スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共同通信杯の予想 
 
さて、月曜開催の共同通信杯の予想といきましょうかね~。

その前に、土曜、そして日曜に出走したJRA-VAN側のPOG指名馬、

やってくれましたわ。

土曜の小倉1R、ダートの1000m戦に出走したカシノスティーヴが1着。

日曜の京都1R、ダートの1200m戦に出走したヒカリセットが1着。

どちらも、もうちょい未勝利で粘ってしまいそうな馬で、

正直、オッズ考慮すると、ココは買えないぜ!って感じだったのだが、

いや~節穴の、この相馬眼、見上げたものですわ。

どちらも快勝してくれましたわ。

まぁ、ベストな展開としては、

あともう1回ずつ、2着を入れてから勝ち上がってくれるのが良かったが、

これはこれで嬉しいもんですわ。

ハッピースプリントが地方でブイブイ言わしてる以外は、

勝ち星を上げている馬が無く、パッとせずにいた我がちゃびろまん厩舎。

予想外の一気2連勝ですわ。

ただ、この後がどうなるかが怖いと言えば怖い・・・。

ヒカリセットは芝でも可能性は残しているし、

今日の走りや、これまでの安定感を考えても、500万下でソコソコ頑張る可能性はあるが、

カシノスティーヴは小倉のダート1000m勝ちっていうキワモノなんで、

このあとは厳しくなってくる可能性は高いかもしれない。

まぁそれでも、今日の直線の弾け方は良かったし、

この路線で、もうちょっとポイント運んでもらえるかなぁと、

淡い期待はしてますわ。

さて、どうなるかなー。


で、土曜に小倉の1R、日曜に京都の1Rと来て、

明日の月曜日の東京1Rにはクラシックヤンキーが登場してきますわ。

もう流れだけで、貰ったも同然なのだが、

クラシックヤンキーの、これまでの競馬、着順を考えるに、

本当に流れだけで終わってしまいそうな気配だ。

ただ、薄い望みを持つのであれば、

個人的に、悲しくなるくらいオッズの低い馬がド穴を空けるとしたら、

芝を走ってダメ → もういっちょ芝使って完全にダメ。

そんならダート・・・ダメ → もはや打つ手なしで人気薄。

このパターンだ。

芝でダメで、ダートもやっぱりダメと思わせておいての、2戦目激走。

このパターン、未勝利レースの波乱の際に結構目にしていることが多くて、

個人的には、狙い目のひとつだと思っている。

もし無いような希望を持つとしたら、この騙し変身パターンですわ。


まぁ、本当にクラシックヤンキーは厳しく見えるんですけどね・・・。

勝て!とは言わないから、ここいらで更生して5着入着ぐらいしてもらえないかと、

淡い期待はしてしまいますな。

流れが来ているだけに。



ってところで、POGの話は置いといて、

共同通信杯の方に戻りましょうかね。


ここはベルキャニオンから入ってみる。

新馬戦はラングレーと僅差の2着。

東京の未勝利を戦を快勝後は、ホープフルSでクラリティシチーを抑えて2着。

まぁ十分世代上位ですな。

で、今回イスラボニータが人気を集めているが、

イスラボニータの能力を疑ってはいないものの、

そこまでこの1頭が抜けているようには、まだ思えないというか、

日が経つにつれて、この世代は混戦っぽい気がするなと、感じることが多い。


ベルキャニオンに関しては、能力未知数なところが多いが、

東スポ杯などの強豪が集ったところに顔を出していないので、

位置づけがまだハッキリしていない部分の期待もあるし、

兄に東京コースが得意なカミノタサハラがいるので、

そのあたりに期待してしまう部分も、個人的はある。

前日の段階で、現在3番人気とは言え、手頃な感じにはなっているので、

ココはイスラボニータをはじめとする、

クラシックの主役候補っぽいところに対する宣戦布告を期待したい。

個人的にはPOGで選んでおきたかった・・・(^^;)


馬券は、ベルキャニオンの頭固定の3連単で、

2着の相手に、イスラボニータ、ショウナンワダチ、サトノアラジン、

ガリバルディ、ピオネロ、ローハイド、

3着に、ハギノハイブリッド、マイネルフロスト、ネオヴァロン。


混戦意識して、手広くこんな組み合わせにしておく。

そしてもう1点。

ベルキャニオンと、ショウナンワダチのワイド。

これもソコソコ多めに持っておきますかね。


まずは1Rの、クラシックヤンキーの頑張りに期待ですわ。

なんか、勢いに負けて複勝軽く買っちゃいそうな予感。



スポンサーサイト
小倉大賞典と、フェブラリーSの予想 
 
小倉大賞典とフェブラリーSの予想と行きましょうか~。

昨晩は夜中のEPLの試合を観戦しながら寝落ちですわ。

なんだか最近、寝不足気味でございます。

そんな中、GⅠ含めた重賞2発、頑張って行きましょうかねー!

