スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年の競馬が終了 
 
東京大賞典も終わり、

これにて、2013年の競馬が終わりました。

今年の競馬を少し振り返りながら、

2013年の最後の記事をに書いていこうかと思います。


今年の競馬を振り返ってみると、

内容が濃いと言うか、例年よりも印象に残るシーズンでした。

その「濃さ」の要因として、

オルフェーヴルの凱旋門賞2度目の挑戦 → 有馬記念圧勝 → 引退。

ロードカナロアのスプリンターズS連覇 → 香港スプリント圧勝で連覇 → 引退。

この2つは大きかったですよね~。

オルフェーヴルと言ったら、震災の年に、

それも、それまで結果が出ていない状況から、突然、火が付いたように活躍し始めて、

そこからは無傷で3冠達成、有馬記念も制覇。

まさに復興のシンボルと行っても良いような、凄い活躍でしたし、

その後も、伝説の阪神大賞典、2度の凱旋門賞、

そして引退レースの今年の有馬記念の8馬身差の圧勝劇など、

日本、そして世界の競馬界に本当に強い衝撃を残してくれましたよね~。

阪神大賞典なんて、

普通、負けて伝説のレースになるなんて無いですからね(笑)

オルフェーヴルの気性の悪さと強さが、

噛み合って?(笑)伝説になってしまったレースと言えますね。

こんな馬はもう出ないというくらい、強烈なインパクトを持った馬でしたし、

本当に楽しませてもらった馬でした。


ロードカナロアは、スプリンターズS、香港スプリントの連覇も凄すぎるんですが、

高松宮記念も勝って、春秋スプリント制覇もやっちゃってますし、

ついでにマイルの安田記念に挑戦して、ココも勝ってしまってますからね。

本当に凄い馬ですわ。

オルフェーヴルと比べると、

キャラクター的な面で、少しは地味に映ってしまうのはしょうがないんですが、

実績を考えたら、オルフェーヴルと同等かそれ以上のモノですよね。

オルフェーヴルと同様、

こんな馬も、そんなにスグは出てこないだろう・・・と思える1頭でした。


今後10~20年のスパンで見ても、

近代日本競馬を代表する馬として輝き続けるだろう、この2頭の馬の引退。

今年の中央競馬が終わったときの、

ひとつの時代が終わったという感覚は、例年感じるモノでは無かったですね。


で、こんなスーパーホースの引退がある一方で、

武豊騎手の復活の1年であったり、

弟の武幸四郎騎手のメイショウマンボでのGⅠの舞台での活躍だったりと、

武兄弟の活躍ぶりが目立つシーズンでもありましたね~。

武豊騎手がキズナで、久々の勝利を飾ったダービー。

武幸四郎騎手のメイショウマンボがオークスで勝った時の、

メイショウのオーナーと、武幸四郎騎手の男泣き。

良いシーン見れましたわ。


2013年は、これらだけに限らず、色んな名シーンが見られて、

例年以上に競馬が面白かった年だったと思います。


個人的に、細かいシーン挙げても、

エピファネイアが最後の1冠を圧勝で持っていったところとか、

トーセンジョーダンが、ジャパンカップで、意地の一発見せてくれたシーンとか、

もっと細かいところ突っつくと、

ハクサンムーンのテンの速さだったり、

良いシーンたくさんありますわ~。

私なんて、ハクサンムーンの最初の100mのダッシュ見てるだけで、

ごはん3杯くらい行けますもん。

なんか、ちょっとニヤついてしまう感じ?


まぁそんなこんなで、

充実した2013年の競馬も終了です。


来年は、馬も、番組も色々と変わってくる新しい時代に突入ということで、

今年のような盛り上がりを超えろというのは、簡単なことではないとは思いますが、

来年は来年として、また、一味違う競馬を楽しみたいですな。

そのためには、馬券を当てるってことも重要になってきますけど、

その辺もうまいこと頑張りながら、

競馬を楽しく続けられればと思っております。


オルフェーヴル、ロードカナロアが引退した中、

同じようなスーパーホースが、

ひょっとしたら、もうデビューをしているのかもしれないし、

これからデビューを迎えているかもしれないですからね。

そんな馬たちが開花して、いつの日かスターダムに駆け上がるのを、

楽しみに待ちましょう。


最後に、今年もお世話になった皆様に感謝を申し上げます。

今年もこんな、歩様が乱れてる感じの適当ブログにお付き合いしていただきまして、

本当にありがとうございました。

おかげで、楽しく競馬ができました。

当ブログ、そんなに訪問者の方が多いブログでは無いですが、

それでも、皆様に構ってもらえているから、続けられてる部分ってあります。

また来年もお付き合いしていただければ、嬉しいです。

それでは年末年始、お体に気をつけて、

良いお年をお迎えください。

来年も、皆さんと一緒に楽しい競馬ができますように。





来年は午年!

テンション上がって放馬しちゃうゥ~!!



スポンサーサイト
東京大賞典の予想 
 
さて、東京大賞典の予想でもいきましょうかね~。

今年も中央所属馬の闘いでしょうかね。

地方所属馬は、フリオーソぐらいのレベルの馬で、

う~ん・・・馬券に入れるかどうかって悩むレベルなんで、

今年のメンツを見る限りは、

ちょっと太刀打ちできる気はしませんな。

ってことで、中央馬4頭で悩む、今年の東京大賞典。

通常の競馬であれば、4頭に絞るだけで、配当としては十分勝負になるのだが、

このレースだけは、そう行きませんな。

とは言っても、3連単を4点くらいであれば、OKラインかな?


