリングを乗り越え、

数的不利の状況を跳ね除け勝利を手にし、

死闘の末のPK戦を制しと、

厳しい闘いを乗り越えたことだけでも賞賛されるべきだが、

対戦相手を取ってみても、完全アウェイとなるホスト国カタールに勝ち、アジアカップ出場国では最高峰の韓国、オーストラリアを退けての優勝の価値は、

今までのアジアカップの中では間違いなく最高で、完全優勝という感じの、気持ちの良い優勝だったと思う。

試合の内容に関してはもう少しできるとは思うが、満身創痍の中、よく勝ちをもぎ取ってくれたって気持ちの方が強い。

そして、なによりも、オセアニアからアジアのサッカー連盟に入り込んできた強国オーストラリアに、アジアカップを簡単に渡さなかったことが嬉しい。

オーストラリアを嫌う気持ちは微塵もないのだが、

ついこの間AFCに加盟してきた新参者に、そうそう簡単にアジアの杯を渡しては、アジアの、そして日本としては、アジアの強国としての、メンツが立たない。

オーストラリアがオセアニア地区を勝ち上がって、北中米の国とプレーオフしてっていう、W杯に出て来るプロセスを考えたら、オーストラリアのアジア参戦はしょうがない気もしているし、むしろ、アジアのレベルを上げるためには、豪州の参戦は喜ぶべきだとも思っているが、

まだ、アジアの杯をあげてしまうには早すぎる。

今後10年、20年後とかにオーストラリアがアジアカップ優勝するのは構わないが、

このタイミングは、まだ、アジアのタイトルはアジアの国が守るべきであると思っていた。たとえ日本でなくても。

今回、日本はその責務をしっかり果たしてくれた。

ここで簡単に豪州にもっていかれたら、欧州から、南米から笑われてしまう。

地区野球のチームで、ピッチャーで4番のエースをやっていて、

チームはそこまで強くはないが、自分の立ち位置に少しテングになっていたところに、

ついこの間やってきた転校生がチームに入ってきて、

その週の練習試合で、いつの間にか自分は3番レフトになっていたっていう状況くらい、

歯がゆいモード突入のところだった。日本は、アジアは。


うん、ザックジャパンは、よくぞアジアの座を守ってくれた!

これで、アジアカップは優勝回数4回と、日本が単独のトップに立ち、近代アジアサッカーでは、名実ともにアジアの頂点に立った。

コンフェデレーションズカップでの躍進が楽しみになったが、

その前に、6月に日本とメキシコがゲスト参加するコパ・アメリカ(南米選手権)がある。

ここでの日本の活躍も非常に楽しみである。

開催国アルゼンチン、コロンビア、ボリビアと同組になった日本。

今の日本には、強さもあるが、勢いも運もある。

実は結構期待しているので、リーグ戦は突破して、大会を沸かせてほしいな~。


ハッキリ言って、本田、長友ラインは、世界に通用するぜ!!


またサッカー記事書こっと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。