スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上昇見込めても、掲示板まで。 
 
馬券買うのがうまい人にとっては、あまり必要のない部分なのかもしれないのですけど、

先週開催の競馬の中で、個人的に教訓にしたいレースがありました。

先週土曜の京都メインレース、京阪杯。

この京阪杯、馬券の軸はグランプリエンゼルとジョーカプチーノで、

連勝中のロードカナロアは、終わってしまえば無謀ではあったんですが、

重賞初で様子見ってことで、思い切って候補から消していました。

その部分に関してはどうでもいいんですが、

相手というか、グランプリエンゼル、ジョーカプチーノの後なんで、

実質的に▲の位置に、ナイアードを持って来ていました。

ナイアードは前走、前々走と、大外枠からハナを取りに行くという、

消耗の激しそうな積極策に出ていて、

結果は前々走は1着。前走は8着という結果でした。

どちらも京阪杯と同じ条件の京都1200mなので、

前々走の掛川Sで勝ち切ったのは、プラスに思えましたし、

前走の京洛Sでは前にはつけたものの、終始スカイノダンと並走する形で、

流れ的には楽ではない中で、そこそこ健闘しました。

結果は8着でしたが、京洛S組が中心となりやすい京阪杯で、

同じメンバー相手に内枠~中枠スタートから、単騎に近い逃げでスンナリいけるようなら、

ナイアードの「上昇は見込める」と判断したのでした。


当のレースでは、ナイアードが好スタートからきっちりペースを握って、

絶好の展開になり、直線では結構熱くなったんですが、結果は「4着」でした。

人気的には大健闘したと言えるレースで、そこそこ良い狙いをしたような感じもありましたが、

ふと冷静になってみると、

自分は、こういう外し方がかなり多いなと実感しました。

前走の不利な展開などを受けて、大きく巻き返せると思ってしまうと、

コレは今回、馬券内イケる。

こんな風に、簡単に結びつけてしまうクセがありました。

もちろんそれがうまい方向に行くケースも、なんぼかはあるんですが、

掲示板、もしくは6、7着などで、

馬券までは入れず、微妙な上昇に終わるケースの方が、かなり多かったです。

上昇が見込めるのと、馬券内に入れるのは、やはり別モノで、

そこら辺の手綱さばきが、自分はまだまだ甘いなと、実感したレースでありました。

レースを予想する上で、

基本的に、人気のない馬の、前走不利から巻き返しとか、プラスになる部分の荒探しが好きなので、

自分がもっと競馬を楽しむには、この部分のレベルアップが必要な気がしました。


京阪杯でのナイアードは、ベストの展開に近かったはずなので、スプリントの重賞クラスは難しいのかなー。

最後へタッたあたりをみると、1000mがベストなのかな。

スピードは良いモノを持っている気はしました。


ロードカナロアは、楽しみな存在になりましたねー。

3着以下がない成績表ってのはキレイに映りますなー。


ってことで、京阪杯は良いレベルアップになりました。

スポンサーサイト
ジャパンカップの予想 
 
いよいよジャパンカップです。

すごいメンツが揃ったジャパンカップですよー。

今年、何回、すごいメンツが揃ったって言ってるのかな。

今の日本には良い馬、強い馬がいっぱいってことですかね?

