スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週のWIN5 in 産経大阪杯 ウィーク 
 
大阪杯ウィークのWIN5ですなー。

っていうか、花粉症ウィークのWIN5ですわ。

もう、鼻が・・・目が・・・、グショングション、ネヴァブションですよ、もう。

ほんと助けてくださいって感じに、やられております。

おかげで、ハナ差の競り合いになったら勝てそうなんですけどね。

残念ながら、そんなの発揮する場面がありませんわ。

まぁ、どうでもいいですな。


※この企画は基本、全頭買いするレースをひとつ決めて、
  WIN4にしちゃうぜ!って企画です。
  久々に作戦発動してみます。



1R目 春風S

◎ノーザンリバー

◎の1点
 ◎…前走は、超休み明けで、キッチリ回ってきましたな。
    メンバーも緩そうなんで、2戦目の上積み期待で。
    


2R目 マーガレットS

◎アットウィル

◎の1点
 ◎…力はあると思うんですけど、結果が出ませんな。
    1400mも大敗してますけど、負ける時アッサリ負けるんで、
    本質的にはこの距離は大丈夫だと思います。



3R目 伏竜S

◎ソロル
☆他


 …ソロルが一番強いような気はしてるんですけど、
   全体的には混戦のメンバーって感じがしてます。
   人気薄のロードクラディウスや、アップトゥデイト、
   アルムダプタあたりにも、まだチャンスがあるような気がしています。
   ってことで、ココ全頭で。



4R目 産経大阪杯

◎オルフェーヴル
○ダークシャドウ
▲エイシンフラッシュ
△ショウナンマイティ
☆トウカイパラダイス

◎の1点
 ◎…皐月賞以来の2000mの距離ってのがひとつポイントでしょうけど、
    勝ち気な馬の性格考えたら、マイナスにはならなそうですかね。
    オルフェーヴルに、何度も2着の席は似合わないっすわ。



5R目 ダービー卿チャレンジトロフィ

◎ムクドク
○ダイワマッジョーレ
▲トウケイヘイロー

◎、○の2点
 ◎…マイルでちょい目覚めた感がありますな。
    連勝したときのショウワモダンみたいに、
    人気薄でレベル高いところを走ってきそうな感もあります。 
 ○…この強さで、この斤量は好勝負しなきゃイカンでしょう。
    ここは拾っておきます。



以上で、今回のWIN5は30点。

久々に全頭買いの作戦発動しました。

ソロルが強い勝ち方したらズッコケそうですけどね。

でもまぁ、それはそれで良いです。

それよりも、他のレースで1頭指名がズバッと来てくれれば、

良いィーんです!


スポンサーサイト
産経大阪杯と、ダービー卿チャレンジトロフィの予想 
 
産経大阪杯と、ダービー卿チャレンジトロフィの予想と行きますか。

まずは産経大阪杯から。

オルフェーヴル、ここは落としちゃイカン。

前日の記事でも、陣営の意気込みも含めた上で、

買うなら頭固定って感じの、今年のオルフェーヴル馬券事情なのだが、

前日のオッズを見たら、思っている以上に頭固定が売れまくりな感じだ。

オッズが辛くなるぶん、3連単で相手絞ってっていう買い方になると思っていたのだが、

仮に、オルフェーヴル頭から、

ショウナンマイティ、ダークシャドウ、エイシンフラッシュ、ヴィルシーナ。

この組み合わせで買うと、12点で、

現時点での配当が、13.8 ~ 24.6倍。

・・・買えるか!

仮に、均等に買うとしたら、

一番付くパターンで当たって、やっとこさの2倍。

ガチガチ中のガチガチで決まったら1.1倍くらい。

そんな中、前日買いにくいって言っていた、ヴィルシーナとの馬連が4倍。

馬単と、あまり変わらず。

うーん・・・と唸ってしまう。

正直、オルフェーヴル頭から入ったときに、

2、3着を、より少数に絞って仕留める自信もない。

ヴィルシーナとの馬連1点案も、前日のことを考えると、手を出しづらい。


で、この展開になると、

買いたい馬を買おうって言う、ミラクル素敵な案が浮上してくる。

えー、ダークシャドウから行きます。


オルフェーヴル抜きで考えると、

買いたい気持ちっててのを抜きにしても、結構買えそうな材料はある。

一昨年、昨年とGⅠの舞台で、しばらく強力な相手に揉まれて、

この馬の力量は大体ハッキリはしてきたと思う。

強いところとやっても、安定して力を出せているのがダークシャドウ。

これは、大体わかったとは思うが、

距離が、1800m~2000mの距離が合っているんじゃないのか?

