スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週のWIN5 in フローラS(2014) ウィーク 
 
さあ、今年14発目のWIN5、

フローラSウィークです。

今回は少なくて良いかなー。

まぁ前半で予定よりも多めに買ってたんで、

調整できるときに調整しておきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――


WIN1 上賀茂S

エーシンスピーダー
スズカルーセント
ベルサリエーレ
ドレミファドン

4頭

どれも、思いっきり乗っかるにはちょっと信頼度が欠けるので、
ここは少し拡げておきます。



WIN2 府中市制60周年記念

ヘルデンテノール

1頭

個人的にはダービー候補馬の1頭だった馬でしたわ。
順調であれば、ここは一気に通過して欲しい。



WIN3 福島中央テレビ杯

ファンデルワールス

1頭

人気3頭のどれかだろうなーとは思うんですが、
このクラスで、中山1200mを連続馬券内って安定感を買います。



WIN4 マイラーズカップ

オースミナイン

1頭

1頭で片付けて良いレースな感じではないんですが、
それでも、頭でも期待して良い、京都マイラーだとは思います。



WIN5 フローラS

ハピネスダンサー
マローブルー
マジックタイム

3頭

マジックタイムはここでは能力上位な可能性はありますけど、
穴っぽいところの頑張りも大いに期待したい今年のフローラS。
どうかなー。
―――――――――――――――――――――――――――――――――


以上、12点。

そろそろWIN3とか、WIN4とかまで行っちゃう熱い展開にならんかなー。

ってより、むしろ最後まで当たってしまえって感じですが。

点数絞ってるせいもありますけど、

最近はなかなか「良い勝負」まで持っていくこともかないませんわ。

それでもめげずに買い続けるのあーる!


頑張れ!

