スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JRA-VAN POG、うっすらポイント上乗せ 
 
先週の天皇賞、

エイシンフラッシュのイン差し、お見事でしたなー。

ダービーとか、今回の天皇賞とか、デカいとこ持っていきますなぁー。

本当にエイシンフラッシュってやつは、役者ですわ。

個人的には、近走の成績の割に、変に人気しちゃってる感があって、

いつも買いにくくて、どうしても上の評価に持ってこれないんですけどね。

今回、見事にしてやられましたわ。

そんな中、

強いなぁーと感じたたのは、何気に5着のカレンブラックヒルだったりする。

不利と言われる大外枠に加え、距離不安説もあり、

加えて、無敗記録がかかってるプレッシャーもあって、

さらに個人的な見解では、

シルポートの作る流れは、この馬に取って良いことはなさそうだろうと、

そんな見立てをしていたのだが、

結果は善戦の5着。

好スタートからシルポートの2番手を積極的に取りに行って、

あくまで、これまで強さを見せてきた自分の競馬の形にに徹し、

逃げ馬が作った厳しい流れの中で先行しながらも、

最後まで見せ場を作った。


その騎乗には、3歳の別路線の無敗チャンピオンである誇りも感じられたし、

強い古馬たちに真っ向勝負しようとする挑戦者の姿勢ってのが感じられて、

すごくいい競馬だったと思うし、

5着という成績も立派だったと思いますわ。

無敗に傷がついて、さらに馬券にもなれずってので、

世間では残念なムードの方が強いのかもかもしれないが、

個人的には、めっちゃ評価していい5着に映りましたわ。


今後、路線もおそらくマイルが中心になるだろうが、

この馬には相当期待しても良いんじゃないかなぁと思う。


とまぁ、そんなところで、

タイトルと全然違う展開になってしまいまったので、

話を戻しますかね。

って、戻すのも違うか。

えー、POG、POG、

先週のJRA‐VANの方POGですわ。

ちゃびろまん厩舎、第7の刺客、メイショウソウイン。

京都の芝1200mの新馬戦に出陣しましたわ。

レースは、そこそこ良いスタートからそこそこ良い位置につけて、

そこそこの見せ場を作って頑張ってくれましたわー。

結果は、そこそこの3着。

少頭数で、3番人気だったんで、

掲示板とは言わず、連対してくれんかなーなんて期待をしてみていたが、

ちょうど間の3着。

まぁ、そこそこですわ。

何気に指名が増えて、最終的に15人の指名になってしまったんで、

ある程度は稼いでもらわないと困る感じではあるが、

ハーツクライ産駒で、1200mで3着。

しかも、ちゃんと前につけて行けて、

結局前に行った2頭を交わせなかったっていう展開だったので、

内容としては、悲観するものでもなく、

何気に、これからの展望が明るい気がしてますわー。

距離延ばして、さらに上昇期待ですかね。


今週の出走はこのメイショウソウインのみで、

シェアポイント賞ランキングでは、先週の84位から83位にプチアップ。


もうちょい上がっても良いと思ったんですけどね。

現状維持するだけで、このくらいのポイントが毎週必要な感じなのかなぁ。

なかなか戦いは厳しいですな。


来週の2歳重賞、アルテミスSには、

先々週に新馬勝ちを収めたアガサが登録。

これ、出てきてくれないかなぁー。

登録馬の数を見ると、

なんか、入着より出走の方が難しいって展開ですかね。


新馬戦が、ちょっとうまいこと行き過ぎた感じがしたので、

もし出てきても、馬券的に考えるのは難しいかなぁって感じもしますけどね、

でも、出てきたら、目を瞑って買ってしまう可能性のほうが高い気もしますわ。

2歳だし。

うん、買ってまう。


まずは、出てきておくんなましー!




スポンサーサイト
今週のWIN5 in 天皇賞(秋) ウィーク 
 
秋の天皇賞の週のWIN5でっせー。

2週連続で当たれ!とか、調子の良いことは考えてしまうんですけど、

WIN5自体、それが難しい上に、今週はかなり難解な気はします。

人気側の中でオッズも結果も割れそうなんで、

数字面ではガチガチでも、今週はソコソコ配当つきそうですね。


※この企画は基本、全頭買いするレースをひとつ決めて、
  WIN4にしちゃうぜ!って企画ですが、
  今回は1点に絞るのは難しい気がします。普通買いでいきます。



1R目 長岡京S

◎トーホウシンバル
○ティアップゴールド
▲オメガホームラン
△ナシュワンヒーロー

◎、○、▲の
 ◎…京都は得意で、このクラスでも結果出してるんですが、人気ないですね。
    狙っておきます。     
 ○…安定してないですけど、能力上位で、休み明けも走ってきてるし、
    花見小路特別みたいな、強いレースする可能性もあるので、取ります。
 ▲…3歳に安易に飛びつきたくはないんですけど、実戦が少ない分、
    未知な部分が多いんで、ここはカバーしておきます。