今日もこれから外出なんで、

明日を含む今週の開催はリアルタイム競馬ができない情勢でございます。

また後でリプレイ観戦ですな。


さて、まずは小倉大賞典。

ここはシャトーブランシュとカフナから入っておく。

シャトーブランシュ、ローズSで穴開けてから、

秋華賞6着、愛知杯7着、内容も上位競馬をしていて、

小倉の500万下を連対して勝ち上がった経緯も考えると、

このちょこっと落とした感じの人気は拾っておきたい。

重賞で、あと半馬身前にいたら馬券内か?って感じだったので、

この強い着外ってのは、少し人気の盲点になってそうだ。

小倉で柴田大知騎手ってイメージはそんなに強くないけど、

小倉らしい、直線ごった返しの叩き合いみたいな展開になれば、

頑張りそうな気がしないでもない。


もう1頭のカフナは、9ヶ月の休み明け。

さらには使っている距離よりは若干短めと。

とは言え、目黒記念のメンツを見てると、ここでは上位に思えてしまうし、

短いところで結果が出てないから、長いところ使ってますってわけでもなく、

これまでに1800m、2000mでも結果は出している。

間が開いても、キッチリ走ってくる印象もあるので、

ここは、いろんな理由で人気落ちてる今回を狙っておきたい。

馬券は、シャトーブランシュと、カフナの馬連ワイド。

シャトーブランシュ頭からの3連単で、

2着に、カフナ、ラブイズブーシェ、ラストインパクト、カルドブレッサ、ブレイズアトレイル、

3着に、アロマティコ、スマートギア、タムロスカイ。

そして、シャトーブランシュ2着固定で、カフナ、ラブイズブーシェの昇格パターン。

こんな感じで、ちょっと大振りに行っておく。


フェブラリーSは、ゴールスキーとベルシャザールから入ってみる。

かなり良いメンツが揃った感じだが、

フェブラリーSということになると、

フェブラリーSでまだ結果を出していない人気側を完全信頼というのも、

ちょっと怖さがある気はしている。

ワンダーアキュートはその中でも連続で3着と健闘してはいるが、

感覚的には、ニホンピロアワーズやホッコータルマエは、

トランセンド、エスポワールシチーといった馬とはちょっと性質が違うかな~?

って感じはしないでもない。

ということで、若くはないけど、東京マイルで結果を出している新興勢力ということで、

ベルシャザールとゴールスキーから入ってみる。

まぁ、ゴールスキーは武蔵野Sの4着だけなんですけどね(笑)

とは言え、適性面で買いたいと思えるのが、前走根岸Sを勝ったゴールスキー。

そして、ゴールスキー4着の武蔵野Sで勝っているベルシャザールなので、

この2頭に期待したい。

馬券はこの2頭の馬連でも良いのだが、

個人的にはゴールスキー頭も、無くはないんじゃないかって気はしているので、

馬単の裏表で買っておきたい。

ワイドも買っておいた方が安全なんでしょうけど、オッズが辛い!

あとは、1、2着固定の3連単で、

3着に、ベストウォーリア、ワンダーアキュート、ホッコータルマエ、シルクフォーチュン、

ブライトライン、アドマイヤロイヤル、ダノンカモン、グランドシチー、ソロル、

ノーザンリバー。

この、カバー能力ゼロの3連単も付け加えて買っておきます(笑)

ソコソコ気持ちが入ってる時は、こういう攻め方してしまいますな。


ココ当てて、今年GⅠ全部当ててるぜ~!