良いことですな。

おかげで、予想がかなり難しいけど。

有馬記念の週になったら、いまだかつてない、最高のメンバーが・・・とか言っちゃうんだろうなー。

さて、そのすごいメンツが揃ったジャパンカップを予想していきますか。

あれこれ考えすぎて、記事を書き出すのが予定よりかなり遅れてしまった。

人気はデインドリームとブエナビスタ。

良い感じで人気を分け合ってますなー。

今の日本競馬の充実度を考えたら、その中で、外国馬デインドリームが1番人気になるってのは凄い。

凱旋門賞5馬身差のレコード勝ちってのはやっぱり、相当のインパクトって感じか。

デインドリームはたしかに強そうで、

終わってみたら、昨年のエリ女のスノーフェアリーくらいのインパクトを残す勝ち方をするかもしれないが、

なにぶん初モノ。

高速馬場はイケそうって見られながらも、

さらには、自分もそういう目で見ながらも、

デインドリームとって、東京っていうか、日本のコースは初モノ。

圧勝劇も、十分考えられる一方で、

「東京の馬場は彼女に合うと思っていたんですが、反応がイマイチで、凱旋門賞の時のように弾けてくれませんでした。」

ってレース後のコメントが出るパターンも、半分ぐらい用意されている気もしないでもない。

でもなぁ・・・、凱旋門賞レコードホルダーに53kgって、甘すぎるよなーっても思ってしまう。

相手候補には残す必要はある気はする。

で、どれを軸に行こうかってことだが、JCは、ペース的には緩やかだし、

今回のメンバー構成でも、それほどペースを掻きまわすタイプもいないだろうから、

あまり後ろの方で脚を溜めすぎると、前に中々追いつかなくて、

脚を余してしまうパターンの危険性が高く、

それなら前の方に行けるか、もしくは自在性がある馬がいいなって方向にまとまった。

その角度から考えた時に、ブエナビスタ。

これがいいかなって思った。

後ろすぎない中団で競馬できるし、

前に行ったら行ったでも良いし、

前に行ったからって、脚使ってしまいのキレが鈍ってしまうってことは、

ブエナビスタに関しては、あまり考えられない。

むしろ、脚を余しましたって内容のレースの方が多いくらいな気もしているので、

できるだけ、前々で競馬を進めて、後方からの追撃を封じ込めるような展開で行ってもらったら良いなと思う。

昨年に関しては、結構後方からの競馬から、実質的に勝った競馬だった。

軸としては信頼が厚い。

相手には、なるべく前に行く馬たち中心で行きたい。

といっても前にいきます確定!みたいな馬はなかなか特定できず。

能力考えたら前行った方がチャンスがあるなっていう馬も考慮に入れて、

日本馬では、トレイルブレイザー、トゥザグローリー、トーセンジョーダン。

この辺りを選びたい。

トレイルブレイザーは、JC馬のスクリーンヒーローとちょっとイメージが被ってる瞬間なので(今だけかもしれないけど)その要素だけで買ってみる。

外国馬で前に行くとしたら、サラリンクスか、シャレータくらいっぽいので、

あの凱旋門賞を2番手追走からしぶとく粘ったシャレータを評価したい。

追い込んで2着なら、デインドリームとの差が明らかって感じにはなるが、

前で粘ったってんなら、同じ天秤に乗せて計ったとするには、ちょっと早計な気もする。

ウオッカを先行させてJC勝ったルメール騎手ってのも警戒するポイントとしてある。

外国馬は、シャレータと、デインドリーム2頭で良いかな。

わからんのが、ウインバリアシオン。

3冠馬オルフェーヴルの2番手。

オルフェーヴルが、どんくらいの器ってのもわからないが、

仮にディープインパクト級だとしたら、

ウインバリアシオンは、アドマイヤジャパンとシックスセンス。

よりも走れるくらいか。

って適当過ぎるか。

まぁどっちにしても、どのくらい走るかわからない上に、

古馬との初対戦になって、いきなり先行策をとってみる奇策なんてのもあるかもしれない。

色々な可能性考えて、3着には押さえておこうかな。

馬券はブエナビスタから、トレイルブレイザー、トーセンジョーダン、トゥザグローリー、シャレータ、デインドリームへの馬単。

で、逆転あるならトーセンジョーダンを指名したい。

前走は流れが向いたと、陣営も言ってるし、

世間一般の目線でも、おそらくそういう見方をされていてはいるのだが、

トーセンジョーダン目線で見れば、

「あ~天皇賞っすか? あれは~まぁ展開向きましたね。ワシはスタミナありますから。」

「あ、でもね~、距離的には向いてなかったんすよ。やっぱ、もうちょい長い方が良いすよね。」

って感じだ。

向いたっちゃ向いたけど、向かないっちゃ向かないレースで勝ったってことでもある気がする。

いくら展開向いたって言っても、あのメンバーに勝つ馬は普通じゃないと思うのもある。

ここは完全本格化していると見て、東京2000m以上ならまだ奥行きありそうな、

トーセンジョーダンをウラの本命で買っておきたい。

馬券もここから馬単流しかな。

あとはブエナとのワイドをひとつ、持っておこう。

3着候補にペルーサ、ウインバリアシオン、エイシンフラッシュって感じで。


今回はどっちかっていうと、見て楽しむレースかもな~。

楽しみですわぁ~!