2R目 紅葉S

◎ミトラ
○セイウンジャガーズ
▲タイキパーシヴァル

◎、○の
  ◎…フリーウェイSより、1ハロン伸びますけど、
     不安よりも期待が大きい感じですな。展開的にも良い気はします。
  ○…これも距離に不安もなくはないですけど、少頭数ってのが良い気がします。



3R目 魚沼S

◎ゴールデングローブ
○ワルキューレ
▲メイショウジンム
△プティプランセス
△トウカイオーロラ
△デルフォイ


◎、○の
 ◎…府中牝馬S、0.4秒差の6着も評価できますけど、
    それよりも、新潟の三面川特別ですな。
    あの2、3、4着の馬を斤量背負って勝ち切ってるのは、すごいです。
 ○…平坦巧者ですな。 
    昨年の今ごろの力さえあれば、十分強い気はするんですけどね。



4R目 カシオペアS

◎ネオヴァンドーム
○ミッキードリーム
▲ヒストリカル
△タムロスカイ
雨ホワイトピルグリム

◎、○、▲の
 ◎…京都1800mにしか勝ち鞍が無い、京都1800mマニアですわ。
    WIN5向きの馬って感じですな。 展開も悪くない気がします。
 ○…最近、ずっとマイルが使われてますけど、
   1800mの流れの方が合うと思うんですよね。 期待です。
 ▲…現在の印象としては、0か100かみたいな感じですね。
    潜在能力は高いと思うんですけどね。 押さえておきます。



5R目 天皇賞(秋)

◎ダークシャドウ
○フェノーメノ
▲ルーラーシップ
☆トランスワープ
△カレンブラックヒル
△ジャスタウェイ
△トーセンジョーダン

◎、○の
 ◎…私がいま考える、一番の東京巧者はこの馬です。頑張ってほしいです。
 ○…シンボリクリスエスに並ぶ可能性は十分だと思います。
   3歳制覇の目も期待します。


以上で、今回のWIN5は72点。

久々に多くなってしまいましたわ。

別に先週的中したからとかじゃないんですけど、(7320円だったし・・・)

今回はかなり難解だったので、

絞りに絞っても、これだけになってしまいましたわ。


今週は太いの当たれ!!!


天皇賞(秋)の予想 
 
秋の天皇賞の予想、行きましょうかね。


当たり前と言えば、当たり前なんですが、

秋の天皇賞は、本当に強い馬でなければ、勝つのは難しいレースだと思っているんですよ。

ブログで仲良くさせて頂いているSTさんも、今週の予想の中で、

同じようなことを言われていて、

基準や考え方は人それぞれ、たくさんあって良いと思うんですが、

自分もSTさんと同様に、

天皇賞では、自分が好きな馬の中で、いま1番強い馬。

そういう馬を買いたいんですよね。

まぁ誰も、弱くて嫌いな馬は買わないとは思いますが(笑


で、自分にとって、

ここ1、2年で、一番好きで強い馬ってなると、

それはダークシャドウになるんですけど、

そこの部分でも、STさんと被っていたので、

予想を見た時、ちょっと笑ってしまいました。
(自分の予想がもう出来上がってるわー!みたいな)


もちろん、ルーラーシップもめちゃんこ強いし、

強さを示している3歳勢のトップ2頭も、相当強いと思うんですけど、

ダークシャドウも、負けず劣らずのモノは持っている思うし、

たぶん、印象がボヤっとしてるのは、

昨年のこのレースから国内は2戦しかしてない上に、ドバイで負けてるし、

国内の2レースも、

GⅡ戦で、自分より劣ると思われる馬に負けての2着が2回っていう、

ちょっとチープに映る内容のせいであって、


宝塚記念で、オルフェーヴルの2着のルーラーシップや、

無敗の毎日王冠ホースや、強いダービー2着馬よりは、

やっぱり地味には映ってしまう気はするんですよ。


とは言え、それでも、

ダークシャドウは強いと思ってしまうところがあるんですよね。


好きってのもあるんで、色眼鏡で見てる部分もあるのかもしれませんけど、

昨年の天皇賞では、シルポートが作った、超ハイペースの流れを、

早い流れが合う、スタミナ自慢のトーセンジョーダンが勝つようなレースの中で、

直線、前が壁になる不利がありながらも2着。

その一方で、その前走の毎日王冠では、

先行したリアルインパクトが33.2の上がりを使うようなスローの流れの中、

32.7の脚を使って、差し切り勝ち。

この、全く違う流れの2つのレースで、どちらも勝ち負けをしたってところを見て、

この馬、めちゃめちゃ強いわ!

って思ったんですよね。

こういう競馬は、ヤワな馬にはできない芸当だと思っていて、

東京コースは強い馬が強いってのを、地で行く感じの馬な気がするんですよ。


ブエナビスタではないですけど、

強いということと、キッチリ勝ち切る強みがあることは、また別で、

ルーラーシップには勝つ!とか、

3歳馬よりも上だぜ!なんてことは言わないですが、

秋の天皇賞って舞台では、ダークシャドウは、強さを見せてくれるぜ!

