スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天皇賞(春)を振り返る。 
 
さて、終わりましたなー、天皇賞。


勝ったのは、ビートブラック!!ですかーい。

えーと・・・

完全ノーマークでしたっす。


馬券はオルフェーヴルから、トーセンジョーダン、ジャガーメイルって流れと、

トーセンジョーダンからの馬券を買っていた。

で、4冠馬オルフェーヴルが相手なら、

無茶な大逃げ作戦をする馬はいると思っていたし、

そうでなくとも、池添騎手が折り合いを大事にし過ぎて、

前は普通のペースでも、オルフェーヴルが遅すぎるって展開も考えられなくもなかった。

そんな中で、逃げ残り意識馬券を買ったのだが、

漫画マキバオーに登場する、サトミアマゾン風に言うと、

「ぐっ・・・! マークする相手を間違えた・・・!」

って感じだった。


人気・実力的な部分も踏まえて、大逃げ候補に残したのが、

ゴールデンハインド、ナムラクレセント、ケイアイドウソジン。

この3頭だった。

もはや、この時点で、ビートブラックは入ってなかったですわ。(無念・・・。)

後から考えれば、ビートブラックも逃げ候補として考えられなくもなかったが、

その可能性は非常に希薄なもので、まるで悔みようがない感じですな。

まずビートブラックが、大逃げを見せたレースってのもないし、

そもそも、ビートブラックは良い差し脚を持っているので、

その持ち味を殺してまで、大逃げ作戦を打つ可能性を意識するよりは、

人気薄で、逃げ切りを成功させている実績がある馬から行くのは、

ごくごく自然な流れだった。

もし、「明らかに逃げ馬が残る!」 「ここは絶対逃げ馬しか考えられない!」

って意識で、このレースに挑んだのであれば、

スタミナを生かして前で競馬してきそうな馬を、

とにかく買い漁っていくようなマネはできたかもしれないが、

個人的には、逃げ残りパターンは、保険の馬券に過ぎなくて、

頭で買う逃げ馬を選ぶとしたら、1頭だけだった。


色々悩んだ結果、選んだのは、ケイアイドウソジン。

ゴールデンハインドが逃げ宣言をしていて、

タイプ的にもひたすら逃げるしかないだろうから、

その逃げるゴールデンハインドを、単独2番手で見る形で、

レース後半で早々先頭を奪いきって、そのまま逃げ切る形ってのを意識していた。

ダイヤモンドSの逃げ切り方は、個人的に芯の強さみたいなのを感じていたので、

前の戦いを制すはずの、ケイアイドウソジンのペースになるかもと思っていたら、

全然そんなことありませんでしたな。

ケイアイドウソジン、前々に行けませんでしたわ。

いて欲しい位置に、ナムラクレセントがいましたよ。

さらに前方では、「ゴールデンハインド単走」っていう追い切りメニューが変更されていて、

「ビートブラックと併せ馬」になってましたわ。

ダブルで予想外れてる時点で、いくら逃げ残り警戒してもダメだったってことですな。


そんな感じで、前残り予想に敗れ、

オルフェーヴルも、なかなか上がって来れず、

天皇賞は、併殺に打ち取られました。


まぁ、長いこと書いたけど、

前の争いどうこうってよりも、

気になるのはオルフェーヴルですな。


やいやい、じゃじゃ馬オルフェーヴル!

そんな負け方は許さんぞー。

前走敗戦も、競馬界をおおいに盛り上げた君が、

今回は11着?

でも競馬は、しょうがない!

色んな要素があるから、負けたりしても、おかしくなんてない。

ただ、あんな地味な負け方しちゃならんぞ!

キャラに似合わんぞー。

負けるにしてもだな、コーナーで膨れすぎて、

ジョッキーがライダーみたいなエキサイティングな乗り方になりながらも、2着とか、

すいごう障害が無いのに、なぜか飛越のアクションを2、3回やりながらも3着とか、

ジョッキーが池添騎手じゃなく、間違って、池江調教師でスタートしてしまったけど、

なんとか入着とか。 そんな展開で、

なんか、普通の負け方をしてしまうのを、見たくない。

別に、派手にしておけってわけじゃないけど、

勝った時はメッチャ強いし、

負けた時も、何か半端じゃない。

そんな、インパクトを残してほしいというか、

まさにオルフェーヴルっぽい、オルフェーヴルをを見ていたいところがある。

ある意味、手がつけられないようなじゃじゃ馬っぷりを見ていたい。

今回のレースは、ただ回っていたようなおとなしいレースだったが、

もう後半のスタミナなんかよりも、らしさを武器にできる走り、騎乗を、次は見たい。

そんな気持ちですわ。


今後について、どういう流れになるかわからないが、

オルフェーヴルは夢とかじゃなく、本当に凱旋門賞を狙える馬。

どんな結果を受けても、凱旋門賞を取りに行って欲しいですな。


ビートブラック & 石橋脩騎手、GⅠ勝利お見事!

