スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪杯と、ダービー卿CTの予想。 
 
日曜日の予想をしていきますか。

まずは大阪杯。

こっちは、フェデラリストでいってみる。

GⅠホースたちが相手だが、

前走の中山記念の勝ちっぷりを見れば、

挑戦者の立場とは言え、ここも上に見れる気がする。

渋った馬場の中、

シルポートの、あの大逃げを、フェデラリスト1頭だけが捕まえて、

3着には4馬身差。

この差はちょっと、凄いものがある。

ここもキッチリ勝って、オルフェーヴルの、最大の相手候補に名乗り出てほしい。

相手はトーセンジョーダンにしておく。

秋の天皇賞を勝って、JC2着で、

この馬の流れじゃなかった気がする有馬記念では、5着に健闘し、

このメンバーでは、薄皮一枚上手だ。

阪神コースってのがポイントになりそうだが、

完全本格化してからは、まだ、その走りを見ていない。

キッチリこなす方に賭けてみる。

3着候補には、ショウナンマイティを指名してみる。

阪神1800mで、2戦連続2着。

怒涛の追い込みも、もうちょいで届かずっていう競馬だ。

こういう馬って、格とか関係なく突っ込んできそうな気がしてしまう。

このメンバーでも3着。

十分、あり得そうですな。

1ハロンの距離延長も丁度良さそうな気もする。

馬券はこの組み合わせが本線で、

相手なりに頑張りそうなメイショウカンパクと、ダンツホウテイの3着付けパターンを、

100円ずつ持っておく。

ないとは思うが。


ダービー卿CTは、混戦ムードだ。

そんな中、ネオサクセスを狙ってみようと思う。

マイル初だし、先行有利の中山のマイル戦ってだけで、ハードルは高い気もするが、

この馬の末脚の魅力は、他にはないもので、

前が早くなれば、十分出番はあると思う。

今回、内にツクバホクトオー、外にテイエムオオタカがいて、

この2頭が引っ張る展開で、

ダイワファルコン、サトノタイガー、ベルシャザール、アプリコットフィズ、ガルボ、

ひょっとしたら、リーチザクラウンあたりも前に行きたいかもしれなくて、

なんていうか、

どうしても逃げたいっていう馬は2頭だけではあるけど、

全体としては、前!前!って感じの展開にも見えてしまう。

その分、完全後方待機の軍団が少ないので、後ろはポツン、ポツンって絵になりそうだ。

そのポツンの1頭が、ネオサクセス。

今回、枠も絶好な気がする。

両隣の枠がシッカリ前に行ってくれそうなので、

労せずして、シンガリ待機競馬ができそうな気はする。

ロスを最小限にして、後ろにポツンと構えたら、

ちょいマクリながら4コーナー曲がって、直線鬼脚を決めてほしいですな。

美浦Sのイメージで、頼む!


