スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天皇賞(春)の予想 
 
天皇賞(春)の予想といきますか。

わぁー。

久々だなー、この感じ。

いきなり即席予想をかました青葉賞の予想は、見事に砕け散りました。

時間をかけても予想はほぼ変わらない気はするけど、

それにしても、ひとっつも馬券に絡まない見事な玉砕スタートを切りましたなー。

ショウナンマイティ、もう少しだったなー。

ウインバリアシオン、強かったな。

ラジオNIKKEI杯でダノンバラードの4着を見たとき、

NHKマイルはコイツかな~。なんて思ったりもしたんだけど、

ここを勝ってしまいますかって感じだ。

これで、2強と勝手に思い込んでいたNHKマイルは、サトノオーの1強になったかな。

ってかサトノオーちゃんと出てくるのかな?



とりあえず、天皇賞の予想しよ。

出馬表ずっと見てたけど、コレ、けっこー難解だぞ!?

って思った。

人気は日経賞組になると思うけど、

コスモメドウを初めとする、ステイヤー組や、

連対率100%のマイネルキッツとか、

もしくは、おフランスのジェントゥーとか。

例年の天皇賞よりも、多くの要素が詰まっていて、

どの馬を軸にするかっていうよりも、どの要素を重要視するかって部分で、もうかなり悩む。

そんな中で、結局一番重要なのは、この精鋭たちが叩き出すペースなのだろうと思う。

サ~っと見てみると、そこまで逃げたいのもいないし、仮に逃げた馬がいたとしても、それに突っかけてたいみたいな馬もいないっぽくて、

どっちかというと自分のペースを大事にしたい馬が多い。

となると、ペースはより遅く落ち着くんじゃないかと思う。

そのスローという要素から予想を始めれば、先行馬を買っとくのが良いという方向に落ち着く。

ハナを切っていくのが確定しているような馬を探すのは難しいが、

先行するだろーな軍団に入団できそうな馬が何頭かいる。

1番人気のトゥザグローリーは、最近3、4番手の好位につけて、直線抜け出し、押し切りみたいな横綱相撲で強敵相手に3連続馬券になり、そのうち2勝。

今回も、まさにこの形に持ち込むと見る。なかなか堅い。

阪神大賞典を勝ったナムラクレセントは、そのレース、2番手追走から力強く抜け出し、圧勝とも言うべき勝ち方。

今回は少しばっかりの距離延長。前走見る限り、なかなか熱いパフォーマンスができそうだ。

ステイヤーチームの中心コスモメドウは、2度、3000mで先行して勝ち負け。

少し遅れても、強靭なスタミナで粘り前に迫れる強さがある。

ここは掲示板以上には来る可能性が高い。

マイネルキッツは、基本先行しないタイプだが、昨年の天皇賞2着では2番手先行から粘ったもので、
今回の並み居る強豪たちを相手にして差し切れる脚を持っていないと思ったら、先行して粘る方を選択するはずだ。

ゲシュタルトはメンバーの中で、最も先行率が高いと言っていい。

ここまで安定して先行競馬ができるというのは、折り合いがつきやすいからなのだと思う。

長距離レースでは、何よりも折り合いが大事。

距離もこなせない気はしないので、

確かにこのメンバーの中で、実績は寂しく映るけれども、

他のどの馬よりも自分の競馬ができるというのが強みだ。

他が崩れるようならば、この馬にもチャンスはまるでないとは言い切れないと思う。


と、ここまで5頭、先行するだろーな軍団をピックアップしてみたが、


実はペルーサ。

ひょっとしたら、この馬、前行くんじゃないか?って思っている。

鞍上は、横山典弘。

ペースを読み切り、何度も奇策をかましてきたテクニシャンだ。

その戦術眼は、この素人にもちょっと匂ってくるようなスローの香りを、逃すわけはない。

末足キレキレのペルーサでも、あんまり後ろすぎては、同世代の強いライバルたちを差し切れないのはわかってるはず。

ここは前行く方に賭けてみる。

「おーっとペルーサ、今日は果敢に先行策!逃げる○○○を見る形で2番手に・・・」

みたいな。

日経賞組123の中でも、ペルーサが3200mという距離延長に一番向いているように思える。

日経賞見ていても、3Fのタイムこそトゥザグローリーにコンマ1秒及ばないものの、

グングン尻上がりに伸びてくるように見えたのはペルーサだった。

なんていうか、瞬発力がないというか、最高速度に達するまでがちょっと遅いというか、

ただ、到達したスピードは素晴らしく、その脚が長く使える。

ちょうどブエナビスタと被るような感じが、

私の中でのペルーサのイメージ。


今回の天皇賞では、長距離戦ゆえ、スローとは言えどもペルーサ含め、終いがズブくなるはずで、

トゥザグローリーのような瞬発力がある脚よりも、ペルーサのような脚質の方が結構しぶといんではないかと、

そんな風に妄想している。

もし、仮に出遅れるようなことがあっても、長丁場のこのレースは、そこまで気にしなくてもいいという部分も良い。

こんなところから、軸はペルーサでいこうと思います。

相手は前走シビれたナムラクレセント。

やっぱり長距離は適正かなと思うところで、コスモメドウ。

そして、長距離適正というより、天皇賞適正のマイネルキッツ。

さすがに外しにくいトゥザグローリー。

この辺りを中心に、

ローズキングダム、ゲシュタルト、実は先行系なの忘れてたビートブラック。

あたりを押さえにしておく。

ジェントゥー・フロム・フランスは道悪巧者らしいから、

もし馬場がそういう状態であるならば、という条件つきで考慮に入れておく。


東京9Rの府中Sは、戸崎圭太騎手に乗り替わったステキでかわいい馬から、ミッションモードへ。

押さえは、ゴールディーロックと、レインフォーレストだな。

スポンサーサイト
 
まいど! 
 
ペルーサの先行作戦、ちょっとあるかもしれませんねー。
横山典騎手、昨日息子さんが勝ち上がって、気合入ってるだろうし。
うむ、頭も警戒ですな。
Re: まいど! 
 
おー、すけえもんさん、まいどどうもです!

ちょっとありそうな気がするんですよねー。馬場のこともあるし。

仮にスタートズバッと決められなくても、デムーロ・イン・ドゥバイばりの積極策に出てもらいたいです。

それにしても、ジェントゥーどうしよか~って感じです。
このままなら馬券に入れなきゃいけないかもしれないですなー。

震災で敬遠されがちな今の日本にわざわざ来てくれたことに、敬意の表して、馬券に入れることにしますわ。
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/174-7c933cb4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。