っていう部分も、薄く見えてきたところじゃないかとも思っている。

ジャパンカップも、有馬記念も、もちろん相手は強かったが、

距離の部分が、ダークシャドウの脚を鈍らせてる可能性もある。

ジャパンカップでは、猛烈な脚で追い込んで来ているので、

鈍っているって表現は、違うかもしれないが、

一連のパフォーマンスを見ると、

距離が短くなって、なんていうか、締まった展開になる方が、

この馬向きなんじゃないかって風にも思える。

これだけの力がありながら、56kgの斤量は有利だし、

こういう地力のしっかりした、どうも勝ちきれない馬に、

戸崎騎手が乗るってのも魅力的なので、

いつも、馬券で悔しい思いをしていたダークシャドウだが、

距離短縮したココは、ぜひ頑張ってもらいたい。


相手はもちろんオルフェーヴルは指名するが、

エイシンフラッシュにも期待したい。

2000mの距離は、[4・0・2・1]。

切れ味の繰り出し方に関しては、ミルコから、秘密特訓をビッチリ受けているはず(妄想)

いつも人気になってしまうこの馬も、今回、軽くまろやかな人気に留まっているので、

ちょっと期待してみたい。

馬券は、まずはオルフェーヴル頭から、ダークシャドウに流しての、

エイシンフラッシュ、ショウナンマイティの3着の3連単。

固め方面は、この2点だけ買う。

あとは、ダークシャドウ、エイシンフラッシュ頭から、

2着にオルフェーヴル、ショウナンマイティ。

3着にトウカイパラダイス、ヴィルシーナ。

この荒れるパターンの組み合わせで24点。

こんな感じでいきましょうかね。


WIN5はオルフェーヴル1本になりそうですけどね。


ダービー卿チャレンジトロフィは、ムクドクから入ってみる。

休み明けで、いきなりオープンで走ってしまって、

今回、難しいメンツの中、斤量が軽い側なんで、

ココはチャンスありと見る。

元町Sで、ちょっと良い思いしたのに、

前走の東風Sは、

3連系の3着づけとかナメた真似をして、痛い思いをしているので、

今回は買う。

全体的に不安を抱える馬が多いような気がしているし、

人気側でも斤量背負わされたりとかで、スンナリ決まるような気もしないので、

マイルで勢いづいている、この馬に期待したい。

相手はダイワマッジョーレ。

人気側で斤量軽めで、マイル実績あり。

唯一ちょっと安心して買えそうな馬だ。

あとは、これも斤量と休み明けの勝ちっぷりから、トウケイヘイローかな。

馬券は、ムクドクの単複。

ダイワマッジョーレ、トウケイヘイローとの馬連とワイド。

2頭に流しての3連系で、

ガルボ、ドナウブルー、スマイルジャック、ホーカーテンペスト、

ダイワファルコン、オセアニアボス、ダノンヨーヨー。

こんな感じかな。


そして明日は、

「もし人気にならなかったら」の条件付きだが、

久々に、元POG馬の馬券を狙ってみようかと思っている。

阪神7Rのウインサーガ。

前走小倉で、ボロクソにやられてるんで、

小倉 → 阪神の流れで、人気を落とすようなら買ってみるかって感じだ。

前走は説明のつけようがないほど負けすぎな感はあるが、

小倉 < 阪神っていうほど、前走のレベルは低いメンツでもなかったように思えるし、

額面上の判断だけで、異様に人気を下げてしまうようなら、

ちょっと狙ってみたい感じだ。

ウインサーガも、ちょっと前に500万下で馬券になってたんで、

そこそこ力はあるはず。


ってここまで書いて、オッズ見てみたら、

結構人気してるじゃないかー!

うそーん。

個人的に単勝30倍くらいじゃないと、食付きにくいのだが・・・。

どうしようなぁ。このまま行ったら買えないかもなぁ。

とりあえず直前まで待ってみますかね。


ジェンティルドンナ、トレイルブレイザー、ドバイでワンツー希望で!

産経大阪杯の予習と、コーラルSをちょろっと 
 
今週は、土曜日重賞ナシってところで、

日曜重賞の、大阪杯の予習でもしておきましょうかね。

今年の、オルフェーヴルの始動戦ですわ。

昨年の最後の2戦こそ、2着続きで終わってしまいましたけど、

さすがのオルフェーヴルって感じの強さを見せての、強い2着って感じでしたな。


陣営も、今年はひとつも取りこぼさないぜっていう必勝モードらしいし、(まぁ去年もそうだったんだろうとは思うが。)

