スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天皇賞が終わって、キャンペーンスタート。 
 
豪華メンバーの天皇賞が終わった。

勝ったのはトーセンジョーダン。スーパーレコードタイム。

もう少し距離がある方が、2200~2500mくらいがトーセンジョーダンの適距離と判断していたので、

ヒモでは押さえたものの、頭までは買えなかった。

とは言え、適距離が、2000mだと判断していても、このメンツの中では頭は買いにくかった。

トーセンジョーダンはブエナビスタ以外が目立てない5歳馬の中で、数少ない素質馬というのは認めていたものの、

ここはちょっと違うかなって思いがあった。

素人なのでわからないが、素人分析では、

おそらく勝因は、前半1000m56秒台という超ハイペースにあったと思う。

他馬よりもちょっぴりスタミナが豊富なこの馬にとって、

2000mという距離ながらも、力が出せたのはそこだと思う。

おそらく、一言で総括すれば、「持ち味が殺されなかった度」で、今回のレースはトーセンジョーダンに軍配が上がったのだろうと思う。

ペルーサ、ダークシャドウ、ブエナビスタにとって有利な流れに見えつつも、

スタミナ勝負の分、ちょっぴりその持ち味が消されての入着と判断できる気がする。

前を行った馬なんぞは言うまでもなく不利だったけど。

スローペースは前有利、

ハイペースは後ろが有利だが、

超ハイペースは、スタミナ有利ってところか。

一瞬の切れ味が武器っぽいローズキングダム、エイシンフラッシュにはキツイ流れになった。

逆に良い脚を長く使える、ダークシャドウ、ペルーサ、ブエナビスタはなんとか持った。

素人目線の分析では、今回の天皇賞、こう判断してみる。

勝ったトーセンジョーダンはこの後、ちょっぴり人気側になるかもしれないが、

慎重に選びたいと思う。

メンバー表をじっくり見て、明らかなハイペースになるようなら拾う意識で、

逆にスローペースの、決め技決着になるようなら、対極のローズキングダム、エイシンフラッシュなどを見直したいと思う。

今回の天皇賞は、馬券はダメだったけど、非常に有意義なものなった気がするなー。

この分析が少しでも当たっているならの話だけど。



で、タイトルのキャンペーンってことになるけれども、

今回、馬券はダークシャドウ、ペルーサから行って、そしてブエナビスタみたいな買い目がメイン。

実際この組み合わせは厚めに持っておいた。

結果は、トーセンジョーダンがいなければ~!の2,3,4着。

複勝、ワイドは買わず。

で、

この複勝、ワイド買わずってのが、非常に良くない癖だと気付きながらも、

結局ほとんど買わずに競馬を続けて、

今年、結構、良い感じでヤラレ続けている。

自分の予想で、ワイドを買っていれば、大幅な巻き返しとまでは行かないものの、

トリガミの塵が積もって、もうちょい助かっている展開になっている気はする。

競馬初めて1年目、2年目とプラスで来れたが、

3年目に入って、中々の角度で落ち込んでいる。

おそらく高配当をいくつか拾わないと、トントンまでは持っていけそうにないが、

今年に関してはプラス収支は諦めている。

ここで、変に1発逆転満塁ホームランで高配当狙いまくりの競馬モードに入ると、

おそらく、さらにとんでもないことになる。

なので、ここからはそっちの甘く危険な方じゃなく、

ワイドをメインにした馬券の買い方を、やってみる。

今回のダークシャドウとペルーサのワイドは10倍。

なかなかじゃないか。

意外とやってみたらコッチの方がいいかもしれん。となるかもしれない。

いつまで続けるかわからないが、まとまった結果が出るまで、

「ワイドをメインで行ってみるぜキャンペーン」を敢行したいと思う。

ちょっぴり長くなってしまったけど、

今後、色んな意味でこの記事書いて良かったなぁって思えたらいいな。


キーワードは、「トリガミでチリツモ」!

続きはWebで!




