スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダービーに向けて その② 
 
ダービーに向けて その② ということで、

今日は別路線を見ていきますか。


まずは青葉賞勝ちのフェノーメノ。

正直、この馬に対して、色々と勘違いをしたままここまで来ましたわ。

えー、いきなり話が逸れますけど、

2年前のPOGでディオメデスっていう牡馬を指名してたんですよね。

数ある指名馬の中でも、このディオメデスはお気に入りで、

筋骨隆々の馬体、その体を目いっぱいに使ったような、

使っていないような、大きなストライド。

色んな面で、個人的には特殊な馬に映っていて、

印象的なPOG馬だったんですな。

あやめ賞を勝って、

白百合Sでの、大外追い込み届かずの2着を見た時は、

こいつは、将来活躍するはず・・・・。

なんて、妄想を抱いたりしましたな。

そんな思いをよそに、その後1戦使っただけで、引退しちゃいましたけどね。

かなりの期待を持った馬でもありました。

で、だいぶ引っ張りましたけど、フェノーメノは、その弟さんで、

フェノーメノ = 怪物(和訳)っていう名前も、すごくピーンと来てしまったんですよね。

兄のあの馬体から、妄想を膨らませたって部分もありましたし、

サッカーフリークとしては、元ブラジル代表(サッカー)のロナウドの愛称が、

フェノーメノ(怪物)だったって部分も、ものすごくソソッたんですよ。

弟のこいつも、怪物かもしれん・・・と思ってはいたんですけどね、

兄弟がディオメデス以外、パッとしなかったのと、

ステイゴールド産駒を一度試されていたのもあって、(走らなかった)

