スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阪神カップの予想。 
 
阪神カップの予想に参りますか。

今週は、明日の阪神カップ、日曜の愛知杯、朝日杯と、

なかなか難しいレースが続いてますな~。

有馬記念に向けて勢いを落とさないためにも、この3打席をうまいこと繋げたい。


まずは明日の阪神カップ。

GⅡの割に7000万と賞金が高くて、高メンバーが集まりますなー。

ここは1頭決め打ちが難しい気がしているので、

展開面を考えた馬券の買い方にしようと思う。

過去5回の内容を見てみると、差し追い込み側が良く来る印象で、

前は苦しいレースかな?っていうイメージ。

ってなると後ろ側の組から狙い撃っていきたいが、

前で見直したい馬もいる。

シルポート。これは前行くとは言え、注意した方が良さげな気がする。

GⅠの2連戦で、着順も16着、8着という結果だったが、

16着は自ら持ち込んだとはいえ、超ミラクルハイペースの天皇賞。

8着のマイルCSも、1馬身ちょいの、物足りない逃げからはよく粘った方で、

今回は距離短縮の、勝ち星が多い阪神コース。

マイルでもやれるが、1400mくらいが実はベストかもしれなくて、

マイル以上では、追い込み勢がエンジン全開になってしまって届いてしまうところを、

1400mくらいなら、追い込み勢のギアが完全に入り切る前に、ゴール板を通過しないだろうかと、

ちょっぴり考えてしまう。

そして、これは、シルポートにはひとつ「売り」があると思っていることがあって、

出遅れさえなければ、ここまでガツガツと前に行くシルポートという馬に対して、

この馬より前に出たら、ペースが速いとか、ちょっと行き過ぎだなっていう意識は、

他馬にとって、必ずあるものだと思う。

なにせ、シルポートはここ21戦ずっと、ハナを譲っていない。

しかも、天皇賞で、ミラクルハイペースやらかした。

マイルCSも、粘り切れていない。

こんな意識がチラついていれば、一時期の淡々とした逃げからの逃走劇って絵は想像しにくく、

ならばシルポートの後ろでタレて来るのを見ながら、抜け出すタイミングを計っていた方が、勝負しやすいと考える。

そんな意識のところをシルポートには突いてもらいたいと思っている。

1400mは勝利もなく、安定度的にはなんとも言えないが、

最近のシルポートっぷりを見ると、この1400mくらいが、

その作戦がはまりそうな適距離なんではないかと考える。

前述の通り、阪神カップは、前が苦しいレースではあるけど、

昨年はレッドスパーダがハナを取ったまま2着に粘ったので、

レッドスパーダのように、前に行ってしぶといみたいな馬は、意外と粘れるんじゃないかっていうのと、

シルポートが一時期そういう強さがあった(微妙に違うニュアンスだけど)というところを汲み取って、

馬券は、シルポートから入ってみようと思う。

相手には、阪神コース、1400mベストなサンカルロ。

マイルチャンピオンながら、この距離ベストな気がするエーシンフォワード。

もう少し前で競馬できれば良いかもしれない、阪神得意のマルセリーナ。

もういっちょデムーロってのが怖いグランプリボス。

なんだかんだ、適距離でしたのリアルインパクト。

この5点で馬連を持っておきたい。

あとは、サンカルロとエーシンフォワードの組だけワイドを持っておこう。


シルポート、前でキツキツでしたって展開のために、

調子の良さそうな武豊Jのフラガラッハを混ぜ込んだ3連複BOXも持っておこう。

保険っす。


シルポートの単勝が直前でも25倍付近をウロウロなら、単勝も行っておきまっせ!


リアルインパクト、売れてるなあ~!
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/266-088ddb01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。