スポンサーサイト
今週のWIN5 in 天皇賞(春) ウィーク 
 
今週もWIN5、的中目指していきますぞー。


※この企画は基本、全頭買いするレースをひとつ決めて、

 残りのレースをWIN4にしてみるぜ!って企画ですが、

 今週も1頭縛りが、非常に狙いにくいです。

 なんか、企画的に続けてきたこの特殊な買い方も、

 意地にならずに、狙える時は狙うってくらいの方が良い気もしてきました。

 半分、企画の意地でやってた部分もあるので・・・(苦笑

 ってことで、今週もバラして買って行きたいと思います。

 今週は、いつもに増して難しいけど、GⅠウィークは気合が入るなぁ~。



1R目 オアシスS

◎ナニハトモアレ
○ナムラタイタン
▲アドマイヤロイヤル

◎、○、▲の
 ◎…東京巧者。 1400m、1800mが多いが、マイルこそベストっぽく思える。
 ○…武蔵野Sの実力を重視。 もっと人気になるかと?
 ▲…東京マイルの実績を重視。 休み明けも問題なさそう。


2R目 端午S

◎ハタノヴァンクール
○イジゲン
▲ラフィングインメイ
△バンザイ

◎、○、▲の
 ◎…前走、前がある程度残る中、前の人気2頭を差し切ったのは強いと思われる。
 ○…前走は、展開考えたら、プチ異次元でしたな。 能力上位。
 ▲…ハマれば、ハタノヴァンクールを脅かしそうな気も。 
    京都コースで見直し。


3R目 福島民友カップ

◎テイエムオオタカ
○パドトロワ

◎、○の
 ◎…福島で、このメンバー構成なら、うまいこと逃げれそうな感ありますな。
 ○…前走は、やはり休み明けが災いしましたかね。 叩いて上昇へ期待。


4R目 スイートピーS

◎ダイワズーム
○ハッピーウィーク
▲ウインフロレゾン
△プレノタート
△サトノジュピター
△マンハッタンミート
△ココロチラリ
☆デルマイザナミ

◎、○、☆の
 ◎…先行できて、終いもソコソコ使えるのは、このコース向きっぽい。
 ○…力はそれなりにあると思うのだが発揮できず、今回人気薄で期待。 
    左回りは良さそう。
 ☆…デビュー後、連対の2戦では、先行からシブトイ競馬ができていた。 
    広いコースが合いそうで、激走期待。


5R目 天皇賞(春)

◎オルフェーヴル
○トーセンジョーダン
▲ギュスターヴクライ
△ウインバリアシオン
☆ジャガーメイル

◎の点。
 …ちゃんと走り切れば、勝つと思うので、ちゃんと走り切れ!
   ※予想は前回の記事を見ていただければ有難いです。


以上で、今回のWIN5は、どーんと54点!

天皇賞の馬券を控えめにする分、コッチに力を注いでみました。
って言っても、点数多く買うつもりはなかったんですけど。。。
大勝負になってしまいました。

全部簡単ではないけど、
スイートピーSが特に難解でした。
荒れそうな気がするんですけど、どうでしょうかね?


さぁ、当てるぞ!
降ってこい! WIN5!