ココは、良い相手が揃ってるとは言え、負けられませんなぁ。


実際オルフェーヴルっていう馬を考えたとき、

叩きの1戦とは言っても、

仕上げが8分であろうと、万全であろうと、結果は0か100みたいなところがあるんで、

買うならば勝つことが前提の馬券で、絞って買っていきたい。

怖いとするなら、ビートブラックにやられた、春の天皇賞のように、

油断とか、どうにもならないような展開とか、そんなところですかね。


そうなると、大逃げを放ちそうな馬とか、前々で進めるレース巧者っぽいのを警戒する必要があるが、

その辺も考慮して、今回の馬券の鍵を握りそうなのが、

ヴィルシーナ。

この馬の扱いが一番難しそうだ。

秋華賞では、立ち回りの部分で、ジェンティルドンナを負かしに行って、

本当に惜しい2着。

考え方としては、JCでオルフェーヴルに勝ったジェンティルドンナを、

あと少しのところまで追い詰めたのだから、

それなりに勝負になって良いと考えていいとは思うし、

2着って席が指定席みたいになってる印象もあることを考えると、

オルフェーヴル → ヴィルシーナって序列が、一番しっくりくる。

ただ、しっくりきすぎて、おそらくこの馬単なんかはアホみたいに売れる。

これは、できれば避けたい配列の馬券ではあるのだが、

他で考えるとしたら、

それこそレース巧者ってところを見せて、立ち回りでオルフェーヴルに先着してしまうか、

久々に、ドカッとやられてしまうか。

このどちらかのパターンを考えることになりそうだ。

で、そのどっちかを考えるって話になったとき、

この時期の、ちょっと休養に入った牝馬の脆さって部分は、

ちょっと気になってくる要素ではある。

ヴィルシーナの場合、エリザベス女王杯でも強いところを見せたし、

その枠にとらわれない馬である可能性が高いが、

スティルインラブや、アパパネなど、

クラシックを一通りやりきったら、

急にお疲れ様でしたモードに入ってしまう牝馬は少なくない。


牡馬には少ないデリケートな部分。

ここは走ってみないとわからないのだが、

当ててもしょうがないような配当になる可能性もある今回は、敢えて馬券から外して、

仮にもし、良い競馬したのであれば、

次からが信頼して買えば良いかなって考えも、ちょっと出てくる。

個人的には、まだまだバリバリ走ってほしい気もあって、

なんなら、一度くらいジェンティルドンナにリベンジしてもらいたい感もあるが、

もし、敢えて馬券から外すのであれば、

古馬の牡馬の良いところに混じった、休み明け初戦のココかなって感じもしている。

とりあえず、明日までもうちょい考えてみますかね。

全体的には、割りと人気側で落ち着きそうですかねー。


で、明日は重賞がないので、コーラルSあたりを予想して買ってみることにする。

ここはナガラオリオンから入ってみる。

1400mはずっと使われている部分もあって、安定しているし、

根岸Sを勝ったメイショウマシュウに先着していたり、

ここでは力上位グループと見たい。

人気も手頃なので、狙いやすいってのもある。


相手は、トウショウカズンや、マルカフリートあたりの人気側も押さえるが、

全体の成績を考えると、

この条件、思いっきり安定しているって馬もいないので、

マルカベンチャー、コウセイコタロウ、タイセイシュバリエ、ヒラボクワイルドあたりも、

あまり温度差をつけずに買いたい。

メインはこの馬連で、


3連系で、アドマイヤサガス、タマモトッププレイ、アルゴリズムあたりまで行っておきますかね。


阪神1400mで、一番変わり身を見込めそうなヒラボクワイルドからも少し買っておきたい。

最近1度負けましたけど、

ファリダットとか、シルクフォーチュン抑えてますからね。

人気よりは、変に期待持てそうなんで、ニア本命で。


他は、買いにくいレースが多いなー、なんか。


日曜かな。


高松宮記念の予想 
 
今週末が色々ありまして、更新が遅くなってしまいましたな。

さて、GⅠですよー。 高松宮記念いきましょうか。


ここはダッシャーゴーゴーに期待してみる。

内に、ミキノバンジョー、外にハクサンムーン、メモリアルイヤー、アイラブリリ。

サクラゴスペルもかな?