トーセンジョーダンのGⅠ勝利、ちょっと嬉しいな。


スポンサーサイト
天皇賞(秋)の予想 
 
さぁーついに天皇賞ですよ。

豪華なメンバーですなー。

ヴィクトワ―ルピサやヒルノダム―ル、3冠馬のオルフェーヴルがいないのに、この豪華さを感じられるって、

近代の日本競馬はすごいもんですな。

本当に、ここからのGⅠ戦線は後にも先にもないくらい豪華だ。

先にはもっとすごいのがあってほしいけどね。


ってことで秋の天皇賞をジックリと堪能しますか。

女傑ブエナビスタが1番人気。

アーネストリーが大外枠でちょっぴり嫌われながらも2番人気か。

個人的には、ブエナビスタは引退するまで国内レースは全部馬券になる絵を期待しているし、

ブエナビスタはやはり東京の長い直線でこそと思っているので、

馬券内に入るように選びたい。

東京ではこれまでずっと連に絡んできているし、

昨年のこのレースを勝って、ジャパンカップでも、降着になったものの、1頭突き抜けるインパクトを残している。

2着までの馬券を選べば良さそうではあるが、今年の強力なメンツではどうか。

今回は念のため3着の目まで考えておきたい。

ってことで、複勝目線で見ればブエナビスタ軸だが、

勝ち切れない女傑に、勝ち切る馬がいる可能性を取りたいと思う。

今回、期待しているのはダークシャドウ。

前走の毎日王冠で、リアルインパクトが先行しながら上がり33.2の脚を使うという展開の中、

後方から直線一気、32.7という上がりで追い込んでかわした。

並みの馬にはできないっていうか、

強い馬にもあまりできない芸当な気がする。

勝つ流れで勝ってきた毎日王冠ホースなら、ちょっと控えめになるが、

負ける流れで勝ったこの馬なら、ちょっと期待してみていいと思った。

ってことで頭は、東京得意の最強世代最後の大物、ダークシャドウでいってみる。

相手にはペルーサを指名したい。

他にも強豪がたくさんいるが、東京ならペルーサに任せておきたい。

以前よりも馬体に迫力が出てきたと言うし、

この馬、気性も含めて、実はちょい晩成型なのかもって思ってきていて、

このあたりから本格的に開花してくれればと期待している。

他では前走を気持ちよく快勝して、順調度を感じるローズキングダム。

東京も得意だし、2着まで考えたい。

あとはアーネストリー。

大外枠に泣いた感はあるが、状態は前走より格段に良いらしいし、

そんな今の状態なら、枠に泣いても馬券内って感じはする。これも2着までは見ておきたいなぁ。

3着候補には、エイシンフラッシュ、メイショウベルーガ、トーセンジョーダン。

大外枠買ったわけだから、状態気になるけどトゥザグローリーもかな。


シンゲン、アクシオンはどれだけ意地見せられるか。

頑張ってもらいたいな。

数少ない、サンデーサイレンス産駒のGⅠ。

怪我乗り越えまくった猛き将軍の、得意の東京。

こんなメンバーの中にあっても、買いたくなってしまう。

ちょっぴり応援するよ。


う~ん、楽しみだな。

スワンSの予想 
 
マイパソコンが起動できなくなって、まだ復帰できておらず、

おそらく入厩はもう少し先になりそうなので、

実家の方からちょっぴりお古なパソコンを持ってくることにした。

馬の年齢でいうと11歳くらいかな。

ちょっと動きにキレはないけど、そこそこ動ける感じだ。

まだ慣れるには、もうちょっと乗り込みが必要ではあるけど、

土曜重賞の予想を坂路調教だと思って、しっかり叩いていきたい。

今週はスワンS。

日曜の天皇賞も素晴らしいメンツだけど、

こっちもなかなか揃っておりますなー!

