スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天皇賞(秋)の予想 
 
天皇賞(秋)の予想いきましょうか~。

やっぱり秋は良いですな~。

古馬GⅠがどんどんやってきますわ。


今年はジェンティルドンナが天皇賞に初出陣ってことで、

単勝オッズ、約2倍の1番人気。

これに続くのが、トウケイヘイロー。

単勝オッズ、3~4倍で、これも立派な人気。

で、これらにエイシンフラッシュが続くって形ですな。


で、まずはこの人気側の3頭から考えたいのだが、

まずは、ジェンティルドンナ。


昨年のジャパンカップで、オルフェーヴルを下したっていうだけで、

もう日本最強馬の1頭と言って良いのだが、

その最強馬の1頭、負けるならばオルフェーヴル以外は許されないって感じの馬が、

宝塚記念で、2頭に先着を許してしまう失態。

実力が完全に出切らないのもまた競馬、というものではあるが、

この敗戦は、やはり気にならないではない。

牝馬は、勢いに乗ってる時は恐ろしく強いが、

その反面、一度勢いを落としてしまうと、

トップギアに持っていくまで、ちょいちょい時間がかかるというのは、

感覚的に少しある。

能力は抜けているが、不安も無いでは無い感じですな。


トウケイヘイローに関して言えば、

この人気はちょっと凄いと思ってしまう。

ジェンティルドンナの2.2倍に対して、3~4倍の単勝オッズ。

ちょっと捻った考え方をすれば、

凱旋門賞で2年連続で2着になったオルフェーヴルにも、

ひょっとしたら勝つかもよ? っていうレベルのオッズだ。

極端な話とは言え、ジェンティルドンナはオルフェーヴルに勝っていて、

ほぼ同等の立ち位置なのだから。

たしかに、馬が変わったような重賞3連勝はスゴイ!の一言だし、

現在の主戦が武豊騎手で、あの底知れずの逃げっぷりから、

自分でもサイレンススズカを連想してしまうというか、

同じものを期待してしまうので、

この人気っぷりも頷けるところはあるが、

いざ、冷静になって考えると、

今ココで、この人気のトウケイヘイローを買いに行くということは、

半分、トウケイヘイローが、現在の日本最強馬だという感覚で、

買いに行かなきゃいけないことでもある気はする。


個人的には、すごく期待している馬で、

今、現役の馬の中でも、ものすごいお楽しみ感を秘めた馬なので、

GⅠの舞台でも買いたい気持ちは山ほどあるのだが、

この人気は、すでにGⅠを勝っていなくてはいけない馬の人気。

と、考えてしまう。

GⅠを勝つのは、もはや時間の問題でもある気はするのだが、

道悪の札幌記念を逃げて突き放して勝ったというだけ(良くも悪くもわかりづらい)

っていう、現時点での実績では、

ちょっと買いに行ってはならないと、ドコか気持ちにブレーキがかかる。

単勝10倍以上だったら、冒険してしまう可能性はあるんですけどね(笑)