相手は同枠のオセアニアボス。

これも少ない後方軍団ですな。

黄色い枠の展開になることを望みたい。

他は、最内枠のミキノバンジョー。

昇級馬、タガノエルシコ。

このあたりを取りますかね。

3連系に、

マイル戦ってので人気がないが、格では上のミッキードリーム。

あと前の集団からは、ガルボとアプリコットフィズだけ抑えておきますかね。


馬券はネオサクセスの単勝をまず買っておきますぜ。

あとは、オセアニアボスとのワイド。

この辺が本線ですかね。

あとは、うまいこと買いたいと思います。

ガルボからもちょっとだけ流しておくかなー。



今週のWIN5は、だいぶ難しそうですなー。


スポンサーサイト
今週のPOG馬とか、気になる馬をチェックしておく。 
 
今週も、POG馬とか、気になる馬をチェックしていきますかね。

土曜日、阪神5R。芝1800m。

ここに、JRA-VAN・POGのエスジーアールが登場。

3戦走って、9着、11着、14着。

なかなかキッチリと負けている。

どれも負けすぎではあるが、

新馬戦は外枠スタートの、ちょい出遅れ気味で、

ずっと後方の外を回っていた印象で、

レースの流れは、スローペースの前残り。

ちょいと厳しい流れだった。

2戦目は、少し離れた後方待機から、

上がり2位の脚を使って、11着。

ほんの少し、輝きを見せた。

3戦目の前走は、好スタートから前を進む流れに。

見せ場なく、14着。

2走目で見せたキレが、失われた感じだ。

なんとかプラスに働きそうな材料を荒探しして、贔屓目に判断すると、

良い展開の中でやれていれば、もうちょい上の着順になっても良い気はする。

今回、阪神1800m。

距離短縮は良さそうな気がするし、

この条件、タニノギムレット産駒は、成績的には、割と相性が良い。

なんとか頑張ってくれないかと期待して、

複勝をちょびっと買ってみることにする。

相手は、結構揃ってる気もするけど、

エスジーアールも、たぶん、人気よりは走るんじゃないかなー。

二桁人気だろうしなぁ。

人気になる前に、買っておきまっせ!旦那!


阪神7R。ダート2000m戦。

前。POG馬、バンブーチェルシーが登場。

そろそろ芝、使ってみないもんですかね?

まぁ、ここ2戦、掲示板に入っていて、そこそこ善戦しそうな気はするんですけどねー。

ちょっと買えないオッズになりそうな気配がするので、

ここも、応援だけにしますかね。

なんか、4着っぽい感じがしてしまうので・・・。


阪神9R、アザレア賞。 芝2400m。

POG関係ないんですけど、アドマイヤフライトが登場。

前走、強かったですなーこれ。

騎乗も、職人技って感じで完璧だった分もあるけど、

馬も結構余裕ありましたな。

ここでは、ジャングルクルーズも強いと思うけど、

アドマイヤフライトも、良い線いくんじゃないですかね?

馬連1点だけ持っておきましょうかねー。


阪神11R、コーラルS。 ダート1400m。

ここも、ノットPOG馬。

ここでは、アドバンスウェイが気になりますな。

なんとなくなんですけど、

同じコースで、2着に入ったギャラクシーSみたいに、

外人騎手でもういっちょ!

が、ありそうな気がしてしまいますな。

人気側は混戦な気がするので、

もう1頭穴側から、インオラリオ。

これも、嵌れば面白そうな気はする。

アドバンスウェイとインオラリオ、ワイドで1点と、

3連複で拾いますかねー。

狙いすぎかな。


えー、日曜日は特になし。

日曜日は、特になしでございます。


今日は仙台、最高気温で、17度。

春っぽかったー! 気持ち良かったー。空気が、風が。

春、大好きです。

夏も好きですけど。


冬は、3日くらいで十分です。

寒いのは嫌なんダー!!!





ダービー卿CTの予習。 
 
今日は、もういっちょの重賞、ダービー卿CTの方を見ていきますか。

出走メンバーも決まりましたな。

まぁこのレース、荒れますなー。

今回の出走メンバー見ても、人気がかなり割れてしまいそうな感じだ。

穴馬を2頭軸にして、そこから流すってのでも十分アリな作戦な気もする。

マイル重賞ということで、前々走で東京新聞杯を勝ったガルボが人気になるのかな?

ただ、トップハンデ。

57.5㎏で勝つってことになると、ダイワメジャー級の評価になってしまう。

あくまで数字の上では。

ガルボがダイワメジャー級と考えるのは、ちょっと難しい。

ダイワメジャーが2馬身差で勝ってるので、

ハナ差で制するくらいはあり得るのかな?

ただ、基本的には、斤量がキツかった馬は、レースもキツかったっていう過去のデータになっているので、

これが人気側になると、ちょっと買いづらい。

どう考えましょうかね。


あとは、マイル重賞戦線で、

そこまで強い!っていう印象もないマイネルファルケが連続で連対しているのが、

なんとなく、データとしては気になる。

とは言え、まるでヒントがない・・・。

マイネルファルケっぽい馬もいない。

産駒か?