ってイメージで、この馬から行くことにします。

ちょっと何言ってるかワカランですね。


で、相手はどうしようかってところですけど、

ここは3歳馬から、フェノーメノにしてみます。

古馬とは初対戦なんで、未知と言えば未知なんですけど、

毎日王冠で、今年の3歳馬が通用している背景もあるし、

当馬の東京コースの強さ、そして実際に、青葉賞 ⇒ ダービーの走りを見ていると、

ここも好走するイメージの方が沸きやすいですわ。

差す競馬も板について来たし、前走での、捲り気味の好位進出って競馬も、

天皇賞仕様って感じで、これまでの傾向からみても信頼して買えそうですな。

POGで、指名できなかった悔しさが、ここまで引っ張られるとは思いませんでしたけど、

セントライト記念あたりから、その気持ちも落ち着いてきたんで、

ここで、気持ち良く馬券になってもらいたいですわ。


3番手にはルーラーシップ。

GⅠを勝つ力があるのにも関わらず、

相手や展開に恵まれず、未だ国内GⅠは未勝利の身。

とは言え、日本馬では最上位の力を持っているし、前走もそれを示していて、

能力が反映されやすい東京コースに、ルーラーシップが問題なく合うならば、

馬券内に食い込む地力は最も高いと見えますな。

騎手がポンポン乗り替わっていることや、臨戦態勢から3番手にしたものの、

今回も有力候補な気はします。


馬券は、ダークシャドウの単勝。

ダークシャドウから馬単で、フェノーメノ、ルーラシップ。

3連系は、

ダークシャドウを1着固定、フェノーメノ、ルーラーシップ2着から、

トランスワープ、トーセンジョーダン、カレンブラックヒル、

フェデラリスト、ジャスタウェイ、アーネストリー、エイシンフラッシュと広めに。

あとは、1着、2着逆転パターンを持っておきますか。


楽しみですなー。

ダークシャドウ、GⅠ馬にならんかなぁ。

スワンSの予想 
 
スワンSの予想いきましょうか。

毎日王冠が3歳馬のワンツー。

それ以外のオープンでも3歳馬が強さを見せていて、

日曜の天皇賞も3歳馬が人気になりそうなところで、

土曜日のスワンSも、やはり3歳馬が売れそうな感じですな。


ここは素直に3歳馬に敬意を払って、レオアクティブ、オリービンあたりから攻めても、

そんなに悪い結果にはならなそうな気はしているが、

両頭とも京都コースに対する適正をまだ示してはいないし、

GⅢならまだしも、GⅡ以上は一応未知の領域ってこともあるので、

このオッズで飛びつくのは、一歩早いかもしれんと、

ちょっと思っていたりする。


ポートアイランドSのメンバーだって、そんなに弱くはないし、

京成杯AHにも強い馬はいたが、

やっぱり、単純にここは全体としてレベルが一段階上がってくる。

他の馬たちも、GⅡ、GⅠのレベルで走って来てるのが多いし、

その割に3歳馬に人気を持って行かれているので、

そっち側から攻めてみようと思う。


メンバーの中に、京都巧者っぽいのが少ない気がしてるんで、

ここを糸口にして、

軸はダノンシャークにしてみる。

京都金杯、マイラーズC2着の実績がある京都巧者。

1400mは初だが、これまでの競馬を見ていても、

距離短縮がダメってことにはならなそうな気がしているし、

広いコースが得意なんで、今回の外回りもうまいこと走ってきそうな感じだ。

良い脚を持っているのに、馬券内の2頭にキレ負けした毎日王冠も、

逆に、今回の良い材料に見ている。


相手は、エーシンホワイティとサンカルロを指名してみる。

エーシンホワイティは、重賞でこそ残念な結果に終わっているものの、

京都コースってことになると、結構な強さを見せてくるし、

実際このコースの持ちタイムも、サンカルロと並んで1番のものを持ってるんで、

この条件に限れば、力の差はないような気はしている。

短距離戦は強いイメージになりつつある松山騎手にシゴかれて、

馬券内に飛び込んで来るのを期待したい。


サンカルロは、京都コースの良績が少ないが、

使われたこと自体が少ないので、

昨年のスワンSでの、追い込み届かずの4着を見る限りは、

京都コースも問題なく走れそうな気はしている。

スプリント戦では、好走するには注文がついていしまいそうだが、

1400mの距離では、まだまだ強い存在な気がしているし、

本番のGⅠよりも、前哨戦とか、GⅡのレースとか、

この辺の位置の重賞は良く走るんで、今回も前哨戦巧者の強さに期待したい。


他では、3歳馬からレオアクティブ、

直線平坦の逃げ粘り警戒で、テイエムオオタカ、

距離短縮ありかもしれない、平坦巧者ゼロス、

これもそろそろ、距離短くしたら変わってきそうなショウリュウムーン、

たぶん京都合わないけど、阪神C2着が気になるグランプリボス。

あとは、1400m巧者のスプリングサンダー。

このあたりをくっ付けて、

うまいこと当たることを期待ですな。


秋の天皇賞、めっちゃ好きなんで、

前日のここでビシッと当てておきたいですわ。



POG近況 
 
久々に、POG近況を報告しますかね。

誰に報告だって話ですけど。


ネット競馬の方のPOG、こっちはガチンコ勝負のメンツって感じなんで、

強い馬をひたすら選ぶぜ!ってところなんですけどね。

これまで、勝ち馬ナシの悲惨な状況でした。

しかーし、

先週、出ましたよー!記念すべき第1号!

