スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キーンランドカップと新潟記念の予想。 
 
どうも、ちゃびです。

今年の夏競馬は一味違うぞ!って意気込んで、序盤こそ中々のスタートを切ったものの、

その後は、まぁ~順調に下降して、ここ最近だけを見ると過去最低とも言える打率で、

マーメイドSの浮きをキレイにJRAに預けてしまっている私でございます。

うーん、まさかここまで落ちるとはなぁ~。

やっぱり夏競馬はまだ、私には大きな壁っぽいです。


調子よく勝ってる時って、馬券を選んでいる時間がすごく楽しいけど、

調子悪い時って、馬券を買うってのが怖くなりますなー。

明日の馬券を買うのも、やっぱり怖いものがある。

まぁ、結構落ちるとこまで落ちたんで、

逆の見方をすれば、馬券が外れることに対する恐怖はないとも言えるか。

まぁ、わんわん言ってますけども、夏競馬ももう終盤で、

なんとか少しだけでも、ちょぴっとでもいいからカッコつけたいところです。

そろそろ当たってほしいな。


早速予想といきますか。

札幌のキーンランドカップ。

重賞2勝を含む、3連勝中のカレンチャンは人気も高いが、軸としては間違いはない気がしている。

枠も悪くないし、好スタートからスッと前にさえ付けられれば、もう馬券内っていう気はする。

少ないデータではあるけど、過去5年の傾向を見ても、前につけるのが馬券にになりやすい。

脚質的にも、カレンチャンは問題なさそうに思える。

ただ、2番人気になりそうなジョーカプチーノも前に行ける。

さらに言えば、シルクロードSこそ出遅れが響いて、後ろからになってしまって、それで勝ってしまったりしたけど、

本来の行き脚を見せれば、カレンチャンより前に行きそうだし、逃げの格好になる可能性もある。

より前につけた方が良いっていうデータの面からみると、カレンチャンよりちょい有利に見ることもできる。

さらに言えば、あまりこういう数字だけのデータに重きを置きたくはないのだが、

キーンランドカップでは、5年連続で馬券になっているのが1番人気より2番人気だったりする。

こんな辺りから、ジョーカプチーノを上に取る事にしてみることにする。

とは言えカレンチャンは1番人気でも馬券になる堅軸だとは思うので、

本命はジョーカプチーノ、相手にガッチリとカレンチャンという置き方で行こうと思う。

3着候補はカレンチャンに負けず劣らずの走りを見せているアンシェルブルーが良さそうだが、

1200mのレースは、ちょっとのことで勝負が決まってしまう可能性が高いので、

ガルボ、グランプリエンゼル、ケイアイアストン、ビービーガルダン、レジェトウショウ、パドトロワ。

この辺りを3着づけで薄くひっかけておきたい。

アンシェルブルーだけちょっと強めに。


新潟重賞、新潟記念。

ここはエオリアンハープで行くことにする。

勝ちきれないながも、強いレースをしてきたタッチミーノットにも惹かれてしまう部分があるが、

エオリアンハープの前走の内容にさらに惹かれてしまったので、ここでの活躍にも期待したい。

前走の天の川Sでは、モンテエンを筆頭に、新潟巧者のアサティスボーイ、

ディアアレトゥーサ、ショウナンアクロスと言った実力馬を相手に3馬身離して勝ってしまった。

特にモンテエンは、あそこで勝って新潟記念に来たならば、相当いい勝負するっていうイメージすらあったので、

そのモンテエンを離して勝ってしまったエオリアンハープを、本命に指名しないっていう選択はできなくなってしまった。

近走の結果がいまひとつっていうメンバーの中で、好勝負するんじゃないかと思っている。

エオリアンハープの相手には2頭。

着順よりも強い内容で競馬してきたタッチミーノット、

そして何だかんだ新潟巧者でも1枚上手のセイクリッドバレー。

3着候補には、もういっちょ2000mで力試しのシャイニーブラウン。