天皇賞(春)の予想。 
 
天皇賞の予想に参りますか。


オルフェーヴル、

18番の大外枠からスタートってことで、

だいぶ不安視されていますな。

それでも、前日の単勝オッズは、1.5倍を切っていて、

これで、不安視されてるのか!?っていうオッズだ。

さすがにすごい。


かくいう自分も、まるで不安がないわけではないが、

ここは、陣営が一丸となって頑張った、その成果を見せてもらいたい。

その陣営も、オルフェーヴルには長いっていう距離の3200m。

長いっていうのは、もちろん「我慢させるのに」長い距離ってことですな。

前走見れば、

ちゃんと走りさえすれば、長距離こそ相当な差をつけて勝ってしまうと思う。

今回、大外枠っていう不安要素は確かにあるが、

ゴールデンハインドや、ケイアイドウソジンっていう、

このメンバーに勝つには、大バクチの大逃げしかないって感じの、

前走よりもわかりやすい逃げ馬いるのは、良いことかもしれない。

単独先頭に立ってしまうと、

レースが終わったと思ってしまうかもしれないオルフェーヴルにとって、

これらのレースを引っ張る馬が、

現役最強馬の前方で、走るべきコースをリードしていってくれるのは有難い展開だと思う。


・・・ってか、予想でこんなことを書くことって、他では、まずない。

オルフェーヴルが勝つには、逸走しないか、レースを中断しないか。

コッチの方が断然重要なんですな。

本当にすごい馬ですわ。

オルフェーヴルが、汚名返上、ご愛嬌はGⅡ戦までって姿を、

見れるのを期待したい。


相手は、トーセンジョーダンにしておく。

前の逃げ馬が極端に後ろを離す展開だと、その差を詰めるのはキツイが、

いつでも前に出れるような、そこそこ良い位置につけて、

それなりのペースで運べたら、

トーセンジョーダンのスタミナが、長距離戦でも生きるんじゃないかって方に賭けてみる。

逃げてもいい。

ある程度、他にも脚を使わせるような展開を望む。

オルフェーヴルが後ろ過ぎない、そこそこの位置取りになる必要もありますかね。

「オルフェーヴルのこんな後ろにいたんじゃ、まずぐねぇべか?」

「んだな、ちょっくら急ぐべや!」

って感じの会話が聞こえるような、ペースの底上げも頼みます。


3番手には、ジャガーメイル。

トーセンジョーダンの流れって意識すると、

ハイペースの天皇賞(秋)に、自分の中では落ち着いてしまう。

まぁ、これじゃ有馬記念の予想と一緒ですな(笑

もういっちょ、この組み合わせで買ってみたい。

もちろん、自力では、ウインバリアシオン、ギュスターヴクライなんだろけど、

ここでの適正は、メンバー随一な気がする。


馬券は、オルフェーヴルから、トーセンジョーダン、ジャガーメイルに流す3連単2点。

メインとしては、これだけ買って、基本は見るレースにするつもり。


オルフェーヴルがうまく走らないパターンを想定してとかじゃなく、

トーセンジョーダン自体に、この長距離戦、期待している部分もあるので、

トーセンジョーダン頭も、少しだけ持っておきたい。


後は、あれですな。

恐いのは、逃げ馬が捕まえられないパターンですな。

最近、中距離以上で、逃げ残りが多い。

ゴールデンハインド、ネコパンチ、シルポート、ケイアイドウソジンなどなど。

それぞれのレースでの力関係を見ても、能力じゃカバーできない範囲であるのは明らかで、

騎手の判断力って部分は、ちょっぴり捻っておきたい。

ゴールデンハインドと、ケイアイドウソジン、ナムラクレセント。

これらを意識した陣容の馬券も、一応の想定として持っておく。

って、

見るレースって言っておきながら、それなりに買っているっていうオチ。



オルフェーヴルの、復活は一番見たい。

まともに走ったオルフェーヴルに肉薄するトーセンジョーダンも、ちょっと見たい。

素晴らしい天皇賞を期待!

今週のPOG馬をチェックしておく。 
 
今週は、POG馬祭りですわー!

過去のPOG馬を含まない、今年のPOG馬だけで、

土曜日に3頭、日曜日に4頭ですわー。

特に、JRA-VANのPOG指名馬が大挙出走で、

日曜は、京都1~4Rにそれぞれ1頭ずつ、連続で出走するっていう、

半分笑うような、半分気合入るような展開になりましたわ。

もう正直、全頭が頑張ってポイント加算してほしいですな。

あまりに多いんで、今回は、今年のPOG馬だけ見ていきますかね。


まずは土曜日。

福島1R、ダート1150m戦に、ハルシュタット出走。

今回、距離短縮。

スタート大きく出遅れとか、よほどのことがない限り、勝つと思いますなーここは。

ただ、オッズもガチガチっぽい気配はしてるので、

2.5倍以上つかないのであれば、無理して買わなくても良さそうですな。

90%は勝つ気はするけど。

美味しさ < リスク っぽいですわ。

たぶん見てるだけにすると思うんで、勝利の報告をお願いします。


京都3R、芝1800m戦に、エレガントカクテル出走。

牝馬限定戦なら、いつでもチャンスありそうですな。

小倉で2着で、阪神で着外のあと、京都ってのはなんとなく良さそうだし、

藤岡康太騎手ってのも、攻撃的な感じで、向いてそうな気がしますな。

割れた人気の上位組扱いされそうですけど、

材料的には、狙って良さそうな感じはありますな。

単複、馬連流しで。


東京7R、ダート1400m戦に、ダブルスター出走。

東京1400mは一度使って4着。

ただ、このレース、メンバーは強力だった気はする。

タマブラックホール、ガンジス、サトノインスパイアってメンツと比べたら、

今回は比較的、楽な気がする。

逃げたレースで4着の後、追い込みレースで3着を2回。

そして再度、東京1400m。

おそらく東京は向いていると思うので、ここは期待が大きい。

相手もそれなりにいるが、

単複と、ラブリースターとのワイドで行っときますか。


日曜日。


京都1R、ダート1400mに、パールブロッサム出走。

前走、強かったですわ。

馬券的には1着の方が嬉しかったけど。

前走は逃げ馬だけ捕まえられなかったが、脚色は他馬と差があった感じですな。

今回も牝馬限定戦、大丈夫だと思いますけどね?

一応単複と、1頭軸で、

アルレガーロ、カチューシャ、クレバースカイ、メイショウユメゴゼの3連複にしてみる。


京都2R、ダート1800m戦に、エスジーアール出走。

待望のダート戦。

成績的に多くは望めないが、変わるならコレしかないですな。

とりあえず馬券は控えておく。 複勝20倍ついたら買いますけどね。

初ポイント目指せ!


京都3R、芝1200m戦に、トリエステ出走。

公営名古屋に行って、大敗して帰ってきましたか。

芝の方が期待値は高そうではあるが、

これはちょっと買いにくいですな。

ここは見るレースにして、応援はガッチリしときまっせ!