スポンサーサイト
マイラーズカップと、フローラSの予想。 
 
さて日曜重賞の予想いきましょうかねー。

まずはマイラーズカップ。

面白そうだけど、難しいですなー。

難しそうだけど、面白そうですなー。

で、どっからは入ろうかってところだが、

過去の傾向を見る分、個人的な見解としては、

マイルGⅠで馬券内を争えるレベルにある馬か、

もしくは、京都適性が高い馬。

まぁ、ちょっと当たり前な流れではあるが、

傾向的には、これが狙いとしては良さそうに見える。

特に、距離云々よりも、京都使って結構走ってこれた組の方にチャンスが大きくあると感じるので、

今回は、その適性の部分を重視したい。

現状では、このメンツにマイルGⅠって香りが強い馬も、あんまりいない感じですしね。


で、京都実績を買って、オースミナイン、アドマイヤドバイから入ってみる。

オースミナインは、11戦中7戦が京都を使っていて、

いかにも京都で能力発揮して行きたい感があるし、

前走の京都金杯も、

勝ったエキストラエンドとは、位置取り、コース取りの差でやられましたって感じで、

もういっちょやって逆転って可能性も十分あると見る。

もう一頭のアドマイヤドバイは、こちらも13戦して6戦が京都。

京都コースのパフォーマンスは、きさらぎ賞中心に、

負けても良い競馬をしてきていて、距離も幅はあるし、

ここで能力を発揮出来ないってことにはならなそうだ。

あとはマイルと、重賞の流れに乗れるかってところだが、

ちょっと人気も薄い感じではあるんで、ここからも入っておきたい。

馬券はオースミナインとアドマイヤドバイの馬連、ワイド。

そして、その2頭から、薄目のところへさらに馬連、ワイドを軽めに。

薄目の相手は、エールブリーズ、ラトルスネーク、サワノパンサー。

余裕があれば3連系も視野に入れておく。


続いて、フローラS。

コッチも中心どころは存在しながらも、混戦模様ですな。

久々に拡めに行っておきますわ。

軸には、皐月賞5着のステファノスが勝ったつばき賞。

その3着、そして、前走のミモザ賞快勝って流れのハピネスダンサー。

人気も手頃だし、牡馬相手の競馬の経験が重賞で活きると見て、

この馬から行っておきますわ。

つばき賞9着のウインリバティは、チューリップ賞で5着ですしね。

まぁ、君子蘭賞は6着なんですけど。

ソコソコ良い、500万下だったと判断し、

なおかつ、

フローラSは、前に行ける脚をソコソコ重視したいので、

チャンスはあるんじゃないかと。

で、ちょい人気薄の1頭だけってのも不安はあるので、

もう1頭、軸馬を選んでおきたい。

マローブルーを指名しておく。

未勝利戦は、だいぶ余裕のある勝ち方で、

続くフラワーカップも最後に詰めは欠いたものの、

ショウナンパンドラ、クリスマスといった馬の追撃を凌いでいるあたりは、

立派な4着に見えたし、

あの、突き抜ける鋭さは無くても、最後まで渋とく粘り切る脚ってのは、

いかにも東京コースのフローラS向きに思える。

戸崎騎手も、ああいう馬を持たせるのはうまいと思っているし、

本番は別としても、ここで頑張る可能性の馬としては、

個人的には良い条件が揃っているように感じる。


馬券はハピネスダンサーと、マローブルーの2頭軸で、

相手に、マジックタイム、ブランネージュ、プレミアステイタス、

マイネオーラム、プロクリス。

ヒモに、マイネグレヴィル、ニシノアカツキ、イサベル、スペランツァデーア。

3連複で69点。

けっこう行ったりましたわ(笑)

3連複ではちょっと多めなんですけどね~。

ただ頭は、ん~?って感じはするので、

軽く悩んだんですが、、これで行くことにしましたわ。

マジックタイムが絡んだ日には、ソコソコトリガミですわ。

まぁ、絡む確率は50%超えてくるとは思うんですけどね・・・。

人気薄で、面白そうなのがたくさんいるんで、

競馬はわからんよっ!ってところを見せてもらいたい。


どうなるかなー。

どっちかは引っ掛かってほしいな。

福島牝馬Sの予想 
 
春のGⅠシーズンの谷間、そんなところの土曜重賞ですわ~。

この辺で勢いつけておきたいですな。

福島牝馬S。

近年の福島牝馬Sを振り返ると、前行った馬がそこまで頑張れていない。

とは言え、まだ前残りは期待できそうな福島。

うーん、どう入りますかね~。

外目にアグネスワルツ、内目にセキショウと、ソコソコ先行したい軍団。

で真ん中よりの枠にケイアイエレガント、ミヤコマンハッタンと。

んーこれは、物凄く前が早くなる流れかな?

逃げ馬が内中外に、ちょこちょこバランス良くいるってのは別に良いのだが、

少しでも前目につけておきたい軍団がこのくらいいると、

どうだかなぁ。

なんだか落ち着いたペースにはなる気配がしないですな。

とは言っても、前走、小回り中山で重賞2着って走りを見せたケイアイエレガントには、

なんぼかリスペクトしておきたい。

近走の成績としては、実績上位で扱うべきでしょうしね~。

ってことで、ケイアイエレガントは前でも粘る方向で考えて、

アロマティコはこのレベルなら、いつやって来てもおかしくはないのだが、

いつも人気以上に頑張れないと言うか、

厳密に言えば、1番人気には何度か応えて勝ってるのだが、

結構ポロっと落とすこともある印象なので、

秋華賞、エリ女なんかから考えると、

どっちかと言うと、個人的には大舞台の人気薄で狙いたいタイプかなーって感じですわ。


ってことで、違うところを狙って、

平坦がどうかだが、近走の内容と人気の兼ね合いでトーセンベニザクラ。

距離適性長めに思われてるところを、意外とこなしてもおかしくないトーセンアルニカ。

そして、前行く軍団は、どうしようかと思ったのだが、

前走逃げれなかったアグネスワルツと国分恭介。

この辺りでワイドのボックスを組んでみる。

弱いかなぁ、ちょっと。

んでもって、ワイドと別に、ケイアイエレガントから馬連で、

トーセンベニザクラ、トーセンアルニカ、アグネスワルツ、

キャトルフィーユ、フロアクラフト、ミッドサマーフェア、セキショウに軽めに流しておきたい。

あとは、なんとなくだが、古株がそこまでパッとしないってので、

新年度、新しい風に期待するって部分で、

トーセンアルニカ、フロアクラフト、サトノジュピターの馬単ボックスも持っておきましょうかね。


いや~、それにしても段々と春らしくなって来ましたねー。

涼風と陽気が、良い感じに相まって、気持ちが良い!