だがしか~し、

中央競馬で、良い感じにフィニッシュしておいて、

この最後の局面で、そっと置きに行くような競馬は、

ちょっと体裁が悪いというか、

ココは、当たっても外れても、絞りに絞った馬券で攻め切った方が、

来年にも良い繋がり方をする気がしないでもないので、

今年に関しては、ググッと、できるだけ絞って行きますわ。


まず、勝ち馬は絞ります。

今年は、ニホンピロアワーズにしておく。

JCDは5着だったが、休み明けで力を全て発揮できたとは言い難く、

叩き良化型の当馬としては、今回の方が上向いているはずと期待したい。

一昨年のJCDの鮮やかな勝ち方が印象強いが、一連の成績を見る分には、

距離が伸びて悪いことにはならなそうな感じだ。

で、今回、ニホンピロアワーズを本命にする理由として、

サトノプリンシパルの出走がある。

この馬がいないと、

ニホンピロアワーズがハナを切って行かなければならない展開も考えられるため、

この逃げ馬がいるのは心強い。

サトノプリンシパルがいるからと行って、

ニホンピロアワーズのマークが薄くなるとは思わないが、

レースの流れとしては、前に1頭いてくれた方が助かる感じはしますな。

大井の直線は長く、このレースでも差しが届くような場面も見られていて、

全体的には差し(好位差し)が強いのだが、

早めに抜け出して、直線ではソコソコ後続を離してしまってるような展開だと、

大井は割りとそのまま押し切れる気もしないでもないので、

軽く無茶逃げを打つ、サトノプリンシパルを早めに捉えての、

直線早めのエンジン点火で抜け出し、

そのまま押し切りって絵を期待したい。

2着には自在性、そして、帝王賞勝ちと実績のあるホッコータルマエ。

3着には、7歳という馬齢は気にはなるものの、

ココでの適性は高いはずのワンダーアキュート。

そして、同じく3着の席に、

昨年の勝ち馬ローマンレジェンドっていう配列で、

3連単2点だけ買って、今年を締めくくろうと思います。


まぁサトノプリンシパルが力不足で逃げれなかったり、

ニホンピロアワーズが、イメージ通りの競馬ができないパターンも十分なほどにあるので、

まぁ、半分無茶振りかもしれない、理想馬券ですな。

なんせ人気馬2頭強いし(^^;)

ってところで、

今回は、今年のJCDでついた結構な差を、距離が延びた2戦目、

そしてロスの少ない競馬って部分でもって、どのくらいまで縮めるかってのを、

個人的には楽しむレースにします。


もう今年も終わりか~。

早いもんですなぁ。


オルフェーヴルの有馬記念と、激動の最終週を振り返る 
 
いや~年末、

何かと忙しくてブログ更新ができませんでしたわ。

オルフェーヴルが、素晴らしい引退レースを見せたっていうのに。

って流れから、今年の有馬記念を、さらっと振り返ってみますかね。

今年の有馬記念・・・、まぁ振り返るも何も、

オルフェーヴル強かった!

って言うだけで、十分な有馬記念ではありましたね~。

4角での圧倒的な手応え、そして8馬身差。

国内最高峰のレースで、

最後の直線が、新馬戦みたいなカメラワークになるレースをやってしまいましたわ。

鳥肌モンの、良いもの見せてもらいました。

シンボリクリスエスも有馬で大差勝ちがありましたけど、

どっちにしても有馬記念で、あんな着差が見れるのはしばらく無さそうですな。

オルフェーヴルには、それ以外にも、

ダービー、宝塚記念、2着に負けた(?)阪神大賞典、そして凱旋門賞など、

国内外で、印象に残る競馬を見せてくれて、

本当にお疲れ様、そしてありがとうって気持ちが強いんですけどね、

有馬記念を見た後だと、

あの強さで引退か・・・ってのが正直な感想でもありますな~(^^;)

ダビスタだったら、あと2年で10億くらい稼いでもらおうと思ってしまいますわ。

あら? BC登録のタイミング間違えた? みたいな。

マニアックですいませんが・・・。


まぁそれぐらい、さすがのパフォーマンスでしたわ。

常に予想ではなく、想像を超えてくる馬、オルフェーヴル。

引退は悲しいものがあるけど、産駒たちに期待ですな。

規格外の競馬、またコレから見れると思うと楽しみですわ。

オルフェーヴル、お疲れ様でした。楽しかったです。


で、馬券の方は有馬記念、そして、翌日の阪神Cと、

キッチリやられてしまった最終週ではあったんですけどね、

なぜか3日間オールプラスで乗り切るっていう、謎の大技を繰り出して、

今年の競馬は終わりました(笑)

まず、3日間の初日、

この日は昼から軽く用事で、メインをリアルタイムで見れるかどうかって感じだったんですが、

急いで出先から舞い戻ると、ラジオNIKKEI杯にはギリギリ間に合う展開に。

2013 1221 ラジオNIKKEI杯 馬券 3連単1
2013 1221 ラジオNIKKEI杯 馬券 3連単2

2013 1221 ラジオNIKKEI杯 馬券 ワイド


うまいことラジニケ馬券をゲッツして、

ん~と、合計どのくらいなのかな?

って感じで確認の更新ボタン押したら、


2013 1221購入限度額


あら? なんか多い?

予想よりも、なんか2倍近く多いぞと思ってたら、

2013 1221 六甲アイランドS 馬券3連単1
2013 1221 六甲アイランドS 馬券3連単2

なんと、その前の準メイン、六甲アイランドSが引っ掛かってましたわ(笑)

外出先での車の中で、待機中に馬券買ってたんですどね。

軸の2頭が1、3着と力走してくれて、

帰りの運転中に、PAT口座に振り込まれてたってパターンのやつ頂きましたわ。

で、来たる有馬記念に向けて、これは気合が入る展開だ~!

