スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阪神JFの予想。 
 
阪神ジュベナイルSの予想と行きますか。

ここはトーセンベニザクラで行ってみようと思う。

このレースの臨戦態勢としては、2、3戦くらいを消化しているキャリアが丁度良く、

キャリア1戦の馬が勝つことも、たまにはあるが、

何戦も戦ってきた馬に関しては、あまり勝負にならないっていう傾向がある。

当然のことではあるが、能力ある馬は、ポンポンっと早目に勝ちあがって、無駄な戦いはしない。

トーセンベニザクラは、キャリア6戦。

ここはお呼びじゃないですよって感じの、メンバー最多キャリアの持ち主だが、

それだけの部分では消せない気がしている。

ここに来るまで、多くのキャリアを積んだ馬っていうのは大体、小倉などのローカルデビューや、地方からやってきた馬が多くて、

ファンタジーSなども含め、短いところを使ってきているケースが多いが、

その点トーセンベニザクラは、マイル以上の距離で走ってきている。

この辺りが、他のキャリアウーマンとはちょっと違いを感じる。

内容を見てみると、デビューからの2戦はなんとも言えないが、

未勝利戦で逃げて2着のあとは、追い込んで2着。

さらに、その次の未勝利戦では、前に行って抜け出しての勝利。

前走はまた追いこんでの勝利。

気性的には、幼さが見える気もするが、

フィジカル的には、自在が効く印象を受ける。

赤松賞組は、ファンタジーSよりも信頼できるとは思うし、

着差こそ地味なものの、負かした相手も弱くはないので、

最初の2戦は気性的なものと、勝手に判断して、

近走の走りを評価したいと思う。

他にも有力馬は多いとは思うが、キャリアの多さを嫌われて、ベニザクラが候補から外されるなら、

自分は候補に入れたいと思う。

と、言っても勢力図がわかりにくい2歳戦は、もう1頭くらい中心馬を買っておきたい。

POGチーム馬のジョワドヴィーヴル。

新馬戦では、可愛い馬体をしてやがるクセに、軽々としたステップで他馬を抜き去った。

この感覚は、姉のブエナビスタというより、去年のレーヴディソールに似ている気がする。

なんていうか、筋骨隆々の馬体とか、強そうな雰囲気ってんじゃなく、

ただただ、素質を感じるというか、

「え~!そんな顔して勝つの!?」

っていうところが、去年のレーヴディソールと同様に、この馬にもある。

ハッキリ言って、想像でしかないけど、

強く感じる馬は、感覚でいける!ってことで、

ジョワドヴィーヴルも、もう一頭の軸として取りたい。

馬券は相手選びが難しくもあるので、トーセンベニザクラの単勝。

トーセンベニザクラと、ジョワドヴィーヴルの馬連ワイド。

この両頭から流す馬券で。

相手は白菊賞を完勝したラシンティランテ。

ベゴニア賞を勝ったサトノギャラントを下しているサウンドオブハート。

距離伸びるのが良い方向に思えるガーネットチャーム。

相性の良くないファンタジーS組からは後ろから追い込もうとして、間に合わずのエイシンキンチェム。

こんなもんかな。

3連系の3着にはアナスタシアブルーと、レディーネグメイトあたりもつけておきたい。



さぁー牝馬路線、どうなりますかねー。


この後の記事に、WIN5の記事を書く予定です。
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/263-24c30a08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。