京都4レース、芝1600m戦に、キョウワイザベル出走。

この馬も久々にポイント欲しいですな。

しかしながら、今回混合戦、

そして、パラダイスクリーク産駒に芝適正を求めるってのは、

ちょっと厳しいかもしれん。

頑張ってほしいけど、勝負は、牝馬限定のダート戦ですかね。

間違って5着に入れ!


とりあえず、期待できそうなのは、

ハルシュタット、エレガントカクテル、ダブルスター、パールブロッサムかなぁ。

全部1着で、ポイントゴッソリ運んで来ないかなー。


えー、今週の思わぬ大量出走により、

JRA-VAN・POG、100以内を目標に設定します。

今週100位以内に入ったら、薄いとこの入賞目指します。


まぁ、そんなにうまいことイカンかなぁ~。

とにかく、楽しみですわー。


全頭着外なんて展開だったら、

ショックのあまり、窓全開にして、外に向かって、

メインレースのファンファーレを熱唱するかもしれませんわ。


みんな、がんばれ!!

青葉賞の予想 
 
青葉賞の予想といきますかー。

データ的には、ここ最近は、1~3人気の馬が勝ってますな。

昨年のウインバリアシオンは6番人気からの勝利だったものの、

その後を考えると、強い馬が勝ちましたって感じですな。

東京2400mらしい感じっていうんでしょうかね。

今年も人気馬から探っていった方が良いのかもしれない。

が、

今年の人気って、イマイチ信頼しにくいところがある。

なんでだろ?

明らかにここでっせ!って馬がいないからかな?

あまり人気を気にしないで選んでいきたい。


脚質的なデータとしては、

差しが断然って感じですな。 次いで先行組。

ここを起点に攻めていった方がいいですかね。

今回、有力馬も含めて、前に行きたい馬が多いので、

差し組から攻めますか。


軸はサトノギャラントにしてみる。

スプリングS4着、皐月賞6着と、重賞で善戦していて、

東京コースのベゴニア賞では、後方から一気の脚で快勝。

あとは距離がどうかってことになるが、

シンボリクリスエスの血が後押ししてくれそうですな。

相手は、ジャングルクルーズ。

東京の共同通信杯は、ディープブリランテ、ゴールドシップが前に行く中で、

後方から追走ってのが、勝負を決めてしまった感はある。

脚色は良かったが、前半の間隔の分、そのまま差がついたとも言える。

前走は騎手なのか、何なのか敗因はわからないが、

前を捕まえ切れなかったレースが多い中、

東京2400mはプラスに思えるところはある。

さらには、最内枠の内田騎手ってのも、なんか期待できそうだ。


もう1頭相手として、カポーティスター。

前走が、少頭数の新緑賞ってのが、評価しにくいところではあるものの、

5馬身差の勝利は立派だし、

左回りで、距離延ばして連勝しているのが、心強い。

脚質的にも、展開に負けるってことがなさそうなところも良いですな。


3連系には、距離延ばして、うまく行ってる感のあるクランモンタナ。

前走は、総合的にソコソコのメンツだったところを勝ち切ったタムロトップステイ。

東京適正と、地力を意識してフェノーメノ。

2400m戦の勝ちと、オープン好走から、ヤマニンファラオ、ミルドリーム。

穴側で、シルクキングリー。

このくらいにしておきますか。

タムロトップステイは3連単の2着までつけときますかね。


今気付いたけど、人気側から入ってしまいましたな。


さらに今気付いたけど、

サトノギャラントと、ジャングルクルーズは、藤澤厩舎ですか。

やっぱり東京開催には、良い馬持って来る感じしますなー。

図らずも、藤澤ワンツーを望んでしまった。


こうなったらワンツー望む!