ってことで、今回は控えめにしておきたい感じだ。


最後に、エイシンフラッシュ。

この馬は、なんと言うか、

拾うにも切るにも、難しいというか、

成績にも表れているが、強い勝ち方したり、簡単にポカしたり、

この馬に向く展開というのもイマイチ分からず、

ちょっと買いづらいところがある。

んで結局は、

自分でこの馬が買える要素というのを、

自信を持って説明できないから、いつも切る側に置くことが多い。

ということで、今年も買いにはいけないかなぁ。


ってことで、人気3頭。

人気の割には買いに行きにくいってところで、

さて、どうしようかってところになってくるのだが・・・、

もういっちょ、ジェンティルドンナに戻ってみる。

やっぱり強さを考えたら、この馬のポカは考えにくいっていうのもあるのだが、

その前に、この馬の適正、どこに感じるかと言ったら、

・・・

・・・

東京コースなんですわ。

思い返せば、レコード勝ちでヴィルシーナを突き放したオークス。

3着以下を突き放して、オルフェーヴルとの叩き合いを演じたジャパンカップ。

これらを見たら、

ココで買わなきゃイカンとは思ってしまうものですわ。

競馬ファン、馬券師なら、誰しもが思うことだが、

競馬の予想の上で、適正って要素はものすごく大きい。

単純な強さの次に、大きく取り扱うべきは適正のはずで、

東京コースでさらなる強さを発揮してきたジェンティルドンナを、ココで消してしまうことは、

なんて言うか、予想の大原則に背くようなもので、

この適正に加えて、ジェンティルドンナの強さ、立場というものを考えたら、

どうやったら、外すことができようかって感じですわ。

ってことでジェンティルドンナが勝つ前提で、

馬券を考えていきましょうかね。


点数を最小限にするために、

トウケイヘイロー、エイシンフラッシュは3着までの馬券にとどめて、

2着の席には、違うのが突っ込んでくる予定の馬券構成にしてみる。


ココ数走の重賞は、どれも強い負け方の2着で、

昨年の天皇賞6着よりも、上の着順を目指せそうな気がしないでもないジャスタウェイ。

毎日王冠連続2着ってのは、チャンスの多い馬だとは思う。


蹄の不安解消のヴェルデグリーン。

開花した能力がこのメンバーで、どのくらいやれるのかは楽しみ。


宝塚記念で2着に粘ったダノンバラード。

馬場の渋った状態が続くのであれば、じわじわ伸びてきそうな感はありますな。


前走、ちょっと復調気配は見せたトゥザグローリー。

なんだか状態は良さそうで、この辺で1度買っておきたい。

一時期見せていた強さを見ると、もうひと山あってもらわないと、

ちょっと寂しいってもんでもある。


最後にヒットザターゲット。

前走はビックリ追い込み一撃だったが、

ハマると結構すんごい末の脚を使うってのは、前走で見たのが初めてではない。

正直なところを言うと、もう少~し足りない気はするし、

前走も色々ハマった結果とも言えるので、2着までは望みが高すぎるかもしれないが、

良い例がポンっと出てこないが、ショウワモダンみたいに、

ああいう勝利で、謎のスイッチが入ってしまう馬もいることはいるので、

今回だけは2着の席は寛容にしておくってことで、拾う方向でいきたい。


3着の席には、トウケイヘイロー、エイシンフラッシュ、コディーノの人気馬に加えて、

アンコイルド、オーシャンブルー、トーセンジョーダン、ナカヤマナイト。

ここまで広めに押さえておきますかね。

いやー途中から携帯で更新してたんですが、

かなりやりづらいですね(^^;


とりあえず当たってくれたら嬉しいもんです。

ジャスタウェイ、ヴェルデグリーン、ダノンバラードの目は少しだけ多めに持っておきますわ。


またもリプレイ観戦になりそうだけど、素晴らしい競馬を期待!





スポンサーサイト
スワンSの予想 
 
いや~、今日は用事で競馬はリプレイ観戦ですわ~。

ってことで、スワンSだけ、ちょっと買っておきますかね。

って、記事を書く時間もないという・・。

馬場と、距離適正ってところから入って、

アドマイヤセプターと、コパノリチャードから入っておきましょうかね。

アドマイヤセプターは、スワンSで小差の3着があるし、

この距離な気はするんだよな~。

京都も得意だし、渋った馬場にも対応できそうなところは心強い。

この人気なら、勝負ですな。

コパノリチャードは、サダムパテックと迷ってしまったが、

前行った方が良さそうな匂いがする、本日の開催なので、

前走は休み明け初戦で、逃げ馬って要素も考えると、

ドカ負けしても、まぁ・・・良しとしておいて、

距離もマイルよりも、短縮したココの方が輝ける可能性も残している気はするので、

人気がちょい薄めなココは、ちょっと拾っておきたい。


この2頭を1頭軸に3連複で、

サダムパテック、マジンプロスパー、グランプリボス、ダイワマッジョーレ、

テイエムオオタカ、ラトルスネーク、サンカルロと広めにカバーしておきますかね。

買っていない3歳馬が、怖いと言えば怖いんですがね(^^;)



明日も競馬できるか微妙な情勢ですわ~。

とりあえず引っ掛かれ!

馬じゃないですよ?


馬券の方が引っ掛かれ!



今週のWIN5 in 菊花賞 ウィーク 
 
菊花賞のWIN5でごわす。

え~、最後に当てたのは、

まさに、ゴールドシップが勝った昨年の菊花賞ウィークですわ。

ということで、

これを外してしまうと、1年当たらなかったということに・・・。

・・・

頼んだ・・・エピファネイア&他の刺客たち・・・。


って言っても、そんなに焦りは無いんですがね(^^;)

なんせ、当たる確率が通算で5%切ってるわけですから(笑)

ゲンの良いココで当たれば良いなぁ~。

っていう、半分おまじないみたいなモンですわ。

とにかくも、良い流れぐらいは引き寄せたい!