って感じだったんですけどね、

有馬記念デイは、特別戦から買ったんですが、

これが、ことごとくハズレ・・・。

結構、慎重に馬券選んだつもりだったんですけどね~。

今日は昨日のようにイカンか~。

と、ちょっとトーンダウン気味で、有馬記念に挑むことに。

で、そんな有馬記念も、やはり外れてしまうんですけどね、

そんな中、別枠で買っておいた、

ウインバリアシオンが、オルフェーヴルを送り出すパターンの馬券。

2013 122 有馬記念 3連単 

これが引っ掛かってくれて、なんとか一矢報いる格好に。

で、驚く展開になったのはこの後の部分で、

この直後ぐらいに、友人と早めの時間帯からの忘年会に出かけてしまったんですけどね、

その日の両最終のノエル賞、ギャラクシーSの馬券だけ、出かける直前で簡単に買っていて、

だいぶ飲んで、夜中に帰ってきた後、

ちょい頭がボーっとする中、レースリプレイ見てたら、

一気に目が覚めましたわ。

なんと、両最終ともに、本命対抗のワンツーフィニッシュで、

最後の最後に、この日の逆転勝利。
(すぐに忘年会だったので、その時の購入馬券画像はありませんが)

こんな日は大概、最後までやられ通しってパターンなんですけどね。

いや~、なんか持ってましたわ、この週は(^^;)

極めつけは、最終日。

阪神カップが、恐ろしいぐらいにカスリもしない外れ方したもんで、

あれ? こんな感じで今年の競馬終わり?って感じがしてた中、

ラスチャンで、軽く気合入れた2013ファイナルS。

まず、本命のネオザウイナーと、対抗フミノファルコンから、

サウスビクトル、タガノジンガロに流して~の馬券。

2013 1223 2013ファイナルS 3連単1

これがうまいこと的中。

で、ソコでもちょっと奇跡的なラッキーが。

今年の最後の馬券ってので、

絞ったところに厚みを加えてやりたかったんですわ。

で、3連単で、本命ネオザウイナーから、

上の3頭に流した馬券を、ちょっと足しておこうって思って、

いつものようにフォーメーションで買ったんですが、

買った直後に、「3連複」をフォーメーションで買ってしまったことに気付いてしまう。

なんか点数少ないな?と、すぐ気づいたんですけどね。

フォーメーションで買ってる最中は、たまに気づかずに行ってしまいますわ。

2013 1223 2013ファイナルS 3連複

残高に残ってた2400円を均等に3点。

まさに嬉しい誤算ですわ。

この直後、こんな買い間違いもどきみたいな形で終われるかい!

って感じで、気持ちがスッキリしないことを理由に、

1800円だけ、もう一度口座に入金して、

3連単を買い直し。

2013 1223 2013ファイナルS 3連単2


普通こういうパターンって、負債増やして終わりのパターンなんですが、

うーん、

この週は、色々おかしい感じでしたわ。

ファイナルSを終えて、

残高が、ちょうど2日前に見たような絵になって終了。


もう、なんでしょうね。

馬券を本格的に買い始めるようになって、今年で5年目ですが、

1年の締めくくりをこういう形で迎えたの初ですよ(^^;)

基本、有馬で外した分を、最終で大振りに持って行って外すってパターンですからね(笑)

個人的に、予想や、購入馬券の質というものは、

少しづつ向上している実感は、あるにはあるんですが、

とは言っても、すごいツキに恵まれた感じでした。

う~ん、来年の競馬もこんな感じで終わりたい(笑)


と、こんな流れで、激動?の最終週を終え、

私の2013年の競馬はおしまいです。

まだ東京大賞典ありますけどね。


こんな運の良いことがポンポンと簡単に続かないとは思いますが、

予想の方はしっかりして、最後のダートGⅠを楽しみたいですね。


東京大賞典、今年も堅そうだなぁ。

3連系で、1点狙いに行くみたいなレースになってしまうかな?

昨年ローマンレジェンドが勝ってるだけに、難しい。

じっくり考えましょうかね。


チキチキ予想企画からのオフ会パート2は、来年に持ち越し。

来年こそは当てたいなぁー。






今週のWIN5 in 阪神カップ デイ 
 
いよいよ2013年、ラスト開催、

ラストWIN5デイです。

今回はちょい気合入れて、1万勝負しますよ~!

まぁそんなにピッチリ合わせられないと思うんで、約100点ってところですが。

今年は買えなかった週がいくつかありましたんでね~、

帳尻合わせ半分、ラスト開催でお祭りWIN5で行こうと思います。

もう、WIN5を1万勝負ってのは怖くてたまらないんですが、

土曜日で浮いた分もあるので、目を瞑って投入です(笑)

お祭りと言いながら、いきなり1発目で終わってしまうのがWIN5ですからね。

なるべく長めのお祭りを希望です。



※この企画は基本、全頭買いするレースをひとつ決めて、
  WIN4にしちゃうぜ!って企画です。
  今週は普通に散らして買おうと思います。



1R目 リボン賞

◎リメインサイレント
○カレンケカリーナ
▲アルアマーナ
△ディオジェーヌ
△ダイワデッセー
△アサクサティアラ
△ニシノテキーラ

◎、○の2点



2R目 フェアウェルS


◎コパノリッキー
○ジェベルムーサ
▲ワイルドフラッパー
△ナムラタイタン
△ボレアス
△ロイヤルクレスト
△クリールパッション
△サイレントメロディ
☆オーブルチェフ

◎、○、▲、☆の4点



3R目 阪神カップ

◎コパノリチャード
○サンカルロ
▲ダイワマッジョーレ
△テイエムオオタカ
△サダムパテック
△マジンプロスパー
△ガルボ

◎、○、▲の3点



4R目 ハッピーエンドカップ

◎スマートオリオン
○ベストブルーム
▲ルナフォンターナ
△エターナルムーン
△ツクバリンカーン
☆アポロオラクル

◎、○の2点



5R目 2013ファイナルS

◎ネオザウイナー
○フミノファルコン
▲サウスビクトル
△レギス
△キクノフレヴァン

◎、○の2点



以上で、今回のWIN5は96点。

点数の分もあって、今回は印だけにしました。


ちょっとバランス良くしすぎたせいか、

多くて4点、少なくて2点なので、

普段とそこまで変わらない感じになってしまいましたわ(^^;)

いや~でも、1点勝負は怖いですよ!