ジャパンCの予習 
 
ジャパンカップの予習をさらっとしておきますか。

今年のジャパンカップのポイントとしては、凱旋門賞1、2馬の出走と、 レコード決着の天皇賞組、

このに2点をどう判断していくかってところなのかな。

外国馬の方からかじって行くと、

外国馬の参戦は、結構たいそうな成績を引っ提げて来ても、

メディアがこれでもかっぐらい推しても、

本番では善戦するどころか、馬券内にも食い込めないパターンがデフォルトで、

基本的には買えないイメージが強い。

基本的にはそうなのだが、

今回は、世界最高峰のレース、凱旋門賞のワンツー組。

それでも、ジャパンカップという舞台ではアンパイとは言えないが、

今年の凱旋門賞は、レコード記録の高速決着。

そして、勝ったデインドリームは2着に5馬身差。

人気薄が勝った高速決着ということで、レースの流れが向いたフロックっぽいドイツ馬の勝利みたいな感覚も、しないでもないが、

5馬身差のレコード勝ちって、マグレでできるもんじゃないし、

単純に、あの5馬身の差をそのまま、強さの差として受け止めることにして、

ガッチリ警戒した方が良さそうな気がする。

その上、レコード勝ちってので、

外国馬を見る上で気になってしまう、日本の高速馬場への適性という部分でも、

これまでの外国馬に比べて心強いものはある。

より、マークしていた方が良さそうだ。

で、天皇賞組の方をどうみようかってところだが、

勝ったトーセンジョーダンはまた別として、

3着ペルーサ、4着ブエナビスタ、

これは両方とも押さえた方が良いんじゃないかと、

現段階では思っている。

ペルーサは、じわじわと体も気性も完成系に近づいてきていて、

東京はベスト、2400mという距離もベストだと思っていて、

終いの、長く使う脚の良さってことなら日本の現役馬でもトップクラスだと思う。

ブエナビスタも、去年のジャパンカップでのキレっていうか、

最後の突き放した場面ってのは、すごく強さを感じたものだ。

結果降着ってオチだったが、

試合に負けたが、勝負には完全に勝ったって感じで、

ブエナもやはりキレよりも、持続性が活きそうな東京2400mがベストなんだろうなと感じてしまう。

なによりこの2頭を押さえておきたい理由としては、

あの天皇賞での、速すぎる流れの中でも、なんとか勝負できていたからだ。

あの流れでも持ち味が生きるなら、外国馬が作る流れ、あるいは、またトーセンジョーダンの理想形になるようなことがあっても、

勝負になると判断してしまう。

で、なんだかんだで、そのトーセンジョーダン。

これも、外すよりは買いかなって感じはする。

東京コース3勝2着1回で、2着はガキの頃の1800mっていう成績。

そんで、2000mの天皇賞を勝っておきながら、実は距離が延びた方が良いんすってタイプで、

この部分だけを普通に考えたら、中心視されるべきなはずで、

おそらく今回馬券候補として考える可能性は高い。

あとはヴィクトワ―ルピサがどうなんだろうなぁ。

データを見てみると、間隔が空いてJCに来た馬たちの過去の成績を見ていると、

はっきり言って、勝負にならないと言えるくらい成績が良くない。

しかし今回は、世界のヴィクトワ―ルピサ。

過去データとは、違う結果を出すかもしれない。

正直、ここは買いたい気持ちを我慢して、

有馬記念の連覇を期待している、今の心境なのだが、

う~ん、どうしてくれようかな。

あとは、トゥザグローリーの微妙な復調気配、

3歳世代のナンバー2、ウインバリアシオン。

このあたりが、わかんね~よ~う。


今年のJCは、悩みどころが多すぎるっす。

長いこと書いて、結局有力どころを押さえますよって感じになってしまったな。