そして今週は、個人的にPOGフェスティバル。

久々にPOG予習記事も書いとこうかな。

天皇賞の予習その2 他の馬たち。 
 
天皇賞の予習、もういっちょ入れておきますかね。

その前に枠順決まりましたな。

オルフェーヴル、大外枠ですか。

前走の逸走枠ですかー。

オルフェーヴルを現時点では、頭固定で買おうとしている立場としては、

一番不安な材料がやってきた感じですな。

ゲート出た瞬間に、最後の直線で、騎手が外に持ち出してくれたと勘違いして、

いきなりスパートかましてしまう可能性も、

10%くらいはあるような気がしてしまう。

オッズにも影響与えてきそうな、不安の大外枠ですなぁ。


で、オルフェーヴル以外を見ていくと、

何気に食指が動く。

まずトーセンジョーダン。

この馬に関しては、オルフェーヴル相手に、ガップリ四つで組んでも、

この距離なら面白いと思ってしまう。

超ハイペースだった、秋の天皇賞を制した、強靭なスタミナの持ち主。

ハイペースに耐えるスタミナと、

長距離を走りぬくスタミナっていうのは、

ちょっと違って来るとは思うが、

正直、獲れるとしたら、コッチの天皇賞の方な気はする。

すでに秋天を獲ってるんですけどね。

なんとなく、コッチっぽいというか。

まず、向かないペースの中、5着に奮闘した有馬記念。

コレは今でも、本当に強かったと思っている。

そして、前走の、大阪杯3着。

これも、逃げる展開から、直線交わされながらも、

キッチリ差し返しましたよっていう、強さが光る内容の3着。

どちらも単純にキレ負けって感じだが、

トーセンジョーダン自体も、この馬なりにキレてはいた。

今回の3200mは、初の距離。

本格化してから、キッチリ折り合う大人のレースができているし、

差し返す根性もある。

陣営は、2000mくらいがベストとも言うが、

よほど、どゆったり、どスローのペースになって、

トーセンジョーダンが中団追走みたいな展開にならなければ、

ここは勝負できると思っている。

長距離戦ゆえに、他の馬のキレがイマイチって時に、

ひたすら脚色変えずに、走れるトーセンジョーダンのスタミナは、

信頼できそうな気がしてしまう。

どうでしょうかね?

勘違いでなければいいけど・・・。


そして、ジャガーメイル。

前走はガッチリ負けたし、

絶対的な能力としては、他の有力馬からはどうしても見劣りするものの、

春の天皇賞馬ですよ。

たしかに、勝った年のメンツは、長距離GⅡみたいなメンツで、

緩いメンツだったと言えばそうだったとは思う。

しかしながら、3着に5馬差をつけて勝ち、

2着のマイネルキッツとは、僅差だったものの、

脚色を考えたら、ジャガーメイルの完勝だった。

そして、その時の上がり3Fは、33秒7。

ディープインパクトの天皇賞に次ぐ数字だった。

もちろん、その年のペースによって、上がりタイムは変わってくるけれども、

なんか、この上がりタイム一発で、期待してしまうものはある。

その前の天皇賞(ほぼ最後方から、5着)も、上がりは1位。

長距離戦で、この脚があるというのは、なんとも魅力的に映る。

結果は安定してついて来ないけど、

適正はかなり高いと思うんですけどね?

たぶん、今回人気的には、4歳馬の中に埋もれてしまう感じはするので、

個人的にはしっかりくっつけておきたい感じですな。


他では、ウインバリアシオンや、奇策打ちのナムラクレセントなど、

色々触れたくもあるのだが、

何気に、ちょっと意識してしまうのが、ケイアイドウソジン。

実はステイヤーですか!?

って感じの、ダイヤモンドS逃げ切り勝ち。

特に極端な大逃げで、他馬を欺いたっていう展開でもなく、

普通に逃げ勝った。

そして、2番手追走のスマートロビンよりも、速い上がりを使えたってのが、

ちょい、びっくりドンキーだった。

前走はネコパンチに大逃げされて、7着に敗れてしまったが、

長距離×単騎先頭って流れなら、また、いきなり力が湧き出てくるかもしれない。

陣営は、特に逃げにこだわらずの先行策って構えだが、

この馬に行かせたら、ちょっと恐いなって思う。

最近、長距離戦の大穴の逃げ馬が、よく頑張りますからなぁ。

警戒しておいた方が良いですな。

ゴールデンハインドと一緒に、15馬身くらい後続を離す展開になったら、

変な汗が出てきそうだ。

でも、大逃げするタイプではないかな?


まぁ、まともに狙いにいったら、

オルフェーヴルから、トーセンジョーダン、ウインバリアシオンって感じでしょうかね。

この組み合わせで、どのくらいつくのかなぁ。

オッズも、微妙に読めないな。


オルフェーヴルがいると、思い切り少点数に絞りたくなるけど、

何気に、広めに買う方が正解なのかなー。


ムズい!!

悩んでたら、だいぶ遅くなってしまった。

日曜まで、ガッツリ悩もう。


天皇賞の予習 オルフェーヴルについて。 
 
春の天皇賞に向けて、軽く予習しておきますか。

今年の天皇賞を語る上で、

まず、オルフェーヴルに触れなければならないのは言うまでもないですな。

「阪神大賞典、衝撃の2着馬」だ。

普通では考えられない競馬での2着。

おそらく、負けて評価がさらに上がってしまう馬って、

いないんじゃないかな?