逃げ馬祭りで、しかもこの隊列。

GⅠという大舞台で、1200mという距離を考えると、

これは捻らず、普通にペースが上がる方向で考えておきたい。

で、大外枠ってのが、今回プラスに働くような気がしないでもない。


ロードカナロアは、実力ナンバーワンに間違いないが、

左回りで、唯一、連を外している実績も気にならなくはないし、

個人的に、勝っている競馬が割りとスムーズな流れが多かった印象があるので、

揉まれる競馬になると、どうなのかって不安もなくもない。

短距離戦なので、スムーズさってのは割りと大事で、

それは、他の有力馬にとっても一緒であって、

そんな中、ダッシャーゴーゴーは、左にいる4頭がどっかり前に行ってくれる展開は、

気性が荒めのこの馬にとってもプラスであるし、

中団からいつでも前に追い上げられる位置で追走できるっぽいんで、

今回、敵は自分だけって感じで、チャンスはあるとみたい。

左回りは問題ないし、昨年は惜しい4着だったので、

ここは期待したいですな。

相手はサンカルロにしておく。

高松宮記念、4着、2着、2着。

いつ獲ってもおかしくないGⅠが、あと少しで届かず。

今回は、細かい展開まではわからないが、

先行争いが激しくなるってだけで、大勢としては後ろの組が優位と見える。

枠的にも、外の馬がほぼ全馬、自分よりも前に行ってくれそうなので、

スムーズに脚を溜めながら直線を迎えられるのは良い感じだ。

4回目にして、大きなチャンスがやってきた感があるので、

ここは、初の戴冠まで期待させてもらう。


他では、あまりに前が早そうなんで、

末脚確かな組が、レベルが上がって逆に嵌らんもんかなーなんて、

ちょっと本命側でも考えていた、ツルマルレオン。

初芝シルクフォーチュン。

そして、これも強烈な脚持ってるスギノエンデバー。

あとは、ロードカナロア、ドリームバレンチノ。


穴側で薄めに入れるとしたら、

左回りなら、期待度が変わってきそうな最内アドマイヤセプター。

大舞台でいきなり初距離が、怪しいモンストール。 

まぁ、穴の丸ちゃん騎乗ってのもありますけどね。

点数多くなりそうなんで、

ダッシャーゴーゴーと、サンカルロのワイド1本と、

ダッシャーゴーゴーから、

サンカルロ、ロードカナロア、ツルマルレオンに流しての3連系かなぁ。

買い方難しいな。


ちなみにWIN5はの記事は、今週アップできませんでした。

こんな時もありますなー。

混戦多いから、2頭ずつ買ってみるかなぁ。

日経賞と毎日杯の予想 
 
眠りこけたら朝になってましたな。

えー、土曜日重賞の予想いきましょうかね。

日経賞はダノンバラードから入ってみる。

前走は、軽くやられてしまったが、

AJCCは、進路妨害うんぬんはあったが、

競馬としては強かった。

下した相手が、トランスワープ、アドマイヤラクティ、サトノアポロと、

ここ最近力を伸ばしてきた馬たち。

それら相手に、一段上の競馬を見せたのだから、

AJCCでの強さを純粋に評価するならば、ここでチャンスがあって良さそうに思える。

日経賞ってことになると、中山適正、有馬記念適正なんかもプラスに働きそうだが、

有馬記念の適正を重視するならば、有馬記念に強い繋がりを持つAJCCの好走歴ってのも、

そこそこプラスになってくるんではないかと思える。

人気のオーシャンブルーは、有馬記念の2着が、おそらく評価に繋がってるとは思うのだが、

ダノンバラードは、そういう大舞台での経験、そして、そこでの一発が無かっただけで、

例えば、あのAJCCのパフォーマンス(斜行は抜きで)が、

金鯱賞を勝った時点でのオーシャンブルーに、当然のように期待できたかと言われれば、

何とも言えない。

フェノーメノやオーシャンブルーは、ここでも相当の力を見せて来そうではあるが、

オッズ的にも狙いやすいし、距離が伸びてからの期待度も、まだ奥行きを見込めそうな気もするので、

ダノンバラードに今回は期待してみたい。

相手は、これまた距離的に奥行きがありそうなムスカテール。

この組合せのワイドをメインに、

フェノーメノ、オーシャンブルー、トランスワープ、

穴でメイショウカンパク。


毎日杯は、つばき賞を差のない3着に入ったアーマークラッドに期待しながらも、

キズナには、ここ頑張ってもらわんとクラシックの楽しみが少し減っちゃうぜ馬券って感じで。


なにげに楽しみが多い土曜日ですな。

ゴールドシップが勝つときのWIN5 
 
週初めに記事を書くのは久々ですけど、

先週のWIN5をちょっと振り返ってみましょうかね。

先週のWIN5の結果は、

8人気、2人気、3人気、1人気、1人気で決着して、

配当が5,626,850円。

これは、結構付きましたなー。

驚きなのは、ゴールドシップっていう、

殆どのWIN5購入者の買い目に入っているであろう、超絶人気馬が勝って、

その上、中山メインのスプリングSでも1番人気のロゴタイプが勝った。

そんな状況の中で、これほどの配当が出たってところですな。

誰もがそう感じたとは思うんですけどね、

おそらく、的中した方でも、

「おっしゃー獲ったどー!」

「えー、配当、配当・・・えー!? こんなんつくの!?」

って感じだったんじゃないでしょうかね。

そのくらい、勝てば高配当は期待できないゴールドシップって感じですもんね。

そう考えると、

WIN5の高配当には、色んな切り口があるなって感じた今回ですな。

ともかく、

的中された方は、お見事! & おめでとうございます! でしたね。

そして、羨ましい!


