スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダービーの予習③ 
 
明日は目黒記念と金鯱賞が控えているが、

ダービーの予習も少し進めておきたい。

今年のダービーの枠順が確定した。3年連続でダービー馬を出している1枠1番にはウィンバリアシオンが入った。

昨年のエイシンフラッシュは、内の方で脚を溜め、マイペースの競馬に徹した。

一昨年のロジユニヴァースは、雨を武器にして先行、これもロスなく回った。

さらに前年のディープスカイは、道中後方で内ラチ沿いを進み、直線に入るときはもう腹括ったって感じで大外に無理やり出しての追い込み。

こうして見ると、ロジユニヴァースの不良馬場での先行競馬は枠が有利に働いたと考えられるものの、

それ以外は、多少の助けにはなっているが、枠がそんなに大きくは影響していないんじゃないかと思う。

結局は強い馬が勝っているというか、その後の活躍を見る限り、ある程度順当というか。

1枠1番が本当に有利に働くとすれば、それはまさに、ロジユニヴァースのダービー。

超不良馬場で、先行脚質っていう組み合わせなんだと思う。

ウインバリアシオンはこれまでを見る限り、ある程度自在性があるので、馬場が渋ったなら前へ行くのもいいし、

そうでもないなら末脚にかけてもいいし、なかなか良いんじゃないかと思っている。

ただ、鞍上が新馬戦から、福永Jが乗ってきてたのが、前走で安藤勝騎手にテン乗り。

その一発目で、初めて直線一本の競馬をしたっていう部分が引っかかってくる。

そうなると、鞍上変更に伴って、完全に脚質1本化してしまう可能性も考えてしまう。

ましてや安藤勝Jだと、なおさら前に行く競馬は控えやすいってイメージだ。

こうなると、逃げ、先行の手は考えにくくなり、馬場が悪ければ買いにくくなるなー。

ウインバリアシオンは馬場状態により、取り捨てってことになるかもしれない。

あと、青葉賞馬はダービーで勝てないジンクスってのはずっとあるが、それは、あんまり気にしなくてもいいと思っている。

シンボリクリスエスやゼンノロブロイなど、強かった青葉賞馬はダービーでも2着と好走しているし、

2着ってのは、ある意味半分勝ったようなもんでもある。

要は、その馬が強いかどうかって話で、青葉賞組だから消しましょうなんてことをやっていると、いつか一杯食わされそうだ。

昨年の青葉賞の、ペルーサ、トゥザグローリーは、色んな事言われているダービーでは振るわなかったものの、ああいった流れの中でも十分通用していたと思うし、

3着のハートビートソングを含め、青葉賞上位3頭はその後、その後に力を見せている。

今年の青葉賞のメンバーに関して言えば、昨年には及ばないものの、軽視して良いようなメンバーではないとは言うことができそうで、

青葉賞組はこれから、ダービーに通用するような馬がどんどん出てくる流れが、

徐々に来るのではないかと、自分に警鐘を鳴らしておきたい。



ウインバリアシオンと同じくピックアップしていた不気味なデボネアに関しては、

デットーリ騎手が騎乗することになって、一気注目を浴びているそうな。

こりゃますます不気味でござんす。

ただ、伏兵くらいの位置づけにしていたデボネアの馬券が結構売れそうな気がしてて、

個人的には嫌な流れだなーと思っている。

「デットーリが騎乗すると、他の騎手より5馬身違う」って言うらしい。

ウィキペディアによると。

さすが世界を股にかける騎手で、成績を見てもすごいの一言だが、

だからって、日本ダービーまで持って行くかしら?

同じ舞台のジャパンカップでアルカセットを勝たせたりして、実績もあるけど、

簡単にここも持って行ってしまうのかしら?

いや、実際そこも持って行ってしまうくらいの才能はあるんだろうけど、

正直、デットーリ & デボネアが勝ってしまう流れには、ちょい抵抗したい気持ちがある。

自分で、デボネアは注意しておくとしておきながら、

デットーリ騎乗でオッズが上がって、さらにダービー勝ってしまうという絵は、

あまり見たくはない。

トーセンラーは幸運だった。

ロッカヴェラーノは幸運だった。

でも、1番幸運だったのは、デットーリ騎手騎乗のデボネアでした!

っていうオチはあまり見たいフィナーレではないんですよ。

デットーリ騎手に対して、悪いこと思っているわけでもないし、ネガティブキャンペーンは好きじゃないし、

むしろせっかく久々に来たのだから、最高の騎乗を見せて欲しいと思っているが、

こっちにも応援している馬がいる。

トーセンラーっていう馬に勝って欲しいのだ。

外枠になって、厳しい展開が予想されるとは思うが、

やっぱり、トーセンラーが勝つところが、何よりも見たいんですわ。

デボネアはもちろん変わらず、伏兵候補だと思っているが、

オッズが上がりそうで、以前よりも買いにくくなってしまったのは確かだ。

あとは、馬体重が増えていれば、ベルシャザールの巻き返しはあると見る。

東京でのみ馬券内に入れないでいるので、不安な点はないとは言い切れないが、

戦績から見て、力は上位と考えても不思議はない。

今回のメンツは、前よりも後ろで競馬したい側が多く、単騎の逃げ、もしくは消耗の少ない2番手あたりにスッとつけられるのではないかと思う。

さらに当日は雨模様なので、馬場状態がどのくらいの程度になるかはわからないが、これも有利に働くと見る。

そして、たまたまかもしれないが、一昨年のダービーがちょうどそのケースように、

雨、重馬場というのは大きい馬にとって、少し有利に働く気がしている。

2009年度ダービー(馬場状態 不良)

1着 ロジユニヴァース  506kg(+16kg)通過順③③③③
2着 リーチザクラウン  516kg(+10kg)通過順②②②②
3着 アントニオバローズ 512kg(+2kg) 通過順⑤⑤⑤⑤

このような感じになっており、ベルシャザールが500kg超えの馬体重をさらに上乗せしてきたら、

この法則にピッタリはまってくる。

まぁこれだけで法則ってのもアホらしい話かもしれないけど。

でも、まぁ無いことは無い気もするなー。

ちなみにその不良馬場ダービーでは、1着~9着まで、馬体重がプラスだった。

そこまで関係しないかもしれないが、雨がちょっと強烈っぽそうなら、

前行きそうな馬で、500kg超えの馬体重で、プラス体重でやってきた馬には注意を払いたい。

この条件なら、ベルシャザールが一番手だな。


ってか、今はじめて気付いたんだけど、トーセンラーって430kgそこらなのね。

一番小さいんだな。

良いじゃん、これこそディープインパクトの仔って感じだ!



目黒記念と、金鯱賞の予想は、夜アップする予定でいます。
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/187-24e8a2f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。