スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーシャンSと、チューリップ賞の予想。 
 
土曜重賞の予想と行きますかー。

オーシャンS。

カレンチャン出てきますなー。

一気の5連勝で、スプリントの頂点に咲いたカレンチャン。

香港旅行に行ってきて、ちょっと不満の残る旅行になりながら、日本に帰国。

そんな流れで、帰国初戦はどういった競馬をしてくるのか。

うーん、どう来るんでしょうかね。

いきなり強さをを見せるんでしょうかねー。

まぁ、普通に考えれば、スプリンターズSを、あれだけキッチリ勝った馬であれば、

オーシャンSは、同じコースという部分も考えれば、

負けてはいけないところだ。

カレンチャンは中山実績が、スプリンターズSしかないという点が、

逆に中山での奥行きを感じさせるし、

ちょい少ない過去のデータから行けば、オーシャンSでは、

脚質的に、逃げは難しいし、後ろすぎても捕まえ切れない。

カレンチャンぐらいの先行タイプが、ちょうど良いってのも追い風っぽい。

なんだかんだ、これより太い軸ってのは他にいなさそうだが、

あまり入ることのない外枠と、不良馬場。

このあたりが気がかりにはなってくる。

馬券はカレンチャン中心では買いたいが、

他も気にしておきたい。

他だと、エーシンヴァーゴウの巻き返しに期待したい。

前走は、久々ってのもあったし、斤量もキツかった。

さらに、直線に入ってからは、内に潜って何もできなかったってのもあった。

この3つの要素が、解消される今回は、

十分期待できるんじゃないかと思う。

そんなあたりから、

カレンチャンとエーシンヴァーゴウの2頭軸で行ってみることにする。

相手はジョーカプチーノをとってみる。

道悪が不安要素であるものの、能力は上位だし、

中山でチャンスが増えるとしたら、この馬かもしれないってのもある。

何より、このレースで2度、人気薄で穴開けた内田騎手が騎乗ってのが心強い。

そして、更なる人気薄での突っ込みを期待したいのが、スペシャルハート。

最近は逃げれず、の逃げ馬で、

前走のシルクロードSでも中団からの競馬になってしまった。

勝ったロードカナロアには差がついてしまったが、

2着には、0.1秒差の僅差の7着。

まぁ、スプリント戦なら、そのくらいの僅差は深く考えるべきではないとも思えるが、

しかしながら、結局は、

ちょっと展開が変わってしまえば、馬券内容が大きく変わってしまうくらいの差なわけで、

前走の、中団追走した競馬が理想的なものでなかったとすれば、

この7着は、面白い7着に見えてしまう。

ちょい前に行けてなお、あれくらいの脚が残っているようなら、

今回、紛れがあってもおかしくない気もする。

ってことで、ジョーカプチーノ、スペシャルハート、

能力重視してダッシャーゴーゴー、

渋った馬場が意外とアリっぽそうなワンカラット、

同じくグランプリエンゼルあたりで、いってみる。

2頭軸って言っても、人気の2頭だから、2頭が頭の単系になるかなー。

チューリップ賞は、予想っていうか、

ほぼ観戦に近い感じになりそうだ。

ジョワドヴィーヴル、ジェンティルドンナ、

この2頭の一騎打ちと見て良さそうだ。

っていうか、そうであって欲しい。

で、この2頭の一騎打ちを期待して馬券を買おうとすると、

相当ガチガチな馬券になりそうなので、

3着の馬を2頭ぐらいチョイスして、

3連単を軽く3点ほど持って、観戦することにしたい。

1着2着の闘いは、正直言って、わからない。

どっちが勝っても、順当な気はするのだが、

ずっと福永騎手が乗っている、ジョワドヴィーヴルを応援しておきたい。

ジョワドヴィーヴル → ジェンティルドンナ → ?

って配置で、3着には、

ヒーラ、ゴールデンムーン、フクノハツヒメの3頭。

エピセアロームは十分強いと思うんだけど、

オッズが・・・。

おそらく、ここ行くなら、けっこう金額突っ込んでの1点な気もしてる。

来られたらまぁしょうがないってことで、

遊びの金額で、能力の底がいまいちわからない3頭にしてみる。

まぁ観るレースですなぁコレは。


楽しみだー。

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/332-250da444

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。