スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オールカマーと、神戸新聞杯の予想 
 
今週は重賞2つ。

オールカマー、神戸新聞杯と、どちらも楽しみなレースではあるが、

オールカマーはアーネストリー、神戸新聞杯はオルフェーヴルと、どちらも1本被りな感が否めなくて、

オッズにもそれがきっちりと表れている感じだ。

アーネストリーも、オルフェーヴルも、馬券内に入れないってことはないと思う。

頭1点固定で相手を探す感じになるのかな。

オールカマーはアーネストリー頭で、もちろん良さそうな気はするのだけれども、

斤量が59kg。

これがどう響くかって考えてしまう。

GⅠホースっていう格を考えれば、59kgなんぞ酷ではないっても思うし、

ハッキリ言って全然問題ない方向で考えているのだが、

斤量気にしてしまうと、54kgのマイネルラクリマの存在が気になってくる。

白百合S勝ちで、前走は今年のディープ産で最後の大物っぽいフレールジャックの2着。

フレールジャックを物差しにしてるので、フレールジャックがもう片っ方のメインレースで強さを発揮してもらわないと困るのだけども、

おそらく弱い2着ではなかったと思う。

前に行けるってのは、このコースでは良いと思うし、競馬上手なイメージがあるので、アーネストリーと仲良く折り合って、そのままゴールって絵を想像する。

アーネストリー頭が中心ではあるが、アーネストリーの休養分、マイネルラクリマ1着の目もちょっと考えておきたい。

3着には、中山巧者のマコトギャラクシー。強い世代のカリバーン。

まだ衰えを見せてないシャドウゲイトあたりかなあ。


神戸新聞杯はオルフェーブルの強さが、頭ひとつふたつ抜け出ている気もするが、

こちらは3歳クラシック戦。

夏の成長、休養で、オールカマーよりは、強さの序列が上下しやすいと考える。

人気になっているダービー1着、2着のオルフェーブルと、ウインバリアシオン。

左回りだったら、ここも軽々って気もしなくもないけど、

右回りってことで、どうなるか。

どちらも右回りはこなしているけど、

他馬を圧倒したダービーは、左回りはもちろん、不良馬場って条件もあった。

あの着差なら、雨も左回りもカンケーネっても思うけど、

それでも完全に信頼するには、もう2ミリくらいは欲しい感じがする。

ってことで、今回は、オルフェーヴル1本被りのガチガチ馬券を嫌ってみることにする。

フレールジャックは個人的に期待しているのでここでも買うが、

決して弱くはない古馬を負かしたショウナンマイティの成長度を買ってみることにする。

あとは、同じコースで500万を勝ったカーマイン。

前が早かったのもあるが、能力はやっぱりあるなーと思わせるレースだった。

展開向いて、ここで穴開けないかなーとちょっぴり期待している。

馬券はフレールジャック、ショウナンマイティ、カーマインの1~3着に、

オルフェーヴルの2、3着。

ウインバリアシオン、ダノンミル、ステラロッサの3着。

45点か。馬券はこれだけになるかな。

それにしても3連単好きだなー、自分。 ギャンブラー過ぎるな。


うーん、秋になって、競馬がますます楽しくなっていきますな~。

季節は夏の方が好きだけどね。

スポンサーサイト
セントライトライト記念と、ローズSの予想 
 
本格的に秋競馬がスタートしましたねー。

セントライト記念、ローズS。

ワクワクしてきますなー。


セントライト記念は、サダムパテック、ベルシャザール、トーセンラーの3頭で人気を分け合ってる感じだが、

ここはトーセンラーから入ってみようと思う。

POGのチーム指名馬という部分はあると言えばあるが、

トーセンラーのここまでというのは条件が過酷すぎた気がする。

リフレッシュして態勢がととのい、不利な部分もなさそうなここは、

絶好の仕切り直しの場面だと思う。

きさらぎ賞を勝った時のような鮮烈な脚を見せてほしい。

相手にはベルシャザールを指名したい。

今の馬場なら、やはり前残りはあると思っていた方が良いし、ホープフルS勝ちってので、中山適性には信頼を置けそうだ。