今回の、波乱のWIN5を演出したのは、但馬Sを人気薄で勝ったモズ。

個人的に、これはやられた感が強い。

国分兄弟の、特に恭介騎手の、

人気薄での逃げってのは、結構警戒しているはずだったのだが、

ここを、まんまとやられてしまった。

まさかモズを持ってくるとはぁ~って感じで、

軽く変な汗が出てしまった。


で、ここから本題で、

これは時間があれば、先週に書こうかなとも思ったのだが、

ゴールドシップが勝つ時のWIN5。

なんか、思った以上にガチガチにならないと感じるんですよね。

とは言え一度、スーパーガチガチだった週はありましたけどね。

菊花賞ウィークでしたな、あれは。

覚えてますよ、私、当てましたもん、WIN5で、7320円。

えー、桁は間違ってないです。 はい。

まぁ、あの時に関しては、もうガチガチというレベルじゃないほどに、

超絶スーパーミラクル的に堅い決着になりましたけど、

他では、そこまでアホみたいに堅い配当にはなってないんですよね。


実際に、過去のゴールドシップがWIN5対象レースで勝った時の、

その配当と、勝った馬の人気を見てみると、

共同通信杯ウィーク(以下、がゴールドシップ)
1番人気  1番人気  3番人気  5番人気  番人気
的中413票 配当1,771,770円


皐月賞ウィーク
6番人気  11番人気  1番人気  1番人気  番人気
的中70票  配当10,496,930円


神戸新聞杯ウィーク
6番人気  2番人気  4番人気   番人気  2番人気
的中1725票 配当353,470円


有馬記念ウィーク
2番人気   5番人気   1番人気   7番人気   番人気
的中162票 配当3,660,090円


阪神大賞典ウィーク
8番人気   2番人気   3番人気  番人気  1番人気
的中115票 配当5,626,850円

こんな感じです。


共同通信杯や、皐月賞なんかは、1番人気を他に譲ってたんで、

黙っても、そこそこな配当になるってのはあるんですけど、

1番人気になって勝っている週で、

ゴールドシップと、さらに他のレースでガチガチっぽい馬が、勝ってしまう展開でも、

その他で、超ド穴っぽい馬が走ってしまうから、

思ったより配当が付いてしまってるんですよね。


まぁ、データとしては少ないし、

こんなのは、直接的な関連性がないところでの、

いわゆるオカルトの範囲ですし、

そこまで気にするほど、強烈な傾向でもないんですけどね。

ゴールドシップという馬の安定感と、この荒れた結果が続いてる状況を考えると、

ゴールドシップが走るレース以外は、

それこそ固めに見えたとしても、穴っぽい馬を多めに拾う意識で臨んでも、

面白いのかなっては思いますな。

なんせ、WIN5自体、30~50回やって、1回当たるかどうかみたいなもんですからね。

その上、ゴールドシップが出てくるWIN5では、菊花賞ウィークみたいに、

獲れてもしょうがないって配当になる可能性もあるんで、

それなら、釣れた時に少しでも得するために、

デカイとこ積極的に狙っていこうかなと、

そんな考えも浮かんできたところでした。

まぁ、この手はゴールドシップが負けるまでの限定かなぁ。


ちなみに先週は、こんな考えのもと、

荒れる側で、点数増やして買うか、

菊花賞みたいな超ガチガチ決着を見込むかっていう2択になって、

なかなか絞りきれずに、1点買いでガチガチの決着を見込む側に着地しました。

まぁ、今回は荒れる側で買っていても、

モズは6点ぐらいに広げないと拾えなかったなぁって感じでしたなー。

色々試さんとなぁ。



それにしてもロゴタイプ、しばらく買いにくい馬になりそうだなぁ。

勝ち方が完勝だっただけに、皐月賞での人気が気になってきますなー。

うーん、どうすんべ。

今週のWIN5 in スプリングS ウィーク 
 
今週は、ゴールドシップ参上のWIN5ですなー。

ここは絞って、見て楽しむWIN5が良いのかなー。


※この企画は基本、全頭買いするレースをひとつ決めて、
  WIN4にしちゃうぜ!って企画ですが、
  今回は、1点のみの購入にしておきます。
  相当ガチガチの配当になる可能性もありますし、
  穴っぽいのを買おうとすると、メッチャ増えそうってのもあります。



1R目 但馬S

◎ナムラオウドウ
○ヴィクトリースター
▲リベルタス
△クランモンタナ
☆スカイリュウホー

◎の1点
 ◎…なにげにレベル高い方がやれる可能性も高いですし、
    距離に関しては、メンバーの中でも合っている方だと思います。
    他の馬も全く軽視できないんですが、オッズ的にはここかと。
    


2R目 下総S

◎トウショウクラウン
○ジョーメテオ
▲アメリカンウィナー
△レックスパレード
△アントニオピサ
☆エーシンリボルバー

◎の1点
 ◎…ここは、前日固め打ちした戸崎騎手に期待です。
    やっぱり、自信持つと強いタイプって感じですなー。



3R目 中京スポーツ杯

◎ウイングドウィール
○ビームライフル
▲カロッサル
△ビッグスマイル
△タマモマーブル
☆マイネイディール

◎の1点
 ◎…これまでの何か惜しい感じの競馬ぶりを見て、
    マイルの流れの方が合うと見ておきます。左回りは良さそうです。



4R目 阪神大賞典

◎ゴールドシップ
○デスペラード
▲ベールドインパクト
△マカニビスティー
☆コスモへレノス

◎の1点
 ◎…このメンバーの中において、力で勝った有馬記念ホースですからね。
    距離短いのじゃ紛れもあるかもしれませんけど、
    この距離は、むしろ得意な方な気さえするので、
    8割ぐらいの力でも、格好つける気はしてます。
    とは言え、競馬はわからないもんですがね。