ちょっと不安の方が大きかったんですよね。

今になって、直感で選んでいれば良かったと悔やんでいるわけなんですが、

これがダービーに出てきちゃうぐらいの馬だったんですなー。

まず、ここがひとつの勘違いだったってことになりますわ。

半分嬉しく、半分ショックって感じで、

そんな、思い入れの深いフェノーメノですけど、

新馬戦東京で勝って、2戦目、中山で惨敗して、

3戦目、東京に戻って、スピルバーグ、ストローハット相手に完勝したんですな。

この3戦を見て、

敗因は、中山コースじゃなくて、

前に行けなかったことだと思っていたんですよね。

続く弥生賞でも、同じように前行けずで、負けてしまったので、

それでますます、

前行くことで強い馬なんだってイメージになりましたな。

そんなイメージの中、青葉賞に出てきた時は、

東京より、先行有利な中山コースが、実は良いんだろうと、

勝手に決め付けていたので、単勝オッズが2.1倍の数字を見た時は、

どうしても、買いにくい感じがあって、相手候補って扱いにしてしまったんですよね。

はい、間違ってました。

東京が得意なんでした。

道中、中団を進んだ時は、ますますフェノーメノの勝ち目がないって思いましたけどね。

勘違いでした。

青葉賞、強かったです。

戦ったメンバーは、ダービーに行って好勝負っていう程のメンバーが揃ったわけじゃないけど、

そんな相手とはいえ、ゴール板過ぎてからも、まだまだ突き放すって感じでしたわ。

東京3戦3勝、自在性、

そして、断然の1番人気を受けて勝ったこと。

このあたりを考慮すると、ダービー未勝利の青葉賞馬と言えど、

十分に面白い存在な気がしてきましたな。

先行するのかどうかという部分も含めて、

今回のダービーの、カギになりそうな馬な気がしてます。


続いて、プリンシパルS勝ちのスピルバーグ。

この馬も、良い意味で裏切られたというか、

個人的には評価が上がった馬です。

終いの脚は確実なんだけど、取りこぼしが多いあたり、

一時期のブエナビスタや、ペルーサとも被るんですけど、

それはつまり、長く良い脚を使えるってことでもあるんですよね。

最高到達点に達するまでが、時間がかかるというか、

個人的には、ペルーサ以上にそう感じるところがあって、

そんな脚質ゆえ、取りこぼしが多いことも考慮すれば、

ダービーの切符が多く交付される、青葉賞に進むのがベストだろうと思っていたし、

距離が長くなることで、より力を発揮できるとも考えていたので、

1着しかダービーに行けない、プリンシパルSへの出走は、

懐疑的というか、非常に怪しい雰囲気を感じてたんですよね。

ところがどっこいですわ。

キッチリ、勝ちました。

2000mという距離で、1着のみという試験に、

一発合格。

能力は高いけど、ズブさも感じていたスピルバーグが、

この条件で、一発合格を果たしたというのなら、

ダービーも、ひょっとしたら面白いかもしれん!

って思うようになったんですよね。

まぁ、プリンシパルS出身というのだけで厳しいし、

実際、負かした相手もダービーっぽくはないんですけどね。

ただ、この馬に関しては、自分との勝負みたいな部分もあったので、

力を出し切れる競馬ができるようになってきているのなら、

戦った相手は、そこまで関係ないのかなって思うところもありますな。

共同通信杯で、ゴールドシップよりも良い脚使ってるし、

プリンシパルS組としては、ルーラーシップぐらいの扱いをしても良いような気はします。

勝つかどうか別として、

個人的には、東京2400m適正はナンバーワンです。


青葉賞馬フェノーメノ、

プリンシパルS馬、スピルバーグ、

皐月賞組に負けないぐらいの面白さはありますなー。



ってことで、2頭に思ったより文字数使ってしまったので、

残りの別路線組は、次回にすることにします。

うおー、予習の段階で、メッチャ楽しいですわー。

やっぱ、ダービーって祭りなんですね。


スポンサーサイト
 
こんばんは 
 
ダービーですね~ワクワクしますね~。
あれもこれもで、まだまだ絞りきれてません。

ただ馬連の6-11は私の夢馬券なので決定してますが^^

フェノーメノは、今までの成績なら今回は来ないパターンなんですがね…。
得意コースでどこまで踏ん張れるか…です。

ワールドエースが強いと思いますが、トーセンホマレボシが凄く気になるんです。
ちゃびさん、どう思われます?
グランデッツァはまた大外に入っちゃいましたね。

POG今年最後の大舞台、運良く6頭出しになりました。
あきらかに、2頭ほどマイラーな馬も紛れ込んでいますが(苦笑)
楽しみたいと思います。

ちゃびさんも、JRA-VANの方順位キープしてくださいね^^v


Re: こんばんは 
 
カルアさん、どうもです!

夢馬券、良いですね。 
フェノーメノ、次は5着あたりかなって感じの成績の流れですよね。
数字上ってことになりますが。

しかしながら、6-11、全然アリですよね?
期待を持って見られる、夢馬券、羨ましいですわ~!

カルアさんに便乗して、6-11も持っておこうかなぁ。
だって、カルアさん、POG調子良すぎますもん。

今回のダービーには、
ゴールドシップ、フェノーメノ、ジャスタウェイ、クラレント、
それに加えて、チーム馬のグランデッツァ、ディープブリランテですもんね?

どれも、POGで大人気ってわけでもなかった馬たちなのに、
本当にスゴイっす!

そして、トーセンホマレボシ、
私ごとき、意見を申していいのかわかりませんが、
個人的には、怪しいオーラを放ちまくってる感じがします。

ウイリアムズ騎手 × タフっぽい馬 × 東京コース 
そしてレコード勝ちの京都新聞杯勝ちってので、
対戦比較ができない部分も含み、かなり面白い存在ですよね?

エイシンフラッシュのダービーぐらいの、「勝ったら、エェーそこ!?」
って感じの立ち位置も、なんとなく怪しく感じます(笑

ちなみに、今週のJRA-VAN POGですが、
衝撃的なラストを迎えることになりました。

詳しくは、金曜日の記事に書く予定ですが、
順位をキープするのは、
ツインターボが出遅れから追い込んで勝つぐらいの確率になりそうです。。。

ダービー楽しみましょう!
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/416-063a4464

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。