スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目黒記念と、金鯱賞の予習。 
 
ここまで連続でダービーの予習を進めてきたが、

前日土曜の重賞、目黒記念と金鯱賞を早めの段階から予習しておく。

いやー、なんて豪華な土曜日でしょう。

目黒記念に金鯱賞ですよ。

うーんスペシャル豪華。

どちらも結構好きな重賞なんすよ、うふふ。

ダービーの馬券で大きく出るために、賞金を加算しておきたいこの2レース。

当日は、この2レースしか買わないつもりでいる。

白百合Sも気になると言えば気になるけど・・・。

さて、まずお先に目黒記念。

なかなか面白いメンツですなー。

天皇賞で、4着に突っ込んだ驚きのマカニビスティー。

青葉賞3着後、2戦芝で走って勝ち切れなく、ダートに土俵を変えて2連勝(内芝1勝)してきたハートビートソング。

一昨年の日経賞で2着、昨年の日経賞で1着、
今年の日経賞では、強い4歳世代に馬券内を独占されたが、それでも手堅く4着と、2400までは守備範囲で安定して走れるマイネルキッツ。

そして、ジャミール、シャイニータイガー、ケイアイドウソジン、イケドラゴン、オウケンサクラなど。

なかなか人気が割れそうで面白い。

人気の中心になりそうな2頭の、

マカニビスティーに関しては、前走を展開がハマッたと、フロック視する人も少なくないだろうし、

ハートビートソングも芝では、また勝ちきれないレースになってしまう可能性も考えられるし、

不安が多い人気馬になってしまいそうだ。

とか言いながら、どっちも買いたい方の馬なんだけど・・・。今のところ。

ジャミールはここんとこ大敗続きだが、アルゼンチン共和国杯で2着もあるし、それでも、1年半くらい勝ちきれていないし、

他の馬に関しても、どこか穴があって、どこか可能性があるっていう、

ちょっぴり激戦のメンツと見える。

こう言った出走馬での中で、今のところ気になってるのが、イコピコとキングトップガン。

イコピコは神戸新聞杯以来もう全然で、もうピーク過ぎたかと見られてしまいそうだが、

前走のメトロポリタンSでは復調を見せたと思った。

最後は挟まれたか、前が詰まったからか、ちょいとタレ気味には見えたが、

勝ったケイアイドウソジンから、コンマ3秒の7着。

そこまで差はなかった。

あとはもう少し脚をいい感じに溜めれて、展開も向けば、ここで上位に食い込むんではなかろうかと思っている。

勝った、神戸新聞杯、復調見せたメトロポリタンS、ともに2400m。

菊花賞4着も考慮に入れれば、微々たるモノかもしれないが、100m延びるのは悪くないはずだ。

そして、メトロポリタンSを勝ったケイアイドウソジンは、それなりに人気になる思うが、

イコピコは前走と斤量変わらずで、ケイアイドウソジンが1キロプラスっていうんなら、

イコピコを買いたい。


そして、キングトップガン。

これは軽斤量ということで買いたい。

しばらく軽斤量で走ってきていたが、長距離走ったり、ダート使ったりして結果も全然出ていなかったが、

ここ最近の2走にフォーカスしてみると、

大阪-ハンブルクC 距離2400m 斤量50kg 結果2着(18人気)
メトロポリタンS  距離2400m 斤量51kg 結果差のない6着(11人気)

こんな感じ。

ひょっとしたら今のキングトップガンにとって、距離2400m、斤量50~51kgという条件は、力が出る条件なのかもしれないと思ってしまう。

目黒記念はちょい延びて2500mだが、最近の目黒記念は、

2010年度 イケドラゴン   斤量51kg 2着(9人気)
2009年度 ハギノジョイフル 斤量52kg 3着(17人気) 
2007年度 ココナッツパンチ 斤量51kg 2着(4人気)

と、人気薄で軽斤量は歓迎のレースになっている。

絶対的な本命馬が不在の今回なら、ますますキングトップガンの出る幕はあるはず。

もちろん、イケドラゴンや、シャイニータイガーは軽量なので、注意は必要だけどねー。



金鯱賞の方に関しては、ルーラーシップからアーネストリーで、ほぼオッケーなんじゃないかとも思うが、

アンライバルドの逆襲もちょっと意識している。

クラシックで主役だった頃は、若駒S、スプリングS、皐月賞と連勝しているように、

1800~2000mで結果を出したものだった。

それ以来2000以下は走っておらず、ひょっとしたらここは適距離なのかとも思い始めている。

そう思えば、菊花賞の大敗も、ちょっと納得がいく。

菊花にしろ有馬にしろ、ちょっと負けすぎではあるけど。

まあでも、

クラシックで、2冠3冠、制している皐月賞馬ってのとは別に、

1冠のみの、「ザ・皐月賞馬」が復活を遂げるとしたら、やはり、この距離なのかもしれない。

キャプテントゥーレなんかも、2000mまでなら、重賞勝ったり安定して成績残しているし、

同じような距離適正なんだと思う。

色んな皐月賞馬がいるが、みんな、どの距離も強いってことはない。

ってところで、今のところルーラーシップ、アーネストリーに対抗する馬としては、

アンライバルドを指名しておきたい。

アドマイヤメジャーも2000m結構強いんだよなー。

目黒記念は点数多め、金鯱賞は、少なめになりそうだな。

うーん週末が楽しみ。

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/186-dd812cfc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。