※この企画は基本、全頭買いするレースをひとつ決めて、
  WIN4にしちゃうぜ!って企画です。
  今週は普通に散らして買おうと思います。



1R目 甲斐路S

◎レッドレイヴン
○フルアクセル
☆トーセンジャガー
△ディサイファ
△クリールカイザー
×アラフネ

◎、○、☆3点
 ◎…個人的には、人気背負いすぎな気もしてますが、
    東スポ杯までの強さが本物であれば、ココは勝ち負けですな。
    厩舎の期待度や、人気の高さを信頼してみます。
 ○…地味ですけど、
    能力はココで馬券に入ってもおかしくはなさそうですし、
    東京の方がなんとなく安定感はあるんじゃないかって気はしてます。
    距離延長もプラスっぽい気がしますし、期待します。
 ▲・・・安定感は無いですが、
    むらさき賞勝ちが、どうしても軽視できないんですわ。
    メンバーも、勝ち方も結構立派なモンだったので、
    馬の気持ち、調子次第では、十分勝負になりそうです。



2R目 観月橋S

◎ダブルスター
○スズカルーセント
▲ワイルドフラッパー
△メタギャラクシー

◎、○の2点
 ◎…初距離なので、不安は残りますが、
    不良馬場で前行けるのは心強いですし、戸崎騎手とも手が合う印象です。
    わざわざ本命なのは、POG馬ってのもあります(笑)
 ○…これも前行って、ソコソコ自在性もあるあたりが良いですな。
   距離適正は現時点で◎よりコチラの方が高いですね。



3R目 驀進特別

◎バルスピュール
○グレカーレ
▲アンゲネーム

◎、○、▲の3点
 ◎…上のクラスでも善戦できてましたし、昨年の勝ち馬ですもんね。
    1000mいう短い距離なら、
    性質上、着順を大きく下げてしまうこともあると思うので、
    前走はそこまで気にしてはいません。
 ○…アンゲネームとの比較で考えると、斤量の差が詰まる分不利ですが、
    若い分、1戦ごとの成長力ってところに魅力はありますな。
    前走もそこまで差はなかったので、ココは人気薄で期待。
 ▲・・・1000直を使い続けている強みと、より外枠って部分で、
    チャンスは大きい馬と見ます。



4R目 ブラジルカップ

◎ベルシャザール
○ハートビートソング
▲マルカプレジオ
△クラシカルノヴァ
☆インサイドザパーク

◎、○の2点
 ◎…結構厳しい競馬をしていることが多い印象がありますが、
    展開が向けば、相当の能力は感じますね。
 ○・・・芝のレースでもそうでしたが、
    やっぱり長い距離の方が、力を出せる印象は強いですね。
    ここは大きなチャンスと見ます。



5R目 菊花賞

◎エピファネイア

◎の1点
 ◎…神戸新聞杯は強かったです。
   あの競馬ができるなら、最後の1冠は期待したい!



以上で、今回のWIN5は36点。

とりあえずエピファネイアが勝ってくれたら、もうそれで十分嬉しいんですが、

そういう展開になるなら、

他も当たってしまってくれ~!

って感じで、

1年ぶりのWIN5なるかっていう今回、

楽しみたいと思います。


1発目は、せめて突破してくれ~(笑)



菊花賞の予想 
 
菊花賞の予想いきましょうか~。

ついに、2013年のクラシックも最後ですわ。

秋競馬、毎年ソコソコ調子が良くて、

夏競馬の負債をココで取り戻すって感じなのだが、

今年はちょい低調ですわ。

最初の2週こそ連続でゲッツして、

やっぱり秋競馬は相性良いな~なんて思うようなスタートを切れたのだが、

それ以外でガッツリと頂けたのは、セントライト記念以外、パッと思いつかなくて、

なんだか、まだ良い波を掴みきれてない気がしますわ。


少ない時間の中で、予想がちょい雑になってるからなのか、

運がちょびっと足りてなかったのか、

もともと馬券がド下手だからしゃ~ないのか、

もうひとつギアが入ってきてない気がしている。

まぁ、

一番下の理由が最も大きい原因だとは思いますけどね。。。


しか~し! そんな下がり気味の空気を、一掃させる力を持ってますよ。

GⅠは、クラシックは。


ココでうまいこと当ててやって、

秋後半~そして冬の競馬へと繋がる、良い流れを戻してやりますよ~!