もっと考えよう!
マイルCSの予想。 
 
マイルCS。

マイルのチャンピオンのシップですなー。

今年の外国馬は、イモ―タルヴァース、サプレザの2頭。

サプレザは過去2年で、3着、4着、着順以上の内容で、ここも好走してきそうな感はあるけど、

イモータルヴァースってのが、日本でどのくらい走るのか気になるなぁ~。

成績だけ見れば、サプレザよりもちょっぴり評価しなければならないが、

どうやら、高速決着は望んでいないっぽい。

今日は雨で、不良馬場での開催だったが、明日はどうか。

明日も渋ったままになるなら、イモ―タルヴァースのペースって感じか。

1番人気はリアルインパクトで、単勝オッズは現在4.8倍。

1番人気が5倍近いとは、なかなかの混戦ムードだ。

オッズ同様に、馬選びも今回は難しい。

穴から攻めるって決め打ちしてたわけではないが、

色々と考えた結果、ダノンヨーヨーから攻めてみることにする。

昨年の、マイルCS、エーシンフォワードの2着。

一時はマイルのニューヒーローとも思ったダノンヨーヨー。

それからは馬券内どころか、掲示板も遠くなってしまった。

だが、今回は、去年2着のマイルCS以来の京都コース。

京都なら走るんじゃないかっていう思いだけで、

ザ・マイラー、ダノンヨーヨーを応援しようと思う。

道悪もこなせるし、毎日王冠のレースっぷりから、まだ終わったようには思えない。


相手は色々いて難しいが、

2年連続で、好走したサプレザを指名したい。

過去2年もベストな流れと言えない中で、勝ち馬にわずかに及ばずというところ。

マイルCSでの安定感を買うならサプレザは1番良いように思えていて、

3年連続で挑戦し続けた最後は、これまでで1番の結果を出してもらいたい部分もある。

あとは3歳で安田記念を勝ったってだけで、十分に素質を評価できるリアルインパクト。

ちょっと距離が延びたところの勝ち鞍もほしいところだけど、

あの毎日王冠の2着で、それは十分な気もする。

道悪って要素で考えればエイシンアポロン。これも押さえておきたい。

道悪の基本で、逃げるシルポートも警戒だな。

イモータルヴァース、キョウワジャンヌ、エーシンフォワードあたりも3連系では抑えておきたい。

馬券はダノンヨーヨーとサプレザの馬連とワイドがメインかな。

あとはダノンヨーヨーから数点、サプレザから数点流す感じで。


3連系はうまく買わないと、点数が膨れ上がりそうだなー。

サイフが膨れ上がのは嬉しいんだけどね。


フクラメサイフ!
福島記念の予想。 
 
日曜の重賞の予想と行きますか。

マイルCSの予想はこの後に更新するとして、

まずは、福島記念。

新潟2000mで行われる福島記念。

同じ条件っぽい新潟記念あたりをデータとして見ると、

なかなか波乱の香りがするレースだ。

データ的に見ると、逃げ粘りは厳しそうで、

好位~中団追走、もしくは追い込みって感じか。

いずれにしても、最後の脚は良いモノが必要で、ペースが落ち着いていれば、

先行勢の中でも、長く良い脚使える軍団が残りそうではある。

今回人気の、中央4連勝馬、アドマイヤコスモスは、

中団より前目で先行して抜け出すスタンスで勝ち上がって来ている。

新潟2000mは、SS系はデータ的に好成績で、この馬も新潟2000mを勝ってきている、

1800以上を多く使って来ている組が強いのも、追い風だ。

格さえ無視すれば、馬券になる要素はかなり詰まっている。

ここはダントツの人気でも拾っておいた方が良さそうな気はする。


で、新潟記念をデータとして見るなら人気薄の好走も注意しておきたい。

人気薄の激走っていうと、ここでは3年前の新潟記念の勝ち馬、アルコセニョーラが記憶に強く残る。

