スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宝塚記念の予想 
 
さぁーてと、宝塚記念の予想といきますか。

やっぱりいくら出馬表見返しても、今年の宝塚記念は難解ですわ。

ルーラーシップの前走の強さにシビれたり、

エイシンフラッシュの内で脚を溜められそうな展開に惹かれたり、

トゥザグローリーの、前走の凡走による人気落ちも、狙い目だと思ったり、

色々ぐるぐると、かなり悩んでしまったのだけれども、

最終的には、展開を決め手にすることにする。

今回のメンツの中で、逃げ馬っていう逃げ馬はいない。

基本的に逃げ馬不在のときは、スローな展開になりやすく、

そうなると、やはり先行する馬に有利な展開となる。

そんでもって、

前に行く馬ってのが、ナムラクレセント、アーネストリーと、トゥザグローリーあたり。

トーセンジョーダンとアサクサキングスあたりも、ひょっとしたら前に行きたいかもしれない。

馬券は、このあたりを中心に狙っていこうと思う。

アサクサキングスはちょっと厳しいのかもしれないが・・・。

で、先行馬の中でも、アーネストリー。

これは、逃げ馬が少ない時、スローな展開になる時、

悲しいときー!!!

ウオッホンッ。

結構強いと思っている。

先行から抜け出し型のこの馬相手に、他の馬が後ろから猛烈な脚で追い込んでも、

届かない可能性がある。

トゥザグローリーも同型っぽ感じで、4歳世代のトップたちに完勝してきているあたりは、

アーネストリーよりも格上なのだろうけども、

今回は枠がアーネストリーを援護すると思っている。

気性的にも、トゥザグローリーが外枠から忙しい競馬をしなければならないことを考えると、

その分ちょっと、アーネストリーが有利に見える。

そうなると、同じ1枠のナムラクレセントも同じ理由で、選ばなくてはならない気がする。

距離的には、阪神大賞典、天皇賞春と好走しているように、長い方が良いことは良いのかもしれないが、

今の状態のナムラクレセントで、しっかり前に行けるのであれば、問題ないと思う。

そして4戦連続で騎乗する、和田騎手。

これが信頼がおける理由のひとつでもある。

昨年の宝塚記念では、直線で力尽きたか、もしくは追わなくなってしまったかで、8着に沈んだが、

今年の当馬の順調度、鞍上強化、そして1枠。

というプラスポイントで、上積みが見込めるんじゃないかと期待している。

レースでは、ナムラクレセントが逃げて、アーネストリー、トゥザグローリーが追う展開に、

直線でルーラーシップが、まとめて交わす展開ってのををイメージしている。


ここに何かが突っ込むとすれば、内の好位でしっかり脚を溜められたエイシンフラッシュ。

前に行くかもしれないトーセンジョーダン。

あたりかなー。

トーセンジョーダンに関しては、たとえ前に行かなかったとしても、まだまだ能力が未知数で、勝っても不思議はない可能性を秘めていると思うのだが、

前日の単勝の人気ったらひどい。

ちょっとナメられすぎじゃないかとも思う。

まぁ、それだけ4歳馬軍団の層が厚いってことなのかな。

距離適正、脚質みても、結構上位の方だと思うけどねぇ。

馬券の、一応の中心はルーラーシップ。

そこから、ナムラクレセントとアーネストリーで、

トゥザグローリーの、エイシンフラッシュの、トーセンジョーダンの、

トツギーノ。


人気のブエナビスタに関しては何も書かなかったけど、

あの、良い脚を長く使う脚質は、府中でこそ!っていう気もしている。

東京なら、JCみたいなパフォーマンスを見せられる相当な強さがあると思うのだけど、

ここでは、ライバルも多く、そう簡単ではない気がしている。

日本屈指のスーパーホースだし、好きなんだけどね。


さぁー、いよいよですな。


POGチーム作戦会議室では、宝塚記念の3連単1点を予想する大会を開催ざんす!

自分の買い目が当たれば、そりゃあ言うことなしだけど、

全員の買い目を買うっていう一応のルールなので、

誰の買い目でも良いから当たってほしいなー!


きっと盛り上がりまっせ!!
スポンサーサイト
宝塚記念の予習② 
 
枠順も決まったところで、もうちょい踏み込んだ予習をしていこうと思う。

昨年の宝塚記念3着馬のアーネストリーは、1枠2番。

この馬としては、最高のトコ入りましたなー!