サンカルロ、グランプリボス、エアラフォン、リディル、ジョーカプチーノ、エーシンフォワード、

フラガラッハに、ワンカラット、クレバートウショウ、

そしてダイワバーバリアンなんかもここで帰ってきたり。

うまく買ってもどれか抜けちゃいそうなメンツですな。

色々と目移りしてしまうけど、

ここはグランプリボスから攻めてみたい。

鞍上がちょっぴり不安ではあるけど、

京王杯2歳Sと朝日杯で後の安田記念ホース、リアルインパクトを退けていて、

その一方で、距離が伸びたスプリングSや、他のマイル戦を落としていることを考えると、

1400mはベストな距離に思える。

サンカルロなど、1400mが得意な強力馬が何頭かいるので、頭までガッツリ狙えるかは何とも言えないが、

連の軸として、この馬から買っていきたい。

相手には、やはり1400mがベストな気がするサンカルロ。

そして、エアラフォン。こっちは結構馬券を買い続けているが、

得意の京都だし、相性の良いピンナ騎手だし、

状況的には、ここ最近では一番安心して見れそうな気がする。

馬券はこの組み合わせの馬連と、

グランプリボス、エアラフォン頭からちょっとだけ。

3連系買うなら、ジョーカプチーノ、フラガラッハ、ワンカラット、リディル、スズカコーズウェイあたりをくっつけておきたい。

ダイワバーバリアンなんかは、最強世代のNHKマイルC2着馬だし、1400m2戦2勝だし、

買いたい材料が多いんだけども、

長期休養明けで、どのくらい走るか、どのくらい叩きたいのか、ちょっと気になるところはあるんだよなぁー。

買うのは次かな?

ちょっと迷ってしまう。

それにしてもなかなか楽しみなメンツだなー。

ここを勝ったら、相当のツワモンだ。

菊花賞の予想。 
 
3歳クラシック最後の一冠、菊花賞がやってきましたな。

オルフェーヴルは、3冠が懸かっていて、例年より注目度が高い菊花賞だ。

今年は混戦だと思っていたんだけどなー。

皐月賞、ダービー、神戸新聞杯。

他を寄せ付けないと言っても良い強さで完勝。

ここでは、人気も、絶対的な存在も言えそうだ。

オルフェーヴルは3冠の可能性は十分ある気はする。

しかし、数ある2冠馬、名馬たちがここを落としてきた歴史を考えると、

絶対視はしにくい。

これは競馬の常だが、

オルフェーヴルを管理する、池江泰調教師は、

気性が幼いこの馬にとって、このコースで外枠というのはあまり歓迎できない。

みたいな記事を見たような憶えがある。

よく、オルフェーヴルは気性が成長して本格化したとか、

前走の神戸新聞杯で、あの流れで折り合ったのだから、本番も問題ないだろうってな感じの論評を目にする。

たしかに、皐月賞以降、全く問題を見せていない。

だが、池江氏がそう言うように、

我々が思っているよりも、二倍切るようなオッズよりも、

陣営としては、不安は大きいのかもしれない。

久々の3冠馬誕生の瞬間なので、不安な部分をあえて挙げて、リラックスして臨むパターンかもしれないけど。

鞍上の池添機種にとっても、ホエールキャプチャを意識してしまう枠かもしれないし、

3冠馬を見たい気持ちがありながらも、

馬券を買う側としては、ちょっぴり不安を感じてしまう。


ここは、3冠馬誕生の瞬間を喜ぶ可能性を考えながらも、

馬券はトーセンラーにかけてみる。

この馬にはいろいろと思い入れがあるので、この馬が勝ってくれるなら、

3冠馬を見ることができなくてもいい。

京都では、ディープインパクト産駒らしい末脚で制した、きさらぎ賞の勝ちがある。

最内枠ってのも良い。

枠に、馬場に、泣いてきたこの馬に運が向いてきたようにも思える。

最後の直線、馬群にうまいことスキができて、そこを突き抜けてきて欲しい。

相手はフレールジャック。

折り合いに問題はあるが、まだ奥底にある能力を買っておきたい。

他では、前で唯一粘り込みがききそうなベルシャザール。

京都が合いそうな気がするショウナンマイティ。

3着内率が高いジャングルポケット産駒のダノンミル。

この辺を絡めて買ってみる。

オルフェーブル、ウインバリアシオン。

ここも念のため拾っておきたい。


牡馬クラシック、菊花賞。

最後の1冠は、ディープインパクト産駒が意地を見せて、ワンツーを決めてくれ!

