スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トランセンドの負けと、WIN5。 
 
今さら回顧するのもあれなんですが、

先週のフェブラリーSについてちょっと書こうかと思います。

断然人気の、トランセンドは負け、

レースは、オッズ的には伏兵扱いの、テスタマッタが勝利。

トランセンドに関しては、断然人気を裏切ったということで、色々言われてますが、

特に多くは語る必要もないかなーと思ってます。

大外を克服してGⅠ勝ったこともあるし、

前年のフェブラリーSも勝っていたし、

仕上がりも良さそうだったし、

ハッキリ言って、切る理由はどこにもなくて、

ただ、結果として、負けてしまったという。


競馬の結果のすべてに、何らかの確固たる理由が、絶対にあるというわけではありませんし、

時の運とか、たまたまとか、

何か解せないけども、理由がハッキリしない。

そういったレースは、ありますよね。

今回のトランセンドに関しても、そういう評価の負けだったような気もするので、

「あ~、トランセンドで失敗した」 なんて思いはないし、

むしろ対抗として買っていたシルクフォーチュンがしっかり伸びて来たこと、

お気に入りの1頭でもあった、テスタマッタが勝ったこと。

この点に関しては満足している感じです。

ただ、レース展開は意外でした。

前に行くべき馬、トランセンド、エスポワールシチー、ケイアイテンジンが前に行けず、(行かず?)

グランプリボス、セイクリムズンと言った、予想外の馬が先行するという展開。

トランセンドにとって、大外はたしかに良い条件ではなかったけれども、

一言で言えば、全てひっくるめて「予想外の展開」というものに屈した感があります。


トランセンド自身の問題も、多少何かはあったのかもしれないけれど、

ちょっと展開が狂ってしまうだけで、あのトランセンドが掲示板にも入れないという結末。

逆に言えば、馬の能力は、展開によって引き出されるもので、

そう考えると、競馬って難しいし、

やっぱり面白いなぁって再確認した、フェブラリーSになりました。

それと、

「競馬に絶対はない」という格言が、思い出されましたな。

これも良い教訓ですわ。


問題は次、

トランセンドが次のレース、どんな見方をされるのかですね。

自分の中では、「アレはなかったことにしといてね」っていう感じなので、

自分の中での単勝オッズは変わらないんですけど、

マイル戦だと、オッズ甘くなるのかな?

ドバイもあるし、間隔空くから、何とも言えないけど、

気になるところですな~。


とりあえず、テスタマッタ、おめでとう!ですな。


まぁ、本音は3つくらいあって、

95%は、「トランセンドで悔いナシ!!」

4%は、 「テスタマッタが穴開けるタイミングで、買いたかった!」

1%は、 「ヤッテマッタ!!」

ですな。

でも、テスタマッタは、軽く凡走してしまうのも可愛いところ。

また、伏兵扱いされる頃まで待ちますかね。


ちなみに先週のWIN5は、

6人気 → 1人気 → 2人気 → 1人気 7人気。

218票が的中の、配当額 3,458,390円

こういうの。こういうの。


トランセンド1本に絞った人が多いだろう中、テスタマッタというので、高配当な部分もあるだろうけど、

こういうレースが狙いですわなー。

2レースちょい荒れの、3レースは堅い決着。

もしくは、4レースガチガチ決着で、1レースだけ、シンガリ人気みたいなのが勝つパターン。

こういうパターンがポツポツ来ると、

WIN5が近い感じがしますわ。

今週なんて、1レースしか的中していないんで、

近いとか言ってるのは、ちょっとアホっぽいんだけどね。

3月末あたりまでに、1本くらい引かないと、

WIN5 年間3本的中の目標が達成されないなぁ~。

なかなか簡単には行きませんな~。


無理なのかい?

無理じゃないのかい?

どっちなんだ~い?

無~理~じゃな~い~!!!


と言うだけは、言っとかないとな。


「きんにくん」のネタをチョイスしたのが、ちょい間違いだった感アリ。


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/323-238f2bd5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。