スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダービーデイの予想と、馬券の話 
 
なかなか素敵なダービーが終わりまして、

そんなダービーデーでの、ちょっと個人的な予想の中身や、馬券の話を。


ダービーの予想としては、

エピファネイア本命ながらも、ダブル本命に近い形で、

良い結果を得たには得ましたわ。

が、しか~し、

相手は絞れると見て、

3連単メインだったことや、ロゴタイプからの変則買いってのも手伝って、

的中したのは馬連のみ。

モト冬樹の頭髪と大体同じくらいか、僅かに少ないかくらい、う~っすら浮きましたわ。

この馬券の結果を受けて、悔しさが無いと言えば嘘になるが、

キズナが制したこのダービーで、一応は的中したことに関しては、

結構、嬉しかったんですわ。

金額というより、予想の面で。


なんていうか、ピッタリ当たったから、それが正解と言えるわけではないのが競馬だし、

自分が思っていること意外の要素も、実際には色々絡んできて、

たまたま結果として、

自分の予想が当たったっていう面も、少なからずあるとは思うのだが、

自分の考えが、こうして形になって出てきたのは、

素直に嬉しかった。


思えば、エピファネイアを本命にする時も、

皐月賞より以前の話で、

「本質的にはマイルが合いそうで、古馬になってからはそっちの路線を目指すかも。」

みたいな記事を何かで見たり、

今週に入ってからは、ソエの情報が出たりで、

正直、不安要素は結構あった。

目に見える範囲でも、掛かりグセも気になっていたし、

「自信の大本命です!」と言うには、そうも言えなかった部分はあった。

しかし最終的には、

マイナスの面で噂になっている情報は、シャットアウトして、

プラスの面だけ見て、思い切ったことが良かったみたいだった。(負けてますけどね)


キズナに関しても、皐月賞を避けて、弱いところを圧倒してきただけみたいな、

半分は納得いくような、ネガティブな見方もあったし、

キズナが直線で持ち出すであろう、外の馬場はあんまり伸びないっぽい、

そんなマイナス条件もあるにはあった。

それでも変にヨレずに、

最終的には、自分の考えをゴリ押ししてみた甲斐があった。

やはり何よりにも、

皐月賞組が、レコード決着で、おそらくダメージが残っていて、

流れもダービー向きじゃ無かった反面、

キズナは着々とダービーに向けた仕上げをしていたのが好印象で、

当馬を管理する、佐々木調教師も言っていたが、

ダービーに向けて賞金の足りなかったキズナが、

毎日杯をキッチリ勝って、賞金を早めに加算して、

メイチで京都新聞杯に挑まなくてはならない状況を、作らないで済んだこと。

このあたりも、すごく良い感じに思えて、

最終的にはこの2点が決め手になったんですわ。


毎日杯が2着とかだったら、能力的なものも、ダービーへ向けた状態も含めて、

狙いに行きづらいはずだった。

そもそもが本番で強くない別路線組で、それが1番人気という背景もあったから。

皐月賞の流れや、キズナのその後など、

ひとつひとつが欠けることなく、うまい具合にハマったからこそ、

キズナに狙いを絞れて、

で、こうなってしまえば、

ノースヒルズ × 武豊 × 80回の記年ダービー × キズナという馬名。

この辺の 「応援したくなる要素」 がガッツリ後押しして、

馬券の、対抗という形にまで持って行ける形になった。


で、馬券を買って、

あとは応援するだけですわ~って感じだったのだが、

実際はレース中も、色々と、なんとか噛み合ってくれた結果の、

キズナ、エピファネイアのワンツーフィニッシュだった。

ライブで応援していた時は、

全体を見ていたり、カメラワークのせいもあってわからないことも多かったが、

後からリプレイをチェックすると、

エピファネイアは、相変わらず手綱引っ張り通しだったし、

なんなら、地上波の方で一応録画してたものを見返してみたら、

そっちの映像では道中つまずいて危ないことになってるし、ヒヤヒヤもんだった。

それでも、良いタイミングで外に出しながら追い出して、

掛かりながらも内で溜めた、その末脚を爆発させた。


キズナに関しても、最後の直線ココから行くぜ!って時に、

前にいる馬に進路を塞がれそうになって、一瞬危ういか?って状況になった。

しかしながら、その狭いスペースに猛然と突っ込み、

ちょっとキツイかもしれない位置から追い込んで、

先に抜けたエピファネイアに並ぶ間もなく交わした。


武豊騎手は、あの場面を、

「あの場面は僕も引けないところ。馬もよく応えてくれました」(ネットの記事から転載)

