スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年の競馬が終わった。 
 
2011年、最後の締め、有馬記念が終わった。

勝ったのは、3冠馬オルフェーヴル。

この馬は本当に強い。

本当に強かった。

この馬がここを勝つシーンってのは、十分想像はできた。

しかし、中山コースで紛れあるかもという、薄い要素だけで、中心からちょびっと外した。

3冠馬オルフェーヴルと、自分の馬券の相性は、ものすごく悪い。

おそらくシンクロ率0%だ。

自分はオルフェーヴルのアンチではないが、

オルフェーヴルが頭角を表すようになってから、自分の応援する馬をオルフェーヴルにぶつけたい、

オルフェーヴルの独壇場を阻止してほしい。

そんな思いから、オルフェーヴル絡みの馬券は、今年殆ど買っておらず、

オルフェーヴルの華々しい活躍と相反するように、自分の馬券は軽々と散っていった。

今回の有馬記念も同じく、中山の空に、myエア馬券が散った。

オルフェーヴル。

この馬は本当に強いっすな。

自分は、3冠馬と言ったらナリタブライアンと、ディープインパクトしかその走りを知らないのだけれど、

仮に、この2頭を天才肌のスーパーサラブレッドっていう表現をするならば、

オルフェーヴルは全く違うタイプの3冠馬って感じだ。

オルフェーヴルは怪物だ。

本当のバケモンが、日本競馬界に登場したって感じだ。

この化け物っぷりなら、世界のレースですんなり勝ってしまいそうな、

そのくらいの期待感がある。

今までは、オルフェーヴルを馬券から外して、ちょっぴり意地になってた部分もなくはないけど、

これからは、おそらく買う側だ。

来年からオルフェーヴルをしっかり買う側になると思う。

このぐらいの馬を、ヘタな勘ぐり、ちょっとした不安要素で頭で買わないみたいなことをしていると、

オルフェーヴルの出走するレースは、殆ど取れなくなってしまう気がする。

もうオルフェーヴルの強さは身を持って記憶に刻み込んだので、

これからは国内も海外も無敗で突っ走ってくれる怪物ぶりに、期待したい。


で、今回の有馬記念、馬券はトーセンジョーダンから攻めてみたのだが、

展開的なことを言えば、あの超スローペースっていうのは、トーセンジョーダンに取っては1番キツイ展開だったとも思う。

理想の流れとしては、先行勢がキツキツになるくらいの速いペースをイメージと言うか、期待していたので、

あの流れで、レースを引っ張るくらいの前のポジションに行き切れずっていう展開は、トーセンジョーダンにとって最も避けたいものであった。

そして、同じくスタミナ生かしたいジャガーメイルとっても、純粋な切れ味勝負という展開は、やや分が悪かった。

たとえ馬券が当たらずとも、違う展開だったものを、もう一度見たくもなる気持ちもわずかにあるものの、

これが競馬。

外れて悔いなしの予想ができた有馬記念は、熱い良いレースでしたわ。


なんだかんだ、トーセンジョーダンもあの流れで、5着ってすごいって思った。

完全本格化ですな。

これからも中心馬として戦っていくんだろうなー。


今日でブエナビスタが引退して、次の時代に突入したって感じだ。

来年はどういう競馬が見れるんでしょうかね。

オルフェーヴルと、ジョワドヴィーヴルの登場のおかげで、日本競馬の近未来は明るそうだ。


メンツも内容も、馬券も、今年はの有馬は、色々と思い出深いものになりました。


もう年末だなぁー。

大井で東京大賞典があるけど、お腹いっぱいだなー。
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/275-ba3a8042

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。