去年と同じ馬番ですか。

今年のメンツなら、3~5着が妥当だなーと思っていたけれど、2着も考えなければならないか
って感じだ。

さらに言えば、昨年の2着馬、女傑ブエナビスタは、

これまた、昨年と同じ4枠8番。

こうなってしまうと、昨年の覇者ナカヤマフェスタが入った8枠17番の馬を買いたくなってしまうが、

今年はいない。

今年は16頭なんだなー。

まぁブエナもなかなかのところに入って、

ルーラーシップも2枠3番といいトコに入って、

その同枠に、エイシンフラッシュが入った。

こうして、枠順が決まってから気になりだしたのは、内枠組。

アーネストリーもロスなく先行できていい感じでいけると思うのだが、

さらに内枠のナムラクレセント。

これが気になってきている。

前走の天皇賞では、中団追走から、残り1000m切ったあたりだっけ?

一気に先頭に立って、そこから3着に粘った。

激アツな強さを見せた阪神大賞典では、2番手追走からドーンと抜け出しての圧勝だった。

アーネストリーと、似ているようで、ちょっと違う感じの先行力ってイメージを持っているが、

どっちにしても前に行かせたら、今のナムラクレセントちょっと手ごわい気がしている。

このアーネストリー、ナムラクレセントの両頭が選先行するとなると、

さらに気になってくるのが、エイシンフラッシュ。

ダービーは、最内枠を生かして脚を溜めて、直線最後に抜け出して勝ったものだった。

前走の天皇賞では、終始外の方を回りながらも、

抜群の折り合いで道中を我慢して、直線しっかり追ってきた。

通ってきたコースを考えれば、エイシンフラッシュが2つめのGⅠを獲ってもおかしくない展開だった。

この2つレースに共通して言える、エイシンフラッシュの強みというのが、

「折り合いが付きやすい」ということだと思う。

この折り合いが付きやすいエイシンフラッシュにとって、おそらく内ラチ沿いを進むのは最高の展開で、

もはや、1枠ってのはエイシンフラッシュにとって常に最高の枠なんじゃないかと、

最近の走りを見て思う。

ジックリ我慢できるし、追えばすぐさま反応するし。

自分の中でのイメージではあるんだけど。

そのエイシンフラッシュは、今回1枠ではなく、2枠4番。

内ラチ沿いをロスなく進む作戦は厳しいかって思うところだけど、

これがおそらく大丈夫だと思う。

1枠の馬が、しっかり前に行って、その後ろがポッカリ空いてくれるとイメージしている。

同枠のルーラーシップの出方もあるかもしれないが、

スンナリ内で脚を溜められると思う。

あとは、抜群の折り合いと、抜群のキレで、馬券内に突っ込んでくるんじゃないかと期待している。

おそらく頭は、完成モードに入ったルーラーシップで行くとは思うのだが、

エイシンフラッシュも、ちょっと警戒しておきたい。


それにしても、今まで、エイシンフラッシュを軸級の扱いで見ることはなかったなー。

ダービー以降地味に見えてたけど、この馬、すごくいい仔ちゃんで、本当に強い馬だと思ってきている。

ルーラーシップ、エイシンフラッシュ、ナムラクレセント、アーネストリー。

ブエナビスタの名前が馬群に沈んでおりますわ~。

強い馬で、馬券から外すのは危ないと思っているんだけどねぇ。

キャプテントゥーレ、トーセンジョーダンも捨てきれず、

今年の宝塚記念は本当に悩ましい!

これを3連単1点で当てるのは、至難の業ですなー。
ゴリラを、外してしまった。 
 
今回はPOGの話です。

ウマジンPOGの地獄モードを、これまでになく気合入れていこうってところなんだけど、

いざ選び終えてみたら、これ走ってくれるのかな?

ってのが多くなってしまった。

とりあえずの10頭ということで、これから変更するかもしれないけど。

そこでなんですけど、

迷いに迷った挙句、指名から外してしまった馬がいるんです。

その名はゴリラ。

いや、ちゃんとした馬ですよ?