と言っていた。

ダービーという大舞台と、

修羅場を何度もくぐり抜けてきたダービージョッキーの勝負感が織り成した、

男の騎乗に思えた。


何げに、3着のアポロソニックも、4着のペプチドアマゾンも、

最内に進路を取っていた時間が長かったし、

結果として、内で溜めて外に出したって判断をした、福永騎手、武騎手は、

総合的に、勝つ流れの騎乗をしたと言えるのかもしれない。

おかげで、最後の直線は、もう目がギランギランでしたわ。


今回のダービーは、結果的には人気馬決着ではあったが、

キズナ、エピファネイア、いずれにしてもヒヤヒヤの流れで、

特にキズナは、ダービーへの経緯も色々となんとか噛み合って、

それでも、それが最後の最後まで切れずに繋がった。

本当に素晴らしいダービーストーリーだった。


まぁ、これは完全に個人的な解釈ではあるが、

こういう結果が出て、ここまで考えたら、

気合込めたダービー馬券が、

ノーアウト満塁のチャンスで、ゲッツー取られたけど、

1点だけはなんとか入れてやったみたいな、

なんか喜びきれない、うっすら浮きでも、

全然満足できる結果になりましたわ。

本当に良いダービーでした。


で、

ほとんど馬券の話してない流れになってしまったが、

オチはキッチリありますわ。


ダービー馬券が、軽くカスった感じに終わってる一方で、

その直前の京都10R、ディープインパクトカップ。

ディープインパクトカップ馬券
ディープインパクトカップ馬券2


ハイっ! ダービー資金、直前で作りましたっ!(笑


ダービーの方に気合は入ってたんで、

本当に突っ込みましたわ、コッチかい!と。


クィーンズバーンからの1頭軸で、

しかもカイシュウコロンボとサクラアドニスがキッチリ2軸目っていう、

離れ業をやってしまいましたよ。

もうね、ダービーは馬券弱かったけど、

キズナとエピファネイアと、

あるいは、週中にコメントくれたSTさんが、

ご褒美をくれたんだと思いましたわ。

33点の買い目の内、下から2番目についてたヤツ・・・(^^;)

3連複でこんなゴツイの引っ掛けたのは久しぶりですわ~。

もう3連単マルチにしとけっても思いまいましたけど、

こんな状況で、ダービー、目黒記念に臨めるとは思ってなかったんで、

結構舞い上がりましたわ。


で、危険なのが、このフクランダサイフの中身を、

ダービーにドカンと行ってやりますわ~!の流れですよ。

しばらく競馬やってきて、ココは冷静になれました。

的中直後に、キッチリ全額出金。

もちろん、ほんのり気持ちだけ多く買いましたけど、

ダービーは結局うっすら浮きで、

多く買っていたら、どこの部分にデカく張ってたかも予想し得なかったんで、

この判断は良かったですわ。


と、こんな感じで、思わぬサプライズもあり、良い東京優駿も見ることができて、

良いダービーデーを過ごすことができました。

以上、

予想の中身の話と、馬券の話でございました。

うれしー! 録音用の機材でも買おうかなー。




最後に目黒記念で、武豊Jと福永Jと岩田Jから攻めて、大ハズレして、

それなりに溶かしたのは秘密でごわす。


スポンサーサイト
第80回の日本ダービーが終わった 
 
第80回のメモリアルイヤー(馬名じゃなくて)のダービーが終わった。

勝ったのはキズナ。

京都メイン、つまり時間帯としてダービーの直前に、

ディープインパクトカップが行われて、

その直後に、ディープインパクト産駒の、

よりディープインパクト産駒らしい走りを見せてきた、キズナがダービーを勝った。

まさに、ディープインパクトばりの直線末脚で。

80回という記念のダービーの日に、

これまで日本競馬を牽引してきた、天才ジョッキー武豊が、

このメモリアルな大一番で勝つ。

それも、厳しいとされる別路線出身で。

凄い!



事の始まりとして、

佐藤哲三騎手の落馬負傷から、この馬を引き受けて、

形としては、突然チャンスが巡ってきた。

哲三騎手としては、それはもう悔しかったはずだと、心中察するが、

キズナが負ける絵を見るのが、一番悔しかったはず。

そんな中、ダービー制覇の最多記録を持つ武豊騎手が、

立派な騎乗で、馬にビッグタイトルをもたらし、

その哲三騎手の思いに応えただけではなく、

騎乗数が減って、結果を出しにくくなってからも、

変わらず面倒見てくれた、ノースヒルズの期待にも応えた。

先週は、

弟、武幸四郎騎手が、メイショウマンボで、

それこそお世話になっているメイショウの馬で、久々の重賞勝ちを、

涙のGⅠ勝利で、見事に飾った。

そして、今週、

兄弟で2週連続GⅠ制覇が、

それもオークス、ダービーで実現してしまうかって状況でもある中、

毎日杯、京都新聞杯で確かめた、ディープ譲りのキズナの末脚を、

冷静に引き出した。

その馬の名は、絆。

もう、出来すぎ!


