スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好きな言葉 「シンプル イズ ベスト」 
 
先週あたりに書き始めた、好きな言葉シリーズ。

シリーズっていう程の大したもんでもないですけど、またひとつ思い出したので、書いておこうと思います。

今回は、「シンプル イズ ベスト」って言葉です。

これも、「好きな言葉」っていう枠ではない気もするんですけど、

色んな場面で、そうだなぁーって思うことが多いです。

シンプルなものは良い。っていう単純な考え方が、基本的にはあるんですけど、

ただただ、単純なものが、イコール、ベストに結び付くってわけではなくて、

「シンプル イズ ベスト」を高い次元でやることの難しさとか、

実際にそれを、高い次元でやっている人の凄さとか、

そういう部分を踏まえての、「シンプル イズ ベスト」っていう考え方ですかね。

自分でも、うまく表現できずに、何言ってるかわからなくなりそうですが、

一言でまとめれば、「高水準なシンプル イズ ベスト」ってことでしょうか。

例えば、ビートルズってみんなが知っているし、

知っているだけでなく、良い音楽として、純粋に受け入れられている部分がありますよね。

これは、ひとつにビートルズの音楽に「普遍性」とか、「聴きやすさ」というのがあるからだと思います。

ロックが好きでなくても、BGMとして、気持ち良く聴いていられる。

そういったシンプルな良さが、やはりあるとは思うんですよね。

おそらく、街行く女子高生とかに、「ビートルズってどう思いますか?」

なんて質問をすれば、

「えー? ビートルズ? なんかアレだよねー、シンプルで良いよねー。英語何言ってんのかわかんないけど、って、アハハ! ちょ~ウケる~!!」

って感じの答えが返ってきそうですけど、

しかしながら、ロック的な観点から見ると、

「これがシンプルなんて、とんでもない!」

って感じの、天才っぷり、異質っぷりが楽曲の随所に見られるわけです。

自分がビートルズの凄さを伝えようとしても、全然伝わらないと思うので、

この部分に深く入り込むのはやめますが、

音楽をやっていると、ビートルズの異次元レベルっていうか、変態度っていうか、

どんどんわかってくるんですよね。

シンプルな音楽だけど、実はものすごい中身の濃さ、

例としては、ちょっと大げさかもしれませんけど、

「シンプル イズ ベスト」を高い次元でやっているビートルズは、凄いって思います。

今さら言うことでもないんですけどね。

シンプルな曲を、濃厚に作るってほんと難しいんですよね。


スポーツ界で、言えば、ちょい古いネタになりますが、

メジャーリーガー、イチローの1シーズン最多安打記録。

そして、200本安打の継続記録。(10年間だっけか?)