馬名が「ゴリラ」っす。

小田切の光さんのとこの、サムライハート産駒。

これ見たとき、まぁ~さすがっていうか、あまりにストレート過ぎて笑ってしまった。

ゴリラって、ヒネリがまるでないもんね。

直ですよ、もうストレート。

直ゴリですわ。

そして、その馬体のカワイイこと。

ゴリラっていうんだから、なんとなく青鹿毛で、ゴツゴツしてるのを想像していたけど、

全然違いますわ。

このネーミングセンスと、馬体とのギャップを見たとき、すぐさま指名ボタン押してしまいました。

たぶん、指名した人の半分以上、名前で選んでるなって感じなのかな。

やっぱり、実況で聞きたいもんなー。

「やはり強い!ゴリラ強い!」

とか、

「他馬を全く相手にしませんでした、ゴリラ!圧倒的な強さです!」

とか、

あとは、発走直前の、

「最後に、ゴリラがゲートに収まりまして・・・」

とか、

「おっと、まだちょっとゴリラがゲート内で暴れているようですが・・・」

あたりとか。

うーん、聞いてみたい。

結局、POGの指名の方では、最後の最後に候補から外してしまったけど、

ぜひ、活躍してもらいたいもんだー。


今でさえ、心がちょっと揺れ動いてしまっている。

が、ゴリラはレースのの方で楽しませてもらいますよ!