あまりに細かいところなんてのは、競馬ファンがそれぞれ勝手に考え、

自分で思いたいように解釈していて、

競馬にロマンというものは、人によってあったり無かったりするわけだが、

ココまで出来すぎってぐらいに整った舞台で、

結果を出すのは容易ではないと思う。


レースに直接関係のないところでのプレッシャー。

兄弟で連続GⅠとか、キズナという馬名とか、

馬にも、ジョッキーにも関係無いって話もあるのだが、

それでも、

そんな状況が作り出してしまう空気ってものは、どんなジョッキーでも、

武豊騎手でも感じてしまうんじゃないかと思う。

若手や、並のジョッキーであれば、

重圧に潰されそうになってしまうのではないかと、想像する中、

そんな重圧を、いくらでも背負ってきた歴戦の強者は違った。

武豊騎手は、キッチリと、できる仕事をやりきった。

本当にすごい、日本競馬界のスターですわ。


何に関してもそうだが、

こういった、出来過ぎなストーリーは、想像だけはいくらでもしても、

実際にはなかなか成し得ないから、

それが成し得られた瞬間は、本当に美しく、素晴らしいと思う。


いやー、本当に今年のダービーは良かったです。

軽く、良い映画を見たような気ですわ。


おめでとう! キズナ! 武豊! 佐々木調教師! ノースヒルズ!

そして、すーんごい、うっすら、馬券で浮いた私!(笑)



ってことで、今日はここまでに。

次回は、とてもうっすら浮いた馬券の話と、

ダービー振り返りって感じの記事で攻めます。


もう、ダービーは本当にお祭りですなー。

いつか現場で見てみたい!

今週のWIN5 in 日本ダービー ウィーク  
 
ダービーウィークのWIN5ですなー。

気持ち的には大きくなってしまいそうですが、

冷静に考えると、今日の東京開催はJRAプレミアムなので、

そちらの通常馬券を買う方が楽しみ方としては合ってるとは思うので、

コッチは大張りしないでおきます。

プレミアムなんでWIN2でオッケーです!

なんて言われたら結構買っちゃいそうだけど。


※この企画は基本、全頭買いするレースをひとつ決めて、
  WIN4にしちゃうぜ!って企画ですが、
  今週は散らしておきます。



1R目 シンボリルドルフカップ

◎ラロメリア
○カネトシマーシャル
▲ミヤビファルネーゼ

◎、○、▲の3点
 ◎…1800mはこなしていて、前走東京が、ウイリアムズ騎手で6着。
    メンバー的に、どストライクがいないんで、ウイリアムズ2発目期待で。
 ○…前走のメンバーは揃ってたんで、立派な3着だったと思います。
    ここなら距離短縮でも。
 ▲…距離延長がどう出るのか何とも言えないですけど、近走は安定してますな。


2R目 ナリタブライアンカップ

◎ヴァンヌーヴォー
○エーシンリボルバー
▲ジョーメテオ

◎、○、▲の3点
 ◎…前走は良くわからないんですけど、その前の2走は強かったですな。
 ○…京都は得意ですし、いつ抜けても良さそうですな。
 ▲…能力は高そうなんですけどね、競馬が定まってない感じで、単穴扱いで。



3R目 ダービースタリオンズS

◎カナロア

◎の1点
 ◎…広いコース、左周りだと力が出しやすいような気はします。
   ココは1点で。



4R目 ディープインパクトカップ

◎クィーンズバーン
○オリービン

◎、○の2点
 ◎…阪神、京都の1400mは結構期待が持てます。
    調子さえ良ければ、入着以上はまず可能性高いと見て。
 ○…実績的には抜けてますな。なんか知らないですけど、
    人気がマイルドな気がするのは自分だけでしょうか。



5R目 東京優駿(日本ダービー)

◎エピファネイア
○キズナ
▲コディーノ
△ロゴタイプ
☆メイケイペガスター
×レッドレイヴン

◎、○の2点
 ◎…皐月賞の競馬から、一番巻き返しの期待はできそうな気はします。
    新馬戦で見せた衝撃の脚をココで期待!
 ○…ダメージも少なく、距離、馬の能力を図る重賞2戦消化。
    これは馬にも騎手にも大きかったと想像します。
  


以上で、今回のWIN5は36点。


東京の1発目が、いきなり難しいですよね~。

最近WIN5買えないことが多かったので、

今回は通常ぐらいの点数持ちましたけど、いやー難しい。

とりあえず、WIN5に期待しつつも、

通常馬券に少し気合を込める感じになりそうですかね。


日本ダービー、わくわくして見まっせ!!


第80回の日本ダービーの予想 
 
さて、いよいよ日本ダービーですなー。

ダービー展望の記事で、それなりに書くことは書いてみて、

あとは、最後の詰めの部分ですな。


正直、今回の上位陣で、

ドーン!と抜けきった馬は、ダービー前の時点ではいない印象はある。

終わってみたら抜けきった存在がいるかもしれないが、

それぞれに違った特徴があって、それぞれにベストな流れとかあるだろうし、

それでいて、どの馬も強いわけで、

自分としては、どこから入っても同じくらい、不安要素があって、

それでいて、同じくらい期待する部分もあるって感じですな。

と、当たり前すぎることを口走ったところで、

今年の本命はエピファネイアにしてみる。


まず、前回の記事でも書いたように、

皐月賞の上位陣で、おそらく一番厳しい競馬をしたのがエピファネイア。

外枠スタートから終始外をまわり、道中は軽く引っ掛かって、

しかも、当馬持ち味であろう、末脚の爆発力が半減する、

前半5Fが58.0秒の早い流れ。

もしこんな運びで皐月賞を勝っていたら、

この馬はバケモノだろう!って感じになったのだろうが、

残念ながら、これが2着に負けてしまった。

え・・・? でも、待てよ? それで2着ってのも結構凄いんじゃないか!?