人気薄、軽斤量、牝馬、追い込み脚質、SS系のステイゴールド産駒。

これピッタリとハマってくるのが、今回のバウンシーチューン。

オークスでは大敗したものの、2000mの距離で、軽斤量ならば、イッパツを期待したい。

ってことで、安定した軸にはアドマイヤコスモスを置きたいものの、

本命としてはバウンシーチューンのハマり具合に期待してみる。

あとは、中団~好位で、最後も脚使えるってので、ヤングアットハート、モンテエンあたりが3番手候補。

あとは追い込み勢でメイショウカンパクと、SS系でゲシュタルトの距離適正も拾っておきたい。

買い方が迷いますな。

バウンシーチューンから、アドマイヤコスモス、ヤングアットハート、モンテエンへのワイドかな。

あとは気分で買いますか。


バウンシーチューン、人気薄って感じでもないんだなー。

東スポ杯2歳Sの予想とか 
 
今週は日曜日にマイルチャンピオンシップが控えているが、

土曜日は東スポ杯がある。

これを叩き台として予想していきたいのだが、

あまり予想する部分がない。

買うのはPOGのチーム指名馬、ディープブリランテで決まっている。

このディープブリランテ、新馬戦のカッコ良さを見る限り、

今年のクラシック候補として数えられて良いはず。

相手関係どうこう抜きで、あのカッコ良さで、重賞勝てないならウソだ。

好きな馬って色々いるけど、

走り方がカッコ良くて好きな馬は、ダントツでディープインパクトだ。

その父にも似た、跳ねるようなフォームのディープブリランテ。

POGチーム目線で見ても、個人的にも、

期待するものってのは大きい。

ここは、ディープブリランテの単勝で。

ゲート遅れたり、位置取りが悪かったり、

道中でウ〇コするために力んでしまったりという展開を考えて、

クラレントとの馬連も拾っておく。

3着で拾いたいのはマイネルロブストとジャスタウェイかな。

すでに点数少ない感じなので、3連単2点もオーダーしておこうかな。

で、予想がこれだけだとさみしいので、京都メインの修学院Sも行ってみる。

ここはダノンスパシーバが堅そうではあるが、

サンビームから入ってみようと思う。

ほとんど京都しか走った経験がないが、3勝挙げているのは強みにはなる。

菊花賞ではダントツのビリだったが、1800~2000mの距離でマイペースの逃げが出来れば、

ここくらいは勝負になりそうな気はする。

斤量53kgで、今が買い時って感じもする。

そこそこ揃っているし、ここは良い力試しって感じかな。

サンビームからダノンスパシーバへの馬連とワイド。

サンビームから、カワキタフウジンへのワイドかな。

同型がどう走ってくるか気になるけど、ユニバーサルバンクとエーシンミズーリに勝った馬だ。

影は踏ませても良いから、ハナ差でねじ伏せてほしい。


エリザベス女王杯の予想 
 
エリザベス女王杯の予想といきますか。

メンバーが、すんごい豪華すぎてシャレにならないよ、お母さん!

って感じのワクワク度だ。

アパパネの史上初~に注目が集まっているが、

昨年のスノーフェアリー。

1頭だけ、ターボエンジン搭載したようなキレを見せた、この凱旋門賞3着馬を相手に、

牝馬GI完全制覇という、偉業は、

さすがに難しいと考えてしまう。

アパパネは、前走、前々走と大きく着順を落としたが、

本番に強いこの娘は、逆にその布石がアリっぽくも見えるし、

ちょい人気落とすだろう今回は買い時なのかもしれないが、

昨年の着差が、実力の差に近いのであれば、

あの差は、今のアパパネが埋めるには遠すぎる距離かもしれない。エリザベス女王杯の予想といきますか。

メンバーが、すんごい豪華すぎてシャレにならないよ、お母さん!