マイネルファルケ・・・ええと、ムタファーウエク産駒か。

どれどれ、今年のメンバーでは・・・。

って、そんなのいねぇー!!

な、なんすか? ムタファーウエクって。

正直、いま初めて知りましたよ。

ロベルト系で括っても、今回使えなそうなネタだなぁー。

違うとこから入った方が良さそうですな。


斤量から入ると、ミキノバンジョーあたりは面白そうだ。

西宮S、清水Sの結果から考えれば、マイルは十分走れるっていうか、

ここ何走か短いところを使ってる方が間違っている気さえする。

折り合いが問題なのかな?

1000万クラスの2000m戦を2馬身差つけて勝っておきながら、

最近はスプリント戦を連チャン。

ちょっと違和感がある感じだ。

折り合いさえ間違いなければ、このメンバーでも、馬券候補でもおかしくない気はする。

あとは、同斤量54kgのネオサクセス。

この馬の取り捨ては、ちょっと難しい。

中山コースは買いだとは思うのだが、

中山のマイル戦ってのが、よろしくない。

このコースで追い込み一辺倒ってのは、相当前が速くならなければ、

前を捕まえるには・・・って感じだ。

ただ、陣営もそれはわかってはいると思うので、

初のマイル戦ということで、手を変えてくる可能性も、あると言えばある。

末脚は重賞級と考えるが、

その力を出し切れるのかどうかが、ポイントになりそうな気がする。


前は、テイエムオオタカ、ツクバホクトオー、

それにガルボ、サトノタイガーが続く展開か。

うーん、ガルボ中心に考えると、

ちょっと得意パターンじゃないかも知れないな。


荒れるかなー、難しい。

大阪杯の予習。 
 
大阪杯の予習をしておきますか。

それっぽいメンツが登録してますねぇー。

トーセンジョーダン、アーネストリー、ローズキングダムの有馬記念組に、

フェデラリスト、ナカヤマナイト、ショウナンマイティあたりの新しい顔が、

どのくらい肉薄するかって感じですかね。

どの馬のペースになるのかってのが、ひとつのキモな感じはしますな。

トーセンジョーダンは、ハイペースでのスタミナ勝負。

アーネストリーはミドルペースでの先行競馬。

ローズキングダムは、スローで流れての、好位からのドーン。

など、

強さのレベルとしては一緒でも、

得意パターンとなるものは、それぞれが、まるで伴わない競馬の内容で、

ペースひとつで、強い競馬ができる馬がいる一方で、大崩れする馬も出てきそうだ。

逆に言えば、ペース中心に馬券の判断をするなら、

人気馬でもバッサリ、の潔さも必要かもしれない。


トーセンジョーダンも、アーネストリーも、結構好きな馬であり、

ローズキングダムも、そろそろ巻き返して欲しいとも思っていて、

私情も入り混じって、なかなか、判断が難しくなりそうですな。


人気はそこまでしないだろうし、ローズキングダムをどうにか絡めたいけれども、

ローズキングダムを買うパターンだと、他の2頭が買いにくくなってしまう気もする。

どうしましょうかね。

大阪杯は基本的にミドルなペースに落ち着きやすいっぽいので、

この中では、距離的面も含めてアーネストリーが優勢っぽいか。

休み明けも走るしなぁー。

ただ、秋の天皇賞で、何かが崩れてしまった気がしまうのは自分だけか?


