スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宝塚記念の予習 
 
出走確定前ではあるけど、ちょこちょこ宝塚記念の予習をしていこーっと。

登録馬を見て、やはり一番気になってしまうのは、ルーラーシップ。

金鯱賞を、スーパー出遅れから、ハイパー追い込みで勝ってしまった、強き4歳馬。

あのパフォーマンスは結構インパクトが強かった。

同日に日本ダービーがあったもんだから、回顧もせずにいたんだけど、

個人的には、今年の日本ダービー、天皇賞(春)に並ぶくらい、印象が強いレースになった。

前々からすでに強さを見せてはいたけど、

未完の大器が、ついに完成したなって、あのレースを見て思った。

正直、あんな激烈なパフォーマンスをしてしまったら、

来たる宝塚記念では、おそらく1番人気を争ってしまうような存在にはなってしまうと思うけど、

それでも、ここも持っていきそうだなっていう強さを感じずにはいられない。

金鯱賞の最後の直線で、キャプテントゥーレ、アーネストリーになんとか並んで入線ってもんじゃなく、

まるで相手にしなかった。

思わずゾクッとしてしったのを覚えている。

阪神2200mは全く問題にはしないだろうし、

ここは思い切って狙っていきたいところざんす。

他では、ルーラシップに負けた金鯱賞組。

キャプテントゥーレと、アーネストリーをちょっと狙っていきたいなーと思っている。

金鯱賞組は、宝塚記念で、馬券になる時と、馬券にならない時があるけど、

アーネストリーは昨年のナカヤマフェスタの3着もあり、

8戦連続で馬券になっているあたりは、順調な気がしているし、

相手関係はもちろんレベルが上がって厳しくはなると思うけど、

前でしぶといヤツって、どのレベルに行っても、割りとしぶとかったりする。

それ以上にアーネストリーって、ただ前に行くだけではなくて、そこから抜け出しからも結構強い印象がある。

横綱競馬っていうのかな。

後ろがいい脚使っても、なかなか差がつまらない。

そんな安定した強さがあると、個人的には評価している。

同じく金鯱賞2着のキャプテントゥーレは、ここ3走だけみると、今が一番脂がノっているように見える。

正直、前走は、アーネストリーが詰めると思っていた差が、逆に開いてしまうなんて・・・。

なんて思ったりした。

アーネストリーと、キャプテントゥーレの、当日の調子の差とかだったりするのかもしれないけど、

アーネストリーをあそこまで封じ込めるほどの好調っぷりなら、

ここでも勝負できるんじゃないかと思ってしまった。

とはいえ、レベルが高いところで、2000m以上ってなると、そう簡単じゃない気もしているので、

今のところは、ルーラーシップが頭で、3着にアーネストリーとキャプテントゥーレっていう感じかな。

そして、このルーラーシップと、他2頭の間には、

ブエナビスタだったり、トゥザグローリー、トーセンジョーダン、エイシンフラッシュあたりが入り込んで来るのかなぁーっていうのを、

今のところのイメージとして持っている。

宝塚は、ナカヤマフェスタ、エイシンデピュティ、スイープトウショウ、ヒシミラクルなど、伏兵っぽいのが、たまにドーンと来てるレースだけど、

そういう伏兵っぽい匂いが漂うのは、トーセンジョーダンなんだよなー。

取り捨てが最後まで悩みそうなのがエイシンフラッシュ。

これも難しい。


今年は荒れるのかなー、ガッチリ決まるのかな。

楽しみだな。
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/201-6a3903c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。