富士Sの予想。 
 
マイラブリーパソコンが、今週入ってから起動出来ない状況に陥ってしまい、更新もままならない状況ではあるが、

今週は菊花賞の週。

携帯から気合入れて更新してみることにする。

なかなかスムーズにいきませんなー。

さて、富士S。

メンツを見ると、5、6頭くらいは勝っても全然おかしくない馬が揃っている。

混戦っぽい。

その中でも中心として見れるのはストロングリターンか。

東京での成績が安定しているし、安田記念の2着などもあり、最近は充実一途に見える。

円熟期ってヤツか。ここは馬券に絡む率は高いと見て良い。

他では、トライアンフマーチあたりも面白い。

東京マイルはいつ重賞勝ってもおかしくない感じはする。

展開ひとつで逆転はありそうだ。

もう1頭、上位に取りたいのはエイシンアポロン。

長期休み明けながらの、毎日王冠4着。

僅差の4着。展開に泣いた4着。

個人的には、距離は延びるよりはマイル付近の方が良いと思っているので、叩いた上積み分、ここでの進出は見込める気はする。

他にもゴールスキーや、マイネルラクリマ、レインボーペガサス、ライブコンサートなども馬券内に飛び込んでくる率は高いと思うが、このあたりを相手候補としたい。

馬券は、ストロングリターンから、トライアンフマーチ、エイシンアポロンが本線だが、

逆転パターンもBOX気味に、うまいこと持っておきたい。

スズジュピターとアプリコットフィズ、アブソリュートは3着まで見た方が良いかな。

富士S、波乱多いしな。

買い方が迷いそうだなー。

エイシンアポロンが勝つのが、気持ち的に1番嬉しいな。

菊に繋げればいいなー。





府中牝馬Sの予想。 
 
今年はGⅡなんですなー、このレース。

例年よりも、メンバーもなんとなく揃っている気がする。

オークス馬が2頭いて、それ以外にも、夏に台頭してきたイタリアンレッドやレディアルバローザなどもいて、見どころいっぱいだなーって感じだ。

色々強そうなのがいるが、ここはフミノイマージンから入ってみようと思う。

金鯱賞6着や、最近の重賞での走りっぷりは、今の牝馬界の上位に割って入れる気がする。

特に、前走のマーメイドSは圧巻だったなー。

マーメイドSの勝ち馬って、ここではどうかって感じはするけど、

ちょっと異質のマーメイドSホースって感じだ。

相手はアパパネはもちろん入れなければならないが、

もう1頭のオークス馬、サンテミリオンを買ってみたいと思う。

東京コースで、名馬たる走りってものを思い出して欲しい。

サンテミリオンは人気が人気なんで、単複も積極的に狙って行こうと思う。

他の相手で面白そうなのが、コロンバスサークル。

牝馬限定になって、どこまで上を目指せるか見ものだ。

プティプランセスなんかも、ここ3戦見てると弱い競馬はしていない。

人気薄で飛び込んでくるならこの馬かもしれない。

ここは相手が多くなりそうだし、順位も付けにくいから、3連複BOXが良いかもなー。

一応フミノイマージン軸の、アパパネ、サンテミリオンが相手。

紐にコロンバスサークル、プティプランセス、アニメイトバイオ、イタリアンレッド、ブロードストリートまで。

当日、馬場が渋ってて、前残りになるようなら、

セラフィックロンプ、オウケンサクラ、トゥニーポートを織り交ぜての、

フミノイマージン1頭軸3連複に切り替える予定。

切り替えた時は馬券はそれだけになるかもなぁ。45点だからなー。

こっちも、ちょい荒れ希望ですな。


頑張れ!結婚パワー太宰騎手!!
秋華賞の予想。 
 
さっそく予想と行きたいところではあるが、その前に・・・

シニスタークイーン!良くやったぞ!