そこを勢いよく行けないのが、勝負師じゃないところなんですな(笑)

ハッピーエンドカップも、1点に絞れば、

他の目が増えるって言うのに、なかなかそれが出来ないですわ。

まぁ逆に助かるパターンも無いではないですからね?

期待して、そして、あまり期待しすぎず、

応援したいと思います。


最後のWIN5、GOじゃ~!

外れても、良い日で終わりますように。


阪神カップの予想 
 
オルフェーヴル、昨日は素晴らしいラストランを魅せてくれましたね。

もう、背中がゾワゾワっと・・・本当に鳥肌が立ちましたよ。

こんなに、見るものに興奮を与えてくれるような馬は、そう簡単に出てこないだろうなぁ。

オルフェーヴル、お疲れ様でした。


とりあえず、振り返るのはまた今度にして、

阪神カップの予想いきましょうかね。

今年ラスト開催ですからね。

昨日は、有馬記念の直後に親しい友人とサシで忘年会して、

だいぶ酔いまくって帰宅して、3時間くらいソファで、朽ち果ててましたわ。

予想もできずに、今日はどうなるかと思いきや、

意外と早く起きれました(笑)

しかも目覚ましナシで。


こりゃ~今日は競馬で当てないといけない流れか?

競馬の神様が、叩き起こしてくれたのかな?

ってことで、当日予想で、今年最後の中央競馬、頑張ります。


阪神カップは、コパノリチャードから行ってみる。

スワンSも、マイルCSも、割りと緩い流れで、

この馬向きの流れになったという見方もできるが、

マイルCSは、そんな流れの中でも、前行った組では唯一粘っていたし、

個人的にも、1600mよりは、1400mの方が、

現状では向いているとは思っているので、

ココは年末にもう1発ってのを期待してみる。

先行馬も少なくはないが、

コパノリチャードに積極的に競りかけようって馬は、

基本的には、いないように思われる。

もういっちょ、良い感じのペースに持ち込んで、

うまいこと粘らんかと、期待したい。

今年はこの馬、結構買い続けてきたんで、

最後買わないで、やられるって絵は、とりあえず回避しておく。


まず、コパノリチャードが頑張る馬券として、

コパノリチャード頭の、

相手に、ダイワマッジョーレ、マジンプロスパー、

そして、追い切りで調子が良さげなテイエムオオタカ。

あとは念のため、乗り替わりガルボ。

この辺を持ってきておく。


ヒモには、サンカルロ、サダムパテック、ラトルスネーク、クラレント、

エピセアローム、

今年ラスト重賞の特別枠で、

プリンセスメモリー、ザッハトルテの2頭も拾っておく。


これが、とりあえずひとつ。


で、やはり阪神カップということで、

流れが速くなる可能性は高い。

なんとか、うまいこと頑張って欲しいが、

コパノリチャードは、速い流れに耐えうるかどうかってところは、

まだ見せてはいない。

ココ2走でスイッチ入ったって可能性もあるが、まだ未知の領域。

やはり、最後の馬券は獲りに行きたいので、

差し追い込み軍団からの馬券も持っておきたい。

で、どこから入ろうかってところだが、

それまでがパリッとしなくても、毎年ココだけは獲っちゃうサンカルロ。

ここから入ってみる。

んでもって、

ダイワマッジョーレ、サダムパテックを相手にしての、

3連単マルチで、

コパノリチャード、テイエムオオタカ、ガルボ、

マジンプロスパー、ラトルスネーク、エピセアローム。

この組み合わせで行ってみることにする。


ざっと、合わせて1万ちょい超え勝負になるかな?

最後の重賞としては、このぐらい買っても良いですな。



今年ラストの重賞、楽しみまっせ!

WIN5は書く時間あるかなぁ。




今週のWIN5 in 有馬記念 デイ 
 
ついに、有馬記念の週に突入ですな~。

当たりを引かぬまま・・・。

まぁ今年は、WIN5買えなかった週があるんで、

当たる確率も多少は下がってはしまってはいるんですが、

それでも、1、2度は引っ掛けたかったな~ってのが本音ですわ。

一応WIN5は、個人的に年間で予算組んでるところがあるので、

どっかで、買えてない分をまとめて買ったり、

点数に偏りがあっても良いかなー?なんても思ってたりしてたんですが、

いつの間にやら最終週を迎えてしまいましたわ(笑

で、有馬記念の日にそういうことをしても良いような気はするんですが、

なんとなく、有馬記念の当日よりも、

最終日の明日の方がなんとなく、シックリくる気もするんで、

多めに買うとしたら明日にしておこうと思います。

まぁ、当日にならないとわからないですが。


今日は、有馬記念に集中!

ってことで、普通に買います。



※この企画は基本、全頭買いするレースをひとつ決めて、
  WIN4にしちゃうぜ!って企画です。
  今週は普通に散らして買おうと思います。



1R目 グッドラックハンデ

◎リボントリコロール
○アイスフォーリス
▲タガノレイヨネ
△ロードランパート
△アドマイヤパーシア
△マイネルリヒト
☆カーマイン
×ゴールドメイン

◎、○、▲の3点
 ◎…秋華賞での末脚は凄かったですね。
    中山でその脚が使えてるも良いですし、
    チチカス産駒は現在のところ、中山、そして中・長距離は○です。
 ○…距離延びた方が、チャンスは多い気はします。  
 ▲…昨年の3着がありますな。
    このメンバーで、今の中山コースって考えると、前で粘る方が、
    負けにくいと思います。
    勝ちやすいかは、何とも言えませんが。