デビュー戦は単勝買いまっせ!額の方はわからんけど。


新馬楽しみだなー。


ちなみに、画面左下の方にある、UMAJIN-POGのリンク先、今シーズン用に更新しました。

画像は2年前のものををのまんま使ってるけど。

駄馬を見抜き、駄馬を指名する才能に長けた私の馬たちを、ご覧あれ。
宝塚記念の予習 
 
出走確定前ではあるけど、ちょこちょこ宝塚記念の予習をしていこーっと。

登録馬を見て、やはり一番気になってしまうのは、ルーラーシップ。

金鯱賞を、スーパー出遅れから、ハイパー追い込みで勝ってしまった、強き4歳馬。

あのパフォーマンスは結構インパクトが強かった。

同日に日本ダービーがあったもんだから、回顧もせずにいたんだけど、

個人的には、今年の日本ダービー、天皇賞(春)に並ぶくらい、印象が強いレースになった。

前々からすでに強さを見せてはいたけど、

未完の大器が、ついに完成したなって、あのレースを見て思った。

正直、あんな激烈なパフォーマンスをしてしまったら、

来たる宝塚記念では、おそらく1番人気を争ってしまうような存在にはなってしまうと思うけど、

それでも、ここも持っていきそうだなっていう強さを感じずにはいられない。

金鯱賞の最後の直線で、キャプテントゥーレ、アーネストリーになんとか並んで入線ってもんじゃなく、

まるで相手にしなかった。

思わずゾクッとしてしったのを覚えている。

阪神2200mは全く問題にはしないだろうし、

ここは思い切って狙っていきたいところざんす。

他では、ルーラシップに負けた金鯱賞組。

キャプテントゥーレと、アーネストリーをちょっと狙っていきたいなーと思っている。

金鯱賞組は、宝塚記念で、馬券になる時と、馬券にならない時があるけど、

アーネストリーは昨年のナカヤマフェスタの3着もあり、

8戦連続で馬券になっているあたりは、順調な気がしているし、

相手関係はもちろんレベルが上がって厳しくはなると思うけど、

前でしぶといヤツって、どのレベルに行っても、割りとしぶとかったりする。

それ以上にアーネストリーって、ただ前に行くだけではなくて、そこから抜け出しからも結構強い印象がある。

横綱競馬っていうのかな。

後ろがいい脚使っても、なかなか差がつまらない。

そんな安定した強さがあると、個人的には評価している。

同じく金鯱賞2着のキャプテントゥーレは、ここ3走だけみると、今が一番脂がノっているように見える。

正直、前走は、アーネストリーが詰めると思っていた差が、逆に開いてしまうなんて・・・。

なんて思ったりした。

アーネストリーと、キャプテントゥーレの、当日の調子の差とかだったりするのかもしれないけど、

アーネストリーをあそこまで封じ込めるほどの好調っぷりなら、

ここでも勝負できるんじゃないかと思ってしまった。

とはいえ、レベルが高いところで、2000m以上ってなると、そう簡単じゃない気もしているので、

今のところは、ルーラーシップが頭で、3着にアーネストリーとキャプテントゥーレっていう感じかな。

そして、このルーラーシップと、他2頭の間には、

ブエナビスタだったり、トゥザグローリー、トーセンジョーダン、エイシンフラッシュあたりが入り込んで来るのかなぁーっていうのを、

今のところのイメージとして持っている。

宝塚は、ナカヤマフェスタ、エイシンデピュティ、スイープトウショウ、ヒシミラクルなど、伏兵っぽいのが、たまにドーンと来てるレースだけど、

そういう伏兵っぽい匂いが漂うのは、トーセンジョーダンなんだよなー。

取り捨てが最後まで悩みそうなのがエイシンフラッシュ。

これも難しい。


今年は荒れるのかなー、ガッチリ決まるのかな。

楽しみだな。
時間かけただけ、うまくなるのが競馬だなーと。 
 
当たり前のことなんですが、

競馬予想って時間かけただけ、より良い結果が出るもんですね。

もちろん、「勝負は時の運」っていう大前提があるので、

ただ時間をかければ、当たるってことではないとは思うんですけど、

それでも、時間をかけた予想と、時間をかけない予想の間には大きな差があるし、

それが、他のギャンブルとは違うところ、楽しいところだと思っていて、

最近は特にそれを実感しているところです。


あくまで自分のレベルの中での話なんですけど、

最近は、割と良いトコついている予想ができているなーなんて、思ったりしてます。

競馬暦の長い方々から見れば、自分の予想は「甘ちゃん」な予想に見えて、

結果としては、ただ良いトコついているように見えるが、内容は薄いって感じに見えるのかもしれませんが、

自分としては、割りと手応えを感じています。

そして、割りと手応えを感じるようになったのは、まさに仕事がストップしてからです。

これが良いことなのかどうかは、わかんないんですが、

競馬だけを見れば、良いことかなと。

やはり、時間かけているだけ、それなりに結果はついてきて、

先週まで、ホームランこそないものの、適時打は叩けていたんですが、

この間のマーメイドSで、ついに、思いっきりホームランをスタンドに放り込めました。

狙い球はディアアレトゥーサと、ロイヤルネックレスの変化球だったんですが、

フミノイマージンっていうストレートも、その能力から中心視はしていて、

ギリギリで3連単を買えたってヤツでした。

3着に入ったアースシンボルは、どうやらケツ人気だったみたいで、

思っていたよりも、結構な配当になりましたわ。

んで、こんな大きい配当は久しぶりだなーってことで、

同じく震災の影響で仕事がなく、もちろん収入のない兄になんぼか寄付するって流れになりましたわ。

で、ちょっとズレた話を元に戻すと、

自分は1日のレースのうちで、極端にメインのレースに時間をかけるっぽくて、

それが、良い要因みたいです。

なんで、新馬戦とか、未勝利戦とか、500万下とかのレースは、気になる馬や、POG馬がいないと、参戦しないことが多いんです。

一言で言うと、なんか自信がなくて。

POG馬が出ると、めっちゃ自信タップリになるんですけどね。

結局、メインレース以外に時間をかけない分、その分がメインレースにかけられて、

それが、好結果をもたらすようになってるみたいです。


今のところ、このスタイルは変えない方が良さそうだなーって思っていて、

他にいっぱい手を出してしまったら、メイン含めて全部外れてしまいそうな気さえする。

全レース予想して、それで結果を出している人ってのはすごいな。

体に競馬が染み込んでいるんだろうし、その上、時間もかけているんだろなー。


余裕があるときでも、全レース賭けやってみようかな。

うーん、散々な結果が待っていそうだ。。。

ひとつのレースに時間をタップリかける。当たり前だけど、これが、なんだかんだ重要ですな。

少なくとも自分には。

今週は、宝塚記念かー。今後しばらくやってこないGⅠ、存分に楽しみまっせー!!



レパードSあたり、GⅠになんないかな? 位置的に微妙か?

アイビスサマーダッシュもGⅠでも面白いと思うけど、やっぱりGⅠがしっくり来るんだよなー。

あんまりGⅠ増えすぎても、GⅠの各が下がってしまうか。

今日は3会場で、GⅠあります! 明日の日曜日はGⅠが6つです!お楽しみに!