プチ化け物ですや~ん! たぶん。


ってところが、本命にした大きい理由ですわ。

東京コースは初だが、

広いコースで馬体を目一杯に使った方が、力は出せそうなタイプと感じるし、

あの皐月賞のペースにも対応したのだから、

もう少しゆったりにはなるだろうペースの中で、溜めた末脚を繰り出すって展開になれば、

新馬戦の衝撃の走りとまでは言わないまでも、

エピファネイアのファンが、

「これが、ずっと見たかったエピファネイアの競馬だー」

って言ってしまうような競馬を、見せてくれるんではないだろうかと期待する。


チャンピオン側で挑むロゴタイプが、

仮に、自分の競馬に持ち込む可能性はあっても、

皐月賞ぐらいのペースで、残り400mをさらに走り抜くって芸当をしようとするなら、

今度は距離の壁が、大きく立ちはだかって来るような気はしてしまう。

もし、結果的に、ロゴタイプが皐月賞に近いような流れで、

さらに強い競馬をするような、そんな離れ業を繰り出してくるようならば、

自分の中では、一時期のサイレンススズカのような、規格外の扱いを、

これからしていくことになると思う。

それはそれで楽しみ。

だが、今回は自分なりに色々考えた中から、

エピファネイアを応援するという立場を取ることにしてみる。


相手は、キズナにしてみる。

一番のポイントは、

人気馬が強かった、質の高い皐月賞に出走していなかったこと。


キズナを嫌いたい側の立場としては、

おそらく、ほぼ「この部分」でフィルタリングしているんだろうとは思う。

たしかに、ダービーでの成績を考えれば、

別路線は、皐月賞よりも明らかに芳しくない成績だし、

シンボリクリスエスや、フェノーメノ、ペルーサなど、

青葉賞で強い競馬をしていても、本番では負けてしまっている背景があるので、

この、誰もが思っている不安要素があるのは、

自分としても、十分なほど承知はしている。


ただ、今年の皐月賞が、

マイル向きの馬に少し有利になったかもしれない、締まった流れだったこと、

そして、レースがレコード決着で、

出走馬への負荷は決して少なくはなかったのではないか、という点で、

ことダービーのみに向けた、アドバンテージ、ディスアドバンテージの差という部分を考えるなら、

ココの差は、それなりに大きいんじゃないかと想像する。


あとは、いざ競馬になって、

外がそれほどは伸びない馬場での差し損ねってパターンも考えられなくはないと思うが、

キズナの鞍上、武豊Jも、

数々の名馬、それこそダービー馬にも何頭も乗ってきて、

毎日杯、京都新聞杯と、(馬を知る上で)充実の内容でダービーを迎えたならば、

他のどの騎手よりも、日本ダービーでは頼れる男であるところを、

見せてくれるんではないかと期待する。


3番手にコディーノを持ってきてみる。

めちゃめちゃ悩んだ、迷った。

なんなら、記事書く直前まで、ロゴタイプだった。

そりゃ、オーナーが大絶賛していて、

競馬っぷりが大人びていて、隙のなさそうな競馬を続けてきた、

GⅠを2勝しているスーパーホース。

自分のダービーのイメージとは若干異なりながらも、

これほどの馬となれば、3番手には抑えておいた方が良いのかもしれない。

ただ、

「今年の皐月賞は、ちょっと異質かもしれなかった」

が、軽くサブテーマでもあるので、

その切り口から入るには、

札幌2歳S、東スポ杯、弥生賞3着、皐月賞3着を、内容面も評価して、

コッチから買わなきゃいけない気がしてしまった。

内枠も、あの鮮烈な先行競馬をするには良いだろうし、

ウィリアムズ騎手が前でうまいことやる絵は、ちょっと想像できてしまう。

この馬も、展開によってはロゴタイプを逆転できる側の馬だと思って、

コディーノを買ってみる。


で、買い方どうしようかって感じだが、

まずは、エピファネイア、キズナの2頭から、

2着までにコディーノって布陣で、

3着にロゴタイプ、メイケイペガスター、レッドレイヴン。

基本的にはこの形で行こうと思う。

まずは、前~中団の戦いでは、エピファネイアに勝ってもらうって前提で、

あとはキズナが飛んで来るかどうかっていう、そんなイメージで。


で、エピファネイアが本命なので、

エピファネイアからキズナの線は、ちょっと気持ち多めに買っておく。


あとは保険的に、ロゴタイプには参りました!パターンで、

ロゴタイプがここでも、自分の競馬を作りに行く展開から、

個人的にはマイルっぽいイメージにしている組の、

マイネルホウオウ、タマモベストプレイ、テイエムイナズマ。

この3頭をセットで買っておきたい。

コッチは皐月賞で耐えたエピファネイア、コディーノも絡めつつ、

最少金額で。


今年は、個人的に答え合わせの意味合いが強いなぁー。

ハズレかもしれないけど、すんごい楽しみですわ!



「外からエピファネイアとキズナが並んで、す~んごい脚っ!」

に期待!