この記録に対しては、色んな見方をされているとは思うんですが、

これも、シンプルなようで難しいものですよね。

ただ思い切りバット振り抜けば良いってわけじゃないし、選手にしかわからない難しさもあると思うんですが、

何よりも、それを、継続させること。これが簡単ではないですよね。

怪我などを含む、体調のケアの大変さって部分もありますしね。

これが、ベストかどうかの意見は分かれるかもしれませんが、

これはイチローにしかできない記録だと思いますし、素晴らしいことだと思います。

私の中では、ベスト側に入りますね。

まぁ、ちょっと脱線しましたけど、


野球で、誰もがわかりやすい 「シンプル イズ ベスト」を考えれば、

ストライクゾーンだけを狙った、それも直球だけで、27アウト。完全試合ってのが、そうなのかもしれませんね。

そのシンプルを貫くのが難しいから、変化球、見せ球、打たせて取る、敬遠など、

あれこれ策を尽くしてベストを目指すわけですよね。


そんな神業ストレートのように、

やっぱり世の中、なんでも、シンプルが一番良いし、そこを目標に目指すんですけど、

ベストなシンプルが見出せないないから、変化球を色々とやっちゃうわけで、

そう考えると、「高水準のシンプル」ってのは、なかなか辿りつきにくい、難しいものだなーと思います。

料理で言うなら、

高級食材をふんだんに使って、

「仔牛のナンチャラ風、メンチャラソース和え、~秋の香りとともに~」

みたいな料理も、美味しいだろうし、悪くはないけれど、

目指したいのは、

ネギと卵だけで、メッチャクチャうまいチャーハンを作る。

ってところな気もしますよね。


なんか、自分で書いてるうちに、本当に何を言いたいのか整理できなくなってきました。

いつも思うことですが、人にものを伝えるって、難しいですね~。

こんな時こそ、シンプルさが必要なんですなぁ。


まぁここまでずっと、シンプルについて語ってきたわけですけど、

もちろん、世の中には、手が加えられていない、「純粋なシンプル」でありながら、

それでいて「ベスト」なものも、たくさんありますよね。

鮎(アユ)の塩焼きなんか、川魚を塩つけて焼いただけなのに、抜群のうまさがありますよね~。

そういうのを食べた時、

手がかかってりゃ良いってわけじゃない!って思いますな。

あぁ~、シンプルがどうとか、そんなのより、

鮎の塩焼きが食いたくなってきたな~。


「鮎 イズ ベスト」ってことで、終わりにさせて下さい。

さすがに、「好きな言葉」にはならなそうですが。


あの、たまにしょっぱい部分があるのが良いんだよなぁ。

スポンサーサイト
先週の競馬を軽く振り返る。 
 
先週の競馬を振り返りますか。

京都牝馬Sのドナウブルーは、本格化って感じかねー、あれは。

牝馬のクラシック路線では、もどかしい競馬が続いて活躍できなかったけど、

力を出せれば、こんなにも強いんですなー。

妹のジェンティルドンナも、今年の3歳牝馬の中心だし、

この一族、POG的に、ビワハイジ一族ぐらい要注意かもしれないなー。

牡馬がどのくらい走るのかって部分、

ディープ産駒以外はどうなのかって部分があるけど、

これは無視できない感じですな。

結局、このドナウブルーは、相手で馬券は持っていたものの、

馬券はクィーンズバーンと、アスカトップレディから入って、浮きが出ず。

アスカトップレディが3着。

そしてクィーンズバーンが、善戦の5着。

頑張ったんだけどなー。

意外に、もうちょい距離あったほうが良かったりするのかな。

もうちょい後続を離して逃げるような展開も見てみたい感じだ。


根岸Sは、シルクフォーチュンが能力発揮。

この馬は嵌れば、決め手はGⅠ級ですな。

ダノンカモンは、乗り難しい馬だと聞くけど、

ここ連に絡まないと、次が難しい感じになってくるなー。

巻き返すのか。

馬券はヒラボクワイルドと、ダノンカモンから入って撃沈。

トウショウカズンも、買いにくかったなぁ。

ここ2着でも、次買えるかどうか、微妙なところだ。


それにしても、年明けから馬券の調子が良くないですなー。

昨年の10月~年末まで、流れが良かっただけに、落差を大きく感じる。

まぁ、もう1月は終わりってことで、

2月からは、巻き返して行きたいなー。

2週目の共同通信杯に、良い流れを持って行くために、

来週はキッチリ獲らなくちゃな。

で、その配当金でもって、共同通信杯Dayを、現場でちょっぴり遊ぶってのが、

スーパー理想ざんす。

んで、その日も馬券だいぶ獲っちゃうのが、

ハイパー理想でごわす。

スーパー理想までは持っていきたいなぁ。


WIN5はオールハズレ。

あ、小倉だけ当たったか?全買いですけどね。


まぁ、やっちまった!!!

って感じの、今週の競馬でした。

来週、来週!