なんてか。

いやだなーそんなの。

日曜のメイン3本の予想。 
 
日曜メインの予想といきますか。

今週はわりと予習に時間をつくれたので、たくさん書くことはないけども、

最後の詰めをしておきますか。

まずはマーメイドS。

軸はものすごく迷っていたのだが、

ディアアレトゥーサと、ロイヤルネックレスでいこうと思う。

現段階ではどうしても、どちらも上にも下にも見れず、そういうことになってしまった。

どちらかというと、3ミリくらいディアアレトゥーサを上には見ている。

何が決め手になったかというと、まずひとつは世代の差。

アスカトップレディが前走勝ったパールSを見てみると、

まぁ極端だが、掲示板を4歳馬が独占して、それ以下が全部5歳馬という結果。

なかなか、こんなに極端な結果にはなることはないけど、

他のレースをみても、やはり牝馬でも強いのが、4歳世代である。

というのがジンワリ見えてくる。

よく言えば、パールSの結果は、その様をハッキリあらわしているとも言える。

やはり、4歳世代の方が、有利かというところで、ディアアレトゥーサ。

同じ4歳のアスカトップレディも、もちろん良く見えるが、

相手関係は、ディアアレトゥーサの方がより厳しいところで揉まれているなぁと思うし、

2000mという距離も、ディアアレトゥーサの方が、ベストっぽく映る。

オッズに関しても、前日単勝19倍は、甘く見られすぎだと思うし、ここは狙うしかないなという感じだ。

もう1頭のロイヤルネックレスに関しては、先日も書いたが、今回のレースの中心になるだろうフミノイマージンとの、同じ阪神2000m(但馬S)の結果を受けてってところだ。