復調気配のあるヤマニンキングリー。

新潟は得意で、1発が怖いオペラブラーボ。

最軽量のプティプランセス。

当レースで2度馬券になっているサンライズベガ。

このあたりで買ってみたい。

メインはエオリアンハープから、タッチミーノットのセイクリッドバレーかな。

プティプランセスはこの能力で50kgってのは、感覚的に甘い気がしているので、

この馬2着も考えておきたい。

夏は牝馬って格言が、この辺でまた効きそうな気もする。

さぁー恐がらずに馬券買うぞー。

そして、いい秋を迎えるぞー!
スポンサーサイト
札幌記念とレパードSと。 
 
日曜重賞の予想といきますか。

まずは札幌記念。

出走馬みてると、色んなストーリーを期待してしまう。

8歳馬のアクシオンが、サンデーサイレンス直仔の意地を見せるストーリー。

同じく8歳のキングトップガンが、ここにきて重賞3連勝してしまうストーリー。

マイネルスターリーが勝って、丹内騎手が、ついに地元で重賞初制覇を達成するストーリー。

ブエナビスタのライバルだったレッドディザイアが華麗に復活を遂げるストーリー。


うん、どれを見ても良い!って感じだ。

どれを見ても良いのだけれど、

しかしながら、馬券を買うには少し絞らんといかん気はする。

ここは、前回の記事でネタにした、マイネルスターリーで行ってみようと思う。

前走8着の函館記念から比較すると、

今回、トップハンデから定量戦、大外枠から真ん中あたりの枠。 

そして前走スタート決められなかったってことを考えると、

ここでの上昇は、まずあるだろうって方向で考える。

札幌記念はGⅡだし、メンツのネームバリューも格がちょっと上がる気はするけど、

今回のメンバーの中では、洋芝巧者ってファクターを考えれば能力は見劣りしないと思う。

ということで、マイネルスターリーを軸に。

そしてアクシオン。

斤量を考慮すれば、函館記念を勝ったキングトップガンよりも有利に思える。

札幌記念の3着があるっていう実績も、キングトップガンよりも上に評価できた理由でもある。

ってなわけで、

丹内騎手の重賞制覇か、サンデーサイレンスっ仔の意地に、今回は期待してみる。

マイネルスターリーとアクシオンの馬連、ワイドがメインになりそうかな。

3連系の2、3着には、成長著しいヤングアットハート、キングトップガン、クイーンSの2着が、結構強く目に映ったコスモネモシン。

このあたりを持ってきたい。

レッドディザイアに関しては、状態が不安ではあるものの、馬券に加えたい気持ちもある。

これは最後まで悩んでしまいそう。

同じく状態不安のカリバーン。

前に行けるってだけで、消すに消せない存在になりそうだ。

このあたりは3着づけかな。


レパードSはカラフルデイズから。

川崎での関東オークスのレベルがどのくらいのもんかって、ちょっと信頼がおき難い部分はあるのだけれど、

昇竜Sの5着がの理由が、もし距離だとしたら、1800mのここは適距離により近いのかなっていう、

漠然とした理由で選んでみる。

相手にはタカオノボルと、タガノロックオン、

そして新潟1800mを2連勝中のコスタパルメーラにも注意しておきたい。

3着づけに、ダートムーアとオメガスカイツリーで遊んでみることにする。



夏競馬は混戦で、面白いねー。

難しいけど。

札幌記念は馬券当たらなくても、見たかったストーリーになってくれれば良しって言う気持ちで観戦しよう。

札幌記念の予習 
 
明日は馬券が買えるか、レースが見れるか、ちょっとわからないので、

日曜の重賞の札幌記念を予習しておきますか。

夏競馬を代表するビッグレース、札幌記念。

重賞が少ない夏競馬だからか、毎年、GⅠ級の輝きを見せますな。

今年に関しては、メンツがそれほど豪華ではないけれど、

それでも楽しみな夏の王様レースだ。

アーネストリーが回避した今年は、トーセンジョーダンが格の差で人気になりそうなのかな?