2月、2月!
今週のWIN5 in 京都牝馬Sウィーク。 
 
さて、今週もWIN5、的中目指していきますかー。

この企画をまた簡単に説明すると、全頭買いするレースをひとつ決めて、

残りのレースをWIN4しようぜ!って企画です。


1R目 松籟ステークス

◎ウォークラウン
○フェニコーン  
▲マナクーラ
△ロードオブザリング

◎の1点
 …前はおそらく少し速くなりそうで、好位差しの競馬が良さそう。
  アメジストSの3着の経験から、東京は結構走れるかも。


2R目 節分ステークス

◎ミカエルビスティー
○セレスマジェスティ
▲サクラネクスト
△ドリームカトラス
△ミヤビファルネーゼ
△プランスデトワ―ル
△シルクアーネスト

◎と○の
 …◎は、距離こなせるかが鍵。そして、中団より前目に付けれれば、能力上位ではある。
  ○も、距離伸びてどうかだが、2走前の追い上げた脚は魅力的。


3R目 紫川特別

◎メイショウツガル
○メイショウローラン
▲ジョーアカリン
△シチリアーナ
△ニジブルーム
△グッドルッキング


 …これ、という本命が不在。 
 他のレースも迷ったが、ここを差し置いて、他レースを全頭という選択はできなかった。


4R目 京都牝馬S

◎クィーンズバーン
○アスカトップレディ
▲ドナウブルー
△エーシンリターンズ
△ビッグスマイル
△スプリングサンダー

◎の1点。
 …これは、なかなかの冒険ですな。
  予想は前回の記事を見て頂けたら幸いです。


5R目 根岸S

◎ヒラボクワイルド
○ダノンカモン
▲シルクフォーチュン
△セレスハント

◎の1点。
 …ヒラボクの2週連続なるか?
  予想は前回の記事を見て頂けたら幸英明Jです。


以上で、今回のWIN5は、30点。


総括:

今回はどこが荒れてもおかしくないですな。
自分の買い目でも、1番安い配当で、300万くらいはつきそうだもんなー。

冒険もたまには必要ですよ。競馬ってもんは。

京都牝馬Sと根岸Sの予想。 
 
さて、明日の重賞を考えますかー。

京都牝馬Sはクィーンズバーンから行ってみようと思う。

重賞初挑戦ではあるが、ここでも人気側のビッグスマイルに、前走で先着しているし、

そのレースではエックスダンスの波乱演出というのもあって、レースの流れを疑う部分はあるかもしれないけれど、

流れが向いたから2着に好走てできたっていう感じは、個人的にはそんなにしない。

今回、有力どころの多くが中団以下に構えて、脚を溜めそうな気配を感じるので、

能力も拮抗している、その馬群の中から絞り込むよりも、

思い切って前行けるクィーンズバーンで攻めてみてもいいのかなと思う。

他だと色々迷っちゃうからねー。

買いやすくて良いですな。

相手は、アスカトップレディ。

前行けるのも良いし、このメンバー構成でマイルってのも、この馬にとって良い気がしている。

後ろは、ちょっと忙しそうだもんな。

3、4番手以内にスッとつけて、そのまま流れ込んでほしい。

あとはドナウブルー。

前走は前に行って、直線突き放す内容。この流れなら買いっぽいかな。

エーシンリターンズは、久々ではあるが、マイルがベストと言って良さそう。

いきなり走りそうな気配はあるので、久々が嫌われてるところを拾いたい。

後ろから突っ込む組として、

前残りをイメージする流れの中では、速い上がりを使える馬が良い気がしているので、

ここでは、スプリングサンダーを取りたい。

切れ味っていう点では、このメンバーの中ではおそらくトップクラスじゃないかと思う。

この辺を相手に取って、

馬券は、クィーンズバーンの単勝。

クィーンズバーンからの馬連、ワイド。

アスカトップレディからの馬連、ワイドかな。

3連系は、当日悩む予定。

ビッグスマイルも、国分恭Jに替わって、前行ったりしないもんかなー。


根岸Sは、ダノンカモンの安定を取るのもアリな気はしたが、

前々回の記事のまんま、ヒラボクワイルドの1400m適正にかけてみようと思う。

相手は、ダノンカモン、シルクフォーチュンなどの実力馬はもちろんだが、

個人的に、ナニハトモアレとブライトアイザックを抑えたペルセウスSの評価が高い、セレスハントも選んでおきたい。

あとは、1400mで力出せるダイショウジェット。

あとは、今週復帰した内田騎手のタイセイレジェンド。

ここまで、2着ありで見ておきたい。

馬券は、ヒラボクワイルドから馬連流しかな。

あとは、やはり能力的にダノンカモンの斤量は、お得な気がするので、

ここからの3連単も、素敵に狙って行きたい。

点数抑えるなら、ヒラボクワイルド2着固定になるかな。

3着勢は、当日の雰囲気で選ぶ予定。

明日は、混戦っぽいレースが多いような気がするけど、

やっぱりWIN5は荒れるのかなー。


そろそろ当てたいねー。


シルクロードSと、白富士Sの予想。 
 
土曜日メインを考えていきますかー。

まずは重賞のシルクロードS。

ロードカナロアが連勝を伸ばすのかに注目が集まりますな。

オープン2戦、そして、前走の京阪杯ともに、1馬身以上を付けての勝ち。

スタートが上手な分、前でも競馬できるが、

馬群に控えても競馬ができる。

現に、前2走は、スッと好スタートを切った後、ちょい下げて、

前行く組に先行させて、

直線入るあたりから、エンジン掛けて差す競馬。

レースセンスが良いし、最後の伸びと言えば、他とレベルが違うっていう脚を見せるし、

強いよなぁー、これ。

GⅠホースぐらいじゃないと、負かすのは難しいんじゃないかと思う。

このメンバーなら、ロードカナロアの連勝は、続くと判断しても良さそうだ。

ここは、相手探しになるかな。

レベルがちょい上って考えると、エーシンヴァーゴウになるか。

心配されるのは、休養明けってのと、斤量になるが、

過去の流れから、いきなり走りそうでもあるし、

スプリンターズS3着で、GⅡも勝ってる馬が、

このくらいはこなすんじゃないかと思う。

唯一、逆転の可能性があるとしたら、この馬しかいないっぽい気がするな。