3着って結果も良いけど、この先が楽しみな感じの内容だったねー。

競馬センスは結構ありそうだ。

そしてミカエルビスティー!もうちょっとだったなぁ。

次はなんとかなる。はず!

馬券はシニスターちゃんの複勝と3連単、ミカエルの3連単、デイリー杯Sの3連単、

あとからくっつけた保険馬券がうまいことハマッてくれて、プラスで明日に望めますわ~。

馬券的にはシックリこないものの、今日は中々良い日だった。

かなり薄利だけどね。

シニスターちゃんのおかげかな。


さて、明日の重賞の予想だ。

秋華賞は、過去10年のデータを見てみると、ブラックエンブレムの大荒れ秋華賞以外、

1番人気か、2番人気の馬が勝っている。

で、2番人気が6回勝ちーの、1番人気が3回勝ちーの。

今回1番人気になりそうなのは、ホエールキャプチャ、

2番人気になりそうなのがアヴェンチュラ。

ここまで人気の馬がしっかり勝つのは、ローズSが信頼されているってことなんだろう。

率では2番人気のアヴェンチュラかもしれないが、

秋華賞にお似合いな流れなのはホエールキャプチャ。

ホエールキャプチャは安定しているので、すごく買いやすいが、

アヴェンチュラはローズS経由ではない。

経由してないが、アヴェンチュラに関しては今年の混戦牝馬路線の中では、際立つものがあるというか、

未知の強さっていうのは魅力的に映る。

これはものすごく悩む。

悩んで進まなそうなので、ここは保留にして、

ペースから考えてみることにする。

さらっと過去のデータを見てみると、秋華賞の前半1000mはローズSのそれよりもちょっとペースが速い感じが見える。

そして、それがちょっぴり脚質に影響しているというか、

ローズSは、前に行った方が、ほんのり馬券になりやすいのに対し、

秋華賞は、差しが決まりやすい感じがしないでもない。

ほんとに微妙なところだが、

この微妙なところを汲み取ると、

前走ローズSで、最後メンバー最速の脚で突っ込んで、あわや1着かっていう競馬を見せたマイネイサベル。

これが、ちょっと面白い気がする。

今回のローズSの前半がいつもよりもさらにスローだったことを考えると、

例年よりペースが速く感じる本番では、前でホエールキャプチャが粘るという絵は崩れそうな気もする。

だが、これはホエールキャプチャの位置取り次第になるのでなんとも言えないが・・・。

それでも、スローな展開で2着に追い込んできたマイネイサベルは、今回評価して良いとは思う。

戦績的にも、ローズSで微妙な人気で2着して、本番もそこまで評価されないまま2着に入った昨年のアニメイトバイオみたいで、なんとなく良い。

今回、マイネイサベルは4、5番の人気かな?

よし、ここから狙ってみよう!

ホエールキャプチャと、アヴェンチュラは外しにくい気がするから、

この2頭はメインになってしまうかな。

後ろからの進出ってなると、マルセリーナは大外だとしても、食い込んできておかしくはないな。

グッと脚をためておくれよ。

この人気3頭が相手で、3連携もちょい厚めにいっておく。

メインがガッチリ系の組み合わせになってしまったので、

人気薄決着の大穴馬券も用意しておきたい。

ブラックエンブレムの秋華賞じゃないけれど、

桜花賞馬とオークス馬がローズSで大敗して、

本番の人気2頭は、Gじゃ勝ち切れなかったり、遠回りして別路線で上がってきたり。

どちらかといえば波乱の匂いがする。

マイネイサベルを軸にして、波乱女を絡めてみることにする。

まずはキョウワジャンヌ。

後ろから攻めるっていう視点では、軸候補にも近かったこの馬。

ローズS3着で、さらに展開向けば・・・に期待したい。

カルマート。

紫苑S勝ちからは、結びつきにくいものの、レコード勝ちの今回は、買ってみても良い気はする。

太宰騎手の結婚に花を添えたい安藤勝J。

レッドエレンシア。

アヴェンチュラじゃなく、そっちかー!のオチに期待。

能力は未知なものはある。

あとは愛馬のリトルダーリン。

これは半分応援。

抽選潜り抜けてきた強運を発揮して、頑張ってほしい!