馬券が当たれば、さらに気持ちが良い!

今週のWIN5 in 皐月賞(2014) ウィーク 
 
さあ、今年13発目のWIN5、

皐月賞ウィークですわー。

とは言っても、先週桜花賞で多めに行ってますしね、

先週よりも狙い目じゃない気もしてるんで、

今回は少なめで行っておきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――


WIN1 陽春S

フルヒロボーイ

1頭

最初は、ここ拡げても良いかなーなんて悩んだりもしたんですが、
最終的に同クラス2戦連続2着を評価させていただきます。



WIN2 オルフェーヴルカップ

ダッシャーワン
シセイオウジ
マルカバッケン

3頭

オープンでの成績を重視して3頭。
当たってくれれば十分なのだが、気持ち的には薄め期待。



WIN3 奥の細道特別

メイショウブシン

1頭

ここは難しいクセに1頭です。
多頭カバーしても自信がないというのもあるんですけどね。
カーマインとかなり悩んだんですが、
若さと距離延長の魅力でコッチにしておきます。



WIN4 難波S

リヴェレンテ
ミルドリーム

2頭

ここはかなり難解ですなー。
前走だけみたら、ココ頑張ってくれんじゃないかって感じの2頭で。



WIN5 皐月賞

クラリティシチー
ワンアンドオンリー

2頭

ワンアンドオンリーも思い入れがあるけど、
クラリティシチーはこれまでの競馬を見ていると、
この大一番で応援したいのであります。

―――――――――――――――――――――――――――――――――


以上、12点。

12点で、難しそうなところ1点で行ってますからね~。

まぁ他でアウトな可能性もありますが。

自信は無いですけど、買ったからには期待して観戦したいですな。


頑張れ!当たれ!


皐月賞の予想 
 
さぁ~皐月賞ですよ~!

この混戦の中、どの馬が最初の1冠を持っていくのか、楽しみですね。

今回は、クラリティシチーから潔く攻めきることにする。

スプリングSを見ていて、

やっぱりこの馬は買いたいと思ってしまった。

道中、ロサギガンティア、アジアエクスプレスよりも後方に位置して、

先に動いてロングスパートの形、

加えて、大外をずっと回ってきたというコースロスを考えれば、

最後はキレ負けしてもしょうがないって感じで、

それでも上位2頭に肉薄した形であれば、

ロサギガンティア、アジアエクスプレスと同じくらいの評価になっても、

個人的には全然おかしくないと思っている。

仮にあれが、1番人気の馬の走りであったとしても、

4角の手応えなど、勝ちにいけてる感の走りは納得の行くもので、

重賞勝ちがないどころか、新馬戦以降勝ってないところは、

スター性がいかにもない感じで、

それが人気の薄さに繋がってきているならば、自分は喜んで買いたい。

500万下で負けてるとか、皐月賞馬としてどうなの?って感じではあるが、

レース展開に恵まれないところは常々あったし、

そんなこと言ってたら、ノーリーズンもキャプテントゥーレも買えませんぜ!

ってことなので、ココは気持ち良くクラリティシチーから買わせていただきます。

距離延びても良さそうだし、内田騎手も中山コース上手いしね!


で、もう1頭選んでおきたい。

ワンアンドオンリー。

他の馬に比べて目に見える不安が少ないところと、2戦連続で見せた終いのキレ。

そして、重賞初制覇した時の、ゲンのいい1枠1番。

一番人気のトゥザワールドに対して、負けて強しの競馬をしたにも関わらず、

意外と人気が甘め。

買いたい要素が多い。

有力馬は、どれが強いのかわからないが、

コレも気持ち良く選べたんで、頑張ってもらいますわ。

馬券は3連単の2頭が頭のパターンで、

2、3着にイスラボニータ、トゥザワールド、アジアエクスプレス、ロサギガンティア、

ここに加えて、混戦の中で自分の競馬に決め込んできたら怖いアデイインザライフ。

そして3着に、

キングズオブザサン、トーセンスターダム、ベルキャニオン、アドマイヤデウス。

ここまでにしておく。

これで108点。

網の大きさはかなりデカめなつもりなのだが、

これでも簡単に捕まえられない感じの今年の皐月賞。

どうなるかなぁ~。

本当は、中山コースで2連勝してきた牝馬のバウンスシャッセとか、

外国人騎手のスズカデヴィアスとか、

前行って粘ったら怖いウインフルブルームとか、

末脚生きる展開になったら突っ込んでくるかもしれないタガノグランパとか、

もう拾いたいところだらけだったのだが、

点数的に限界ですわ(笑)

この108点なら、とりあえず当たればプラス!