第80回のダービー展望 その2 
 
さて、予習の続きやっていきましょうかね。

その前に、今年のダービー当日の東京・京都の両開催、

80回の節目を記念し、「ダービーメモリーズ」ということで、

東京の5R~11R、そして京都の9R~11Rと、

歴代ダービー馬の名を冠したレースで構成され、

なんだか、お祭りみたいに楽しいことになってますな。

つっても名前だけで、中身は条件戦ですけど。

で、ちょっとツッコミを軽く入れておくと、

ワカタカカップや、トキノミノルカップって古いのから、

ディープインパクトカップまである中、

シンザンカップってのがある。

・・・

シンザン記念があるや~ん!

欲張りシンザンめ!

って思ってしまった。

いや全然良いんですけど、ミスターシービーとか、

「あれ!? ワシは?」 って感じになってるぞ!

まぁ色々考えた上で選考はしているんだろうから、素人は軽いジャブぐらいにして、

あまりツッコまない方賢明なんでしょうな。

全然気にしてないんですけど、ツッコミたいだけで書きました。


で、そんな中、東京10Rにダービースタリオンズってのもある。

ダービー馬の産駒のみに出走が許される、復刻のレース。

これも趣があって良いですなー。

今回は出走条件に、ダービーの5着馬までって枠組みは無いみたいなのかな?