ユニバーサルバンクあたりも前に行けるし距離も行けると思ったけど、勝ちきれない感じがまだあるので、今回は3番手にしておく。

他ではサダムパテックは有力そうだけど、

レッドセインツ、ヒットザターゲット、フェイトフルウォー、トウシンイーグル、ロイヤルクレストあたりまでは面白そうだなーと思っている。

絞って買い方うまく考えたいところだなー。

レッドセインツなんかは、気性のせいか三振かホームランっていう競馬をしていて、

勝つ時は実際強いと思ってたりする。

ちょっと波乱も期待して、レッドセインツからもちょっと買っておきたい。


ローズSは、桜花賞馬対、オークス馬対、無冠の女王っていう構図っぽいが、

たしかに、どの馬にも穴がなくて、エリンコートも、成績から見て雨のオークスがフロックっていう走りはしなさそうだし、この3頭で決まりっぽい。

と、最初は決め込んでいたけども、

ずっと各馬の成績表とにらめっこをしていると、ちょっとは付け入る隙はあるんじゃねーかー?っても思ってきてしまう。

マルセリーナ対ホエールキャプチャの絵が、牝馬クラシックでは見た目以上に大きかったから、(というのもレーヴディソール以外で、際立つ存在がいなかったから)

オッズもちょっと、そういう意味で2頭にいくらか寄っているようにも見えて、

この夏を経た段階で、そろそろ2頭に待ったをかける馬がいてもいい気がした。

エリンコート含め、抜けまくった3頭という気も、まだしないというのもあるし。

ということで、今回ビッグスマイルを指名してみる。

ちょい穴人気しているが、前走の快勝っぷりは、ここで勝負になると感じてしまった。

初めて1800mを使った前走であの勝ち方ってのも、期待が持てる。

状態もかなり良いらしい。

相手にはキョウワジャンヌ。

距離に不安があるけども、競馬を覚えてきた感じで2連勝。

期待値は、距離の不安よりも大きいものがある。

馬券はこの2頭に、マルセリーナ、ホエールキャプチャ。

エリンコートは3着くらいか。

一応人気馬ワンツーから、ビッグスマイル、キョウワジャンヌの3着も押えておきますか。


本格的に始まったなー秋の競馬。

気分はまだ夏。

トーセンラーが勝って、ビッグなスマイルになりたいねー。
セントウルSと京成杯AHの予想 
 
日曜重賞の予想といきますか。

セントウルS。

高松宮記念2着のあるサンカルロがフラットな条件では上に見れそうではあるが、

馬場を考えると、前が捕まえきれない3着って感じもするので、ここは対抗までの評価にしておきい。

ここは前に行くからダッシャーゴーゴーとテイエムオオタカを指名したい。

ダッシャーゴーゴーはやはり実績ではちょい抜けているし、しっかり走れば馬券内っていう強さはあると思う。

ただ、常に降着の危険があるだけに、信頼しすぎるのも怖いので、

テイエムオオタカにも期待をしたい。

前が残りやすいだろう展開に、前に行く馬が多数。

同型が多い時、へこたれない強さがあるのがテイエムオオタカって感じがする。

前走も良く粘ったと思うし。

馬券はダッシャーゴーゴーとテイエムオオタカの頭から、サンカルロ、エーシンリジル、エーシンヴァーゴウまで2着もありで。

香港馬2頭と忘れた頃のスギノエンデバーを3着あたりに持って来るか。

点数は・・・えーと、48点か。ちょっと多いかな。

このレースの馬券はこれだけになりそうだ。

京成杯AHは前に行けるフィフスペトルやレインボーペガサスを軸に仕掛けたが、

色々考えた結果、エアラフォンにすることにする。

展開的には簡単ではないけど、フィフスペトルの夏至Sが評価できるとは言え、

エアラフォンを負かすほどかって言われると、成績をざらっと見たときに物足りなさを感じてしまった。

関屋記念でも、エアラフォンが位置的に届かなそうところから2着に食いこんだあたりはレインボーペガサスと同等以上に評価できるし、

フィフスぺトルもレインボーペガサスも、スンナリ前に行けて落ち着けば、後続の出番もないかもしれないけど、コスモセンサー、アプリコットフィズ、マイネルファルケと、少々やりあってしまう可能性がある。