そんな人気になりそうなトーセンジョーダンは、今回、枠に泣いてしまう感がある。

ざらっと過去のデータを見てみると、札幌記念は大外枠が勝つようなことは久しくないみたいだし、

かなりの確率で、馬券にもなっていない。

さすがのトーセンジョーダンでも、簡単ではないのかもな~って思ってしまう。

たとえ枠の問題がなくても、楽勝ではないだろうって思ってもいたので、

トーセンジョーダン以外の馬の進出を注意しておきたい。

候補として、

函館記念3着のアクシオン。

やっぱり力あるなーと思わせた3着で、位置取りが後ろ過ぎたこと、

今年よりメンツが豪華だった、昨年の札幌記念を3着に走ったことを合わせて評価すると、

今年は馬券に絡んでおかしいはずがない!

って感じだ。

サンデーサイレンスの8歳馬。

ここで、しっかり格好つけて欲しいな~って思いもある。

4歳馬のヤングアットハート。

ここに来て、本格化って雰囲気が出てきた。

目黒記念の3着も見事だったけど、

次走の常総Sで、単勝人気1.6倍に推されての完勝ってのはレベルが高いって思った。

メンバーも中々だったし。

あの状況で、人気をガッツリ背負って勝つ馬って、ショボイ器の馬には中々できない芸当な気がする。

今回、明らかに中心視できる馬がいない中では、軸の候補として見てもいいかもしれない。


北海道マスターのマイネルスターリー。

前走の函館記念は8着という結果。

しかし、トップハンデ背負った戦いから、今回定量戦っていうのは気が楽だし、

大外枠も、何だかんだでキツかったと思うし、

それに加えて、発馬後の躓きが大きかったっていう陣営の声もあるし、

色んな部分で巻き返しが見込めそうなのはマイネルスターリーかなって思っている。

丹内騎手も、重賞初勝利ができそうで、できなかったりで、

意外と、こんなところがプレッシャーも少なく勝ててしまうのかなーなんて期待もしている。

おそらく挙げたこの3頭から軸を搾り出すとは思うのだけれど、

今のところはマイネルスターリーかな。


重賞連勝のキングトップガンは、斤量面で強気になれなくて、

カリバーン、レッドディザイアあたりも強力だと思うけど、

間隔開いてて、どのくらい走るのかなーって不安になったりもする。

とか言ってても、

所詮は素人目なんで、斤量関係なかったり、いきなり走ってしまう可能性もあるから、

切るに切れないところがあったりするんだよなあー。

うーん、うまく絞れるといいなー。


なんだかんだ、

レッドディザイアの復活劇は、見たいストーリーのひとつだったりする。

クイーンSのと、北九州記念の予想。 
 
今週の重賞の予想といきますか。

まずクイーンS。

平日にもちょいっとネタにしたけど、クイーンSは過去10年の傾向で見れば、はハナを切って行くような逃げ馬は5割の確率で優勝してしまうか、凡走。

逃げない先行馬は、馬券圏内に残りやすい。

ってことで、前を行く馬から見た方が良さそうな気はする。

で、前行きそうな匂いがするのは、レディアルバローザ、アスカトップレディ、ブライティアパルス、アプリコットフィズ。

ひょっとしたら、ダイワジャンヌ、アヴェンチュラ、カウアイレーン。

こんなところかな。

ブライティアパルスは最近は逃げていないとは言え、このメンバーの中では唯一とも言える逃げ馬なので、

まずはこの馬に注意しなきゃいけない気はするのだが、

慣性で、ここでも後ろから行ってしまう可能性があるし、

例え先頭でレースを進めた場合でも、前に行きそうな馬に強力な馬が揃っているので、

もし、ブライティアパルスが逃げるような展開になったとしても、今年はヒットが出ない方の可能性を見てみることにする。

そうなると、どの馬が行くのかなってなってしまうが、

好スタートさえ切ればアプリコットフィズかなって思う。

昨年のクイーンSを勝っているし、秋華賞の差の少ない3着を考えれば能力上位だとは思う。

ただ、近走パフォーマンスからどのくらい巻き返せるのかって言う不安もなくはない。

これも軸としてはちょっと冒険な気はしている。

展開が一番有利に働きそうな気がするのは、レディアルバローザ。

内枠生かして先行ってだけで、十分なアドバンテージになると思う。

2番手、3番手の好位で回れたら、あとは能力でどうにかなるってくらいの強さはある。

ただちょっぴり怖いのが、先行有利ってことで、序盤で何頭かに外からかわされて、被さられたりしてしまう可能性があるんじゃなかってところ。

これが少し、怖いと言えば怖い。

思い切って逃げてしまえば大丈夫なのかもしれないけど、アスカトップレディの前走のような展開になってしまったら、力を出すことなく敗れてしまう展開も、考えられなくもない。

ひとつ心配してしまうと、洋芝は走るんだろうかなどと、だんだん不安になってしまう。

考えすぎかな?

