スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CBC賞とエプソムCの予想をさらっと。 
 
明日、競馬ができるかわからない状況になったもので、予想を書くか迷ったんですけど、

せっかく考えていたんで、今後のためにもさらっと書いておきます。

たぶん、携帯でムリヤリ買うし。

CBC賞は、アーバニティから行くことに。

全体の成績からは安定しない印象が強く、7歳、斤量も57.5kgと、厳しい材料が揃っているからなのか、

前日オッズを見るからには、その強さの割りには、だいぶ嫌われているっぽい印象。

前走は案外だったけど、四位騎手は、アーバニティの力をうまく引き出しているし、相性が良いんだろうなーと思う。

高松宮記念で、力を見せた紛れのない3着なら、このメンバーであれば、十分勝負になると思う。

軸はアーバニティ。

相手はダッシャーゴーゴー。

降着グセがあるので、怖くないって言えば嘘になるけど、

降着が怖いから馬券買わないって判断も、ちょっとしにくい。

同じコースで重賞勝ってるし、実力は十分だとは思うのだが、

今回はトップハンデと、行儀の悪さ(結局ちょっと考慮しとる)で、2番手で。

3番手にはアーリーロブスト。

久々の芝帰りだが、

ダートで力をつけたって言ったら変かもしれないけれど、大敗していた頃よりも勝ちグセっていうか、競馬巧者になったんじゃないかなーと思って一票入れてみる。

芝はぜんぜん問題ないはずなので、1200mがどう出るかだが、

そこは逃げの脚質がプラスに働くことを期待する。

残りは、この時期、調子良さそうなグランプリエンゼル。

アーリーロブストと一緒に、前残りのなだれ込みで、ヘッドライナー。

あとは、地味に見えながらも、前日の人気ほど、そんなに弱くはないなと思っているタマモナイスプレイ。

前につけるこの脚は、以外と粘るかもしれないし、スプリント戦の実績が少ないあたりもなんか良い。

このあたりは、押さえという形で。


もうひとつはエプソムCの方だが、

こっちは、なんか波乱馬券になってしまいそう。

ダークシャドウの勢いは目を見張るものがあるけど、

他の馬にも目を見張ってしまう。

去年の牝馬クラシックでは、間違いなく主役級の力があったアニメイトバイオ、これは勝っておきたい。

東京コースは問題なく、凡走の原因はおそらく距離な気もしていて、おそらく1600~2000mが適距離なのかなと、今のところ思う。

前走はマイルだが、展開的に、あの位置は難しかったかもしれない。

流れに乗れてやれれば、馬券内は堅いくらいの強さを持っているはずと見る。

マッハヴェロシティは新潟、東京など広いコースが合う気がしていて、前走同様、仕上がりも良いと聞いている。

ここは狙ってみたい。

あともう一頭気になるのはハンソデバンド。

ダノンシャンティ、アリゼオに勝っているあたり、東京実績は申し分なく、

2連続凡走後に長期休養明けって部分だけがひっかかるが、

単に距離が長かっただけと考えたい。

この距離ならば、華麗に復活の可能性はある気がする。

残りは東京で連勝中のエーブチェアマン。

1800mという距離で、今回有力のメンバーに先着しているダンツホウテイ。

一時は絶好調で、この得意距離に再度一発狙いたいアクシオン。

ここまでにしておく。

馬券はここに、ダークシャドウと、セイクリッドバレーを混ぜて、

総勢8頭の、豪気な3連複BOX56点で、ドカッと攻めてみようと思う。

だって、どれが頭か決めるの難しいんだもーん!

今回はこの買い方がアリということで。

余裕があったら、アニメイトバイオとハンソデバンド、マッハヴェロシティの馬連も買っておこうっと。


今週はこんなもんかな。

サトノオー頑張れよー!

馬券は買えないと思うけど、

レースは、その・・・帰ったら見るから!
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/194-d4fa55f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。