とりあえずダビスタって名前の響きだけで、馬券買ってしまいそうですわ。

ダービー当日楽しみですね。

現場は人が多いんだろうなぁ。


とまぁ、こんなところで、話を予習の方に戻して、

今年の日本ダービー。

例年よりも、さらに皐月賞組が優勢ということで、

皐月賞組を上位から考えていきましょうかね。


まずはロゴタイプ。

スプリングSを余裕で完勝して、

皐月賞も、他の有力馬と真っ向勝負して貫禄勝ち。

強い。

朝日杯で、コディーノが負けたのが当時は不思議に映ったぐらいだが、

現在では、その結果は当然とも言えるような、現在の風格だ。

社台の吉田照哉氏が、この馬に破格の評価、期待をしているって感じの記事も、

マイネル軍団の前代表、岡田繁幸氏がロゴタイプをすごく評価しているのも、

何かで見た。

今回は皐月賞組が明らかに中心なだけに、

力勝負で人気決着した中での、皐月賞勝ち馬は、

今年のダービーでも中心なのかもしれないが、

個人的には不安要素はある。

皐月賞が前半1000m58.0秒で、上がり時計が掛かる競馬になったこと。

これがロゴタイプに、少なからず利した可能性がある気がしているのだ。

末脚を溜めて爆発させたいタイプの馬たちにはちょっと苦しくなってしまう、

力の抜きどころが無い、締まりに締まった早い展開。

こういった中で、マイルの朝日杯を勝ったロゴタイプの良さが出たような気がする。

思えば、スプリングSも馬券内に連れてきた馬たちは、

マイルに良績があったタマモベストプレイ。

そして、NHKマイルカップ勝ちのマイネルホウオウ。

マイルの締まった流れで力を発揮した組だった。

当初、皐月賞をロゴタイプが勝った時点では、コレは隙がなく強いなーなんて、

ただ、ただ思ったりしたが、

その後のマイネルホウオウや、

タマモベストプレイが、その厳しい流れでの皐月賞で5着に入ったこと、

1200~1600mが主戦場っぽかった、クラウンレガーロが8着まで粘ったこと。

さらには、ちょっと前の話を持ち出してしまうが、

札幌2歳Sで、ロゴタイプとマイネルホウオウがセットで負けたことなどを結びつけると、

ロゴタイプが勝つ時は、レースの質がロゴタイプ寄りになっていたのかもしれない。

もっと言うと、マイル寄りになっていたのかもしれないと、

そんな風に思うようになった。

一見、今年は強い人気馬たちが掲示板を占めて、紛れのない皐月賞だったように思えるが、

中身は異質だったという面も、ひょっとすると、気にしなくてはいけないかもしれない。

この皐月賞馬が、もちろん強い馬であることには異論は全くないが、

レースの質がロゴタイプの競馬にならない時に、一体どうなるのか。

少し考えてみた方が良さそうな感じはする。


当然、ロゴタイプが自分から競馬を作ってくる可能性はあるし、

その強気な競馬でロゴタイプが勝つ可能性を考えるなら、

タマモベストプレイや、マイネルホウオウを絡める手は、

考えておいた方が良いのかもしれない。


2着馬エピファネイア。

個人的には一番厳しい競馬をしたと言うのが、この馬。

外枠スタートから終始外目を回って、脚を中途半端に使って手綱を引く仕草。

同じ枠に入った4着のカミノタサハラは、後ろでポツンとストレスの無い競馬をしていたし、

勝ったロゴタイプとは、まるで真逆の競馬。

レースの流れも、時計的にも、馬自身の走りも、決してベストでは無かった中で、

最後の直線、ロゴタイプに負けじと食い下がった姿は、立派そのものだった。

これほど頑張ったレースをしていて、

今年のダービーが、ロゴタイプ対キズナっぽい風潮に軽くなっている感じは、

個人的は違和感を覚えてしまう。

ダービーでも自分との戦いってところになりそうだが、

優勝を狙える、明らかに強い1頭だと思える。


3着馬コディーノ。

札幌2歳S、東スポ杯と、先行して直線抜け出す王道競馬で、強い内容。

それが狂ってしまったのが、朝日杯。

もちろん格が上がったのもあるし、レースの展開ってのもあるかもしれないが、

その辺りからは、印象的には、

いつでも前を捉えられる位置につけて、一気に抜き去るっていう芸当の、

なんというか、鮮やかさが欠けて来た感はある。

厳しい目で見れば、GⅠで勝つにはもう少し足りないかもって見方もできるが、

ダービーではウィリアムズ騎手に乗り替わる。

ダービーでテン乗りで勝った例はおそらく無く、

外国ジョッキーって括りでも、デザーモ騎乗のマチカネアカツキが3着があるぐらいで、

やはり、テン乗りでのダービー制覇ってのはいかにも厳しい。

厳しいが、

今回のウイリアムズ騎手ってのが、コディーノに向いてるとは思ってしまう。

ウイリアムズ騎手と言えば、

前目でうまいこと折り合って、最後も馬の底力を出し切るイメージはある。

これまで、少し影を潜めていたコディーノの鮮やかな先行競馬が戻ってくるかもしれない。

ムチへの反応の具合が違うかもしれない。

皐月賞の競馬を見るには、エピファネイアに比べると上昇要素は少ない気はしているが、

東京コースはモノにしているし、ここでもさすが!の走りはしてくる可能性は高い。


で、他の皐月賞組に関してとなると、

なかなか簡単には箸をつけづらいが、

皐月賞と、ダービーの脚質は入れ替わるっていう原則っぽいものを意識すれば、

上がり2番目の脚で6着に追い込んだテイエムイナズマや、

それを上回る脚で、最後方から直線だけで追い上げたメイケイペガスターなど、

拾っておいた方が良いかもしれない馬はいそうだ。

特に、メイケイペガスターは、共同通信杯勝ちで、先行力もあるので、

読みにくそうな、いかにも穴馬って感じはする。


別路線だと、やはりキズナ。

負かしたメンバーが弱いってのはあるかもしれないが、

ディープ譲りの豪脚ってイメージは、この馬には凄くある。

特に、毎日杯と、京都新聞杯。

色の全く違う2つのレースで、どちらも同じようなレースをして圧勝したのは、

相当な潜在能力を感じる。

皐月を回避して、ダービー1本睨みっていうのも、

他の馬よりも意気込み、東京2400mに対する期待を感じるし、

ラジオNIKKEI杯で、先行競馬になって3着。

そこから、後ろからの競馬に徹して、上がり最速で弥生賞5着。

その流れで、毎日杯、京都新聞杯と、その競馬を固めた形で連勝。

皐月賞組に関しては、

レコード決着でひょっとしたら、余計な疲労も残って、

流れ的にもダービーへ向けた競馬にならなかった有力馬も多いだろうと想像する中、

ダービーに向けて、下準備がキッチリできたのはキズナだけかもしれない。