リジェネレーション。

未勝利戦とは言え、期待通りの強い競馬で勝ちましたわー。

なんか、まだ能力だけで走ってる感じもするんで、こっからのブレイクに期待ですわ。

で、コッチのPOGで指名しなければならなかった走りを見せたのは、

日曜京都の1800mでデビューしたエピファネイア。

これ、ヤバかったですわ。

ここ2年間で、1番くらいの衝撃の新馬戦でしたわ。

もちろん指名していないっす。

直線、内で前が詰まったところで、徐々に外に出してゴー!

そこからの、他馬とのキレ味の差。

鳥肌モンでしたわ。

何度リプレイ見ても、鳥肌立ってしまいますわ。

もちろん、エピファネイアに負けた馬たちが、

今後どのくらい走っていくのかってところも、大事ではあるんですけどね、

新馬戦のレベルうんぬん抜きににして、あの競馬は、

ちょっと、末恐ろしいものを感じてしまいましたなー。

突き抜け方こそ凄かったんですけど、

なんか、直線、まだ余裕がありそうなフォームで走ってる感じもしたんですよね。

そういうフォームの馬なのかもしれないですけど。

バランスが良すぎるというか、力が抜けているというか、なんというか。

とにかく、新馬戦で見せたもの以上に、奥行きありそうだなと、

個人的には思ってしまいましたわ。

指名してもないけど、現時点で、一気に3冠馬の最有力候補になりましたよ。

ここ、選んでないの痛いなー。


で、ネット競馬のPOGが不調な一方で、

JRA-VANのPOGは、何気に好調ゾーンに入ってきましたわ。

今週は、3頭が出走。

まずは、土曜日東京5Rに出走のアガサ。

単勝7.9倍。 少頭数とは言え、思ったより人気。

こりゃ、馬券内もひょっとしたらあるんでねーべか? 

なんて淡い期待を抱きながら、レーススタート。

アガサは好スタートから前目の2、3番手に。

位置取りはそのままで、直線に入ると先頭に並びかける。

おっ?あるんじゃねー!? コレ!?

あるんじゃ・・・? そのまま押し切れーい!

1着。

なんとも意外な勝利。

めっちゃうれしー!

両POG通じて、今年初の新馬勝ちですわ。

ただ、この勝利を素直に喜んでいいかは、今のところ微妙なんですわ。

勝ち時計が遅く、

だいぶスローな流れを、好スタートから前に行って、

なんとか押し切ったって感じの内容にも映らなくない感じだった。

メンバーには人気を被っていた素質馬が入っていたが、

まだ出来上がってる感じではなく、

その背景も手伝っての勝利でもあるので、

今後、500万以上で戦える可能性ってのを考えると、

もう少し未勝利戦でポイントを拾ってからの、

ゆっくりめの勝ち上がりってのが理想的だったかもしれないなー。

とは言え、嬉しい勝利!

ローカルのダート1200mとかよりは、東京の芝1800mの新馬勝ちってのは、

字面的には、とりあえず期待してしまう部分もあるし、

行き脚があるってので、たとえ今後、上のクラスで躓いても、

ダートでやれる可能性が結構残っているのは心強いですわ。


そして、日曜日。

新潟2Rに出走のワンダフルジュエル。

前走、中山で馬が変わったような競馬を見せ、

今回、同距離1200mの新潟。

アドマイヤマックス産駒、大野騎手ってので、ここは期待が大きかったですわ。

見事1着。

よーしゃー!良くやった。

これは、なかなか良い勝ち方したと思ってますわ。

新潟の1200mとは言え、今後も善戦してくれそうで楽しみ。


こーなると、今週の出走馬、オール勝利が見えて来ましたぞー!

ってところで、最後の1頭、マスタプリメーラ。

東京の5R、マイルの新馬戦でデビュー。

1着、1着って来たんで、勢いだけで1着ってのを願った。

が、

ここは9着。

14番人気だったからなぁー。 頑張った方ですな。

前で積極的に競馬出来たってのは、好材料だし、

メンバーもそこそこっぽいの揃ってた気もするんで、

この、東京1600mの、攻めた9着ってのは、前向きに見ても良さそうですわ。

この馬に関しては、少数指名が成功してるんで、(5人指名)

未勝利、500万で、地味に好走してくれるだけでも十分戦力で、

ダート替わりや、距離変えたりで、

まだまだチャンスは残ってそうなところも考えると、

結構期待しちゃうなぁー、これも。


こんなところで、先週は2勝!