って感じのワクワク度だ。

アパパネの史上初~に注目が集まっているが、

昨年のスノーフェアリー。

1頭だけ、ターボエンジン搭載したようなキレを見せた、この凱旋門賞3着馬を相手に、

牝馬GI完全制覇という、偉業は、

さすがに難しいと考えてしまう。

アパパネは、前走、前々走と大きく着順を落としたが、

本番に強いこの娘は、逆にその布石がアリっぽくも見えるし、

ちょい人気落とすだろう今回は買い時なのかもしれないが、

昨年の着差が、実力の差に近いのであれば、

あの差は、今のアパパネが埋めるには遠すぎる距離かもしれない。

スノーフェアリーが連覇すると見て、今回は外国馬から買うことにする。

基本的は日本馬を応援したい立場だが、

正直、スノーフェアリーのあの最後のターボの効いた鬼脚には鳥肌が立ってしまった。

競馬を見ている者として、ちょっぴり惚れてまうほどの、

もうスゴイ強さだった。

こうなると、もう1頭の外国馬、ダンシングレインも怪しくなってくる。

色んなメディアでも言われてるが、逃げ馬不在で、この馬は要注意だと思う。

状態が心配ではあるが、

もし、スノーフェアリーが届かないとすればここかもしれない。

マイペースでの悠々単騎逃げ。ヘタすりゃ頭も警戒しておきたい。

馬券は、スノーフェアリーから、ダンシングレインで、

ダンシングレインからもいくらか流す予定で。

で、ダンシングレインの展開になっても、信頼がおけそうなのがアヴェンチュラ。

秋華賞の良いイメージで、前々でロスなく折り合って行きたいところで、今回最内枠。

スタートさえキッチリ決めて有利に進めれば、

外国馬の中に割って入ることができると思う。

もう期待したいのはレーヴディソール。

普通に考えればこんな臨戦態勢は、

シーズンの大半を棒に振ってしまったルーキーが、日本シリーズの最終戦前日に退院して、

当日に、いきなり、

「すまんが、今日先発してくれ!」

って言われたようなもんだ。

ただ、この幻の、無敗の3冠馬は普通感覚では見れないところもある。

いきなりここで結果出しちゃうのを、ちょっと期待してしまっている。

ダンシングレインは展開が嵌まったら恐いってので、頭もちょい買うけど、

実際には、スノーフェアリーをレーヴディソール、アヴェンチュラがどうにかしないもんかなぁ~。

的に馬券を買いたい。

スノーフェアリー中心は変わらないけど。

あとは、勢いでここも馬券内って感じでイタリアンレッド、

相手なりに強く走れそうな、フミノイマージン、

京都の適性と、微妙~な復調気配が気になるブロードストリート。

この辺りをうっすら3着候補に引っかけておく。

スノーフェアリーの鬼脚が見れたら、それはそれで良いけど、

あのカワイイ芦毛が爆発するのが、一番見たい。





重賞を差し置いてパラダイスSを予想してみる。 
 

今週土曜日、京王杯2歳Sや、京都ジャンプSがあるところで、

パラダイスSってのを予想してみようと思う。

新設かな?