2R目 樅の木賞

◎ペアン
○スマートダイバー
▲メイショウシンシア
△ファイヤーロック
☆セレッソレアル

◎の1点
 ◎…前走は相手が悪すぎましたかね。
    今回は、直線も気持ちよく逃げてゴール板通過して欲しいですね。
   


3R目 師走S

◎トミケンアルドール
○ドラゴンフォルテ
▲ハコダテナイト
△ストーミングスター
△クラブトゥギャザー
☆ドゥーアップ

◎、○の2点
 ◎…中山適性はドラゴンフォルテに譲りますが、
    枠と脚質、調子の面で、今回は上に見たいですね。
 ○…近走の成績見ると、不安な面もありますが、
    中山での実績では抜けてますね。地力期待で。



4R目 江坂特別

◎タイキプレミアム
○サカジロオー
▲アースステップ
△ジャイアントリープ
△マイネルアイザック
☆アンバサドゥール

◎、○、▲、△、☆の6点
 …ココは悩みますわ~。
  コメントも書きにくいし、多くなるので割愛します(笑
  どうせなら、アンバサドゥール頑張れ! 



5R目 有馬記念

特オルフェーヴル
◎デスペラード
○トーセンジョーダン
▲ダノンバラード
△アドマイヤラクティ
△ウインバリアシオン
△ヴェルデグリーン
△ゴールドシップ

特の1点
 特…まぁ変な印ついてますけどね、引退レースで特別応援です(笑)
    それでも、オルフェーヴルらしい走りが見られれば、
    ココでは圧倒的に強いはずですので、
    馬券としても、オルフェーヴルから買うのは正解だと思ってます。
    なので、WIN5はオルフェ一点じゃ~!
    世紀のじゃじゃ馬、頑張れ!


以上で、今回のWIN5は36点。

今回、なんだかすごく難しくないですかね?

WIN5買う時は、とりあえず気になる馬にチェックを入れて、

それから点数を確認しながら、消去法で調整して行くんですが、

今回は、400を超える点数からの消去法になって、だいぶ大変でしたわ(笑

これは、2つでも当たってくれれば御の字って感じですかね~。

と言いつつ、金出して買うわけですから、

当たって欲しいんですけどね。


今日、明日で、なんとかWIN5の今年1勝目が欲しいですわ~。

では、有馬記念、楽しみましょう!


有馬記念の予想 
 
さあ~有馬記念です。

今年最後の大一番がやってきましたよ~。

有馬良ければ全て良しなんて言葉もありますからね。

まぁ同じような文章を明日の阪神カップ、

そして東京大賞典の日に使う可能性が高いのは、あらかじめ言っておきますけどね。

とにかくも、この有馬記念が日本競馬の、

年間でいうところのメインレースってところですな。


それはそうと、本日の土曜日開催。

ラジオNIKKEIをワイド&3連単に加えて、

10Rの六甲アイランドSも本命対抗が1、3着に来てしまったりしていて、

思わぬ前夜祭になりましたわ~。

まぁ有馬記念の記事なので、

この話は、今年の競馬が終わった後の週にでもゆっくり書きますかね。

明日の「本番の方」の祭りも、この勢いで乗り切りたいんですけどね~、

考え方変えると、前日で運使っちゃった?みたいな話でもありますからね。

大概はそういうオチになりがちなんですけど、

明日はそうならないようにと、願うばかりです。

フリじゃないですよ(笑)


さて、予想の方に参りましょうかね。

今年はなんと言っても、オルフェーヴルの引退レース。

ココで勝って有終の美を飾るのか、注目されるところですな。

今回引退レースということも含め、

仕上がり具合がどうの、追い切りがどうのって話もあるみたいですけど、

それでも世界の暴れん坊、オルフェーヴルですからな。

これまで、名シーンをたくさん作ってきた、

名馬という言葉が、なぜだか似合わないスーパーホースの引退レースで、

馬券を買わずに勝たれるってオチは、あまりも強烈なショックになりそうだ。

ヒモが引っかからずに外れるってのはまだアリなんですけどね。


で、有馬記念、中山のGⅠってことを考えた時に、

捲れる能力ってのは個人的に大事な要素のひとつだとは思っていて、

そういった面で、オルフェーヴルは強さの上に捲れる強みもある、

しかしながら状態はどうなのだろうか・・・?