でも、やっぱり不安は不安なので、

今回は軸は別の馬にお願いしようと思う。

カウアイレーン。

この馬を軸に持って来てみる。

近頃は凡走が続いているが、昨年のこのレース3着。

メンバー最速で追い込んできて、前を交わし切れそうなところでの3着。

終いの脚は中々のものがありながらも、

カウアイレーンは前に行っても良い勝負をしたりする。

鞍上の横山典Jは、今回のような、逃げ馬不在のメンバー構成で、

この手の馬をうまく先行して、馬券内に持ってくるのがうまい騎手だと思っているので、

ここは、期待してみようと思う。

ここを目標に調整してきたあたりも好感がもてるしね。

ただ穴馬1頭だけで攻めるのも度胸がいるので、

アスカトップレディからも買っておきたい。

やはり前走は、包まれる不利があったような気がして、ただの凡走じゃないと思いたい。

今回の枠ならそこそこな位置で競馬できると思うし、逃げたって良い。

どちらにしても不利は受けにくい展開になる気はしている。

イメージ的には、直線で抜け出して粘るアスカトップレディを、

ちょい後ろで追走してたカウアイレーンが、最後の1ハロンで交わす感じかな。

その後ろにはアヴェンチュラやショウリュウムーンが追い込んできたりしてて、

アプリコットフィズも実はまだ残っていて、みたいな。

最近ちょっと調子が良くないから、イメージ通りにならない気の方が多いけど。

アヴェンチュラの強さは怖いなー。

ノリのスーパー騎乗にお願いするしかない。


小倉メインは、北九州記念。

これも平日ネタにしたけど、

前いくメンバーが多いもんだから、ハイペースになることをイメージして、差し、追い込み馬から攻めてみようと思う。

1200mの実績がというか、成績が少ないスズカコーズウェイ。

これから行ってみようよ思う。

高松宮記念の、何気に評価して良さそうな気がする6着。

掲示板組が、スプリントGⅠやGⅡを勝っている面々で、それに続く6着なら、

展開さえ向けば、まるで勝負にならないことはないだろう!

っていう期待です。

そのレースからは大分開いてはいるけど、

今は、良い状態に仕上がっているみたいだし、ダビスタ的にはBC登録をするタイミングだと見たい。

相手はサンダルフォンにしておきたい。

後ろからの脚が勝負の決め手になるとイメージしているのなら、

当レースで結果を出しているこの馬を無視するわけにはいかないですな。

3番手には、テイエムオオタカ。

うって変わって逃げ馬ではあるけど、

芯の強い逃げ馬っていうか、ささいなことで凡走する逃げ馬ではないあたりと、

斤量54kgってのが、軽い方ではないけど、能力考えたら有利だと思えてしまう。

もういっちょ、ヘッドライナー。

同型のテイエムオオタカが強力な存在になってしまうけど、

小倉は合わないことはないと思っている。

あとは、スカイノダン、トウカイミステリーあたりかな。


ゴーゴー!

調子が良くない時は気合だー!


気合だ!気合だ!気合だ!気合だッ!

オイッ!オイッ!オイッ!オイッ!

わっはっは。わっはっは。わっはっは。わっはっは。
土曜メインの予想を軽く。 
 
重賞のない土曜日の、メイン競争をちらっと予想しとこう。

札幌メイン、札幌日刊スポーツ杯。

コレ!っていう、1頭だけ抜けて強そうな馬もいないもんだから、

人気は割れてしまうのかな?