それを考えたらエアラフォンになってしまった。

馬券は、エアラフォンから、レインボーペガサスとフィフスぺトルの2、3着。

エアラフォンから、レインボーペガサスで、コスモセンサー、アプリコットフィズの3着づけ。

これだけで行ってみることにする。


今週はWIN5が熱いなー。

キャリーオーバーのここで、都合良く当たるってのは中々ないとは思うけど、

いつもより多めに買って、積極的に狙っていきたい。


また1万台だったりして。それはないか。
朝日チャレンジカップと紫苑Sの予想 
 
久々の土曜重賞を予想してみる。

夏競馬が終わって、得意だと思いたい秋の競馬が始まる。

夏競馬よりは、まず相性良いはず。

と、思って頑張りたいところでアリマス。


ってところで、考えていきますか。

今年の朝日CCは9頭立てという少頭数。

かっちり少ない点数で狙っていきたい。

人気になりそうなのは、牝馬のトップグループに君臨するレディアルバローザ。

そして2連勝で勝ち上がってきたミッキードリーム。

少頭数で、紛れが少なそうって考えれば、この2頭で良さそうだけど、ちょっと捻ってみたい。

レディアルバローザは4勝全てが阪神でのものなので、堅軸としか言いようがないとも見れるけれども、

2000mという距離はどうなのかっていう不安と、

アパパネ、ブエナビスタと互角の勝負を演じても、牡馬とやってどうでるかっていう不安がちょっぴりある。

ミッキードリームに関して言えば、昇級して勝ちきれるかってっところが気になる。

能力は高いと思うし、いつかは重賞も獲る可能性を秘めてはいるけれど、

ポンポンっと行くのも、そう簡単なもんでもないとも感じる。

人気2頭をちょびっとだけ下げ評価したところで、他の馬に目を向けると、

今回面白そうだなーって思うのが、アドマイヤメジャー。

最近は調子を上げてきたにも関わらずの凡走ではあったけれど、

レース内容としては、力を出し切れたかって言うとそうでもないし、

この馬は、2000mレースは持って来いって感じだし、阪神も問題なさそうなのも良い。

折り合い面が常に心配ではあるけど、

少頭数でエーシンジーラインとホクトスルタンがレースをうまく引っ張って行く展開ならば、隊列は落ち着きやすいだろうし、これまでより、力は出しやすいんではないかと思う。

能力はこの中でも高いはずなので、ここはアドマイヤメジャーを応援したい。

相手には、人気2頭はもちろん警戒が必要だけど、

開幕週ということで、前の2頭、エーシンジーライン、ホクトスルタン選んでおきたい。

すんなり前に行けそうなので、ロス&ストレスなく競馬をすすめて、あわよくば前で残って欲しい。

点数を絞りたので、馬券はアドマイヤメジャーから、エーシンジーライン、ホクトスルタン、前につけれるミッキードリームまでにしておこう。


中山メインの紫苑Sは荒れる匂いがプンプンしてならない。

なんていうか、3歳牝馬路線はレーヴディソールが離脱したのもあって、さらに、雨のオークスで荒れたりもしたからか、格付けが難しいっていうか、未だ混沌としている気がする。