パターンに突入したいですなー。


ダイヤモンドSの予想 
 
いやぁ今週末は色々用事多くて、

ドップリ競馬モードという感じには行かなそうですわ~。

そんな中、ダイヤモンドS、ちらっと予想してから出かけましょうかね。

今日も午後イチから用事ですわ。

で、なんか頭数もメンツも、なんとも言えないところが揃った感じのダイヤモンドS。

フェイムゲームや、タニノエポレットあたりが、

意外と簡単に持って行きそうな予感がしながらも、

ここはロードオブザリングの複勝で行ってみる。


京都が得意なイメージがあって、東京はどうかってのもあるんですけどね、

メトロポリタンSで5着ってのがあって、

その5着も極めて地味な感じではあるんですけどね、

上の着順の馬は、どちらかというと、出てきたら勝ち負けに近いような馬のレベルで、

それ以下は、万葉Sや、ダイヤモンドSのいわゆる平均的なレベルの馬っぽくて、

それらには先着していることと、今回のメンツが頭数も含めて薄めで、

一部を除いてはそういうところとの戦いになるのかなぁー?

って感じですわ。

距離延びた時の期待値ってものはまだ底を見せきってはない気がするし、

ここは期待してみたい。


土日にキッチリ競馬できるのは良いですなぁ。

とりあえず帰ってからリプレイ観戦かな。

京都記念の予想 
 
京都記念の予想行きましょうかね。

いやぁ雪がものすごいですな。

私の知り合い(山形の山の方に在住)の話によると、

こんな雪は何十年も無いくらいなんじゃないかって話です。

場所によって差はあれども、

交通事情や、雪関連の事故の多さを見るには、どこでも大変そうですな。

私のところも車の上に30センチほど雪が積もり、

さすがの雪の量に心打たれて、童心に返ってはしゃぐ・・・


ワケねーだろコノヤロー!!

って感じで、手足を冷やし、泣きながら雪を除去してきたところでございました。


さて京都記念の予想いきましょうかね。

今回はジェンティルドンナとトーセンラーの争いの中に、

どれが割って入ってくるのか?

って様相の京都記念ですかね。

まぁ、ジャパンカップのジェンティルドンナ対オルフェーヴルみたいな、

完全一騎打ちムードって感じはしませんが。

ジェンティルドンナは、ドバイ控えてますしね~。


ってところから入って、

ココはトーセンラーとラキシスを応援する方向で言ってみる。

正直トーセンラーは良馬場でこそってイメージがあったので、

明日の馬場ぐあいを想像するに、厳しい勝負になるのかもしれないが、

マイルCSを勝った時を含む、

ここ数年のトーセンラーはなんだか風格すら漂っているし、

春の天皇賞2着、そして、マイルCS勝ちがありながらも、

やっぱり、京都の2200mという舞台が一番ベストくさい感じはしていて、

そのトーセンラーの舞台で、重馬場っぽいからって理由で蹴るのは、

ちょっと出来ないという結論に至ってしまった。

判断するのは、今の出来上がったトーセンラーの、

重馬場での走りを見てからでも良いのかなと。


でもって、ラキシス。

こちらはエリ女で、

今回の舞台を馬場条件(実際は少し違うと思うが)も込みで経験して、

メイショウマンボの2着と健闘している。

川田騎手ならまだ連対を外していないし、

ソコソコ前目の位置から、直線もソコソコ切れるというか、伸びる感じは、

京都の外回り、そして馬場の考慮すればプラスに働きそうだ。

ジェンティルドンナに関して言えば、

この馬に対するリスペクトは相当あるのだが、

昨年のジャパンカップの勝ち方も、

ちょっと不満が残るといえば残る勝ち方ではあったし、

そんな中で、苦手では無いけど、東京よりは得意ではないだろう京都コース。

そして、今回ドバイへ向けての叩き、テン乗りって言う部分も含めると、

毎度変わらないようなオッズのこの馬を、今回わざわざ買いに行くことに、

あまりメリットは感じられない気もするので、

ドバイはめちゃくちゃ期待しながらも、

ここは、あまり期待しないでおく。


馬券はトーセンラー、ラキシスの、1、2着固定の3連単で、

3着にジェンティルドンナ、デスペラード、ヒットザターゲット、

アンコイルド、トレイルブレイザー。

この10点だけで、勝負してみますかね。

他を評価しようとすると、キリが無いようにも思えるし、

ジェンティルドンナ絡みだと、

もっと絞った上に、辛いオッズで勝負ってことになってしまうので、ここは潔く(笑)


にしても、雪はしばらく溶けそうにないな~。

競馬で熱くしてもらえるのであれば、その熱で一瞬で溶かしてやるのになぁ。



熱くしてくれっ!