今年のメンツの中では、UHB杯で2着に入ったローズカットダイヤ。

これがとりあえずは中心になる気はしている。

昨年のこのレースでも2着に入っているし、洋芝適正という面では心強い。

ただ、UHB杯で、ハナ差、クビ差での決着っていう勝負での2着とか、

もしくは、3着以下をもうちょい突き放すような内容であったなら、ここでは強めに軸として買いにいけたのだが、

オープン2着とは言え、内容的には、なんかちょっと薄い気もしている。

ここは、札幌開幕週ということで、逃げれた場合は好勝負しまっせ!の、エイシャントアーツから攻めてみることにする。

前走1000万条件をようやく抜けたばかりだが、時計的には勝負になるとは思う。

他では前に行く組として、1200mは初だが、なんとかなりそうな気がするホーカーハリケーン。

この2頭を中心に買うことにする。

相手には、これも前で競馬のダノンブライアンと、

時計かかる馬場は勝負できそうな気がする、キヲウエタオトコ。

これにローズカットダイヤあたりを絡めて、うまいソースが出来上がるつもりでいる。


小倉メインは、メイショウナルトから。

能力は高いはずだし、小倉は頼りになりそう。

相手には、セイクリッドセブン。

これもまだ底を見せてなさそうで、逆転の目まで考えたい。

3番手には、エクスペディション、近走の安定感や、前走の着差を考えると3番手の評価は過小評価かもしれないけど、ここは、期待馬が他にもいるということで、この評価で。

あとはカネトシディオスあたりか。


新潟メインは、リッカアりュールから。

前走は芝1200mだが、重賞級のエーシンホワイティがいなければカッチリ逃げ切っているという展開で、

ダートに関しても、2走前の大敗はちょっと解せないが、逃げれば強い内容で勝っていて、

もう少し上は目指せる能力があるなーとは思っている。

相手にトーホウチェイサー。前走アースサウンドに勝るとも劣らない2着。これは堅軸な気はする。

3番手には、堅実なデイトユアドリーム。

斤量と能力のバランスを考えたら、一番有利な気がしている、グローリールピナス。

そしてナムラカクレイ。

このあたりまでにしておこう。


良い、お盆スタートを切るぜ!!


たった今、UMAJINのPOGチーム戦、ビキニブロンドを指名完了!!

ぶっちぎってくれい!!!

クイーンSと、北九州記念の予習 
 
今週の重賞、クイーンSと、北九州記念の予習をしておきますか。

クイーンSは好メンバーで、なかなか難しいなーって思う。

中山牝馬Sを勝って、ヴィクトリアマイルで、アパパネ、ブエナビスタと差のない3着に入ったレディアルバローザ、


前走函館で、牡馬、古馬が混じる中で、2馬身ちょい離して完勝したアヴェンチュラ。

アパパネに勝るとも劣らない走りを見せていて、前走の七夕賞3着で、復活の狼煙が上がったアニメイトバイオ。

ここらを筆頭に、

去年のこのレースを勝っているアプリコットフィズ。

オークス馬サンテミリオン。

前走2着で、調子を上げてきたブロードストリート。

前走の負けはあるものの、それまでの勢いは侮れないアスカトップレディなど、

そう単純には行かなそうな、なかなか面白いメンツが揃った。

それ以外でも、昨年3着のカウアイレーンや、マーメイドS3着のアースシンボルあたりも、ここでまた3着ってパターンも十分あるなーとか思ってもいるし、

もう、どう馬券を買ってやろうかって、結構な悩みモードに入っている。

おそらく、レディアルバローザ、アヴェンチュラの2頭がほんのちょっと抜けた人気になりそうな気はするし、

この2頭で決まってしまう可能性は高いと思う。

3着馬をいじるレースなのかなーと思いつつも、

アタマにも何か突っ込んで来ないもんかなと、考えてしまう。

そうなると、小回り平坦札幌コースの開幕週ってことで、

普通の感覚よりもさらに、前が止まらない可能性を考えるのが、

穴馬を探し出す上で、より良ベターな方向だと思う。

実際、過去10年の札幌記念を見てみると、先行馬の馬券率が高く、

特に、ハナ切って逃げていった馬の1着率が高いところはちょっと際立って見える。

過去10年間で、5回、逃げ馬が勝っている。

打率というか、ホームラン率5割は、驚異的な数字だ。

昨年のアプリコットフィズも、道中外目の2番手で回って、直線に入る前には先頭に立っていた。

このくらいの先行有利の傾向を考えると、逃げる馬、もしくは逃げの形になる可能性のある馬をある程度探っておいた方が良さそうな気がする。

とは言ったものの、明らかに逃げまっせ!!って感じのメンバーがいない。

そうなると、やっぱり昨年の立ち回りなどを考えてアプリコットフィズかな?

