スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「勝利」は自分たちの手で掴み取るもの。 
 
2ミリほど、遅れ気味の話題となってしまいますけど、

今回は「なでしこジャパン」に関してです。

なでしこジャパンのW杯優勝は本当に凄かったですね。

アメリカとの決勝は、TVでライブ観戦したんですが、

もうなんて言うんでしょうね、「すごい!」としか、言いようがないです。

自分は、割りとサッカーマニアに近いレベルのサッカー好きですが、

こと女子サッカーに関しては、もう全然知らなくて、

「澤っていう女子サッカー選手がいて、それが結構うまいんだってよー。」

っていうくらいの、ほんと一般常識レベルでしか知りませんでした。

それで今回たぶん初めて、1試合まるごと観戦したんですが、

その衝撃と興奮と感動と言ったら、もうしばらく味わってないような、とてつもなくも大きなものをもらいました。

試合が始まる前は、日本勝ったら面白いだろうなーって程度で見ていて、そんなに大きいものは期待はしていなくて、

むしろ、こんな夜中まで起きて見るほどの価値が、果たしてあるものなのだろうかって思っていたくらいだったんですが、

終わってみれば、強烈なカウンターのアッパーカットでKOされた気分でした。

もちろん、劣勢すぎる状況の中先制点を許して、でも追いついて、またやられて、それでもギリギリで追いついて、

そして最後には勝ってしまうという、試合の展開も大きかったとは思うんですが、

本当に、すんごいものを魅せてもらったなーと、そんな思いが強いです。


で、めでたくW杯を優勝で飾った「なでしこジャパン」ですが、

本当の勝利はそこではなく、その後にありました。

もうある程度のメディアで取り上げられていることなんですが、

W杯を終えた後の1発目の「なでしこリーグ戦」の「神戸 対 千葉」

その試合に、それまでのなでしこリーグ最高観客動員数を軽々と超える、1万7812人のお客さんが駆けつけたということでした。

これは、その週末に行われたJリーグの観客数と比較しても、4番目に多い数字ということで、

W杯を戦う以前の5月の同会場の集客が500人弱だったということを考えれば、

なでしこリーグとしては異例中の異例ということです。

もちろん、今は「なでしこフィーバー」の真っ只中というのもありますので、

なでしこたちの凱旋試合と位置づければ、お客さんも足を運ぶのもわかります。

中には、なでしこたちの試合を純粋に見に来たというよりも、

W杯を勝った日本代表のメンバーを祝福するような意味合いで来場したり、

もしくはミーハー的に、話題になってる人たちだから、ちょっと見に行ってみるかってくらいで、足を運んだ人たちも少なからずいると思います。

そういった部分を考えると、この1万7812人という驚異的な数は、必ずしもリアルな数字とは言えないかも知れませんし、

観客の数も、フィーバーの熱が下がり続けると共に、徐々に減っていくかもしれません。

しかし、今回のW杯の活躍で、中には女子サッカーに対して興味を持った人も多くいるでしょうし、

プラスになったかマイナスになったかと言えば、もう明らかにプラスで、

以前は500人弱だった観客数が、それを下回ることはもう絶対にないと思いますし、なでしこリーグの未来は確実に明るくなったと思います。

なでしこリーグに在籍する選手の多くは、毎日の練習や試合をこなしていく傍ら、アルバイトをしながら生計を立てていると聞きます。

「プロスポーツ選手」という肩書きを持っている人においては、あまり考えられない状況だと思います。

個人の問題ではなく、リーグ全体として落ち込んでいるという状況。

そんな、なかなか変わることのない苦しい状況でしたが、

今回の件で、状況は変わっていきそうです。

女子選手のメディアへの露出が格段に増え、

数多くの局から、なでしこリーグの試合を放送したいと、打診があったりもしたようです。

生中継まではわからないけど、週1くらいで放送したいとか。


今後どう展開していくかはわからないところですが、この「良い流れ」というものは、

他の誰でもない、なでしこの選手たちが、自らの力で引き込んだものです。

これは、本当にすごいことだと思います。

この「良い流れ」こそ、

なでしこの選手たちが努力の末に手に入れた、W杯優勝以上の、「本当の勝利」なんだと思います。

勝利の形というのは、周りの状況によって偶発的に得るものだったり、たまの運の良さで得てしまうものもあると思いますが、

自分たちの力で勝ち取った勝利こそ、確かで、意義のあるものはないはずです。

これは、世の中においても、同じことが言えると思います。

救いが欲しいけど、誰かにどうにか欲しいけど、

変わりようのない、どうにもならない状況。

それを変えるには、自分で動いて、最高の結果を出すこと。

これが最強です。やっぱり。

今回のなでしこたちも、周りの力ではどうにもならない状況を、自分たちの力で、まわりにいる人たち意識を変えた。

まさに、自分たちの未来を自らの手、そして足で切り拓いたということですね。

本当にカッコ良いです。


とは言え、大きな1歩を踏み出したなでしこの選手たちも、まだまだこれからも試練は続くかもしれません。

それでも、1度、1万7812人観客を集めたという事実、手応えをたしかに掴んだことは、

これからの大きなパワーになっていくでしょう。

これからの彼女たちの頑張りと、さらなる活躍に期待します。


最後に、

なでしこジャパン、衝撃と感動をありがとう!

そして、なでしこサッカーの明るい未来に幸あれ!



自分も頑張らんとなー。
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/215-1ea6cfb5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。