ってことで、ちょいイレ込んだ 意気込んだ状態で予想の方に向かいましょうかね。


まずはエピファネイア。

皐月賞、ダービーを連続2着しての素質馬が、

神戸新聞杯を快勝して~の、堂々の主役で登場ですわ。

馬券的な妙味とやらを考えると、

ココを蹴ってしまえば、途端にうまみが出てくるという、断然人気馬で、

その線も、まるで無いことはない・・・競馬だから・・・。

っていう考えも一瞬チラついてしまうのだが、

思い返せば、エピファネイア。

今年のクラシック戦線で、ずっと一番に応援してきた馬でしたわ。

本音の本音を言えば、カミノタサハラっていう、弥生賞勝ちのマイPOGが、

一番の応援馬であることに間違いはないのだが、

この馬も新馬戦の衝撃から、ずっと応援し続け、

馬券も分厚く買っていて、

思い入れは相当強かった。

そんな馬が、皐月、ダービーと2着でやってきて、

主役で登場する今回の菊花賞。

これはもう・・・

切れるワケがない!

応援しないワケがない!

ってことで、気合の1着固定ですわ。

競馬って、ちょっと面白いと思うのが、

人気馬は、普通は(私としては)切りたい側に置きたくなってしまうのだが、

こんな2倍を切るような超絶人気馬でも、

いざ、応援する!って腹を決めたら、

途端に馬券が買いやすくなってしまうんですわ。

大体こうなると、1頭頭固定しか考えなくなりますからな~。


ってことで、エピファネイアが、

ココで悲願の戴冠って絵を期待する菊花賞にします。


んで、2着はちょっと冒険してみる。

神戸新聞杯を見る限り、本番でも、

直線で1頭だけ、エピファネイアと同じ脚色で追走してく絵というのは、

ちょっとイメージはしてしまう。

オルフェーヴルと、ウインバリアシオンのセットのように。

ただ、ウインバリアシオンが、

ダービー、神戸新聞杯と、同じ距離で似たような競馬を見せたのに対し、

マジェスティハーツはここ3戦の成績こそ安定しているが、

競馬っぷりは安定しているというワケではなく、

前走にしても、ちょっといきなり隠し芸を披露された感じだ。

もし、あの競馬が本来の姿で、コレからはずっとあんな感じでござる!

って言うのなら、少し安心して買いに行ける気はするのだが、

2400mという距離で、同じ競馬を2走連続で見せたウインバリアシオンと比べると、

良くも悪くも、底がわからないマジェスティハーツは、

ちょっぴり怖い部分はある。

細かいことを言えば、あの後方待機からの直線一気を決めるために、

ディープインパクトや、ゴールドシップのような、

ゲート出てスっと下げるとか、そういう芸当が、良い意味で癖づいているのか?

とか、その辺りを心配してしまう。

馬券が売れてる要因としては、

神戸新聞杯のような競馬を期待している部分が大きいだろうし。。。

う~ん、邪推しすぎかもしれないんですがね(^^;)