もしくは、逃げるまでにはいかないけど、前に行くことが多い、アスカトップレディ。

最近はまったく逃げれてはいないけど、ここで思い切って逃げるなら、唯一っぽい逃げ馬のブライティアパルス。

このあたりになるのかな?

アヴェンチュラや、レディアルバローザあたりの人気馬も、前に行けないことはないけど、

ハナに立つ可能性を考えた時は、やっぱりこの3頭までかな。

走ってみないとわからないけど。

ちょっと賭けっぽい買い方になってしまうけど、逃げ馬に関しては2、3着なしの1着固定で、追い込み馬をくっつけるなんて買い方もありかもしれないな。

なんせ、過去10年の2、3着率が0パーセントだしねー。

うーん、そうだとしても、アタマはどこから買うのが正解なのかなぁ。

アプリコットフィズも、巻き返しがあるのか、ちょっと不安だし、

うん、しっかり考えておこう。


小倉重賞の北九州記念は、ちょっと波乱に期待してる部分がある。

ヘッドライナー、テイエムオオタカ、エーシンヴァーゴウあたりが、有力だと思うので、その辺りを中心に攻めることになるとは思うのだけども、

ちょっと買ってみようかなって思う馬がいる。

スズカコーズウェイ。

2年以上も勝ち星がない7歳馬。

勝ち星どころか、馬券内にも入れていない。

おそらく当日の人気も、下の人気から数えて行った方が早そうなこの馬から思考を開始するのは、

ちょっと勇気がいるなーとは思っているんだけども、

スズカコーズウェイは、去年のスプリントGⅠ高松宮記念で、1着馬のキンシャサノキセキからコンマ2秒差の6着に入った。

正直、この要素だけで、今回買ってみようと思っている。

スプリント戦が得意なのかもわからないし、ちょっと歳だし、近走の成績も芳しくないし、

不安なところだらけなのだけれども、

ものすごくシンプルに考えたときに、GⅠで、コンマ2秒の6着は、G3レベルでの1着と同格扱いして良いと、言えなくはない。

もちろん展開の助けという部分も無視はできないけども。

ただ、今回の北九州記念のメンバーは、前に行きたいのが多くって、

ちょっと、差し・追い込み有利になってくるんではないかと睨んでいる。

そうなると、この馬にチャンスが転がってくるんじゃないかなーって思わなくもない。

同様に考えると、、サンダルフォンあたりも1発の可能性も否定はできなくなるな。

まぁ、この2頭で決まるっつったら、相当な大波乱になってしまうけど。

なくはないなーと、今のところ思ったりしているのであります。


んー、どっちも波乱ぽくなってしまいそうだけど、大丈夫かな?

