スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早めにマーメイドSを考えておく。 サブタイトル~直感を大事に~ 
 
GⅠでもないので、こんなに早くから食いつくのもどうかって感じもするけど、

なんとなく、今週の唯一の重賞、マーメイドSを予習していこうと思う。

自分の予想のスタンスとしては、過去データ、馬場、メンバー構成の脚質のバランスからなる流れ、距離・コース適正、斤量、騎手の相性などなど、できるだけ多くの要素をバランス良く取り入れて、臨むようにしているのだけれど、

一番大事にしている要素は「直感」だったりする。

とは言え、「単なる当てずっぽうな感」というわけではなく、

出馬表を、短くも長くもない時間、さらっと眺めた時の直感という感じ。

数値にも、言葉にも表せない部分ではあるのだけれど、

ここは、何だかんだ一番重要にしているというか、重要になっているところだったりする。

もちろんその目のつけた馬を、過去データや、脚質などを合わせて考慮した時に、どうやら厳しそうだなと判断した時は、対抗、単穴に格下げしたり、場合によっては馬券から外したりもする。

なんていうか、競馬予想において過去データは、明らかに外すことのできない、大事な要素であって、

自分も、過去データを見ないで予想なんてことはできないけど、

いきなり過去データからっていう入り方をすると、様々な可能性をはじめから遮断してしまう気がして、

なんか、それよりも大きなものを見落としてしまうんじゃないかって思ってしまう。

その流れで、早めの段階で1度切った馬を、後から再度掬い上げて、もういっちょ考えるのって、

なかなか難しい。

なので、全ての馬に可能性を見るために、

まずは、まっさーらーな状態で、考えるようにしている。

それは、ある意味当たり前のことかもしれないけど、それが、自分にとって「直感」という感じか。

自分にとって、過去はデータとして残っていて、それぞれ傾向もあるけれど、

目の前で、いま行われるレースは、どれも「新しいレース」という構え方でいる。


って、マーメイドSの話なのに、全く違う方向に斜行してしまった。

なんとなく、自分の競馬のスタンスが自分でわかっているようで、ハッキリしていなかったので、

ちょっと文章にして書いてみました。

さて、本題のマーメイドS、

さっそくパッと出馬表見てみたんだけど、

気になるのは、2000mでは上位で走ってきている、ディアアレトゥーサと、ブロードストリート。

この辺が気になってはいるが、マーメイドSって、近年だけかわからないけど、前に行ったほうが馬券になりやすいイメージがあって、

それを考えるとディアアレトゥーサが上に見てしまうかなーって感じだ。

仮に、前で決まらない流れでなくても、融通が利きそうな感じも良い。

他では、前走の金鯱賞で、牡馬の中にあって6着に奮闘したフミノイマージンも魅力的に映る。

中山牝馬S、福島牝馬Sの結果も加味すれば、オッズ的には魅力的にはなれないんダローけど。

強さに対する斤量っていうバランスでは、イタリアンレッドも良いし、

夏は勢いっていう見方なら、アスカトップレディも無視できないな。

うーん、今年も混戦っぽくて難しいなー!

でも混戦は好きっす。


あとづけで、サブタイトルつけちゃったぜ。

うん、ダセーなーコレ。
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/195-568805bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。