スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天皇賞の予習 オルフェーヴルについて。 
 
春の天皇賞に向けて、軽く予習しておきますか。

今年の天皇賞を語る上で、

まず、オルフェーヴルに触れなければならないのは言うまでもないですな。

「阪神大賞典、衝撃の2着馬」だ。

普通では考えられない競馬での2着。

おそらく、負けて評価がさらに上がってしまう馬って、

いないんじゃないかな?

負けて強しみたいな競馬ってのはあるけど、

そういうのとは、次元が違う。

追い込み届かずってレベルじゃなく、

競争中止みたいな状況からの、競馬再参加で2着。

マキバオーの新馬戦みたいなもんですな。


実際、あの阪神大賞典で、4馬身離して完勝してしまうのを見るより、

あの負け方を見たことで、

オルフェーヴルの強さとしての評価は上がったって人の方が多いはずだ。


ただ、馬券の買う買わないって話になると、

微妙な判断がされそうだ。

能力の期待値としてはグンと上がったが、

折り合い欠いての先行競馬から、そして逸走絡みっていうのあのレースを見ると、

さらに距離延びてしまう天皇賞では、明らかに不安は多くて、

人気しても、しなくても、

オルフェーヴルは、どっちにしたって、1.5倍ぐらいの辛いオッズになるだろうから、

折り合い欠いてしまうのを、ある意味期待して、違う馬から入る人もいるかもしれない。

たしかに、他の馬も前走より強いし、

にも、かかわらず、2番人気の馬でも、

頭数もあって、単勝で10倍以上はつくんだろうし、

コッチで遊んでおいた方が安全パイって考え方も理解できなくはない。


だが、

自分は、オルフェーヴルは、やはりここでも強いと思っている。

前走は、逸走さえしていなければ、

あの展開(ナムラクレセントに引っ張られて、折り合わず先行競馬になった展開)でも、

キッチリ勝っていたんだと思う。

やはり、能力がズバ抜けているんで、

自分の形にならなくても、ヘタにスタミナ浪費してしまっても、

それでも十分やれる馬なんだと思う。

あの競馬みたら、10馬身分くらいのロスがあったんじゃないかとも思える。

計算はてきとーっていうか、してないけども。


あの競馬は、凱旋門賞を目指す馬としては、

やってはいけない展開なのかもしれないが、

逸走さえしなけば、どんな競馬でも勝てるっていうのが、

前走の阪神大賞典で証明されたと、

個人的には思っていて、

有馬記念で、スローペースの中、後ろからまとめて交わした異常な強さが、

わかりやすい形で、見ることができたっていうレースでもあった。


だとすると、問題は、逸走するかしないかってことになってきて、

まぁ~そう簡単に逸走するもんかなぁ~とも思う。

どうですかね?

オルフェーヴルが稀代の暴れ馬なのも理解しているけども、

2走続けて逸走した馬は見たことがない。

そもそも逸走自体、中々のレア現象だ。

世間が、オルフェーヴルの気性を不安視して、

コンマ1倍でもオッズが緩くなってしまうのなら、

多少折り合いつかなくても、勝ってしまう方に賭けたい気はする。

もちろん折り合いついて、それで勝ったら一番ですけどね。


こんな感じで、

馬券の話的には、買いってことにして、

相手をジックリ選ぶ時間を取りたい感じの、

今年の、ざわざわ天皇賞ですな。


ざわ・・・ ざわ・・・
   ざわ・・・
ざわ・・・ざわ・・・。


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/388-32e37a21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。