ちょっと、荒れてくれようもんなら、ソコソコ頂けますわ。

混戦なだけに、1~3着総ハズレなんてこともありえそうだが、

う~ん・・・なんとか当たってほしいもんですな~!

あとは、クラリティシチー、アデイインザライフ、キングズオブザサンの、

ワイドボックスなんかも、ちょっと視野に入れておきたい。


混戦の皐月賞、楽しみたいと思います!


皐月賞の予習 
 
皐月賞の予習でも軽くやっておきましょうかねー。

今年は有力どころがいながらも、

伏兵軍団も、まるで無いことは無いって感じの情勢で、

馬券的にも面白そうな、今年の皐月賞ですな。

3連系の馬券を中心に買う自分としても、色々と頭の悩ませがいがありますわー。

今年は弥生賞、1、2着のトゥザワールド、ワンアンドオンリーに、

スプリングS勝ちのロサギガンティア、無敗のトーセンスターダム。

そしてアジアエクスプレス、イスラボニータが、

中心路線の一角として加わるって感じでしょうかね。

いやぁ~面白いですな。

イスラボニータがしばらく、クラシック戦線の中心として見られていたのにも関わらず、

間が空いてる分、共同通信杯から直行って分、

たぶん、この中ではけっこう地味な存在に成り下がってるような可能性があるんですよねー。

そうでも無いのかな?

イスラボニータ、

弥生賞勢、スプリングS勢との対決を経てない分、謎の魅力がありますわ。

自分が思ってるよりも人気しちゃいそうな気はしますけど。

まぁ、共同通信杯から皐月賞って流れみると、厳しいんですけどねー。

ワンアンドオンリー、クラリティシチーに先着してますからねー。

クラリティシチーには2度キッチリ先着して、

ベルキャニオン、マイネルフロスト、サトノアラジンあたりに完勝していて、

唯一負けの相手が、ハープスターで、

全体の競馬を見る分には、前で渋とさを活かす方が良いって中で、

切れ味勝負に屈した感じ。(とは言え、ハープスターに勝つのは難しい)