うーん、悩む悩む。

枠順ですかね、まずは。


なんだかんだ、

展開問わなそうな、フェデラリスト軸がいいのかしら。






今週の競馬を振り返る。 
 
今年2つ目のGⅠ、終わりました。

今年のGⅠの勝率0%のまま、ステイですわ。

人気薄から入ったら、

キッチリ人気側で決まりましたわ。

カレンチャン、強いなー。

スプリンターズS、高松宮記念、両制覇。

完全なるスプリント女王ですな。

それでも、やっぱり、差し追い込み有利ってのは、ニュー中京でも変わらないようで、

この結果を受けても、来年、追い込み組に期待することになりそうだ。

ロードカナロア、厳しい勝負になると思っていたけど、

これも、強さを見せましたな。

さらに本格化したら、恐ろしい気がしますな。


マーチSは、荒れた。

アイファーソング、単独でないと厳しいかぁー。

トーセンアドミラルの方が頑張っちゃいましたかー。 4着だけど。

サイレントメロディからも、流しておけば良かったと、

その男は、悔しそうに唇を噛んで去っていきました。


土曜日、毎日杯のヒストリカルは、強かったですなー。

マウントシャスタが抜け切った感じのところを、外に出してから一気。

正直、この馬、距離も幅があるというなら、

ハマった時は、ワールドエース以上の強さかもしれないと思った。

たぶん、どうしても本番では、ワールドエースより低い人気だとは思うので、

狙っても良い気さえしてきますな。

もう一方の軸、マウントシャスタ エアソミュールは、とんでもないくらいの掛かりっぷり。

スタートしてから、ず~っと手綱グイグイしたまんまでしたな。

数字的には、次は人気が薄くなりそうなので、

狙ってみても良いかもしれない。

この気性は、ちょっとコワいけど。

なんか、レッドデイヴィスみたいになるかもしれない。


それにしても、フェイルノートも惨敗したし、

今週は、良いところなかったなー。


こんな週もあるわ!と言いたいけど、

そんな週を極力減らしたいと、呟きながら、

その男は、街外れの寂れたカフェの中に、入って行くのでした。


なぜか、今回は小説風。

今週のWIN5 in 高松宮記念 ウィーク。 
 
さぁて、今週もWIN5、的中目指していきますぞー。


※この企画は、全頭買いするレースをひとつ決めて、

 残りのレースをWIN4にしてみるぜ!って企画です。

 今週は、中京2レースだから、買い方注意ですよー!



1R目 常総ステークス

◎マコトギャラクシー
○タムロスカイ

◎と○の
 ◎…道悪不安も、中山はやはり得意で、そろそろ決めたい。
 ○…流れが落ち着きそうで、この距離でも踏ん張れる可能性に期待。


2R目 名古屋城ステークス

◎ダコール

◎の1点
 …色々と悩んだけど、闘ってきた相手、負け方を考えたら、一枚上手ですかね。


3R目 六甲ステークス

◎トウショウフリーク
○ヒットジャポット

◎の1点
 …前走は勝ち馬が強かった。3着以下にあれだけ差をつければ、ここでも。


4R目 マーチステークス

◎アイファーソング
○サイレントメロディ
▲トーセンアドミラル
△ナムラタイタン
△バーディバーディ
△シルクシュナイダー


 …薄いとこから攻めてるんで・・・。頭数も多いし、全頭でカバー。


5R目 高松宮記念

◎グランプリエンゼル
○ジョーカプチーノ
▲サンカルロ


▲の1点。
 …印は3番手評価だが、このコースの実績、適正は一番。
  1頭だけ選ぶというのなら。



以上で、今回のWIN5は、32点。


WIN5って、悩むな―!
今さら言うことでもないんですけどね。

何気に、絞られてるレースは、他でもそうなのかもなぁ。
こうなりゃ全頭指名レースに期待だ!