ここは荒れる前提で、3連複で広く買ってみようと思う。

距離伸びたら末脚が生きそうなマヒナを1頭軸にして、
メーヴェ、ピュアブリーゼ、カルマート、スピードリッパー、コスモバタフライ、メジロミドウ、アカンサス。

そして、ちょっと応援でリトルダーリンを入れてみるか。

28点か。

これで行ってみようかな。

中山開幕週で、末脚が武器っぽいマヒナ軸はちょっと怖いけど、

例年よりは、ちょっとは追い込みも効くと、淡い期待を持ちながら寝ます。
2歳Sと札幌日経オープンをほんの少しだけ買ってみる。 
 
今週は、新潟と小倉の2歳Sと、札幌では札幌日経オープンがある。

夏競馬最後の週ということで、最後はしっかりと締めて終わりたいところなのだけれど、

ここまで不振が続くと、ほんとに馬券を買うのに勢いがつかなくなって、

今週は競馬をお休みしようかと思っていたけれど、

少しだけ馬券を買ってみることにする。

なんていうか、買うのをやめることで、勢いを取り戻そうとするのは不毛であって、

馬券を少しでも買って、経験値をちょびっとでも増やす方が生産的で、ポジティブな方法だと思ってしまう。

そして、何だかんだ、馬券を買いたくない気持ちが買いたい気持ちを上回ることなんてないな。

って思ってしまうところもある。

なもんで、

怖いので少額ではあるけれど、競馬をしたいので、馬券を買うことにする。

2歳戦ってのもさらに怖いな・・・。

新潟2歳Sからいきますか。

ここは新馬戦で強かったジャスタウェイが中心になる気はする。

他をみて、現段階で上に見れる馬が見当たらないし、

難しい時期の2歳戦の中で、

ジャスタウェイの新潟マイルで5馬身差勝ちってのは、要素として一番買えるのかな~って思ったりする。

先行しながらも、道中抑えて、2の脚で行けた感じも、直線の長い新潟コースでは、勝負になる気もする。

ジャスタウェイの頭固定で攻めて行きたい。

相手には、アドマイヤリリーフ。

前が速くなれば新馬戦で見せた末脚が生きると見て応援したい。

もう1頭はニンジャ。

数ある新馬戦の中で、強く感じた勝ち方した。ような気がする。

走り方が好きなだけかな?

なんか、すごいパワーを、奥行きを感じる最後のキレだった。

距離延長、左回りがどうかってのがあるけど、能力だけ買ってみることにする。

あとはヒモに、ダンスインザマミー、ラフレーズカフェ、プレノタート、クリッピングエリア。

このあたりまで注意しておきたい。

小倉2歳Sは、新馬戦で、後のフェニックス賞勝ち馬になるメイショウハガクレに5馬身差をつけて勝ったマコトリヴァーサル。

これが中心とみる。

ただ、前走の未勝利戦を6馬身差で勝っているエピセアロームも能力は高い気もしているし、

フェニックス賞で、大きく不利がありながらも鋭い脚で2着に追い込んできたシゲルスダチも面白い気はする。

ここは、この3頭の3連複1本だけで行ってみようと思う。

と言いながら、マコトリヴァーサル頭もちょっぴり買うつもりでいる。

札幌日経オープンはコスモヘレノスか、ネコパンチか迷うところだが、

別定戦なので、斤量の増減を気にして、コスモヘレノスで行くことにする。

相手はネコパンチと、複勝買うなら一番にも思えるメイショウクオリアを指名したい。

3着に、メインストリームとポルカマズルカと持ってくるくらいで、さらっと少額で楽しみたい。


大勝負はやっぱり興奮するけど、

少額になっても競馬の楽しさは変わらないな。

でも、少額賭けるのと全く賭けないのでは、

金銭的にはあまり変わらなくても、気持ち的にはエライ差がある。

なんでだろうな?

責任感を楽しむってのかな?

重みを楽しむというか。そういう部分かな?


うーん、俳句が1句できたところで、詠んで締めますか。



少額でも

    明日が楽しみ

           ざんす。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。