スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラジオNIKKEI杯の予想。 
 
ラジオNIKKEI杯の予想といきますか。

有馬記念の前の、クラシック路線の行方を占う大事な2歳戦。

注目ですなー。

おそらく人気は、札幌2歳S勝ちのグランデッツァ。

同レース2着のゴールドシップ。

京都2歳Sを勝ったトリップ。

この3頭が分け合うんだろうなー。

一般的な見方から言って、この3頭の争いって構図で考えてもおかしくなさそうだ。

とか言いながら、実はちょい混戦なんじゃないかって思う自分もいたりする。

人気の中で買いたいのは、グランデッツァ。

札幌2歳Sでは、好スタートから先行して、直線抜け出す正攻法の競馬で勝った。

2着のゴールドシップはスタート後手で、後ろからの競馬、届かなそうなところから追い込んで2着。

レースを見返すと、後方から追い込んで、グランデッツァまでも飲み込みそうな末脚を魅せたゴールドシップは、

いかにも不利を巻き返しての強い2着っていう見え方はする。

グランデッツァの2着ながらも、明日はグランデッツァと同等か、それ以上の評価がされそうな気配はある。

しかしながら、明日買いたいのはグランデッツァだ。

2走前のグランデッツァ未勝利戦。

あんだけ他を突き放して、印象深い勝ち方をした。

2着に8馬身、3着にはさらに3馬身。

その負かした相手、2着のマイネルテュール、3着のガッテンムサシの両頭は、

共に次走の未勝利戦で勝ち上がった。

あまりに圧倒的な差だったので、他馬も最後追ってない部分もあるかもしれないが、

そこまで弱くない相手に対してそうさせてしまう、この馬の強さのインパクト。

これは他の馬にはない強みかもしれない。

混戦っぽい中で、このインパクトが決め手になった。

ってことで、軸、頭はグランデッツァで行きたい。

相手は、エーシングングン。

新馬戦では逃げて、一度直線で捕まりながらもそこからまた突き放すという内容。

前走の京都2歳Sは、後ろからの競馬で、ちょい詰まるかもしれなそうなところをグングン伸びて2着。

2戦走って、このちょっぴり濃い目の内容での好走ってのは、目を引くものがある。

トリップはおそらく無敗ってのも手伝って、人気になるだろうけど、

この馬がトリップとコンマ1秒差でちょっと人気落とすのは、おかしい気もする。

エーシングングンの方が人気だったとしても、コッチを買いたいくらいでもある。

お母さんはエイシンブイブイっていうのか、おもしろいな。

あともう1頭はアダムスピークをいっておきたい。

このアダムスピークの新馬勝ちは、正直かなり強く感じた。

タイム、相手うんぬん抜きで、

おぉー強いなぁー!って唸ってしまうようなモノがあった。

まぁ、馬の見る目はそれほど自信はないです。

それでも、王道的な勝ち方と言い、直線の伸び方と言い、

普通の馬ではないと感じた。

そんなインスピレーションだけで、相手にしてみる。

馬券はグランデッツァから、エーシングングン、アダムスピークへの馬単。

そしてワイド。

3連系の3着にゴールドシップ、トリップ。

初期の頃、ちょいPOGの候補に入りかけたサンライズマヌー。

前走、不良馬場をちょい後方から頑張ったエネアド。

このくらいにしておく。

やっぱり人気3頭だけで決まっちゃいましたってオチも警戒して、

グランデッツァ → ゴールドシップ → トリップ

の3連単も1点持っておく。


関係ないけど、日曜のフェノーメノも2歳戦では気になるなぁ。

ディオメデスの弟。馬券買っちゃうだろなー。


明日はお出かけ。朝からケーキを買いに行きまっせー。

メインレースまでは間に合いそうだな。

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/272-9ea14e81

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。