引退レース仕様なのか、どうなのか・・・。

って狭間で、

だいぶ揺れていたんですけどね。

この馬の最後のレースは馬券持っておきたいってのと、

個人的に宝塚記念で買えなかったリベンジの気持ちもあるんで、

最終的に、オルフェーヴル、買うことにしますわ。


で、オルフェーヴルは本命の気持ち半分、引退特別枠って部分もあるので、

予想の上での軸としては、違う馬にしておく。


今回の有馬記念、

もし波乱があるようなら、デスペラードにその主役を期待してみる。

仮に、オルフェーヴルが負けるような馬がいるとすれば、

それは、展開面でものすごい差があった時の、逆の立場にいた馬か、

もしくは、まだ見せてない部分を持っているような馬だとは思う。

デスペラードは、最近パッとしない成績ではあったが、

前走のステイヤーズSでは、直線1頭だけ違う脚で圧勝。

ステイヤーズSから有馬記念ってのは、かなり厳しい部類に入るとは承知してはいるのだが、

同じ中山で2~3度の坂越えレースを、

先行して、最後もソコソコ切れたっていう、新しい味を見せた前走は、

ひょっとしたらココでも面白いかな?と思ってしまった。

つまりは、結果も良かったが、それよりもこの方向転換。

今回は下した相手とは、だいぶ違ったメンツと走ることになるが、

相手関係なしに、ちょっと怖いんじゃないかなぁと思ってしまう。

久々の快勝で、馬にスイッチ入ったかもしれないし。

で、怖いって思わせる要素のもうひとつが、

前走、デスペラードの違う引き出しを引っ張り出した、横山典騎手。

この騎手は、こういうことやって勝つと、

ニヤリとして、なんだか色気付きそうな感じがあるし、

なにせ、長距離のレースはうまい。

なんか、スタミナにモノを言わせた先行策とかもあるんじゃないかと、

ちょっと期待してしまう。

まぁ、この馬が勝つ流れになるには、自身が先行することと、

キレ味の勝負にならないために、それなりには早い流れに持ち込むこと。

この辺も必要になってくるとは思うんで、

そう簡単には行かないでしょうけどね~。

まぁ、ココで波乱起こすには、それぐらいの材料は持ってこないと話にならんってことで、

期待しておきます。


で、相手も波乱期待で、トーセンジョーダンを指名しておく。

ジャパンカップは、よく粘りましたわ。

後続が追い抜こうにも、脚色が一緒なもんだから、抜けそうで抜けない。

トーセンジョーダンの良いところが出たレースでしたわ。

で、ちょっぴり驚くのは、

この馬が得意とするのは、もっと速い流れの中での底力勝負のはずで、

それが、ちょっと緩めのペースをジェンティルドンナと先行して、

最後は同じ位置で競馬をしたジェンティルドンナとタイム差なしですからね。

実際は、ハナ+クビ差ではありますけど。

これは、状態の良さを買って、もうワンチャンありと、

気合の決断!をしました。

大外枠ってのが引っ掛かって、今回はデスペラードの方を少し上に取りましたけど、

明日、本番までにPAT口座が増えてたりしたら、

頭も少しだけ買っちゃう感じですわ。

頑張らんかなぁ~。


で、今回、デスペラードとトーセンジョーダンの2頭を取ったのは、

ちょっとだけ共通の理由もあって、

今の中山の馬場って、ちょっとキレ味が奪われて、パワーとかスタミナとか、

その辺の要素が強く出やすいんじゃないかって思ってるんですよね。

これは、パッと見ていて感じるような感覚的なところで、

実際はそうでもないのかもしれないんですけど、

先週は、中山コースの朝日杯を、アジアエクスプレスという、

ダート2戦2勝の、米国産の馬が完勝した一方で、

現時点でキレ味タイプに見えるアトムが、

伸びてはいるものの、もうひとつ切れずに負けたってのが、

ちょっと考えるところがあって、(プレイアンドリアルは良くわからないけど)

加えて、今週の雨で、土曜の馬場もちょっと渋ったところも考えると、

元はダート馬のデスペラードや、

洋芝をこなしている、パワー系のトーセンジョーダンあたりには、

今の馬場は有利に働くんじゃないかなぁと、

思ったりしたんですわ。

その辺りも含めて、この2頭を応援ということで。


馬券は、

オルフェーヴルと、デスペラードの頭固定、

トーセンジョーダンに、最内枠持ってきたダノンバラードを2着まで。

3着にウインバリアシオン、アドマイヤラクティ、ヴェルデグリーン、

ゴールドシップ、ルルーシュ、ナカヤマナイト。


この組み合わせで、有馬記念に臨みます!

そして、よほど前半戦でやられない限りは、トーセンジョーダンの頭からも、

ちょびっと買います。


いや~今年も激しく悩んだな~。

さ~楽しむど~!


ラジオNIKKEI杯の予想 
 
今日は昼から、遠方にプチ用事ですわ。

んでもって、明日は有馬記念が終わった後にスグ忘年会と。

週末とは言っても、師走らしい忙しさですわ。

まぁ、忙しいってほどじゃないんですけどね。

有馬記念、何かしら良い結果になってくれたら良いけど、

有馬記念の直後に、競馬を全く知らない友人と忘年会ってなると、

スイッチの入れ方が難しいですわ(笑)

普通の重賞レースなら、なんてことないんですけど、

チキチキ予想企画のある有馬記念の後ですからね~。

もう、うまいこと行ってもらうしかないですわ~!


ってところで、土曜日の重賞。

ラジオNIKKEI杯の予想しておきましょうかね。

ココは、人気2頭がちょい抜けた感じにはなっているものの、

個人的には混戦の印象って感じ。

この混戦っぽい中、ワンアンドオンリーから入ってみることにする。

東スポ杯の上位6頭は(その後ろは5馬身差)レベルが高いんじゃないかと、

現時点では妄想を固めていて、

その中で、サトノアラジン、ワンアンドオンリーは5、6着。

で、6着の方のワンアンドオンリーを選ぶのは、

デリッツァリモーネや、サトノアラジンの、当馬よりも人気のある2頭と、

接戦を演じたにも関わらず人気が薄いってところと、

鞍上ルメールってところですわ。

ルメールは過去にラジオNIKKEI杯で、

アダムスピークだったり、コティリオンだったり、

内枠スタートでうまいこと乗ってるんで、

これまた最内枠&ルメール&人気ちょい薄ってところで、

なんか、買い時っぽい馬な感じがするんですわ。

萩Sも、勝ちに等しいような強い2着だったし、

東スポ杯も、ロスの少ない内でもなければ、

馬場の良い外を回したわけでもなく、一番微妙なところを通ってしまったかな?

って感じもしないではないし、

能力的にも、現時点ではそこまで差があるようには思えない。


ルメール&人気の無さに背中を押されてはいる部分はあるものの、

混戦っぽいメンツなだけに、期待したい。


相手は、サトノアラジン、アズマシャトル、ビップレボルシオン。

ヒモに、シンガン、マイネルフロスト、モンドシャルナ、

セセリ、デリッツァリモーネ、ダノンマッキンレー。


馬券はとりあえず、

ワンアンドオンリー、アズマシャトルと、ビップレボルシオンの、

人気薄めのワイドのボックス3点と、

ワンアンドオンリー1頭軸の3連単マルチか、3連複で行きましょうかね。


あとは、ビップレボルシオン、アズマシャトルから、

カバー気味に、少しだけ買っておきますわ。


有馬に向けて、うまいこと当たれ!