マーチSと、高松宮記念の予想。 
 
さて、日曜重賞の予想をしていきますか。


マーチS。

先日に触れたが、中団か、中団より前目につけて終いも良い脚を繰り出せる軍団が、

好成績ゾーンっぽい。

ただ、この、いわゆる好位集団ってところにつけたい組がちょっぴり多い気がする。

無理に、そのポジションを守ろうと思っても、消耗が大きくなる可能性も考えられるし、

ならばと、いつもと違う競馬をするのも、

持ち味が生きない展開があり得る。

まぁ、意外とスンナリの可能性もあるけど。

そんなわけで、気持ち良く競馬できそうな、逃げ馬をチョイスしてみる。

となると、アイファーソングとトーセンアドミラルの2頭っぽいが、

ここは、アイファーソングにしてみる。

一番の理由としては、前走が強かったことと、前行ければ、まだ底を見せていないって部分だが、

どっちがハナを譲るかっていったら、たぶんトーセンアドミラルで、

今回は、少しでも、勢いよく逃げた方が、なんとなく良い気もしている部分もある。

相手は、トーセンアドミラルの粘りも気にしながら、

サイレントメロディの自在性も注意しておきたい。

前につけることもできるし、後ろから追い込むパターンも持っている。

今回は、自分の競馬に徹するっていう部分を、ちょっぴり意識してるので、

このサイレントメロディの展開問わない辺りを重要視してみる。

他では前走、マイルで力示したナムラタイタン。

1800mは、拾っておいた方が良い気がするバーディバーディ。

このあたりを中心に買いますかね。

馬券はアイファーソングから、トーセンアドミラルへの馬単、ワイド。

サイレントメロディへの馬連、ワイド。

ナムラタイタン、バーディバーディへのワイド。

3連系で、シルクシュナイダー、マイネルオベリスク、タガノロックオンあたりにしますか。

アイファーソング、トーセンアドミラル、気持ちよく逃げてくれ!