オッケーですわー。 だいぶオッケーですわー。

シェアポイント部門で、300位後半だった順位も、

ここで大きくジャンプアップ。

84位に入ってきましたよー。

まだまだ先は長いんで、順位はいくらでも変動しそうですけどね、

この時期としては、昨年より良い順位につけてますわー。

この浅いタイミングで、10位以内とかだと、

ちょっと早仕掛け過ぎて、逆転される可能性も高いんで、

100位前後のこの位置、そこそこ良いポジションにつけれてますわー。

シーギリヤガール、ジェネラルグラント、クラグオーの、

強いと言われる今年の北海道組ってのが、

この後中央で、どのくらい走る機会があるのかってのが、

最大のポイントにはなりますけど、

うまいこといけば、

今年も100以内は、目指せるんじゃないかって、意識し始めてしまいましたよ。

勝負はこれからですわー。


で、チラッと、シェアポイント部門のランキングを見てると、

70位に、POGチーム仲間の、マッスルダンサーさんの名が!

さすがですわー。

上には上がおりましたわ。


正直、マッスルさんは、今年入賞圏内な気がしてしまいました。

マッスルさん指名のチェリーへステイア。

これ、なんと3人指名なんですわ!

それが、東京ダートの新馬戦で2着。

勝ち馬は強かったけど、後続も離した2着。

これはポイント、ガッツリ稼いでくれそうですわー。

シェア部門は、少数指名が何よりも肝なんで、

これは、めっちゃ羨ましいです・・・。

たぶん、未勝利とか、500万で、馬券内ウロウロするだけで、

相当上位に食い込めそうですなー。

なんとかマッスルダンサーさんにくっついて行きたいですわー。


今年は入賞したいでやんす!


やっと、WIN5的中! 
 
win5史上最高!に安い配当ゲッツ・・・


先週の菊花賞ウィークで、ついにやりましたよー!

WIN5、年間3回的中を目標にしてきて、

ついに、今年の1回目が出ましたよー。

エプソムCウィークに、1回的中してはいたんですけど、

あれは嫁さんのアシストありでの、タナボタ的中だったんで、

個人的に無効カウントにしてまして、

今回のが、純粋な今年1発目の的中となりますわ。

いやー長かった。

ある時から、ブログに載せるのは、100万以上のトンデモ馬券が当たった時か、

WIN5が的中した時だけに限定しようと、決めてたんですが、

ここまで、だいぶかかりましたわー。

そんなに簡単に行くもんじゃありませんなぁ。


え? 上のサムネイルですか?

間違ってませんよ? 決して3連複の的中のやつじゃないですよ。

WIN5っていう、いわゆる、夢を見る馬券のやつです、はい。


・・・


現実はキビシー!!

まぁ、今回は、やる前から堅めになるだろうなって見方はしていたし、

予想の記事でも、「薄くてもいいから当たれ!」

なんて言ってましたけどね、

薄すぎますわ!

7320円ですかー。

正直言うと、もっと少ないかも・・・なんて思ってたんですけどね。


WIN5初的中した時も、フレールジャックのラジオNIKKEI賞の週で、

その時も、日が浅いとは言え、当時の史上最低配当でしたわ。

まぁー、こんなんばっかですわ!(笑 

厳しいですなー現実は。

こうなると、次は5000円切る配当のWIN5が当たる予定になりますかね。

まぁ、今回のWIN5、超ガチガチの決着ではあったものの、

個人的には熱い展開だったんですよね。

熱いって言っても、最後の菊花賞だけなんですが。


レース終盤、2度目の坂越えのタイミングで、

最後方にいたゴールドシップが、大外を捲って先頭集団に並びかけて行くところで、

スカイディグニティも、いかにも手応え良さそうにその内からポジション押し上げ、

「うおー!いいぞー!」って展開。

直線に入って、脚色衰えずは、ゴールドシップ、スカイディグニティの2頭って絵で、

通常馬券はゴールドシップ頭がほとんどだったが、

WIN5のこともあり、

この叩き合い、スカイディグニティの逆転を願ってしまっていた。



スカイディグニティーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!

2着。


いやー、惜しかった。 

熱かったですわ。

たらればは禁句ですけどね、

WIN5にかけては、しかも特に今回みたいなパターンは、

配当がだいぶ変わってくるので、たられば言いたくなってしまう結果だった。

これが競馬の面白いところであり、厳しいところですなー。


まぁ、WIN5の結果に関しては、嬉しさ半分の中に悔しさもありましたけど、

菊花賞の結果には納得ですわ。

1着ゴールドシップ、2着スカイディグニティで、

着差もひょっとしたらってぐらいの差だったかもしれないですけど、

ゴールドシップはやっぱり強くて、

1、2着という着順以上に、

ゴールドシップはもっと上を走っていたって感覚はありましたわ。

スカイディグニティもすごく頑張ってくれましたけど、

現状では、逆転は簡単ではないって感じで、

今回の結果は順当だと思いました。

なんとなく、スカイディグニティの競馬は、菊花賞馬っぽい2着で、

ゴールドシップの競馬は、3冠馬がやるような走りって感じでしたわ。

今回は、相手が強くてしょうがなかったけど、

スカイディグニティは、これからの長距離路線での成長、活躍に期待したいですな。


話は最初に戻り、

WIN5年間目標の3回的中まで、あと2回!