で、もうそろそろ出かけないとイカン!


有馬記念の予習 
 
今年も有馬記念がやって来ましたね。

そんでもって、今年もチキチキですよ。

楽しみですな~。

今年も、メンバーの予想に乗って頂いて、仮にその馬券が的中した場合、

配当金額によっては、一部を義援金に回すという企画が継続されるのですが、

今年もその企画に対して、反応があった模様でございまして、

なんだか嬉しいですなぁ。


チキチキの馬券の成績としては、1度の3連単的中を含め、

感触は良い感じではあって、

今年もひょっとしたら?なんて期待は常にあるような感じのチキチキなんですが、

正直なところ、10点前後で当てに行くってのは、

普通の馬券師の感覚では、

そう簡単には行くまいと思ってしまうところだと思うんですよ。

で、そんな状況の中、

決して安くはない1000円というリスクを犯しつつ、予想に乗っかってもらった上に、

的中した暁には、

その使い道まで指定してるワケですよ。


もちろん自由参加ではありますけど、

とは言え、それでも、

今年も参加希望を意味する「拍手押し」があったようで、

なんだか、嬉しい気持ちになりますね~。


なんというか、漢気に溢れているというか、

他人のことを顧みないような人たちが増えているんじゃないかと、心配する今の世の中で、

こういった方々がいらっしゃるんだなぁと、しみじみ感心してしまいますわ。

なんて言うんでしょうね、

企画の募集は半分で、

もう半分はむしろ、コッチから一緒に宴会したくなる人を募っているようなもんですよ。

こんな方々と競馬で語り合えたら、きっと楽しく盛り上がれるんだろうな~って、

そんな想像をしてしまいますな。

そう考えると、ますます当てたい。

的中して、うまく行き過ぎて、

あわよくばオフ会、忘年会、大宴会になってしまわんかと思うわけですわ(笑)

そう簡単には行かないのが競馬ではありますけどね~(^^;)

妄想が膨れ上がります。


って、タイトルからだいぶ脱線してましたわ(笑)

有馬記念じゃなく、宴会の予習ですな、コレでは。


さて今年の有馬記念。

コッチの予習が本線でした。

一番のポイントは、やはりオルフェーヴルになってくるでしょうな~。

十分過ぎるほどの栄光を勝ち取ってきた名馬の引退レース。

有馬記念も過去に勝っている。

この馬の立ち位置と言うものを考えてみると、

無事に回ってくることが、一番大事にはなってくるのかもしれない。

ただ、ファンの気持ちを考えると、

無様な競馬は見せられないどころか、

有終の美を飾なくてはいけない、ファン投票1位のじゃじゃ馬ってところでもありますわ。

オルフェーヴルが最後に勝つところを見たいという、ファンの気持ち。

それが、そのまま馬券に表れてくるのも想像はつく。

う~ん・・・、

馬券的には本当に悩ましいですなぁ。

個人的にも、オルフェーヴルの宝塚記念を買えなかった悔しさが残っているし、

よくよく考えてみても、この馬がココで負ける絵は想像しにくい。

しかしながら、おフランスから帰ってきての初戦で引退レース。

それが有馬記念というビッグレース。

強烈な強さも持ちつつも、規格外の負け方もしてしまう気性の持ち主。

で、おそらく、引退レースってので、

馬券の殆どは、オルフェーヴル中心で売れるだろう、今年の有馬記念。

こうなると、他から馬券を組み立てるってパターンも・・・。

などと、

色んな要素が絡まってきて、本当に頭を悩ませてきますな。

金曜の夜までに、買い目を決められるかどうか不安ですわ(^^;)

ゴールドシップも、どう扱ったらいいかって感じですしね~。


オルフェーヴル以外ってなると、

中山巧者の、1枠両頭は気になりますな。

ダノンバラード、ヴェルデグリーン。

ちょい穴人気はしてきそうではあるが、ココで内枠ってのは、

なんか持ってきてる感じがある。


デスペラードなんかも、前走3600mのステイヤーズSとは言え、

直線、1頭だけ違うギアの入り方で圧勝したのは印象的ですな。

まぁ前走がステイヤーズSってだけで既に、ハードルMAXな気はするのだが、

同じ中山コースで、それまでにはない競馬というか、

そこそこ前につけて完勝したってのは、ちょっと気にはなってしまう。

勝ち方としても、例年のステイヤーズSの勝ち馬の中では際立つものだと思うし、

新味を見せたのが、ちょっと怪しく光って見えなくもない。


他では、2枠の2頭もちょっと不気味ですかね。

前走を先行競馬で押し切って、重賞初制覇のカレンミロティックは、

垂水Sなんかでも逃げ馬捕まえて、後続に5馬身差ってレースをやってるんで、

なんだろ、逃げ馬を早めに捕まえたところから2つ目のギアが入り始めるって言うか、

そういった、馬自身のテンションが上がるレース展開にさえなれば、

何かしらのリミッターが外れて、

止まらない可能性は無いとは言い切れない怖さはある。


そしてカレンミロティックが勝った金鯱賞で、復活の狼煙を上げたウインバリアシオン。

約1年半の間隔が空いた1発目で、

3着まで食い込んで来るのは、本当に立派ですわ。

前走ちょっと走って来たってだけでは、有馬で買うには多少物足りないが、

とは言え、

3歳時は、オルフェーヴルと来たら、2着はこの馬なんて時期がありましたからね~。

ちょっとした、因縁めいたモノはありますな。

色々と無視できない存在ですわ。


個人的に悩んでいるのが、トーセンジョーダン。

ジャパンカップは、この馬を買うラストチャンスかな~なんて思ってたんでけどね、

3着に頑張ってしまったわけで、

そうなってしまうと、ラストチャンスが今回に引き延ばしされてしまうわけですよ(笑)