軽斤量で、あの力が出せれば、上位扱いしても何の問題もないはずだと思っている。


馬券は、ディアアレトゥーサからロイヤルネックレスからの馬連、馬単、ワイド。

押さえに、フミノイマージン、イタリアンレッド、ブロードストリート、アスカトップレディ。

念のために、ちょっとなめられてるアースシンボルと、

やはり応援したいモーニングフェイスを3着につけておくことにする。



バーデンバーデンCは、やはりこんなに人気になってしまうのかぁ~!って感じだが、

サクラベル中心で。

相手にロビンフット。次点にレディルージュ。

ヒモに、アポロフェニックス、ケイアイアストン、リキサンファイター、エーブダッチマンまでに。


五稜郭Sも、大きく変わらず、

リリエンタールから、ホッカイカンティ。

あとは3着に、マンハッタンスカイ、マヤノライジン、メイショウクオリア、ブリッツェン、ストロングガルーダあたりにしておこう。

うーん、五稜郭Sが、なかなか悩んでしまった。

明日の函館メインは大きく張れそうにないな。


阪神5Rの新馬戦には、気になっていたマンハッタンカフェ産駒、セトブリッジが出走。

土曜の注目、エーシンブランシュは3着。

明日のあの仔はどう走りますかね~。

注目している馬たちがどんどんデビューしていく様を見ると、焦らずにはいられないっすわ。

良い馬選べるといいなあー。
ストークSなんかも、チョイかじってみる。 
 
今週は重賞が1つしかないので、他のレースを、どうしてもツッツキたくなってしまう。

土曜日の阪神メイン、ストークS。

なかなかメンバーが良いので、ここをちょっと考えてみる。

人気は、1600万下を3度連続で2着に入っている、ブレイブファイトになりそうだが、

軸にしたいパーセンテージは、低めだ。

たしかに、勢いもあるし、マイルあたりを中心に使って結果を出しているあたりは信頼は置けそうだし、

前走と斤量が変わっていないというのも、プラス要素だとは思うのだが、

連続2着になっている馬って、圧倒的な人気の馬がいなければ、たいてい1番人気押されてしまって、

その人気も、2倍~3倍とかで、思ったよりダントツになってしまうが、

その圧倒的な人気ほど走らないってのが、連続2着馬の印象だったりする。

個人的には。

特に、上のクラスに行けば行くほど、そう感じたりする。

さらに言うと、先日の記事の中にも同じことを書いたように、

ちょい年配の馬を買うよりは、若い馬を買いたいってのもある。

もちろん、ハナッから若い馬から!なんて決め付けることはなく、しっかり力関係を考えての上っていう前提ではあるけど、

4歳馬か3歳馬を、やはり積極的に狙っていきたい時期だと感じているのであります。


っていうことで、中心は4歳牝馬のエーシンリターンズかなって最初は決めてたんだけど、

ちょっと斤量が気になっている。

エーシンリターンズは、現4歳牝馬の中でもトップレベルだと思っているし、

ユートピアSの好パフォーマンスは印象強く残っていて、たぶん、この仔は重賞レベルの牝馬だろうなーって思っているんだけども、

競争成績を見ていると、斤量が、54kgの時の成績に比べ、55kgの時は、ちょっと成績が振るわないのだ。

凡走の理由が斤量だけではないとも思うけど、今回の56.5kgは、文字通り荷が重いような気もしなくもない。

正直、ここを勝ってもらいたい気持ちは強いけど、今回の印は対抗までにしておきたい。

で、本命はなにが良いかなーってところだけど、

エアラフォンが良いんじゃないかと思っている。

トップハンデの58kgは、いかにも買いにくそうで、

実際、エーシンリターンズを斤量面でその評価を下げているにも関わらず、

エアラフォンが良いんじゃないかと思っている。

斤量に泣く馬、斤量をあまり問題にしない馬、どっちもいると思うんだけど、

エアラフォンは成績見る限り、斤量が58kgになっても、

なんか、行けそうな気がする~!

のだ。

割とスンナリこなしてくれるんじゃないかと期待している。

もう1頭、3歳馬のマーべラスカイザーも、久々に馬券に絡むチャンスが来たと思っている。

能力はまだ未知の部分が多いが、京都2歳Sを素質馬相手に勝ちきっていることを考えると、

まだまだ見限れない気がしている。

斤量も最軽量の52kgとなれば、何かやらかしてしまう可能性は考えておいた方がいいと思う。


ってことで、一応の軸はエアラフォン。

相手に、エーシンリターンズ。そしてマーベラスカイザー。

押さえに、ブレイブファイト、リーチコンセンサス、マイネルプルート、ピエナポパイ。

このあたりまでにしておこう。


新馬戦も始まるなー!

個人的には、土曜阪神でデビューの、セントルイスガールの仔、エーシンブランシュが気になっている。

POG版に挙げようかちょっと迷っていた1頭だったんだけど、どう走りますかねーこの仔。

距離が短いかもしれないってことで、見送ったんですけどね。

エーシンミズーリの下で、

セントルイスガールは、肌馬として能力高いんじゃないかと思って期待してたんだけど、

もうデビューとはなー。

何日か前に、POG10の方でも選ぼうと思っていたら、すでに締め切りでした。

ヤラレタ。

日曜メイン他2つを、ちょっと触ってみる。 
 
2日間にわたって、マーメイドSの予習をしてきたので、

それ以外の日曜メイン2つ、ちょいと触ってみようと思う。

まずは中山メインの、バーデンバーデンバーデンカップ。

ん、一個多いな。

これって、2回繰り返す意味ってやっぱりあるんだろうかね?

バーデンだけじゃ意味を成さないのかな?

とりあえず調べないでおくか。

バーデンバーデンCは中山1200mなので、細かいところは枠が決まってからにしておきたいけど、

たとえ内枠じゃなくても、どうしても買って置きたい馬がいるでやんす。

3歳牝馬、サクラベル。

メンバー最軽量の50kgで走れるところも、もちろん魅力的だが、

1200mという距離が良い。

デビュー後2戦の1200m戦で2連対。

そして前走の2着。

それ以外は激しく凡走しているけども、これは距離の適正と見て良いと思う。

前走の影響で、人気になってしまいそうかなー?