タイムリミットは、あと2ヶ月ちょい。

厳しいかなぁ~。

1ヶ月に1回当てればなんとかってところでしょうけど、

目標達成に向けて、望みは繋いだとは言え、がけっぷちの戦いですわー。

来週からまた頑張りまっせー!

配当の方も…頼む。


今週のWIN5 in 菊花賞ウィーク 
 
今年の3歳クラシック、ラストのWIN5でっせー。

1点買いのつもりでしたが、予定が変わって、普通に買えそうです。

新潟メイン、そして菊花賞に分厚い馬がいるんで、

配当的になことを考えれば、そこをどう扱うかですな。


※この企画は基本、全頭買いするレースをひとつ決めて、
  WIN4にしちゃうぜ!って企画ですが、
  今回は散らして普通に買いたいと思います。



1R目 甲斐路S

◎サトノアポロ
○ダイワマッジョーレ
▲アロマンシェス
△フライバイワイヤー

◎、○の
 ◎…ここ2戦で負かした2着馬は、結構能力は高い気はするんですけどね、
    休養期間で化けたって側に1票入れておきます。    
 ○…サトノアポロが負けるとしたら、この馬じゃないかと思います。


2R目 桂川S

◎アイラブリリ
○ニシノビークイック
▲タバルナ

◎、○、▲の
  ◎…小倉で良い競馬していて、今回京都の内回り。
     展開的には一番向いてる感はありますな。
  ○…距離短縮がうまいこといってますな。クラス通過は間近な気はします。
  ▲…ハマればわからん匂いはします。岩田Jってのもあり、上位評価で。


3R目 轟S

◎エバーローズ

◎の
 ◎…ここ2走の着差はもちろん、時計もアイビスSDよりも速いですわ。
    1000直に関しては、カルストンライトオ級になるかもと期待してます。    


4R目 ブラジルC

◎マイネルアワグラス
○ナムラビクター
▲プレティオラス
△リバティバランス

◎、○、▲の
 ◎…この距離は強いと思うんですけどね、
    戸崎騎手ってのも合わせて、期待込みの◎です。
 ○…3歳馬に敬意を払います。距離も短いより良さそうですが、どうですかね。
 ▲…地方馬ながら、3歳馬を強く見るならこの馬も警戒です。
    距離延長はプラスっぽいです。 あとは中央の砂が合えば。


5R目 菊花賞

◎ゴールドシップ
○スカイディグニティ
▲ロードアクレイム
△コスモオオゾラ


◎、○の
 ◎…距離伸びても力が出せそうな気性、能力を持っていて、
    それでいながら、春をトップレベルで戦ってきて、神戸新聞杯も完勝。
    まず外せませんな。
 ○…もし薄く逆転の目があるなら、フェノーメノを引き合いに出します。
    そのフェノーメノに鋭く迫った、セントライト記念。
    それでいて、おそらく距離延長がプラス。 期待します。


以上で、今回のWIN5は36点。

ガチガチの配当も予想されますな。

ゴールドシップはもちろん強いと思うんですが、

新潟メインのエバーローズの方が、異常な強さを感じているんで、

そこを1点買いにして、

菊花賞がゴールドシップでガチガチの人気のところを、

大穴狙ってみる作戦にしました。

今回は的中期待したいんですが、どうなるでしょうか。

って、いつも期待してるんですけどね。


薄くてもいいから当たれ!!!


