スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
払戻率引き下げは、まずい! 
 
今日、Web上で、こんなニュースを見ました。


以下、転載 ――――――――――――――――――――――

川口オートレースを運営する埼玉県川口市は9日、売上金から的中車券の配当金に回す割合「払戻率」を、現行の75%から70%に引き下げると発表した。

 収支悪化による苦肉の策。6月9日のレースから適用する。競馬や競輪、競艇など公営競技で、払戻率の引き下げは全国初。

 的中した車券の払戻額が6・7%減るため、オッズが下がることになる。川口市公営競技事務所は「ファン離れの原因となりかねないが、収支が改善した分はサービス向上のために施設改善などに有効投資したい」としている。

 飯塚オート(福岡県飯塚市)でも払戻率を引き下げる方針を固めている。

――――――――――――――――――――――――――――

とのことです。


正直、これはマズイんじゃないかと思った。

ギャンブルは、色んな楽しみ方があるとは言え、基本はお金が絡んでこその遊び。

オートーレースや、競輪に関して、ほとんど知らない人間がモノを言うのも、

ちょっと気が引けてしまうが、

個人的な見解では、フラットな視点で、競馬と、オートや競輪を比べた時、

「楽しみ」の中における、「お金をかけること」の部分は、

競馬よりも、オートや競輪の方が割合が高いと思っている。

より、ギャンブルの色が濃いイメージだ。


システムや環境面などで、金をかけること以外でも、そこそこ楽しめるJRAが、

払戻率を下げますよーって言っただけでも、カナーリまずい流れな気がするのに、

より、「お金」の部分が大事になっていそうな気がするオートレースで、

この方向に進んでしまったのは、

相当良くない流れな気がする。


もちろん運営側も、そんなことは承知の上で、

苦しい状況の中、それこそ断腸の思いで、この決断に至ったのは非常に良くわかるのだが、

それでも、1番大事な部分をえぐってしまったと思わずにはいられない。

これは、

ステーキ屋が、肉の量減らしたり、肉の質を落とすようなもの。

寿司屋が、マグロ止めましたって言っているようなもの。

ケーキ屋が、生クリームが高騰したからって、バタークリームで代用するようなもの。

お客さん目線で言えば、「そんなもの、求めちゃいない」 

ってなもんですわ。


一番大事な部分は、守らなきゃならない。

何のために、お客さんが集まっているのか、考えなくてはならない。

ステーキが美味しいと評判だった店で、

いくら野菜を美味しく提供できるようになりました!って言われても、

殆どのお客さんは、それを求めてはいない。

レース以外の部分を充実させました!って言われても、

肝心のレースが美味しくなければ、お客さんは満足しない。

もちろん、他を充実させたことによって、増える層は少なからずいるとは思うが、

確実に、「増える」を「減る」が上回るのは、目に見えている。


― 払戻率を下げて、その他のサービスを向上させる ―


もし、これでうまく再生できたとしたら、魔法とか、奇跡とか、

そういう言葉で表現せざるを得ない展開だとさえ思う。

今のこの時世、色んな業界で金回りが悪くなって、

どんどんと会社、企業が潰れていく。

そんな中にあっても、

競馬を楽しんでいる自分の立場からすれば、

似たような土俵の上でやっている、オートレースには、

なんとか堪えきって欲しいのが本心だが、

正直、自ら流れを悪い方向に持っていってしまったなと、

思わずにはいられなかった。

自分は外野の人間なので、苦しい事情も知らずにあれこれ言うべきではないが、

あまりにも、苦渋すぎる決断をしてしまった気がする。


そして、

JRAも、そろそろ対岸の火事ではない。

オートがそんな状況の中、なんと売り上げは右肩上がりです!って言うのなら、

何も言うことはないけども、

キッチリと、売り上げは下がり続けている。

今でこそ、

「払戻率引き下げ」という名のイカダは、まだ遥か遠くの海に浮かんで、

その姿は小さく見えるが、

そのイカダの進行方向は、確実にこちら側だ。

確実にその流れは向かってきている。

それが漂着してしまう前に、

JRAは、今まで以上に気合を入れて策を講じなければならない。


とにかく、お客さんを呼び込むための、サービス向上ですな。

向上も良いけれど、新しいアイディアも必要かもしれない。

思い切って、心臓部分の、払戻率をいじるのも良いかもしれない。

プレミアムレースとかの、ぬるいレベルでなく、

超プレミアムレースで、80%以上の払戻率とか。

そう単純には行かないだろうが、

馬券購入が2倍になればOKだ。

お客さんの絶対数が増えれば、基本的には儲かる仕組みのはずなので、

ちょっぴり攻撃的な仕掛けも、あっても良さそうな気もする。

ちょいとリスキーかもしれないけど。


まずは、今いるお客さんが離れないように、

サービス向上ですかね。

これはアイディア一発、ノーリスクだ。

オートは、このたび、

払戻率を下げてから、サービス向上みたいな流れになってしまったが、

望ましい形は、まるで逆。

サービスで向上させて、お客さんを呼び込むのが先だ。

極端な話、お客さんの絶対数が増えれば、

払戻率は80%にも、90%にもできるはずなのだ。

馬券を買うのも、インターネットが主流の時代だし、

競馬中継を見る人が2倍、3倍に増えたからって、

レースで走る馬が2倍、3倍と大変になるって話じゃない。

実況も、スターターも、忙しさは変わらない。

窓口の係の人とか、掃除のオバチャンとかは、ちょっぴり増やさなければいけないが、

基本は、率が良い商売なはずだ。

間違っても、

お客さんが減ってきたんで、お客さんから多く取りますみたいな展開には、

ならないように、お願いしたいのであります。

そうなる前の早い仕掛け、サービス向上。

JRAには頑張ってもらいたい。


だいぶ長いこと書いてしまった。


ってことで、払戻率99%になるまでに、

JRAに寄付しながら、応援したいと思います。


ビル・ゲイツが間違って日本に来て、馬券3兆円くらい買わないかな。

日本の競馬もレベルが高くなってきたし、

世界を相手にJRA馬券を売り出すってのは、マズイもんかな?

色々と壁がありそうですな。


潤え日本! 潤え!JRA!

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/403-4f527dc9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。