高松宮記念。

ロードカナロアが人気ですな。 

目下5連勝中。 パーフェクト連対。

この馬の扱いを、まず考えた方が良さそうだ。

たしかに、見せて来たパフォーマンスを見れば、

強くて、なおかつ安定しているので、

複勝買うならロードカナロアって感じはする。すごく。

そして、高松宮記念は、差し馬有利で、

ロードカナロアの戦法は、好位差し。

盤石だ。

ただ、今回、最内枠ってのが気になる。

ロードカナロアは、これまで、ちょっと内側の枠に入った時は、

なるべく先行させながら、最後の脚も残しとくって感じの競馬をしてきた印象がある。

それは、1200mという、短い勝負の中で、内で包まれる展開は、できるだけ避けたいから。

という部分も少なからずありそうな気もする。

先行したのは、たまたまかもしれないけど。

今回、同じ思考で行けば、初めて最内枠に入ったことで、

なおさら、前に行く意識が強まるんじゃないかとも思う。

高松宮記念は、差し有利。

ロードカナロアも、差し脚が持ち味。

初のGⅠという舞台で、その脚にも、コースにも合った、

ベストの競馬ができないかもしれないってなると、

信頼を置くには、ちょっと難しくなる。

そんなところで、

ここは、高松宮記念らしく、差し追い込み大会に期待してみる。

中京コース、段々と内が荒れてきている。

そんな馬場状態も考慮に入れ、

7枠、8枠のジョーカプチーノと、グランプリエンゼルから攻めてみようと思う。

ジョーカプチーノは、前に行ってしまう可能性もアリだが、

展開と、枠を考慮して、控える形になるかもしれない。

左回りは、だいぶ違った能力が出る気がしているので、期待してみる。

グランプリエンゼルは、左回りはむしろ歓迎な気さえしているし、

今の渋った馬場なら、前走みたいに大仕事やってのける可能性もある。

グランプリエンゼルは、今回が引退レースになるかもしれないらしい。

その引退レースで、

お互い数少ないGⅠの、NHKマイルCで、共に戦ったジョーカプチーノが花を添えるのも、

悪くない。

というか、良い。 

そうなったらステキなレースですな。

まさかのNHKマイルC馬券。 期待したい。

ってことで、

同じレースに出ていたサンカルロも、これに手伝ってもらいたい。

高松宮記念は、好走しているので、軸としても信頼できるぐらいだ。

頑張ってもらいたい。

馬券のメインは、馬連、ワイドの3頭BOXでいきますかね。


他では、潔いまでの末脚マンのアグネスウィッシュ。

この切れ味は注意したい。

唯一GⅠホースの、カレンチャンと併せて、3連系の2着もありで。

ツルマルレオン、トウカイミステリー、ダッシャーゴーゴーを3着あたりに考えておきたい。

ロードカナロアも、安定感だけで3着に入り込んでくるかな?

点数と相談して決めたい。


WIN5、中京が最終か。

間違わないように買わないとな。


今年のGⅠ一発目、ここで獲るどー!

毎日杯と、日経賞の予想。 
 
毎日杯と、日経賞の予想に行きましょうかね。

どちらの馬場も、雨の影響受けてますなー。

中京もだけど。

さて、毎日杯。

ヒストリカルが中心になるのかなー。

きさらぎ賞では、唯一ワールドエースをまともに追っかけていた。

上がり3Fは、ワールドエースを凌ぐものだった。

ワールドエースが最後流したのかもしれないけどね。

とにかく決め手は1級品だ。

だが、その一方で、500万下で軽くやられるなど、

ワールドエースに比べると、安定感の無さはネックかもしれない。

今回、馬場が重くなりそうで、

安定感の無さと、末脚一辺倒ってのがどうか。

ここから馬券買っても良さそうではあるが、

別方向からも、攻めておいた方が良さそうだ。

ってなると、前に行きそうなトコを攻めたくなるが、

エアソミュールを狙ってみる。

つばき賞、強かったですな。

それまで、ちょっと地味だったのに、

つばき賞のパフォーマンスだけ、抜けてた感じだ。

終始外回って、コーナー膨らんで、

余裕ある勝ちっぷりでしたなー。

クラシックで、どうこうってなると難しいけど、

毎日杯くらいなら、好走してきそうな強さを感じた。

その前まで見ると、ちょっと買えないけど。

中団で競馬出来るのも良いし、

前走の走りがここでも出せるのであれば、

ちょっと狙っていきたい。

馬券は、ヒストリカルと、エアソミュールのワイドと、

その2頭から、

アドマイヤブルー、マウントシャスタ、スピルバーグへ馬連流しかな。

3連系には、道悪巧者、前残り期待して、

フジマサエンペラー、ピタゴラスコンマ、マイネルカーミンあたりの薄いところを意識しておきたい。

なんか、荒れそうな気がするなー。

テイエムハエンカゼは難しいかもしれないけど、それ以外は、どれ来てもおかしくない気もする。

ヒモ悩むなぁ。


続いて、日経賞。

ルーラーシップ、前日で、相当の人気を被ってますなぁ。

まぁ、有馬記念、AJCCのパフォーマンスを見れば、そうなりますかね。

道悪の金鯱賞を、後ろから圧勝したりもしてるし、弱点がまず見当たらない感じですな。

今回、他にも魅力的な馬がいっぱいいるのだが、

あれこれ考えた上でも、ルーラーシップ頭で良いかもしれない。

相手筆頭ってなると、ウインバリアシオンになりますかね。

道悪ダービーで、オルフェーヴルにあれだけ迫ってるしなー。

能力は問題ないが、

中山で、良績が無いことと、前走あれだけ負けて、ちょい不調モードか?