菊花賞の予想 
 
菊花賞の予想といきますかー。

ディープブリランテが戦線離脱ということで、

いよいよゴールドシップ1強ムードですな。

陣営も、ゴールドシップは菊花賞向きだと考えていた馬で、

自分としても、

ゴールドシップは皐月賞馬とは言え、

皐月賞よりもダービー、菊花賞って感じの馬な気はしていたし、

前走の神戸新聞杯も、いかにも本番持って行きそうな内容で勝っているので、

個人的にはこの1強ムードに逆らう気はない。

内枠の内田騎手ってのも、信頼度が上がるイメージだしなぁ。


春に強い競馬見せていても、長距離向きじゃないとか、

調子がイマイチとか、枠、騎手がもうひとつって感じなら、

クラシックを賑わせた馬でも付け入る隙は出てくるのだが、

正直、隙が見当たらない。


もしこの馬を打ち負かそうとするなら、相当の材料が揃わないと難しいが、

面白そうな馬は何頭もいながらも、

今年のゴールドシップより良く見えそうな馬ってのが、なかなか探せない。


ゴールドシップが強いのはもちろん、

さらに能力的、気性的に菊花賞向きだと考えてしまうなら、

どうやら、他に浮気できそうにもないので、

今年はこの馬から入ってみる。


相手は悩むが、スカイディグニティを指名してみる。

セントライト記念の2着馬。

そもそもセントライト記念組は複勝率がそんなに高くもないんで、

良い狙いとは言いにくいが、

今年の菊花賞のメンツは、例年よりも緩くなっている可能性も高いので、

セントライト記念組の台頭もありと見ておく。

レースでは先に抜けだしたフェノーメノに負けてしまったが、

フェノーメノは、ダービーのハナ差2着で、

その内容を考えれば、世代最高クラスと言える能力を持っていて、

この後、天皇賞に行っても良い勝負するんじゃないかってぐらいの馬で、

そんな馬がセントライト記念に出てくるのは、半分反則みたいなもんで、

例年のレベルを考えるなら、

フェノーメノ無しで、繰り上げ1着って感じの、今年のセントライト記念2着だ。


経済コースを通ってうまいこと運んだ感もあるが、

道中、内で折り合って、直線、外に出しての一気の伸び脚。

唯一フェノーメノを追えたのはスカイディグニティだけで、

長距離戦で必要なメンタルと能力を、前走で見せたような気がした。

長距離砲軍団で、何頭か面白そうな馬がいる中で、

GⅡの中距離という舞台を経験し、

さらにフェノーメノというレベルの高い馬を相手に良い競馬できたっていう部分は、

他の馬にはない強みである気はしている。


次点として、コスモオオゾラ。

怪我明けの直行ってのが嫌われてしまう理由だろうが、

春を盛り上げてきたこの馬は、実績的には2番手。

どのレースも善戦してきたが、いかにもキレ負けって感じの、

「負けて、地味に強し」の競馬が貫かれている気がする。

末脚一発とか、逃げ粘りとか、

そういった、展開を味方につけるレースが少なく、

だいたい中団で競馬をして、そこそこ良い脚をずっと使ってるんだけど、

最後はキレ負けっていう、おなじみの負け方のパターンを見ていると、

いかにも距離伸びて良さそうな感じで、

出走メンバーを考えても、これまで皆勤のクラシック3戦の中で、

菊花賞が、一番チャンスがあるんじゃないかと思っている。


もう1頭、気になるのをチョイスすると、ロードアクレイム。

この馬に関しては、ちょっと傾いた見方をしている。

まず、能力だけをみれば、神戸新聞杯2着。

それだけでも、そこそこ馬券の対象にする価値はあるかもしれないが、

気になっているのが、血統だったりする。

別に、ニックスがどうたら、母系に~が・・・みたいな話ではないのだが、

ディープインパクト × レディパステル。

3冠馬 × オークス馬の掛け合わせ。

両親が現役で走っていたからと言って、それが単純に繋がるわけでもないし、

実際、これまでレディパステルに代表的な産駒も出てきてはいないが、

いわゆる良血扱いされる存在だ。


たまに思うのが、

こういう良血馬くんが、期待されながらデビューして、

早い時期から期待されたほどの活躍はできなくて、

それでも、なんだかんだ走ってるウチに、

その血脈に恥じない能力を覚醒させるパターンってのが、ある気がする。


今日の富士Sを勝ったクラレントじゃないけども、

やっぱり良血か!

的な。

ロードアクレイムや、クラレントの話とはまた違うが、

ジョワドヴィーヴルのジュベナイルフィリーズや、

トーセンホマレボシの京都新聞杯 ⇒ ダービー3着なんかでも、

思わず血統を意識させられてしまうような、

ちょっと似たような感覚を得たりした。


それまであったイメージよりも、ずいぶん強いというか、

どうも、良血くんは、他の馬たちよりも覚醒した走りをする確率が高い気がするので、

前走の神戸新聞杯2着で、良血覚醒のスイッチが入ったかもしれないと、

ちょっと警戒しておきたい。

問題は、走ってる兄弟がいない(サンプルが少ない)ことですかね。



馬券は、ゴールドシップから、スカイディグニティ、

コスモオオゾラ、ロードアクレイムを本線にして


あとは押さえに、マウントシャスタ、ラニカイツヨシ、ベールドインパクト。

このあたりまでにしておきましょうかね。


明日は予定があるんで、菊花賞だけ買って、

WIN5は1点予想にするつもりでござんす。


例年よりメンツが薄い感じがするのに、

結末は例年になく気になる、今年の菊花賞ですなー。

富士Sの予想 
 
富士Sの予想いきますかー。

忙しくてブログがサボりがちになっても、

週末の予想はしておきますぞー。

買えるか微妙なところなんですけどね。

予想は予想の練習ですわ。


で、今年の富士S、

ガルボやコスモセンサーなどの、東京の重賞組や、

マイルの能力が高いダノンヨーヨー、

能力が結果に出始めたフラガラッハなど、

そこそこ良いメンツがいるが、

注目したいのは3歳馬だったりする。

今年のNHKマイル組のその後を見ても、

1着 カレンブラックヒル ⇒ 毎日王冠      1着。
4着 オリービン     ⇒ ポートアイランドS 1着。
5着 セイクレットレーヴ ⇒ エプソムC     4着。
6着 ジャスタウェイ   ⇒ 毎日王冠      2着。
8着 レオアクティヴ   ⇒ 京成杯AH     1着。