この結果を見る限りは、ココでも十分主役は張れそうな気はしないでもない。

あとは、人気が食いつきやすいところに落ち着くかだなー。

で、

イスラボニータは個人的な面白枠としての話で、

馬券で、週中からリアルに悩んでいるのが、

トゥザワールド、ワンアンドオンリー、そして、クラリティシチー。

これらを中心にどういった馬券構成で行くか・・・。

ってところですわ。

まぁクラリティシチーは3着にでも付けとけ!って話かもしれないんですけどね。

個人的に買いたいんですわー。

下手したら、新馬戦以降ずっと馬券買ってる気がするのだが、

特にココ最近、展開に恵まれないというか、

厳しい競馬を続けてやってしまってる感があるので、どうしてもまた狙いたくなってしまう。

実際、スプリングSの競馬見ても、

この皐月賞で狙っちゃいけないって感じでも無いんですけどねー。

人気はしないと思うので、気持ち的な本命はクラリティシチーですわ。

ただ、いかにも本線っぽい組からも、馬券の中心になる馬は選んでおきたい。


現時点ではトゥザワールド、ワンアンドオンリー。

この2頭なのかな~っては思うのだが、どうだろうか・・・。

弥生賞に関しては、トゥザワールドはちょい過剰な人気を背負いながら、

自分でレースを動かして、力づくで勝ちに行った内容は、

ゴール板前の脚色を抜きにしても相当評価できる。

そして、ワンアンドオンリーは、

挑戦する立場で、競馬はトゥザワールドより気楽だったものの、

後続を2馬身離して、最後まで追い詰めたあの脚は、

まだまだ奥行きを感じさせる。

イスラボニータも、ロサギガンティアも、

中心の候補から外すのは、かなり難しい選択な気はするのだが、

う~ん・・・この2頭プラス、クラリティシチー応援なのかなーって、

感じになりそうな気ではいる。

そんでもって、自分の中での最大の悩みは、

クラリティシチーを、まさかの大穴1着候補として馬券に組み込むか、

それとも、2着までにしとくか。

ここが難しい。

普通の感覚であれば、2着、もしくは3着で十分な気はするのだが、

自分の気持ちが、そう簡単に納得してくれないのである。

仮に、トゥザワールド、ワンアンドオンリー、クラリティシチーを1着においての、

3連単でいきましょってことになった場合、

2着の席には、それほど多くは持ってこれない。

2着が絞りこめずって展開になると、今度は3着が、拡げられなくなる。

で、今年の皐月賞。

3着の席まで考えるってなると、網はデカめの方が良い気はしている。

正直、何が突っ込んできてもおかしくない。

となると・・・頭はせめて2頭になるか・・・。

うーん、悩ましい。。。

色々悩んだ挙句、無敗のトーセンスターダムあたりに持って行かれちゃう可能性もあるが、

とりあえずは、

トゥザワールド、ワンアンドオンリー
    ↓
クラリティシチー
    ↓
イスラボニータ、ロサギガンティア
    ↓
アジアエクスプレス、トーセンスターダム
    ↓
アデイインザライフ、キングズオブザサン、ベルキャニオン、アドマイヤデウス
    ↓
バウンスシャッセ、スズカデヴィアス

こんな感じの序列では考えているんですけどね、

直前までどうなるか全然わからないですわー。


今年の皐月賞、楽しみだけど、難しいな~!

混戦っていうところで言えば、

ノーリーズン、ヴィクトリー、キャプテントゥーレ、アンライバルドの年が、

なんぼかモデルにはなるところもあるんだけど、

ちょっと感覚的に違うのかなー。

とは言え、そういう荒れた年を見ちゃうと、どこからでも入れそうな気がしてしまうし、

本命どころの馬券と別に、

ド荒れ専用の馬券も、なんぼか持っておいた方が良い感じはする。


しっかり考えておきたいですな。

今週のWIN5 in 桜花賞(2014) ウィーク 
 
さあ、今年12発目のWIN5、

桜花賞ウィークで、ちょっと無理やり絞れそうな部分もあるんで、

ちょっと多めに買ってみましょうかねー。

さて、予想の方に参りましょう。

―――――――――――――――――――――――――――――――――


WIN1 隅田川特別

ゴールドカルラ
コスモミレネール
クリノチョモランマ

3頭

ココが個人的は最大の難関ですね~。
1、2番人気を買いに行ってないので、かなり怖いところではありますな。
シンプルに中山適性と、調子で。



WIN2 大阪-ハンブルグC

バンデ

1頭

ここからどのくらいまでやれるのかは未知数のところではありますけどね、
阪神大賞典は強い競馬をしたし、
WIN5的に決め打ちできる1頭なので、潔く。



WIN3 福島民報杯

レッドレイヴン

1頭

ここはゼロスの逃げ粘りや、ラブイズブーシェの福島重賞成績も意識しながらも、
キャラ的に、決め打ちしたいところでもあるし、
この辺で格好つけないとイカン!ってのはあると思うので。
やろうと思えば、前でも勝負できますしね。



WIN4 春雷S

アフォード
プレイズエターナル
ヘニーハウンド
レオンビスティー
アウトクラトール
ワキノブレイブ
サイレントソニック
ニンジャ
スギノエンデバー
ハノハノ
サクラアドニス

11頭

全頭みたいな勢いで行っておきます!



WIN5 桜花賞

ハープスター

1頭

ここは1頭にお願いしておきます。
凱旋門賞制覇のためにも負けられないですぞ~。
期待してます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――


以上、33点。

かなりメリハリ効かせたのは良いとして、

中途半端になってる一発目でアウトみたいな話になったら軽くズッコケますな(笑)

とりあえずそこはクリアしてっ!


桜花賞の予想 
 
さぁ~桜花賞の予想に行きましょうかねー。

気合の入るクラシックモード突入ですわ。


ここはハープスターか、ひょ~っとしたらレッドリヴェール?

