スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皐月賞を振り返る。 
 
皐月賞終わりましたね。

勝ったのはゴールドシップ。

強さも見せたけれど、

それ以上に光ったのは、内田騎手の判断力。

荒れ馬場を嫌って、各ジョッキーが、極端に外々を回す中、

開いた内を一気に突き抜けてきましたな。

ああいう騎乗は、本当に素晴らしいというか、

カッコイイ!!

カッコイイですわー。

何でもそうだけど、

周りと、ただ違っていれば良い、変わってれば良いってわけじゃなくて、

周りと違ったことをやって、その結果、見事成功に繋げる。

これがなんとも熱いっすね。

そういう場面を見るのは、刺激になりますなー。

馬券は外れたけど、良いもん見させてもらいました。

ん? 一応的中はしましたかね?

ディープブリランテからの3連複で、ガミ的中は果たしましたね。

まぁ、人気どころがくっついたんで、気持ち的には外した気分ですな。


そして、もう1頭の軸のアダムスピークは、シンガリ負け。

レースの進め方としては、見ている時はベストに近い感じがしましたけどね。

4コーナー曲がってくる時に、手応えがだいぶ怪しくなりましたなー。

やっぱり道悪が影響したんですかね?

負け方が負け方なんで、具合が心配だけど、

馬は強いと思うんで、人気が下がりそうな次回、改めて期待ですな。


今回のアダムスピーク軸は、正直、道悪への不安や、

ピンナJの調子の悪さ、そしてピンナJ自身が中山コース初だったことなど、

心配な要素は結構あったんですけど、

クラシックに限って言うと、

なんて言うか、小さい不安はあまり考えたくなくなってしまうんですよね。

通常の競争よりも、気持ちが乗ってしまうんでしょうかね?

だから、最下位の負けだったとしても、全然悔いはないし、

選択が間違っていたなんて、思ってもないっす。


だもんで、

次のダービーでも、来年の皐月賞でも、気持ちで小さい不安をかき消すような、

同じような予想をしてしまうと思いますね(笑

でも、良いんです。(J・カビラ氏ではないです)

それが、楽しいんですわー。 熱い競馬になるんですわ。

買い方は人それぞれですけど、

首かしげながら、買いたくない馬を応援するより、

小さい不安? ウルセー!

って言いながら、買いたい馬買うのが、大競争では、熱いんですわ。

その分、他のレースで、キッチリ勝てば良いんですよ、奥さん。

まぁ、それが簡単にできれば良いんですけどね?


ちなみに、勝ったゴールシップに関しては、十分納得してます。

正直、予想の段階でも全然評価を下げれなくて、

ラジオNIKKEI杯の競馬を見ても、共同通信杯の勝ち方を見ても、

相当強いって印象は持ってたんですよね。

評価を下げた理由として、

他の馬よりも、「純粋な競争能力」以外の部分で、

「ちょっと地味に映っていたから」なんですな。

グランデッツァに関しては、スプリングSの完勝っぷり、

ディープブリランテに関しては、今回有利な部分が多かったこと、

そして両頭とも、POG馬であること、

アダムスピークに関しては、「イチ競馬好き」として、すごく強さを感じていたところ、

コスモオオゾラは、馬場への適正と、人気薄の弥生賞馬、

そして、イケイケ柴田大知騎手を応援気味だったところ、

ワールドエースは、鮮烈なパフォーマンスで、別路線からやってきたことなど、


有力馬に関しては、それぞれ、能力以外の部分でも、

馬券を買う上で、背中を押す材料があったんですけど、

ゴールドシップには、個人的にはそれが少なく感じてしまったんですよね。


POGチーム馬目線で見ると、いつもライバルホースという立場もあったし、

共同通信杯から直行というのも引っ掛かったし、

決め手としては、

芦毛の馬って、昨年のレーヴディソールとか、

クロフネとか、オグリキャップとかみたいに、

レースでも数字でも、極端に鮮烈でないと、

なぜか「それっぽくない」感じがしてしまって、

どうしても、あともう少し!

