スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮市選手を見る (日本 対 ウズベキスタン) 
 
えー、今日は、「W杯アジア3次予選、日本 - ウズベキスタン」

がありますね。

詳しい情報は何も調べてませんが、

代表初召集の宮市亮選手が出場とあれば、たくさん見どころがあって面白そうです。

現在、宮市選手はイングランドのプレミアリーグの強豪アーセナルに所属していて、

同リーグに所属する、ボルトン・ワンダーラーズに半年間のレンタル移籍中。

ボルトン移籍後初の先発出場をしたカップ戦では、試合開始早々にゴールをマークし、

チームを勝利に導き、

次戦のリーグ戦では、強豪チェルシー相手に臆することなく、チャンスを演出し、

試合には負けましたが、最も高い評価点をもらいました。

その両方の試合で光ったのが、なんと言ってもそのスピード。

プレミアリーグは、世界の数あるリーグの中でも、とりわけスピードが速く、

ウォルコット、アグボンラホール、レノンなどをはじめとする、

数多くのスピードスター、名ウインガーを抱えるリーグです。

やはり、スピードが売りのリーグであれば、それを守る側のスピードも自然と底上げされるわけで、

ディフェンダーに関しても、スピードが要求されます。

結果、足の速いSBも多く存在するわけですが、

宮市選手はその2試合で、そのプレミアリーグの選手を相手に軽々とブチ抜いて見せたわけですよ。

片方は、下部のクラブなんで過剰評価するもんでもないですが、

チェルシーのデイフェンス陣をアタフタさせた様は、衝撃的です。

ボルトンの監督も、「亮がボールを持つとワクワクしてしまう。」

と語るほど、才能を感じているわけです。

試合の流れを読む力、パスの精度というものはまだまだ甘さを感じるものの、

スピード、前への推進力、そしてゴールへの嗅覚というものは、

テレビで見ていても、強烈なものを感じます。

今日の相手はウズベキスタンということで、

プレミアの強者たちよりは格は劣るわけですが、

同じ左サイドの長友選手と、連携がうまく取れさえすれば、

これでもかってくらい崩せるんじゃないでしょうかね。

どのくらいの出場時間があるか、わかりませんけど、

ちょっと見ものですな~。

スポンサーサイト
 
残念…orz 
 
日本負けちゃいましたね…残念。
勝ち点積みたかったです。

全体的に見て流れが悪かったですし、数少ないチャンス決めときたかったですね。
相手チームのスキや連携ミスがなく、崩しきれませんでした。

個人的には李選手が先発なら、試合の流れが違ったかもなんて思います。
前へ前へ貪欲に攻めたら、相手も怯んでチャンスが…
まぁ、そう上手くは行きませんか(汗)

全選手、一生懸命頑張っての結果ですから責められませんよね。

宮市選手、日本に余裕があれば出場機会があったかも知れませんね。
ドリブル見たかったなぁ。

Re: 残念…orz 
 
カルアさん、どうもです!

サッカーのしょうもない呟きにも反応して頂いて、ありがとうございます。

宮市選手、残念でした。
あの展開では、しょうがないですね。

日本のチャンスは少なくなかったし、前にはどんどん行けていたとは思うんですけど、
得点が取れない状況も相まって、攻め急いでいる感もあるようにも感じました。
ちょい運もなかったですけど。

相手のアウェイでの守り方というのもありますが、
日本が攻めているときに完全にマークが外れた状況っていうのが、なかったように思えます。
相手DFを前に引き出すための、ミドルレンジでの思い切ったシュートもちょい欲しかったです。

こんな時こそ、強烈な「個」のある宮市選手は面白い気はするんですけどね~。

今まで、あのくらい「個」が生きる日本人プレーヤーはいなかったでしょうから、
動く、繋ぐ意識、華麗なパスワークというのが日本の持ち味ではあるんですけど、
宮市選手のような「一撃必殺」という攻め口があると、
日本はさらに強くなると思ってるんですけどね。

李選手のような貪欲さも、ああいう展開では、必要になってきますよね~。
日本はテクニックでは前に進めるんですけど、
必要なのは、
まさに、相手が怖がる、芯のある突進力ってところですよね。

この結果を受けて、最終予選での状況が悪くなってしまいましたけど、
どっちにしろW杯に行かなければならないんで、
色々鍛えるのにはちょうど良い敗戦だった気もします。

宮市、ボルトンで頑張れ!
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/330-6084c484

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。