1200m中心で結果を出しているだけに、フロック視はされにくいだろうなぁ。

でも、3番人気以下には留まりそうな気はするので、積極的に狙っていきたい。

もう1頭の3歳ロビンフットも、ここは狙っていけそうな気がする。

デビューしてしばらくはスプリント戦を使って、良績を残していったロビンフット。

クラシック戦線にいよいよ突入すると、凡走が続いてどんどん影が薄くなってしまったが、

それは、対戦相手の強化と、距離延長があったからだと思う。

マイルももうちょい走れるんではないかなーとも思うが、

今のところは、スプリント戦が狙い目っぽい。

前走のNHKマイルカップまで、6度、重賞レースに出走しているが、

最高着順は、ファルコンSの4着。

1200mのファルコンSは、まぁ薄いと言えば薄い感じの重賞にはなってしまうが、

トップからコンマ2秒差の4着で、

レースの流れも、前の方に行った好位グループで決着したことを考えれば、

良く追い込んだ、強い4着という見方ができそうで、

今回52kgの斤量で、このあたりのメンバーなら、あっさり勝ってしまうかもしれない。

問題は中山1200mということで、

近走では見られない、先行策が取れるかどうかってところが肝になりそうだ。


って感じで、2頭とも3歳をピックアップしてしまったんだけれど、

クラシック走ってきた3歳馬って、ちょっと強く見えてしまうのは当たり前かもしれない、という部分はある言え、

最近の流れとしては、新しい世代が、実際に強くなってきていると思える。

世界を制したヴィクトワールピサを中心とする現4歳世代は、また別格だけど、

これから、2、3年の間は、年配の馬よりも、若い馬たちが中心になる予感がしている。

安田記念を予想した時も、ちょっと考えたことでもあった。

現役で走っている馬たちが、全部ディープ世代あたりの産駒になってしまったら、また考え直さなくてはいけないが、

完全に入れ替わるまでの、あと何年かは、若い世代をプッシュ気味にしていきたいと思ってるのであります。


と、ちょい足を踏み外してしまったがけど、

お次は、函館メイン、五稜郭S。
重賞を含む2連勝で勢いづくブリッツェンが人気になりそうな気配があるが、

今のところは、リリエンタールを中心に据えたい。

これがいかにも買えそうだ!っていう明確な理由もないのだけれど、

これは買えないっていう部分が少ない。

距離も問題ないし、洋芝も経験積みだし、55kgは、ちょっぴり有利だし。

人気になるのは間違いないと思うが、外せないとは思う。

他ではマンハッタンスカイとか、マヤノライジンなど、夏開催が得意組を狙っていきたいが、

ホッカイカンティが良いんじゃないかと思っている。

函館グランドオープンで、マンハッタンスカイに負けてはいるものの、

順調度としてはホッカイカンティの方が上に感じるし、1800mという距離も、当馬の方が適正を感じる。

10歳のマヤノライジンも、まだまだ可能性感じるんだけどねぇー。

10歳の馬が勝つシーンも見てみたいけどなー。


とりあえず、今日はこんなところで。

さよーならっ、さよーならっ、さよーならっ。
マーメイドSの予習② 
 
前回の記事はちょっと脱線して、グダグダと述べながら、直感で注目馬を挙げていったが、

今回は、過去データを少し覗いていこうと思う。

マーメイドSはやはりハンデ戦ってことで、

軽斤量で身軽になった不人気馬の突っ込みがチラホラ見られますな。

3年前は48kgっていう騎手泣かせのスーパー軽斤量で、トーホウシャインが勝っていて、

5年前は、上位3頭が49kg、51kg、51kgという軽量決着。

この時、2着に入ったサンレイジャスパーは、2年後のトーホウシャインが勝った時に、

1番人気のベッラレイアと同じトップハンデの56kgを背負わされて、シンガリ負けを喰らってますわ。

この時のベッラレイアは5着。

重い方の斤量背負わされて、それで勝ちきるってのは、相当力がいるみたいだ。

アドマイヤグルーヴは57kg背負って、単勝1.5倍の人気に応えて勝った。

極端な考え方では、そのくらいの強さがないと、勝つのは楽ではないと思った方が良さそうだ。

もちろん、そうでないケースもあるけど。

今年のメンバーで、軽斤量ゾーンを見ていくと、

コンカラン     50kg
マイネプリンセス  51kg
モーニングフェイス 51kg
アースシンボル   52kg
ポルカマズルカ   52kg
ロイヤルネックレス 52kg