まぁ今回は、勢いでロードカナロアを上にみておきますか。

人気側ばかり攻めてしまった感があるので、

3着の席は、ちょい荒れてもらいたい。

前走、同じコースで、3馬身つけて逃げ勝ったエーシンダックマンが、ここで、どのくらい強いのか、

気になるところではあるが、

ロードカナロア、エーシンヴァーゴウっていう、ハイレベルな2頭が、

2、3番手の好位追走パターンっぽい気はするので、

これらを後ろに置きながらの、前行く馬ってのは、結構キツイ流れになるんじゃないかと想像してしまう。

有力どころが追い込み勢であれば、逃げ残りの目はありそうだが、

前が有利の京都1200mとは言え、前が苦しくなるパターンが、ちょいとチラつく。

もし、くっついてくるとしたら、追い込み勢、

もしくは、この2頭に付いていきまっせの形になるような馬を加えておきたい。

京阪杯でロードカナロアの2着のグランプリエンゼル。

前走、4、5番手くらいから、エーシンダックマンと同じ脚を使って届かなかったスギノエンデバー。

オパールS、京洛Sの内容から、キョウワマグナム。

直線平坦が得意そうなサンダルフォン。

終いの脚は見どころがあるツルマルレオン。

このあたりを3着候補でくっつけときたい。

念のため、エーシンヴァーゴウが3着になるパターンも持っておくかな。


そして、東京のメイン白富士S。

GⅢくらいなら、十分あり得るメンツですなー。

ペルーサがいて、セイクリッドバレーもいるからかな。

楽しみなオープン競争だ。

青葉賞勝ち以来、勝ち鞍がないものの、格の違うペルーサにとっては負けられない一戦ですな。

史上最高のダービーでは、ヴィクトワ―ルピサと人気を二分した逸材。

こんなところを走ってる暇なんかねーんだよって言うくらいの、

余裕のある勝ち方を見せてもらいたい部分がある半面、

思いっきり賭けに行くには、恐さもあるのも本音ではある。

ジャパンカップでは、3番人気に押されながら、まさかのシンガリ負け。

問題は能力がどうかって部分ではなくて、その能力を出せるかどうかってところになる。

言い換えるなら、ペルーサ自身、己との戦いってところか。

もし、キッチリ能力出し切るなら、得意の東京だし、ブッチ切っての完全勝利って感じはするが、

負けるパターンを考えると、2着もあれば、

ペルーサの精神状態によっては、2ケタ順位もあり得る気もしている。

アンカツJに戻って、斤量もこのくらいってのは、

復活するキッカケになる気はするのだが、

思い切り馬券を買うのは、完全に復活してからにしようかなと思う。

ペルーサ頭からは、エーブチェアマンと、エオリアンハープ2着の、

ミッキーパンプキン、コロンバスサークル、セイクリッドバレー、

ヤングアットハート、アドマイヤメジャー、スノークラッシャー3着付けの3連単。

この1200円分だけ買っておこうかな。

他は、エーブチェアマンと、エオリアンハ―プ絡みを買う感じになるかな。

白富士Sは、手綱を抑えた感じの買い方で。

今年、ペルーサのGⅠショーになったら、それはそれで面白そうなんだけどなー。


どこまで復活するか。ペルーサ。
京都牝馬Sなどの予習。 
 
京都牝馬Sとか、根岸Sあたりの予習をしていきますか。

まず、京都牝馬S。

コレ、難しいーぞー。

昨年の勝ち馬、ショウリュウムーンがいて、

ヴィクトリアマイル3着が未だに輝かしいレディアルバローザがいて、

そのレディアルバローザに何度も先着し、牡馬ともやり合えているエーシンリターンズがいて、

勝てずとも、重賞で何度も馬券に絡むコスモネモシンがいて、

4歳牝馬ではトップレベルっぽいビッグスマイルがいて、

目移りが激しくなるところに、

京都金杯で3着に入って、ここも向きそうなアスカトップレディがいて、

マイルまでならやれそうな気がしちゃうスプリングサンダーがいて、

牝馬相手とは言え、前走後続ちぎったドナウブルーがいて、

いつ穴あけるかわからないオークス馬のエリンコートもいて、

前走京都で、波乱演出してしまったスイートマトルーフあたりもいる。

・・・なんじゃこりゃ!?

まぁ、エリンコートや、スイートマトルーフってのは無理があるかもしれないけども、

こりゃー混戦ですなー!

