スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイビスSDと、マリーンSをもうちょい 
 
アイビスSDと、昨日ちょっと適当に書いたマリーンSをもうちょい掘り下げていきましょか。

アイビスSDは1000直の適正が重要ってもんで、

前回の記事では、サアドウゾや、ジェイケイセラヴィ、アポロドルチェ、セブンシークイーンなど、

1000直で成績残してきた組に注目してみたけども、それ以外で気になる馬が1頭いる。

ヘッドライナー。

これがどう走るのかが気になる。

1400mでも勝ったりしているけども、1400mよりは、1200mが良く、


そして1200mより、1000の方が良いかわからないが、

1400mよりは向いているんじゃないかと思ったりしている。

感覚的に見れば、コーナーを多く回るコースを前に行って、最小ロスで回ってるあたりが好走に繋がってるという感じもあって、直線だけのレースでは持ち味が生きないかなーって思ってしまいそうだけど、

直線1000mだけのレースは、別の見方をすれば50秒ちょっとで決着してしまう、スピード勝負でもある。

そんなスピード勝負のレースは、何よりもスタート、そして、スタートしてからの行き足の速さが重要になってくる。

そしてアイビスSDは、追い込み馬もチラホラ食い込んで来たりはするけど、過去のレースを見てみると、

中盤までレースを引っ張っていた馬が、そのまま押し切るか、下がりながらも、馬券内に残るっていう感覚の方が強い。

ってなると、こういう部分では、ヘッドライナーのもうひとつの持ち味ってのが生きるんじゃないかなーと思う。

近走の成績だけ見たら人気になってしまうかもしれないけども、

直線は不向きっていう理由で人気が落ちたりしてくれないもんかなーっと、

ちょっぴり願っている。

あとは枠順だな。


マリーンSは、パワーストラグルが回避したことによって、大沼Sのワンツーっていう絵はなくなってしまった。

とは言え2着を3馬身ちぎって完勝したエーシンモアオバー。

この牙城は崩れにくいと思っている。

イメージ的に、函館、札幌コースで、前行って完勝した馬って、同条件ならそうそう負けないってイメージがある。

かなり人気してしまうだろうけど、これは1着に固定しても良いっぽい気がする。

連戦連勝のイメージがピタッとはまる。

問題は相手だが、

メダリアビートは良さそうだなー。

函館で前につけれるのは良いし、前走はスタートでちょいつまづいて、行き足がつかず、

それでも最終コーナーで大外ブン回して、短い直線で4着まで追い上げたところは、相当なパフォーマンスに見えた。

エイシンモアオバーを負かす可能性があるとしたらこのメダリアビートかなーって思っている。

他では、前走の東海Sで、前につけて2着に入ったランフォルセ。

58kgのテスタマッタよりは買えるかなーと思う。

テスタマッタが勝つような条件としては、直線が長いことが必須条件にも思えてきた今日この頃。

最近の凡走があっても、重賞勝ちの実績や、一線級の相手と渡り合ってるあたりは、今週もそれなりに評価されて、人気になりそうだけど、

函館は買いにくい!って感じだ。

とは言っても好きな馬だからね。

東京コースで弾けてもらいたいところだなー。

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/211-28e5f586

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。