きさらぎ賞と、東京新聞杯の予想 
 
ささささささ寒いっ!

今年一番の寒さですね~。

しかし、いくら寒かろうが、暑かろうが競馬は毎週やってきますな。

ってことで、明日も寒さに負けず競馬を楽しみましょう。

明日は東京開催がどうなるか微妙なところだが、

予想だけはやっておきましょうかね。


まずは京都のきさらぎ賞。

オッズ的には、バンドワゴン対トーセンスターダムの絵ですな。

トーセンスターダムは、無敗でエリートコースの京都2歳S勝ち。

これからも十分に期待できそうな1頭ではあるのだが、

やっぱり、どうしてもバンドワゴンの方が気になってしまいますな。

逃げ馬なので、着差の評価は難しいところではあるが、

とは言え、「ただ」の逃げ馬の競馬はしてないですな。

すでに人気の馬なんで、自分が今さらここで批評することもないのだが、

逃げ馬の勝ちパターンにありがちな、

スタートの良さ、テンの速さ、序盤で大きなセフティーリード、

このような要素を持たずして、楽々と逃げ勝っているというか、

言い方変えれば、先行のつもりで走ってるんだけど、

「他がついてこないので、逃げ馬扱いされてしまってますわ~!」

「ホント困りますわ~!」

みたいな競馬をしているようにも感じる。

前走のエリカ賞でもスタートをユラっと出て、いつの間にやら先頭奪って、

直線ちょっと本気出したら後ろがついて来ないみたいな。

ちょっと底知れない能力をを感じる。

前に馬をおいた競馬って部分では未知数ではあるものの、

おそらく今回も、ほぼ逃げの形になると思うし、

オールステイが無茶逃げしても、能力が違いすぎる部分で、

問題が起こる可能性は低い気がしているので、

強い先行馬(バンドワゴン)が、また逃げの形になっちゃって、

直線に入ってからも、まぁ約束通りギア上げて行きますパターン意識で、

ここもバンドワゴンに期待してみる。

馬券の2着候補としては、素直にトーセンスターダムでも良いのかもしれないが、

なんだろう?

競馬っぷりは良いのだが、これまでのわずかな着差の勝ち方で、

今回の、ちょっと異種格闘技戦みたいな流れになりそうな競馬の中で、

その競馬がスンナリと通用するかどうか、ちょっと不安に思ってしまうのと、

これの2着を期待してしまうと、

単勝馬券みたいなオッズになってしまうので、

色々含めた上で、

今回のココは3着で我慢してもらう方向でお願いしてみる。

2着には、サトノルパン、エイシンエルヴィン、ブラックカイト、

そして3着に、トーセンスターダム、ピークトラム。

この組み合わせで12点で攻めることにしてみる。

トーセンスターダムが2着に頑張ったら、潔く諦める方向で(笑)


東京新聞杯は難しい。

レースうんぬん、メンツうんぬんと言うより、

状況が難しい。

明日の開催が奇跡的に行われるのであれば、雪による馬場状態からも考えなければならないし、

また来週に良馬場でやるって話になるならば、また話は変わってきますな。

まぁ代替開催が平日行われる流れになって、

馬場も重いまんまでやる可能性も考えて、

とりあえず今週の予想としては、重馬場でキレ味鈍りますのテーマでやっておきますかね。

そうなると、まずはクラレント。

逃げも一応打てる先行脚質で、東京マイルも実績あり、

まだ内がソコソコ伸びるだろうし、

チャンスが大きいのはこの馬なのかなぁって感じですかね。

あとは、コディーノ。

今回休み明けとは言え、

前走の天皇賞5着は立派だし、

マイルに替わるのはおそらく歓迎なはずで、

キズナ、エピファネイア、そしてロゴタイプと共に、

この世代を引っ張って欲しい馬ではあるので、

前に行ける脚質も含めて期待したいところですな。


まぁ予想としては、このくらいでさっくりしていた方が良いんでしょうかね。

明日開催されるかもわからないし、ダート開催の可能性なんてのも否定できないし、

この状況であまり詳細までやるってのも、何とも言えない感じですな。

仮にダート開催なんてなったら、何を狙えば良いのかな?(笑)

2~3頭の比較って言うんならまだしも、16頭ってのは・・・。


まぁ、とりあえず明日のJ●Aの出方を見ながらにしましょうかね。

クラレント、コディーノ中心に、内ラチ行ける軍団、前に行ける軍団を基本路線で。

ダートならコディーノか、ショウナンマイティあたりか?

