スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
函館記念の予想 
 
函館記念の予想いきますかー。

今週で、もう函館開催終わりですか。

早いですなー、ぜんぜん函館競馬を満喫した気がしてませんわ。

まぁ、その一番の理由は、馬券のうまいところ引っ掛けてないからなんですな。

いやー最後に満喫したいもんですわ、函館競馬。

本当なら現場に行って涼しい風を浴びながら、

ビールでも飲みながらなんてのが最高の満喫の仕方なんでしょうけど、

まぁ、これから行ったんじゃ間に合いませんな。

仮に自家用ジェットで飛んで行ったとしても、

空港降りて、近くで寿司屋でちょっとつまんで、

そっから急ぎ足で競馬場に向かったところで、

函館記念は残り200mみたいな展開になりますな。

まぁ、寿司つまむのは後にしとけって話なんですが。

とりあえず、また今度の楽しみにしておきます。

さて、函館記念。

結構買いたい馬が多くて難しいですなー。

ざっと各馬の人気を見てると、アスカクリチャン。

これが、一番人気を落としているように見える。

もともと、夏の七夕賞で火が付いて、中長距離の重賞に顔を出すようになった馬で、

昨年の函館2連戦も馬券内。

ここ数走の成績を見ると心配ではあるが、

オッズがここまで下がってるのはこのせいなので、

夏のアスカクリチャンが復活する可能性の方にかけてみたい。

で、やはり荒れる重賞。

アスカクリチャンから入っておいてなんだが、

もう1頭は選んでおきたい。

どうしてもダークシャドウ。

どうしてもダークシャドウが買いたくなってしまうが、

トウカイパラダイスも買いたい。

なんなら、2年連続で対抗の○印つけてましたわ。

単勝オッズは同じくらい。

どこで差をつけようかという感じなのだが、

今回、前に行きたいのが少ない。

ゼロスがたぶん逃げるかもってぐらい。

今の函館は、逃げ切るのは容易ではない感じだが、

それでもソコソコ前につけることは、馬券内に入るためには重要であるのは変わりはなく、

そんな中、逃げてもよく、2、3番手で追走する形も取れるトウカイパラダイスは、

今回チャンスが拡がっていうるように思える。

ダークシャドウと比べて、斤量も軽い。

柴山騎手も、函館は信頼できる。

ってことで、この2頭を軸に馬券を買ってみることにする。

そして、軸も難しいが、相手もまた難しい。

なんならほぼ全頭にチャンスがありそうにすら思える。

そんな中、まずは軸にも考えたダークシャドウ。

人気のグランデッツァ、これも軽視は怖いので押さえておく。

あとは、ラブイズブーシェ、アドマイヤタイシ、サクラアルディート。

このあたりまでにしておく。

馬券は2頭からの馬連流しで。


函館現地観戦は逃したが、新潟現地観戦ってパターンもあるので、

このあたりで、旅費が舞い込んでくると非常に嬉しいのでございます。

アスカクリチャン、トウカイパラダイス、旅費を頼んだぞ!



スポンサーサイト
プロキオンSと、七夕賞の予想。 
 
もう昼過ぎてしましましたな。

最近土日が競馬のためにあまり使えない日が続いております。

しょうがないないとは言え、イカンなー。

今日は重賞2つ。

まずはプロキオンS。

3歳馬と、ベストウォーリアが注目されそうではあるが、

その他もなかなか侮れない印象。

ここはちょっと薄めのところメインで入っておきましょうかね。

ゴールスキー、ノーザンリバーに加えて、ガンジス、ダノンカモン、シルクフォーチュン。

ここなら、いつ走ってもおかしくない軍団5頭。

これだけ多いと順位付けも買い方も難しい。

ってことで、5頭ボックスで、ワイドの馬券を握りしめてレースを眺めることにしておく。

さっくり終わってしまった。

続いて七夕賞。

どれが複勝率高そうかってのは、割りとわかりやすい感じではあるが、

良い馬券の買い方ってなると、なかなか難しいレースだなぁ。

今週の傾向と、福島コースということもあって、

どっちかって言うと、逃げ含む先行の脚質が良さげなので、

ソッチから入りましょ。

ただ、先行馬が、有力馬、穴馬含めて多い。

これだけ多いと、逃げ馬はキツくなるか、なぜか思ったより楽な展開になるか、

どっちもある気はする。

キツくなる方が普通だが、メンバー的にもコース的にも後ろから狙うののは簡単ではないので、

グランデスバル、コスモバルバラ。

この近走頑張ってる2頭が、

有力馬がソコソコ牽制して、意外と楽に行かせてもらいましたの展開になるのを期待して、

ここから入ってみる。

グランデスバル、コスモバルバラに、

人気側で、福島重賞ならってことでダイワファルコン。

夏に復活期待で、最内枠ミキノバンジョー。

人気馬がやはり堅いと思われてるらしく、外し技で行かないとちょっと美味しくない。

この4頭のワイドボックスで行ってみることにする。

あとは実力、適性、脚質考慮して、

ラブリーデイ、マイネルラクリマの1、2着固定からの3連単も少し買っておきたい。

3着に、グランデスバル、コスモバルバラ、ダイワファルコン、ミキノバンジョー、

ダコール、ヴィクトリースター、アドマイヤブルー。

この14点は押さえておく。


今週あたりで、そろそろ夏競馬の気持ち良い勝利を!

どっちも当たったら、買ったことないの銘柄のビールでも買いに行こう。

CBC賞と、ラジオNIKKEI賞の予想。 
 
昨日も用事で競馬には参加できず。

今日もちょっと微妙なところだったが、どうやら参戦できそうな情勢なので、

重賞ちらっと予想しておきましょうかねー。

ってことで、まずはCBC賞。

3歳馬もちょこっと面白そうに見えてしまうが、

ここは実績のある先輩方に頑張ってもらう方に期待してみますかね。

メンツ的に、そこそこペースは早い気がしてるんで、

末脚はまぁまぁ自信ありまっせ軍団中心で、

頭にエピセアローム、マヤノリュウジン。

2、3着には、スギノエンデバー、マコトナワラタナ、サクラアドニス。

3着に、レオンビスティー、ブルーデジャブ、リアルヴィーナス。

こんな感じで行ってみましょうかね。

一番安い配当でも600倍以上ついてしまうという、薄いところ狙い。(になってしまったとも・・・)

正直、ここまで付いてしまうかという感じで、若干不安もあるのだが、

オッズ見て決めたワケでもないので、これに期待しておきますわ。

ラジオNIKKEI賞は、頭は人気馬のどれかって感じはするんですけどね。

クラリティシチーとピオネロを取っておきましょうかね。

両馬のイメージから考えるには、どっちかって言うとピオネロなんですがね、

クラリティシチーの初重賞勝ちってレースで、買わないで勝たれると悔しいのと、

まぁ普通に能力ぶん走ればやっぱり強いと思いますんでねー。

こういう実績がある馬が出てきた

1、2番人気を買うことになってしまうが、頭はこれで行っておく。

となると、2、3着の席は、ちょっと荒れて欲しい。

ってことで馬券は3連単で、

頭にピオネロ、クラリティシチー。

2、3着にミヤビジャスパー、メドウヒルズ、ラディウス。

3着に、ウインフェニックス、ショウナンワダチ、ウインマーレライ。

こんな感じで行ってみますかね。

個人的にはメドウヒルズ、ラディウスあたりはオッズより期待しても良いかもなんて思ってるんで、

ぜひとも2着争いまで頑張ってもらいたい。

今日はこの重賞2レースだけになりそうかなー。

そろそろ良い感じの当たりが欲しい、今日この頃。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。