負けて強しみたいな競馬ってのはあるけど、

そういうのとは、次元が違う。

追い込み届かずってレベルじゃなく、

競争中止みたいな状況からの、競馬再参加で2着。

マキバオーの新馬戦みたいなもんですな。


実際、あの阪神大賞典で、4馬身離して完勝してしまうのを見るより、

あの負け方を見たことで、

オルフェーヴルの強さとしての評価は上がったって人の方が多いはずだ。


ただ、馬券の買う買わないって話になると、

微妙な判断がされそうだ。

能力の期待値としてはグンと上がったが、

折り合い欠いての先行競馬から、そして逸走絡みっていうのあのレースを見ると、

さらに距離延びてしまう天皇賞では、明らかに不安は多くて、

人気しても、しなくても、

オルフェーヴルは、どっちにしたって、1.5倍ぐらいの辛いオッズになるだろうから、

折り合い欠いてしまうのを、ある意味期待して、違う馬から入る人もいるかもしれない。

たしかに、他の馬も前走より強いし、

にも、かかわらず、2番人気の馬でも、

頭数もあって、単勝で10倍以上はつくんだろうし、

コッチで遊んでおいた方が安全パイって考え方も理解できなくはない。


だが、

自分は、オルフェーヴルは、やはりここでも強いと思っている。

前走は、逸走さえしていなければ、

あの展開(ナムラクレセントに引っ張られて、折り合わず先行競馬になった展開)でも、

キッチリ勝っていたんだと思う。

やはり、能力がズバ抜けているんで、

自分の形にならなくても、ヘタにスタミナ浪費してしまっても、

それでも十分やれる馬なんだと思う。

あの競馬みたら、10馬身分くらいのロスがあったんじゃないかとも思える。

計算はてきとーっていうか、してないけども。


あの競馬は、凱旋門賞を目指す馬としては、

やってはいけない展開なのかもしれないが、

逸走さえしなけば、どんな競馬でも勝てるっていうのが、

前走の阪神大賞典で証明されたと、

個人的には思っていて、

有馬記念で、スローペースの中、後ろからまとめて交わした異常な強さが、

わかりやすい形で、見ることができたっていうレースでもあった。


だとすると、問題は、逸走するかしないかってことになってきて、

まぁ~そう簡単に逸走するもんかなぁ~とも思う。

どうですかね?

オルフェーヴルが稀代の暴れ馬なのも理解しているけども、

2走続けて逸走した馬は見たことがない。

そもそも逸走自体、中々のレア現象だ。

世間が、オルフェーヴルの気性を不安視して、

コンマ1倍でもオッズが緩くなってしまうのなら、

多少折り合いつかなくても、勝ってしまう方に賭けたい気はする。

もちろん折り合いついて、それで勝ったら一番ですけどね。


こんな感じで、

馬券の話的には、買いってことにして、

相手をジックリ選ぶ時間を取りたい感じの、

今年の、ざわざわ天皇賞ですな。


ざわ・・・ ざわ・・・
   ざわ・・・
ざわ・・・ざわ・・・。


マイラーズCを、もうちょい振り返る。 
 
前回の記事で、サラッとしか触れなかったので、

マイラーズCをもうちょい振り返っておきますかね。

マイラーズCというよりも、勝ち馬を振り返る感じですかね。

勝ったのは、逃げ切ったシルポート。

まず、この馬に対する評価の仕方が間違っていたのは、敗因のひとつでした。

個人的には、正直、この馬、読みにくいなぁ~って思ってます。

自分ひとりが勝手に迷走しているのかもしれないですけどね。


シルポートは、昨年のマイラーズCも勝っていて、

その他にも、京都金杯や、ファイナルSなど、

オープン以上のマイル戦で3勝を挙げていたので、

マイルの適正は高いと思っていたんです。

元々は。

ただ、レースを見ていくうちに、本当にマイルがベストなのか?

っても、思うようになってたんですよね。


シルポートが、良く使う距離として、1400~1800m。

で、1400m戦では、行ったまんま先行力とスピードだけで粘る競馬ができて、

それで、そこそこ勝負になるイメージで、

1800mでは、ちょっと長い分、前半で後続と差をつけて、

単騎悠々の逃げという形から、その状態でペースを落とし、

最後は二の足で、後方軍団とそこまで変わらない脚色で、影を踏ませない、

そんな形が、シルポートの勝てるパターンって思っていて、

前走の中山記念でも、後続をあれだけ放して逃げての2着。

レース中も、正直逃げすぎだとは、思ったけど、

結果はぶっちぎりの2着(笑)で、

やっぱり、悠々と逃げれない展開よりは、

あんな競馬が向いたってことだと思うんですよね。

で、今回の1600mのペースって、

その中山記念のパターンでも、1400mでのパターンでも、どちらでもなく、

シルポートにとって、実は、厳しい流れになりやすいんじゃないか?って、

そんな風に思いだしたんですな。

マイル勝ち鞍が一番、あるのに。(やっぱり、間違ってましたかね)


さらに、「距離うんぬん」じゃない所を突っつくと、

シルポートが、ああいう競馬ができる時のポイントは、

自身の調子ってのも、もちろんあるんでしょうけど、

シルポート以外の部分も、重要になってくると思っていて、

それは、人気薄でマークされにくいこと。

そして、先行馬に強力なところがいないこと。

この2つのポイントどちらかが必要だとも思ってたんですよね。


中山記念は人気薄だったし、フィフスペトルっていう先行馬がいたとは言え、

全く気にならない大逃げ。

昨年のマイラーズCは、強力な先行馬が不在の中で、これまた人気薄。

それだけじゃないんですけど、

この辺りの要素を汲むと、

今年のマイラーズCは、シルポートが人気側で、

しかもフィフスペトル、コスモセンサーと言った、

力を上げてきた、「控えても勝負になる」逃げ、先行馬がいたことが、

シルポートにとって、かなりやりづらいと思ったんですよね。

昨年のマイルCSなんかもイメージしたりして。

また、

先行馬のトウショウフリークもいて、さらにはダノンシャークあたりも前に行くんじゃないか?