全然わからん・・・。


基本は京都に軸足置いておいておこう。


今週のWIN5 in 根岸S ウィーク 
 
さあ、今年5発目のWIN5、

今回も狙い目かもしれませんが、

先週が勝負してしまってるし、

狙い目っぽい両重賞も、

個人的にはちょい捻りになってる部分はあるので、

ココは通常運転にしましょう。


さて、予想の方に参りましょう。

―――――――――――――――――――――――――――――――――


WIN1 箱根特別

カムフィー
シャドウパーティー

2頭

ここは、仮にたくさん買っていたとしても、
この2頭でお願いしたいところ。
正直、ピュアソルジャーとか、ゴールドメインにも食指は動きましたが・・・。



WIN2 松籟S

ラストインパクト

1頭

ここは1頭で仕留めたいところ。



WIN3 節分S

ホーカーテンペスト
アドマイヤドバイ
ターフェル

3頭

ここは3頭行っても尚、不安という感じではありますね。
結構面白いメンツが揃った印象。



WIN4 シルクロードS

レディオブオペラ
ストレイトガール

2頭

この2頭が、しばらく1年以上熱戦を繰り広げてくれたら、
スプリント界としても面白いと思うですが、どうでしょうかね。



WIN5 根岸S

ゴールスキー

1頭

期待度は大きいのですが、他も相当強いですよね。
WIN5としては、この1頭は際どいところですが、
頑張ってもらいたいですな。

―――――――――――――――――――――――――――――――――


以上、12点。


今回はそんなに悩まずに決めることができましたわ。

こんな感じでサクッと当たったら、競馬は楽なんですけどね~。

でも、そういうのが当たるのも競馬だし、

たくさん考えても外れてしまうのが競馬。

って言いながら、

もちろん、そんなポジティブ思考も、

思い通りにならないのもまた競馬ですが。


今回はどうかなー。






シルクロードSと、根岸Sの予想 
 
シルクロードSと、根岸Sの予想行きましょうかね。

まずはシルクロードS。

ココは1枠の2頭から入っておく。

レディオブオペラのこれまでの勝ちっぷり、そして4連勝で重賞挑戦という勢いを見ても、

ココも簡単に持っていく可能性は高いと見る。

カレンチャンが引退し、ロードカナロアが引退し、

今はスプリンターの、次のスターの登場が期待されている時期。

メンツを考えても、絵的にも、

ココはやっぱり、このくらい勢いのある馬に登場してもらうのが良い。

今のところ京都マシーンみたいになっているので、これからが重要かもしれないが、

今回に限っては、また京都なので期待度は高いと見ておく。


で、同じくらい期待を持っても良さそうな馬がストレイトガール。

キーンランドSは、逃げ馬を捕まえられずの2着ではあったが、強い内容だったし、

それを除けば、この馬もガンガン連勝中。

前走も完勝の内容だったし、今回、差をつけられた2番人気ながらも、

十分チャンスがあるように思える。

ってことで、この2頭が、これからのスプリント界を引っ張って行くことを期待して、

馬券は、

レディオブオペラ、ストレイトガールを、1、2着に固定。

3着争いは、けっこう混戦の香りが漂うので、

プレイズエターナル、サイレントソニック、レオンビスティー、テイエムオオタカ、

スギノエンデバー、マジンプロスパー、アフォード、プリンセスメモリー、

リトルゲルダ、ワキノブレイブ。

イチローばりに守備範囲を拡げておく。

20点だし、ソコソコ期待度も高そうなんで、額は上げても良いかな。



根岸Sは混戦ですな。

ドリームバレンチノは、本来コッチじゃなかったはずだが、

ダートに替わって、パリッとしない最近の競馬から抜け出した感じですかね。

そしてJCD4着で、距離短縮もOKッスって感じのブライトライン。

これも強力っぽい。

まぁ、この2頭は要注意な気はするが、

ここはゴールスキーに期待してみる。

東京1400mのペルセウスSで完勝して、

武蔵野Sでは後のGⅠ馬となったベルシャザールと人気を分け合うも4着。

とは言え、位置取りを考えたら良い脚使ってたと思うし、

2番人気も、間違っては無かったかなぁとは思うところはある。

今回は、そんなベルシャザールがいない中での、