ちょっとした展開、枠、調子。

それらによって、いくらでも着順が上下しそうな気もする。

好きな馬で、馬券を組めば、

ビッグスマイルとエーシンリターンズ絡みの馬券ってことで済ませても良いが、

穴側も含めて、他の馬の進出をしっかり考えたい。

人気側では、アスカトップレディは良い気はする。

1800mも2000mも勝ってはいるが、

ユートピアSや、前走の京都金杯を考えれば、マイルくらいが良さそうだし、

京都コースも相性が良さそうだ。

前走は大外枠スタートから、中団追走の競馬になっての3着だが、

先行しながら伸びていくこのタイプは、やはり前に行った方が良い気はしているし、

もし、内枠~中枠に入るようなら、ここは勝負できると思って、馬券に組み込みたい1頭だ。

穴側で、ちょい期待しているのが、クィーンズバーン。

どうでも良いけど、「イ」 が 「ィ」なのね。

この クィーンズバーンの、「ィ」 が可愛い感じに、賭けてみたい。

ってのは冗談だが、

前走の、ビッグスマイルを含めた、そんなに弱くはないメンバーに逃げて2着のレースは、

後方勢が捕まえても良いんじゃないか?っていう流れの逃げ方で、2着。

勝ち馬のエックスダンスにはやられたが、外枠スタートも含め、内容的にも良い気がしていて、

同じく京都マイルの衣笠特別(3走前)も、

簡単に勝ち切れるようなメンツではないところを、逃げ勝ったのも良い。

メンツの強さは、あくまで私見ではあるんですけどね。

これも、内枠~中枠に入ったら、ぜひ狙って行きたい1頭ですな。

混戦で相手選ぶのもだし、枠さえ良ければ、

アスカトップレディと、クィーンズバーンの単勝2点勝負も悪くないかもなあ。


根岸Sも混戦だ。

ダノンカモンは、一枚上の相手と競り合ってるし、

展開に左右されにくい堅実さがあるから、馬連の軸としては一番良いかもしれない。

ただ、2着病がちょい持病なもんだから、頭はクラス関係なく持っていかれるパターンも、

ちょっぴり警戒しておきたい。

今のところは、ヒラボクワイルドが面白そうかな。

重賞では善戦マンの域ではあったけど、久々の1400mで、前走は2と1/2馬身差の快勝。

適距離を大発見した感じだ。

東京コースもよく走れているし、ブラジルCは距離長かったと考えれば、合点が行く。

さらには、先週ヒラボクキングが、波乱演出の大勝利。

勢いも感じなくはない。これはちょっと後付けだけど。

あとは、展開ハマれば、東京1400mのシルクフォーチュンは強いだろうなっていう、

今のところの見解ですな。


先週勝ったヒラボクキングの流れで、ヒラボクワイルド。

そして、今よくよく見てみると、それに騎乗した藤岡祐騎手は、

京都牝馬Sで、クィーンズバーンに騎乗予定。


かかるつもりのなかった罠に、嵌まりに行っているこの流れ。

良い流れなのか、悪い流れなのか。

今夜のご注文は~ DOTCH !?


どっちの料理SHOW、昔観てたな~。

って、すごい締め方してしまった。
先週の競馬を軽く振り返る。 
 
先週の競馬を軽く振りかえっておきましょうか。

AJCCのルーラーシップは、強かったの一言に尽きますなー。

福永騎手の騎乗も、素晴らしかった。

印象がぼやけてしまうけど、2着のナカヤマナイトも、

これから良い線行きそうな、良い競馬を見せましたなー。

3歳では上位っぽいなコレは。

馬券は、ルーラーシップから、ゲシュタルトの、

3着にナカヤマナイトとネヴァブションという2点勝負の3連単しか持っていなかったので、

ソロホームランをイチローにフェンス際でアウトにされた感じの結果になった。

ゲシュタルトとナカヤマナイトは、どちらも同じ評価そしていて、

ノリノリの蛯名騎手が騎乗っていう部分で、ゲシュタルトを上にしてしまったが、

これはしょうがなかったかな。

ゲシュタルトも馬場の悪い内を選んで、頑張ったとは思うし、

金額押さえてた分、良い馬選べたっていう気持ちだけで、マイナス分が相殺された感じになったので、

このレースは良かったと思う。

しかーし、平安S。

こっちはマグレ当たりでも拾いたかった。

馬券を3連単オンリーで攻めて、

ほとんどは、エスポワールシチー頭の馬券だったが、

前での決着を希望していたので、押さえ馬券として、

トウショウフリーク、ヒラボクキングの2頭から、エスポワールシチー、

そして、3着にインバルコ、スタッドジェルラン、キクノアポロ、アドマイヤロイヤル。

こんな馬券を持っていた。

スタッドジェルランが4着に来て、インバルコが5着に来て、

3着、シルクシュナイダーが抜けましたなー。

ゴールした瞬間、前の方しか見てなくて、

3着にそれっぽいところを買っていたもんだから、

この組み合わせも、買ってるぞー!なんつって、

3着はどれだ!? 3着に入線したのは、どなたでございますか!?

ってな感じで、ちょっぴり心拍数が上がる展開になったものの、

3着に入線致しましたのは、白老町からお越しのシルクシュナイダー殿下でございました。

やられたなー。

おそらく、もう1頭選ぶなら、シルクシュナイダーっていう、

ギリギリのところで切ってしまった馬だったので、

これは獲りたかったなぁ。

シルクシュナイダーを拾えなかったのも悔しいし、

スタッドジェルラン、インバルコが4、5着っていうのも惜しかった。

まぁ、エスポワールシチーが勝てなかった時点で本線の予想からはズレてしまったけども、

年明けから、片方の金杯くらいしかまともに獲れたってのがない気がするので、

勢いをつけるって意味では、そんな当たり方でも欲しいっていう部分はありましたな。


まぁ、今年は、まだ始まったばかり!