と思ってしまうところに不安は感じる。

武豊騎手に乗り替わりで、頑張って欲しいし、良い方向に向かう可能性もあるが、

ここじゃない可能性もある。

断然2番人気なのに、ルーラーシップに比べると、買いにくい材料が結構ある感じがするな。

違うとこから攻めてみるか。

フェイトフルウォーなんかは、中山巧者で、コッチを狙いに行っても面白いかもしれない。

ヤングアットハートも、ここは向いてるイメージがあるので、これも相手としては不足がない感じだ。

マイネルキッツは、日経賞大好きおじさんだ。

重たい馬場も、結構好きなおじさんだ。

昨年は、4着だったが、今年また盛り返す可能性も考えておきたい。

相手は、この3頭から攻めますかね。

3着に、ネヴァブション、ウインバリアシオン、コスモロビン、トーセンラー。

波乱も期待して、ここの適正が何気にありそうな、スノークラッシャーも入れておく。


アクシオンも、サンテミリオンも入れたかったんだけど、点数がなぁ。

ルーラーシップどうこうより、なぜかこの部分で、時間かけて迷ってしまった。

この時間が無駄にならない走りを期待したい。

って、かなり勝手なこと言ってますな。


あと、トーセンラーなー。

道悪大外枠ってのは、大敗したダービーのイメージがそうしてもあって、

難しく見えてしまうんだよなぁ。

馬はちょびちょび伸びてる気がするし、頑張ってほしいけどなー。

毎日杯のスピルバーグも道悪が不安材料だし、

どちらも、相手候補から、ワンランク下げた感じになってしまった。


まぁ、良馬場が一番だけど、こういうのも競馬ですな。

今週のPOG馬とか、気になる馬をチェックしておく。 
 
今週も、POG馬とか、気になる馬、チェックしておきますかね。

知らないうちに、人気薄で激走してたなんてオチは、避けたいですからねー。

さてさて・・・

って、今週出走してねーじゃーん!


JRA-VANも、ウマジン地獄モードも、出走なし。

寂しいですなー。

たまにはありますな、こんな週も。


ただ、チーム重複指名馬のエックスマークだったり、

前の指名馬とかの出走はある。

今週はコッチの方だけでも、ちょっぴり見ておきたい。

まずは、フェイルノート。 初年度POG指名馬。

これが、土曜中京メインの名鉄杯に出走。

正直、前走のパフォーマンスには物足りないものがあった。

最内枠から逃げの形に持っていって、

結果、前残りの展開に助かった感じにも見えてしまう。

あの展開なら、最後は後続に詰められることなく、

むしろ離して勝って欲しいところだったが、

詰められて、なんとか押し切った感じだ。

あの内容で、今回のクラスを楽に勝ちぬけるとは思わない。

思わないが、

今回、メンツが、結構薄い気がしている。

勢いを感じる馬もそれほどいないし、

どの馬も、このクラスで苦戦を強いられていたり、

好走したことがあっても、簡単に大敗していたりで、

何気にこの1戦、どっこいどっこいな気もしている。

フェイルノート自身も、休み明け2戦目で、今回の方が調子出てくるだろうし、

前走は逃げる形になったが、基本差し脚が持ち味だと思う。

未勝利の時には、ネオサクセスを外から差したりもしている。

3歳時に戦ってきた相手からも、もともと能力は高いと思うので、

スランプの時期は乗り切ったと思って、

ここは、良い脚繰り出すことに期待してみたい。

鞍上の吉田豊騎手も、ニュー中京は、うまいこと乗ってる感があるので、

追い風も感じますな。

相手は、マイネルガヴロシュあたりですかねー。

後は、外枠3頭を警戒しておく。

1000万下の番人みたいになってる、グッドバニヤンもかな。


日曜の阪神5Rには、ブランクヴァースが登場。

POG馬「候補」だった馬ですな。

しばらく見続けますよー。

新馬戦、逃げる形になって、最後はショウナンタケルに交わされる2着。

ショウナンタケルが、その後のレースで勝負になっていれば、

このレースの2着も、期待値は上がるものの、

なんとも言えない成績だ。

その新馬戦の、他のメンバーも、あまり強くはなかった気もするし、

先行粘り系のショウナンタケルに、ああいう負け方したのは、

個人的に、ちょっと不安が多い。

脚を溜めての、直線一気みたいな技があるなら、ここも期待しても良いかもしれないが、

今回、鞍上岩田騎手ってのも手伝って、

おそらく、2倍近いぐらいの単勝オッズになりそうで、

ちょっと手が出にくい。

メンバーも揃った感がないし、勝つ可能性も十分高い気はするのだけれども、

ここは見るレースにしてみようかな。

2戦目で、不安感は拭えてないが、

どういう競馬をするのかってところでは、ちょっと楽しみだ。


中京4レースには、エックスマーク登場!