なんて思っていたので、

シルポートは、けっこう好きで結構馬券買ってるんですけど、

今回は、「勝てるパターン」じゃないって思ってしまったんですよね。

距離が1800m、とか2000mとかあるなら、

ペースもちょっとは緩んで、中山記念みたいなことも考えられますけど、

今回のマイラーズCの流れは厳しいと思い、

先行組を意識した馬券構成の中で、

シルポートだけは買いにくいって判断に至ってしまったんですわ・・・(無念)


なもんで、世間的には、

人気側のシルポートが勝ったことは、わりと普通だったかもしれないですけど、

個人的には、 

あれーん!!  そう来ますかーい!!

って感じでした。

レース中に、シルポートが離した(自分としては想定外の)展開を見て、

「あ・・・」って、なりましたわ。

まだまだ修行が足りませんなー。

ここでも、ああいう逃げができますかー。


シルポート、ひょっとして、これからなんですかね?

GⅠのイメージはないけど、次も悩みますわ。

しっかり飲み込めてはないですけど、

ただ、ぼやっとした感覚では、

マイルより長い距離もやれるっていうメンバーが多い時のほうが、

シルポート向きっぽい展開になりやすいのかもしれないと、

ちょっと思いました。 ペースが緩みやすいのかな?


他の馬に寸評入れると、


軸にした、ダノンヨーヨーは、負けはしましたけど、

馬自体はそんなに悪くなかった感じがしますな。

ただ、展開を考えたら軸向きではなかったかなぁ。

馬自体に、悪い部分は感じなかったんで、人気落ちそうな次も狙いますかね。

コースと展開次第って感じですけどね。

リアルインパクトは、やる気がなくなった感じだったっぽい。

臨戦態勢としては、ベストな感じしたんですけどねー。

買いにくくなるなぁ。

エイシンアポロンは、やっぱり個人的には1800mホースかな?

これは変わらないですな。

レッドデイヴィスは、セン馬らしいというか、

個人的に、買いづらさナンバーワンですわ。

今回、能力あるとこ見せましたね。

ヤマカツハクリュウは、17番人気で、4着。

展開向いたものの、どのくらいの位置づけにすべきか・・・。


うーん、他も色々いますけど、

今回のマイラーズCは、次はどうしたら良いんだ!?

って、判断が難しくなる馬が多かったレースになりましたわ。


マイル路線、混沌としてるなー。

安田記念、大荒れの予感。

去年みたいに、3歳馬か、もしくは、外国馬かも?


難しぃーザリオゥ!


今週の競馬を振り返る。 
 
今週の競馬をサラッと振り返りますか。

土曜日は、福島牝馬S。

オールザットジャズが重賞初制覇。

強さもありますけどね、やっぱ器用というか、スマートなところがありますな。

小回りもキッチリこなしたっていうことで、

今のところ、弱点があまり見当たらない感じというか、

大きい舞台でも、よほどのことがない限り、凡走する可能性は低いんじゃないか?