ちょっと緩めの4番人気。

強敵揃いで、東京巧者も多いが、

近走の安定感と、東京1400mの適性ってところに期待してみる。

馬券は3連複にしておきましょうかね。

相手は差を付けずに、

アドマイヤロイヤル、ブライトライン、ドリームバレンチノ、シルクフォーチュン、

セイクリムズン、テスタマッタ、アドマイヤサガス、ノーザンリバー、

ダノンカモン、スリーボストン。

ここまで行っておきます。


メインまでに余裕があれば、ゴールスキー頭から、

アドマイヤロイヤル、ドリームバレンチノ、ブライトライン、シルクフォーチュン、

これらを2着に持ってきた3連単も持っておきますかね。


なんか、今日のメインは馬券けっこう買っちゃう感じだな。


白富士Sでも軽く予想しておく 
 
今週から2月に入り、

開催が替わって、東京、京都開催。

そして来週からは小倉も加わっての3場開催になりますな。

いや~両金杯をキッチリ外したのが、まだ響いてますかね~。

調子が上がってこないですわ。

しかしながら、個人的には最も相性が良い2場、東京、そして京都の開催。

ココはなんとか上昇気流に乗っけて行きたいところですわ~!


今週はしかも、2場開催でゆったりスケジュールなので、

ココはJ●Aから助け舟が出たと思って、

巻き返しのキッカケにさせていただきますわ。


ってところなのだが、

土曜は重賞がない。

なので、ココは白富士Sを行っておきましょう。

ワールドエースと、ペルーサという、人気の高い2頭が出走で、

共に人気しているということで、注目度は高いんでしょうね~。

私としても、お楽しみ度の高い馬であるのだが、

この人気だと、他から行った方が良い気はしますな。

1年8ヶ月明けで馬券になってもおかしくない馬ですが、

けっこうコレが難しいのが競馬ですからね。

陣営の力の入れ方などもあるでしょうし。


ってことで、

どこから行きましょうかね。

エアソミュールは人気側では、前走休み明けでいきなり馬券になっているし、

この馬的には、買いどころのパターンのやつかもしれない。

まぁ、気性が気性なんで、いつやらかすかもわからないんですけどね。

とりあえず、

ここはまずメイショウウズシオを買っておく。

東京の芝2000mはインが有利な感覚はあるので、

そこを回ってこれる馬ということで、最内枠から逃げるゼロスもありかなと思ったが、

ここ数年、逃げ馬が楽々って絵もあまり見ていないし、

サムソンズプライドがどう仕掛けて行くのかも気になってくるので、

ココは、その後ろのインで軽く脚を溜める軍団というところから、

メイショウウズシオをとっておきたい。

まぁ休み明けだし、走りどころがわからない馬ではあるのだが、

長く良い脚を使うところは東京のイメージは悪くないし、

1年ちょい前のアンドロメダSをはじめ、

オープンで共に馬券内を争った馬たちのレベルは高いと感じる。

あとは馬が走るかどうかって感じですな。


で、メイショウウズシオ1頭だと、

まさに渦潮に馬券が全部飲み込まれてしまう可能性もあるので、

モンテエンからも買っておきたい。

この馬、距離、コースともにココな気はするんだよなぁ。

オープンだともうちょっとって感じかもしれないが、

2走前にも力のあるところを見せてくれたので、

合いそうな東京2000mで爆走しないかな~と妄想して買っておきます。

メイショウウズシオと、モンテエン。

冒険しすぎか?

まぁ人気側に不安を感じると、こういう買い方になってしまいますな。

馬券はこの2頭を1頭軸に置いて、

相手に、

エアソミュール、ゼロス、セイクリッドバレー、レインスティック、ワールドエース。

ヒモに、サムソンズプライド、アロマカフェ、ペルーサ。


あとは、エアソミュールがキッチリ走ったパターンで、

3連単頭固定の、

2着に、メイショウウズシオ、モンテエン、ゼロス、セイクリッドバレー。

3着に、レインスティック、ワールドエース。


結構攻めた馬券になりましたわ。

開催替わったココで当たると、調子づくんだけどね~!


まぁ、正しくは調子に乗る、なんですけどね。

明日にうまいこと繋げたいですな~。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。