チーム重複指名馬だ。

他にも、2、3着してる馬いるけど、

ここは1着固定で良いんじゃないかなぁ。

左回りこなせればって部分はあるけど、大丈夫でしょう!

大丈夫じゃなきゃ困る。

相手は、トウショウバラードにしますか。

3着に、フェデラルホール、ザグレース、レッドプレイヤー。

穴側で、カーステンボッシュも入れておきますか。

ん?

カワカミプリンセスの下もいるのか?

これも、3着に入れておくか。

カワカミプリンセスだけ、頑張った一族かもしれないけど。

まぁ、ここは応援馬券気味ですな。


今週ちょっぴり気合入れて買うのは、フェイルノートくらいかなー。


たまに思うけど、JRA-VAN・POGに関しては、

未勝利戦に全頭出走して、ポイント根こそぎってパターンも、

あったらあったで、良いかもしれないな。

まぁ、15頭立てに10頭出走して、

最高6着みたいなオチだったら、泣いてしまうけど。


そんな大量出走、ないですわな。

頑張れ!POG馬!


マーチSも予習しておく。 
 
マーチSも、軽めに予習しておきますかー。

結構難しいですなー、このメンバー構成。

マーチSは、人気薄が結構頑張るレースだ。

去年のマーチSは、人気馬が総飛びですか。

前が残れず、テスタマッタの勝利。

なるほど。

去年のマーチSもそうだが、

脚質的には、前に厳しく、先行、差しの、中団で脚をうまいこと溜めた組が、

好走している印象っぽい。

ただ、後方すぎてもダメで、マクリながらの直線進出が理想的な感じだ。

ただ、今回のメンバー、

そのくらいの位置取りになりそうな馬、結構多い気がするなぁ。

なんか、その辺で、ゴチャついてるうちに、

前を単独で逃げた馬2頭とかで決まる可能性も、ないことはない気がしている。

近年は、差し追い込み決着ってのが多いが、

10年スパンで見ると、前粘りもある。

しかも、前で決まった時は、2、3着も前残りのパターンが多い。

決まり方が、極端に展開に左右される感じか?

前で行くなら前、

後ろなら後ろ、

そんな決め打ち馬券もアリかもしれないな。

とりあえず、逃げたい組は、アイファーソング、トーセンアドミラル。

それに、マイネルオベリスクがくっついてくる感じか。

アイファーソング、逃げた時は勝率100%か。

こういう馬の扱いは、常に難しい。

重賞初挑戦をどうみるか。


なんとなく例を挙げてみると、

トーショウフリークなんかは、1600万下を逃げて2馬身差の勝利。

そして、次走の重賞初挑戦、みやこSで2着。

エスポワールシチー、ワンダーアキュート、ニホンピロアワーズ、ヒラボクキングなど、

他にも結構揃ってたレースで2着。

なかなか頑張りましたな。

ただ、負けを挟んでる分、アイファーソングの方は、ちょっぴり地味なんだよなー。

一緒に並べて考えるのも、違うかもしれないけど。

ただ、メンツ的には、みやこSよりグッと落ちる。

展開的にも、単独逃げならアリかもしれない。

なにげに、前走強かったしなー。

うーん、どうしましょうかね。

内枠引いたら、トウショウフリークパターンってことで、狙っていきますかね。


荒れる匂いがプンプンしますなー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。