NHKマイルCのステップである毎日杯を勝ったことで、

ロゴタイプ向きの厳しい流れになっても、対応できる可能性を作ったし、

ハイレベルの皐月賞を経験していない身とは言え、

弥生賞、毎日杯などの内容で、その部分を埋めてくれるような感じはある。

別路線は、いくら強くても2着までっていうことも意識しながらも、

裏の京都メインで、ディープインパクトカップが開催されている中、

東京で、このディープ産駒が父の功績に応える走りをする可能性は、

高いと見ておきたい。


今のところは、皐月賞で厳しい競馬を頑張ったエピファネイア、

ダービーに向けた準備が充実しているキズナ、

この2頭が今のところ、本命に近いですかねー。


青葉賞組で唯一買うなら、惨敗のレッドレイヴンかな。

さて、買い方を考えなきゃイカンなー。

第80回のダービー展望 その1 
 
いよいよダービーウィークですなぁ。

今年はどの馬が世代の頂点に立つのか、

毎年楽しみですな~。

うまいこと盛り上がるように仕掛けてますわ、J●Aも。

で、今年の日本ダービー。

どういった側から攻めていこうかって感じだが、

今年は大荒れのイメージってのは、あまり沸いてこない。

というのも、ダービーの大本命と言える皐月賞が、

強い馬が集まって、強い馬が順当に来たレースであったから。


で、その皐月賞。

レースは、コディーノ、エピファネイアが中団~やや前めに行って、

その内にはロゴタイプと、

レース中盤まで、有力の3頭がほぼ同じぐらいの位置取りになって、

まさに3頭の力比べと言えそうな展開で、

そんな中、前半1000mのタイムが58.0秒。

年々、時計が出やすくなっている日本競馬の現状を考慮しても、

昨年のゴールドシップの皐月賞の前半1000mが59.1秒。

ゼロスとメイショウカドマツが他を離して逃げる展開で、

ゼロスが後半思いっきりヘタってしまう、いかにも早い流れ。

馬場状態が違うって話にもなるかもしれないが、

どちらにしても、前が苦しくなる流れの中で、

そこそこ前につけてはいたコディーノ、エピファネイア、ロゴタイプが、

直線向いてからも力強く抜け出して、カミノタサハラ以下の追撃を封じた絵ってのは、

この3頭の地力を証明したように思えた。


こんな風に、中身もしっかりと伴っていたと思える、質の高い皐月賞ではあったが、

額面的な面でも、今年は皐月賞組に隙は無さそうにも思える。


ロゴタイプは、それまでに朝日杯、スプリングSと完勝し、

コディーノは、札幌2歳S、東スポ杯を、

エピファネイアは、ラジオNIKKEI杯を、それぞれ強い競馬で勝ってきた。

4着のカミノタサハラも、弥生賞は強かったし、

5着のタマモベストプレイも、きさらぎ賞勝ちがあった。

クラシックにおける、いわゆる王道路線の重賞勝ち馬が一挙に集結したというのが、

今年の皐月賞の顔で、

他にも共同通信杯の勝ち馬メイケイペガスターや、

若葉S勝ちのレッドルーラーもいる中で、

中心と言える馬たちが、厳しい流れで順当に(人気通りに)結果を出したというのは、

今年の皐月賞の上位馬は、芯が太く、

ダービーのような地力を求められるレースでも、強い競馬ができそうだと、

想像することができる。

と、競馬歴のそんなに深くない馬券師は考えてしまう。


青葉賞組や、プリンシパルSなど、別路線からやってくる馬が警戒されるには、

史上最高のダービーとされた年の、ペルーサ、ルーラーシップのように、

単勝2倍を切るガッツリ1番人気で、

その人気っぷりに見合う圧勝劇をトライアルで繰り出した馬のような、

「コイツは只者ではない・・・」感を出さなければならない気はしているが、

今年は、青葉賞も、プリンシパルSも、

伏兵っぽい人気の馬が、僅かの差で勝ちきるって絵だった分もあって、

どうも例年よりも、

皐月賞組と、そうでない組の間に、温度差が感じられてしまう。

毎日杯、京都新聞杯と圧勝したキズナだけは、他とは違う次元を見せているが、

キズナ以外では、今年のダービーは、「皐月賞の上位組」1択って感じに、

今のところはなりそうな気配ですわ。


今年は、人気側での順位付けが難しいって感じの年ですかねー。

明日も予習でごわす。

オークスの予想 
 
当日になってしまいましたわー。

オークスの予想いきましょうかね。

今年はアユサンから攻めて見る。

今年は混戦の世代。

桜花賞馬とは言え、栄冠に導いた鞍上は乗り替わるし、

距離もマイル以上の経験がないって部分もあるので、

いくら人気がマイルドになるからとは言え、わざわざ桜花賞馬から行かなくても、

他にも選択肢あるんじゃないかって話でもあるかもしれないが、

桜花賞は、キレでレッドオーヴァルに屈しそうになったが、

キレ一本で勝負せず、

レッドオーヴァルよりちょっと早めに仕掛けて、勝負根性で押し切ったあたりが、

キレキレに切れないが、それでいて強いって感じで、

オークスでも勝負になりそうだと感じた。

それでもって、東京コースでも、

重賞で、あのコレクターアイテムを後ろから追い込むって離れ業をやったんで、

距離はこなしていなくても、距離不安はこの辺りのパフォーマンスでもって、

個人的には解消しておきたい。


相手はセレブリティモデル。

地味には見えるが、牡馬との対戦をこなしてきて、

力を証明するかのように、忘れな草賞勝ち。

脚質も良い脚の長く使うパターンの、オークス向きと言えるし、

他との直接対決がない分も含めて、今年の穴はこれかなーなんて思う。


他では、重賞でもう一歩足りなったところを、距離を味方につけて、

なんとかなるかも知れないエバーブロッサム。

エバーブロッサムにも先着している、2戦2勝のサクラプレジール。


このあたりを中心に、

デニムアンドルビー、レッドオーヴァル、リラコサージュ、

ブリュネット、スイートサルサ。

このあたりまでにしましょうかね。


あとは、今年のメンバーだと、

ペースが早くなるのを恐れて、超ユルユルの展開になる可能性も考えて、

クロフネサプライズから、前に行く軍団の組み合わせを、ほんのちょっと。


今年は難しいなー。

今週はWIN5予想は時間の都合でやめておきますわ。

たぶん買っちゃいそうですけど。


今年は混戦だけに、対抗からも多めに買っておいたほうが良さそうかな。


平安Sの予想 
 
最近なかなか時間が取れず、

週末の記事だけで更新を繋いでいる、ちゃびろまんでございます。

しかし、そんな中でも予想は当てたいのじゃ~!