もう、前哨戦で、ウインバリアシオンと似たような競馬を見せて、

同じハーツクライ産駒っていうだけで、怖さ満点なのだが、

ここは、悩んだ末に、

マジェスティハーツは3着までにしてもらうっていう暴挙に出てみる。

んでもって、

代わっての2着候補。

アドマイヤスピカ、アクションスター、サトノノブレス、テイエムイナズマ。

この4頭。

アドマイヤスピカは、競馬が安定しているのが買いやすく、

距離が伸びた方が、いかにもチャンスが拡がりそうと見える。

叩き2走目での上積みって部分も考慮すると、ココも買っておきたい。

アクションスターは前走、久々に能力の高いところを見せてくれた。

確たる要素はないのだが、

ここは神戸新聞杯の予想の時と同じく、

成長力、素質、人気の無さってところに期待したい。

サトノノブレスは、エピファネイア、マジェスティハーツが猛然と追い込んでくる中で、

前で脚色衰えずに粘っていた絵は、ちょっとココで期待を持っても良さそうだ。

青葉賞でも良い脚を使っていたし、長距離適正は高いと見る。

最後にテイエムイナズマ。

前走がもうちょっと上の着順が欲しかったが、

皐月賞、ダービーともにラスト3F、メンバー中2番目の脚。

直線での弾けっぷりなら、

エピファネイアにもマジェスティーハーツにも見劣りしないはずで、

ちょっと冷静に考えると、

クラシックで連続6着と善戦している馬が、

キズナや、ロゴタイプ、コディーノ、カミノタサハラ、その他が出てこない、

今回の菊花賞で、着順は上がってくるハズという考え方も、

自然といえば自然ではある。

そうなると、神戸新聞杯の結果だけ目を瞑ってしまえば、

この人気は放っておけない感じ。

ってことで、拾っておくことにする。


この4頭の中でさらに絞って、太く買うって手も無いでは無いのだが、

薄いところ行ってる分、このくらいが落としどころっぽい気もしますな。

で、続く3着候補は、これまた拡めに、

ケイアイチョウサン、タマモベストプレイ、バンデ、ナリタパイレーツ、

ダービーフィズ、ユールシンギング、ラストインパクト、マジェスティハーツ。

この辺まで行っておく。

この組み合わせで、3連単44点。

これを、200円か、300円ずつ買っておきましょうかね。

GⅠですのでね。

クラスィ~ック!ですのでね。

うーん、気合入りますなぁ~。



最後の1冠、頑張れエピファネイア!



富士Sの予想 
 
富士Sの予想いきましょうかね。

菊花賞に向けて馬券の方も勢いづけていきたいトコですわ。

ダノンシャークがちょっと抜けてる以外は、ちょい混戦って感じの、

なかなか面白いメンツですな。

ダノンヨーヨーとか、オセアニアボスとか、

人気薄の方でも買いたい気持ちになってしまう馬がいるのだが、

ココはグッと手綱を抑えて、

展開を気にしてみますわ。

前でグイグイ引っ張って行く馬がいなそうな感じなので、

ソコソコ前行って、シブトイって軍団から選んでおきますわ。

となると、

ガルボ、リルダヴァル、エーシンミズーリ、サンレイレーザー、

ブレイズアトレイル、リアルインパクト、ブリッツェン。

この辺りになるが、

東京巧者っぷりや、重賞成績、調子などでさらに絞ると、

ガルボ、リルダヴァル、エーシンミズーリ、サンレイレーザー。

この辺りになるかな?

んでもって、さらに絞り込みをすると、

1枠のブリッツェンが、

今回は前に行く可能性が高いと見ているので、(おそらくは・・・)

その仮定で持って、展開をイメージすると、

なんか、ココはガルボの出番っぽい感じはする。

たぶん、コスモセンサーとか、シルポートの影響受けまくりの予想なんですな。

なんとなく、わかりやすい逃げ馬が1頭っていう展開は、

ガルボはよく走るイメージがありますわ。

ガルボは最近は中団に付けることも多く、

逃げ馬をマークしつつの~直線で抜き去るって感じでは無くなってきているが、

流れに乗りながら、前には行きたいって中での、

たまたまの通過順位ではある気はしているので、

あまり気にはしないでおく。

この枠なら、多少おっつけて、少し積極的に行くかな?

ということで、東京巧者とイメージ先行で、

ガルボ軸からの、

リルダヴァル、エーシンミズーリ、サンレイレーザー、

この3頭を相手に取って、

ヒモにダノンシャーク、ダノンヨーヨー、カシノピカチュウ、

マックスドリーム、リアルインパクト、オセアニアボス。

この辺りまでにしておきますかね。

人気側の3歳馬も怖いんですけどね~。


あとは、ダノンヨーヨーから、懲りずにちょび買いしておきますわ(^^;)


うーん、ちょっと攻めすぎかな~。

菊花賞に向けて口座が増える確率、20%!(笑)


今週のWIN5 in 秋華賞 ウィーク 
 
秋華賞のWIN5行きましょうか~。

GⅠの週に、キャリーオーバーですかー、売れそうですなぁ~。

調べてはないが、キャリオーバーの次の週って、

割りと配当が落ち着きやすいイメージがあるんですけどね、

実際どうなんでしょうね?

