スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイヤモンドSの予想。 
 
週末はいつも通り、重賞の予想をしていきますか。

土曜は、東京でダイヤモンドS。

あぁ~。先週いたんだよなぁ。

東京競馬場、恋しいなぁ。

「東京競馬場が恋しいパワー」で、バーンと当てて行きたいですな。

前日のオッズをみても、なかなか割れた感じで、

どうにも決め切れないな~感が漂っている。

かくいう自分も、だいぶ難解だなーと思っているんですけど。


色んな要素をあれこれ考えると迷いまくる気がしたので、

切り口を基礎能力の高さって部分に焦点を合わせてみたら、

サクッと、オウケンブルースリに軸が決まってしまった。

ちょい前の、ステイヤーズSでは、マイネルキッツ(ナムラクレセントも)を軸で攻めて獲れたレースで、

そのマイネルキッツを選んだ理由というのが、

ステイヤー組が困るとしたら、ステイヤー本線で走っていない、GⅠレベルの馬。

プラス、距離も持つ馬ってところだった。


マイネルキッツは、中距離のGⅡ、日経賞を2回勝ち負けしているし、

天皇賞春も、同じく2回勝ち負けしていて、

考えていた比重としては、距離<基礎能力 って感じで、距離よりも能力取る感じだったけど、

両方の要素をうまい具合に持っているマイネルキッツは絶好の馬で、

これには、ステイヤー組はかなわんだろうって考えが、

うまいこといってくれたレースだった。

個人的な見解としては、

春の天皇賞は別として、

やっぱり、ステイヤーズSとか、ダイヤモンドSとか、万葉Sとか、

そういったステイヤーっぽい面々が揃いやすいレースは、

GⅠ戦線で戦ってるような馬が、あまり登場してこないってことで、

ある意味手薄というか、

だからこそ、本線で活躍しにくい馬たちが、スタミナでもって、ここでブイブイ言わせるという図式な気もしていて、

ある程度の距離適性は問われるものの、

基礎能力が高い馬が、この聖域に入り込んだら、ステイヤーたちは厳しくなるだろうなっていう、

長距離戦に対して、そんな考えが、最近強くなっている。

なんていうか、ステイヤーズSとか、ダイヤモンドSに、オルフェーヴルが出てしまったら、

距離うんぬんじゃなく、勝ってしまうというか、

オルフェーヴルじゃなくても、ヒルノダムールでも、ローズキングダムでも、

第一線で走ってる馬が出たら、勝つ可能性はだいぶ高いだろうなって考えが強い。

前置きが長くなってしまったが、

そんな考えから、オウケンブルースリで行ってみることにする。

他にも、中距離でなかなかのレベルでやってきたギュスターヴクライや、スマートロビンも面白い存在ではあるけど、

実績的には、オウケンブルースリ、マイネルキッツが抜けてる感じだ。

そんで、東京適正ってことになると、マイネルキッツより、オウケンブルースリ。


こんな感じでまとまりました。


馬券はオウケンブルースリから、

相手は、マイネルキッツ。ギュスターヴクライ。

東京なら、調子さえ良ければ、頭もありえる気もするコスモへレノス。

3連系にスマートロビン、ピエナファンタスト、トウカイトリック、リッカロイヤルかな。

コスモへレノスが、どうしても怪しい気がするのが拭えないので、

ここから流す馬券も検討してみるかな。

柴田騎手ってのも長距離うまそうで、良いんだよねーなんか。


ダイヤモンドが買えるくらいの配当を期待だな。

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/319-2eb64791

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。