スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金杯と金杯を予想。 
 
前回の記事で、目指せ!年間12拍手!

って書いて、早速2拍手を頂いてしまった。

内容に関係なく、わざわざとノッてくれて拍手を押してくださったんだと思う。

温かい人たちですなー。


有難うございます。

いきなり気分良く新年がスタート切れた気がします。

あと残り10拍手を頂くために、あと362日頑張って書いていこうと思います。


早速、

新年を祝うめでたい重賞、「金杯」の予想を書いてみる。

今年を占う大事なレース。

とか言いながら、当たれば、

「今年はもらったぜ!」とか調子に乗ったりして、

外れれば、

「金杯ってのは、その・・・所謂ウォーミングアップ的な位置づけなんですよ。うん。まぁ、ここで獲ってしまったら変に気持ちがフワフワしてしまうから、その・・・、外すぐらいの方が気が引き締まって、次に繋がりやすいと思うんですよ。うん。そうそう。マジで。」

とか言ってしまいそうなので、

あまり変に意識しないで、ひとつのレースとして取り組むつもりでやんす。

でも何だかんだで獲りたい意識はいつもよりは強い。

当たり前だけど、外れてウォーミングアップ・・・みたいなこと言わずに、最初からスーパースタートダッシュで獲りにいきたい。

まぁ、お金がかかってるんで当然ですな。

まぁごちゃごちゃ言わずに予想に移行しましょ。


まずは、中山金杯(GⅢ)中山・芝・右 2000m

ささっとデータを見てみると、

ハンデ戦だけに、負担重量による成績の偏りに目が行く。

見たところ、トップハンデ、もしくはそれに近い負担を背負った馬が馬券になりやすい傾向になっている。

それに加えて、軽量負担の馬も複勝圏に顔を出すのが得意のよう。

印象的には、勝ちきる力もないのに、微妙に重たい負担を背負わされた馬たちが苦労しているようだ。

ここで馬券になる馬を選ぶエッセンスとしては、

多少負担がキツめでも、勝ちきる力がある馬と、その馬の能力に見合わない軽負担を頂いている馬ってところか。

もちろん力があれば、中途半端な斤量でも無視できなくて、

結局最後は馬の能力かよ!って自分でも突っ込みを入れたくなるが、

とりあえず、重ハンデ、軽ハンデの馬の成績が良いことには一目置いておきたい。


今回のメンツで、トップハンデは57.5kgのホッコーパドゥシャ。

次いで57kgのアクシオン。

気持ち的にはどちらか一方を蹴りたくて、

どちらかというと、勢いがあって、0.5kgでも軽いアクシオンを取りたいんだが、

ホッコーパドゥシャも中山経験がないとは言え、何とも掴みどころがない馬で、なかなか簡単に蹴りにくいところがある。

なら両方取ってしまおうという方向に行きたいところだが・・・

ホッコーパドゥシャにケチつけてみるとしたら、やはり夏の馬なのかな?って思わないこともない。

06~07の冬場はちょい結果出してはいるが、それ以外は芳しくないように思えて、

前走で夏の勢いを失ってしまったのも考えると、何か勝ち切るイメージが沸かない。

ここはアクシオンを取っておこうと思う。

そのアクシオンも中山で好結果を出してるとは言い難くて、堅軸とまでは言えないかもしれない。

とりあえず他も見てみる。

最軽量は50kgのアスクデピュティ。

2走前のウェルカムSでは最軽量を生かして7番人気ながら勝利。

今回も最軽量で不気味な感じもする。

中山実績を考えると、これもまだ甘い気がしないでもないが、

他のメンバーの能力に対して50kgってのは得してる感もあるので、馬券候補としてみておきたい。

マイネルグラシューは中山で好走する癖があり、負担も53kgと軽め。

そして、当レースで軽ハンデに恵まれて結果を残して来た馬は、先行して粘るパターンのが多いっぽい感じで、

いかにもそのタイプっぽいこの馬は、馬券に絡んでくる可能性が高い。

さらに細かいデータからいくと、前走1800mだった組は成績が良く、

その点もカバーしてるあたりは心強い。

マイネルグラシュー。なかなか買えそうかな。

ただ、中山実績以外を考えると、能力的にこのメンツに勝ちきれるかな・・・?

なんか、難しいね~。


勝ちきる能力を重視するなら、ゴールデンダリア、サニーサンデー。

なんだかんだ、この辺は無難なのかもしれない。

極端なレースだったとは言え、皐月賞4着馬のシェーンバルトも警戒が必要か。

シェーンバルトはこの辺で結果出しておかないと、買うところがなくなってしまうな。

そんなこと言っておいて、中山2000mは内枠先行が有利。

この3頭の中ではサニーサンデーが一番買いやすいかもしれん。


いやー1発目から多いわ!

全く絞れませんな。


まぁハンデ戦は一本釣りより延縄で攻めるのが有効だと思うから、少し広めに買うのはいいと思う。

結果論だが、ダンスアジョイの小倉記念みたいな超混戦の展開で頭を固定する方が危険だとも思うしなぁ。

ただ現時点で、

アクシオン
アスクデピュティ
マイネルグラシュー
ゴールデンダリア
サニーサンデー
シェーンバルト

人気側が多すぎる気も。

さらにはデルフォイ、トウショウシロッコもちょっと考えてみたいと思っている。

アホなくらい多いですな。ハンデ戦だからか?

まー明日、しっかり絞りますか。

金杯だからゴールデンダリアっていう、わかり易すぎるオチの可能性も十分高いな。


京都の金杯は明日考えよう。


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/102-669208ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。