ここまでかな。

最軽量のコンカランは面白いかもしれないなー。

前走のシドニートロフィーでは、雨で重馬場、わりと前の方で決まった流れの中で、

中団から追走して、勝ったアスカトップレディからコンマ4秒差の5着。

なかなかのメンバーだったように思える牡馬混じりの春日特別でも差のない3着と、

素質の良さを感じる。

そこそこ人気になるかもしれないが、抑えておきたい1頭だなー。

あとはロイヤルネックレス。

成績を見ると、最近は凡走が目立つものの、全体で見れば、メンバー上位陣に引けをとらないものを感じる。

御堂筋Sの3着も評価できるが、

それよりも但馬S5着の内容が、好材料に映る。

マーメイドSと同じ阪神2000mで、

今回人気側になりそうなフミノいマージンに先着している。

結果はクビ差なので、先着もなにもない感じもするが、

まず同レベルで走れることは、1度は証明された。

それでいて、但馬Sの時と、斤量が逆転する。

フミノイマージン  53kg → 55kg

ロイヤルネックレス 54kg → 52kg

同じ土俵で、一度ロイヤルネックレスが勝っているのに、だ。

これは、たぶん買っておいた方が良い。

というか、むしろ中心視しても良いかもしれない。

すごくシンプルな理由だけど、ここの部分を変に疑う理由もない。

まして、軽斤量が突っ込みやすいレースならなおさら。

ということで、

ロイヤルネックレスと、コンカラン、注意しておこうっと。

モーニングフェイスは、前々回シーズンのPOGで指名してたから、

おそらく馬券でも、ちょびっと応援してしまいそうだな。

モーニングフェイスって、エア馬主の目線から見ても、どの部分にプラス要素を見出せばいいのか、

未だにわからない。

2000mって距離か?

ミモザ賞で、ディアアレトゥーサに先着したって部分だけはプラスに考えたくなってしまうなー。

欲目かな。

早めにマーメイドSを考えておく。 サブタイトル~直感を大事に~ 
 
GⅠでもないので、こんなに早くから食いつくのもどうかって感じもするけど、

なんとなく、今週の唯一の重賞、マーメイドSを予習していこうと思う。

自分の予想のスタンスとしては、過去データ、馬場、メンバー構成の脚質のバランスからなる流れ、距離・コース適正、斤量、騎手の相性などなど、できるだけ多くの要素をバランス良く取り入れて、臨むようにしているのだけれど、

一番大事にしている要素は「直感」だったりする。

とは言え、「単なる当てずっぽうな感」というわけではなく、

出馬表を、短くも長くもない時間、さらっと眺めた時の直感という感じ。

数値にも、言葉にも表せない部分ではあるのだけれど、

ここは、何だかんだ一番重要にしているというか、重要になっているところだったりする。

もちろんその目のつけた馬を、過去データや、脚質などを合わせて考慮した時に、どうやら厳しそうだなと判断した時は、対抗、単穴に格下げしたり、場合によっては馬券から外したりもする。

なんていうか、競馬予想において過去データは、明らかに外すことのできない、大事な要素であって、

自分も、過去データを見ないで予想なんてことはできないけど、

いきなり過去データからっていう入り方をすると、様々な可能性をはじめから遮断してしまう気がして、

なんか、それよりも大きなものを見落としてしまうんじゃないかって思ってしまう。

その流れで、早めの段階で1度切った馬を、後から再度掬い上げて、もういっちょ考えるのって、

なかなか難しい。

なので、全ての馬に可能性を見るために、

まずは、まっさーらーな状態で、考えるようにしている。

それは、ある意味当たり前のことかもしれないけど、それが、自分にとって「直感」という感じか。

自分にとって、過去はデータとして残っていて、それぞれ傾向もあるけれど、

目の前で、いま行われるレースは、どれも「新しいレース」という構え方でいる。


って、マーメイドSの話なのに、全く違う方向に斜行してしまった。

なんとなく、自分の競馬のスタンスが自分でわかっているようで、ハッキリしていなかったので、

ちょっと文章にして書いてみました。

さて、本題のマーメイドS、

さっそくパッと出馬表見てみたんだけど、

気になるのは、2000mでは上位で走ってきている、ディアアレトゥーサと、ブロードストリート。

この辺が気になってはいるが、マーメイドSって、近年だけかわからないけど、前に行ったほうが馬券になりやすいイメージがあって、

それを考えるとディアアレトゥーサが上に見てしまうかなーって感じだ。

仮に、前で決まらない流れでなくても、融通が利きそうな感じも良い。

他では、前走の金鯱賞で、牡馬の中にあって6着に奮闘したフミノイマージンも魅力的に映る。

中山牝馬S、福島牝馬Sの結果も加味すれば、オッズ的には魅力的にはなれないんダローけど。

強さに対する斤量っていうバランスでは、イタリアンレッドも良いし、

夏は勢いっていう見方なら、アスカトップレディも無視できないな。

うーん、今年も混戦っぽくて難しいなー!

でも混戦は好きっす。


あとづけで、サブタイトルつけちゃったぜ。

うん、ダセーなーコレ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。