スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜花賞に向けて。 
 
いよいよ、クラシックが始まりますよー。

その1発目、桜花賞。

先日の記事で、「クラシック全的中、目指すぜキャンペーン」ってのを、

勢いで開始してしまったので、

最初から無様な結果にならないように、キッチリ考えていきたいですな。

まぁ、ひとりキャンペーンなんで、気楽なもんです。

しかも、「当てるぜ」じゃなく、「目指すぜ」キャンペーンなんで、

だいぶ気楽なもんです。

そんなん、誰でも目指しとるがな!!!

というツッコミも聞こえてきそうですけど、

自分としては、こんなユルいキャンペーンでも、だいぶムチが入った感じがするので、

気合の入り方も、ナンボか違ってきますな。

まぁ、的中ってだけだと、2頭を除いた複勝を全部買ってしまえば的中なんで、

そんなアホなことはせずに、当然ながら、トリガミ的中はハズレ扱いにして、

キッチリど真ん中を当てるつもりで、頑張っていきたいと思います。

って、当たり前なんですけどね。


さっそく、桜花賞の登録馬を見ていくと、

中心になるのは、やはりジョワドヴィーヴル。

チューリップ賞では3着だったものの、

前走の負けを度外視して、2歳女王である、この馬を信頼するのか。

それとも、疑うのか。

ここが、ひとつの分かれ道ですな。

同じく、同レース4着のジェンティルドンナ。

シンザン記念で、牡馬相手に強い競馬を見せたあの走り、

どこまで信頼するのか。

おそらく、今回もガッチリ人気しそうな、中心の2頭ではあるけど、

その2頭が前哨戦で、連対できなかったこと。

ここが、今回、判断を難しくさせそうですな。

他の路線組も面白い。

アネモネSを勝ったパララサルー。

不良馬場を、追い込んだあの脚。

それもギリギリじゃなく、ちょっとブチ抜けてた。

中山マイルを、全部後ろから追いこんで3勝しているっていうのも、

阪神マイルでは、すごくプラスに働くような気がしているし、

これは相当強いと感じている。

もし複勝1点を買うなら、これかもしれない。

君子蘭を圧勝したミッドサマーフェア。

安定感では、パララサルーに譲るものの、

末脚が完全に決まる展開なら、コッチかもしれない。

能力を出しきれるか、出しきれないか、

この馬から入る場合は、相手どうこうじゃなく、

その部分だけを考えるって感じでも良さそうだ。

クイーンCを勝ったヴィルシーナ。

どれも勝ち方は地味かもしれないが、それは先行抜け出しの王道競馬だからってのもある。

そこそこの牡馬相手にも互角にやれているので、思った以上に潜在能力は高そうだ。

クイーンCを、同じく先行競馬で勝ったアプリコットフィズは、

本番で5着という結果ではあったが、

それまで牝馬限定戦の中でやってきて、

クイーンCも、ちょい手薄に見えるメンバーだった当馬に比べて、

ヴィルシーナはもう少し厳しい環境でやってきた感もあるし、

クイーンCのメンバーは、結構良いとこが揃っていたようにも思える。

距離が長いところで結果出してきているのも、GⅠの舞台では心強さがある。


とまぁ、オッズとしても、中心はこのあたりになるとは思うが、

1400m戦とは言ってもブチ抜けたパフォーマンスを見せているアイムユアーズも、

ここもなんとかしてしまう可能性もあるし、

サウンドオブハート、エピセアローム、ハナズゴールも、

ひと泡吹かせる怖さが、かなりある。

差して届かないことが多かった、イチオクノホシ、プレノタートも、

決して無視できない存在だし、

なんていうか、

今回、POG目線で見ても、

ジョワドヴィーヴルと、ジェンティルドンナで良い気はしていたものの、

そう簡単に行くほど、簡単なメンツが揃ったってわけてもなさそうな気もしている。

個人的に、だいぶ好メンバーが揃った、面白い桜花賞ですわ。



コレは・・・、めちゃんこ悩みそうだ。

前哨戦をブチ抜けて勝った、ハナズゴールの扱いが小さくなってしまうほど、

揃ってしまってますな。

競馬で何が面白いかっていうと、

アレコレ悩みまくるのが、面白いですな。


迷うな! でも悩め!

まずは、出走確定待ちですな。

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/366-e2c8be28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。