段々と調子を上げていきまっせー!


今週のWIN5は3000万超え。

このくらいなら、拾えなくはない気も、

しなくもない。

ような香りが漂ってくるような、そんな1月の下旬ですな。

今回のWIN5は、2R目の伏見Sで終わってしまったけど、

2頭買いのレースで、勝ったメモリアルイヤーは、タガノラヴキセキと迷った3番手。

ワイドは獲ったものの、WIN5ってなると、難しいもんですなー。


雪が降ってる季節に1回は当てたいなー。

まずは、普通の馬券で当てないとな。

今週のWIN5 in AJCCウィーク。 
 
さて、今週もWIN5、的中目指していきますかー。

この企画をまた簡単に説明すると、全頭買いするレースをひとつ決めて、

残りのレースをWIN4しようぜ!って企画です。

早速行ってみますか。


1R目 若潮賞

◎カグニザント
○モンテアルベルト  
▲マイヨール
△シャイニンアーサー
△コスモソーンパーク

頭。
 …抜けた人気になりそうなシャイニンアーサーは、前を捕え切れずという競馬が多く、
  前に行く組を上に取ったものの、シャイニンアーサーの戦ってきた相手がちょっと上っぽくも見えて、 
  何とも言えず。
  モンテアルベルトが復帰したり、他の馬も、明確に切れる理由が少なく・・・。


2R目 伏見ステークス

◎ツルマルジュピター
○タガノラヴキセキ

◎と○の点。
 …京都のスプリント戦ということで、前を行く2頭。それほどキツイ展開にはならなそう。
  ◎はトップハンデも、あのエーシンリジルと差のないところを見せていた実力馬。
  ここでは上に見たい。


3R目 関門橋ステークス

◎マルカボルト
○ワンダームシャ
▲カワキタフウジン
△リフトザウイングス
△サトノパンサー

◎の1点。
 …前走は逃げれず、叩き2戦目のここで変われるか。
  小倉は合うと思うので、1~2番手の競馬ができれば。


4R目 AJCC

◎ルーラーシップ

◎の1点。
 …ここでは、格好つけるんだ!
  予想は前回の記事を見て頂けたら幸いです。


5R目 平安S

◎エスポワールシチー

◎の1点。
 …まだ終わっちゃいないぞ!
  予想は前回の記事を見て頂けたら最高です。


以上で、今回のWIN5は、30点。


総括: 

断然1番人気、1頭指名が2レース。
ここさえしっかり勝ってくれるなら、悔いなし!