って感じの馬に感じてしまったんですよね~。

共同通信杯以外は、少し地味な勝ち方でもあったし、

2回届かずに負けてるあたりが、そう感じたんですかね。


このあたりが、

ゴールドシップを、皐月賞の上位馬の中でも、差のない強さがあると認めつつも、

どうしても、選びにくかった理由でした。

単勝の人気は4番人気だったので、人気側ではありましたけど、

ここで本命に出来た馬券師は、すごいなぁって思います。

さて、

勝ったゴールドシップは、ダービーでも中心視されそうですけど、

ワールドエースも、あの競馬で2着は相当のインパクトを与えましたなー。


こうなると、チーム馬の2頭が買いやすくなりそうで、

アダムスピークと合わせて、東京優駿が楽しみになってきますな。

正直、アダムスピークは、ダービーっぽくないけど・・・。

買ってしまうのかなぁ。



いやぁ、クラシックって、燃えますなー。 楽しい!

ズラズラっと語ってしまった、皐月賞の回顧でした。


スポンサーサイト
 
お疲れ様です 
 
皐月賞終わってしまいましたね~。
まだダービーを残しているのに、
なんだか今年の皐月に限って、自分的に一大イベントだったせいか、
祭りの後の寂しさみたいなものを感じてます。

しかし内田騎手、本当にかっこよかったですわ!
あれだけ騎手たちが内はダメと連発している中、
内田騎手は自分の馬は内でも伸びるとおもっていたのか、
それとも、一か八かの博打だったのか、真相は解かりませんが、
度胸一発騎乗、ライバル馬なのに見ていて感動しました。

ちゃびさんのアダムスへのこだわりも良いなぁと思います^^
私も去年ベルシャザールにこだわって悔い無しでしたので。
(大きいレースを勝てなかった事は残念でしたが)

この後のクラシックも燃えましょう!
こんばんは 
 
皐月賞終わりましたね。
チーム馬2頭頑張ったんですけどね。
ゲランデッツァは馬場と、位置取りが最後に響いたようです。
でも!ダービーでは良馬場で走らせてあげたいですね。
2頭の巻き返しに期待します。

つくづく思いました。
私が馬券で悩んで外したワールドエース…やっぱりきました。
最後の追い込み驚きました(苦笑)

私個人としては申し訳ありませんが
ゴールドシップの勝利嬉しかったです。

それにしても、内田騎手の騎乗カッコ良かったですね~!
まさか、みんなが避ける内から突き抜けるんですから…。
驚きの中から、なんとも言えない感動を見せてもらいました。
レース見てて楽しかったですね。

やっぱり私は派手さはありませんがコツコツ頑張る馬が好きです^^

ダービーでは、青葉賞組みも参戦しメンバーが楽しみになりますね。
Re: お疲れ様です 
 
南天さん、どうもです!

内田騎手の騎乗は、本当に一流の仕事って感じでしたなー。

クールな顔して、静かに燃えている男っていうか、度胸が据わっているというか、
それでいて、どこか良い感じに抜けてそうな気がする、
そんな内田騎手、私は好きなタイプですわー。

あれが結局2、3着だったとしても、外より内で間違いなかったんだろうなーって思います。
ほんと、ナイス騎乗でしたね。

アダムスはチーム馬ではないんですけど、
やっぱり惚れてしまう馬って、いますよね。
幸い、指名数が少ないので、チーム馬と一緒に応援しやすいところが有難いです。

やっぱりクラシックは熱くなりますね!

ベルシャザール、もこれから一気に開花しませんかねー?
自分も楽しみにしている1頭でござんす。
Re: こんばんは 
 
カルアさん、どうもです!

今回の皐月賞はいろんな要素があったので、
グランデッツァも、ディープブリランテも、ダービー、改めて期待したいですね。

そして、ゴールドシップおめでとうございます!
全然申し訳なくないですよー。
今回、内田騎手の騎乗っぷりは、大きなポイントでしたけど、
やっぱり、この馬強いです!

良い馬お持ちになりましたなー。

個人的には崩れない馬ナンバーワンです。
頭良い感じがしますし、
力を出し切れれば、底が見えない強さがありますなー。

青葉賞組からどんなのが来るかも楽しみですが、
今年の皐月賞組は、強い気がしますねー。

ペルーサみたいな出てこないかな。
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/380-65e3b984

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。