あれだけ粘れるのは、まだ力が残っていたわけで、

やっぱり競馬をする位置取りの部分は大きかったと思うんですよね~。

今回も同じように、

前にガンガン攻めて行って、スタミナ勝負に持ち込めばチャンスはあると思うし、

2500mって距離は、やはりこの馬に合っていると思ってしまう。

有馬記念はこれまで5着 → 5着って来てるんで、

最後は3着ぐらいないもんかなぁ~なんて期待はしてるんですけどね。

今回、大外枠・・・。

テンからガッツリスピードに乗って行く馬ではない上で、

先行を期待したい馬ですからな~。

下手な競馬をすれば、相当なロスに繋がる可能性が高いワケで・・・。

う~む・・・頭が痛い。

どうしますかなー。


まぁ長いこと書いて、結局まとまってないってことですよ(笑)

天気のこともありますし、馬の状態もありますし、

今年はいつも以上に難しい気がしますな。

しかしながら、

この永遠にも思える悩みの時間こそが、競馬の醍醐味。

今年の大一番、有馬記念も楽しませてもらいまっせ~。


馬場はどのぐらいの状態になるんだろうか?





今週のWIN5 in 朝日杯FS ウィーク 
 
朝日杯ウィークのWIN5ですなー。

今年も残り2週か~。

最後で2連発決めたら格好いいんですがね、

そんな漫画のような展開は、中々無いですもんな~。

まぁWIN5当てるって、なんの漫画だって話ですけどね。

とにかく当たりを目指して、変わらず、頑張って予想するのみ!



※この企画は基本、全頭買いするレースをひとつ決めて、
  WIN4にしちゃうぜ!って企画です。
  今週は普通に散らして買おうと思います。



1R目 仲冬ステークス

◎カフェシュプリーム
○ワールドエンド
▲クランチタイム
△ローブドヴルール
☆レッドヴァンクール
×トーセントレジャー

◎、○、▲、△の4点
 ◎…なかなかこのクラス勝ちきれないですし、凡走もありますけど、
    それでも中山コースは安定はしてるんですよね~。
    前走も善戦したし、ココはそろそろ主役で。
 ○…昨年のこのレースは勝ってますからね。
    安定感のないメンツの中で、
    同クラス勝ってる部分は評価した方が良さそうです。
 ▲…掲示板率はなかなか高いですよね。 2着もありますし。
    1000万下の時も、安定感あるわけではなかったんで、
    嵌ればパッと勝つ可能性も考えておきます。
    この人気なら拾っておきたい感じですな。
 △…4戦連続で4着ですか。
    勝ち切るのにはもうひとつパンチが欲しいところですけど、
    今回のメンツは大体そんな感じのメンツですからね。注意しておきます。



2R目 元町ステークス

◎リヤンドファミユ
○ヘミングウェイ

◎の1点
 ◎…怪我明け復帰戦で、注目の対決ですな~。
   本当は両方取りたいんです(笑)
   なんなら、ヘミングウェイは個人的に好きな馬なんですが、
   来週オルフェーヴル引退って言うんなら、
   ファミュファミュちゃんに頑張ってもらいます。



3R目 朝日杯フューチュリティステークス

◎プレイアンドリアル
○アトム
▲ショウナンワダチ
△サトノロブロイ
△ウインフルブルーム
☆ハイアーレート

◎の1点
 ◎…前走の2着も立派ですし、評価も高いようですが、
    門別 → 盛岡の芝って流れが良いですね~。なんとなく。
    キレではアトムに譲るかもしれませんが、
    今の中山の坂での、粘り強さって部分ではこの馬が1番高い気はします。
    本当はアトムも取りたかったんですけどね~。
    ココは点数上1点で。



4R目 名古屋日刊スポーツ杯

◎マイネルストラーノ
○トウシンヤマト
▲トーセンハルカゼ

◎、○、▲の3点
 ◎…内枠ってのはこの馬に良いイメージがありますね。
    近走の成績からも主役にしておきます。
 ○…先行競馬で、近走2連続で馬券内。
    少頭数ですし、キレまくる相手もあまりおらずってところで、
    ここは新味がさらに生かされることを期待します。
 ▲…2走前が好メンバーでしたね。 その後の競馬を見ても。   
    まぁ、その1戦だけで買えるってわけでは無い気もしますが、
    それでも3番手には上げる必要はありそうですな。



5R目 ベテルギウスS

◎ジョバンニ
○ソロル
▲ハートビートソング
△ヴァンヌーヴォー

◎、○、▲の3点
 ◎…前走久々に快勝して、ココで少頭数の最内枠ですか。
    無理に突っついて来るような馬がいなそうな緩めの流れも良いですし、
    こうなったら行くだけって感じですからね。
    色々追い風が強いので、ココは勢い重視で。
 ○…両脇がテンからスっと前に行ってもらうと、
    この馬にとっても序盤のレース運びはやりやすい気がしますな。
    ウイリアムズ騎手もダートは上手なので、期待ですな。
 ▲…昨年のベテルギウスSを初め、そこからの一連の成績は、
    ココではちょっと上位に感じますね。
    連覇の可能性も考えますが、人気と、他の馬を買いたい理由で3番手。
 


以上で、今回のWIN5は36点。

メリハリつきましたな。

ただ、一番多く指名した仲冬Sが、一番難しいと感じているし、

他のところも、安心できるところはひとつも無いですわ~。

まぁ、安心できないから競馬は面白いんでしょうけどね。

今週当てて、来週もその資金で当てちゃうってのが、

今年を締めくくる最高のプランですが、

大概、最高のプラン通りにはならんのです、競馬は(笑)


でも、今年も終わりって思うと、少し気合は入りますね~。

ちょいフライング気味のお年玉、待ってまっせ~!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。