と、古馬相手に善戦しているどころか、勝ったりもしてしまっている。


3歳馬が参入してくる前のマイル路線は、

絶対的なマイルチャンピオンもいない状態で、

これまでの流れを見る限り、

カレンブラックヒルを始めとする今年の3歳馬たちが、

今のマイル界を席巻するような気がしている。

京成杯AHや、ポートアイランドSはもちろんだが、

毎日王冠も個人的にはマイルでの強さも必要なレースと思っているので、

3歳のマイル勢の相当な勢いを感じてしまう。

こうなると、

今の段階ではまだ、古馬も人気をも持ってくれそうだが、

今後のマイル重賞では、3歳馬が人気の中心になっていくような気がしているので、

そうなりきってしまわないうちに、

早めに買っておいた方が良い気がしている。


ってことで、軸は3歳馬から入ることにしてみる。

ファイナルフォームが人気になりそうだが、

適距離がマイルかどうかってのもまだ微妙なところにあるし、

古馬混合の東京マイルを勝ってはいるが、

今年に関しては、古馬と戦った価値よりも、

NHKマイルカップ上位組、もしくは、その後の活躍の方を上に見たいので、

NHKマイルカップ組を取ろうと思う。

ってなると、3着のクラレントって流れになるのだが、

5着のセイクレットレーヴの方を上に取ってみる。

3歳マイルチャンピオン、カレンブラックヒルには差をつけられてはいるものの、

これまでのレース、負けて強しの内容が多く、

着順よりも潜在能力は高いとみている。

鞍上も東京コースで信頼できる横山ノリノリ騎手だし、

枠も文句ないところなので、

チャンスは巡って来てるような気がしている。

2番手には、ここも3歳馬を評価したいところだが、

セイクレットレーヴほどの魅力はまだ感じきれていないので、

ちょっと捻って、ダノンヨーヨー、ゴールスキー、コスモセンサー、ガルボ、

3番手にダローネガ、クラレント、ファイナルフォーム、

フラガラッハ、ツクバホクトオー、サトノタイガー。

こんな感じで行ってみようと思う。

馬券は3連複のフォーメーションでいきますかね。

3連単だと、けっこう付くみたいだけど、

うーん、ちょっと度胸いるなぁー。


菊につなげるんダー!


今週のWIN5 in 秋華賞 ウィーク 
 
秋華賞ウィークのWIN5でっせー。

結構堅めになるんですかね。

※この企画は基本、全頭買いするレースをひとつ決めて、
  WIN4にしちゃうぜ!って企画ですが、
  今回は散らして普通に買いたいと思います。



1R目 秋嶺S

◎イジゲン
○ナイトフッド
▲サイモントルナーレ

◎の
 ◎…1点で買える安定感はないんですが、強さはありますな。
   今回は絞りたいので1点で。 秋の成長に期待します。



2R目 三年坂特別 

◎デンコウジュピター
○セイルラージ
▲プレミアムブルー

 ◎、○、▲の
  ◎…京都は得意で、上のクラスでもいつでも卒業しそうでした。
     今回も上位と見ます。
  ○…能力はあるんですけどね、ハマった時は強い気はします。
  ▲…京都は庭ですね。好勝負できそうっす。


3R目 信越S

◎エアラフォン
○ウインドジャズ
▲グランプリエンゼル

◎、○、▲の
 ◎…長い直線が持ち味出せるポイントな気がするんで、
    この条件も有利と見ます。
 ○…連勝止まりましたけど、前走も良くやりましたな。まだやれそうです。
 ▲…格的には上なんですけどね、チェックしておきます。



4R目 アイルランドT

◎カリバーン
○ミッキーパンプキン
▲セイクリッドバレー
△アカンサス

◎、○、▲、△の
 ◎…オープンならやれて良い馬ですな。まだ腐る年でもないと思うので。
 ○…少しづつ力つけてきて、この辺なら上位争いできるんじゃないでしょうか。
 ▲…格を考えればもう少しやれて良いはずですけどね。左回り警戒で。
 △…涼しい季節で走りやすくなってきたところを警戒で。



5R目 秋華賞

◎ジェンティルドンナ
○ハナズゴール
▲ラスヴェンチュラス
☆アロマティコ

◎の
 ◎…3冠牝馬になってもらいましょう!



以上で、今回のWIN5は36点。

たぶん、一番薄めのところが引っ掛かっても、配当は安い気がしますな。

当たる可能性は、いつもよりは幾分高いとは思うんですけど、

果たしてどうでしょうかね。

とりあえずWIN4まで行って、3冠牝馬の誕生と、WIN5ゲッツを待つ、

ドキドキの展開を期待ですな。


当たれ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。