って印象を持ちましたわ。

弱点が少ないとなると、あとは、純粋な力比べ。

フミノイマージン、アヴェンチュラ、アパパネあたりに対して、

どのくらいの競馬ができるのか楽しみですなー。


2、3着は、相手に選んだ2頭。

コスモネモシンと、アカンサス。

まぁーキッチリと来ましたね。

ここまで予想した段階で、突然気絶してしまうのが一番良いシナリオでしたかね。


結果論ですけど、他のヒモを悩んでくっつけたのが余計でしたわ(笑

まぁ、こういうの良くありますなー。 競馬やってると。

都合良く気絶してくれなかったおかげで、

3連単も、特に厚めに買うことなく、100円分だけ薄~く仕留めましたよ。

馬連、3連複と、合わせて、非常に薄いとこ頂くのみに留まりました。

プラスではありましたけどね、

デキル人間なら、点数絞って厚めってパターンでしたかねー。

まだまだできない側の人間でございます。


東京メインのメトロポリタンSも少額だけ遊んだんですけどね、

スマートロビンと、タッチミーノット軸で、

3着だけ広めに買いましたわ。

そしたら、人気のノーステア来ましたよ。 キッチリと3着に。

ノーステア、3番手評価してましたよー。うんうん。

ここまで予想した段階で、突然失神してしまうのが一番良いシナリオでしたかね。

金タライでも、急に落っこちてきて。

うーん、

連続でこの獲り方は、ちょっと目まいがしますなー。

ボーリングで言うと、スプリットになってしまったところで、

ここ取ったろー!って気合入れたのは良いが、、

エグいコースを突き過ぎて、ガターになってしまった展開くらい痛い。


競馬は難しいですなー。

ヘタクソですなー、自分。


そんな流れの悪いまんま臨んだ日曜日、

京都1Rのシニスタークイーン買いそびれるわ、

福島9Rのバンブーチェルシーも1700m戦ってので、ちょっぴり食指が動いたにもかかわらず、

昼飯食ってたらスタートしてるわーで、

しまいには、メインのマイラーズC、

ダノンヨーヨー惨敗&リアルインパクト殿負けを喰らうわ。

フローラSで、

「え!? 3着の馬なに? どこの馬?」 

「ダイワの馬でっせー!」 喰らうわ。

なかなか素晴らしい休日を過ごしてしまいましたわ。


でも、ミッドサマーフェア強かったなー。 勝ち方。

それを再確認できたのは、唯一の救いでしたな。

オークスが楽しみですわ。


ってことで、日曜は残念賞だったが、


土曜日のオールザットジャズ馬券、配当は予定外ながら、

獲れたことには獲れたので、ラーメン屋に行ってきましたよ。

家に一番近いところだけど。

なにせ、福島牝馬S予想の記事で、

的中したら、ラーメン屋に行って、

「オールザ・・・オーイ、ちょっと、チャーシュー!」

と叫ぶ予定にしてましたからね。

今週の馬券の内容的には、ちょっと違うテンションだとは思ったけど、

有言実行ですよ。


さてさて、ラーメン屋、到着。

まぁまぁ空いてるな。 日曜だからか?

どれ、メニュー表。

・・・。

よし、これでいいか。 「すいませーん!」

味噌ねぎラーメンに、チャーシューで!」


待つこと5分・・・。


ん?



チャーシューメェーン!


しまった!

普通にトッピングされた状態で来てしまった。

何も考えずに注文したが、理想的な展開を考えれば、

「味噌ねぎラーメン! あと別皿で、チャーシュー!」

って注文して、

店員さんが、ラーメンだけ持って来て、チャーシューを持ってくるの忘れて、

それでも気付かずに戻って行ってしまうところに、

「オーイ!ちょっと、チャーシュー!」

の流れだった。


これは、なんという失態・・・。

もはや、取り返しのつかない・・・。


なんてことは、全く考えずにラーメンをすすった。

やっぱり、できないですよ。

TV番組とかでの流れなら、まだしも、

一般人の私が、そんなことを狙ってやるのはね、

お店の方々に迷惑ですもん。

アクシデンツっていうなら、しょうがないんですけどね。

まぁ、最初からできないのわかってたんで、

大人の行動を取らせていただきましたよ。

頭ン中は、小学生並みかもしれないけど。


そんなこんなで、子供と、大人の考えが交錯、葛藤する、

福島牝馬Sでした。


締め方おかしいな。


今週のWIN5 in フローラSウィーク。 
 
今週もWIN5、的中目指していきますぞー。


※この企画は基本、全頭買いするレースをひとつ決めて、

 残りのレースをWIN4にしてみるぜ!って企画なんです、が、
 
 色々悩んだ結果、なんと今週も、全頭買いじゃない買い方になってしまいました。
 
 2週も続けてってのは、予定外でした。


1R目 橘S

◎トウケイヘイロー
○キングオブロー
▲オコレマルーナ
△マコトリヴァーサル

◎、○、▲、△の
 ◎…1400mの実績としてはメンバー随一とは言え、不安もアリ。
 ○…あのメンツのクロッカスSで、2着ってのは心強い。京都ではどうか?
 ▲…能力は高いと思うが、初の1400m、京都でどれくらいやれるかですな。
 △…この距離ならまだ、見直せるかも? スピードは良いものがあるんですけどね。


2R目 府中S

◎ダコール
○レインボーダリア
▲ステラロッサ

◎の1点
 …勝ち切れずも、やはり勝ちに一番近い馬っぽいですな。
  東京は得意舞台っぽい感じはするので、改めて期待したいです。


3R目 福島中央テレビ杯

◎ナイトアンジェロ
○リュンヌ
▲ブルームーンピサ
△メジロツボネ

◎、○の
 ◎…基本、前に行った方が良さそうですけどね、
   控えても勝負できるあたりを評価したいですな。
 ○…それなりに前が速くなりそうではあるが、枠と、小回り現級勝ちの実力重視で。


4R目 マイラーズC

◎ダノンヨーヨー
○リアルインパクト

◎、○の
 ◎…混戦なので、京都マイル適正一番の、低評価されているこのマイラーで。
 ○…混戦なので、前走から上向き一番の、状態良さそうなこのマイラーで。
  ※予想は前回の記事を見ていただければ幸いです。


5R目 フローラS

◎ミッドサマーフェア
○チェリーメドゥーサ
▲セコンドピアット
☆ラスヴェンチュラス

◎、☆の点。
 ◎…能力はかなり高く買ってますけど、あとは展開ですな。
 ☆…牝馬が乗り越えるには壁が高そうな、あの東京の未勝利戦を突破。
   ここでは、どうしてもチェックを入れてしまいますな
   ※予想は前回の記事を見ていただければ幸いです。



以上で、今回のWIN5は、32点。

1レース目で、どうにも絞り切れず、多めの点数になってしまいました。

最近、WIN5を外してもあまり悔しくないんですね。
なぜなら、当たってないってのも、モチロンありますけどね、
惜しい!! っていう外し方すらも、してないからだと思います。

くそう! ほんとは、ちょっと悔しい!

当てるぞ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。