揉まれなきゃ、そこそこできる仔なはずだ!

複勝も買っておきますよー。

こんな感じかな。

3連複には、リヴァーレとデルマドゥルガーも加えておきますか。

点数はGⅠらしく、ちょっと多めになりそうですな。


コンセプトは差し脚ってことで、メインはマイネイサベルとマルセリーナの馬連で。

リトルダーリン頑張れよーう。


府中牝馬Sは、この後スグ!

土曜日の競馬。 
 
秋華賞、レベルの高い府中牝馬Sと、今週の開催は楽しみが多いので、

その影響で土曜日も楽しくなってきてしまう。

そんな流れで、なんとなく東京の特別戦を予想してみることにする。

8R 昇仙峡特別。

ここにはミカエルビスティーが登場する。

新馬戦の勝ち馬アリゼオは重賞2勝馬で、2着のヒルノダムールは天皇賞馬。

ついこの間、世界最高のレース凱旋門賞にも出走した。

だいぶ差をつけられたもんだ。

この秋、追っかけなければ、リベンジするチャンスすらなくなってしまう。

この先、なんとか大舞台を目指していくためには勝って行くしかない。

高望みしすぎって気持ちも、ほんの少しあるが、

もうちょっと上は目指せるはずだと信じている。

ミカエル、まずはオープンを目指すんだ!

ってなことで、ミカエルビスティー頭固定で、

相手は迷ったけど、リアルインパクトをものさしに、3歳世代の強さはなかなかだと思っているので、

ステラロッサを指名する。

1800mなら力出せそうだし、斤量も有利だ。

3番手にはヒシカツジェームズかな。

オープンまでに上がれそうな当馬、ここは上位とみる。

もう1頭はアースステップ。善戦マンですな。

ここでも掲示板は堅い気はする。


9R 東京ハイジャンプ。障害重賞だ。

障害レースはたまに馬券買ったりする。

買える時は、なんだかんだ重賞は、ほぼ全部参加してるかもしれない。

ここは、ディアマジェスティから入りたい。

人気になるとは思うが、障害戦に参入してから負けナシ。

重賞初挑戦ってのがどうかだが、前走があれだけなら、ここは勝負していい気はする。

馬券はディアマジェステイから、クランエンブレム、テイエムハリアーへの馬連。

3連系では、3着候補に、クリーンバレン、マジェスティバイオ、ワシャモノリタンまで。


10R 秋嶺S。ダートの1600万条件のハンデ戦。

ここはちょっと難しい。

普通に考えれば、アストレーション、チュウワブロッサム、ドリームリバイバルあたりを押さえておけば良さそうだが、2100mって距離を考えると、このコースで2戦して2連対のインフィニットエアが上にも取れそうだし、斤量も55kgはちょっと有利と見える。