いつも、あれっ? こんなもん?って印象がありますわ。

みんなそれだけ当てに来てるってことなのかもしれないですな。

さぁ~やるぞ~。


※この企画は基本、全頭買いするレースをひとつ決めて、
  WIN4にしちゃうぜ!って企画です。
  今週は普通に散らして買おうと思います。



1R目 鳴滝特別

◎ラキシス
○リメインサイレント

◎、○の2点
 ◎…あまりコメントはしにくいんですが、前走は強かったですね。
    騎手も川田騎手なので、人気も頷けますね。
 ○…ローズSは、前は厳しかったハズなので、この馬に好走してもらえると、
    ちょっと秋華賞が楽しみになりますな。



2R目 神奈川新聞杯

◎ジョングルール
○スピルバーグ

◎、○の2点
 ◎…東京で、距離延長は良さそうですよね、現級勝ちもありますし。
 ○…潜在能力では1番上っぽい感じもしますが、
    休み明けのゆったり2戦目ですからね、とりあえず2番手評価で。



3R目 壬生特別

◎シゲルアセロラ
○トーホウアマポーラ

◎、○の2点
 ◎…斤量はキツ目ですが、直線平坦の方が走りそうな気はしますし、
    能力は斤量込みで上なんじゃないかと思います。
 ○…人気ほど信頼おけない気もしないでもないですが、
    立ち回りと、騎手でなんとかやってくれそうな感もあります。



4R目 アイルランドT

◎サトノギャラント

◎の1点
 ◎…他にも買うべきっぽい馬はいるんですが、
    東京ってことで、ココは期待して、絞ります。
    日曜の藤澤軍団は、オール1番人気か~、さすがですな。
    人気の勢いに押されてみることにします。



5R目 秋華賞

◎エバーブロッサム
○ノボリディアーナ
▲セキショウ
☆ティアーモ
△他(笑)


◎、○の2点
 ◎…牝馬はわからないことが多いですが、
    前走は、度外視しても良さそうな気はします。
    それ以外のレースでは上位の力を見せていますし、
    ここでも、展開次第では人気馬を抑え込むことも可能かと思います。
 ○・・・あの流れで、ローズSは8着。ウリウリにも先着しているように、
    この馬の流れに持ち込めば、粘り切る可能性もあると期待。


以上で、今回のWIN5は16点。

点数増やして色々狙っても良かったんですが、

全体的に、そんなにアチコチと手を出せる感じでもない状況で、

ちょっと少なめの点数に(^^;)

あら~、やっぱり配当落ち着きやすいのかな?って感じですが、

なんにしても当たってくれれば嬉しいもんです。

サッと当たれ!



スッと!でも良い!