5R目 スプリングS

◎ヘルデンテノール
○マイネルホウオウ
▲アクションスター
△ロゴタイプ
△フェイムゲーム
△アドマイヤオウジャ
△マンボネフュー
☆テイエムダイパワー
×シンネン

◎の1点
 ◎…能力は、個人的には高いと思ってはいるんですけどね。
    それが今回出せるかってのかは、何とも言えないんですが、
    メンバー的に、結構忙しい展開になりそうな印象があるし、
    差しが決まりそうな今の中山なら、十分面白い気はします。
    


以上で、今回のWIN5は1点。

今回は見て楽しむ感じですかね。

ひょっとしたら、全部1番人気でしたってオチもありえそうなんで、

その組み合わせも買って、200円で勝負って感じでいきますかね。

アホみたいに荒れるとしたら、中山の2つかなぁー。

とりあえず、ゴールドシップの今年初戦を楽しみましょうか。

ゴーゴーゴールドシップ!


そういえば、ちょっと前に何かの記事で、

「ズンズン!セイクリムズン!」ってコピーを見たとき、

コーヒー吹きそうになったのは、今では良い思い出ですわ。

阪神大賞典とスプリングSの予想 
 
日曜重賞の予想といきましょうかね。

まずは、万葉Sからいきますか。

あれ?万葉Sじゃないか。

これ、万葉Sを勝ったデスペラードに対して、

ダート走ってたやつが、芝の長距離戦なんか使ってくるんじゃねーよ!

おい、行司、良いのかコレ!?

って、他の長距離路線の馬たちから無謀な物言いが入って、

長い協議の結果、審判長が、

「え~、行司軍配は、西方デスペラードに上がりましたが、長距離路線の馬たちの反発が強かったため、行司差し違えで、取り直しを行います。」

って流れになって、もう1回万葉Sが行われるって話かと思ったら、

どうやら違うみたいですな。


っていう、ちょっと長めの小ボケを挟んでしまうような、

万葉Sリターンマッチの様相ですわ。


まぁ、ダイヤモンドS組がいっぱいっていう年もあるんですけどね、

メンツが少ない上に、いかにも長距離路線すぎる馬たちばっかりが集まってるんで、

今年の阪神大賞典は、より長距離レースっぽい匂いがしてしまう。

で、実際中身はどうなるかっていうと、

どうやら長距離路線の馬たちの出番は少なそうな感じだ。

ゴールドシップっていう大横綱がおられますわ。

って、相撲ネタはもういいか。

ゴールドシップは、有馬記念馬であることは言うまでもなく、

3000mの菊花賞を完勝しているし、距離になんら問題がない。

むしろ、長くて負けることはないってくらい、スマートな走りをするんで、

ますます磐石だ。

少頭数の長距離戦における、後方待機の馬ってことで、

ペースによっちゃ、前行く馬を捕まえられないってパターンもあるんでないの?