みたいな感じのオッズですかね。

買い方としても、

ハープスターがレッドリヴェールに勝って、3着はどれかってパターン。

レッドリヴェールがハープスターを逆転して、3着はどれかってパターン。

あとは、ハープスターは揺るがずも、

レッドリヴェールが2着をこぼして、2、3着がちょい順当ではないってパターン。

このぐらいになりますかね。

ただ、ガチガチ人気のハープスター中心に馬券を組み立てるってなると、

絞ったとしても、上のパターンを全部行くわけにはいきませんな。


で、絞込みの作業として、まず頭だが、ハープスターにしておく。

牡馬路線の中心の1頭イスラボニータを相手にしなかったところや、

チューリップ賞の余裕っぷり、そして、陣営の自信度を考えると、

ブエナビスタ、ジェンティルドンナに並ぶか、

もしくはそれを超えてくるレベルの牝馬であることを期待してしまう。

なんなら、日本初の凱旋門賞制覇も、

順調に行けばかなり現実的なところにあるような気もするので、

ここはまず1冠目、期待しておく。

ここまでは良い。

で、2着の目をどうするかって話が肝になってくるわけだが、

愚策か得策か、なんとも言えないのだが、

ココをいじってみるみることにする。

レッドリヴェールは確かに強い。

それは十分に認めてるのだが、

オッズとの兼ね合いと、そして、自分の感覚的な部分を考えると、

どうしてもいじるのはココになって来てしまう。

ちょっと無理やりケチをつけると、

札幌2歳Sが、まともな馬場の状況での勝利であったなら、ここでもさらに信頼度アップなのだが、

ちょっと判断がつきにくい重賞勝ちになってしまったし、

阪神JFを考えても、あの道中7、8番手という位置取りは、

もっとドカ負けして良いはずの、最低人気のエクスペリエンスや、

マーブルカテドラル(個人的には人気ほど信頼はしていなかった)あたりが、

ソコソコまとめてきたあたりを考えると、

あのレースにおいて最高の位置取りだったんじゃないかというところで、

今回はそれが理由で弱いということには決してすることはないが、

レッドリヴェールをリスペクトする一方で、

2、3着の逆転候補は、ひょっとしたら出てくるかもしれんって判断で、

ここをひとつの狙いにしてみる。

まぁ、根拠は弱いっちゃ弱いですな。

で、逆転候補なのだが、まずはホウライアキコ。

阪神JFでは、外から結構攻めた感じで、最終的に厳しい競馬になってしまったが、

あのレースは前に行ったモン負けみたいな部分は少なからずあったし、

続くフィリーズレビューでも、今度は前が塞がって能力を出しきれなかった。

どうも展開には泣かされている感が多少あって、

今回2度の凡走で、人気も良い具合に落としてる感じなので、

ここは狙っておきたい。

もう1頭はベルカント。

同じくフィリーズレビューで、1着だったが、

ホウライアキコがベストの競馬を見せたとしても、届いたかは微妙って感じで、

鞍上がうまく乗ったとは言え、なかなか強い競馬だった。

この競馬を経験した上で、うまいこと溜め逃げみたいな形になったら、

さらに怖いというか、

成長分も含めて、ちょっとどこまで走ってくるかわからない感じだ。

ガッツリ負けたのは牡馬との戦いだった朝日杯だけだったし、

今回は外枠とは言え、武豊騎手ですからなー。

人気もたぶん枠の分甘くなりそうではあるし、

これはちょっと拾っておきたい感じですわ。

あとは、守備的に行くならば、これにレッドリヴェールも加えたいところなのだが、

それなりに点数増えてしまうし、ココはこの2頭だけで、

攻めあるのみ!で行っておきますわ。


馬券は、ハープスター頭からの3連単で、

2、3着にホウライアキコ、ベルカント。

3着には、レッドリヴェール、フォーエバーモア、マーブルカテドラル、リラヴァティ、

ヌーヴォレコルト、レーヴデトワール。

14点。

あとは、無いとは思うのだが、

前残りの競馬になって、

ベルカントがハマリまくって、ハープスターまさかの届かずってパターンも、

一応は意識しておいて、

ベルカントから、ハープスター、ホウライアキコ、レッドリヴェール、リラヴァティの2着に流して、

フォーエバーモア、マーブルカテドラル。

このパターンの馬券も軽く持っておきたい。


明日は、桜花賞以外のレースは買えるか微妙なところだな~。

まぁ、桜花賞が当たってくれれば良いのだ!