でも、全部当たってくれたら嬉しいな。
と、心のツィッターを競馬の神様に覗いてもらう作戦。


AJCCと、平安Sの予想。 
 
AJCC、平安Sの予想といきますか。

AJCCは、ルーラーシップから行くことにする。

ガチガチの一番人気ではあるが、

あの有馬記念で4着。

3着だったトゥザグローリーが、先週あんなふうに勝つなら、

ルーラーシップもそんな風に勝つだろう。

と見る。

まぁ、最強世代のトップクラスとして、置いて行かれるわけにはいかないですわな。

明日、馬場が渋った状態だったしても、

不良馬場はむしろ歓迎ってくらいのパフォーマンスを金鯱賞で魅せたので、

その点も心配なさそうだ。

相手は、どうしようかと迷っているのだが、

前走古馬相手に、まるで相手にしていないような勝ち方を見せたナカヤマナイト。

同じコースのオールカマーを2着に走っているゲシュタルト。

このどちらかにしようと思うのだが、

今日、JRA通算2000勝を達成したばかりか、

この日の開催で4勝と、勢いにノリまくってしまった蛯名騎手。

その蛯名騎手が騎乗するゲシュタルトにしてみようと思う。

オールカマーの走りで改めて言う必要もないのだが、

やはり小回りは合うし、前走が重賞でクビ差の2着。

調子も良さそうだ。

馬単とかにしようとも思ったんだけども、

ルーラーシップから買おうとすると、だいぶ辛いのねー。

これは半分見るレースと位置付けて、

ルーラーシップから、ゲシュタルト、

3着にナカヤマナイトの、3連単1点だけ買って、

レースを見守ることにする。

うーん、やっぱり2点かな。

AJCC適正は恐ろしかったってオチを考えて、

ネヴァブションも3着に付き合わせてみる。

平安Sは、エスポワールシチーから。

スマートファルコン、トランセンド、

そして、最近ではワンダーアキュートの後塵を拝してしまうエスポワールシチーだが、

それでも、やはりエスポワールシチーの壁は高いところにある気はする。

GⅠ5勝。そして前走JCDの3着。

無敵だった時期とか、下降線を辿っているとか、

そういう余計な考えを切って、

フラットな状態で、今現在、エスポワールシチーが持つ強さだけを見れば、

ここは勝つと思う。

相手は、逃げる組での決着を希望してみる。

前走だけでは何とも言えず、今回好枠からスタートのトウショウフリーク。

前に行ければ結構しぶとく、ここでは印象薄い感じが良いヒラボクキング。

3着固定組は、追い込み勢から、

昨年2着で、終いは堅実なインバルコ。

相手なりに走れそうなスタッドジェルラン。

切れ味は上級のアドマイヤロイヤル。

ここまでかな。

先行馬だけど、キクノアポロもいきなり走られたらコワいので、3着組へ。

こんなところで。

今回は、馬券に保険が効いてないなー。

こんな日もありますわな。


その日に合わせた馬券が、あったって良いじゃない。

競馬だもの。


パクリじゃないっす。

オリジナルっす。

いや、ごめんなさい。

敬愛というか、踏襲というか、模倣というか、

真似というか・・・。


とりあえず、パクリではないです。


                       ちゃびをまん

土曜日のダート戦。 
 
明日、土曜日が重賞がありませんな。

ってことで、

中山、京都のメイン、アレキサンドライトSと、羅生門S、

この2レースに挑戦してみることにする。

関東圏は今日、雪が降っているみたいで、

明日はおそらく2会場とも、重馬場、不良馬場での開催になる。

京都の馬場は、今現在「不良」のようだけど、

明日はどうなるんだろうなー。

まぁ、どちらにしても馬場が悪そうな勢いなので、

どちらも、前行く馬を狙っていこうと思う。

ダート戦は先行組から中心に見ていくのはデフォルトではあるが、

明日の逃げそうな先行馬というのが、ちょいオッズが美味しいところに落ち着きそうなのと、

いかにも前で競馬したいっていう先行馬が全体的に少なく、前が早くなりすぎる可能性も少ない気がしているので、

たまにある、「重馬場 → 追い込みが効く」っていう図式にも、おそらく、なりにくいんじゃないかっていう、

そんな妄想から入ってみる。

中山のアレキサンドライトSは、コスタパルメーラから。

前に行き切れば、もうちょいやれそうなあたりも良いんじゃないかな。

相手は、ゴールデンチケット。

前で競馬できるし、

段々と調子を挙げて来ていて、ここら辺でトップフォームっぽいかなってのもある。

芝を走っていた経歴もプラスっぽく思える。

ウインマリアメール。これも、ゴールデンチケットっぽさがあるかな。

あとは人気側で、グリッターウイングあたりも押さえておこうかな。

後ろから突っ込んでくる可能性も一応考えて、これにはドットコム。

相手は計4頭でいいかな。馬連流してーの、あとは3連系で持っておこう。

羅生門Sは、タナトスから。

相手に、前行った時に馬券になりそうなキョウエイカルラ。

シュテルンターラー。これも先行で。

後ろからは、重馬場、不良馬場で勝っているセイカプリコーン。

それに迫ったメイショウマシュウかな。

こちらも、馬連流しの、3連系かな。

うーむ、こっちはあまり自信がないですな。

セイカプリコーン頭もなんぼか買っておきましょうか。


最近は寒くなってきたなー。

雪さえ降らなければいいんだけど、

雪がなくて喜ぶような寒さでもないんだよなー。

冷え性なもんだから、寒いの弱いんですよね。 

ブルブル。プレブル。


春が待ち遠しい!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。