ってことも、普通の馬なら考えてしまうが、

神戸新聞杯あたりからの走りを見る限り、

流れを見ながら、自分から動いていけるって競馬を見せているので、

むしろ捌きやすい少頭数なら、逆にプラスにすら思えてしまう。


で、もしこのゴールドシップに対抗できる馬がいるとすれば、

中長距離で結果を出している、ベールドインパクト、

そして、まだ底を見せきってはいない、デスペラードの1発、

この2つしかないとは思うのだが、

やっぱり、奇跡を起こすにはちょっと足りないかなぁって感じもしてしまう。

競馬ってモンは、どうなるかわからないが、

ゴールドシップが負ける馬としては、絶好調時のアーネストリーみたいに、

前で脚を溜めれて、直線も伸びるって感じの馬のイメージがしていて、

割りと似たくさい競馬になってしまう馬が勝つには、

運だったり、とんでもない調子の差だったり、

ちょっと、色々と必要になってくる気はしている。

正直、今年の阪神大賞典のゴールドシップは、

ここ数年でも、一番くらい堅いんじゃないかって気もする。

ってなると、頭固定はゴールドシップ。

で相手は、デスペラード、ベールドインパクトってことになりそうだが、

この組み合わせは、地方の交流重賞みたいな、軽く笑うオッズになってしまいそうなんで、

これはこれで買いにくい。

こうなってしまっては、見て楽しむレースで良いかって感じなのだが、

何かしら100円くらい、馬券は握っておきたい。

んで、

ローマ法王ネタで、ピエナファンタストでも良いかもしれないが、

前に行ける可能性があって、圧倒的1番人気がいるレースは外人騎手ってところから、

コスモへレノスの単複だけ薄く持っておく。

まだ馬も若いはずだろうし、色々奇策に出てみないもんかな。

あとは、ゴールドシップが涼しい顔でゴール板を抜けるところを見る感じですな。


スプリングSは、ヘルデンテノールにしてみる。

実は、弥生賞でカミノタサハラを軸にした一因として、

ヘルデンテノール、テンシンランマン、

この、能力を感じる2頭に先着したって部分もあったんですわ。

なにげに、この時の500万下の、4、5着も他で力は見せていて、

なかなかレベルの高かった500万下のレースだったんじゃないかと思いますわ。

で、そんな中、1着のカミノタサハラが強い競馬で弥生賞を勝ったんで、

またまた相対的に、コッチのヘルデンテノールの評価が上がると。

で、そんなヘルデンテノール、

これまでの成績を見ると、東京コースでは馬券率100%。

中山コースで唯一負け。

普通に考えたら東京で買えって感じではあるのだが、

ここも、カミノタサハラを買いに行ったのと同じで、

東京で(おそらく)人気になってしまったタイミングで買っても、しょうがないというのもあるし、

強い上に、中山コースで適正があるなんて馬は、当たり前のように人気してしまうんで、

個人的に、キャリアが浅い3歳戦の中山コースでは、

ちょっと能力怪しいかもしれんけど、中山においては化けるって可能性のある馬。

もしくは、中山コースは??? ってので、オッズ下げてる能力ある馬。

基本的には、この辺に軸足をおいておきたい。


ってところで、能力重視、プラス差し有利の馬場を考慮して、

ヘルデンテノールから入ってみる。

ってか、結構人気してるな。

ん? なんでこんなに売れてるんだ?