もうちょい考えておきますか。


スカイノダンあたりもちょっと面白そうだな。

関屋記念と函館2歳Sの予想 
 
関屋記念と、函館2歳Sの予想をやっておきますか。

まず関屋記念。

小学生のガキの頃にダビスタやってて、そのころ関屋記念の「関」の文字が、なぜか「肉」に見えて、

しばらく「肉屋記念だ!」つって勘違いして覚えていたのを思い出す。


冷静に考えると、肉屋記念なんて地元の商店街の、親子で参加する名物レースみたいな感じだな。

とにかく、関屋記念の予想をしていきますか。

ここは、目下3連勝中のエアラフォン、新潟後者セイクリッドバレーの2強って感じがしていて、前日とは言え、その2強感がオッズにも表れている。

正直、この2強に逆らう方向で進むのは、危険な行為な気はしている。

なもんで、どっちかを頭で固定して、点数少なめの3連単なんかでビシッとしとめたいころではある。

ここはエアラフォンを取ってみることにする。

エアラフォンはデビューしてから、わりとずっと追っかけていて、

好きな馬な1頭だから応援したいという気持ちもあるんだけれども、

今回の関屋記念というレースは1600m。

この距離が、セイクリッドバレーよりもエアラフォンに向いていると思ったりしているのでR。

もちろん、セイクリッドバレーは昨年の関屋記念で2着というのがあって、距離的には問題ないとも取れるけども、

それでも、ベストは新潟大賞典を買った時の2000mという距離なんだろうなーって思う。

対するエアラフォンはデビューからひたすら1400~1600mの距離でやってきているので、

新潟、そして重賞って括りで考えれば、セイクリッドバレーの方が堅軸っぽくも映るけど、

夏は勢いってことで、エアラフォンに期待してみようと思う。

なんだろ、複勝買うならセイクリッドバレーだけど、単勝はエアラフォンみたいな。

3着候補としては、

前走は不完全燃焼っぽかったガンダーラ。

新潟得意娘で、斤量差も大きく、距離もベストな気はするサトノフローラ。

広いコースは向いていて、まだ底を見せてない気がするスズジュピター。

クラシックでちょいブイブイ言わせてた実力馬、レインボーペガサス。

未知数な部分は多いが、左回りは得意な感があるスペシャルハート。

マイルなら3着はあり得るかもしれないマイネルクラリティ。

この6頭に絞ってみる。


当レース2着3着のあるリザーブカードや、

新潟マイルは2戦2勝のアブソリュートも候補としてチラついたけど、

ここはグッと我慢することにする。

3着候補6頭の中でも、ガンダーラ、スズジュピターは面白そうなので、

他よりも、2倍くらい応援しておきたい。

念のため、セイクリッドバレー3着固定の馬券も視野に入れておこう。

スペシャルハートの逃げを捕まえられず!なんて展開もあるかもしれない。


函館2歳Sは、控えめにしておきたい。

なぜなら、

新馬戦とか、2歳戦はすごく苦手だからダー!!!