前走がながつきSを使っている馬が多いことを考えると、斤量面でアースマリンが上昇見込めそうだし、

同じ53kgを意識すると、レパードS5着のダートムーアも気になってくる。

前走負かしたキラウエアって馬は結構能力高い方だと思っているし、若い分、まだ成長に奥行きがあるのも良い。

なんでも屋のドットコムも、このクラスは2着が2度あり、上位と見れそうだ。

こんな中で馬券を選ぶのは簡単ではないが、

ここはインフィニットエアから入ろうと思う。

東京コースは5回走って4連対。得意なコースだ。

2100mって距離を経験していて、結果が出ているのも良い。

2100mのレース自体少ないから、試されてない分、他の馬も未知の怖さがあるが、

結果が出ている方が、やはり買いやすい。連の軸としては◎かな。

もう1頭はダートムーアを買ってみる。

若さと斤量に期待だ。

馬券はインフィ二ットエアから、ダートムーアの馬連。

インフィニットエアとダートムーア頭から、チュウワブロッサム、アースマリン、アストレーション、ドットコムへの馬単。

3連係はチュウワブロッサムとアースマリン、アストレーションあたりを2着まで持ってきて買ってみる。


11R アイルランドT。

人気になりそうなブエナビスタの弟トーセンレーヴは、1800~2000mあたりが適距離な気もしているので、
ここは馬券内と見ておいても良さそうだ。

3歳馬の強さも見せて欲しい部分はあるが、

ここはマイネルスターリーに期待してみようと思う。

59kgは酷だが、函館、札幌など、洋芝とか、夏っぽいイメージが強めなこの馬。

斤量も手伝って、オッズを下げることになると思うが、まだまだやれると思っている。

2年前にこのレースも勝っているし、

毎日王冠とかでも、頭数は少ない6着とは言え善戦しているし、

ちょっぴり格は上と感じる。

斤量を克服して激走してもらいたものだ。

思ったより人気になってしまったりして。

んで、相手選びと行きたいところだが、

カワキタコマンドは勢いが怖いっちゃ怖いけど、東京での信頼感となるとまだ疑っている部分がある。

ここはポルカマズルカを選んでみる。

2走前は中々のメンツ相手に横綱競馬で勝ってしまった。

左回りとか、広いコースとか得意な可能性は高い。

あとはトーセンレーヴ。

府中職人のトウショウウェイヴ。東京ならば、もうちょい追いかけても良さそう。

リーチザクラウン。オープン戦では粗末な競馬は見せられないか。

レインフォーレスト。展開嵌れば。

こんな辺りを拾っておきたい。

馬券はマイネルスターリーとポルカマズルカの馬連とワイド。

マイネルスターリー1頭軸の3連系かな。


ふぅ。

って明日は京都で重賞あるんですな。

デイリー杯2歳Sはデビューが印象的だったクラレントかな。

個人的にはクラシックに乗ってきそうな雰囲気を感じた。

相手は距離延びても走れそうなマコトリヴァーサルと、野路菊S勝ったダローネガ。

いずれかに取りこぼしがあるようなら、3着にシンゼンレンジャーを押さえで買っておく。

理由は1800m勝ってるってだけなんですけどね。


明日は雨なのかなー。

雨だとしても楽しみですなー。

まずはデビューのシニスタークイーンの応援ダー!!

ポイント持って帰ってきておくれ!

シンガリのスタートでも、5頭抜けばポイントだジョー!

頑張るんだジョー!!


うーん楽しみ。

今週は、秋華賞と府中牝馬S。 
 
今週は府中牝馬Sと秋華賞ってことですが、

どちらも楽しみですなー!


秋華賞は混戦の牝馬路線の中で、マルセリーナ、エリンコートが2冠目を獲るのか、

無冠の女傑ホエールキャプチャなのか、古馬混合重賞を勝って、ちょっと際立った強さを感じるアヴェンチュラなのか。

もしくは、まさかの番狂わせでリトルダーリンなのか。

・・・

そう、昨シーズンのPOG指名馬のリトルダーリンちゃんが、抽選抜けてきちゃったんですわー!

抽選、強いなー。

ここまできたら約束どおり、複勝買いまっせ!!