というより馬券を当てたいって感じですかね。

最近、馬券の方が、だいぶ笑う外し方が続くって展開になってるんで、

マグレでもなんでも当てて、

オークス、ダービーに向けて、当てグセをつけておきたいところですわ。


土曜重賞は、平安S。

メンバー的には結構面白い軍団で構成されていて、

そこそこデカイのも期待したい感じではあるが、

過去の傾向としては、馬券的にはそこまで大振りしない方が良いレースではある。


今回人気なのは、ニホンピロアワーズ。

前走、同じ59kgで2着。 これが休み明け。

勝ったのが、中央、地方とイケイケのホッコータルマエ。(57kg)

そんでもって、3着以下には完勝しているんだから、立派な2着と言える。

京都も良績があって、本格化している今ならば、

この骨太のメンバーでも、人気に応える可能性は高い気はしている。

枠もスっと出て、スっと前に付けられさえすれば、

メンバー的に早くなりそうな展開の中でも、

JCDで見せた、余裕の粘り腰で押し切るって絵は、期待できるんではないかと思う。


こうなると、今回のこの人気馬は、信頼することにして、

相手探しになりますな。


ハタノヴァンクールは、相当力をつけてきていて、

当然有力だとは思うのだが、

初の59kgって部分を少し割り引いて、これを単独の対抗にはせずに、

今回の展開の含め、この条件は力だせるはずのソリタリーキング。

前走、トップハンデと距離をしっかりこなしたナムラタイタン。

アンタレスSで、上位の競馬を見せた、能力未知数なナイスミーチュー。

この4頭を2着まで来る候補として見ておきたい。

馬券は、ニホンピロアワーズ頭から、ハタノヴァンクールって流れの線を、

ちょっと多めに買って、

あとは、ちょっと荒れるパターンで、

3着にアメリカンウィナー、トミケンアルドール、マイネルアワグラス、ダイシンオレンジ。

この辺りを、ハタノヴァンクール2着以外からも買いまっせってパターンで。


もうね、ちょいプラで良いんですよ、ちょいプラで。

だから、紐抜けタテ目は禁止の方向で、

え~、ご検討頂ければ幸いでございます。

それでは、よろしくお願いいたします。


悲しき今週のWIN5 in ヴィクトリアマイル ウィーク 
 
うおーん、今週末になんと予定が入ってしまい、

全然競馬できない日になってしまいましたわー。

まるで予想がなってないんですが、ただ何も買わないのもアレなんで、

1点だけ買っておきますわ。

キャリーオーバーのWIN5で、

ここで多く買わずにいつ買うって感じなのに、なんちゅうタイミングで・・・

って感じなんですけどね~。

向こう3週分をここに集約させても良さそうかななんて風にも、思ってたんですけど、

まぁ、これはしょうがないですわ。


※この企画は基本、全頭買いするレースをひとつ決めて、
  WIN4にしちゃうぜ!って企画ですが、
  今回は、予定が入って全然できそうにもありません。
  1点だけ買っておきます。
  (くっそーん!)



1R目 葵S

◎ティーハーフ



2R目 立夏S

◎タイセイファントム



3R目 赤倉特別

◎シャドウバンガード



4R目 栗東S

◎ナガラオリオン



5R目 ヴィクトリアマイル

◎ジョワドヴィーヴル



以上で、今回のWIN5は1点。

これだけ買って、楽しみたいと思いますわ。

もうね、うおーんって感じなんですけど、

買わないよりは、1点でも買う方が、当たる可能性が格段に上がりますからね。

奇跡でも怒らない限り、当たらないとは思いますけど、

一応、当たる権利を持って楽しみたいと思いますわ。


当たれ!


そして、通常馬券は買わず・・・。

京王杯スプリングCの予想 
 
当日になってしまいましたな。

京王杯スプリングカップの予想といきましょうかね。

なかなか難しいメンツですなー。

ただ、そこまでガッツリ荒れるような気配はない気はする。

で、ここ最近、タテ目、紐抜け病が酷いような気もするので、

本命2頭指名制度を活用しておく。

紐抜けに関しては、防げる可能性が減ってないけど・・・。


で、まずはレオアクティブ。

ここ最近は結果は出てないとは言え、終いの脚は確実であるし、

今回、逃げ馬、前に行く馬ってのが多そうで、

それで距離が1400mっていうと、全体的にもキツめの流れになりそうで、

そういった展開の中では、この馬のスタミナとキレが生きる気がする。


もう1頭は、レッドスパーダ。

前走が休み明けで、1200mを4着ってのは頑張った感があるし、

大型馬の叩いた2走目ってので、

得意の東京コース、1400mで、

馬体同様、締まった走りができると期待したい。


とりあえず、トライアルってのも加味して、

この、ちょい人気落ちてる2頭を軸に据えて、

それぞれ1頭軸で、3連複って買い方にしておく。

相手は、

単勝側だったら本命っぽいトウケイヘイロー。

ここ2走の走りだけ見てると、この距離でも力出せそうなダイワマッジョーレ。

実績を考慮してサダムパテック。

この辺りの人気側は入れておいて、

東京1400m~1600mはベストっぽいトライアンフマーチ。

まだ、下降線は辿ってないっぽいガルボ。

いつもこういう馬軽視してやられるんで、カバー気味のシャイニーホーク。

このあたりを相手に指名したい。


とりあえず、ガッツリ人気側でもプラスの勘定にはなりそうですわ。

明日になんぼか繋がれば良いんですけどね。


とりあえず、病気っぽい外れ方だけは勘弁してもらいたい!


フリっぽいか?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。