スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京成杯と、日経新春杯。 
 
京成杯と、日経新春杯の予想の時間です。

京成杯は、ヌーベルバーグから入ろうと思う。

POGチームメンバーのとりおやこさんが指名している期待の牝馬。

期待要素も、不安要素もいい感じにあって、人気もそこまで抜けた感じではなく、

ここは期待してしまいたい。

1勝馬で牝馬で、2戦目に牡馬と混合の重賞ですか。

大物感を匂わせてくれますな。

相手は先日サラッと挙げた通り、フェイトフルウォーでいくつもり。

まぁ中々人気のようですな。

基本、波乱とか、大物食いとか、爆裂馬券が好きなほうだが、

強いと感じた馬は人気でも買いまっせ!

相手と言うよりは、ヌーベルバーグとフェイトフルウォーの頭2頭軸で、

そのヒモに強敵スマートロビンと行ってしまいそうなところを、

横山典がうまく逃げそうなジャービス。こっちを選ぶ。

未勝利戦で能力が抜けていたスマートロビンとジャービス。

ハナ差という着差は、中山に舞台を移して、ひっくり返ると見たい。

馬連BOXか、3連複をこの3頭で買っておきたい。

抑えとしては、先行できればまだわからなそうなコウヨウレジェンド。

能力の割には前走の凡走で人気を落としているマイネルメダリスト、

同じくノヴァグロリア。

中山、大外枠、追い込み脚質ってことで、何もここで買わなくてもって感じもするが、

牝馬で挑戦してることと、能力だけを買って、マリアビスティーもくっつけておきたい。

京成杯はこんなところです。


日経新春杯は、降雪の影響により・・・って具合だが、

念のため予想をしておこう。

平日にも挙げたように、4歳馬はどの馬にもチャンスがあるような気がしている。

で、予想の軸はビートブラック、ルーラーシップ、コスモヘレノスと、変わりはないのだが、

先日までの段階で、ヒルノダムールを、距離の面で軽視していて、今回、買いたい伏兵がたくさん出てきたので、軸候補からは外していたのだが、

すけえもんさんのブログで、

「菊花賞も前が壁になるシーンがあってのコンマ4秒差なら、

何とかなりそうに思う。」

というのを見る。

サラッと言った一言だが、

確かに、直線スムーズではない競馬で、それでも最後はしっかり伸びてきていた。

これだけで判断しても、ひょっとしたら距離の不安はあまりないんじゃないか?って思う。

さらに、京都コースは、その菊花賞の7着以外の2走は勝っていて、相性は良いように思える。

上位組では斤量も穏やかだし、いきなり買う材料が増えた感じだ。

ってことで、

ビートブラックとヒルノダムールの2頭を軸にすることにした。

相手にルーラーシップ、

その下にコスモヘレノス、ゲシュタルト、ローズキングダムって布陣だ。


うん、ヒントは色んなところに転がってますな。

自分、まだ競馬初心者の域だと思うし、そこまで自分の予想に意地を張ってるわけではないから、

純粋に良い予想は良い!と判断できてしまう。

もう、すぐに自分の予想に組み込みますよ。

初心者ならではの変な視野の広さっていうか、守備範囲というか、

この辺は自分としてもプラスポイントだと思います。

ただ、自分のPOG馬が出走すると、視野が急激に狭くなります。

ど真ん中直球がこないとバットに当たらなくなります。

まぁそれも、競馬の面白さなんだよなー。

ヌーベルバーグ、モアグレイス、リトルダーリン、

頑張れ!!
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/165-e99b489d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。