スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都新聞杯と、プリンシパルSの予想。 
 
さて、土曜日のメインを予想しておきますかね。

ダービーへの最終便となる、京都新聞杯、プリンシパルS。

まず、京都新聞杯。

ここはメイショウカドマツにお任せしてみようと思う。

弥生賞は出遅れ、皐月賞は自らハイペースを作って撃沈した形で、

皐月賞は、共にレースを引っ張ったゼロスが17着に沈んだ一方で、

メイショウカドマツは、残り100mまでは先頭を争っていた。

結果は差され、追い込まれの8着だったが、

レベルが上がった戦いの中で、粘り強さを見せたレースでもあった。

ここのメンバーなら、主役の1頭になれる気はする。

そして、追い風要素として、

若葉S好走 → 皐月賞惨敗

このパターンの馬の巻き返しが、結構来ている。

ベストメンバー  若葉S1着 → 皐月賞5着 → ココ1着。
アドマイヤフジ  若葉S1着 → 皐月賞5着 → ココ3着。
ハーツクライ   若葉S1着 → 皐月賞14着 → ココ1着。
スズカマンボ   若葉S2着 → 皐月賞17着 → ココ2着。
ファストタテヤマ 若葉S2着 → 皐月賞15着 → ココ1着。

中々の巻き返しデータだ。

ちょい信頼度アップだ。


先週の天皇賞では、ビートブラックが逃げ切ったもんだから、

ここも逃げ残りあるなんつって、軽々と逃げ馬に手を出すのもどうかって部分はあるが、

この舞台は、京都2200m。

クイーンスプマンテと、テイエムプリキュアが、

エリザベス女王杯で、まんま逃げ切ったコースだ。

京都新聞杯の枠で見れば、逃げ残りってのは多くはないが、

逃げ残りがあるなら、やっぱりこのコースって気はしている。

序盤のペースは上がりにくく、

後半の脚も残す逃げをしたいメイショウカドマツにとっては、

結構楽なペースで行けるだろうと思う。

皐月賞を、自ら作ったハイペースで8着まで残したのなら、

スローで流れれば、もちろん最後も良い脚使えるだろうし、

警戒されて、そこそこのペースで進んでも、好勝負できる感触はある。

問題は同型だが、メイショウカドマツは気性的に、単独じゃなくても問題なさそうだし、

前の展開に関しては、心配なさそうな気はする。

同型のサイレントサタデー、ニューダイナスティは、能力もそこそこある気がするので、

まとめて、馬券内来てもらうパターンでお願いしますかね。


馬券は、メイショウカドマツから、

サイレントサタデー、ニューダイナスティ、有力どころでエキストラエンド。

この辺りを相手にして、

ベールドインパクト、トーセンホマレボシ、アドマイヤバラード、ククイナッツレイ。

これらは3連系にくっつけておきますかね。


プリンシパルSは、スピルバーグと、エアソミュールから行ってみる。

東京コースってことを考えると、スピルバーグ1点でも良いのかもしれないが、

なにぶん、エンジンのかかりが遅い。

終いの脚は確実なのだが、やはり捕まえ損ないってのが、恐いと言えば恐い。

距離的にも、条件的にも、青葉賞の方が良かったんじゃないかなーと思ってしまう。

捕まえ損なっても、アッチでは2着でもダービー行きの切符を発行してもらえるし。

コッチは1着しか発行してもらえないから、期待と不安が入り混じる。

ってことでエアソミュールも買っとこうって流れなのだが、

コッチもコッチで恐い。

前走、全く走れてなかったですな。

終始、口割りながら、鞍上がグイグイ抑えながらの競馬で大敗。

あれじゃ力出ませんわなー。

軸にしましたよ。 前走。 今回リベンジですわ。

今でも、つばき賞勝ちは強かったと勘違いしてるので、

東京コースで、気持ちよく走ってもらえんかと期待したい。


格言 「気性の荒い馬は、広いコースで走らせておけ」

by ちゃ○ろまん


能力は高いと思うんだけどなぁ~。


相手は、クリールカイザー、ハイクラウン、サンレイレーザーにしておく。

3着候補で、マイネルカーミン、ローレルブレット、アルキメデス。


チキチキ予想大会を前に、少しでも増やしておきたいところですなー。

両獲りしてしまえ!


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/398-6f2ade7c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。