久々に太文字を使ってみた。

いやー、ほんと苦手ですわ。若い子たちの戦いは。

そろそろ自分も少しは成長して来たとは思うんで、この辺で馬券をちょいちょい獲り始めても良いんじゃないかなーと期待はしているけど、

なかなか強気になれませんな。

とりあえず見てみますか。

レースのパフォーマンスを見ると、やはり人気のコスモメガトロン、ファインチョイスは強そうに映る。

この2頭どっちかはまず馬券に絡むような気はするし、

ワンツーだったとしても、順当に思えなくもない。

ただオッズが激辛なので、簡単に飛びつきたくない気持ちがある。

なにせ、2戦目3戦目だし、

ヤンチャな子供たちのレースだから、まだ、力を見せてない馬もいるだろうし、

前走で好パフォーマンスを見せた馬たちが、今回遊んでしまう可能性はある。

いつもそんなことを考えて、ガッチリ人気決着っていうオチは何度も見てきたが、

やっぱりひねりたくはなる。

馬券率の高いラベンダー賞組からいじってみますか。

2位で入線しながらも降着になってしまった、ナイスへイロー。

スタートで後手を踏みながらも、すぐさま追い上げてっていう競馬で2着。

スタート悪いのと、降着ってので、だいぶお行儀が良くなさそうではあるけども、

能力の高さには奥行きがある気はする。

ちょっと賭けっぽい面もあるが、これは馬券候補として考えても悪くはなさそう。

だが、ちょっと気になっているのは、同じレースで3着だったステルミナート。

1着2着(降着)馬にばかり目が行ってしまうが、終いの脚は一番だったこのステルミナート。

函館2歳Sは逃げの押し切りはなかなか決まらず、先行馬か差し馬が勝負になりやすい。

そういう点では、地方からやってきて1戦目のオープン戦を、差して2着になったこの馬には、可能性を感じるものがある。


ってなことで、ステルミナートを勢いよく軸に持って来てみる。

相手に、コスモメガトロン、ファインチョイス、ナイスヘイロー、

そして、レースセンスの良さを感じたニシノカチヅクシ。

このあたりを相手に持ってきたい。

んで、3着づけで、なんとなくハマノヴィグラスを持ってきて遊んでみることにする。

一番の期待はステルミナートとニシノカチヅクシの馬連かなー。

結局波乱っぽい方向からになってしまった。

2歳戦、少し得意にならないもんかなー。

得意っぽい流れとか、雰囲気だけでもいいから。

2連続とかで、2歳重賞当たればねー。

みなみ北海道Sの予想 
 
土曜日メインをちらっと予想しておきますか。

中から函館の、みなみ北海道S。

春の天皇賞4着、目黒記念僅差の5着があるということで、マカニビスティーが有力っぽくて、人気もこの馬だけ1頭抜けそうではあるけど、

函館巧者、長距離巧者がちょっと揃っている感じがして、激戦の予感が漂う気もしている。

マカニビスティーは、函館未経験ではあるが、元々地方ダートから勝ち上がっていった馬で、どこでも走れまっせ!って感じで、洋芝も苦にしなさそうな感じはする。

他では、長距離路線で、勝ち切れないが重賞でも勝負になっていて、洋芝も走るジャミール。

2600mを札幌、函館と連勝したことがある、ゴールデンハインド。

前走勝った他にも、2600mでもうひとつ函館で勝ちがある、トパンガ。

前走は大敗したものの、天竜川特別から4戦のレースを考えると、この距離ならひょっとしたら函館でもわからん気配のするメインストリーム。

ここ何戦かは掲示板を外さない安定感で、この距離ならなおさらって気がするネコパンチ。

支笏湖特別、札幌日経OP、そしてなんと言っても前走目黒記念の6着は、軽視するわけにはいかないマイネルアンサー。

2600mを勝ちきってないところが物足りなさを感じつつも、1800mや2000mよりは2600mの方が目のありそうな気がするメイショウクオリア。

さらにワンパンチ足りないが、外すためのワンパンチも足りない気がする、ドリームノクターン。

ここまで9頭挙げたが、ここまではチャンスがあるような気はする。

ただ12頭中9頭ってのはいくらなんでも選びすぎなので、さらに絞っていく。

マカニビスティーに関しては、1頭違う足で差し切ってしまったっていう圧倒的な競馬も考えられなくはないが、

切れる足ってわけではないので、前に行く馬たちを捕らえきれるかどうかっていう部分が、ちょっと不安になる。

2600mって距離なので、展開によっては極端に縦長になって、差し切るには前と距離がありすぎたって展開も、考えられる。

もしそういう展開で、きっちり勝ってしまうなら今後も要チェックの長距離馬になるが、

まだ不安が多いここは、マカニビスティー1本被りは控えておきたい。

もう1頭人気になりそうなジャミールは、これも脚質的になかなか狙いにくいと思ってしまう。

そして、最近勝ちきれないばかりか、凡走が続いていて、さらにトップハンデというのなら、

喜んで買いに行きます!って気になれないのが本音でもある。

当日になってどういう人気になるのかはわからないけど、

ここは、波乱の方向から考えて行きたい。

前日現在の、単勝オッズ43倍のメイショウクオリア。

これを軸にしてみようと思う。

ここ3戦は、1800m、2000mというレースで、

スタミナってよりも、単純にキレ負けしているような感じで、

一気に馬群に沈むわけでもなく、掲示板を確保しているあたりは、

前にスンナリ行ききってのスタミナ勝負なら、もっといい仕事できますよ!ってなメッセージが伝わってくる。

気がする。

相手にはマイネルアンサー。

これは前日のオッズ見た分には、かなりの波乱って感じになってしまうが、

他と、オッズほど差が感じられない気がするので、

というか、ちょっと上昇気配すら感じるので、今回取ってみることにする。

次はメインストリーム。

上に書いたまんまだけど、距離延びるんなら、前走を帳消しにできる走りができるんじゃないかと思う。


かなり波乱から攻めている感があるので、

馬券は馬連で流したい。

メイショウクオリアと、マイネルアンサーから、

ゴールデンハインド、トパンガ、メインストリーム、マカニビスティー、ネコパンチ、ドリームノクターン。

メイショウクオリアから、マイネルアンサー、メインストリームへのワイド。

こんな感じかな。

3連系はちょびっとにしよう。



新潟メインの関越Sは、ウィンペンタゴンから。

新潟1800mを連勝しているあたりと、新潟1800mで中館騎手ってのは良い気がするなー。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。