スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クイーンSのと、北九州記念の予想。 
 
今週の重賞の予想といきますか。

まずクイーンS。

平日にもちょいっとネタにしたけど、クイーンSは過去10年の傾向で見れば、はハナを切って行くような逃げ馬は5割の確率で優勝してしまうか、凡走。

逃げない先行馬は、馬券圏内に残りやすい。

ってことで、前を行く馬から見た方が良さそうな気はする。

で、前行きそうな匂いがするのは、レディアルバローザ、アスカトップレディ、ブライティアパルス、アプリコットフィズ。

ひょっとしたら、ダイワジャンヌ、アヴェンチュラ、カウアイレーン。

こんなところかな。

ブライティアパルスは最近は逃げていないとは言え、このメンバーの中では唯一とも言える逃げ馬なので、

まずはこの馬に注意しなきゃいけない気はするのだが、

慣性で、ここでも後ろから行ってしまう可能性があるし、

例え先頭でレースを進めた場合でも、前に行きそうな馬に強力な馬が揃っているので、

もし、ブライティアパルスが逃げるような展開になったとしても、今年はヒットが出ない方の可能性を見てみることにする。

そうなると、どの馬が行くのかなってなってしまうが、

好スタートさえ切ればアプリコットフィズかなって思う。

昨年のクイーンSを勝っているし、秋華賞の差の少ない3着を考えれば能力上位だとは思う。

ただ、近走パフォーマンスからどのくらい巻き返せるのかって言う不安もなくはない。

これも軸としてはちょっと冒険な気はしている。

展開が一番有利に働きそうな気がするのは、レディアルバローザ。

内枠生かして先行ってだけで、十分なアドバンテージになると思う。

2番手、3番手の好位で回れたら、あとは能力でどうにかなるってくらいの強さはある。

ただちょっぴり怖いのが、先行有利ってことで、序盤で何頭かに外からかわされて、被さられたりしてしまう可能性があるんじゃなかってところ。

これが少し、怖いと言えば怖い。

思い切って逃げてしまえば大丈夫なのかもしれないけど、アスカトップレディの前走のような展開になってしまったら、力を出すことなく敗れてしまう展開も、考えられなくもない。

ひとつ心配してしまうと、洋芝は走るんだろうかなどと、だんだん不安になってしまう。

考えすぎかな?

でも、やっぱり不安は不安なので、

今回は軸は別の馬にお願いしようと思う。

カウアイレーン。

この馬を軸に持って来てみる。

近頃は凡走が続いているが、昨年のこのレース3着。

メンバー最速で追い込んできて、前を交わし切れそうなところでの3着。

終いの脚は中々のものがありながらも、

カウアイレーンは前に行っても良い勝負をしたりする。

鞍上の横山典Jは、今回のような、逃げ馬不在のメンバー構成で、

この手の馬をうまく先行して、馬券内に持ってくるのがうまい騎手だと思っているので、

ここは、期待してみようと思う。

ここを目標に調整してきたあたりも好感がもてるしね。

ただ穴馬1頭だけで攻めるのも度胸がいるので、

アスカトップレディからも買っておきたい。

やはり前走は、包まれる不利があったような気がして、ただの凡走じゃないと思いたい。

今回の枠ならそこそこな位置で競馬できると思うし、逃げたって良い。

どちらにしても不利は受けにくい展開になる気はしている。

イメージ的には、直線で抜け出して粘るアスカトップレディを、

ちょい後ろで追走してたカウアイレーンが、最後の1ハロンで交わす感じかな。

その後ろにはアヴェンチュラやショウリュウムーンが追い込んできたりしてて、

アプリコットフィズも実はまだ残っていて、みたいな。

最近ちょっと調子が良くないから、イメージ通りにならない気の方が多いけど。

アヴェンチュラの強さは怖いなー。

ノリのスーパー騎乗にお願いするしかない。


小倉メインは、北九州記念。

これも平日ネタにしたけど、

前いくメンバーが多いもんだから、ハイペースになることをイメージして、差し、追い込み馬から攻めてみようと思う。

1200mの実績がというか、成績が少ないスズカコーズウェイ。

これから行ってみようよ思う。

高松宮記念の、何気に評価して良さそうな気がする6着。

掲示板組が、スプリントGⅠやGⅡを勝っている面々で、それに続く6着なら、

展開さえ向けば、まるで勝負にならないことはないだろう!

っていう期待です。

そのレースからは大分開いてはいるけど、

今は、良い状態に仕上がっているみたいだし、ダビスタ的にはBC登録をするタイミングだと見たい。

相手はサンダルフォンにしておきたい。

後ろからの脚が勝負の決め手になるとイメージしているのなら、

当レースで結果を出しているこの馬を無視するわけにはいかないですな。

3番手には、テイエムオオタカ。

うって変わって逃げ馬ではあるけど、

芯の強い逃げ馬っていうか、ささいなことで凡走する逃げ馬ではないあたりと、

斤量54kgってのが、軽い方ではないけど、能力考えたら有利だと思えてしまう。

もういっちょ、ヘッドライナー。

同型のテイエムオオタカが強力な存在になってしまうけど、

小倉は合わないことはないと思っている。

あとは、スカイノダン、トウカイミステリーあたりかな。


ゴーゴー!

調子が良くない時は気合だー!


気合だ!気合だ!気合だ!気合だッ!

オイッ!オイッ!オイッ!オイッ!

わっはっは。わっはっは。わっはっは。わっはっは。
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/222-e4fcc2f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。