秋華賞の予想 
 
秋華賞の予想行きましょうかー。

前日のオッズを見た感じ、

上位3頭と、それ以外で、ちょっと開きがあるとは言え、

全体を見るに、秋の伏兵大感謝祭の様相ではありますなー。

私なんかは、このオッズよりもさらに混戦っぽいな~なんて思ってしまっているんで、

やっぱりちょっと薄いところから入りたい感じはありますな。

で、どの要素から入ろうかってところなのだが、

前に行く軍団に狙いを絞ってみることにする。

特にローズSは、重馬場だったとは言え、ハイペースの流れから、

先行馬がバタバタって展開だったので、

ローズSは、秋華賞との関連性は高いというところと、

今年の牝馬路線は、混戦模様というところも考えて、

ローズS組は着順関係なく、前行ける馬に期待したい。

京都の内回りは、ちょいトリッキーって要素もありますしね~。


で、前行く馬の中で面白いってなると、

ノボリディアーナ、セキショウ、ティアーモ。

ノボリディアーナは、ハイペースの中8着は頑張った印象があるし、

セキショウの前走にしても、自ら厳しい流れで勝負しに行って、

キッチリ逃げ切って、

ティアーモも、オークス6着。

距離短縮の前走1000万下が結構立派なもんだったということで、

この3頭とも、どれも狙う価値を感じているのだが、


この中で少し差別化をすると、

ノボリディアーナは、本番につながりやすいローズS組、

白百合Sで、牡馬、そしてローズS3着のウリウリに先着しているというところで、

ちょっと魅力的に映る部分は多い気がしますな。


ってことで、まずはノボリディアーナを軸の1頭目、

んでもって、先行馬の類ではないが、

エバーブロッサムを買いたい気持ちは強い。

前走は道悪が影響してか、大敗してしまったが、

重賞3連続2着で、内容はどれも勝ち馬に引けを取らないものであった気はする。

デニムアンドルビーよりも、ちょいロングスパート型というか、

早めスパート型というか、

道中で、少しポジションを押し上げながら、直線で軽くスイッチ入れる形は、

秋華賞のイメージっぽいところはある。

スイッチの入れ方間違って、4角で膨れるようだとちょっと違うのだが。。。

まぁ、なんていうか、

ジェンティルドンナに対する、ヴィルシーナとか、

ブエナビスタに対する、レッドディザイアとか、

各々の脚質はちょっと違うが、

ちょっと足りない力の差を、位置取りで制する感じですかね。

で、フローラS、オークスから見る、デニムアンドルビーとの位置取りと結果の関係を考えて、

まず、その2頭の比較ということになれば、

買いたいのは、今回エバーブロッサムって感じですわ。


ってところで、

エバーブロッサムと、ノボリディアーナの2頭中心で、

色々買い方を考えていたのだが、

ちょっと伏兵くさいのが多すぎて、

マルチっぽく買うと、とんでもない点数に膨れ上がりそうな気配・・・(^^;)

ってことで、

ここは思い切り、エバーブロッサム、ノボリディアーナの2頭の頭固定で、

ティアーモ、セキショウ、デニムアンドルビーが2着、3着。

3着に、スマートレイアー、ウリウリ、サクラプレジール、

リボントリコロール、メイショウマンボ、ローブティサージュ。

かなり攻撃的な買い目ですが・・・、コレで攻めることにしてみます(笑)


あとは、余裕があれば、デニムアンドルビーからちょびっと買っておきますかね。

WIN5は、どう買いますかな~!

キャリーオーバーだと力入っちゃうけど、手綱を押さえて、

いつも通り買いましょうかね。


今年の牝馬路線、なんとか引っ掛けたりたいですわ~!