阪神牝馬Sと、ニュージーランドTの予想。 
 
最近夜が忙しくて、前日予想ができませんわー。

夜忙しいって、ソッチじゃないですよ?

ってことで、今日も当日予想で頑張ります。


さて阪神牝馬S。

なかなか難解なメンツが揃っておりますなー。

スマートレイアーに乗っかってしまうってパターン以外は、

ちょっと簡単に決めれない感じではありますな。

そんな中、腹を括ってエピセアロームにしてみる。

阪急杯は、ココとのつながりって部分では何とも言えないのだが、

1400mで力を出している、レッドオーヴァルにコンマ1秒差の5着。

最近はおとなしい感じの成績になっているとは言え、まだまだやれると見ておく。

人気もマイルドな感じですしね。

相手は、スマートレイアーをカバーしつつの、

そしたらば、他は穴目行っておこうという布陣で、

プリンセスジャック、アミカブルナンバー、ローガンサファイア、サマールナ。

この辺りも相手に取って、

ヒモに、トーホウアマポーラ、ウリウリ、ヴィルシーナ、ウイングザムーン。

まぁヒモも考えると広くカバーって感じですな。

馬券は、この形での3連複で。

ニュージーランドトロフィーは、ショウナンアチーヴで行っておく。

これまで中団から好位に進出するだった競馬が、

前走はだいぶ後方からの競馬になったのが響いたのか、末脚負けしましたかね~。

朝日杯2着馬としての、ある種の、ちょっと勝者すぎる競馬をしてしまったためかな?

現状では自分で流れに乗って、渋とさを活かす競馬の方が良いのかも。

なんか、その方が朝日杯2着馬くさい感じですしね。

ってことで、ここで、もういっちょ強さ見せるパターンに期待。

馬券は1着固定の3連単で、

2、3着に、ショウナンワダチ、マイネルディアベル、イタリアンネオ、ベルルミエール。

3着に、アルマエルナト、ウインフェニックス、クインズハリジャン、

パワースラッガー、カラダレジェンド。

このパターンで行ってみる。

ショウナンアチーヴ2着のパターンも少し持っておくかなぁー。


明日の桜花賞に繋げてくれたら最高でございます。押忍!


今週のWIN5 in 大阪杯 ウィーク 
 
さあ、今年11発目のWIN5、

なかなか当たりませんなー。

先週多めに買った分もあるんで、今回は控えめにしておきます。

さて、予想の方に参りましょう。

―――――――――――――――――――――――――――――――――


WIN1 千葉日報杯

ファンデルワールス
ツクバリンカーン

2頭

房総特別組を上位に見て、先着馬より2頭。
脚質が異なる2頭なので、この組が弱いということにならなければ何とか。



WIN2 マーガレットS

ダノンマッキンレー
オメガヴェンデッタ

2頭

ココはモンラッシェを加えて3頭にしたいところだったが、
今回は頭数は控えめ。
この判断がどう出るか・・・。



WIN3 伏竜S

スピナッチ
ダイチトゥルース
ポメグラネイト

3頭

正攻法の競馬で強い競馬をしているダート無敗馬。
そして、逃げたら怖い馬、追い込んだら怖い馬の3点セット。



WIN4 産経大阪杯

エピファネイア

1頭

スローな展開での末脚期待と、国内で重賞連勝で来てる順調さ、勢いで。



WIN5 ダービー卿チャレンジトロフィ

コディーノ

1頭

配当も考慮に入れると、ブレイズアトレイルとも迷ったんですが、
馬券にこそなれてはないものの、常に強い相手と戦ってきたコディーノに期待で。
まぁ、WIN5で配当を意識するのも・・・って感じなんですが。

―――――――――――――――――――――――――――――――――


以上、12点。

12点って点数ながらも、ちょっと良い感じに選べた感はありますわ。

って言って、ひとつも当たらなかったりするんですが。

こんな点数でもうまいこと引っ掛かってくれませんかね~。

当たれー!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。