メンバー的には掲示板まで来るだけでも、喜んでしまうなー。

ただ、今年の牝馬路線は何が突っ込んで来るかわからない。

1着も人気薄が持っていくようなら、3着には断然不人気っぽいリトルダーリンが突っ込んで来るのを、

ちょっぴり期待しておきたい。

小柄な体からか、揉まれ弱いところがあるが、展開嵌れば、うまく捲くれば、

最後は割りと良い脚持っているとは思っている。

半分は欲目になると思うけど。

ディープインパクト産駒違いでした!ってオチを目指して、ブラックエンブレムの秋華賞みたいな波乱劇を起こしてくれても良い。

個人的にはビッグスマイルが出てこないのが残念だったけど、

それでも楽しみな秋華賞になりそうだ。

そして、府中牝馬Sも楽しみだ。

例年よりも粒が揃った感じで、ものすごく楽しみだ。

個人的には、アパパネ VS イタリアンレッド VS フミノイマージン。

この図式が見どころっぽく感じている。

中でも、前走圧巻だったフミノイマージン。

これが、アパパネなど、4歳世代の中心馬たちを相手のどのくらいの競馬を見せるか。

これがちょっと楽しみである。

レディアルバローザやアニメイトバイオもいつ1発かますかわからないし。

GⅠ並の楽しさがありますなーここは。

サンテミリオンも得意の府中に戻ってきて、どのくらい走るか楽しみだ。

今週は、さらに言えば、

土曜の8レースに、昇仙峡特別に愛馬のミカエルビスティーが登場する。

愛馬って、アイルランドの馬じゃなくてね。

久々の東京。夏を越したらバケモノモードに入ってましたって展開に期待だ。

さらにさらに言えば、同じ土曜の京都3レースの新馬戦に、JRA-VANのPOGで指名しているシニスタークイーンが登場してくる。

こっちのPOGでは初の新馬戦だ。

他の指名馬9頭は、未だに「母~ 」っていう名前なので、

もう、この馬に全部稼いでもらうしかないって感じもある。

府中牝馬Sで注目のフミノイマージン、新馬戦のシニスタークイーン、

どちらも騎乗は太宰騎手。

その太宰騎手は、今週めでたく結婚されたらしい。

結婚は、たまにスゴイパワーを発揮する。

結婚パワーにもちょっと期待したいところだ。

燃えてるオトコは強い!


この結婚によって、安藤勝己騎手は太宰騎手の叔父になるってことで、

秋華賞は、叔父パワーでカルマートも警戒か。

うーん色々考えてしまう、今週の競馬。

楽しみだなー。
やっぱり最強世代。 
 
先週の競馬の回顧ってわけでもないんですけど、

やっぱり4歳世代は最強世代は強いな~と。

毎日王冠ではダークシャドウが、先行有利の馬場、そしてペースの中、

後方から抜群のキレを見せて重賞初勝利。

これは強い馬だと思った。展開や馬場うんぬん抜きで勝てる馬は強い。

GⅠでも、主役級っぽい存在になりそうだなー。コレハ。

個人的にはエイシンアポロンも厳しい展開の中で健闘したなーって思っているんだけど。

前が塞がれなければ2着かって感じで、毎日王冠適正を見せてくれた。

最後、いい脚使いましたなアポロンくんも。

京都大賞典はローズキングダムが貫禄を見せた。

しばらく勝ちきれず、最強世代の中心馬としては、やや影が薄くなりつつあったが、

この快勝で、良くない流れを払拭した。

ローズキングダムは、4歳世代の中では、いつも自分の馬券を買う馬の「敵役」の存在であることが多かったけど、

この勝利は実に気持ちよかった。

馬券はオウケンブルースリを軽視して、空振りだったけども、

最強世代は健在っていう絵を見れて良かった。

ローズキングダムにしても、JC勝利は降着絡みがあった分、実質的な勝利というのは神戸新聞杯以来。

これは陣営とか、ファンは嬉しかったはず。

4歳世代ではないけれでも、南部杯のトランセンドも、味のある強さを見せて、改めて強いなーって思った。

トランセンド頭から馬券買っていた者としては、ダノンカモンに交わされた時点で、ちょい諦めた。

さすが世界で戦った馬は違いますな。

そんなこんなで、

強い馬がしっかり強さを見せ付けて、気持ちの良い先週の競馬でした。

今週は秋華賞かー。

んん!?愛馬のリトルダーリンが登録しとるじゃないか?

愛馬って、アイルランドの馬じゃなくってね。

ここに登録してくるとは、相変わらず挑戦的ですな。

出てきたら、複勝買いまっせ!!

まぁ、出走は奇跡に近いな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。