良い名前ですなー。

ここをしっかり頂いて、パラダイスな週末にしたいところだ。

1400mのハンデのオープン戦。

いかにも1400が得意ざんす!って馬が多数出走していて、

すごく面白そうな1番でもありながら、

馬券的には、悩む部分が多そうだ。

色々な1400mホースがいるが、

ここはアンシェルブルーから入ってみようと思う。

って、これ意外と前日オッズでは、1番人気じゃないのね。

当日には人気になってしまうかなー。

アンシェルブルーはまさに1400mって感じで、

阪神牝馬Sの2着は、後のG1ホース、カレンチャンの能力に屈したものの、

1400mの適性としてはカレンチャンよりも高い気がしている。

ヴィクトリアマイルで、キレ負けして5着ってのも、

すごく、ちょうど良い気もするし。

なんとなく、しっくりくる1400mホースって感じだ。

ここは、アンシェルブルーから。

相手には、ガルボとの比較で、こっちの方が斤量克服できそうってことで、トライアンフマーチ。

前に行く組ではちょっと逃げ粘りが恐いトゥニーポート。

後ろから強襲あるとしたら、オープンでこの距離勝っていて、状態も良さそうなオセアニアボス。

勝ち切れないが、本質は1400mだと感じるレジェトウショウ。

この4頭に絞ってみる。

アンシェルブルーの単勝、ワイド、馬単流しになるかな。


今週はエリザベス女王杯が抜群に楽しみだけど、

特別戦が、けっこう面白いのがいっぱいだなー。

楽しめそうだな。


アルゼンチン共和国杯とみやこS 
 
今週はG1がない代わりに、重賞が2つ。

アルゼンティーナ共和国杯と、みやこSがある。

どちらもさりげなく好きな重賞だ。
みやこSはネーミングが好きだったりする。

ひらがなに開いて、みやこS。

京都っぽい香りがする。

とりあえず、予想の方が行きますか。

アルゼンチン共和国杯は、ナムラクレセントから入ってみる。

このレースは、東京2500mってことで、ちょいスタミナが必要っていうか、キレよりも持続力が要求される。

このレースは、先週の天皇賞をスタミナで制したトーセンジョーダンが勝っている。

過去10年の馬券に絡んだ馬の名前を見ていると、ジャミール、ジャガーメイル、アルナスライン、など、中距離~長距離の馬や、

コスモヘレノス、ヒカルカザブエ、トウカイトリックなどのステイヤーっぽい馬たち。

やはり、スタミナがある馬が多い。

中距離馬っぽいのでは、トーセンジョーダン、アーネストリー、ミヤビランベリなど、持続力がある馬が勝ち負けに持ち込める感じではある。

全体的に見ると距離こなせる馬が中心ではあるのだが、勝ち馬はというと、長距離でブイブイ言わせている馬っていうよりは、中距離メインの方が良さそうで、

今回のメンバーで、ナムラクレセントは中距離馬ながらも、

あの流れの悪かった、春の天皇賞で4着に粘った部分が、ここで活きるような気がしている。

スタミナ、キレじゃない何かが、この東京2500mでは必要で、

ナムラクレセントは、それを持っていると思う。

相手はオウケンブルースリと、ビートブラックの人気2頭。

これらをワイドで持っておいて、

3連系は、適性だけで好走してきそうなピエナファンタスト。

目黒記念4着のトレイルブレイザー。

2500mのイメージは無いけど、地力でカリバーン。

決め手に欠けるスタミナ中距離馬ってイメージここにハマる気がするポルカマズルカ。

これに2頭のコスモ軍団を加えて、うまい具合に持っておきたい。

お次は京都。

みやこSはエスポワールシチーから行きたい。

単純に、トランセンドに完敗したとは言え、まだまだやれる。

というより、ここではカッコつけてもらわんとって感じだ。

相手は京都巧者のワンダーアキュートや、それを負かしたゴルトブリッツはもちろんだが、

あえて、キングスエンブレムを筆頭として指名したい。

みやこSはトランセンドの2着があり、

前走で復調ぶりを見せているのもあって、

ここではちょっと期待して見たい。

エスポワールシチーから3頭への馬単。

エスポワールシチーからキングスエンブレムへのワイド。

3連系としては、

メダリアビート、ニホンピロアワーズ、ダイシンオレンジあたりを3着までには見ておきたい。

好きなのはトランセンドだけど、

トランセンド、スマートファルコンを相手にまだまだやれるぜ!って感じの、

圧勝レースを期待したい。


どうでもいいけど、

この間、携帯で、色々調べようとして「スマートフォン」って入力しようとしたら、

スマートフ あたりで、

予測変換されて、「スマートファルコン」って出てきました。



時代はスマートフォンよりも、スマートファルコンか!


ファンタジーSを、すごくさらっと。 
 
今週は、遠出したり何なりで、

せっかくパソコンが仮にでも復帰したのに、携帯からの更新になってしまった。

今週土曜はファンタジーS。

さらっと予習しておきたい。

データが少ない2歳戦。

ここは感や、イメージ、印象みたいなものが、

他のレースよりも比重がちょっぴり大きくなるところだ。

印象で良かったのが、アンチュラス。

1400mの未勝利戦で、4馬身差の圧勝。

未勝利戦ってので、レベルは落ちるし、その中身も何とも言えないのだけれど、

この時期の4馬身、5馬身差で、勝つ牝馬は、レースレベル関係なく、走れるイメージがある。

牡馬だと、そんなに評価上げにくいんだけど、牝馬のそういう勝ち馬って、ちょっと強いって思ってしまうのが、この私。

牡馬相手の前走でキッチリ完勝したファンチョイスも、函館ホースじゃないのであれば、強い気はしていて、

ここは馬券内の、可能性は高いと見ている。

他では、新馬戦で、アーデントを下したヒーラ。

これも、未知の能力がちょっと惹かれる。

未知の能力が本物の方だと信じて、これも相手候補かな。

馬券はアンチュラスから、ファンチョイス、ヒーラへのワイド。

アンチュラス軸の3連複で、サヴァーレ、タガノミュルザンヌ、エイシンキンチェム、ゴールデンムーン、ピウウィッチアス辺りも絡めておきますか。

まぁ、難しいな~2歳戦。

何かしらアミに引っ掛かれ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。