スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有馬記念の予想。 
 
今日はチキン食って、ワイン飲んで、このあとケーキも食べまっせーってところで、

いよいよ有馬記念、始まりますなー。

チキンもワインもケーキも、どれを取っても至って普通レベルのものではあったけど、

久々にアルコールが入って、それなりに気持ち良くなってます。

タカ&トシに欧米かっ!って突っ込まれそうな、教科書通りのクリスマスイヴを過ごしてしまったけど、

メインディッシュは、何と言っても、明日の有馬記念ですなー。

馬券が当たったらそりゃー良いメインディッシュにはなるだろうけど、

レースを観戦するだけでも、十分お腹いっぱいになる、今年の有馬の、スペシャルなお楽しみ度。

頭をしっかり予想モードに切り替えて、存分にこの大レースを楽しみたい。


今年の有馬記念は、数年に渡って日本の競馬界のトップに君臨してきた超名牝、ブエナビスタの引退レース。

そして、最強世代と謳われる現4歳世代の中心に、常に君臨し続けた世界一の馬ヴィクトワールピサ。

これも、引退レースになる可能性もある。

さらには、本格化してから、規格外の強さで3冠を制したオルフェーヴルもいる。

この一番で、負けられない馬がたくさんいる。

強い主役たちが本当にたくさんいる。

そんな中で、今年の有馬記念ホース希望馬に、トーセンジョーダンを選ぼうと思う。

確かに他から比べると主役っぽくはない。

浮き沈みの激しい時期もあったし、

天皇賞馬で、JC2着馬でありながらも、負けることで傷がついてしまうって感じでもない。

ジリジリと実力を付けてきたぶん、スポットライトが当たりにくかった馬、

そしてこのレースで引退ってわけでもない馬。

ブエナビスタたちに比べて、失うものはあまりない。

それでも、この馬が負けて良いっていう理由はどこにもない。

ブエナビスタの引退レースにブエナビスタを買わないなんて、

それもアンチじゃなく、どちらかって言うとブエナビスタを応援する側で見て来た人間が、この場面で、

勝ちの目も十分あるブエナビスタの、優勝馬券を買わないなんて、

ロマンがないとも思われてしまいそうだけど、

ここで、色々な思いを切ってトーセンジョーダンを買うのが自分のロマンでもある。


買いたい馬はトーセンジョーダン。

トーセンジョーダンに関しては、前々回の記事でもいじったが、

天皇賞馬で、JC2着という実績の馬が、距離伸びるのがプラスに働いて、

さらに中山コースが東京よりも適正として合うというのなら、

この馬より上に見れる馬は少ない。もしくは、いないかもしれない。

というのが選んだ理由。

トーセンジョーダンは、弱いと言われていた、ブエナ世代の牡馬。

ずっと、この世代を強いブエナビスタに引っ張ってもらった。

最後はその同世代の頼りなかった牡馬が、ブエナビスタに引導を渡すのも、ドラマチックかもしれない。


相手にはブエナビスタ。

上の文脈からすると、相手に持ってこないとおかしいってのもあるけど、

実力的にも、相手候補ではあるし、何より今回の枠が良い。

内枠は成績的に見ても、ブエナビスタにとってより上位を目指しやすい枠でもあり、

中山コースっていう面でも、内枠は良い方向に働きやすいと思う。

この枠なら、前に行った方が良いとは思うので、

うまいこと先行してもらいたい。

ブエナビスタは差して届かずの負け方ばかりで、後ろの組からやられるってことは殆どないので、

今回の先行しそうな枠は、切れない良い脚を使うブエナビスタにとって不利にことにはならなそうだとは思う。

前に行ってスタミナで押し切るトーセンジョーダン。

先行してじわじわ後続を突き放すブエナビスタ。

ペースにもよるかもしれないが、トーセンジョーダンのペースを期待するなら、

この2頭に入りこむには、先行集団はちょい厳しいかもしれない。

3着候補には、ジャガーメイルを指名したい。

この馬も、距離延長が歓迎な数少ない馬で、この2500mという距離を後ろから追い込んでくるには、

丁度いいというか、相応しいスタミナと、最後の脚を持っている。

昨年と、今年のジャパンカップでは、ブエナビスタに次ぐ、出走メンバー中2番目の上がりで追い込んできていて、

GⅠ勝った時の春の天皇賞では、

スタミナの消耗戦の中、1頭だけ終いのキレの違いを見せて勝った。

もしトーセンジョーダンとブエナビスタが作る流れになるなら、

このスタミナとキレを持ち合わせたジャガーメイルの出番はあってもおかしくはないと思う。

人気薄のJC3着馬が、ここでも3着に入っちゃいましたってオチは、十分考えられる。

ってことで、

馬券の基本はトーセンジョーダンからブエナビスタ、そしてジャガーメイルって流れだが、

3冠馬を無視してはならない。

3000mの菊花賞を完勝したオルフェーヴルは、ジャガーメイルと同じように、

スタミナもあり、キレもある。

なにより3冠馬っていう格がある。それもすごいレベルでの。

この馬を無視してジャガーメイルを取るわけにはいかないとも思うので、

これも、しっかり加えておきたい。

あとは能力の底が見えないレッドデイヴィス。

再度デムーロマジックで、ヴィクトワールピサ。

これらも3番手候補に押さえておきたい。


馬券はどう買うかはまだカッチリと決めてはないが、

ブエナビスタの勝って引退も、見たいシナリオでもあるので、

ブエナビスタ頭にも、ちょっぴり回すかもしれないなー。

まさしくスタミナ勝負になるようなら、

ジャガーメイルの2着も、少し意識しておきたい。


日本を代表する女傑の引退。世界のヴィクトワ―ルピサ。そしてその最強世代。

そんな中、力付けてきた弱い世代の牡馬。

そこに、規格外の3冠馬。

その3冠馬に土をつけている、影の3歳エース馬。

そして天皇賞馬、グランプリホース。

こんなにすごいメンバーが揃うレースは、今後いつになるかわからない。

今後ずっと語られるレースになるはず。

思いっきりワクワクして楽しみたい。

うぉ~!

めちゃワクワクする~!!!

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/273-6280dc58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。