スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上昇見込めても、掲示板まで。 
 
馬券買うのがうまい人にとっては、あまり必要のない部分なのかもしれないのですけど、

先週開催の競馬の中で、個人的に教訓にしたいレースがありました。

先週土曜の京都メインレース、京阪杯。

この京阪杯、馬券の軸はグランプリエンゼルとジョーカプチーノで、

連勝中のロードカナロアは、終わってしまえば無謀ではあったんですが、

重賞初で様子見ってことで、思い切って候補から消していました。

その部分に関してはどうでもいいんですが、

相手というか、グランプリエンゼル、ジョーカプチーノの後なんで、

実質的に▲の位置に、ナイアードを持って来ていました。

ナイアードは前走、前々走と、大外枠からハナを取りに行くという、

消耗の激しそうな積極策に出ていて、

結果は前々走は1着。前走は8着という結果でした。

どちらも京阪杯と同じ条件の京都1200mなので、

前々走の掛川Sで勝ち切ったのは、プラスに思えましたし、

前走の京洛Sでは前にはつけたものの、終始スカイノダンと並走する形で、

流れ的には楽ではない中で、そこそこ健闘しました。

結果は8着でしたが、京洛S組が中心となりやすい京阪杯で、

同じメンバー相手に内枠~中枠スタートから、単騎に近い逃げでスンナリいけるようなら、

ナイアードの「上昇は見込める」と判断したのでした。


当のレースでは、ナイアードが好スタートからきっちりペースを握って、

絶好の展開になり、直線では結構熱くなったんですが、結果は「4着」でした。

人気的には大健闘したと言えるレースで、そこそこ良い狙いをしたような感じもありましたが、

ふと冷静になってみると、

自分は、こういう外し方がかなり多いなと実感しました。

前走の不利な展開などを受けて、大きく巻き返せると思ってしまうと、

コレは今回、馬券内イケる。

こんな風に、簡単に結びつけてしまうクセがありました。

もちろんそれがうまい方向に行くケースも、なんぼかはあるんですが、

掲示板、もしくは6、7着などで、

馬券までは入れず、微妙な上昇に終わるケースの方が、かなり多かったです。

上昇が見込めるのと、馬券内に入れるのは、やはり別モノで、

そこら辺の手綱さばきが、自分はまだまだ甘いなと、実感したレースでありました。

レースを予想する上で、

基本的に、人気のない馬の、前走不利から巻き返しとか、プラスになる部分の荒探しが好きなので、

自分がもっと競馬を楽しむには、この部分のレベルアップが必要な気がしました。


京阪杯でのナイアードは、ベストの展開に近かったはずなので、スプリントの重賞クラスは難しいのかなー。

最後へタッたあたりをみると、1000mがベストなのかな。

スピードは良いモノを持っている気はしました。


ロードカナロアは、楽しみな存在になりましたねー。

3着以下がない成績表ってのはキレイに映りますなー。


ってことで、京阪杯は良いレベルアップになりました。

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/255-e552fac6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。