秋華賞の予習 
 
秋華賞の予習をしておきましょうかね。

阪神JFを含む、今年の牝馬クラシック戦線は、混戦模様って感じですな。

前日段階で、

重賞初出走のスマートレイアーが単勝1番人気になっている状況などを考えても、

去年の、ジェンティルドンナ対ヴィルシーナの秋華賞とは、一線を画す状況ではありますなー。

こんな年だからこそ、できるだけ人気の薄いところから引っ掛けたい。

って感じの、今年の秋華賞ですわ。


個人的に、今年の一番のポイントにしておきたい部分は、

ローズS組。

の、前に行って、直線バテちゃった軍団の巻き返し。

ローズSは、雨の重馬場の中にもかかわらず、

デニムアンドルビーが後ろからまとめて追い込み決めたってレースで、

勝ち馬の強さが際立ったレースでもあったが、

前半の1000mが、重馬場で、58.2秒というハイペース。

これは、デニムアンドルビーを賞賛するよりも前に、

前行った軍団にとって、

過酷な展開になってしまったんではないかと推測するのが先かもしれない。

馬場を考慮してか、先行各馬の行き脚が、多少早まったのかもしれない。

今回、馬場状態がどうなるかってはわからないが、

どちらにしても、ローズSでの先行組は、

意識としては、もう少し楽なペースで進みたいはず。

そして、おそらくは、そうなるとは思う。

デニムアンドルビーに関してネガティブなことはあまり言うつもりは無いが、

もしここで、信頼して買うのであれば、

個人としては、距離、そして直線の長いオークスで、

勝つか、最低でも、強い2着ってぐらいのインパクトが欲しかったし、

もしくはローズSで圧勝みたいなパフォーマンスは欲しかった。

デビュー以来、馬券内を外していないし、

間違いなく上位の能力を持っていることは、完全に認めているのだが、

重賞上位馬が安定しない、今年の混戦模様と、

ローズSのレース展開から考えると、

1番人気になりそうなデニムアンドルビーから、買うよりも、

ちょっと人気の落ちる、前目の軍団から狙ってみるのが、良いんじゃないかっていう、

今のところは、そういうスタンスですわ。

おそらく、エバーブロッサム、ノボリディアーナ、

セキショウ、ティアーモ、サクラプレジール。

この辺りと、

外し技で、セキショウを逃がしてしまった以外は評価してよさそうなリボントリコロール、

そして、位置取りの分、キレ負けしたウリウリ。

この辺りから、考えることにしましょうかね。


エバーブロッサムの人気の落とし方は、狙いたくなるなぁ~。



京都大賞典と、毎日王冠の予想 
 
最近は前日に時間が取れずに、当日予想になってしまうことが多いですわー。

まぁ直前の方が、記事としては精度上がるはずなので、

その辺はポジティブに考えましょうかね。

さて、京都大賞典、毎日王冠ということで、

古馬たちの戦いも秋っぽくなってきましたな~。


ってことで、まずは京都大賞典。

ゴールドシップがいますな。

個人的に馬券は、穴っぽいところから入るのが好きで、

特にココまで人気被るような人気馬は、2着づけとかにして、

少し上めの配当を現実的なレベルで捻って買うってパターンが多いのだが、

ゴールドシップの強さ、安定感を考えると、

2着づけという買い方に辿り着くのにも、ちょっとした度胸がいる感じですわ。

叩き、前哨戦っぽいところでポロっと落とすような馬でもないし、

馬券にならなかったレースは、ダービーと、天皇賞というビッグレースで、

この2戦が多頭数だったってところも、ひとつのポイントだと思ったりする。

ゴールドシップの持ち味とも言える、3~4角でマクって、直線差す競馬は、

前との距離が離れすぎることも、

コーナーも膨れすぎるってことも少ない少頭数での競馬の方が、

安定感は増すと考える。

もちろんダービーあたりでは、マクるってイメージも付いてなかったし、

前走の宝塚記念は、先行競馬で力でねじ伏せる競馬を見せたので、

マクリ競馬のことだけをクローズアップはしなくても良いのだが、

たぶん、敗因の大きなところとしては、その部分はあると思うし、

やっぱりまともに実力を出せば、

前走みたいな圧倒的な勝ち方をしてしまうってことで、

前哨戦は安定、少頭数は安定。

宝塚記念を見る限り、能力は抜けている。

ってあたりのところを信頼して、ゴールドシップ頭固定で行きましょうかね。

で、あとは馬券のドコで遊ぶかってところになるが、

人気、実績ともに、絶対的な2番手っぽいトーセンラー。

これを2、3着固定みたな馬券が良いのかもしれない。

結局は1、2番人気のワイドっぽい買い方になってしまうのだが、

ゴールドシップが1、2着って買い方よりは安全運転な気はする。

ってことで、ゴールドシップ頭固定で、

トーセンラー2、3着固定の、デスペラード、アドマイヤラクティ、ヴィルシーナ。


で、ゴールドシップが勝った阪神大賞典のイメージを持つと、

デスペラードの人気は美味しく思えてしまうので、

デスペラード2、3着固定も買っておきましょうってことにしますわ。

そして、どちらのパターンも、オールザットジャズの3着付け。

これを入れて、重複目はそのまま2口買うって感じで、14点かな?

この組み合わせでいきましょう。


毎日王冠は本当に難しいですな~。

ショウナンマイティは安田記念で追い込み届かず2着ってことで、

こうなると200mぐらいの距離延長はベストかもしれず、

久々に勝つなら、ココなのかなって感じもするし、

3歳馬コディーノは、キズナ、エピファネイアと並ぶ、もと3強で、

キズナが凱旋門賞に出走、エピファネイアが神戸新聞杯圧勝って流れを考えると、

ココで意地を見せてもらいたいってのもあるし、

なんか、良いメンバーが揃ってて、

どれ選んでも楽しめそうな気がしますわ~。

で、色々考えたが、

ダークシャドウ、ジャスタウェイの2頭から攻めることに(笑)

前フリ関係なし!みたいな?

いや~本当に迷ったんですけどね、

好きな馬、毎日王冠っぽい馬、そしてオッズって部分を考えて、

このあたりに落ち着きました(^^;)

これは当たらなくても悔いなし!

ショウナンマイティは強いと思うし、

他も伏兵馬としては十分すぎるくらい良い馬揃っているので。


買い方としては、ダークシャドウ、ジャスタウェイを1、2着で固定しての、

ショウナンマイティが2着まで来るパターンで、

3着に、タッチミーノット、エイシンフラッシュ、クラレント、

ミッキードリーム、コディーノ、レッドスパーダ。

攻めた分広めにしておきますわ。


WIN5はちょっとだけ買っておきまっせ~!

堅いかな~。

ゴールドシップいる時は、結構WIN5荒れるイメージは強いんですけどね。

さてさて、どうなりますかねー。


両方当たれ!


――― 追記 ―――――――――――――――――――――――――――

WIN5じゃ~!

トミケンアルドール、ヴァンヌーヴォー、
タマブラックホール、ビンテージチャート、
インプレスウィナー、クィーンズバーン、
ゴールドシップ、
ダークシャドウ、ジャスタウェイ、

計16点!

秋で1発当てたいですな~!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。