美味しさも込みって部分もあるんで、ちょっと悩んでしまうな。

まぁいいか。


相手はマイネルホウオウにしておく。

まさに、中山に適正ありの人気薄ですな。

距離がどうかってのもあるが、デビュー2戦は1800mだし、

今年は連勝馬が頑張ってる印象もあるし、

差し追い込みが決まりやすくなっても、1頭くらいは前で残ってしまうスプリングSなんで、

前に残る組の筆頭としてチョイスしておきたい。


他では、

ほとんど位置取りの差で負けているって印象のアクションスター。

この中では能力上と評価したい。

そして、またまた前残り期待でテイエムダイパワー。

あとは、ロゴタイプ、フェイムゲーム、アドマイヤオウジャ。

このあたりはキッチリ絡めておきたい。

馬券は、ヘルデンテノールと、マイネルホウオウのワイド。

ヘルデンテノールから馬単で流しーの、

マイネルホウオウから3連複で流す感じですかね。

なんとなく人気側で、どれかはコケる気はしますな。

ここでメチャ強い勝ち方する馬がいたら、皐月賞が面白くなりますな。



って、法王ネタは、まさかマイネルホウオウってことはないよな。

さすがにヒネリ過ぎか。

ファルコンSと、若葉Sと、フラワーCの予想 
 
土曜重賞の予想いきましょうかねー。

ファルコンSと、フラワーCっていう、地味なところなんで、

阪神メインの若葉Sも混ぜ込んで、軽めにやりますかね。

まずファルコンS。

ここはティーハーフが安定っぽいですな。

クロッカスSの予想の時と、変わらないんですけどね、

朝日杯5着をはじめとして、その他も出世した馬と競馬してきたんで、

ここのメンバーを見る限り、ここでも能力上位と見ておきたい。

相手は、ディアセルビス、ミリオンフレッシュ、レッドジャイヴ。

3連系のヒモに、インパルスヒーロー、ダイナミックガイ、カシノピカチュウ、

エールブリーズ、モグモグパクパクムシャムシャ、ブレイズエターナル、ワキノブレイブ。

ヒモが多いんで、ココは馬券は3連複1本で良いかな。

なんか荒れそうな感じはありますな。


若葉Sはダンツアトラスから入ってみる。

前日の段階で、ちょい抜けたシンガリ人気。

当日はもっと安くなってしまうだろうが、この頭数で単勝70倍超えは美味しい。

って言っても、当たらんと美味しいもクソもないのだが、

新馬戦はコディーノとの2着のあと、未勝利戦圧勝して、

京都2歳Sはエピファネイアの2着。

今年のクラシックで中心の2頭には力負けしているが、

勝ったレースは、余裕だったし、

強い2頭を相手にしてのレースを経験したっていう、

そんな背景があっての最下位人気は、拾っておきたくなる。

デイリー杯では大敗しているものの、

距離あった方が良さそうだし、

若駒の謎負けなんてのは良くあるんで、

ここは、アドマイヤドバイあたりから攻める手もあったのだが、

半分オッズに釣られて、ダンツアトラスから入ってみる。

馬券はもう、単複で良さそうかなぁ。

あとは、カバーする馬券として、アドマイヤドバイから軽く流す馬券って感じで。


フラワーカップは、ダイワポライトから入ってみる。

ちょっと人気馬の中で、絞り込むのが難しいってのもあるが、

中山1800mでのコース実績があるのと、

丸田騎手は、このくらいの人気が狙いやすいってのがある。

で、前走の3着だったレースで勝ったのがテンシンランマン。

このテンシンランマンは個人的に注目している馬の1頭で、

牝馬クラシック路線に乗っかってくる馬じゃないかと妄想している。

勝った馬がテンシンランマン。

で、2着のセキショウも、結構強い側の馬だと思われるので、

この2頭に追い込んで迫った3着ってのは価値ありと評価したい。

そろそろ中山も差し追い込みが、良い感じに決まってくる頃合いだと思うので、

ここは出番があるんじゃなかろうかってところで、

ダイワのポライトお嬢ちゃんに期待したい。

ここも単複かなぁ。

相手に取るとしたらカラフルブロッサムが筆頭かな。

次点にサクラプレジール、レッドマニッシュ。

・・・って、モロ人気側ですやん。

そこまで荒れなさそうですけどね。

なんか買いにくいレースですな。

単複だけになりそうかなぁ。


とりあえず日曜につなげたいでごわす!

押忍!


今週のWIN5 in フィリーズレビュー ウィーク 
 
今週は、牝馬限定重賞が2つのWIN5ですなー。

それだけでも難しそうなのに、

その他のレースを見ても、簡単には済まないだろーなぁって感じの週ですな。

ちょい荒れなのか、スーパー大荒れなのか、

どうしても、穴っぽいっところが怖くなる週ですね。

全然荒れなかったりして。


※この企画は基本、全頭買いするレースをひとつ決めて、
  WIN4にしちゃうぜ!って企画ですが、
  今回は、通常買いでいきます。
  最近は絞るのが難しいですなー。



1R目 甲南S

◎エアハリファ
○マストハブ
▲マーチャンテイマー
△キングブレイク

◎の1点
 ◎…安定して前行けて、勝負になってますな。
    今回何頭かいる逃げ馬も弱くはないですけど、
    アイファーソングよりは捕まえやすいんではないかと思います。
    


2R目 東風S

◎ネオヴァンドーム
○ヒットジャポット
▲エアラフォン
△スピリタス
☆ストロングガルーダ

◎、○の2点
 ◎…勝ち鞍が京都の1800mだけですけど、
    中山にもマイルにも適正は見せてますな。
    重賞ではワンパンチ足りない印象ですけど、
    オープンで、他の馬も割り引く面がある今回ならチャンスありと見ます。
 ○…枠が大外ですけど、マイル実績は上位ですな。
    東京、中山のオープンなら、常に上位評価すべき馬ではないでしょうかね。




3R目 トリトンS

◎オーシャンカレント
○アグネスウィッシュ
▲シゲルアセロラ
△サカジロロイヤル

◎、○、▲の3点
 ◎…難しいレースですが、先行差し軍団からはこの馬チョイス。
    このクラスで安定していて、中京での前走を素直に評価です。
 ○…追い込み軍団からは、この馬。
    中京コースはマイナスではないとは思うんで、流れ一つで。  
 ▲…逃げ軍団からは、この馬で。
    最内枠で、スタートさえ決めれば勝負になるかと。



4R目 フィリーズレビュー

◎サマリーズ
○ノーブルコロネット
▲サンブルエミューズ
△メイショウマンボ
△シーブリーズライフ
☆タンスチョキン
☆ナンシーシャイン
×ラトーナ

◎、○、▲の3点
 ◎…ダート馬でも、このくらい走れていて、それも短距離となると、
    行き脚だけで勝負になる可能性もありますし、
    そもそも芝オッケーの可能性もありそうです。
    トライアルでこの人気は買っておきたいですな。 
 ○…人気馬2頭は強いと思うんですけど、トライアルは、この馬に限らず、
    弱くはない脇役をキッチリ評価することも大切かと思います。
    オッズの下がり具合などを考えて、この馬に期待しておきます。
 ▲…掛かりグセがあるんで、距離短縮はありかもしれませんな。
    フェアリーS組が、力ある組であることが証明されたので、
    ここでは、上位評価するべきと考えます。




5R目 中山牝馬S

◎オメガハートランド
○オールザットジャズ
▲スマートシルエット
△アカンサス
☆アラフネ
☆アイスフォーリス
×トシザマキ

◎、○の2点
 ◎…中山1800mは合いそうですな。
    中山牝馬Sって重賞も、脚質的に合ってる気がします。
 ○…昨年の2着はかなり強かったと思います。
    1800mはやはり一番力が出せそうですし、
    昨年の競馬を考えると、大外枠は悪くはないイメージはあります。



以上で、今回のWIN5は36点。

どのレースもかなり難しいですなー。

他の週であれば、どのレースも全頭買いにすべきか悩むところですわ。

今週は配当も、そこそこ付くんじゃないでしょうかね?

それだけに当てるのは難しいですけどね。

まぁ自信があっても、そうは当たらないのがWIN5ですからね。

今回みたいな時に当たることだってありますんで、

期待しながら観たいと思います。


ゴー!ゴー!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。